ドコモのiPhone7にMNP(乗り換え)で最高に得する5つの方法

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

待ちに待ったiPhone7がようやく発表され、各キャリアから発売も開始されました。32GBモデルがアップルストアの定価で8万円弱、128GBで9万円少々、256GBで10万円超えと結構なお値段です。予想通り新色のジェットブラックは現時点では、どこを見ても在庫切れで次回入荷待ちの予約が必要な状況です。

販売開始と同時に各キャリアとも初回入荷分は売り切れてしまい、現在は予約販売での対応となってしまいました。大手通信キャリア3社共に横並びの予約、発売となりますが、どのキャリアで購入するのが最もお得になるのでしょうか?

各キャリア共に予約開始と同時にiPhone7購入に関するキャンペーンを発表して、どのキャリアでも、キャンペーンが特盛り状態で、一体どこで購入すればよいのか迷ってしまいます。

MNP乗り換えが金銭的なメリットが大きいことは今までと変わらないのですが、どのキャリアでも激安販売自粛の方針が打ち出されていますので、MNPでも、かつてのような実質ゼロ円や限りなくゼロ円に近い金額でiPhone7を入手することは難しくなっています。

激安販売自粛は、政府からの要請で大手通信キャリア3社共にこれを受け入れることで合意しています。また政府の監視の目もありますから、いずれか1社が抜け道を考え出して実施をするような事態になれば、批判にさらされると同時に、政府からの厳しいお叱りを受けることになりますから、各社共に割引金額を縮小、キャッシュバック廃止などの方策を取っています。

MNPの割引が多額であることも指摘されているので、iPhone7のキャンペーンはiPhone6s、iPhone6が発売された当時と比較すると、今一つの感がします。各通信キャリア共に従来実施していたキャンペーン割引の金額を減少させたり、キャンペーンそのものを廃止したりしており、iPhone7以降のMNPはそれ以前との比較では明らかに金額的なメリットが縮小しています。

このような厳しい環境のスマホ販売ですが、iphone7は日本仕様の機能が初めて搭載されたこともあって、各キャリア共に販売に力を入れています。

大手通信キャリア3社の中でもドコモにMNP乗り換えをしてiPhone7を購入する場合のメリットを5つあげてみました。何故ドコモ?と思う方もいるかと思いますが、今回のドコモは他キャリアと比較して太っ腹なキャンペーンを開催していますので、お得度はかなり高いものと考えます。

 

 

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。

乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。

ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop

auの場合:『au Online Shop

ドコモの場合:『docomo Online Shop

1.MNP乗り換え特典

160907_iphone7all1

ドコモ以外のユーザー(au、ソフトバンクユーザーの人)がドコモにMNP乗り換えをした場合には「ドコモにチェンジ割」が適用されます。MNP乗り換えをすることで料金プランの使用量が一年間で10200円の割引となります。ドコモへMNPをすることと、ドコモが指定する料金パックの契約が条件になります。

ドコモにチェンジ割が適用されると、月々850円の割引が一年間適用されます。たった850円かと思うかもしれませんが、毎月850円の割引があればオプションを複数無料で使えることになりますから、オプション契約を考えている人にはメリットが大きいでしょう。

ドコモにチェンジ割の適用条件は次の通りで、通話定額パックとデータ定額パックの加入が前提となります。

  • 通話定額プラン:カケホーダイ、またはカケホーダイライトのいずれか
  • データパック:データパックSからL、シェアパック5から30のいずれか

通話定額パックはライトプランにも適用されますから、カケホーダイライトに小容量データパックで契約すれば通信料金を安く抑えることも可能です。

データパックは3キャリア共にiPhone7の販売開始に合わせるように、大容量データパックを新規に設定して来ましたが、新設のデータパック容量は20GB,30GBと明らかに過大な容量なので、毎月通信制限で苦労する人でも容量が余るものと考えます。

新規設定されたデータパックは大容量なら安心ですが、毎月かなりの容量が使いきれずに余るものと想定できますから、自分のデータ使用量を把握してから自分に合ったデータパックを選択されることをおすすめします。

注意したいのは、通話をほとんどしない人で、通話定額は必要ない、データパックで十分と言う場合は、MNP転入をしてもチェンジ割が適用されないことです。最低でもカケホーダイライトの加入が必須条件になります。カケホーダイライトでも過大だと言われる方も多いかと思います。

通話はほとんどせずに、必要があればLINEで十分だと言われる方やIP電話を主に使われている方などです。このような場合には一年間ガマンしてカケホーダイライトを契約してチェンジ割のメリットを受けた後にプラン変更をすればよいと考えます。

MNPをしただけで得られる割引ですから、特別な手続きや申し込みは不要でメリットを享受することができます。

2.料金プランが他キャリアよりも豊富

yuka0i9a1561_7_tp_v

各キャリア共に大容量のデータパックを新たに設定して来ました。これに伴い従来あった8GBから20GB未満のデータパックの新規申し込みが停止されてしまい、これらのデータパックを従来から契約していた人が契約更新する場合のみ有効となってしまいました。従ってソフトバンクとauにMNP転入をした場合には8GBから20GB未満のプランは選択できないことになります。

各キャリアの現時点でのデータパックプランは、ソフトバンクが5種類、auが6種類、ドコモが9種類となり、データパックの選択自由度が3キャリア中で最も高くなります。

通信キャリア大手3社は大容量のデータパックを低価格で新たに提供したと言うのが建前ですが、20GB、30GBのデータ容量は明らかに過大で、ここまでデータ容量を使う人などいるのだろうか?と言う疑問があります。

ドコモはシェパックとして10GB、15GBを残しています。他の2キャリアの場合、家族で一人5GBを超えて使いたい場合には20GB以上を契約するしかなくなり、複数人でデータパックを個別に契約した場合にはドコモと比較して割高になってしまいます。

ドコモのシェアパック10GB、15GBは見た目は料金が高く、容量にも不安を感じるかも知れませんが、家族でデータ容量をシェアする場合、極端に小容量しかデータ通信を使わない人もいるでしょうし、光回線、WiFiが普及している時代にスマホのみで20GB以上のデータ容量を使う事態は想像することが難しいです。

スマホの通信料金はデータパックの選択で決まると言ってもよいので、大容量データパックを契約するよりは、データ使用量の削減を考えて実行し、少ない容量のデータパックで契約することが重要です。

安心のため大容量データパックで契約する人もいるでしょうが、契約した後で後悔することになりそうです。

ソフトバンク au ドコモ
シェアパック
1GB 2900円 2900円 なし
2GB 3500円 3500円 3500円
3GB なし 4200円 なし
5GB 5000円 5000円 5000円 6500円
8GB 新規停止 新規停止 新規停止
10GB 新規停止 新規停止 9500円
13GB なし 新規停止 なし
15GB 新規停止 なし 12500円
20GB 6000円 6000円 6000円
30GB 8000円 8000円 8000円
50GB なし なし 16000円
100GB なし なし 25000円

3.下取り特典

08167bb33d07dce9fd5441766958902d_s

MNPをすれば、今まで使っていた端末は不要になります。各通信キャリア共に使わなくなった端末の下取りキャンペーンを行っていますが、キャリアによって下取りの金額が異なっており、下取り金額に関してはドコモが他2キャリアを一歩リードしています。

ソフトバンクは下取りキャンペーンとして「乗り換え下取りプログラム」を提供していますが、最大下取り価格が26400円、auの下取りキャンペーン「下取りプログラム」は最大下取り価格が26460円でソフトバンクとほぼ同等です。

いずれも下取り金額が最大になるのは、下取り対象の端末機種がiPhone6s plusの場合ですから、それ以外の機種を下取りに出す場合は2万円程度と言うことになります。

iPhone6s plusで下取り価格が上限になるのは、動作に問題なく、キズなどのない美品の場合に限られます。

一方ドコモの「乗り換え下取りプログラム」は最大で3万円となります。各キャリア共に下取り対象の機種、端末の状態によって下取り金額は変動しますが、良品の場合の下取り金額はほとんどの場合でドコモの下取り金額が他キャリアよりも優位になります。

下取りの場合は動作に問題がないことが条件で、下取り査定によってはiPhone6s plusであっても上限金額が出ない事があります。キャリアの下取り査定は中古携帯買取り業者よりも厳しく、動作に問題のない端末であっても「下取り不可」とされるケースがあります。

キャリア査定では下取り不可とされた場合でも、中古携帯買取り業者に持ち込めば買取り可能な場合があります。また逆に中古携帯買取り業者の中には理不尽な査定で買取り金額を減額することもあります。

査定額に不満な場合や下取り不可とされた場合は中古携帯買取業者で見積もりを取って、いずれか有利な金額を提示した方を選択しましょう。

現状ではドコモの下取り価格が最も高いのですが、最近一部マスコミが高額下取りの制度を問題視する発言をしており、政府の監視の目が下取り割引まで問題視する可能性もありますから、ドコモで下取り割引を使うなら、早い時期にした方がよさそうです。

Softbank au Docomo
iPhone6s plus  26400 26460 30000
 iPhone6s  24000 24300 27000
 iPhone6 plus 21600 21600  25000
 iPhone6  21600 21600 22000
 Xperia Z5  21600 32400 22000
 Galaxy s6 edge  21600 21600  22000

4.dポイントをもらえる

3-1


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない