iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

【大バッテリー】ASUS ZenFone3Maxがスゴイ!充実したスペックと注意点を徹底解説

投稿日:

android-1814600_960_720
洗練されたデザインと、ハイスペックな機能のスマホを、リーズナブルな価格で販売しているASUS社。
 
2017年の1月に発売された新機種・ZenFone 3Maxも、期待を裏切らず、リッチなデザイン。
そして、最大18時間もネサフできるバッテリーを持ち、多くのスマホユーザー達からも評判となっています。
 
そんなZenFone 3Maxですが、2017年6月現在、どのくらいの価格で購入できるのか。
また、電池以外にどんな機能性を見せてくれるのか。そして、使う時のデメリットはないのか、正直気になるトコロですよね。
 
今回は、そんな疑問を解消するため、ASUS ZenFone 3Maxのスペックや注意点。ユーザーからの好評・悪評について、詳しくご紹介します。
 
これからZenFone 3Maxの使用を考えている人は、さっそくチェックをしちゃいましょう♪
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.ASUS ZenFone 3Maxとは?
1-1.2017年に発売された最新機種
1-2.見どころは、超絶たよれるバッテリー!
1-2-1.他端末を充電できるバッテリー容量

  1. ASUS ZenFone 3Maxを使うメリット

2-1.0.3秒で解除する「指紋認証」
2-2. 5.2インチ内の壮麗な画面
2-3.暗くてもキレイに写すカメラ機能
3.リッチなデザインも人気!
3-1.メタリックで高級感あふれる仕上がりに
3-2.選べるシックな3色
3-3.「手なじみが良い」との意見も

  1. ASUS ZenFone 3Maxの評判は?

4-1. バッテリーの持ちが良い!
4-1-1.画面がキレイで嬉しいとの意見も
4-2.レスポンスがやや遅?
4-2-1.サイズが大きめ
4-3.結論:電池重視派には、評判◎
5.ASUS ZenFone 3Maxの価格は?
5-1.元は21,384円。最安は…
5-2.購入できるSIMフリー社は?
5-2-1.DMMやBiglobeなど
6.ASUS ZenFone 3Maxの注意点について
6-1.処理速度がやや遅め
6-2.こだわり写真は撮れない
6-2-1.AF機能はナシ
5-3.Amazonでは購入できる?
7.ASUS ZenFone 3Maxで気になる!Q&A
7-1.本体を初期化したいんだけど…?
7-1-1.本体の電源が付かないと不可
7-2.よく比較される2Laserと3Maxの違いって?
7-2-1.バッテリーは3Maxが◎
7-3.音楽ってどうすれば聴ける?
7-3-1.ASUS MUSICというアプリで
8.ASUS ZenFone 3Maxで充実したスマホライフを送ろう!
 

ASUS ZenFone 3Maxとは?

mobile-1829389_960_720

2017年に発売された最新機種

 
ZenFone 3Maxとは、2017年の1月14日、ASUS社より発売されたスマートフォンです。
元々、高級感あふれるデザインや、スムーズな動作などで人気の、ZenFoneシリーズの最新作で、ファンの間では日本での発売前から注目を集めていました。
 
この機種の前に発売された『2Laser』と比べて、バッテリーの容量が大きいのが特徴的です。
また、逆光でも撮影しやすいカメラや、指紋認証など、非格安スマホにも負けない、便利でスタイリッシュな機能も付いています。
 

見どころは、超絶たよれるバッテリー!

 
すでにご紹介のとおり、ZenFone 3Maxの最大の特徴は、容量の大きいバッテリーです。
数値にして、4,100mAh。
 
これは、最大待受連続時間としては、30日分にも当てはまると言います。
このほか、通話については、3G(※)で通話をしても、20時間。
※2017年現在、最新の4Gの前世代にあたる通信規格
 
スマホでネサフをしても、連続18時間。
さらには、音楽は87時間まで、再生することができます。
 
この持続力なら、「帰るころには、いっつも電池が無い…」なんて悩みも解消できるかもしれませんね。
 

1-2-1.他端末を充電できるバッテリー容量

 
ZenFone 3Maxのバッテリーは、他機種の充電する、「リバースチャージ」も可能となっています。
 
このため、端末とネット通信の仲介をする「ルーター」や、ipadのような端末まで、電池を補充することができるそうです。
 
ちなみに、電池については、「残量:10%」の段階で、連続待受時間は、36時間までもつと発表されています。
「電池が危ない!」となっても、完全に切れるまで、時間があるため、安心して充電器を探せそうです。
 

  1. ASUS ZenFone 3Maxを使うメリット

office-620817_960_720
ASUS ZenFone 3Maxを使う上で、メリットとなる機能は何なのか。
バッテリー以外にも、しっかりと知ってから使いこなしたいところでは無いかと思います。
 
というわけで、ZenFone 3Maxの持つ便利・快適な機能について、此処では詳しくご紹介します。
 

0.3秒で解除する「指紋認証」

 
ZenFone 3Maxには、iphoneやその他スマートフォンでもおなじみの「指紋認証」機能があります。
指紋を認証するまでのスパンは、最速で0.3秒ほど。
 
5つまで指紋の登録が可能です。
また、指について、360度という広い範囲で、指紋を拾うことが出来ます。
 
このスピーディーさと感度のよさから、「サッと開ける!」と好印象を覚えている口コミもありました。
 

5.2インチ内の壮麗な画面

 
スマートフォンにおいて、トップレベルの重要さである「画面のキレイさ」
その点において、ZenFone 3Maxは、5.2インチという手のひらサイズながら、壮麗なヴィジョンを作ることに成功しています。
 
スクリーン比は、75%。ライトは、太陽の光がまぶしくても平気な最大400nitsという、非常に明るいタイプとなっています。
また、比較的大きめ・あざやかな画面ではありますが、手持ちしやすい薄さ・軽さも重視。
 
ガラスは2.5Dで、画面まわりの枠(=べゼル)は、2.25mmに留めています。
 

暗くてもキレイに写すカメラ機能

 
ZenFone 3Maxにおいては、カメラの使いやすさも人気の理由の1つです。
まるで目に見える世界をそのままカメラに焼いたような「1,300万画素」の背面カメラや、500万画素の前面側のカメラ。
 
ちょっと暗い場所でも、ナチュラルに明るく写せる「HDRモード」。
そして、細かな場面もしっかりとらえる、5,200万画素の「超解像度モード」も搭載されています。
 
SNSで「ちょっとイイ写真」を見てもらいたい、そんな時に、ピッタリなカメラと言えそうです。
 

リッチなデザインも人気!

wine-2251916_960_720
ASUSのZenFone 3Maxは、機能だけでなくデザインも人気の理由なのだとか。
 
どこか高級な雰囲気をかもすメタリックな雰囲気から、ビジネスパーソンを中心に選ばれやすいタイプとなっているそうです。
そんなZenFone 3Maxについて、この項目では詳しく見ていきます。
 

メタリックで高級感あふれる仕上がりに

 
ZenFone 3Maxの最大の特徴は、高級なメタル感あふれる外装です。
一部のファンからは「少し、iPhoneと似ている」との意見も上がっていました。
 
光沢感があり、少しキツくみせてしまいますが、本体は丸みを帯びています。
角ばっているよりも、やや親しみやすい・使いやすい印象を与えています。
 

選べるシックな3色

 
ASUSのZenFone 3Maxのカラー・バリエーションは、全部で3つ。
グレー、ゴールド、シルバーとなっています。
 
これらのカラーは、高級感やリッチさといった印象を与えるほか、やや落ち着いた雰囲気があります。
この機種が、主に働く人たちから人気を集めている理由は、「デザインの品のよさ」にあるのかもしれませんね。
 

「手なじみが良い」との意見も

 
見た目としてのデザインも人気の理由となっていますが、じつは「手なじみのよさ」も評判となっているのだとか。
 
丸みを帯びたデザインを取っていることから、「しっくりとなじみやすく、持ち味はわりと快適。」という口コミも寄せられていました。
 
見た目だけでなく、持ち心地がよいのは、スマホを使うストレスの軽減にもつながるはず。
全体的な使いやすさを重視する人にも、ZenFone 3Maxはピッタリ、と言えそうです。
 

  1. ASUS ZenFone 3Maxの評判は?

workplace-1245776_960_720
さて、ここまではASUS社・ZenFone 3Maxのスペックについて、詳しく紹介してきました。
が、1番気になるのは、「実際に使った人からの意見」、という人もいるのではないかと思います。
 
というわけで、この項目では、ZenFone 3Maxユーザーによる、リアルな口コミ・評価をご紹介します。
4-1ではポジティブな意見、4-2ではネガティブな意見について述べているので、検討するための材料となれば幸いです♪
 

バッテリーの持ちが良い!

 
ZenFone 3Maxにおいて、1番メリットと感じられているのは、「バッテリーの持ちのよさ」なのだそう。
あるユーザーさんによれば、朝100%充電しておけば、夕方でも70%ほど、電池残量が残っているとのことでした。
 
このほかのユーザーさんの中にも、「昔の機種は、朝:満充電→帰り10%に…」なんて状態だった人も。
ZenFone 3Maxでは、「朝100%→50%までキープ」できるようになったそうです。
 
もちろん、スマートフォンの使い方は人それぞれ。
かなり使う人から、1日を通してメールの確認しかしない、という人もいるでしょう。
 
とは言え、10%から、5倍の50%までキープできるようになったのは、要注目といっても良いかもしれません。
 

4-1-1.画面がキレイで嬉しいとの意見も

 
ZenFone 3Maxの良い点については、「画面がキレイ」ということも挙げられます。
これは、先述の精細さ・美しさについて、力を入れた液晶によるものと言えそうです。
 
ちなみに、ゲームや動画など、画面の美しさがポイントとなる趣味についても、この機種だと充分に楽しめるのだとか。
ソーシャルゲームや、Youtubeなどの動画が好き人は、ZenFone 3Maxを使いこなすのに、向いているのかもしれませんね。
 

レスポンスがやや遅?

 
そんなZenFone 3Maxですが、やはり欠点もあるようです。
特に、ユーザーさんが感じているのは、最新機種としてはレスポンスがやや遅い、ということ。
 
「即座に反応!一瞬で思いどおりに動く!」と言うわけでは無く、ゲームや動画などを見ていると、場合によってはややゆっくりとした動きに感じてしまうことも有るようです。
 

4-2-1.サイズが大きめ

 
ZenFone 3Maxは、動作以外の点では、サイズについて、不満を感じる人が多いそうです。
具体的には、スマートフォンとしては、少しサイズが大きいと言う点について。
 
スマートフォンの平均的なサイズは、同じく5インチ台で12cm×6cmほどが多いようです。
ZenFone 3Maxは、以下のようなサイズになっています。
高さ:14.95cm
幅:7.37cm
 
このため、人によっては、
手のひらサイズとは言い切れない」「ウッカリ落としそうになる
という口コミも寄せられていました。
 
サイズについて、どちらかと言えば「コンパクトな方が良い」と考えている場合は、ZenFone 3Maxは、やや大きいと考えられるかもしれません。
 

結論:電池重視派には、評判◎

 
結論すると、ZenFone 3Maxは、「電池の持ち」を重視する人から、評判のよい機種であるそうです。
スマホをしっかりと使い切る人にとって、1番の悩みは「電池がスグに無くなってしまう」こと。
 
このため、バッテリーの持ち時間が良好でない機種だと、朝に100%充電をしても、夕方頃には切れてしまう。
あるいは、それに近い状況となってしまう場合があるそうです。
 
こういった経験をしている人からは、ZenFone 3Maxのバッテリーは持続力が高く、ネサフをしていても切れにくいことから、使いやすい・快適、との意見が多く寄せられていました。
 
ただし、反応速度については、やや厳しい意見が多め。
「サクサク動く!」との意見も少ないため、注意が必要と言えます。
 

ASUS ZenFone 3Maxの価格は?

price-tag-908351_960_720
これまでは、ASUS ZenFone 3Maxのスペックやレビューについて紹介してきました。
この項目では、ASUS zenhone 3Maxの価格や、最も安く売られているショップ。
(※2017年6月現在)
 
そして、ZenFone 3Maxを購入できるsimフリーの会社について、詳しくご紹介します。
SIM会社の料金・プラン事情や、通販サイトでの価格状況についても徹底解明していきますので、気になったらぜひチェックしていってくださいね。
 

元は21,384円。最安は…

 
ZenFone 3Maxについては、ASUS社の公式オンラインショップでは、21,834円での販売となっています。
*ASUS ZenFone 3Max 公式ショップ→http://shop.ASUS.co.jp/list/?keyword=ZC520TL
 
ただし、その他の電化製品ショップ等では、もう少しリーズナブルな価格で購入することも可能です。
 
たとえば、Qoo10EVENTというショップでは、18,200円にて、販売しています。
Qoo10EVENTとは、アメリカで大手オークションサイトを経営するe-Bayと、韓国のショッピングモールサイト・Gマーケットによるコラボショップのこと。
 
公式の販売価格と比較して、約17%ほど割引となっているのは、お得と言えそうです。
 
*【Qoo10EVENT】ZenFone 3 Max ZC520TL-SL16 SIMフリー [シルバー] 
ご購入はこちら→http://list.qoo10.jp/kakaku/523978799/200002128?ITRACK_INFO=088126000902581520170622045036
 
このほか、Joshinネットショッピングというショップでは、19,670円。
 
*【Joshinネットショッピング】エイスース ZenFone 3 Max ゴールド
ご購入はこちら→http://joshinweb.jp/mobile/34311/0889349542262.html
 
ビックカメラグループの運営するコジマネットでは、20,271 円という価格での販売となっています。
*【コジマネット】ASUS SIM フリースマートフォン Zenfone 3 Max ゴールド
ご購入はこちら→http://www.kojima.net/ec/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_STK_NO=3136255
 
このような点から、いくつかのショップを比較して、自分にピッタリな価格のところで買うのが、1番お得、かもしれません。
また、シーズンによっては、割引やキャッシュバック等のキャンペーンが行われている場合もあります。
 
そういった情報についてチェックすることで、最安なタイミングで購入することも可能かもしれません。
 

購入できるSIMフリー社は?

 
ASUS ZenFone 3Maxは、大手家電量販店系のショップ以外にも、SIMフリーの会社から購入することができます。
その中から、現在、購入や注文を受け付けているお店について、詳しくご紹介します。
 

5-2-1.DMMやBiglobeなど

 
現在、ASUS ZenFone 3Maxを販売しているSIMの会社は、以下の3社になります。
 
・DMMモバイル
・楽天モバイル
・Biglobe
(*今後取扱いが増えたり、他社でも取り扱っている可能性もあります。)
 
この3社について、詳しく見ていきましょう。
 
【1】DMMモバイル
 
ゲームや動画コンテンツなどで知られる、「DMM」の格安SIMです。
価格は27,800円となっており、1,478円×24回の分割支払いを承っています。
 
DMMモバイルは、さまざまなオプション・プランを用意しているのが魅力の1つ。
たとえば、5分以内の電話なら何回でも通話料0円のかけ放題プランや、インターネットをガッツリ使うひとにオススメな20GB~30GBのデータ容量プランもあります。
 
ネットや通話等で、キャリア(auやソフトバンク等)に近いプランを楽しみたい場合、おすすめと言えるかもしれません。
 
【DMMモバイル】ASUS ZenFone3 Max(ZC553KL)
詳しくはこちら→http://mvno.dmm.com/terminal/ASUS-zenfone3-Max-zc553kl.html
 
【2】楽天モバイル
 
楽天モバイルは、ネットショップ等で有名な、楽天による格安SIMです。
ZenFone 3Maxは、2017年の7月13日まで、6,800円~9,800円の価格にて販売しています。
(※分割支払いの場合、306~441円×24回となります。)
 
DMMと同じく、大容量の20~30GBのプランも用意しており、ネットヘビーユーザーからの利用も多いと言われています。
 
また、使いきれなかったデータ容量は次月に持ち越せることから、「月によってデータ消費にムラがある」人にも使いやすいそう。さらに、通話についても、5分間の通話なら何回かけても0円となるプランも用意しています。
 
【楽天モバイル】ZenFone 3 Max
詳しくはこちら→https://mobile.rakuten.co.jp/campaign/discount_sale/
 
【3】Biglobe
 
ポータルサイトでおなじみ・BIGLOBEによる、格安SIMの会社です。
ZenFone 3Maxは、1,150円×24カ月の分割支払いにて受け付けています。
 
BIGLOBE格安SIMの特徴は、3分間のかけ放題があること。
そして、6GBが1,450円と、比較的リーズナブルな価格で使える点にあります。
 
また、楽天やDMMと同じく、大容量プランもご用意。
20GB、30GBにて、スマホのデータ通信を使うことも出来るようです。
 

Amazonでは購入できる?

 
ここまで、格安SIMショップや、家電量販店のオンラインショップについて触れてきました。
が、Amazonのようなオンラインショップでも、ASUS ZenFone 3Maxは取扱っています。
 
料金については、15,115~19,491円ほど。
輸送料については、0円となっています。
 
気になる、メーカー保証についてですが、これはAmazonでの受付はないそうです。
代わりに、商品購入後、セルフでASUSに、ユーザーとして登録する必要があります。
 
ASUSのユーザー登録はこちらから<公式>→https://account.ASUS.com/signup.aspx?lang=ja-jp&site=jp&_ga=1.213844439.276636034.1483504604
 
万が一、購入した商品が動かない等のトラブルがあったら、こちらのサポートセンターに問い合わせるのがおすすめです。
また、「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」とされている場合は、納品書が必要となります。
 
このため、AmazonでZenFone 3Maxを購入した場合は、納品書を保管しておくことをおすすめします。
 
【Amazon】エイスース ZenFone 3 Max グレー ZC520TL-GY16
詳しくはこちら→https://www.amazon.co.jp/ZenFone3-SIM%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E4%BB%A3%E7%90%86%E5%BA%97%E5%93%81-%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%A2CPU-ZC520TL-GY16/dp/B0725XG9N2/ref=sr_1_2?s=electronics&ie=UTF8&qid=1498109531&sr=1-2&keywords=%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B9+ZenFone+3+Max+%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC+ZC520TL-GY16
 

ASUS ZenFone 3Maxの注意点について

stop-634941_960_720
ASUS ZenFone 3Maxを使うとき、いくつか注意しなければならない点や、デメリットもあります。
その内容について、ここでは詳しく見ていきましょう。
 

処理速度がやや遅め

 
すでに何度かご紹介したとおり、ZenFone 3Maxは、データの処理速度がやや遅い、と言われています。
 
特に、ソーシャルゲームやオンラインゲーム等、インターネット系のゲームをしたり、動画を視聴したり。
ネットサーフィンをしている時は、この点について、少しストレスを感じる人もいるようです。
 
上記から、スマホの動作に「俊敏さ」を求める場合は、おすすめしないとの意見もありました。
 

こだわり写真は撮れない

 
ASUS ZenFone 3Maxのカメラ機能は、シンプルに使う分には、非常に快適なタイプです。
ただし、本格的に写真を趣味としている場合は、やや使いにくいとの意見もあります。
 

6-2-1.AF機能はナシ

 
ASUS ZenFone 3Maxのカメラにおいて、不便とされているのは、以下の点になります。
 
・AFが無い
・ぼかされた写真を撮影できない
・拡大したモノを、綺麗な画質で撮りづらい
 
例えば、AF(オートフォーカス)。
これは、自動的にピントを合わせる機能になりますが、ZenFone 3Maxの場合は、セルフでやる必要があります。
 
また、写真集で見るような、細かな被写体の精美な映像や、わざとぼかして撮った写真など、「小技」を利かせるのは、ほぼ不可能であるそうです。
 

ASUS ZenFone 3Maxで気になる!Q&A

mobile-phone-2398346_960_720
最後に、ASUS ZenFone 3Maxについて、ユーザーが気になったポイントと、解決策をご紹介します。
 

本体を初期化したいんだけど…?

本体の調子の悪化から、初期化したい。
そんな時は、以下の4ステップで初期化していきます。
 
1.スマートフォンの電源を切った後、電源ボタン・音量ボタンを同時に長押しする。
2.英字で書かれた画面が開かれるので、音量ボタンで「wipe data/factory reset」という項目まで下げる。
電源ボタンで、決定する。
3.また、英字で書かれた画面が開かれるので、「Yes—delete all user data」という項目を選択する。
4.リセットされたら、「reboot system now」という項目を選び、再起動をかける。
 
初期化については、全データが消えてしまうため、実施前にデータのバックアップを取るのがおすすめです。
また、電池が15%未満の場合はできないため、始める前に充電をしておきましょう。
 

よく比較される2Laserと3Maxの違いって?

ZenFoneシリーズの2Laserと、3Maxは、機種としては良く似たタイプです。
違う点について述べると、2Laserの方が、やや動作処理が速め。
 
そして、3Maxの方が、電池の持ちが良い、とユーザーから評価されています。
以上の点から、目的に合わせて、自分にピッタリな機種を選ぶのがおすすめです。
 

音楽ってどうすれば聴ける?

ZenFone 3Maxでは、アプリを使用して音楽を聴くことが出来ます。
 
使用するなら、ASUS MUSICという、ASUS社からのアプリがおすすめ。
多数の曲を配信しているだけでなく、クラウド上に保存したお気に入りの曲を聴くことも出来ます。
 
ミュージックプレイヤーと異なり、曲数に制限が無い。
また、音質の良いイコライザ機能があると言う点から、「ハイレゾ並みによいかも?!」なんて意見もあるそうです。
 

ASUS ZenFone 3Maxで充実したスマホライフを送ろう!

adult-1869430_960_720
ASUS ZenFone 3Maxについて、いかがでしたか?
 
2017年1月に発売され、ガッツリした電池容量。
そして、多彩で快適な機能を備えていることから、スマホユーザーから注目を集める機種となっています。
 
価格はショップによりますが、セール中なら10,000円以下で買うこともできるそうです。
使う時は、お得にゲットして、充実したスマホライフにしちゃいましょう♪

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.