iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

Aterm MR04LNとスマホで海でも山でも海外でもインターネットをサクサク!

投稿日:

モバイルルーターというものを知っていますか?
まだ名前は馴染みがありませんが、たまに海外などにいったときに使ったことがある人や今だとPocket WiFiなどという名称で呼ばれているものです。

簡単に言えば、電波を発信している機械をどこにでも持ち運んで使えるものをモバイルルーターといっています。
CMでも人気のWiMAXやワイモバイルなどが特に有名なモバイルルーターをリリースしていますが、その格安SIMバージョンこそが、今回紹介するAterm MR04LNなんです。
ここでは、Aterm MR04LNを紹介するとともに、モバイルルーターの基礎知識、そして他社製品などの比較を行っていきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.Aterm MR04LNって、Pocket WiFiや家に設置のルーターとかとは何が違うの?
2.Aterm MR04LNなどのモバイルルーターって何?
2.1 いまさら聞けないモバイルルーターとは
2.2 モバイルルーターには4種類ある
2.3 Aterm MR04LNはどんなモバイルルーターなのか?
3.Aterm MR04LNの特徴は、通信速度とSIMスロットだけ?
3.1 Aterm MR04LNの前身Aterm MR03LNから大きく進化
3.2 SIMスロットを有効活用しよう
3.3 デザインはいたってシンプルだけどどうなの?
4.モバイルルーターの性能を徹底比較!Aterm MR04LNの強みはなんだろう?
4.1 WiMAX最強説の真意のほどは?
4.2 安定の通信エリアのドコモ
4.3 ワイモバイルはいいとこなしで評判は悪いけど!?
4.4 格安SIMフリーモバイルルーター
5.Aterm MR04LNとその他のモバイルルーターの徹底スペック比較
5.1 まずはスペックを徹底比較
5.2 ネットが遅くなるかが一番嫌ですよね?気になる速度制限は?
5.3 かかるお金はとても大事!どこが安いの?
5.4 通信エリアも大事な要素、どこででもつながるのがベスト
6.Aterm MR04LNを使うなら気にすべきポイントとテクニック
6.1 スマホを長く使い続けたい方にはオススメ
6.2 通信エリアも大事な要素、どこででもつながるのがベスト
7.まとめ

1.Aterm MR04LNって、Pocket WiFiや家に設置のルーターとかとは何が違うの?

imgres
Aterm MR04LNの話の前に、そもそもモバイルルーターって使ったことありますか?
もしも、Pocket WiFiを使ったことがあるのであれば、それと同じものです。
名前が違うだけですので、すでにみなさんは使っているのです。
今回紹介する、Aterm MR04LNは少し違っていて、格安SIMを挿入して使うバージョンで、それ以外は同じ使い方になります。
基本的にはWiFiなので、他のインターネットなどに接続している場合となんら違いませんが、どこにいても持ち運びでき、電波さえ入ってるエリアにいれば、ずっとネット環境を維持できますので、スマホのデータ制限なども気にしないですみます。
ここでは、そんなモバイルルーターの新たな時代を気づく、Aterm MR04LNを紹介しつつ、モバイルルーター業界全般について他社製品などを比較しながら紹介していきます。
 

2.Aterm MR04LNなどのモバイルルーターって何?

yjimage-2

2.1 いまさら聞けないモバイルルーターとは

モバイルルーターって言葉を最近耳にすることが増えてきています。
いまやWiFi時代到来はいえ、日本ではまだまだ海外と比べると無料WiFiをキャッチすることは難しいですよね?
そんなとき便利なのが、モバイルルーターです。
モバイルルーターは、どこにでもカバンなどに入れて持ち運びが自由にできる通信端末のことです。
要は家などにある、ルーターを持ち運んでるということになります。
このモバイルルーターが1台あれば、スマホだけでなく、パソコンやタブレットなども、多いものであれば最大10台くらい一度に接続することもできるのです。
モバイルルーターを活用すれば、スマホの通信量を抑えることができて、低速になったりすることもありませんし、家でもわざわざ固定回線を引く必要もありません。

2.2 モバイルルーターには4種類ある

モバイルルーターには、モバイルwi-fiルーター、ポケットwifiなどといろいろなものがあるのですが、これは呼び方を変えてるだけで、基本的にはどれも、モバイルルーターのことを指しています。
モバイルルーターのサービススタイルはそれほど多くなく、基本的には以下の3社で行っています。3社ともメリット、デメリットがあるので、そちらの方は後半に紹介していきます。

①WiMAX
②ドコモ
③ワイモバイル

この3社以外にも、格安SIMをSIMフリーモバイルルーターに入れて使うこともできる方法があり、今回紹介する、Aterm MR04LNがそれに当たります。
これであればいろいろな格安SIMを使って、自由にルーターを作動させることができるのです。

2.3 Aterm MR04LNはどんなモバイルルーターなのか?

今回紹介するAterm MR04LNは、2015年に発売されたモデルで、Amazonのモバイルルーターのカテゴリーでも人気ナンバー1を獲得していたほどのルーターです。
まだまだ当時は格安スマホや格安SIMが今ほど出回ってもおらず、モバイルルーターの必要性や用途が限られていたのですが、今はもう格安スマホ時代に突入しているので、かなりいろいろな人に重宝されています。
そこで今回は、Aterm MR04LNのスペックや特徴を紹介していくので、まずは、スペックを確認してみてください。
<Aterm MR04LNのスペック(※参考 NEC公式 Aterm MR04LN:仕様)>

サイズ 高さ 約 111 mm x 幅 63 mm x 厚さ 11 mm
重量 111g
外部
インタ
フェース
USBポート 電源DC+5V入力用、microB USBコネクタ×1
クレードルポート兼用
microSIMカードスロット microSIM×2
連続
動作
時間
連続
通信
時間
(LTE/3G)
Wi-Fiテザリング時 約12時間
Bluetoothテザリング時 約24時間
連続
待受
時間
休止状態時 約250時間
休止状態時
(リモート起動を使用していない場合)
約1,000時間
ウェイティング時 約30時間
充電時間 約3.5時間
アンテナ  LTE/3G/GPRS用(WAN用)送信1×受信2(内蔵アンテナ)
無線LAN用(WAN/LAN兼用)送信2×受信2(内蔵アンテナ)
Bluetooth用(無線LAN兼用) 送信1×受信1(内蔵アンテナ)
ヒューマン
インタフェース
2.4インチLCDタッチパネル(静電感応式、320×240pixel)
電源ボタン ×1
外形寸法 約63(W) × 111(D) × 11(H)mm
電池 充電池パック(リチウムイオン電池)2,300mAh
電源 ACアダプタ使用
消費電力 最大通信時 約7W
質量 約111g(本体のみ)
* ACアダプタ除く
動作保証環境 温度 0~35℃/湿度 10~90%
VCCI VCCI クラスB

 

3.Aterm MR04LNの特徴は、通信速度とSIMスロットだけ?

education-548105_960_720

3.1 Aterm MR04LNの前身Aterm MR03LNから大きく進化

Aterm MR04LNは、前身のAterm MR03LNから進化しているのは、なんといっても”通信速度”と”SIMスロットの数”になります。
この面においては、他社製品のSIMフリーモバイルルーターと比較しても大きく進化しています。
特に通信速度に関しては、インターネットへの接続に関して、次世代通信方式LTE(受信最大300Mbps、送信最大50Mbps)のLTE-Advancedに対応しているのが、特徴です。
一般的にモバイルデータ通信を行う場合には、接続できるうちの1つの周波数を用いて通信を行なうのですが、このLTE-AdvancedではCA(キャリアアグリゲーション)と呼ばれる複数の周波数帯を束ねて、同時に利用することで、より高速な通信を実現してくれるのです。
モバイルルーターにとっては、速ければ速いほどいいので、このLTE-Advanced対応は大変なメリットです。

3.2 SIMスロットを有効活用しよう

2つ目のポイントであるSIMスロットについては、SIMフリーのモバイルルーターとしては珍しいデュアルSIMスロットに対応していることです。
例えば、異なるMNOやMVNOのSIMカードを挿入しておけば、SIMカードを挿し替えること無く通信状況に応じて、使うSIMを使い分けることが可能なのです。
どんな会社も電波が低速になってしまう時間帯はありますので、速い方につなげてしまえばいいので、常にストレスなく電波を拾い続けられます。
もちろん、同時待ち受けはできないので、その都度、切り替えが必要ですが、対応している周波数が多いことはとてもメリットです。

3.3 デザインはいたってシンプルだけどどうなの?

丸みのほとんどないデザインで、なんとなく味気ないとも思われがちなのですが、モバイルルータであることを考えれば、そこはどうでもいいところではないでしょうか。
何せモバイルルーターは、人前にだして使ったりするものでもなく、ほとんどがカバンの中や外でも一旦置いたら大抵はそのままなので、あまりデザインは関係ありませんよね。
スマホであれば持ちやすさを意識して本体背面に丸みを持たせるなどの工夫もありますが、モバイルルーターの場合は手に持って使うものではないので、収納しやすくコンパクトであればいいので、Aterm MR04LNはベストなデザインではないでしょうか。
 

4.モバイルルーターの性能を徹底比較!Aterm MR04LNの強みはなんだろう?

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

4.1 WiMAX最強説の真意のほどは?

WiMAXは、KDDIグループの回線を利用しているモバイルルーターです。
20社以上のプロバイダがサービスを提供しており、高額なキャッシュバック特典があることも多く、さらには端末も無料なのでトータルで支払う料金を最安で抑えられるメリットがあります。
何よりも、通信速度が早いことがありがたいところで、速度制限がかかっている速度だったとしても動画が問題なく見られるレベルに保ってくれています。
現状最もオススメされているモバイルルーターになりますね。
提供している会社の代表例としては、UQ WiMAX、au、BIGLOBEなどになります。

4.2 安定の通信エリアのドコモ

ドコモは、スマホとは別にモバイルルーター向けのプランを提供してくれていることもあるので、そちらのプランだとさらに安くできます。
月の通信量やスピードはスマホの料金プランと変わりません。
ところが、他のモバイルルーターと比べると、月々の料金が結構高いのであまりオススメできないともいえます。
ただし、ドコモは大手キャリアだけあって、通信エリアがもっとも幅広く、いろいろなエリアにおいて受信できることがメリットになります。
提供している会社は、ドコモだけになっています。

4.3 ワイモバイルはいいとこなしで評判は悪いけど!?

ソフトバンクの回線を利用しているワイモバイルは、もっとも評判の悪いモバイルルーターとなっています。
通信エリアは、WiMAXよりも広くドコモと同じくらいだといえなくもないのですが、いかんせんすぐに制限に達してしまい、低速になるという評判が多かったのです。
現在では、無制限プランも登場はしてはいるのですが、そうすると料金も高くなってしまうのであまりオススメできません。
提供している会社は、ワイモバイル、ソフトバンクになります。

4.4 格安SIMフリーモバイルルーター

格安SIMフリーモバイルルータとは、ドコモやauの回線を使ってさまざまなMVNOがサービスを提供している格安SIMをつかったルーターになります。
ドコモと同じく広いエリアで利用できるのでそこがメリットとなり、かつ、いろいろなプランを選べることがメリットです。
当然料金も安くはなっていくのですが、通信速度に難点がある場合もあり、格安SIMを精査しないといけないでしょう。
使い方は簡単で、SIMフリーモバイルルーターに格安SIMを挿して使うだけです。
また、格安SIMのデータ専用プランなら違約金がかからないということも結構大きく、いつでも解約できるというメリットもあります。
提供会社としては、楽天モバイル、イオンモバイル、IIJmio、mineoなどのMVNOになってきます。
 

5.Aterm MR04LNとその他のモバイルルーターの徹底スペック比較

g_02

5.1 まずはスペックを徹底比較

上記では、各社のモバイルルーターの特徴を簡単に説明しましたが、ここからは徹底的に比較していきます。
まずは、各社ストロングポイントが少しずつ異なるので、それぞれのスペックをご覧ください。
①WiMAX (Speed Wi-Fi NEXT W04)

製造元 HUAWEI
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
質量 約140g
同梱物
  • USB3.0 Type C-A変換ケーブル(試供品)
  • 取扱説明書
  • 保証書
外形寸法(mm) 約H130×W53×D14.2mm
バッテリー使用時間
連続通信時間(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
  • ハイパフォーマンスモード:約390分
  • ノーマルモード:約540分
  • バッテリーセーブモード:約630分
連続通信時間(ハイスピードプラスエリアモード:WiMAX 2+、LTE使用)
  • ハイパフォーマンスモード:約260分
  • ノーマルモード:約390分
  • バッテリーセーブモード:約550分
連続待受
  • 休止状態:約850時間
  • クイックアクセスモード設定時(ウェイティング):38時間
対応OS Windows® 10、8.1、8、7、Vista
Mac OS Sierra 10.12、Mac OS X 10.11、10.10、10.9、10.8、10.7、10.6、10.5
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
アクセサリ(別売り)
  • TypeC共通ACアダプタ01
  • MicroB-TypeC変換アダプタ
  • クレードル(1000BASE-T/100BASE-T)
Body-SAR値 0.553W/kg
本体色 グリーン
ホワイト

②ドコモ(Wi-Fi STATION HW-01H)

サイズ 高さ 約 64mm×幅 約 100mm×厚さ 約 22mm
 質量  約 173g
バッテリー容量 4750mAh
ディスプレイ 種類 TFT
サイズ 約 2.4インチ
国際ローミング WORLD WING LTE 対応
3G 対応
GSM 対応
その他 未対応
外部接続 USB 3.0 Type C
同時接続台数 11台(Wi-Fi:10台/USB1台を併用)
3G連続待受時間(静止時[自動]) 約 1810時間
LTE連続待受時間(静止時[自動]) 約 1810時間
連続通信時間(LTE-Advanced/LTE/3G) 約 18時間/約 20時間/約 15時間
USBテザリング対応OS Windows® OS Windows® 10/[32bit/64bit]
Windows® 8.1/[32bit/64bit]
Windows® 7 SP1/[32bit/64bit]
macOS macOS 10.12/[64bit]
macOS 10.11.4~10.11.6/[64bit]
macOS 10.10.5/[64bit]
macOS 10.9.5/[64bit]
対応UIM ドコモminiUIMカード
IPv4/IPv6 対応対応

 

LTE(国内) 受信/送信 対応
LTE(受信150Mbps/送信50Mbps)
PREMIUM 4G®(受信370Mbps/送信50Mbps)
FD-LTE バンド1(2.0GHz) 対応
バンド3(1.7GHz) 対応
バンド19(800MHz) 対応
バンド21(1.5GHz) 対応
バンド28(700MHz) 未対応
TD-LTE バンド42(3.5GHz) 未対応
PREMIUM 4G® バンド1(2.0GHz) + バンド21(1.5GHz) 対応
バンド19(800MHz) + バンド3(1.7GHz) 対応
バンド1(2.0GHz) + バンド19(800MHz) 対応
バンド19(800MHz) + バンド21(1.5GHz) 対応
バンド1(2.0GHz) + バンド19(800MHz) + バンド21(1.5GHz) 対応
バンド1(2.0GHz) + バンド42(3.5GHz) + バンド42(3.5GHz) 対応
バンド3(1.7GHz) + バンド42(3.5GHz) + バンド42(3.5GHz) 対応
その他対応バンド組み合わせ 未対応
3G(国内) FOMAハイスピード対応(プラスエリア対応) 対応
受信/送信 受信時最大 14Mbps/送信時最大 5.7Mbps
3G(W-CDMA) バンド1(2GHz) 対応
バンド6(800MHz) 対応
バンド19(800MHz) 対応
LTE(海外) FD-LTE バンド1(2.0GHz) 対応
バンド3(1.7GHz) 対応
バンド7(2.6GHz) 未対応
バンド13(700MHz) 未対応
バンド17(700MHz) 未対応
バンド28(700MHz) 未対応
TD-LTE バンド38(2.6GHz) 未対応
バンド39(1.9GHz) 未対応
バンド40(2.3GHz) 未対応
バンド41(2.5GHz) 未対応
バンド42(3.5GHz) 未対応
3G(W-CDMA)(海外) バンド1(2GHz) 対応
バンド5(850MHz) 対応
GSM/GPRS(海外) 850MHz 対応
900MHz 対応
1.8GHz 対応
1.9GHz 対応
無線LAN 規格/最大伝送速度(規格値) IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n/300Mbps
IEEE802.11ac/867Mbps
周波数帯 2.4GHz/5GHz
有線LAN 未対応

③ワイモバイル(Pocket WiFi 603HW)

サイズ 約W109.9×H65.1×D15.5mm
重さ 約135g
連続通信時間 約6時間(省電力設定OFF時)
約8.5時間(省電力設定ON時)
連続待機時間
(無線LAN OFF時)
約850時間
バッテリー容量 2,400mAh
無線LAN a/b/g/n/ac
Wi-Fi対応機器
同時接続可能台数
14台
PC接続インターフェース Type-C USB3.0
対応外部メモリ / 対応最大容量
通信
データ通信方式 FDD-LTE / AXGP / TDD-LTE
最大通信速度(「4G」の場合) [FDD-LTE]下り最大350Mbps 上り最大37.5Mbps
[AXGP+TDD-LTE]下り最大612Mbps 上り最大13Mbps
最大通信速度(「3G」の場合)
対応周波数? [FDD-LTE]900MHz・1.5GHz・1.7GHz・2.1GHz
[AXGP]2.5GHz [TDD-LTE]3.5GHz
サポートの対応パソコンOS
Windows® 10
Windows® 8.1
Windows® 8
Windows® 7
Windows Vista®
Windows® XP
Mac OS X ●10.6~10.12


5.2 ネットが遅くなるかが一番嫌ですよね?気になる速度制限は?

モバイルルーターの重要なポイントは何と言っても速度ですよね?
果たして各社の速度はどれくらいの違いがあり、どのような制限をかけられてしまうのでしょうか。

①WiMAXの速度制限

WiMAXには月に7GB利用できる”通常プラン”と、容量制限のない”ギガ放題”プランがあり、通常プランは、月に7GBを越えると月間制限がかかり、通信速度が128Kbpsになってしまいます。
128Kbpsという速度は、ネットサーフィンするのも無理なくらいのスピードですので”ギガ放題”プランをオススメします。
また、”ギガ放題”プランでも、油断してはダメで、3日制限というものがあります。
これも現在では、”3日間で10GB以上”になっているので、特に気にしないでも大丈夫でしょう。
以前までは3GBくらいだったのですが、利用できるデータ量が3倍以上になり、制限時間は3分の1と短くなっています。
一方で、制限中の通信速度は約1Mbpsと以前よりも遅くなってしまうのですが、ほんの数日の我慢です。
②ドコモの速度制限
ドコモは、契約しているプランに応じて月間通信量が違うので、契約時注意する必要がありますよ。
たとえば、データMパックを契約している場合には、月に5GB以上利用すると128kbpsに制限されてしまいます。
月に5GBというのは簡単にこえてしまうので、もっと多いプランにした方が無難です。
3日間制限はありませんが、そもそもの制限が厳しいものが多いので、主役としてこのルーターを使うと大変なことになってしまいます。

③ワイモバイルの速度制限

ワイモバイルの月間通信量は、基本的には7GBになっており、今では、無制限プランもあるにはあります。
ワイモバイルもこの上限を超えると月間制限がかかり、128kbpsに制限され、まったく使えません。
また3日間で3GB以上のデータ通信でも速度制限がかかってしまう二重苦設定なので、逃げ道がまったくありません。
無制限プランも登場しましたが、使えるエリアがWiMAXよりも狭くなっており、対応している端末も少ないという難点があります。
そのため、現段階では速度的にもワイモバイルは一番オススメできません。
④格安SIMフリーモバイルルーター
格安SIMの場合には、契約しているSIMごとにプランが異なっており、その決められている容量を超えると月間制限がかかり、これまたほとんどネットができない速度になりますよね。
モバイルルーターを使った場合も同様になります。
そのため月間制限のない”使い放題プラン”にすることをオススメします。
そもそも、格安SIMで、2、3GBでモバイルルーターを契約したい人もいないと思うので、ここはなるべく容量の大きいプランか、無制限を選びましょう。
また、各プロバイダによって決められている3日間制限がかかることがほとんどなので、制限ルールはちゃんと確認しておきましょう。

5.3 かかるお金はとても大事!どこが安いの?

WiMAXは、月額料金はそれほど安くありませんが、プロバイダによっては高額なキャッシュバック特典があったりするので、ぜひ加入前によーく確認することが望ましいでしょう。
さらには端末代が無料だったりする場合もあります。
もしもキャッシュバックを適用できたなら、WiMAXが最安値になる可能性が大です。
格安SIMは、月額料金だけを比較すると安く見えますが、速度の性能が怪しいですね。
最も料金が高くなるのはドコモのモバイルルーターになり、かつ、月額も高いのであまりオススメできません。
WiMAXと比べると3倍近い差になってしまいます。
プランと端末代金がどうなるかをうまく天秤にかけて、料金は判断するようにしましょう。
そしてプラスアルファ、速度制限なども考えると、ワイモバイルもあまりオススメできません。

WiMAX ドコモ ワイモバイル 格安SIM
データ容量 無制限 5GB 7GB 無制限
月額料金 4000円 7000円 4000円 2500円

6.Aterm MR04LNを使うなら気にすべきポイントとテクニック

yjimage-1

6.1 スマホを長く使い続けたい方にはオススメ

意外なモバイルルーターを使用するメリットとして、いわれているのが、スマホのバッテリー消費を抑えられるというです。
スマホでテザリングをする際には待受時に消費するバッテリーだけでなく、テザリングによって消費するバッテリーもあることから、バッテリー消費量はかなりあがってしまうのです。
一方で、モバイルルーターはデータ通信以外に使う機能はほとんどないことから、待受時も含めてバッテリー消費量は少なく、連続使用時間もかなり長いので丈夫です。
お持ちのスマホを長く使い方にはモバイルルーターはオススメです。

6.2 通信エリアも大事な要素、どこででもつながるのがベスト

通信エリアというのが、格安SIMでも多少違いますし、特に田舎の方にいったりキャンプしたりとあまり電波が安定していないところでは、1つの電波だけでは不安なのでスマホの電波とモバイルルーターをもっていると安心です。
都心部に住んでいる人にとっては気にする必要はほとんどない部分ですが、郊外や田舎の方に行くと、ナンバー1人気のWiMAXなどは使えなかったりするので、そんなときAterm MR04LNはいきてきます。
その地域で入る格安SIMをいれればいいだけなので簡単です。
このようにいろいろな地域に移動する仕事や旅行好きの人には大事な使い道なのではないでしょうか。
しかも、このモバイルルーターは海外でも使えるので海外にいってもその国SIMでネット環境は万全です。
 

7.まとめ

yjimage-2
Aterm MR04LNとモバイルルーターについてご理解いただけたでしょうか?
モバイルルーターは、まだまだ流行というわけにはいっていませんが、日本は海外に比べるとフリーWiFiが普及していないので自分だけのためのWifiというのを1つもっておくことはちょっとしたオシャレなポイントかもしれませんね。
月額でかかる料金も3000円くらいに抑えることもできるので、いざ電波が繋がらなかったり、自分のスマホのデータが容量制限を受けちゃった時などのために、一台モバイルルーターをもってみてはいかがでしょうか?
ぜひその際には、大手モバイルルーターではなく、格安SIMを挿入できるAterm MR04LNのようなSIMフリーモバイルルーターにチャレンジしてみてください!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.