iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

1GB(ギガバイト)って何MB(メガバイト)なの?また格安SIMのデータチャージについて

投稿日:

「スマホを買い替えたい!」
 
「でも最近のスマホってどんなのがあるの?」
 
おそらくこのように思っている方は多いのではないでしょうか。
 
スマホには寿命があります。
 
なのでその都度買い替え時期というのがどうしても来てしまいますよね。
 
しかし替え時が来たとしても、今ではとても多くのスマホが存在しています。
 
例を挙げると、もう世界中の誰もが知っているであろう「APPLE」社の「IPHONE」。
 
その他のスマホを挙げると、「アンドロイド」や「XPERIA」も注目されているスマホの1つですよね。
 
しかしスマホを利用するにあたって、もう1つ大切なものがあります。
 
それは一体何なのかというと、「格安SIM」です。
 
あなたは「格安SIM」をご存知でしょうか。
 
これは、あなたがスマホを利用するにあたってとても便利なものとなっています。
 
というのも、あなたがスマホを利用する際に快適に操作ができるようにすることができるのが、この「格安SIM」なのです。
 
やはり毎日利用するスマホですから、快適に利用したいですよね。
 
そんな悩みを解決させてくれるのがこの「格安SIM」なのです。
 
この「格安SIM」にはとても多くのプランが存在しています。
 
そしてその際だけでなく、あなたが「格安SIM」を利用する上で覚えておきたいことが1つあります。
 
それは一体何なのかということですが、これは格安SIMなどのデータをチャージする時のGB(ギガバイト)についてです。
 
おそらくあなたも、一度はGB(ギガバイト)というものを耳にしたことがあるでしょう。
 
しかしこのGB(ギガバイト)というのは、一体何MB(メガバイト)なのかということです。
 
そkどえ今回はあなたに、このGB(ギガバイト)というのは、一体何MB(メガバイト)なのかということについてお話しします。
そしてそれだけでなく、今回は格安SIMについてもお話ししていきますね!
 

 

目次一覧

1.GB(ギガバイト)について
1.1.GB(ギガバイト)って何?
1.2.1GBは何MB(メガバイト)なの?
2.格安SIMについて
2.1.格安SIMって?
2.2.MVNOについて
3.格安SIMとGB(ギガバイト)との関係
3.1.格安SIMにはどれくらいのGB数が必要?
3.2.データ通信量とGB(ギガバイト)は関係があるの?
4.GB(ギガバイト)についての疑問
4.1.格安SIMのプランでどれくらいのGBを購入することができるの?
4.2.オススメの格安SIMは?
5.データ通信量についてのメリット・デメリット
5.1.データ通信量についてのメリットは?
5.2.データ通信量についてのデメリットは?
6.格安SIMについての評価
6.1.格安SIMについての評価(高評価)
6.2.格安SIMについての評価(低評価)
7.スマホを快適に利用するために
7.1.あなたに合った格安SIMを利用しよう
7.2.あなたの利用しやすいように設定を!
8.まとめ

 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1GB(ギガバイト)について

yjimage-2
それでは前置きはここまでにしておき、ここからはGB(ギガバイト)についてお話ししていきます。
 
おそらく、そもそもGB(ギガバイト)というのが一体何なのかと思われている方もいるかもしれません。
 
なのでまず初めにお話しするのは、このGB(ギガバイト)というのが一体何なのかということです。
 
では見ていきましょう!
 

1.1GB(ギガバイト)って何?

 
もしかすると、GB(ギガバイト)という言葉だけでも耳にしたという方は多いのではないでしょうか。
 
特にスマホやパソコンなどと言った電子機器を利用している方なら、なおさらこの言葉を耳にしたことかと思われます。
 
では一体このGB(ギガバイト)とは何なのでしょうか。
 
これはデータ通信量のことを指します。
 
このGB(ギガバイト)というデータ通信量が多ければ多いほど、それだけ通信制限にかかることなく快適にスマホを利用することができるようになるのです。
 
また補足説明をしますと「○GB上限」と書かれているものがあれば、それはデータ通信量制限と言われる、いわゆるデータ通信量に制限がありますよということを指します。
 
これは覚えておくと便利ですよね!
 
 

1.21GBは何MB(メガバイト)なの?

 
GB(ギガバイト)というのは、1024MBのことを指します。
 
そして実際にはGB(ギガバイト)よりも細かいものも存在しており、今紹介したMBやKBが挙げられます。
 
今ではおよその数で1KBは1000MBと言われていますが、具体的な数値を出すとこのように1024MBとなっています。
 
また1MBはどれくらいなのかというと、こちらは1024KBとなっています。
 
このように、今ではとても多くのスマホが存在している中でデータ通信量の表記がされていないものはもはや存在しません。
 
なのでこのように、1GB(ギガバイト)が何MBなのかなどといったことを覚えておくと、スマホに何か合った場合などでもあなた自身で対応することができるようになります。
 

2格安SIMについて

yjimage-1
今先ほどのお話で、おそらくGB(ギガバイト)については少しは理解できたはずでしょう。
 
1GB(ギガバイト)が何MBなのかということさえ理解しておけば、基本的にはデータ通信量といったことで悩むことはなくなるでしょう。
 
それではここで、データ通信量のお話をする上でとても重要となる格安SIMについてお話ししていきます!
 

2.1格安SIMって?

 
おそらく、いまここで格安SIMという言葉を見てどのような意味なのかということについて疑問を持った方はいるかもしれません。
 
なのでまず初めに、そもそも格安SIMというのは一体何なのかということについてお話します。
 
格安SIMというのは、簡単に説明するとこのようになっています。
 

大手移動体通信事業者(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)に比べて低価格で提供されているSIMカードのこと、あるいはそれを用い費用を格安に抑えたスマートフォンなどのモバイルサービスのこと。上記大手3社の回線を借りてモバイル通信事業を行っているMVNO(仮想移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)が販売・提供している。

 
つまり、ドコモやAU、そしてソフトバンクが低価格で販売しているSIMカードのことを指すということですね。
 
これは従来のSIMカードとは違って、低価格であるのがメリットの1つとして挙げられます。
 

2.2MVNOについて

 
今説明した中に、MVNOという言葉が出てきましたね。
 
これは一体何なのかということですが、MVNOというのは辞書で調べるとこのように出てきました。
 

《mobile virtual network operator》携帯電話の無線通信ネットワークなどを独自にもたず、他社から借り受けて自社ブランドのサービスを提供する事業者。携帯電話サービスのほかに、同じ回線を使って、ポットの使用状況から高齢者の安否を確認するサービス、車載通信機器を通じてカーナビのデータを更新したり、事故や盗難時に車の状況を知らせるなどのサービス、幼児や高齢者の所在位置確認サービスなど、独自のサービスを提供する。

 
少し難しいように見えますが、MVNOはつまり無線通信をドコモなどといった他社から借りることでサービスをする事業者のことを指します。
 
格安SIMを利用する上で、このMVNOは格安SIMについての知識の1つとして頭に入れておくと便利かもしれません。
 

3格安SIMとGB(ギガバイト)との関係

yjimage-4
このように、ここまではGB(ギガバイト)とは何なのかということから、このGB(ギガバイト)というのが一体何MBなのかということについてお話ししました。
 
また、GB(ギガバイト)のお話をする上で欠かすことのできない格安SIMについてもお話ししてきました。
 
しかし実際にはこの格安SIMは、GB(ギガバイト)とどのような関係にあるのでしょうか。
 
そこで、ここではこの格安SIMとGB(ギガバイト)との関係についてお話ししていきたいと思います。
 

3.1格安SIMにはどれくらいのGB数が必要?

 
ではまず1つ目にお話しするのが、格安SIMにはどれくらいのGB数が必要なのかということです。
 
実際には格安SIMというよりは、データ通信量には何GBが必要になるのかということです。
 
これに関しては、メールを送受信する際にかかるデータ通信量が1GBとなっています。
 
「え、1GBもかかるの!?」と思われたかもしれません。
 
違いますよ。(笑)
 
これはおよそ2000通のメールを送受信するのに必要なGB数ということです。
 
また、ユーチューブなどといった動画を見る方は、およそ4時間で1GB必要となってきます。
 
そしてあなたも一番多く利用するであろうインターネットですが、こちらはおよそ6600ページ開くのに1GB必要となってきます。
 

3.2データ通信量とGB(ギガバイト)は関係があるの?

 
つまり、このようにあなたがスマホを利用するにあたって必ずしも必要となってくるのが、このデータ通信量となってきます。
 
やはり、いくら動画を見たりメールを送受信したりするのにも通信量は必要ですよね。
 
なので、データ通信量とGB(ギガバイト)はとても深い関係があるといってよいでしょう。
 
そしてあなたのスマホのデータ通信量が大きければ大きいほど、それだけあなたは快適にスマホを利用することができるということになるのです。
 

4GB(ギガバイト)についての疑問

yjimage-6のコピー
ここまでは、GB(ギガバイト)についてのお話から格安SIMについてのお話まで、様々なことをお話ししてきました。
 
いかがでしょうか。
 
ここまでで、もうおそらくGB(ギガバイト)というものや格安SIMについて理解できたという方は多いのではないでしょうか。
 
それではここで、あなたがスマホを利用するにあたって必ずしも知っておきたいGB(ギガバイト)についての疑問に答えていきたいと思います。
 
一体このGB(ギガバイト)にはどのような疑問が挙げられるのでしょうか。
 

4.1格安SIMのプランでどれくらいのGBを購入することができるの?

 
ではまず1つ目の疑問です。
 
1つ目に挙げられるのは、格安SIMのプランでどれくらいのGBを購入することができるのかということです。
 
これについては格安SIMによって様々ですが、基本的にデータ専用プランなどといったものであれば、30GBなどかなり大きい量のデータ通信量を購入することができますよ!
 
しかし30GBとなると、さすがに料金も高くなってしまいます。
 
そこで一番オススメなのは15GBのプランを利用することです。
 
15GBあれば、基本的に通信制限になるというのはよっぽどの方でない限りなりません。
 
なので料金のことも考えて、15GBのデータ通信量を購入することをオススメします。
 

4.2オススメの格安SIMは?

 
それでは2つ目の疑問です。
 
2つ目に挙げられるのは、オススメの格安SIMは一体どのようなことが挙げられるのかということです。
 
確かにデータ通信量ということに関しては、格安SIMを利用するにあたってかなり重要となってきますよね。
 
ではどのような格安SIMがオススメなのかということですが、これはMINEOがオススメの格安SIMとして挙げられます。
 
MINEOのプランとしては、データ通信量をチャージするプランから通話をよくする方向けの音声通話対応プランというものまで存在しています。
 
なのでデータ通信量を気にする方にはオススメの格安SIMとなっています。
 
しかしこのMINEOですが、少し料金がかかってしまいます。
 
やはり料金がかかってしまうのはデメリットでもありますよね。
 
そこで料金という面でオススメなのが、楽天モバイルです。
 
この楽天モバイルは、なんと楽天カードで全ての支払いができたり、その楽天カードで支払った分があなたの楽天ポイントに換算されるなど、とてもお得となっています。
 
また楽天モバイル自体の料金が安いことや、数ある格安SIMの中でもトップクラスのコスパ優秀さであるということも特徴ですね!
 

5データ通信量についてのメリット・デメリット

yjimage-4のコピー
ここまでは、データ通信量について様々なことをお話ししました。
 
さて。
 
それではここで一度、これまでのお話の振り返りも兼ねたお話をしましょう。
 
ではどのようなお話をするのかというと、ここではデータ通信量についてのメリット・デメリットを紹介しようと思います。
 
ここまで様々なことをお話ししましたが、実際にはこれらにはどのようなメリットやデメリットが存在しているのでしょうか。
 

5.1データ通信量についてのメリットは?

 
ではまず、データ通信量についてのメリットからお話ししていきますね。
 
このーデータ通信量のメリットとして挙げられるのは、とにかくデータ通信量が多ければ多いほど快適にスマホを利用することができるということです。
 
スマホを利用する際に、すぐ通信制限になてしまったりしてスマホが止まってしまってはとても不便ですよね。
 
そこでこのデータ通信量を増やすことによって、あなたのスマホをとても快適に利用することができるようになるのです。
 

5.2データ通信量についてのデメリットは?

 
では次に、このデータ通信量についてのデメリットを紹介しますね。
 
やはりメリットがあればデメリットはつきものです。
 
このデータ通信量についてのデメリットとして挙げられるのは、料金が高いということです。
 
例えば、格安SIMによっては先ほどにも紹介したように30GBものデータ通信量を購入することができます。
 
しかし30GBともなると、月額が1万円ほどになってしまうなんてことも…。
 
これでは少し高すぎますよね。
 
なのでこのデータ通信量を増やすことで挙げられるデメリットとしては、料金がどうしてもかかってしまうということです。
 
しかしそのほかに挙げられることは特になく、基本的にはこのデータ通信量を増やすことであなたのスマホは快適に利用することができるといったメリットが挙げられますね。
 

6格安SIMについての評価

yjimage
それではここで、実際にこの格安SIMを利用した方からの評価と感想を紹介します。
 
実際にこの格安SIMを利用した方は、どのように評価したのでしょうか。
 

6.1格安SIMについての評価(高評価)

 
『BIGLOBE』
 

【データ量】自宅はWiFiなので3GBで充分。外出時にテザリングを多用すると厳しいかも。【インターネットの速度・つながりやすさ】docomoの時と比べややもっさり感があるような・・。【手続き・設定の簡単さ】普通に説明書を読めば接続できる。【サポート】サポートからのメールが特にスパム設定等は行っていないのにロストし、何度も照会する羽目になった。結局、原因は分からず。
音声SIMカードの種別変更は2日~1週間、その間は手元のカードが使えなくなる!他社も一緒かもしれないがこれってちょっとひどいんじゃないの!せめて~2日なら我慢できるが。今の時代、1日でもスマフォが無いと生活が成り立たないんじゃないの!
キャリアもそうだが既存の顧客をもっと大事にせなあかんで!【総評】もっと条件の良いところがあればMNPでお引越ししたい。

 

【データ量】1Gにするか3Gにするか、迷いましたが今回は3Gを選択。モバイルデータを利用して動画閲覧等はしません。主にSNSやメールアプリの使用、Web閲覧が少し、といった程度です。キャリア時代の通信料は1G前後でしたので2Gプランのある事業者も検討したのですが、決め手となったのはやはり「通話パック60」の利用ができるところでしょうか。【インターネットの速度・つながりやすさ】思った以上に4Gの速さに驚いています。最近速くなったところなのでしょうか?検討中は速いという評判ではなかったように思いますが、十分満足できるレベルだと思います。【通話】通話品質はiPhoneの電話アプリと同等です。なお、650円プラスで「通話パック60」を付けておりますので、私の場合は通話料金は毎月650円となる見込みです。【手続き・設定の簡単さ】申込日を入れて、3日で届きました。早い対応だと思います。しかも、SIMが届いてすぐに電話をして即時開通を申し出たところ、30分後には開通していました。設定はとても簡単なものでした。【サポート】申し込みまでのチャットサポートの親切なこと、そして相談時間が21時まで応対してくれることに非常に満足感があります。【総評】総じて、データ通信より通話を重視する私には最適のプランだったと思います。4Gのスピードには期待しておりませんでしたが、これが思ったより早くて大満足。将来的にはシェアプランも用意されているので、このままBIGLOBEで行こうかなと思っています。

 
『楽天モバイル』
 

【データ量】乗り換え前のSoftbankが2Gでしたので
3Gでも十分【インターネットの速度・つながりやすさ】楽天はdocomo回線と 安心してましたが
家の中だけは 圏外になるのが残念【手続き・設定の簡単さ】誰にでもできます【サポート】チャットのサポートは 非常にスムーズでした【総評】キャリアと比べて 月額が半額以下になるのは嬉しい
かけ放題のシステムを理解してなく 楽天アプリを使わないと適用されないって事を
10日たってから気づきました 楽天さんが 表記はしてますが
もっともっと分かりやすく表記してもらったら嬉しです
SIMフリーじゃない端末を SIM下駄を履かせてつかってるので
着信が出来無いのと 圏外病がありますが
半額以下と言う事で 許せます

 

6.2格安SIMについての評価(低評価)

 
『楽天モバイル』
 

【データ量】.1MB多いですが、ほぼ他社と横並びの水準だと思います。頻繁にYouTubeを見るような使い方をしなければ足りる量だと思います。【インターネットの速度・つながりやすさ】昼休み時間帯は実効0.1Mbps程度のスピードしか出ません。スピードテストでは1Mbps程度は出ているようですが、画像や通常のWeb閲覧ではそのスピードは実感できないです。正直、データ通信を重視するならおすすめできないキャリアです。iij mioは、昼休み時間でも遅いながらきちんとデータは流れていました。【手続き・設定の簡単さ】非常にかんたんでスピーディーでした。配送もさすが物流会社!と思える速さです。【サポート】サポートは利用していないのでわかりません。【総評】スピード対応や価格などは文句ないのですが、データ通信の速度がどうしようもないぐらい遅いので、不満しか感じませんでした。1年使い続ける気力がわかないので、違約金を払って他のMVNOに変更します。

 
『フリーテル』
 

ブラウジング、2ちゃん、LINE、メールが主です
データ量は満足ですが後述する速度に大きな不満があります。
各種レビューサイトの評価では「Speedtest.net」を使用した速度計測で、平日正午でも「5~15Mbps」の数値が出る常に高速な通信環境であるかのような評価がされています。
SIMを契約し回線速度計測の仕方を変え2パターンで測ってみました

 

7スマホを快適に利用するために

yjimage-4
それでは最後に、スマホを快適に利用するためのポイントについてお話ししていきます。
 

7.1あなたに合った格安SIMを利用しよう

 
まず1つ目のポイントとしては、あなたに合った格安SIMを利用するということです。
 
これはどういうことかというと、いくら格安でもあなたの目的にあってなければデータ通信料なども無駄になってしまいます。
 
なので、格安SIMを購入する際はきちんと丁寧に選ぶことが大切となってきます。
 

7.2あなたの利用しやすいように設定を!

 
そして2つ目に挙げられるポイントとしては、あなたの利用しやすいように設定をするということです。
 
これはどういうことかというと、スマホを購入したときというのは初期設定のままなので、少し利用しづらさというものも出てきます。
 
そこであなた自身で設定を変更し、あなたの利用しやすいように設定をすることが大切であるということです。
 

8まとめ

yjimage-1
今回はデータ通信量についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。
 
おそらくこれまで何気なく目にしていたGBなどについて詳しく理解することができたのではないでしょうか。
 
やはり、スマホを利用する上で頭に入れておきたいことというのはデータ通信量です。
 
なので今回のお話を参考に今後スマホなどのデータ通信量を見ていただけたらと思います。
 
また格安SIMについてですが、もし今あなたがどのような格安SIMにしようか悩んでいるのであれば、ぜひ今回紹介した格安SIMを参考にしてみてください!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.