iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

arrows M03のスペックや評判・評価またおすすめのケース等についてまとめました。

投稿日:

最近話題の端末arrows M03についてご存知でしょうか?
今回は、arrows M03のスペックや評価・評判またおすすめのケース等についてまとめてみました。これから、端末を変える!また格安SIMに変える!という方は必見の内容となっていますので是非ともご一読ください。

また、格安SIMについてもわかりやすく解説しておりますので、そのあたりも詳しく知っておくには良い内容となっています。
woman-1446557_960_720

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈arrows M03とは?
⒈1arrows M03について
⒈2デザイン性と外観
⒈3カメラ性能アップ!
⒈4ワンセグ対応
⒈5ジャイロセンサーでポケンモンGO!
⒉arrows M03のスペックについて
⒉1arrows M03のスペックとは?
⒊arrows M03の評価と比較について
⒊1arrows M03の評価
⒊2arrows M03の他との比較
⒋arrows M03の口コミ(評判)はどうなの?
⒋1arrows M03の口コミ(評判)
⒋2arrows M03の注意点について
⒌arrows M03におすすめのケースランキング
⒌1[Breeze-正規品] ARROWS SV F-03H / ARROWS M03 兼用 ケース
⒌2arrows M03 ソフトケース クリア 極み
⒌3rrows M03 レザーケース/カバー 横開き手帳タイプ
⒍arrows M03のテザリング機能について
⒍1そもそもテザリングとは?
⒍2テザリングの設定の仕方
⒎arrows M03におすすめの格安SIMは?
⒎1そもそも格安SIMとは?
⒎2格安SIMのおすすめ!
⒏まとめ

⒈arrows M03とは?

smartphone-569076_960_720

⒈1arrows M03について

富士通のarrows m03はsimフリー端末で、トップ10に入るほどの人気機種となっています。格安スマホ各社でもarrows m03を同時購入できる端末に加えて、ますます利用者が増えていく状況となっています。このarrows m03の本体価格は平均で3万2800円ほど。このお値段から各社それぞれの割引特典などがついてきます。
iphone-500291_960_720
またSIMサイズはnano SIMとなっています。arrows m03の端末をお持ちなら格安simではnano SIMを申し込むようにしましょう。
またプラットフォームはandroid6.0が搭載されています。プロセッサー/動作周波数などのCPUは、Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 クアッドコア 1.2GHzとなっています。CPUに関してはarrows m02と同じとなっています。画面サイズは約5インチのIPS液晶が採用されています。
candy-crush-1869655_960_720
前機種であるarrows m02では有機ELディスプレイ採用だったので、画面が衝撃に弱いといった報告がよく見られていたのですが、arrows m03から液晶部分が強化されました。メインメモリ2GB、HDD 16GBはarrows m03、m02共通となっています。
724bd01dee7d09ba4ed0786aaf60b943_s
またメインカメラは約1310万画素、インカメラは約50万画素となっています。バッテリー容量は2.580mAhとなっていてarrows m02と比べると、カメラ、バッテリーともに少しパワーダウンしています。

⒈2デザイン性と外観

arrows M03の特徴の1つとして、本体に、ハードアルマイト処理をしたアルミ素材を採用して、デザイン性を高めて、高級感を演出しています。sonyのXperiaシリーズのような雰囲気に仕上がっています。手に持った感じも、マットな触り心地とアルミのひんやり感が気持ちいいです。
55337c42ccf2e940fe96d593a233271a_m
背面にはガラスのような透明の樹脂を張って、さらに高級感を高めています。arrows M02の黒を使っていましたが、プラスチック製の素材にマットな塗装が施されていたので、ビジネスなど実用的なデザインでした。打って変わって今風のスマホに多い高級感のあるボディになっています。

⒈3カメラ性能アップ!

1310万画素のメインカメラは超広角レンズを、500万画素のフロントカメラにも広角レンズを、センサーにはSONY製のCMOSセンサーを採用していて、カメラの性能は格段にアップしています。広角レンズの採用で、今まで入りきらなかった風景や集合写真なども、余裕を持って撮影ができます。
0899cfe434d9ea024ca06317a9357553_m
前機種では画素数やレンズなどもコスパ重視のため、若干物足りない仕様になっていましたが、この点は大幅に改善されました。フロントカメラとインカメラの切替がタップ1つでできるように改善されました。

⒈4ワンセグ対応

arrows M03は、災害時の緊急放送などを視聴する事を一番の目的として、ワンセグを搭載しています。なので、本体の右上にアンテナが収納されています。
6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s
可動箇所は非常に細いのにギミックがしっかりした感じの作りになっています。ちなみに、この夏モデルの国産スマホのほとんどがワンセグ、フルセグを搭載しています。arrows M03は、フルセグではないので、画質については、期待しないほうがいいでしょう。

⒈5ジャイロセンサーでポケンモンGO!

スペック的にも、問題なくポケモンGOがプレイできます。中華系のミドルスペックのSIMフリースマホには、ジャイロセンサーを搭載していないものも多いのですが、arrows M03はジャイロセンサー搭載なので、ポケモンGOをARでのプレイも可能です。

⒉arrows M03のスペックについて

a56a1d6a227a4d7df2c64017ca2b65de_m

⒉1arrows M03のスペックとは?

arrows M03は2016年7月28日に発売された国産のSIMフリースマホです。arrows M03は電池持ちがかなり良い、ワンセグ・おサイフケータイ・防水に対応した5インチスマホです。
7c431eefea5db26f1feb1e97a94b97e2_m
国産のSIMフリースマホとして初めて大ヒットになったのがarrows M02です。arrows M03はその後継機にあたりますarrows M02は2万9800円で発売されましたが、arrows M03は3000円アップして3万2800円での発売になります。
560887197168f6483629ca12b1943cd5_s
arrows M02も良い機種ですが、arrows M03で電池持ちがさらに10%程度良くなり、ワンセグを搭載して、カメラの質も向上しています。arrows M02で問題になった画面の割れやすさも、arrows M03で液晶の種類を変えることにより対策が行われています。ワンセグや、防水、おサイフケータイがほしい場合にarrows M03がおすすめの格安スマホになっています。
【arrows M03のスペック】
・CPU:クワッドコア1.2GHz Snapdragon 410 (MSM8916)
・RAM:2GB
・ROM:16GB
19e4e3ff3039ca69dbc0ed2d1c6d5183_s
・ディスプレイ:5インチ
・解像度:720×1280
・カメラ:背面1310万画素/前面500万画素
・電池容量:2580mAh

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


・サイズ:144 × 72 × 7.8mm
・重さ:141グラム
・連続待受:LTE 640時間、WCDMA 780時間
・価格:3万2800円
スマホ_音楽
・Android:6.0、SIMフリー、防水防塵、おサイフケータイ対応、テザリング対応、ワンセグ対応、外部マイクロSD(最大200GB)、ナノSIM、VoLTE対応
・arrows M03の対応周波数(バンド)
・LTE: Band1/3/8/19/26
・3G: Band1/5/6/8/19
【ドコモ系の格安SIMへの対応は問題なし】
ドコモの主なLTEバンドはバンド1、バンド3、バンド19、バンド28です。バンド28は2015年から少しずつ稼動し始めたバンドで、影響が出るのは当分先なので無視していいです。他にドコモはバンド21(1500MHz)というバンドも使っていますが、超マイナーなバンドなため無視していいです。ドコモのLTEの受信は問題ありません。
happy-1786171_960_720
ドコモの3Gが主に使っているのはバンド1とバンド6です。バンド6に対応しているのでFOMAプラスエリアにも対応してています。ドコモの3Gの受信は問題ありません。
【au系の格安SIMへの対応も問題なし】
auのLTEが使っている主に使っているバンドはバンド1、バンド11、バンド18、バンド26、バンド28です。バンド28は2015年から少しずつ稼動し始めたバンドなので、影響は当分出ないので無視です。バンド26はバンド5,6,18,19を含んでいます。
yuka0I9A1561_8_TP_V1
arrows M03はauのプラチナバンド、バンド18は記載されていませんが、バンド26には対応しているのでバンド18にも対応しています。
arrows M03はバンド11に対応していませんが、バンド1とバンド26には対応しているので、auのLTEの受信は問題ありません。au系の格安SIMを使う場合、VoLTE用のSIMを使うことで音声SIMで音声通話機能(070/080/090で電話をする機能)を使うことができます。

⒊arrows M03の評価と比較について

JK92_hohohiji20150222103753_TP_V1

⒊1arrows M03の評価

arrows M03は電池持ちが良く、防水防塵、ワンセグに対応していて、おサイフケータイにも対応しています。まさに日本人のために作られた格安スマホと言って過言ではありません。ドコモ系とau系の両方の格安SIMで使うことができます。
YK0I9A6202_TP_V1
機能的にはとても良いのですが、問題はCPUの性能が一昔前の低性能のCPUになっていることです。CPUの問題を飲み込めるかどうかで、arrows M03を選ぶかどうかが決まります。CPUの問題を無視できれば、電池持ちが良く、防水防塵、ワンセグに対応していて、おサイフケータイに対応しているarrows M03は便利に使えるスマホとしてオススメです。

⒊2arrows M03の他との比較

【arrows M03の最大の問題:CPUが低性能】
CPUはスマホの脳みそにあたります。基本的にCPUの性能が良ければ良いほど、スマホがサクサク動きます。ただし、ある程度のCPUの性能があれば、たいていの操作はサクサクできます。高度なゲームをする場合に、高性能なCPU(GPU)が必要になります。arrows M03のCPUはクワッドコア1.2GHz Snapdragon 410を使っています。
55337c42ccf2e940fe96d593a233271a_s
このCPU、正直言って時代遅れですが、たいていの操作はサクサク動く感じになっています。普通にスマホを使う場合は、普通に使えますが、猛烈な勢いで操作しようとすると、反応のトロさが露呈することになります。
b44c4c41a38f4f94e37abdb0a06ad6fc_s
一般的なゲーム、パズドラやモンスト、ツムツム、ポケモンGOなんかは普通に遊ぶことができます。ただし、少し高度なゲームになると、まともな動作は諦めたほうがいいです。ゲームにそんなにこだわりがない場合は、arrows M03を選んでも、低性能のCPUによって支障をきたすようなことはないかと思います。
valentinePAKU2847_TP_V1
arrows M03はMVNOで3万2800円で販売されますが、この価格でCPUが低性能というのは、割高感が出てきてしまうのが実情です。
CPUが低性能なので価格的には割高感が拭えませんが、防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイのうちどれか、もしくは複数を必要とする場合は、他に簡単な選択肢がないので、arrows M03を優先的に検討するのがおすすめです。
【ワンセグに対応】
ワンセグに対応していると、スマホでテレビを見ることができます。ワンセグに対応している格安スマホはほとんどありません。ワンセグに対応しているSIMフリーの格安スマホは、今までAQUOS SH-M01ぐらいでしたが、高すぎて売れませんでした。
01ebe733defb76947ccb6c9344433eb6_m
arrows M03はワンセグに対応していて、3万2800円ぐらいで買えるので、そこそこ手頃な価格で買える唯一のSIMフリーのワンセグ対応機種でした。ただ、2017年3月3日にワンセグにも対応したDIGNO Wの発売により、arrows M03が唯一の選択肢というわけでもなくなりました。arrows M03以外にもワンセグに対応していて格安SIMでも使えるスマホがあります。

⒋arrows M03の口コミ(評判)はどうなの?

488c75217150f9b4934e556bad0b7fff_s

⒋1arrows M03の口コミ(評判)

現在、格安スマホの端末ランキングでは前作のarrows M02が2位です。(1位はHUAWEI P9 lite)おそらく発売と同時に1位になるでしょう。2016年8月時点で1位になりました。arrows M02の人気の理由は、下記のとおりです。

・MIL規格の防水防塵対応
・電池持ちの長さ
・日本製のスマホ
・edy対応

N112_sumahodeyorokobu_TP_V
海外ブランドのスマホを使うことに抵抗のある人も多く、国内メーカーの端末を使うことが多いです。
引用元:http://arrows M02/RM02のスペック・評価・評判まとめ
edyやワンセグに対応している日本のメーカーだから購入する方も多いものです。arrows M03には、今の時代に合わせて改良を加えています。
YUKA862_mobile15185035_TP_V
【音楽や動画のダウンロードを高速化するシステムも搭載】
・Wi-Fiと3G/LTEの自動切り替え(設定で速度の早い方に切り替えます
・独自の高速化技術により早送りしてもすぐに再生
YOUTUBEやAppleMUSICなどの動画や音楽をストリーミングで楽しむ時代にはより楽しめる機能が搭載されています。

⒋2arrows M03の注意点について

arrows m03の注意点は主に2つ、1つ目はCPUプロセッサーが少し弱い事、2つ目は充電台が付属で付いていない事です。
1つ目のCPUプロセッサーが弱いことについて、arrows m03に搭載されているCPUは前作のarrows m02と、同程度の1.2GHzのプロセッサーとなっています。そのため、クアッドコアやオクタコアといった強力なCPUが搭載された端末と比べるとレスポンスに不満が出たやプレイできるスマホゲームによっていはもたついてしまう可能性があります。
yuka0I9A1561_9_TP_V
ただarrows m03の端末でもポケモンGOなどはしっかりと、遊べるためarrows m03のCPUの強化はいらないと思われたのかもしれません。反面、CPUの能力がそこまで高くないため、バッテリー消費が少ないという利点もあります。バッテリーについては狙ったわけではないでしょうが、CPUの強化については次回作に期待となっています。
tsuru_syouganaina-_TP_V
2つ目の充電台がついていない点について、iPhoneやその他のアンドロイド端末をご利用の方なら、当たり前じゃないかと思われますが、arrows m02までは専用の充電台が付属品として本体と同梱されて付いていました。しかしarrows m03からこの充電台は廃止され、別途購入する形となっています。
SAYA160312170I9A3708_TP_V
お値段は1300円程度となっていますが、microUSBで充電するとmicroUSB部分が壊れてくる場合があるので、長く使うためにも専用の充電器を購入しておいた方が良いでしょう。

⒌arrows M03におすすめのケースランキング

office-620822_960_720

⒌1[Breeze-正規品] ARROWS SV F-03H / ARROWS M03 兼用 ケース

大手通販サイトAmazonでの人気カバー!
こちらま様々な端末で人気のクリアハードケースです。シンプルなだけに人気も高くてオススメです。価格も安い上にフィルムもセットでかなりお得な製品です。レビュー評価がかなり高いですが、M03の購入レビューは2016年8月1日の時点はまだ無かったので注意。
5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_m
様々な端末で人気なので問題ないとは思いますが気になる方はM03やarrows SVのレビューが付くまで様子見するのもありです。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01GVCQOKK/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B01GVCQOKK&linkCode=as2&tag=smartphone08a-22

⒌2arrows M03 ソフトケース クリア 極み

こちらは家電グッズで人気のエレコムの製品になります。ケースの仕様としては先ほどのハードケースとは異なりTPU素材のソフトケースになります。
SAYA0I9A8798_TP_V
TPU素材はコストがそこまでかからないので、こちらのケースは価格がやや高いです。2016年8月1日の時点では他に有名メーカーの製品が無かったので紹介しておりますが、これから同じ素材の安いケースが登場するかもしれません。
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01GO48UG6/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B01GO48UG6&linkCode=as2&tag=smartphone08a-22

⒌3rrows M03 レザーケース/カバー 横開き手帳タイプ

大手通販サイトAmazonでの人気カバー!
こちらはほとんどの端末で評判が良い手帳型のPUレザーケースになります。スタンド機能こそ搭載していないものの何よりもレビュー評価の高さがオススメする理由です。価格がそれなりに高いですが、手帳型ケースを探している方には是非!
PASONAZ160306470I9A2122_TP_V
参照元:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01H28OADK/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B01H28OADK&linkCode=as2&tag=smartphone08a-22

⒍arrows M03のテザリング機能について

iphone-500291_960_720

⒍1そもそもテザリングとは?

テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用してPCなどをインターネット接続させる機能。 テザリング機能のあるスマートフォンがあれば、例えばWiFiルータを持ってなくても、そのスマートフォンを 利用して屋内、屋外に関係なく、PCやゲーム機でインターネット通信ができます。
apple-490485_960_720

⒍2テザリングの設定の仕方

【テザリングで接続できる機器にはどんなものがありますか?】
テザリング機能を利用してインターネット接続できる機器は沢山あります。まず最も一般的な利用シーンとしては、外出先などでノートパソコンやタブレット端末(iPad・iPod touch・nexus等)を使うことが挙げられます。その他にも、PSPやNintendo DSなどの携帯ゲーム機、さらにはプレイステーション3やXbox 360などの据え置き型ゲーム機でも利用できます。
e8d749940c5ac848850838f679faf825_s
【テザリングを利用するのに料金はかかるの?】
ソフトバンクではテザリングオプションとして月額525円という料金を設定していますが、LTEスマホの購入者であれば2年間は無料になるというキャンペーンもやっています。その他、すでにスマートフォンでデータ通信サービスを契約している人ならば、新たに追加料金を払うことなくテザリング機能を利用することができるようです。

スマホやiPhoneで通信制限になってしまったらどうする!?

スマホやiPhoneで通信制限になってしまったらどうする!?


ただし、各社ともテザリングを利用した場合のデータ通信において、月間7GBを超えるとそれ以降の通信速度を128kbpsに落とすといった通信量制限を行っているのが現状です。

⒎arrows M03におすすめの格安SIMは?

YUUKI150321140I9A4377_TP_V

⒎1そもそも格安SIMとは?

ドコモやauといった大手キャリアが持つ通信設備を借り受け、そこから利用者に提供されているのが格安SIMです。各社が独自に通信料や料金を設定しており、通信設備などを維持・サポートするための費用が発生しないのでキャリアに比べて維持費が安く抑えられます。
画像6
通信設備を持つ事業者を「MNO」、通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者を「MVNO」と呼び、MVNOのサービスはキャリア回線よりも安いプランが用意されているので、一般的に「格安SIM」と呼ばれています。

なお、MNOが持つインフラを使用しているのでMVNO(格安SIM)の通信可能エリアはキャリアと全く同じです。キャリア契約のときに通信できていたのであれば問題なく繋がるでしょう。

⒎2格安SIMのおすすめ!

格安SIMを販売している主な事業者を紹介します。現在、大手プロバイダのBIGLOBEやOCN、楽天などが格安SIMを販売しており、特徴も各社さまざまです。
画像5
・BIGLOBE:古くから格安SIM事業を展開し、コスパの高さが魅力的です。特定のプランでBIGLOBE Wi-Fiが無料で利用できます。
・楽天モバイル:キャリアから乗り換えやすいプランが豊富に用意されています。月額料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、1ポイント=1円として月額料金の支払いにも使えます。
・IIJmio:高い人気シェアを誇る老舗企業。ユーザーが増えても安定した通信速度を維持しており、OSアップデートによる端末対応状況をいち早く報告してくれる信頼度の高い事業者です。
gatag-00008519
・UQ mobile:au回線を使用したUQ mobileは1日を通して通信速度が落ちにくく、混雑時でも比較的安定した速度を維持。キャリアに近いプランも用意されているのが選びやすいです。
・FREETEL:格安SIMだけでなくスマホも自社で提供するいま注目度の高い事業者。定額制・従量制とプランを選択できたり、コスパのいい端末も豊富に取り扱っています。
・mineo:初めてau回線とドコモ回線のマルチキャリアに対応、他社にはない柔軟なパケットサービスも特徴的です。音声プランでも最低利用期間や解約金がないため気軽に始められるのもポイント。
db36ace66c0e51a5fdbe9b82fd87d3bb_m
・OCN モバイル ONE:大手プロバイダOCNが提供。1日ごと通信プランや低速大容量プランなど他社にないプランが特徴的。IP電話「050Plus」も利用でき、格安SIMの人気シェアは1位。
ここでは紹介しきれませんが、他にも数多くの格安SIMが存在します。まずは人気の格安SIMやおすすめの格安SIMを抑えておきましょう。

⒏まとめ

images
ここまで、arrows M03という端末のスペックや評価・評判等について解説してきました。今現在では、格安SIMをご使用している方が多いと思われますが、それに比例するように格安スマホも大変多くの製品が出回るようになりました。これから、端末を変えようとお考えの方はしっかりと使用しようとお考えの格安SIMと格安スマホの相性を吟味して選ぶ必要があります。
最後に、この記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.