Aterm MR04LNさえあれば、光なんて要らない!格安SIMでルータ生活

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

ネット社会の現代においては、生活に、仕事にとそのすべてを

インターネットを通じて行います。

 

そのデータ通信の手段には、

この数年はスマートフォン1台で代用される傾向がありましたが

ごく最近ではスマートフォンを電話の機能に留めた格安端末にし、

タブレットなどのPCを合わせて利用する『2台持ち』する方も多くなっています。

『2台持ち』では、通常モバイル通信機能を持ったタブレットなどを新たに購入するか、

モバイル通信機能のないタブレットや元々持っていたノート型PCを

スマートフォンのテザリングでネットに繋ぐ方法がありますが

もっともおすすめな方法が『モバイルルータ』の利用です。

 

『モバイルルータ』は、格安端末のテザリング機能を使うより、

より高速で安定した通信を格安で行うことができ、

またモバイル通信機能を持っていない端末の利用と汎用性が高く、

屋内外問わず利用できることからおすすめのアイテムとなっております。

 

 

そこで、今回はモバイルルータで特に人気のある

NECの『Aterm MR04LN』をご紹介しょうと思います。
1. ネット社会を牽引する企業NEC
2. Aterm MR04LN
2-1.LTE-Advanced対応
2-2.デュアルSIM
2-3.アプリで簡単設定!
2-4.公衆無線LANも使える
2-5.自宅でも快適
2-6.スペック表
3.なぜ光よりおすすめなのか?3つの理由!
3-1. 設備費が安い
3-2. 場所を選ばない
3-3. 本当に必要な通信速度
4. ルータ使用に関する疑問
4-1. Wi-Fi接続とBluetooth接続の違い
4-2.プライマリとセカンダリ
4-3. MVNOカウントフリー通信の扱い
5. 新型Aterm MR05LNは更に使いやすく!
5-1. 3CA対応で更に高速に!
5-2. バッテリーも更に長持ち!
5-3. デュアルSIMは更に便利な仕様に!
5-4.スペック表
6. ライバルはHuawei?人気モバイルルータ3選
6-1. auのSpeed Wi-Fi NEXT W04
6-2. SoftBankのPocket WiFi 601HW
6-3. SIMフリーのMobile Wi-Fi E5383
6-4.まとめと比較表
7.ルータ活用おすすめ格安MVNO
7-1.LINEモバイル
7-2. BIGLOBE
7-3. FREETEL
8.まとめ

 

 

1.ネット社会を牽引する企業NEC

kake_01

『Aterm MR04LN』を作っているのはNECプラットフォーム株式会社という、

主に企業向けの電話機器や情報通信機器を製造しているNECグループの主要子会社です。

 

NECは、ITとネットワーク機器からインフラまで総合的に行っている企業で

その場は世界だけでなく、宇宙にまで及んでいます。

 

実は、映画にもなった人工衛星『はやぶさ』はNECが主要製造者となっています。

 

最近では、IoTなどのキャリア・ネットワークや社会インフラの構築に力を注いでおり、

自動車の自動運転やAIなどを開発しています。

 

company2017_01.png

NECは戦前から電話交換機などの通信機器を製造している会社で

戦後は、通信機器から真空管や半導体などの電子部品、

そして、1958年にはコンピュータの開発を行っています。

 

NECのコンピュータといえば、

多くの方がまず思いつくのが、「PC-9800」シリーズではないですか?

 

この「PC-9800」は、1982年に販売されてから、約15年にわたって、

日本のPC市場を牽引し、企業だけでなく個人のPC所得率を後押しし、

全盛期には、『国民機』として人気の高いPC端末でした。

 

私も学生の時に、初めて2倍速CD- ROMが搭載された「98MATE」を購入した一人です。

 

1980年台にはUNIXワークステーションの開発や

家庭用TVゲーム機『PCエンジン』を販売などを行い、

スーパーコンピュータ「SX-2」は世界最速のコンピュータとなりました。

 

その後、Windowsベースのサーバやワークステーションやクラウド端末、

ラジオの放送局やLANといった無線通信のインフラの構築

FAXやプリンターと言った事務通信機器から携帯電話端末などを作ったりしています。

携帯電話端末(フィーチャーフォン)は、主にNTTドコモで提供されており、

ちょっと前までスマートフォンもありましたがこちらは終了し、

現在はフィーチャーフォンのみの開発・製造となっています。

 

PC事業は、分社化され、現在はレノボと合併し、国内最大手の企業となっています。

 

また、インターネットプロバイダや格安SIM事業を行っている

『BIGLOBE』はNECから部門独立し、できた会社でしたが

こちらは、NECが株を手放してしまい、日本産業パートナーズとうファンド会社に移り、

今年2017年1月にはKDDIが経営権をえて、KDDIのグループ企業となっています。

 

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7 8

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]