iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

200kbpsって何?動画を見たり、LINEはできるの?200kbpsで出来ること出来無いことまとめ

投稿日:

低速通信の200Kbpsって良く聞くけど実際どんなもの?
速さは?何が出来て何が出来ないの?

と思っている方も多いと思います。
低速通信と言われる200Kbpsについて徹底的に解説してみました。
これを読めば速度制限も怖くない!!
200Kbpsのことがよく分かります!
 

目次一覧

1. 200kbpsって何?
1.1 200kbpsとは
1.2 どれくらいの速さなの?
1.3 200kbpsのデメリット
1.4 200kbpsの注意点
2. 200kbpsはデメリットだけじゃない
2.1 低速モードをうまく活用すれば速度制限を回避できる
2.2 通信容量の節約で利用料金を減らす
3. 200kbpsでは何が出来るの?
3.1 メールやLINEなどのメッセージ
3.2 twitterやfacebookなどのSNS
3.3 WEBサイトの閲覧
3.4 ポケモンGOは?
3.5 Google MAPなどのナビゲーション
3.6 LINE電話などのIP電話
3.7 動画の再生
3.8 アプリのダウンロード
4. 200kbpsを体感してみよう
4.1 低速モードに切り替え
4.2 200kbpsを体感できるアプリも
4.3 実際に200kbpsを使ってみて
5. 200kbpsになってしまった場合の対処法
5.1 利用は必要最低限に
5.2 バーストモードを活用しよう!
5.3 高速通信が必要な時はwi-fiを
6. まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

200kbpsって何?


スマートフォンをついつい使いすぎて速度制限が掛ってしまった!
なんて話を聞くことも多いと思います。
ここではそんな速度制限が掛ってしまった時や格安SIMの低速モード時の速度200kbpsとはどんなものか解説します。

1.1 200kbpsとは

200kbpsとは最近では格安SIMの一番安い料金プランなどに設定されている速度で、NTT DoCoMo、au、softbankなどの大手キャリアでは3日間や1ヶ月に設定された通信容量を超えてしまった時に速度制限がかかりますが、この時の通信速度が200kbpsです。
まず、200kbpsのkbpsという単位ですが、kbps(kilobits per second)とはキロビット毎秒という意味で、データを伝送する速度を表した単位の一つで、1秒間に何千ビット(何キロビット)のデータを送れるかを表したものです。
毎秒1000ビット(1キロビット)のデータを伝送できるのが1kbpsということになります。
つまり200kbpsは毎秒200000ビットのデータを伝送できるということになります。
これだけでは速いのか遅いのかも全然分からないので次の項目でどのくらいの速さなのかについて書きたいと思います。

1.2 どれくらいの速さなの?

200kbpsの通信速度に関しては人によって様々で意外と使えなくもないという意見や遅すぎて使いものにならないなど様々な意見に分かれます。
なぜこのように様々な意見に分かれるかというと、人によって使い方が全く異なるからというのが一つの理由です。
例えばスマートフォンで動画や音楽のダウンロードをよくする人からしたら200kbpsはまったく使いものにならないと感じる人がほとんどだと思います。
逆にスマートフォンでSNSのチェックやLINEなどのテキストメッセージやたまにWEBサイトの閲覧をする人からしたらそこまで使えなくはないなと感じる人が多いかと思います。
つまり200kbpsというのは大きなデータのやり取りをするには物足りないですが、簡単なデータのやり取り程度なら十分ということです。
格安SIM会社の最安プランに設定されるくらいですからまったく使えないような速さでは誰も契約しませんので、必要最小限の使用には十分というような通信速度といえます。

1.3 200kbpsのデメリット

200kbpsは格安SIM会社の中では最安プラン(音声通話無)ということで料金も月額200円くらいからあります。
月額200円と言うのはスマートフォンの料金ではかなり安いです。
しかし安いだけあって必要最低限の通信速度ですので使い方によってはまったく使いものにならないので意味の無いものになってしまいます。
やはり200kbpsのデメリットはとにかく通信速度がNTT DoCoMo、au、softbankなどの大手キャリアのスマートフォンや格安SIM会社のその他のプランの通信速度に比べると圧倒的に劣ります。

1.4 200kbpsの注意点

200kbpsの注意点といえば通信速度が遅いことによる弊害です。
例えば音楽やアプリのダウンロードですが、容量の大きいものだと何時まで経っても終わらないどころか時間切れでダウンロードそのものが出来ないという可能性があります。
それ以外でもテキストだけでなく画像の多いWEBページの閲覧をする場合表示までにかなり時間がかかる場合があります。
急いで調べ物をしたい場合なんかにはもの凄く不便ですよね。
最近はスマートフォンのマップアプリをナビ代わりにする人も増えてきていますが、場合によってはナビとしての機能を果たさず、目的地へたどりつけなくなってしまう可能性もあります。
やはり速度が遅いことによって弊害が生じることをしっかりと理解していないといざというときに困ってしまうので注意が必要です!

200kbpsはデメリットだけじゃない


先ほどから200kbpsは通信速度が遅くデメリットが多いような話をしてきましたが、実は200kbpsは悪いことだけじゃありません!
メリットもしっかりと理解してうまく使いこなすことにより、よりお得にスマートフォンを使っちゃいましょう!

2.1 低速モードをうまく活用すれば速度制限を回避できる

格安SIM各社では通常の高速通信に加え、意図的に200kbpsに切り替える低速モードという機能を備えているものが増えてきています。
なんでわざわざ通信速度が遅くなる切り替え機能がついているの?
と思う方も多いと思いますが、NTT DoCoMo、au、softbankなどの大手キャリアはもちろんのこと、格安SIM各社でも3日間や1ヶ月間に決められた容量を使いきってしまうと速度制限、つまり200kbpsに制限されてしまいます。
この使いすぎてしまって速度制限がかかってしまいそうな時に低速モードを活用し、速度制限を回避することが可能です。
それじゃ速度制限がかかっているのと同じでは?
と思う方もいるかもしれませんが、実は全然違います!
というのも、自分で必要な時に高速通信に切り替えて使えるのとずっと速度制限がかかったままではまったく利便性に差が出てくるからです。
自分で低速モードに切り替えているだけのときは必要があれば高速モードに戻して使うことが出来るのでそれほど不便に感じることは無いからです。
自分の意思でコントロールできるというのは大きいですね。
低速モードをうまく活用すれば速度制限知らずでスマートフォンを使うことも可能です!

2.2 通信容量の節約で利用料金を減らす


格安SIM会社の中には使った分だけ支払いをするプランがある会社があります。
使ったら使っただけ料金を支払わなければいけないので使いすぎには注意が必要です。
ほとんどのプランでは低速モードでの利用には追加料金が発生しないのでどれだけ利用しても基本料金のみで利用可能です。
しかし低速モードでは不便な時もあるので高速モードに切り替えて利用することが可能です。
基本は高速モードを利用して、使いすぎてしまった時に低速モードに切り替えて料金が高くなり過ぎないように抑えることも可能です。
低速モードをうまく使いこなせば月々の料金を抑えることが可能です!

200kbpsでは何が出来るの?

先ほどから200kbpsではSNSやLINEなどのテキストメッセージは問題ない、動画や音楽のダウンロードは遅すぎて話にならないなどの話題が出てきていますが、実際何が出来て何が出来ないのかについて解説します!
これを知っておけば低速モードへの切り替え時に何ならできるのか、速度制限がかかってしまった場合どうなってしまうのかを事前に知ることが出来ます!
しっかりと覚えて速度制限に備えましょう!

3.1 メールやLINEなどのメッセージ

まずはメールやLINEなどのメッセージです。
メールやLINEなどのテキストメッセージや絵文字やスタンプは特に問題なく出来そうです。
高速通信時と200kbps時で比較してみても特に違いは感じられませんでした。
文字だけのテキストや絵文字やスタンプ程度であれば特に問題無さそうですが、長文や写真などの画像の場合は送るまでに若干時間が掛りました。
体感として10秒くらい。
ちょっと遅いかなくらいのイメージです。
メールで大きなサイズの画像を送るのはさらに時間を要します。
200kbpsでもメールやLINEなどのメッセージは長文や大きな画像などのやりとりが無ければ特に問題の無いレベルといえます。

3.2 twitterやfacebookなどのSNS

続いてはtwitterやfacebookなどのSNSの閲覧や投稿です。
まずはtwitterやfacebookなどのSNSの閲覧ですが、これも特に問題は無さそうです。
しかし、読み込みが完全に終わるまでは高速通信と比べ時間がかかりそうです。
とはいえ、先に読み込んである投稿をゆっくり読んでいれば完全に読み込みが終わっているような感じです。
WEBブラウザーでサイトに直接アクセスしても専用のアプリを使っても特に違いは無さそうです。
最近はtwitterやfacebookなどのSNSでも画像は短めの動画が数多く投稿されており、これらが多いと読み込みには高速通信時とかなり差が出てきそうです。
次に投稿に関してですが、これもメールやLINEの時と同様大きな画像や長文(twitterの場合はそもそも文字制限があり長文は無理ですが・・・)でない限りは高速通信時と大きな違いは感じられませんでした。

3.3 WEBサイトの閲覧

次にWEBサイトの閲覧についてです。
WEBサイトの閲覧についてはページの大きさやテキストベースなのか画像ベースなのかによって大きく変わりますが、基本的には高速通信時に比べるとサクサク読み進めていくというのは難しそうです。
最近ではスマートフォン用にサイトのサイズを読み込んでくれるレスポンシブサイトが主流なのでいくらかましになりましたが、ページ数が多いものでは2ページ3ページと進んでいくにつれてストレスが溜まっていくでしょう。
このことからWEBサイトの閲覧は簡単な調べ物程度であれば問題ありませんが、ネットサーフィンとなると少し難しそうです。

3.4 ポケモンGOは?

続いてはポケモンGOです。
一時話題となりそこら中でプレイしている人を見かけました。
結論から言うと200kbpsの低速通信時でもポケモンGOをある程度プレイすることは可能です。
普通に歩きまわってポケストップを巡ったりアイテムを回収する程度は全く問題がありませんでした。
しかし、人気のポケストップなどの人がたくさんいる場所では読み込みが若干遅く感じる場面がありそうです。
注意しなければいけないのがポケモンが3Dで描画される時です。
ジムでのバトルや野生のポケモンを捕まえる時にポケモンが3Dで描画されるのですが、この時に速度が遅いせいかポケモンだけかなり遅れて表示されます。
捕獲したポケモンを見たりポケモンが画像として表示される時には注意が必要です。
それ以外は普通にプレイする分には特に問題は感じられませんでした。

3.5 Google MAPなどのナビゲーション

つづいてはGoogle MAPなどの地図アプリやナビゲーションについてです。
基本的には200kbpsの低速通信時では地図を見るのはかなり大変です。
一度表示されるまでにかなり読み込みに時間がかかります。
逆に一度地図が表示されてしまえば特に問題はないようです。
続いてこれらの地図アプリのナビゲーション機能ですが、こちらは意外と使えそうです。
というのも地図が表示されるまでに時間がかかる分、一度表示されてしまえばその後特に遅れを感じることもないので経路の案内や音声が遅れることもほとんど無く普通に利用出来そうです。
一点注意しなければならないのが、ナビのルートから外れてしまうと再度ルート検索を行うのですが、この読み込みには時間がかかることがあるので気をつけなければいけません。
Google MAPなどの地図アプリは読み込みに相当時間が掛ってしまいますが一度開いてしまえば問題無く使えそうです。

3.6 LINE電話などのIP電話

続いてはLINEやskypeなどのIP電話を利用した通話です。
通常の電話回線の場合速度制限がかかってしまっても今までと変わらず通話が可能ですが、LINEやskypeなどのIP電話を利用する方法は通信速度が大きく影響します。
とはいっても実際に利用してみるとほとんど影響の無いように感じました。
相手には200kbpsの低速通信だと伝えないと気付かれない程なのでほぼ問題ないと言えるレベルだと思います。
通信速度の速さよりも電波状況の影響の方が大きいそうです。
普通に通話する分には特に問題は無さそうですが、ビデオ通話の場合は相手方には特に問題はありませんが、こちら側に送られてくる相手の画像は止まってしまったりカクカクしてしまってとても見れたものではありませんでした。
LINEやskypeなどのIP電話を利用した音声通話は特に問題無くおこなえると言えますが、ビデオ通話は厳しいでしょう。

3.7 動画の再生

続いてはyoutubeなどの動画の再生です。
動画の再生はほとんど絶望的と思われる方も多いかと思いますが、意外にも再生できる動画が多そうです。
高速通信時に比べると読み込みの速さや画質は劣りますが、ほとんど止まらずに見られるものもあるくらいです。
見始めるとほとんど止まらずに見られることも多いですが、見始めるまでというか動画が再生されるまでに結構時間がかかります。
ということは再生が始まってしま言えば少し遅いけれど見られなくは無いというレベルだと言えます。
しかし、途中で別の動画に切り替えたりしてしまうと読み込みにもの凄く時間がかかってしまったり、場合によってはエラーになってしまうことまあります。
基本的には200kbpsの低速通信でも動画の閲覧は可能ですが、読み込みに時間がかかることや途中で他の動画へ切り替えてしまうとエラーになってしまうことが分かりました。
実際にyoutubeなどの動画閲覧サービスを利用してみると、動画は200kbpsの低速通信時にわざわざ見るものでは無いなと感じる方が多いと思います。

3.8 アプリのダウンロード

最後にアプリのダウンロードについてです。
基本的にはよほど大きな容量のアプリでない限りダウンロードは可能です。
可能ですがもの凄く時間がかかることがほとんどなので、よっぽどのことが無い限りおすすめはできません。
どうしても今すぐこのアプリが必要だ!
という時以外は200kbpsの低速通信でアプリのダウンロードや更新はしない方が良いかと思います。
ダウンロードや更新だけということであればまだ我慢できたとしても、ダウンロード中は今まで紹介した200kbpsの低速通信時でも特に問題無く出来ることも困難になってしまうからです。
これではアプリのダウンロードや更新中はほぼ何も出来なくなってしまうのと同じことなので、本当に必要と感じた時以外はおすすめ出来ません。
そもそも高速通信時でも容量の大きなものはパソコンかWi-Fiでしか更新できないくらいなのでわざわざ200kbpsの低速通信で行うのはリスクが高いです。

200kbpsを体感してみよう


ここまで200kbpsの低速通信に関して色々解説してきましたが、なかなか実感の湧かない人もいるかと思いますので、実際に体感してみるのが一番だと思いますので、実際に200kbpsの速度を体感する方法について解説します。
実際に200kbpsで使ってみるのが一番だと思います。
速度制限がかかってしまったときや使いすぎて制限を自分でかけたいときなどに何は出来て何は出来ないのかを体感して知っていれば実際にそうなった時にストレスを感じる場面が少なくて済むと思います。
事前に知っているのとそうでないのとでは大きな差が出てくると思います。

4.1 低速モードに切り替え

まずは格安SIMを利用している方で低速モードへの切り替えが出来る場合は実際に低速モードを使ってみてください。
専用のアプリや会員ページへいって切り替えをすることが可能な場合がほとんどだと思います。
低速モードへの切り替えが出来たら普段と同じようにスマートフォンを使ってみて、これは出来そう、あれは200kbpsの低速通信では厳しそうなどの見極めをしてみてください。
また低速通信への切り替えや解除の仕方を確認しておくことでいざという時に切り替えがスムーズに行えます。

4.2 200kbpsを体感できるアプリも

低速モードへの切り替えがついていない方ややり方が分からないけどとりあえずたいかんしてみたいという方には200kbpsを体感できるアプリをおすすめします。
アプリストアで「200kbps 体感」や「200kbps シュミレーション」などと検索してみるとでてくると思います。
こういったシュミレーションアプリではWEBサイトの表示でどれくらい差が出るのか実際のWEBサイトを開いて200kbpsを体感するものがほとんどなので実際のアプリなどの速度を試すことは出来ないと思います。
あくまでシュミレーションなので自分の普段の使い方にどれだけ影響が出るかまでは分かりにくいと思います。
ただこれくらい表示速度が変わるんだということを最初に知っているのと知らないのでは大きな差が出てくると思います。
普通に面白いので是非体験してみてください!

4.3 実際に200kbpsを使ってみて

ここでは実際に200kbpsを使ってみた人の感想を紹介したいと思います。
・WEBサイトの閲覧やSNSをメインに使用するのであれば、わざわざ高速通信を常時ONにするのではなく、必要に応じてON/OFF切り替える事によって高速通信の量をセーブすることができると思います。
・必要最低限使う分には特に問題は無いので、必要な時に切り変えられたら特に問題無さそうです。
・twitterやfacebookなどのSNSを見るのに読み込みの時間がかかり見ていてイライラしてしまいました。
・簡単なWEBサイトの閲覧とLINEでのメッセージのやり取りしかしない自分にはこれで十分です。
・動画や音楽のダウンロードをよくするので全く使いものになりません!笑
やはり人それぞれ使い方が全く異なるので、感想も人それぞれです。

200kbpsになってしまった場合の対処法


ここでは実際に200kbpsに速度制限が掛ってしまった場合の対処法を紹介したいと思います。
速度制限が掛ってしまう前に利用を控え、速度制限を回避するのが一番ですが、それでも速度制限が掛ってしまった際に少しでも快適に利用できる方法を紹介します。

5.1 利用は必要最低限に

まず、基本中の基本ですが速度制限が掛ってしまったら基本的には利用は必要最低限にしておいた方が良さそうです。
というのも上の項目でも解説しましたが、ほとんどの場合高速通信時に比べると使えなくはないものの、その遅さにストレスを抱えてしまうことが多いからです。
速度制限が掛ってしまった状態で無理にいろいろしようとしてもなかなか進まずイライラするだけですので、利用は必要最低限にして、データ通信を利用しないアプリ等で凌ぎましょう!

5.2 バーストモードを活用しよう!

格安SIM会社の中には低速モード時に最初に高速通信で一気にページを読み込んでしまうバーストモードという機能が付いているものがあります。
このバーストモードで読み込みに時間がかかる最初の部分を一気に読みこんでしまい、後は低速でゆっくり見ていくというもので、WEBサイトの閲覧やtwitterやfacebookなどのSNSも最初に読み込んでしまえば後は200kbpsの低速通信でも特に問題が無いのでストレス無く閲覧することが可能です。
バーストモードがついているかどうかで快適性がかなり変わってくるのでチェックをしてみてください!

5.3 高速通信が必要な時はwi-fiを

動画の閲覧や音楽やアプリのダウンロードをするなら高速通信でおこないたいところですよね?
こんな時には無理をせずにwi-fiを活用することをオススメします!
家にwi-fi環境があればダウンロード作業は自宅で行えば良いですし、今ではコンビニやファミリーレストランをはじめとした多くの場所に無料のwi-fiが設置されています。
これらの無料wi-fiをうまく活用して200kbpsの低速通信でもストレス無く過ごしましょう!
速度制限に備えて自分の行動範囲の無料のwi-fiスポットを把握しておくことをお勧めします!
こうすることによって速度制限が掛ってしまっても快適にスマートフォンを利用出来ます。
やはり200kbpsの低速通信に速度制限が掛ってしまった時は無理をせずにwi-fiを利用することが一番です。

まとめ


ここまで200kbpsについて解説してきましたが、しっかりと理解することが出来ましたでしょうか?
200kbpsは低速通信と呼ばれており、速度制限の代表格ですが、格安SIM会社の最安プランに設定されており、まったく何もできないというわけではないのは理解して頂けたと思います。
低速通信とはいえ、メールやLINEで連絡を取り合ったり、ネットで簡単な調べ物をしたり、SNSのチェックや簡単な投稿程度であれば全く問題ありません。
また、あえて低速モードに切り替えることにより速度制限がかかってしまいそうな時に回避をしたり、通信料金の節約をすることも可能です。
速度制限もうまくwi-fiを活用すれば怖いものではありません!!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.