iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

arrowsM03の魅力!初心者にもわかる保存版説明!

投稿日:

arrowsM03は2016年7月下旬に、富士通より発売された格安スマホです。国産SIMフリースマートフォンとして、大人気だったarrowsM02の後継モデルとなります。
arrowsM03の大きな特徴は、格安スマホの中では珍しい多機能性です。しかも防水・防塵・耐衝撃性を兼ね備えています。そんな魅力をわかりやすくご説明します。
「格安スマホ?」「SIMフリー?」そもそも、それが良く分からない方や、今更人に聞きにくい専門用語も併せて説明しますので、スマホ初心者の方にも読みやすく、得になる記事だと思います。

arrowsM03は販売されてから、使い勝手が良いと評判もいいので、どれを選ぶか困ったら、格安スマホのデビュー品として、おススメです。スマホの機種で悩んでいる方、必読です!
【目次】
1.arrowsM03の特徴
1.1 防水・防塵でタフ
1.2 ワンセグ・おサイフケータイの便利機能付き
1.3 au系・DoCoMo系 両方の回線に対応
1.4 省電力でバッテリー長持ち
2.arrowsM03スペック
2.1 基本スペック
2.2 高性能スマホ
2.3 バッテリーは嬉しい大容量&省エネ
2.4 傷つきにくいディスプレイ
2.5 メモリ(本体容量)
3.arrowsM03 こだわり機能
3.1 簡単操作で綺麗に撮れるカメラ
3.2 ワンセグ
3.3 おサイフケータイ
4.料金
4.1 本体価格
4.2 端末保障もあります
4.3 月々の料金は契約によりけり
5.携帯電話の種類
5.1 ガラケー
5.2 スマホ
5.3 SIM
5.4 格安スマホ・格安SIMカード
6.arrowsM03 おすすめポイント
6.1 日本製だからこその親切機能
6.2 高級感漂う鉱石的デザイン
6.3 高速ストリーミング&ダウンロード
6.4 文字入力も親切
7.わかりにくい用語 arrowsM03をモデルにご説明
7.1 OS
7.2 CPU
7.3 メモリ容量
7.4 画素数
8.ネットワークもご説明
8.1 3G・LTE
8.2 Wi-Fi
8.3 Bluetooth
まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.arrowsM03の特徴防水

1.1 防水・防塵でタフ

arrowsM03は防水はIPX5/IPX8に対応。IPから始まる記号はJIS(日本工業規格)の電気機械器具の外郭による保護等級です。どれ位の防水・防塵の効果があるかって事ですね。
IPX5---水の噴射を浴びても機器に有害な影響がないこと。
IPX8---ある程度継続的に水没、水中で使用しても浸水せずに使用できる性能のこと。
なので、お風呂やキッチンなどの水周りでも使えたり、外出先で急に雨に降られても(豪雨でも)大丈夫という事です。
防塵はIPX6X。
IPX6X---粉塵が中に入らないこと。
結果arrowsM03は、優れた防水・防塵性かつ、耐衝撃性を兼ね備えていて、ちょっと落とした位では簡単には壊れにくいタフさを持っています。アウトドアをする時や、お仕事が屋外の職人さんなどでも安心して使えます。

1・2 ワンセグ・おサイフケータイの便利機能付き

arrowsM03にはワンセグ・おサイフケータイ機能が付いています。格安ケータイの中でこの両方の機能が付いていて、防塵・防水も兼ね、しかも安いのはarrowsM03の他ありません。
*ワンセグ・おサイフケータイについては後ほど詳しく説明します。

1.3 au系・DoCoMo系 両方の回線に対応

au系とdocomo系の両方の回線に対応しているのでいます。その為、どちらかでSIMカードを買ってarrowsM03を使い始めても回線を変えたい時に、新たにスマホを買う必要はありません。

1.4 省電力でバッテリー長持ち%e3%81%a7%e3%80%80%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b33

arrowsM03は独自の省電力技術「NX!Tune」を搭載。これは利用シーンに合わせて効率的にCPU性能を使う事で、高パフォーマンスに加え、高省電力・バッテリー持続性能を実現します。
電池は最大3日持ちの長時間対応なので、旅行や外回りの多いビジネスマンにも安心です。(使う環境や頻度により、若干の電池持ちの長さは変わります。)
また、急速充電もでき、わずかな時間で充電できるので忙しい時にも便利です。

2.arrowsM03 スペック

2.1 arrowsM03 基本スペック

*スペックとは機械や機器の仕様や性能の事です。
全く意味が分からない方もいると思いますが、後からわかりやすく説明します。
・サイズ  H(縦)144mm×W(横)72mm×D(厚さ)7.8mm
・ディスプレイ 約5.0インチHD IPS液晶
・質量  約141g
・連続通話時間 LTE 約770分  3G 約700分
・連続待受時間 LTE 約640時間 3G 約780時間
*使用環境によって異なります。
・バッテリー充電時間 約150分
・バッテリー容量 2580mAh
・カメラ アウト(背面) 約1310万画素 CMOS
イン(前面)  約500万画素 CMOS
・OS  Andoroid TM 6.0
・CPU       MSM8916 1.2GHz Quad Core
・メモリ  内部ストレージ(ROM)16GB  RAM 2GB
外部ストレージ  microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)sd-card-34041_640
・通信  ・LTE 対応バンド  1/3/8/19/26
・3G  対応バンド  1/2/5/6/8/19
・GSM    850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
・Wi-Fi  802.11  a/b/g/n  2.4GHz 5GHz
・  Bluetooth   4.1対応
・その他 GPS/NFC/Felica
・SIMサイズ nanoSIM対応(au-SIMの場合 au VoLTE対応SIM でのみの利用)
UQ mobile Multi IC Card,au MVNO Muluti IC Card,au IC Card 04

2.2 高性能スマホ

QuadCore(クアッドコア)という高性能CPUを搭載。簡単に言うと、スマホの頭脳(コア)が4つ(クアッド)あるという事です。頭脳が4つあるので、処理能力が早く、同時処理に優れています。インターネットの閲覧やデータ量の少ないゲームなら、サクサク動いてくれます。データの重いゲームなどは多少もたつく事もあります。

2.3 バッテリーは嬉しい大容量&省エネ

バッテリーの容量はmAh(ミリアンペアアワー)という単位で表示され、この数値が大きいほどバッテリーに貯めれる電気の量が大きくなり、1度に充電できる量が多くできます。
arrowsM03は2580mAhの大容量で、しかもNX!Tuneという富士通独自の省電力技術で、スタミナが強化されています。「ため込める体力が大きく、使われるエネルギーが少ないから長持ち」と、いう素晴らしい事ですね。
また、arrowsM03には非常用節電モード機能もあり、災害などの緊急時には電池を長持ちさせてくれます。
凄く安い格安スマホの中には、安い分電池が半日も持たない物もありますので、要注意です。

2.4 傷つきにくいディスプレイ

%e3%81%8b%e3%80%80%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%84%e3%81%84%e6%8c%87%e3%80%80%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%8225.0インチは画面の大きさ。スマホの標準的な大きさで、女性でも片手操作できる位の大きさです。1インチは約2.54cmで画面の対角線の長さで表示されます。
嬉しいのは画面周囲に0.3mmのフチが付いていて、うっかり落としてしまっても画面が地面に直接当たりにくく、傷つきにくくなっています。背面パネルも、傷や指紋が付きにくく、耐摩耗性に優れたハードコートです。
HDはHigh Definictionの略で解像度、鮮明度を意味します。画像の繊細さを表すので、画像が綺麗かどうかという事です。
表示に解像度1280×780がありますが、これは縦横のドットという単位数を表す物で、数値が高いほど鮮やかで綺麗な画面になります。
画質の順としてはSD<HD<フルHD<WUX<WQHDとなります。
画面の大きさとの関連性も考慮すると、arrowsM03の5.0インチでHDのディスプレイは普通に綺麗な画質です。
IPS液晶は液晶パネルの駆動方式で、他にTN方式、VA方式などがあります。arrowsM03のIPS方式は視野角(正面から上下左右、斜めにずれても見れる角度)が広いですが、コントラスト(色の明暗の差)が低いのが特徴です。

2.5 メモリ(本体容量)

本体の容量とは、アプリ、写真や動画などのデータをどれだけ本体に貯めれるかです。ストレージも保管を表す、ほぼ同じ意味合いで、内部ストレージは本体にどれくらいデータ保存できるか、外部ストレージは外付けの機器(主にMicroSD/SDカード)にどれくらいデータ保存できるかです。
arrowsM03の内部ストレージは16GBで、若干少なめに感じますが、SDカードで+200GB増設出来るので、そんなに問題はないかと思われます。

3.arrowsM03 こだわり機能photo0000-4234

3.1 簡単操作で綺麗に撮れるカメラ

arrowsM03のカメラは屋内外のシーンを問わずに、自然な色合いで撮れるようにこだわっています。格安スマホで考えると、簡単に、しかも十分綺麗な写真が撮れます!
F値2.0の高性能レンズと高感度センサーの搭載で、室内などの薄暗い場所でも人物や背景を美しく、そしてお料理などを色鮮やかに撮れます。F値はレンズの明るさの表示で少ない方がレンズの明るさ性能が高く、手ブレもしにくくなります。
アウトカメラ(背面) 1310万画素で焦点距離22mm、画角90度の超広角カメラ搭載。風景や多人数でとる時、ワイドに撮れます。
インカメラ(前面) 500万画素で、焦点距離23mm、画角85度の広角カメラです。自撮りする時も、幅広く撮れるので簡単にできます。
*焦点距離とは、ピントを合わせた時のレンズから撮像素子(イメージセンサー、arrowsM03はCMOS)までの距離 で、短いほど画角(撮影できる範囲)が広くなります。
新機能で素早くインカメラに切り替えできます。ファインダー上に、アウトカメラ・インカメラの切り替えボタンがあるので、スムーズに自撮りも、景色も撮れます。顔検出機能も付いているので、顔をしっかり認識して、綺麗に自撮りが出来ます!
リアルタイムHDR(ハイダイナミックレンジ)という、シャッタースピードの時間の違う2枚の写真を、瞬間に合成してくれるので、逆光や影が出来てしまう写真もファインダー画面上で仕上がり確認しながら撮れるので、綺麗な写真が出来ます。
スペックに書いてある、CMOS(シーモス)は、レンズから入った光を電気信号に変えてくれるシステムで、連写や動画撮影に適してます。同じようなシステムのCCDよりも、消費電力が少ない上、安価になってます。

3.2 ワンセグ

arrowasm03はワンセグに対応。
ワンセグとは、ワン-セグメント放送の略で地上デジタル放送をモバイル機器向けに放送してるサービスの事です。映像と同時に、データ放送も受信できます。スマホで普通のテレビが見れるという事です。

3.3 おサイフケータイ

14 おサイフケータイのサービスに対応したFelicaチップ、もしくは対応SIMを内蔵した携帯で電子マネーで買い物ができたり、Suicaの代わりになったり、クーポンや会員証・ポイントカードの役目もできる便利機能です。
主なサービスとしては「楽天Edy」「モバイルSuica」「WAON」「nanaco」「iD」「QUICPay」などの電子マネーの代わりになり、お店のレジや自動販売機でどのサービスを使うかを伝え(選択する)、かざすだけです。いちいち、アプリを立ちあげたりする必要はありません。
クーポン(ファーストフード店等)や会員証、ポイントカード(ドラッグストア・電気量販店等)として、使う時は店員さんに「おサイフケータイで。」と伝えて、かざすだけで大丈夫です。
ただ、利用したいサービスは最初にアプリをダウンロードして、初期設定をしないといけないので、忘れずにしましょう。現金のチャージの方法は、コンビニなどの店頭やクレジットカード、銀行口座からの引き落としもできます。
「楽天Edy」は楽天会員IDを登録するだけで、楽天会員情報に登録してるクレジットカードからチャージも出来たりと、便利な機能がそれぞれであるので、確認して使って下さいね!

4.料金

4.1 本体価格

価格は販売メーカーやキャンペーン、店頭で買うかネットでかによってバラつきがあります。また本体カラーの取り扱いも若干違うので、参考として見て下さい。
IIJmio(株式会社インターネットイニシアティブ)IIJmio
一括払い ¥32.800 24回分割払い 月々¥1.380  税抜き
mineo(ケイ・オプティコム)
一括払い ¥31.800  24回分割払い 月々¥1.325  税抜き
DMM.mobile
一括払い ¥33.800  24回分割払い 月々¥1.790  税抜き
nifmo
一括払い ¥35.556  24回分割払い 月々¥1.482    税抜き
楽天モバイル
一括 ¥32.800→キャンペーン→¥22.700
24回分割払い 月々¥1.476→キャンペーン→¥1.021(初月¥1.033) 税込み

楽天モバイル

出典: https://twitter.com/rakuten_mobile


他にも、格安ショップはあるので、キャンペーンなど確認してお得に買って下さい。

4.2 端末保障もあります

端末保障もそれぞれの会社で色々扱っています。
例えば、mineoは月399円で2年間保証が付きます。自己過失で故障させても、対応してくれます。

mineo

出典: http://kakuyasu-sumaho.783783783.com/mineo/


保障と言っても無料ではないです。初回修理が¥5,400,2回目が¥8,640、3回目以降実費+修理事務手数料¥3.240です。これは税込みです。保障がないと、凄く高くなって、買い替えた方がいい時もあるので、加入していいと思います。
楽天モバイルだと月に¥500の保障金で、故障・水濡れ・破損などあった場合、交換対応してくれます。交換時に機種により¥4.000~¥7.000(税別)かかります。 保障サービス期間は2年間ですが、1年間で2回交換してしまうと、その後は出来なくなります。
2社の例を出してみましたが、金額や保証内容は会社によって違うので、確認してください。

4.3 月々の料金は契約によりけり

MVON(格安スマホの会社と思って下さい)との契約によって違います。格安スマホだと、かけ放題やパケットフリーがないですが、通信制限を2GB位だと、月々¥1300位からの契約も出来るので、通常のスマホ¥6000~¥8000位と考えるとかなり安くなってきます。
スマホを買うにあたって、必要なのは
本体24回払い料金(分割の場合)+(保証料)+使用料 となります。

5.携帯電話の種類sh-02j

5.1 ガラケー

ガラパゴスケータイの略で、携帯初期からの物。日本独自の進化を遂げ、フィーチャーフォン(多機能携帯)とも言われてます。通話品質が良く、ネットをあまりしない人からは人気ですが、生産終了の話もあります。

5.2 スマホ

スマートフォンの略。通話に加え、インターネットの機能を高めた物。ガラケーに比べ、多機能で便利ですが、その分基本操作以外が、複雑化してます。最近は簡単スマホと、比較的操作の簡単なのも出てきてます。

5.3 SIM

SIMcall-71168_960_720カードという電話番号や契約者情報が記録されているカードを差す事で使えるのがSIMスマホになります。DoCoMoやauなど大手のキャリア(会社)が販売するスマホ端末は、そのキャリアでしか使えないようにSIMにロックがかかっています。
例えばDoCoMoで買ったSIMカードをauで買ったスマホ端末に差しても使えないです。
これに対して、最近はSIMフリーというシステムが出てきました。これはSIMフリー対応の端末であれば、キャリアに関係なしで使えるのです。arrowsM03はこれにあたるので、キャリアにこだわらずSIMカードを差せば使えるスマホです。
SIMフリーにするメリット---契約の2年縛りが無くなるので、いつでも機種変出来る。
料金プランがシンプル
MNP(ナンバーポータビリティ)で電話番号の変更がない
SIMフリーにするデメリット---大手キャリアのような店頭でのサポートがない
                無料通話がない
LINEでID検索が出来ない。
*デメリットに関しては、チャットサポートがあったり、無料通話もLINEなどの無料アプリを使えば大丈夫ですし、LINEもID検索以外にも登録の方法はあるので、そんなには気になくても大丈夫だと思います
SIMフリーの端末は今まで通り、大手キャリアとの契約もできますが、最近MVONという種類の契約も出てきました。MVONは通信料が安いですが、通信料に制限があると一長一短です。契約時に通信量(3GBとか5GBなど)を選んで契約し、それによって月々の通信料が変わってきます。

5.4 格安スマホ・格安SIMカード

格安スマホ---低価格のスマホが中心です。IPhone7は7万~9万位、他スマホも各種割引キャンペーンを考えないで純粋な端末価格は7万~8万位が多いのに対して、格安スマホは3万~4万位になります。
その分、機能やサポートが違ったりもしますが、今回紹介しているarrowsM03のようにハイスペックな物も増えて、利用者は年々増加しています。
 格安SIM---MVNOが販売しているSIMカードです。MVNOは楽天モバイルやmineo、UQmobail,NifMoなど、大手キャリア(au/DoCoMO/Softbank)以外の会社です。
MVNOの会社の回線はau,DoCoMoの回線を借りているような形になり、格安スマホを使う際にSIMカードを買うのに、種類がありますので気を付けましょう。arrowsM03ではau-SIMはauVoLTEでのみになります。
格安スマホを分割で買ったとして、SIMの契約を2GB位にすると、併せて月々¥3000前後位になるので、往来のスマホの平均が¥6000~¥8000位と考えると、かなり安くなります
かけ放題やパケットフリーはない物の、無料通話アプリを活用すれば、ライトユーザーには十分だと思います。
 

6.arrowsM03 おすすめポイントkawamura20160818253714_tp_v

6.1 日本製だからこその親切機能

ワンセグ・おサイフケータイは日本製だからこその機能。しかし、arrowsM03には、更に日本ならでは親切な使用になっています。
近接センサー---スマホの近くにある物を検知して、スマホを伏せておくと着信音をOFFにも出来る機能。
RGB・照度センサー---周りの明るさや色味を検知して、画面を自動調整し見やすくしてくれます。
加速度・ジャイロセンサー---スマホの揺れの強弱を検知し、意図的な振動も識別して、画面の表示をサポート。
音声DSP---通話時、雑音を減らし、お互いの声をわかりやすくして、聞き取りやすく調整してくれます。
VoLTE---LTE(超高速通信サービス)を使用した音声サービス。対応機種同士で通話すると高音質通話になります。
スワイドランチャー---スワイプ操作(指で横などにスライドさせる)で、よく使うアプリをすぐに起動可能に。
_20160409_212755キャプメモ---スワイプ操作で機能を簡単に起動し、気になった画面を保存。そのまま、手書きで画面にメモが出来、メール送信などもできます。
タッチパネル---手袋をしたままでも操作できます。
*各機能は設定をして下さい。

6.2 高級感漂う鉱石的デザイン

ボディカラーは、鉱石からインスピレーションを得た色で、シンプルだけど深い色合い。フレームはアルミで、クールな触感を醸し出し、高級感を出しています。
また、持ちやすさへのこだわりもあり、丸みを帯びた曲面と、角を設けたフォルムで、しっかり指がかかる感触がありながら、正面から見てクセのない計算されたフォルムです。

6.3 高速ストリーミング&ダウンロード

 高速ストリーミング---データをダウンロードしながら、同時に再生する事。主には動画を見るような感じです。 arrowsM03 はWi-Fiと3G/LTE回線を通信状況に応じて、常に早い方へ自動切換え。安定した通信を保ち、ストレスなく動画やWEB閲覧を楽しめます。
ダウンロード---データをスマホに記録する事です。アプリを入れたりするのがこれにあたります。arrowaM03は、データを選ぶっセッション数を増やすことで、ダウンロードの時間を一気に短縮します。

6.4 文字入力も親切

SuperATOK ULTIASを搭載。入力した文字に対して、常に最新のワードの変換予想が出てきます。「文字+数字」や「文字+絵文字」の予測変換も新たに加わりました。
入力ミスで元の文に戻したい時も、文章をすべて一気に消すことも、簡単操作で可能です。
入力する際の、キーボードも使い慣れたタイプのを選んだり、高さや幅を調整する事も可能です。

7.分かりにくい用語 arrowsM03でご説明

7.1 OS

コンピュータを動かすためのソフトウェアで、コンピュータを管理、制御し、人が使えるようにする役割です。パソコンで有名なのがWindows、スマホだとIPhoneはiOS,その他のスマホはAndoroidOSになります。
aroowsM03のOSはAndoroido6.0。数が増えると最新式になっていき、機能も新たに加わってきます。6.0は2016年後半くらいの物で、2017年1月にandroid7.0が出ました。凄く機能にこだわっている方を除けば、十分活用できるOSだと思います。

7.2 CPU

コンピュータの中央演算処理装置で、頭脳に当たる部分です。こうして欲しいという命令を引き受け、処理してくれるので、これで性能が左右されます。
CPUのスペックにGHzとありますが、これが計算スピードのような物で、大きいほど高性能になります。
arrowsM03は頭脳を4つもってるので、同時処理は優れてますが、1.2GHzは、若干計算能力は低めになるので、ポケモンなどの重いゲームは時間がかかる事もあります。しかし、性能が低い事で、バッテリーの消費を低く出来るので、電池持ちが長くなります。

7.3 メモリ容量

どれだけのデータを記録できるかです。単位はGBで表され、大きいほど沢山記録できます。
ROMは簡単に言うと、読み出しだけのメモリーで保存が出来るデータを溜めれる事。電源を落としてもデータは残ります。自分で撮った写真や動画データですね。arrowsM03は前述したように本体には16GBまでしか保存できませんが、SDカードに200GB出来るので、仕事などでよっぽど使う人でなければ十分です。
RAMは1次的に書き込んだり、読み込んだりできますが、電源を切るとデータは消えます。ネットで動画を見たりする時の通信データの量です。arrowsM03は2GB。スマホをフル活用したい方には、もしかしたら少ないかもしれませんが、初心者や普通に使う分には事足りると思われます。
 

8.ネットワークもご説明

8.1 3G・4G・LTE

3G---通信速度は遅いが、電波が強く、建物の中にも届きやすい。音声通信に適してる。
4G=LTEと思って頂いていいと思います。通信速度は速いですが、電波は弱く建物の中では電波が入りにくい。
スマホでは、これは自動に切り替わっています。

8.2 Wi-Fisoftbank-wifi-spot

ワイファイと読みます。色々なネットワーク対応の機器が、無線電波で接続できる便利な方式です。ルーターと呼ばれる電波の発信装置物から電波を無線で受けてネット接続できます。基本、自宅などの回線をもとにつなぐので、高速通信が出来ます。
これに接続できないと、データ量の大きい物はダウンロードが出来なかったりもします。arrowsM03をはじめ、ほとんどのスマホは対応できるようになっています。

8.3 Bluetooth

デジタル機器の近距離間のデータ通信に使う無線通信技術です。登録し合った機器同士でデータ通信が出来るので、コードレスでイヤホンやスピーカーが使えたり、キーボードも最近は対応の物があります。
Wi-Fiは多数の機器をつなげますが,Bluetoothは基本1対1で、通信可能距離も10M程度までと短いですが、消費電力が少ないメリットがあります。

まとめ

3

長々と書きましたが、まとめて簡単に言うと、arrowsM03は
「3万円台の格安スマホではハイスペックで、かつ利便性も高いスマホで、月々にかかる料金も通常のスマホに比べると半分くらいに抑えられる、優れものです。」
通常のかけ放題やパケットフリーは、ヘビーユーザーには非常に助かるシステムですが、ライトユーザーにはかえって割高になります。ゲームやネットはあまりせず、たまに電話やLINEを使うくらいのライトユーザーなら、十分格安スマホでいいかと思います。
しかもarrowsM03なら国産ならではの安心感と簡単に綺麗に写真も撮れますし、おサイフケータイにワンセグも使えるのは、かなり便利だと思います。そして、バッテリーが長持ちするのも、防水・防塵・耐強化性も凄く魅力ですね。
なので、格安スマホで悩んでいる方やスマホ初心者の方には、arrowsM03にして損はないと思いますよ。
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.