iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

アプリのダウンロードが遅~い!今日からイライラを解消8つの知恵♪

投稿日:

スマホアプリのダウンロード速度が遅いとイライラしますよね。
急いでいる時ほど、余計遅く感じるのは気のせいなんでしょうか?
なかなかダウンロードが終了しない時には電源を切りたくなりますよね。
でも、アプリのダウンロードが遅いのには理由があるんです。

使う場所を考えたり、ダウンロードの方法を考えたり、
スマホの中を整理したり…
ここでは、今日から実践できるアプリのダウンロードを速くする
8つの知恵をご紹介します。
自分のスマホが遅いかどうか知ることができるテスト方法と
実際に使ってみた体験談もご紹介します。
きっと、あなたのスマホでも活用できる方法が見つかりますよ。
今日からアプリのダウンロードでイライラしない生活、手に入れましょうね。
もくじ
1.アプリのダウンロードが遅くなる大きな理由
1-1.これが一番!通信速度が遅い
1-2.これも重要!スマホの処理速度
1-3.交通渋滞?混んでいる
2.なぜ遅くなるの?通信速度
2-1.知ってた?携帯会社で違う通信速度
2-2.機種でも違う通信速度
2-3.気をつけよう!場所によっても違う通信速度
2-4.スマホの使い過ぎ?通信速度制限
3.スマホの処理速度を上げる7つの方法
3-1.余裕は大事!スマホの容量アップ
3-2.スマホの断捨離?
3-3.困った時の再起動
3-4.アプリの終了という方法も
3-5.最終手段!スマホの初期化
3-6.頼っちゃえ!wi-fiを使う
3-7.無料wi-fiってどうなの?
4.外での通信を速くする5つの方法
4-1場所を変えてスッキリ
4-2.時間を見直してみよう!
4-3.やってませんか?他の処理
4-4.使い過ぎてない?制限されるかも…
4-5.もしかしたらウイルス?
5.気になる。ダウンロードAndroidとiOSno違い
5-1Andoroidとi-phoneでの違い
5-2..google playとappstoreの違いってあるの?
5-3.他のダウンロードサイトはどうなの?
6.こんなアプリには注意
6-1.ダウンロード数をみるべし
6-2.評価を見るべし
6-3.気をつけよう人気アプリに似ているもの
7.アプリ以外のダウンロードでは?
7-1.お世話になってマス!動画や音楽
7-2.写メとかの画像データは?
7-3.エクセルやpdf、テキストデータ
7-4.やっぱり大きい!スマホ用のアプリ
8.あなたもやってみようスマホスピードテスト
8-1.テストサイトにはどんなのがある?
8-2.テストアプリにはどんなのがある?
8-3.実際に試して見ましたよ~
まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

アプリのダウンロードが遅くなる大きな理由

650e418c8a9cb65ac15cb1b1bf7eea43_s
スマホを便利に使う上で欠かせないのがアプリケーションです。ゲームをする、漫画や電子ブックを読む、音楽を聴く、動画をみる、メールを書くといったものがあります。
また、おサイフ代わりにつかう場合やメモや日記、写真や動画撮影、翻訳…とアプリがあることでスマホをどんどん便利に使うことができます。でも、それまでサクサクできていたアプリのダウンロードが急に遅くなってしまうことがあります。
また、スマホアプリをアプリサイトからダウンロードしてくる時に、いつまでたってもダウンロードが終わらないこともありますよね。
これにはいくつかの理由があります。どの原因なのかはケースバイケースなのですが、何らかの理由でスマホ自体の処理速度が遅くなってしまったことか通信状況が悪くなっていることのどちらかである場合がほとんどです。

これが一番!通信速度が遅い

アプリは通信でスマホにダウンロードされます。通信が何かの原因でスムーズにできなくなるとダウンロードに時間がかかったり、中断してしまうことになります。
通信速度が遅い理由としては、携帯電話会社の回線が遅い、使い過ぎでダウンロードの速度が制限されている、地下やビルの中など電波が届きにくい場所でスマホを使っている場合などがあります。

これも重要!スマホの処理速度

スマホ自体の処理スピードが遅くなっている場合が次に考えられる原因です。
写真や動画などがたくさんスマホに溜まり過ぎている、不要なアプリがスマホに入り過ぎているなどのほかに、キャッシュが溜まり過ぎて重くなっている場合もあります。
 
キャッシュとはスマホアプリを起動するときにアプリの起動内容を記憶していて初回の起動よりも早く軌道してくれるデータのことです。便利な機能なのですが、溜まり過ぎてしまうとスマホの動画がおもくなる原因になります。

交通渋滞?サイトが混んでいる

ダウンロードするアプリが人気アプリであった場合には、みんなが集中してダウンロードをするために時間かかかることがあります。
アプリに関するついったーなどでダウンロードの時間がかかることをお知らせしてくれる場合もあります。
ある有名な人気ソフトのtwitterのつぶやきを一例にすると「android/iOS向けバーション●●をリリースしました。すべての方に行き渡るにはお時間かかかりますのでご了承ください。」
 
…とダウンロードが遅くなるという表現ではありませんが、込み合うことによりダウンロードに時間がかかることがよく分かりますね。

なぜ遅くなるの?通信速度

0f71ba28509b81ba05c2dc6a54eb60d9_m
通信速度が遅くなる原因としては携帯電話会社の使用している周波数の問題の他、場所や時間の違いの他、スマホの性能の違いの場合もあります。

知ってた?携帯会社で違う通信速度

各携帯電話会社にはそれぞれ国から割り当てられた周波数帯があります。800Mhzや1.5Mhzといった数字で表すものですが、つながりやすい周波数と比較するとつながりにくい周波数帯があります。
中でも800Mhzの周波数帯はプラチナバンドと呼ばれ、どこでもつながりやすい周波数帯になっています。また、WIMAXも2.5Mhzの周波数帯を表す言葉です。
携帯電話会社が使用している周波数帯によっては場所によってつながりにくくなり、ダウンロードに影響がでる場合もあります。

機種でも違う通信速度

スマホも機種によっては二つの周波数帯を使えるものもあります。
800 と 1.5の両方のうち、繋がりやすい周波数帯を選んで接続するタイプもありますので、そうした機種の場合には他の機種と比べて通信速度の低下がダウンロードの速さに影響を与えることも少なくなります。

気をつけよう!場所によっても違う通信速度

スマホの電波が届きにくい地下や建物の中などの他に、人が多く込み合った場所では電波は届いていても、回線の混雑のために通信速度が下がってしまうことがあります。
また、昼食の時間帯など、多くの人がスマホを利用する時間帯なども通信速度がさがってしまいます。

スマホの使い過ぎ?通信速度制限

ある日を境に急にダウンロードの速度が遅くなってしまった場合には、通信速度の制限をされているのかもしれません。
通信速度の制限は契約しているデータ容量以上にアップロードやダウンロードのデータのやりとりをした場合に携帯電話会社から制限を受けとしまう事です。

スマホの処理速度を上げる7つの方法

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_m
スマホの処理速度を上げることは自分でできることなので、すぐに試してみることができます。アプリのダウンロードが遅い場合にはまずはスマホの処理速度アップの対策をしてみましょう。

余裕は大事!スマホの容量アップ

スマホはいろいろなデータを記憶します。そのままつかっているといずれスマホの保存容量がいっぱいになってしまいます。
そうした場合にはスマホに追加の記憶媒体として使用できるSDカードなどを入れることで、保存容量を増やすことができます。
しかし、SDカードを入れていてもデータの保存先が本体になったいたりすると意味がありませんので、保存先をmicroSDなど、本体以外に設定しておきましょう。

スマホの断捨離?

便利だからとスマホの中にダウンロードしたアプリも意外と使わずにスマホの中に眠っているだけになってしまっていることがあります。
そうした不要なアプリでスマホの容量を選挙されているためにスマホの動作が遅くなってしまいます。
できれば1カ月に1度位、使わないアプリはないかチェックして削除をすることをおススメします。やり方は「設定」から「アプリ」を開いて、一覧からアプリを選び「アンインストール」を選ぶことで不要アプリの削除ができます。
要らない画像や動画の場合には「アルバム」などのアプリ、または「設定」→「ストレージ」から「画像・動画」を選んで表示された画像をゴミ箱に捨てます。
撮影した動画や写真は余計な容量を消費しない様に定期的にクラウドデータへアップロードしたり、SDカードに保存してパソコンやCD,DVDなどに保存する様にしましょう。
万が一うっかりスマホを水没させてしまったり、紛失したりしても大切なデータをなくさずに住むというメリットがあります。
 

困った時の再起動

スマホのダウンロードが遅かったり、フリーズして動かなくなってしまった場合に、頼りになる方法がスマホを再起動する…という方法です。
パソコンなどでもいくつかの仕事をさせている場合に固まって動かなくなってしまったり、処理が遅くなってしまうことが良くあります。
パソコンの場合はいくつかの処理が影響し合って、仕事が進まない状態になっており、スマホでも同様のことが起こることがあります。
Androidの場合は電源ボタンの長押し、i-jphoneの場合は電源ボタンを長押しして出たスライドバーを横にスライドさせることで、それぞれスマホを再起動することができます。
ちょっとした不具合が発生した場合でも再起動をすることで解決してしまう場合も少なくないですよ。

アプリの終了という方法も

スマホが遅い場合には使っていないアプリを終了するという方法もあります。
スマホアプリはホームボタンを押して閉じたとしても、ひっそりと起動していて、メモリを消費し、スマホの動きを遅くしています。「設定」から「アプリ」を選んで終了をさせます。

最終手段!スマホの初期化

全ての方法を試しても、ダウンロードの遅さが改善されない…そんな場合にはスマホを初期化して工場出荷前の状態に戻すという方法があります。
初期化した後にはアカウントの設定やアプリの再インストールが必要になります。また、あらかじめgoogleなどのクラウドサービスにスマホのバックアップを取っておくことが必要です。
もし、忘れてしまうと電話帳やアドレス帳などを一から入力する必要があるだけでなく、写真や動画などの大切なデータが戻らなくなることになるからです。
 

頼っちゃえ!wi-fiを使う

スマホでのダウンロードが遅い場合、スマホを使っているのが自宅でwi-fiの環境があれば、それを使うことで通信を早くすることができますし、通信のしすぎで通信料がかさんでしまうことを防止できるというメリットもあります。
特にAndroidやiOSなどのアップグレードデータや100MBを超えるような大きなアプリなどはダウンロードに時間がかかります。
安定して早くダウンロードをするためにも使える環境ではwi-fiを活用しましょう。wi-fiが使えないという場合には「設定」→「wi-fi」を忘れずいONにしておきましょう。

無料wi-fiってどうなの?

自宅以外でwi-fiを使う場合、今ではカフェやファミレスなどで無料のwi-fiが用意されているところも少なくありません。こうした設備は便利ですが、セキュリティが弱い場合もあります。
docomoやau、softbankなどの大手携帯電話会社の提供しているサービスはセキュリティのしっかりしたサービスですので、もし、外出中にwi-fiを使用したい場合にはさがしてみると良いでしょう。

外での通信を速くする5つの方法

a1dd320bbfdb7f42f9cdd323968f879f_m
外でのスマホの通信速度を早くする方法としては、電波の入りやすい場所や時間を選ぶことや通信速度の制限を追加料金を支払うことで解除する方法があります。

場所を変えてスッキリ

地下街やビルの中など、電波の届きにくい場所であれば、アプリのダウンロードも遅くなってしまいます。
また、人ごみの中よりはまわりに人が少ない方が通信も込み合うことがないので、ダウンロードが早くなるかもしれません。人通りの少なく、周りに障害物のない開けた場所を探してダウンロードを試してみましょう。

時間を見直してみよう!

まわりのみんなが一斉にスマホを使うとそれだけ、通信も混雑することになります。
一般的にスマホの通信が混雑する時間はお昼休みなど、多くの人が時間が自由になる頃です。
もし、ダウンロードが急ぎでなければ、そうした時間帯を避けてスマホを使うようにするとダウンロードが通信の影響を受けることも少なくなるでしょう。
 

やってませんか?他の処理

いくつかのアプリの同時ダウンロードやアプリのダウンロードと同時に動画や音楽などの大きなデータを同時にダウンロードしているとスマホの動作が遅くなってしまうかもしれません。
スマホにいくつかの仕事を同時にさせていると、処理が遅くなってしまいます。処理速度の速いハイエイドの機種であれば問題はないですが、格安機種の場合には処理が追い付かなくて遅くなってしまいがちです。
また、ダウンロードをいくつもすることで通信回線がいっぱいになってしまうことも処理に影響を与えます。できればダウンロードなどの処理は一つずつ終わらせるようにしましょう。
 

使い過ぎてない?制限されるかも…

契約しているスマホの毎月の通信容量によっては、通信速度に制限がかかってしまう場合があります。
通信で使うデータが3日間で1GB,1ヵ月で7GBを過ぎてしまうと通信速度の制限がかかりダウンロードの速度が20Mbs程度から128Kまでなんと100分の1以下に下がってしまいます。
これを避ける方法は携帯電話会社に追加料金を支払って通信の制限を解除してもらうことが一番てっとり早い方法です。
しかし、月が変わってしまえば速度制限は解除されるのであせって解除料金を支払うことのないようにしましょう。月末などのタイミングに合わせてデータ容量の契約内容の見直しをすると良いでしょう。

もしかしたらウイルス?

スマホが遅いのは、もしかしたらウイルスに感染している可能性もあります。
ウイルスは種類のよってはスマホを遠隔操作をしてカメラや録音機能を外部から操られてしまったり、スマホを動かなくして、解除と引き換えに身代金を要求する場合もあります。
撮影した覚えのない写真がある、スマホの動作がおかしい、データの使用量が使っていないのに急激に増えている…など、おかしな兆候があれば、ウイルスの可能性もあります。
i-phoneはAndroidに比べてウイルスの発生はほとんどありませんが、ゼロではありません。
防止策としては、Androidもi-phoneもOSを最新版にしておくことや見知らぬメールは開かない、知らないアドレスはクリックしないなどが坊行策になります。
また、Androidの場合はウイルスソフトを最新にしておくことも大切です。

気になる。ダウンロードAndroidとiOSno違い

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_m
アプリのダウンロードサイトはi-phoneのappstore、Andfoidのgoogle playの2大メジャーサイトが有名ですが、他にも独自にアプリをダウンロードできるサイトがネット上には存在します。
こうしたサイトの違いでダウンロード速度は違ってくるものでしょうか?

Andoroidとi-phoneでの違い

Andoroidでも、i-phoneでもダウンロードのスピードが遅いときにとる対策は同じです。
余計なデータを整理して軽くする、不要なアプリを削除する、OSのアップデートや再起動など、本体に行うことは変わりません。
通信速度が遅い場合に行うことも一緒です。ただ、再起動の方法やスマホなどの整理での手順は違うので、Andoroidとi-phoneへ乗り換えた時などは誤って大切なデータを消すことのないようにしなければなりません。

.google playとappstoreの違いってあるの?

Andoroid用のgoogle play、i-phoneのappstore、どちらもダウンロードの質や早さに差があることはありません。
しかし、ダウンロードするアプリの安全性ではappstoreに軍配があがります。アプリの公開に際してはappleからの審査が入り、大企業でも再審査になることもあるからです。
また、iOSの特性上、ウイルス自体が作りづらいようになっているので、二つの理由からダウンロードするアプリの安全性からいうとappleの方が優位であると言えるでしょう。

他のダウンロードサイトはどうなの?

Andoroidでもi-phoneでも公式ストア以外にアプリをダウンロード・インストールができるサイトがいくつも存在します。
有料のアプリが無料でダウンロードできたり、とおトクさをうたっていることもあり、つい使いたくなってしまいます。しかし、中にはアプリと一緒にウイルスなど有害なプログラムを一緒にインストールしてしまう可能性があります。
スマホを乗っ取らることや、データをロックされて身代金を要求されるなどリスクが大きいですので。できればそうしたサイトはさけた方が賢明だと言えるでしょう。
特に海外のサイトは語学力があり、アプリの制作が得意など高いスキルや知識を持っていない限り、マルウェアなどの危険性を見抜くのは難しいかもしれないので、利用しない方が良いでしょう。
 

こんなアプリには注意

f17f3eb2c785b453dd685ff13ef9e4b7_m
悪いアプリを確認せず入れていくとスマホの動作が重くなるだけでなく、ウイルスなどに感染してしまう危険性もあります。ここで、ダウンロードをするアプリについて気を付ける点について説明します。

ダウンロード数をみるべし

まずはスマホアプリのダウンロード数を見るのが一番最初の判断基準でしょう。
大人気アプリで誰もがダウンロードをする場合には別ですが、たいていのスマホアプリは似たような機能がある競争相手のアプリがあるものです。
ダウンロード数の多いアプリはそれだけ多くの人が指示をしているということで安全性も見る基準の一つになります。そして、子の後に開設しますが、アプリへの評価やその内容についても良く見るようにして行くと更に安全です。

評価を見るべし

google playなどでは星の数と数字で表示されていますが、アプリをダウンロードする前には他の人のアプリへの評価がどうなっているかがとても参考になります。
できればコメントをいくつか見ていくと更によいでしょう。コメントを見る場合には良い評価よりも星や点数の少ない悪い評価を中心に見ていくようにしましょう。
アプリを使っていてどのように具合が悪いのかなどが詳しく書いてあることもあります。

気をつけよう人気アプリに似ているもの

大人気にアプリが世の中に出ると、そのアプリに似たものやゲームアプリ攻略のためのアプリなどがでることがあります。
かなり手の込んだものから、名前をもじった全く別のアプリまで内容はさまざまですが、フェアじゃない方法で攻略するものも少なからずあり、あまりおすすめはできません。
また、制作者の巣城も明らかではないため、ウイルスがアプリの中に潜んでいる可能性も否定できません。

アプリ以外のダウンロードでは?

e44aac9f14d874ee85f9a8aef4f1023d_m
スマホで使用するアプリのダウンロードではどれ位容量があるのでしょうか?
主なものをあげて比較してみましょう。

お世話になってマス!動画や音楽

動画サイトにアップされている動画や音楽などは数MB程度の大きさになります。元のデータは大きいですが、アップロードしているデータは元のデータを圧縮して容量を小さくしていることがほとんどです。

写メとかの画像データは?

画像の大きさにもよりますが、普通にデジカメで撮影したデータであれば3MB程度の大きさになる場合が多いです。ネットやスマホで見るだけの粗くした低解像度の画像であれば200Kから300K位と10分に1程度になってしまいます。

エクセルやpdf、テキストデータ

ビジネスでやり取りをすることも多いのがエクセルのデータやpdfデータです。
エクセルやpdfはページ数が多く作られている場合や印刷用に解像度を高く設定してある場合は少し変わってきますが、数十KBから1MB程度のことがほとんどです。

やっぱり大きい!スマホ用のアプリ

スマホ用のアプリでは種類によりかなり容量が変わってきます。たとえば、ライトやコンパスといった簡単なアプリの場合には5MBや10MB程度ですと軽いです。
しかし、動画サイトを見るYoutubeのアプリは65MB、SNSアプリとして定番のLINEは140MB、話題になったゲームのポケモンgoの場合は180MBにもなります。
こうして比較するとゲームなどの複雑なアプリほど大きな容量があることがわかりますね。容量があるということはそれだけアプリサイトからのダウンロード時間も必要ということになります。

あなたもやってみようスマホスピードテスト

ec29b40837fa1ba2440cee3b5937b330_m
自分のスマホって、早いのか?遅いのか?比べる物差しがないから分からないのが正直なトコロ…。でも世の中にはスマホの処理スピードをテストしてくれるスピードテストアプリやスピードテストサイトというものがあるんです。
日頃から自分のスマホをテストして早さを測定しておくと、あれ?なんか遅くない?…という時もう一度測ることで、に数字で理解することができます。
ここではテストアプリやスピードテストサイトのご紹介の他、実際にAndroidのスマホで試してみた感想をご紹介します。ご参考にしてくださいね。

テストサイトにはどんなのがある?

スピードテストサイトはパソコン専用のもの、パソコンやスマホ兼用のものがあります。1~2秒で測定が終わってしまうものや1分近くの時間で測定するものまで様々です。以下の3サイトはスマホでも利用が可能です。
ラピッドネット/Rapidnet
測定結果に女の子キャラが表示されるなど、サイトの見た目はかなりお手軽な感じがします。
http://www.rapidnet.jp/index.php
BNRスピードテスト
サイトの説明の文字が多く、かなり堅いイメージのサイトです。
http://www.musen-lan.com/speed/
ブロードバンド スピードテスト
車やバイクのスピードメーターをイメージしたデザインになっていますが、結構しっかりと測ってくれます。
http://www.bspeedtest.jp/

テストアプリにはどんなのがある?

アプリのダウンロードサイトでスピードテストと検索をすると沢山のアプリが出てきますが、ネットで良くみかけるものは
「ドコモスピードテスト」「RBB TODAY SPEED TEST」「スピードチェッカー」などです。今回スピードテストの体験をしてみる際にはドコモスピードテストを試してみました。
注意点としてはスピードテストと言っても実際にアップロードやダウンロードのデータのやり取りをするので、データを消費します。
面白がって何度も何度も試していると、思わぬデータ消費量になってしまいますので、あくまでも測定用という気持ちで使いもしょう。

実際に試して見ましたよ~

ラピッドネット/Rapidnet
ボタンを押して1~2秒ほどで測定完了え?もう終わり?という感じです。
ダウンロード8.3Mbs アップロードも8.3Mbsでした。
ブロードバンド スピードテスト
ダウンロード30秒、続けてアップロード30秒 合計約1分ほどで測定完了
ダウンロード23.02Mbs アップロード11.29Mbsでした。
ドコモスピードテスト
ドコモスピードテスト
ドコモのアプリかと思いきや、いろいろなスマホで利用可能なアプリです。
ダウンロード2.09.Mbs アップロード16.81Mbsでした。
周辺のドコモLTEの平均値やマップが表示されるので、自分のスマホの速度が遅いのか早いのかが分かるのが嬉しいですね。周囲のマップが表示されてドコモショップがわかるのでwi-fiを使いたい時にも便利です。

まとめ

fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_m
スマホのダウンロードが遅い理由を解説しましたが、いかがでしたか?いくつか思い当たるものがありましたか?
改めておさらいするとスマホのダウンロードが遅い理由としては、通信速度が遅い、スマホの処理速度が遅い、サイトが込んでいるという理由があります。
このうちスマホの処理が遅いことについては自分ですぐに対策ができるのでまずはこちらを試してみましょう。
通信速度が遅い場合には場所や時間を変えて行うことです。また、データ通信の制限で遅くなってしまう場合にはデータ無制限のプランに切り替えるなど、契約内容の見直しも一つの方法です。
他にも、最後の方でご紹介したテストアプリやスピードテストサイトで日頃から自分のスマホがどれ位の速さなのかを試して把握しておくと良いでしょう。
保存
保存

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM
-,

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.