iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

【ASUSのZenFone-Zoom】5つのメリット&カメラ比較

投稿日:

旅先で写真を撮りたい時にスマホのカメラ機能はとても便利ですが、性能で若干不満に感じている人もいるでしょう。
思い出の一枚ですから、できるだけ綺麗に撮りたいものです。

そこでお薦めなのが、ZenFone Zoomです。
通常のカメラ機能と比べてもズーム撮影に有利で、自然な色合いに仕上がります。
今回は、この優れたカメラ機能が評価されているASUS ZenFone Zoomの特徴について解説していきます。
目次
1.優れたカメラ機能がプラスされたZenFone Zoomの特徴
1-1.光学3倍ズームでクリアな写真に
1-2.4段相当の光学手振れ補正機能搭載
1-3.いつでもどこでも写真を共有
1-4.待ち時間にイラつかない急速充電
1-5.次世代音響技術でピュアな音に
2.ZenFone Zoomの5つのメリット
2-1.日本語入力アプリ「ATOK」がインストールされている
2-2.利用する人向けのモード設定が可能
2-3.通信機能が充実している
2-4.外観・銀箔押しでプレミア感のあるパッケージ
2-5.カメラがアクセントになっている
3.ZenFone Zoomのデメリット
3-1.ZenFone ZoomとZenFone 2のスペックの違い
3-2.カメラ性能が良い分電池持ちが悪い
4.ZenFone Zoomの種類
4-1.4モデルある
4-2.本革モデルとプラスチックモデルがある
4-3.お薦めは最上位・最下位モデル
5.誰向けのスマホなの?
5-1.ライトユーザーor写真マニア向け?
5-2.晴天の屋外・ズーム撮影で有利
6.ZenFone Zoomレビュー
6-1.梱包箱は大き目
6-2.本体サイズも大き目
6-3.実際に撮影してみる
7.通常カメラと比較してみよう!
7-1.より近くで美しい画像で楽しめる
7-2.最大5cmの近さで接写ができる
7-3.最長約32秒間の露光撮影可能
7-4.フラッシュでも自然な色合いに
8.まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

優れたカメラ機能がプラスされたZenFone Zoomの特徴

カメラ機能がUPしたZenFone Zoomの特徴について解説していきます。

光学3倍ズームでクリアな写真に

7e3a85cec2e17174c74fcbbd99b6dfd2_s
普段からよく写真を撮る機会が多い人にとって、カメラの性質はとても重要です。
とは言っても、一眼レフカメラは高いので手に入れることが出来ない、できればスマホカメラで何とかしたいと思っている人も多いでしょう。
そこでZenFone Zoomでは、3倍光学ズーム機能やデュアルカラーLEDフラッシュ(自然な色味を醸し出す)、レーザーオートフォーカス(0.03秒の速さで被写体を捕える)機能によって限りなくクリアな写真撮影が可能になっています。
写真写りが悪くて、上手く撮れなかった人も、これからこのカメラ機能搭載のスマホで、手軽に写真撮影を楽しむことができるでしょう。

4段相当の光学手振れ補正機能搭載

smartphone-1445448_960_720
スマホで写真を撮ることができても、どうしても気になってしまうのが手ぶれです。
いざ、写真を撮ろうと思うと緊張してしまってブレブレになってしまうことも多いでしょう。
しかし、これではいくら画質が良くても、手ぶれで台無しになってしまっては意味がありません。
そこで、ZenFone Zoomでは、4段相当の光学手振れ補正機能を取り入れました。
これによって1,300万画素の背面カメラで撮影された写真が、手持ち撮影で悩みの手ぶれを少なくすることができるようになったのです。
これはまるで、デジタル一眼レフカメラみたいな仕上がりです。

いつでもどこでも写真を共有

adult-1869430_960_720
ZenFone ZoomのLTE高速通信を利用すると、サクサク快適にネットを楽しむことが出来ます。
そこで、光学3倍ズームで撮影したクリアな写真をすぐにSNSにアップ可能です。
家族や友人との大切な思い出の一枚を、特別な瞬間を一緒に共有できるのは嬉しい機能でしょう。
普段からSNSを利用している人は、伝えたい一枚をすぐにアップできる点でも魅力的と言えます。
旅行先や毎日の散歩道で感動したものをパシャリと撮っている時は、この一枚を見た相手がどんな気持ちになってくれるだろうかと、すでにワクワクしてしまうものですね。

待ち時間にイラつかない急速充電

battery-1688854_640
外で使う時にバッテリー容量が少ないのはとても困ってしまいます。
ちょっとした合間時間でも結構バッテリーは消費されてしまうので、できるだけ大容量バッテリーが搭載されたスマホが理想でしょう。
ZenFone Zoomは、3,000mAhの大容量バッテリーとなっている為、1日中カメラ撮影を楽しみたい人にぴったりです。
又、充電したい場合でも、ASUS BoostMasterによって急速充電ができます。
これは、通常の充電の3.6倍も速いので、もうイライラすることもなく、充電の時間を短縮して、待ち時間を短くすることで、その分、スマホ利用を楽しめるのです。
例えば、0~60%まで、一気に充電できる時間は39分程度となっています。
屋外でのカメラ撮影やネット通信等を多く利用する人は、バッテリー容量が多いのはとても便利です。
勿論、長く使えばそれだけバッテリー消耗は早くなるので、気を付けながら使ってください。

次世代音響技術でピュアな音に

145579a9a9f0b677dbf8227e275cfaed_s
ZenFone Zoomは、カメラ機能だけでなく、音響機能にも重視しています。
次世代音響技術によってピュアな音を楽しむことができます。
音楽は勿論のこと、通話中の音もしっかりはっきりと聞き取れる点でも魅力的です。
通話中のノイズはとても聞き取りにくいのですが、ノイズゼロ通話によって、クリアな音で相手の声、又は自身の声を伝えることが可能なのです。

ZenFone Zoomの5つのメリット

ZenFone Zoomが人気なのは、5つの長所があるからです。
一体どんなメリットがあるのでしょうか?

日本語入力アプリ「ATOK」がインストールされている

96d981700bbbffb0ad676e1fb87fa9b2_s
ZenFone Zoomでは、独自ユーザーインターフェースの「ZenUI」を搭載していることで、基本操作について特に難しい点もないので、容易に扱うことができます。
そして、日本語入力アプリ「ATOK」もインストールされていることが魅力的な存在です。
このアプリは、入力支援として、メールやSNSにて楽に入力できることで注目されており、利用することで、メールが早く打てる、英語もスイスイ打てるようになるなどのメリットがあります。
又、間違いを教えてくれるので、誤字脱字で悩むこともありません。

利用する人向けのモード設定が可能

b8760a7b4c55c9a1eba1da5b5d381e78_s
初めてスマホを利用する人や、子供向けに分かりやすくしてほしいといった要望をよく聞きます。
そこで、ZenFone Zoomではスマホにあまり慣れていない人向けの「簡単モード」や子供向けの「キッズモード」が用意されています。
これによって、利用者一人一人に合った、その人その人の使いやすい方法でスマホを使うことができるのです。
これでスマホ利用に不安を感じている人でも安心してデビューすることが可能でしょう。
親として子供にも安心して使わせることができますし、シニア世代の人にもプレゼント用として喜ばれると思います。

通信機能が充実している

344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_m
SIMフリースマホの場合、大手携帯電話会社の製品ではない為、各キャリアのネットワーク最適化が行われていません。
その為、十分な通信機能が使えない不便さがあります。
そこでZenFoneシリーズは、対応周波数帯が多くて、ZenFone Zoomでも日本向けに最適化されているのです。
その点で、通信エリアが気になっている人にとっては理想的ですが、勿論、届かない場所もあるので、事前に確認してみることが大事です。
日本国内で使う目的の場合が多いですから、当然最適化されているのは嬉しいことです。

外観・銀箔押しでプレミア感のあるパッケージ

64783fbd64d08bb24e2a3d2741ab90bc_s
機能性ばかりでなく、外観的にも魅力的なのが、ZenFone Zoomです。
購入した人は分かると思いますが、パッケージは銀箔押しでプレミアム感がとても出ているので、そこでテンションが上がります。
中を開くと、Zencredibleカード、禅太郎フィギュアが入っていて禅太郎はZenシリーズのキャラクターで、とてもキュートなマスコットです。
そして、USB ACアダプターセット・イヤホンマイク・イヤーチップ・本革ストラップ・ユーザーマニュアル・保証書が入っています。
とても高級感があるパッケージなので、いつまでも保管しておきたくなりますね。
本体だけでなく、箱にまでこだわりを持っているところに信頼性が保てそうです。

カメラがアクセントになっている

a0001_017645
ZenFone Zoomの外見はとてもシンプルで、フレームは1つのアルミ板から作られていて、とても美しいボディです。
そこに、カメラ部分がアクセントになっているのです。
なぜなら、ZenFone Zoomは光学ズーム・手ぶれ補正・フラッシュ調整など、様々なカメラ機能を搭載していることで、強化されています。
この部分が強化されることで、デザイン性にもインパクトがあり、アクセントとなっているのです。
ザ・カメラ!といったところが、普段からカメラ撮影をしている人にとっては、オシャレな印象に映るでしょう。

ZenFone Zoomのデメリット

メリットがあれば、デメリットもあります。
ZenFone Zoomにはどんな難点があるのでしょうか?

ZenFone ZoomとZenFone 2のスペックの違い

ZenFone ZoomとZenFone 2のスペックは下記の通りです。

機種 ZenFone Zoom ZenFone 2
サイズ 158.9×78.84×5〜11.95mm 152.5×77.2×10.9〜3.9mm
質量     185g 170g
画面     5.5インチフルHD 5.5インチフルHD
CPU Atom Z3590 Atom Z3580 Atom Z3580 Atom Z3560
RAM 4GB       4GB 2GB
背面カバー  本革   プラスチック  プラスチック   
eMMC 128GB  64GB  64GB  32GB   64GB  32GB 32GB 
価格 68,800円  59,800円 55,800円 49,800円 50,800円  45,800円 35,800円 

ZenFone 2よりもZenFone Zoomの方が重いので、長時間スマホをいじっていると手が疲れてしまうかもしれません。
しかし、ZenFone ZoomはどのタイプもRAMが4GBあるので、サクサク動いて、イラつかないと思います。
値段もZenFone Zoomの方が高いですが、背面カバーが本革タイプもあるので、高級的に感じます。

カメラ性能が良い分電池持ちが悪い

822950
どのくらいの差があるのか性能測定ができるベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」によるテストでは、ZenFone 2よりも性能が高いということが分かりました。
しかし、性能が良くなった半面、その分消費電力が上がり、電池持ちが悪い点が挙げられます。
実際に待ち受け時間が短くなり、光学ズームを使っているので、写真撮影で電気消耗が早くなります。
とは言っても急速充電対応なので、利用しながらこまめに充電すると良いでしょう。

ZenFone Zoomの種類

気になるZenFone Zoomの種類について、解説していきます。

4モデルある

CPU Intel Atom Z3590(2.5GHz) Intel Atom Z3580(2.33GHz) Intel Atom Z3580(2.33GHz) Intel Atom Z3580(2.33GHz)
RAM 4GB 4GB 4GB 4GB
内部ストレージ 128GB 64GB 64GB 32GB
背面カバー 本革製 本革製 プラスチック製 プラスチック製
価格 68,800円 59,800円 55,800円 49,800円

ZenFone Zoomには、4種類あります。
Intel Atom Z3590(2.5GHz)・Intel Atom Z3580(2.33GHz)・Intel Atom Z3580(2.33GHz)・Intel Atom Z3580(2.33GHz)です。
内部ストレージ領域とは、汎用のデータ領域のことで、スマホにはシステム領域(OS・プリインストールアプリ・その他にスマホを動かす為に必要なファイル等が格納)、データ領域(ストアからインストールされたアプリ・データ・その他スマホを動かす為に必要なファイル等が格納)、内部ストレージ領域があります。
勿論、この領域数値が高ければ、それだけ多くのデータを入れて置くことができる為、便利になります。

本革モデルとプラスチックモデルがある

39eaac5de3b4bb99c93ebc85c29a81a5_s
背面カバーが本革製モデルは「プレミアムレザーカバーエディション」、プラスチック製背面カバーモデルは「スタンダードカバーエディション」と呼ばれています。
プラスチック製カバーはマットな感じに仕上がっており、本革製モデルは上品な仕上がりです。
価格は高くなってしまいますが、やはり高級感のある本革製モデルは一度は試してみたいタイプでしょう。

お薦めは最上位・最下位モデル

ZenFone-Zoom-ZX551ML (3)
4つのモデルタイプの中で、全モデルともRAMが4GB搭載されているので、例え最下位モデルでも、ZenFone 2程の高いパフォーマンスを楽しむことができます。
又、4つのモデルの中で最上位であるプレミアムレザーカバーエディションは、Atom Z3590を採用しているのも魅力的です。

誰向けのスマホなの?

お薦めのユーザー層はどんな人なのでしょうか?

ライトユーザーor写真マニア向け?

8ef4cf32fb707e1d3a88f6b1c23291f1_s
ZenFone Zoomは一体どういった人にお薦めのスマホなのでしょうか?
まず考えられるのは、2通りの人です。
ライトユーザー層と写真マニア層で、前者であれば、特にこだわりもなくスマホのカメラで十分だと考えています。
一方、後者では、一眼レフや高倍率ズーム機など、こだわりをもった機能カメラが必要です。
ZenFone Zoomは確かに光学3倍ズームが付いているとはいえ、あくまでもスマホの範囲内ですから、本当にこだわりがある人にとっては物足りない気がします。
ではこだわりのないライトユーザー受けが良いかというと、そういうわけでもなく、ある程度画質が良くて、ブレずに明るい写真を撮りたい人にお薦めと言えるでしょう。

晴天の屋外・ズーム撮影で有利

d80334f721bf39ebea5974ebd250eeb3_s
ZenFone Zoomが有利になるのは、晴天の屋外やズーム撮影での瞬間です。
晴れた日でもスマホによっては綺麗に撮ることができない場合も多く、ブレがなくてズームによってより鮮明になるのは、特にこだわりがなくても嬉しいでしょう。
思い出の一枚だからこそ、プロ級でなくてもある程度の画質を保ちたいものです。
ワンちゃんとの散歩中に、可愛いお花が咲いていた時など、晴れた日にその花にズームアップして撮った写真はとても綺麗に映ります。
散歩がてら色々な自然を撮りたい人にぴったりですね。

ZenFone Zoomレビュー

ZenFone Zoomを実際に体験してみた感想を紹介しましょう。

梱包箱は大き目

799b55d4d549ea03efcc454e4da32008_s
ZenFone Zoom本体だけでなくて、パッケージについてもやはり気になるところです。
梱包箱として使用されているのは、銀箔押しでプレミアム感の漂う仕上がりです。
その中に特徴ペーパーやZencredibleカード、禅太郎フィギュアなどが入っています。
モノクロトーンでとても落ち着いた雰囲気になっています。
これらの物が一つにセットされているからこそ、大き目の梱包箱になっているわけです。

本体サイズも大き目

ZenFone-Zoom-ZX551ML (1)
本体はやや大き目で、バックカバーを外すと、SIMスロット・microSDカードスロットが入ります。
右側には音量キー・電源ボタン・録画ボタン・シャッターボタンがあります。
一方左側にはボタンなどは特にありません。
そして上部にイヤホンジャック・マイク口があります。
それから下部にはストラップホール・マイク・microUSB端子が付いています。

実際に撮影してみる

ZenFone-Zoom-ZX551ML (11)
ZenFone Zoomの大きな特徴である光学ズーム機能を使ってみます。
光学ズームはレンズ焦点距離を変えて、ズームアップしていくのですが、一般ではその際に画質が劣化してしまう場合があります。
被写体に対して、このズームでも特に乱れることなく綺麗に撮ることができるのです。
「デジタルズーム」は、被写体の一部を拡大して移す方法です。
こちらはぼやけてしまうのですが、これは一部分をトリミングをして引き延ばした状態とイメージすると分かりやすいでしょう。
光学3倍ズームは、安価なコンパクトデジタルカメラよりも性能が劣りますが、何よりもカメラではなく、スマホでレンズが伸縮せずに光学ズームができる所に価値があるとされているのです。

通常カメラと比較してみよう!

普通のスマホカメラと何が違うのでしょうか?

より近くで美しい画像で楽しめる

zenfone_zoom_zx551ml_biglobe_sim_mnp
光学ズームが搭載されたZenFone Zoomは、普通のスマホカメラ(デジタルズーム)と何が違うのでしょうか?
まず考えられるのは、美しい画像をより近くで楽しむことができる点です。
デジタルズームは、ただ単に画像を引き延ばすだけの機能ですが、光学ズームは画質を悪くすることなくズームアップが可能なのです。
その為、鮮明な画像が出来上がるのです。
写真の中心的なものをズームアップすれば良いと考えてしまうと、思うような写真が撮れません。
いつも近くにズームしてブレてしまって失敗している人は、是非体験してみてください。

最大5cmの近さで接写ができる

4f3847c82c2143a2fb9710db6117a6be_s
被写体までの距離が5cmまで近づける、そし最速0.03秒の速さでフォーカスできるレーザーオートフォーカスといったトップクラスカメラレンズなのが魅力的です。
ここまで近づけるから、被写体がくっきりはっきりと鮮明に映すことができるのです。
一つの物を大きく映したい場合にお薦めです。

最長約32秒間の露光撮影可能

ZenFone-3-Max-ZC553KL
ZenFone Zoomでは、長時間露光撮影(マニュアル撮影)が可能です。
その時間は、最長約32秒となっています。
シャッタースピードを遅くすることで、光の軌跡といった幻想的なとても綺麗な撮影ができるのです。
シャッタースピードを遅らせるのが露光撮影ですが、もしもこのスピードが速くなってしまうと動いているものが止まった風に見えてしまいます。
ただし、シャッタースピードが遅くなると、手ブレが気になってしまうのですが、ZenFone Zoomではそういった対処がされているのです。

フラッシュでも自然な色合いに

スクリーンショット 2017-07-12 0.04.42
ZenFone Zoomでは、背面のデュアルカラーLEDフラッシュ・リアルトーンフラッシュ機能によって発光度合いを自動的に替える機能が付いています。
その為、フラッシュ撮影による場合も、自然な仕上がりになるのです。
暗い場所で撮影をすると、どうしても被写体も暗くなってしまうので、フラッシュをたきますが、日中の室外でも太陽の光によって逆光で被写体が影になってしまう場合、フラッシュをたくと綺麗に撮れる場合もあります。
勿論、場合場合によって綺麗に撮れる撮れないがあるので、被写体だけでなく、そこにとりまく光も一緒に撮影したい時など、上手く切り替えることで自然な状態になります。
デュアルカラーLEDフラッシュで自然な肌色に自動調整して、リアルトーンフラッシュ機能によって周囲の明るさに合わせて発光度合いを調整してくれます。

まとめ

moto_xplay_featuregrid_camera_m
いかがですか?
スマホは電話やネットが楽しめる他に、好きな場所で思い出の一枚を撮影することができるカメラ機能もあります。
しかし、機能性については、カメラよりも劣ってしまう部分もあります。
そこで、毎日こまめに写真を撮るという人にとって身近な存在のスマホでズーム撮影ができるZenFone Zoomは、とてもお薦めです。
勿論、一眼レフ等に比べると、こだわりのある人には物足りなさを感じるかもしれませんが、ズーム撮影で自然な仕上がりにしたい場合など、試してみる価値はあるでしょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更
-, , ,

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.