1GB(ギガバイト)何MB(メガバイト)?1GBあれば十分かも!

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!
機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマホはいろいろ便利になっており、写真やアプリなどを使いすぎてすぐに容量が溜まってしまったりすることも多々ありますよね?それなのに逆行して、1GB(ギガバイト)なんて無理じゃないのって思う人もいるでしょう。

でも今は携帯代金を抑えたり、携帯なんかに依存しない人も増えており、格安スマホっていう文化があるのです。そもそも格安スマホって言葉を聞いたことありますか?聞いたことはあるけど、どんな形態なのか、どんなレベルまで対応しているのか、詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?ここではまず格安スマホについてご紹介します。

3.2 MVNOを知ることからはじめる

格安スマホとは、docomoやauの回線の一部を借りてより安い料金で携帯を使うサービスです。この一部の回線を提供している会社を「MVNO」と呼び、この回線を使って電話や携帯を使うスマホを「格安スマホ」と呼び、「SIMフリースマホ」とも呼ばれています。

3.3 格安SIMと格安スマホって何か違うの?

格安スマホという言葉と一緒に、「格安SIM」という言葉もよく耳にするかと思いますが、これはこのMVNOの会社が提供しているSIMカードのことで、データ料金が、docomoやauと比べても安くなっていたり、通話料金が別扱いとなっているSIMです。あとでも話しますが月額料金を1000円くらいに抑えることも可能にしてくれます。

一般的に格安スマホとは、このMVNOの会社が提供している電波を使いつつ、MVNOの会社が提供しているSIMを使うことをいいます。

3.4 格安スマホは月額いくらくらい?

現在、格安SIMの種類はなんと500社を超えていると言われており、それぞれの会社が独自で発売しているので、料金プランもSIMの数だけ存在しており、自分にあったプランのSIMを購入すればいいわけです。しかし、組み合わせは携帯の種類もいろいろあるので無数にあり選ぶのに四苦八苦することでしょう

携帯やパソコンに詳しいマニアの人であれば、いろいろ調査したり、仲間に聞いたり、ショップの店員さんから情報収集して最良なものを選びますが、そういう情報に疎い人や格安スマホ初心者には結構キツイ作業になります。そんな時どうすればいいかというと、ズバリ、MVNOの会社を決めたら、その会社の格安SIMにする方法です。そうすれば、セット販売で割引にもなります。

料金体系は、後述しますが、会社によって500円くらいからもあれば、3000円くらいもあります。しかし、これ以上の料金体系を選ぶことはあまりなく、そもそも格安スマホなので5000円を超えるようなことにはならないでしょう。

 

4.1GB(ギガバイト)って結局何ができるの?

image19

上記で格安スマホについて簡単に説明しましたが、この格安スマホが実際どこまで安く、どこまで容量が少ないのがあるかというと散々話題にあげてきた、1GB(ギガバイト)の格安スマホが存在します。でも、こんな容量が少ないと実際に何ができるのか不安になりますよね。ここでは1GB(ギガバイト)だとどのくらいのことができるのかをお教えします。

4.1 まずはWifiがないとね!

1GBのプランを選ぶ場合に一番気をつけないといけないのがWi-Fi環境です。結局のところ最近はパソコンなどもみなさん持っているので当然インターネットをするためネット環境を家庭に整備しているはずです。そして、そのネット環境が、Wi-Fi環境であることが1GB(ギガバイト)の格安スマホにはほぼ必須となってきます。

そうすることで格安SIMの容量が小さくてもいろいろカバーすることができます。例えば、アプリを沢山入れようと試みるとダウンロードやアップデートだけで月に100MB、多い人なら500MBくらいデータを使用する事があります。

これをWi-Fi環境に任せてしまえば、その分は1GB(ギガバイト)の中から使う必要もなく、節約することができます。もちろん、家庭になくても、会社や行きつけのカフェなどでWi-Fi環境があり、その場所に行った時にダウンロード、アップデートするようにすれば節約することができるでしょう。

4.2 サイト閲覧やメールには不自由する?

Wi-Fi環境さえあれば、残りは外出先などでどれだけ使用料を抑えられるかになります。1GB(ギガバイト)ですと、例えば、インターネットのサイト閲覧だと1つのページがだいたい300KBとくらいあったりするので、1GB(ギガバイト)だと3000〜3500回くらい閲覧することが可能です。

その他によく使うのが、メール機能だと思いますが、メールの場合にはメールの文章にもよりますが、多くても1000文字、少なければ100文字くらいなので、1通5KBくらいなので200,000通くらいは受信することができます。画像添付や容量が少し重いHTML形式のメールの場合も考慮しても3000〜4000通は受けられるでしょう。

そのため、普段からこれくらい程度の使用量しかないのであれば、Wi-Fi環境があれば、十分に1GB(ギガバイト)でもやっていけるでしょう。

4.3 アプリやLINEは?

あとは、気になるのはせっかくのスマホなんでアプリですよね?今はやりのアプリであれば、LineやTwitterですが、どちらも10,000回くらいの送信、スタンプ、ツイートをすることができるでしょう。ただし、画像を頻繁にアップするのであれば、その10分の1くらいで1000回くらいになるかもしれませんが、そういった場合には家庭などのWi-Fi環境で行えば良いでしょう。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]