iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7 MNP

auのiPhone7にMNP(乗り換え)で最高に得する4つの方法

投稿日:

日本時間9月8日に発表されたiPhone7。
早くからどういった機能が付いて、どんなデザインになるのか?と注目を集めていましたが、今回の発表はiPhoneユーザーにとっては待ち望んでいた機能が追加されたり満足度の高い性能を持って登場します。
発売日は9月17日。各キャリアで既に予約受付を開始しており、携帯ショップなどではiPhone6の大幅な引きなどで来たるべきiPhone7の発売を待っています。
今回iPhone7に変更するに当たって、MNPを利用して安く手に入れたい!という人も多いでしょう。
そこでauに絞って、MNPをするとお得になる方法が既に幾つかありますのでそちらをご紹介します。お得に安くiPhone7を手に入れてしまいましょう。
 

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone7の性能

160907_iphone7all1
遂に発表になったiPhone7。
各キャリアや家電量販店や携帯ショップなどでは予約開始をされています。
今回は日本向けの機能も追加されて注目を集めているので、発表されたiPhone7の性能や仕様から先ずはご覧ください。
今回のiPhone7は2種類。iPhone7とiPhone7プラスとなります。

・スペック

iPhone7 iPhone7プラス
液晶画面解像度 1,334 x 750、4.7インチ、326ppi 1,920 x 1,080、5.5インチ、401ppi
幅×厚み×高さ 67.1mm×138.3mm×7.1mm 77.9mm×158.2mm×7.3mm
重さ 138g 188g
システムチップ Apple A10 Fusion
組み込み型
M10モーションコプロセッサ
iPhone7と同様
記憶容量 32GB、128GB、256GB iPhone7と同様
メインカメラ 1,200万画素
最大5倍のデジタルズーム
1,200万画素 広角
1,200万画素 望遠
最大10倍のデジタルズーム
インカメラ 700万画素
1080p HDビデオ
iPhone7と同様
ビデオ撮影 4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
光学式手ぶれ補正
4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム
WiFi 802.11a/b/g/n/ac iPhone7と同様

カラーはシルバー、ローズゴールド、ゴールド、ブラック、ジェットブラックになります。
Bluetoothは4.2でOSはiOS10が標準搭載されています。
iOS10はマップ機能が強化され、乗り換え検索が可能になりました。
写真アプリにメモリーという機能が追加され、撮った写真が自動的に整理されるようになりました。
また、持ち上げるだけでスリープが解除されるようになってホームボタンを押さなくても良くなったのが注目すべき変更点です。

・iPhone6からの変更点

9v9a1690_tp_v

一番大きな変更点はコネクタがLightningコネクタのみとなり、イヤフォンコネクタがなくなりました。
同時にワイヤレスの純正イヤフォン「AirPods」も発売となり、イヤフォンはBluetoothで接続してワイヤレスでの利用が主流になりそうです。
他に変更点としては上記にも記載しましたが16GBが廃止となり最低でも32GB、最大で256GBを選べるようになりました。
また内蔵スピーカーはステレオとなり、本体上部と下部にスピーカーが設置されています。
後はカメラ機能が強化され、光学ズームを採用。今までズーム機能を使うと画質が落ちていたのが画質を落とさずにズームを使えるようになりました。
カメラ機能では他にも手ぶれ補正機能が付いてカメラ機能については大幅に改良されています。

・新機能

一番大きい新機能は日本向けモデルのみですが、待望の「FeliCa」機能がが付きました。
suicaも対応を開始して定期券も利用可能です。
今までiPhoneが欲しかったけどFeliCaとsuicaが利用できないからという理由でiPhoneを利用してこなかった人も安心してiPhoneに乗り換えができます。
何気に嬉しいのは防水、防塵機能が付いたことです。
iPhoneには今まで本体に防水、防塵機能がないので付属のアクセサリーなどで防水防塵をするしかなかったですが、本体にも付いたことで今までよりも故障しにくくなるでしょう。

・本体価格や人気が高そうな機種

iPhone7の価格はこちらになります。
・iPhone 7(32GB) – 72,800円
・iPhone 7(128GB) – 83,800円
・iPhone 7(256GB) – 94,800円
・iPhone 7 Plus(32GB) – 85,800円
・iPhone 7 Plus(128GB) – 96,800円
・iPhone 7 Plus(256GB) – 107,800円
色で値段は変わりません。人気が出そうなのはネット上ではジェットブラックが人気のようです。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

2.auへのMNP乗り換え方法

au-logo-board
先ず必須なのはMNP番号の取得です。
これは元のキャリアに電話をするか、キャリアのショップにて手続きをします。
手続きが終われば身分証明書と支払い方法をクレジットカードか口座引き落としかを選ぶためのクレジットカードか銀行のカードを用意してください。
準備が終われば後はどこでMNPをするかになります。

・auショップオンラインで購入

au
au Online Shop
ネット上のオンラインショップでMNPを行うのも一つの方法ですが、iPhone7に限ればauショップオンラインで既に予約を受け付けていますのでそこで行ってしまうのが一番確実でしょう。
MNPも当然受付をしていますのでこちらから予約をして確実に手に入れてしまいましょう。

・auショップ以外のオンラインショップ

オンラインショップですと、家電量販店や携帯ショップのオンラインショップからの予約受付になりますが、割引等が行われるかは不明です。利点としてはauショップオンラインでも同じですが、24時間いつでも予約ができるというのが利点といえるでしょう。
参考までauの正式代理店である「レクサスプランニング」という会社がありますが、このお店は正規代理店なのでauショップオンラインとほぼ同等の割引キャンペーンを行っています。
Twitterで割引情報をツイートしていますのでiPhone7の割引があるかどうかをチェックしてみましょう。
○レクサスプランニングTwitter
https://twitter.com/lexus_planning
他のお店ですと店舗で購入するのと余り変わらない可能性が高いです。

・auショップ

auショップでMNPをするとauのキャンペーンが適用されます。
auのキャンペーンは後述しますが、最大で32400円の下取りプログラムなどの施策があります。
MNPの場合ですとauショップ独自でキャンペーンを行っている場合もありますが、割引キャンペーンを行っているauショップは全国でも少ないです。
例えば
○モバレコショップ検索
https://moba-navi.jp/au/cashbacklist/
こうしたサイトで検索をしてみてみるのも一つの方法です。

・量販店や携帯ショップ

家電量販店や携帯ショップ(併売店含む)でMNPをすると店舗独自のキャンペーンは適用されます。
MNPの実質無料は総務省の指導により難しくなっていますので実質無料とはいきません。
ポイント還元が大きな柱になるでしょうが家電量販店の場合、アップル製品は一律5%なので別途で次回割引されるクーポンなどが考えられますが、現時点(2016年9/10)では店舗によって変わるので店舗でマメに確認が必須となるでしょう。

3.auのMNPにも適用される割引キャンペーン

%e6%8c%87%e5%b7%ae%e3%81%97%e3%81%99%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e5%a5%b3%e6%80%a79

各キャリアでは契約者数を増やすためにMNPに手厚いキャンペーンを行っています。
実質料金が無料になるというキャンペーンがその表れでしたが、総務省の指導により実質料金が無料キャンペーンはできなくなりました。
そんな中各キャリアではMNPでの乗り換えキャンペーンを知恵を絞って行っています。
auではどんなキャンペーンを行っているのかをご紹介します。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

・auから発表された負担金の金額

これは9月9日(金)にauから発表されたiPhone7の負担金金額です。
機種変更ですと32GBで25000円、MNPでは10800円
iPhone7プラスですと機種変更で34200円、MNPでは24480円となります。
容量が128GB、256GBの場合はこれに11000円から12000円前後高くなる見込みです。
いずれも2年契約が必須となります。
これがMNP乗り換えの基本ベースになります。
これからどれくらい割引キャンペーンを使えるかがカギになります。

・乗り換え下取りプログラム

auではMNP乗り換えをすると以前使っていたキャリアのスマホやガラケーを下取りして引き取って、割引をするキャンペーンを行っています。
対象機種はドコモ、ソフトバンクのほぼ全機種になります。
ですが、機種によって下取り金額が変わりまして、例えばドコモとソフトバンクのiPhoneですと最大で25000円割引になります。今回のiPhone7の発売発表後にiPhone6も対象に入り、25000円割引となります。
他にはXperia、Galaxyですと最大で32400円の割引となるので持っているスマホやガラケーを下取りに出すのは必須といえるでしょう。
今回のiPhone7で下取りプログラムを行うかは正式発表されていませんが、下取りプログラムにiPhone6が入ったのでiPhone7も下取りプログラム割引対象機種になるのは間違いないといえるでしょう。
尚、下取りプログラムに出せる携帯は正常に動作することとデータの削除、ロック解除等がされていることが必須で、ドコモのキッズ携帯とソフトバンクのみまもり携帯は対象外となります。
また下取りプログラムを行っているのはauショップとauショップオンラインで家電量販店や携帯ショップでは行っていません。

・J-comクーポン

自宅のテレビがJ-COMと契約をしている人はauにMNPをするとお得になります。
auはau光の回線である「auひかり」をJ-COMと提携をしている関係でJ-COM加入者にお得になるキャンペーンを行っています。
その一つがJ-COMクーポンといわれていまして、機種変更などで利用できるクーポンが自宅に送られてきます。
MNPの場合ですとauスマートバリュー利用者ならば最大で15000円分ポイント還元になりますが、auスマートバリュー利用者でない場合は5000円分還元とかなり差が開きます。
そうなりますと、auスマートバリューを利用したいところですが、利用するためには

  • au光加入者
  • eo光加入者
  • J-COM利用者

これらのサービスに加入している人がMNP加入時にauスマートバリューに加入すると後日auウォレットプリペイトにポイント還元されます。
これらのサービスに加入していない人は最大で5000円分となります。
このクーポンはJ-COM加入者ではない場合はどうやって入手したらいいのか?
一番手っ取り早いのはネットオークションです。
ネットオークションで「au クーポン」で検索すれば出てきますのでそこから入手するのが早いです。
他には自宅の近くにJ-COMショップがある人はラッキーです。
J-COMショップへ行き「au契約時に使えるクーポンをください」と言えば貰えるそうですので探してみるのもいいでしょう。
○J-COMショップ検索
http://shop.jcom.co.jp/
後はJ-COMの営業所などに問い合わせてみると貰える場合もあります。
eo光の電話サポートでも入手できるケースもあるそうですが、eo光内で周知されていないらしく、オペレーターに「ない」と言われる場合もあるそうですので、eo光から入手する場合は存在を確認してからにしてください。
このJ-COMクーポンは以前は即日キャッシュバックを行っていたそうですが、あまりにも不正利用者が増えたため現在は後日ポイント還元のみとなっています。

・JCBクーポン

これは携帯電話の支払いをJCBに加盟しているクレジットカードを持っている人にお得になるキャンペーンです。
2016年9月20日までにJCBのサイトから登録をして、
https://www.jcb.co.jp/campaign/c16_025au_coupon.html
JCBのクレジットカード番号を入力すると機種変更だけではなく、MNPでも利用できる5000円割引となるクーポン券がもらえます。
その際に条件としてauの「誰でも割り」か「誰でも割りライト」に申し込む必要があります。
申し込んだ後にクーポン券をプリントアウトするか、スマホやタブレットの画面を店頭で見せるだけになりますので気軽に応募できて割引されるキャンペーンです。
しかし、ここで注意してほしいのがJCB加盟のクレジットカードでも対象外のカードがあります。
JCBプリペイト、法人名義のカードは対象外です。
http://campaign.jcb.jp/pop/c16_025au_coupon.html
ここに対象のカード会社が載っていますが、楽天カードは対象外です。
自分のクレジットカードがJCBに加盟していても利用できないかもしれませんので上記URLにて確認をしてから申し込みをしましょう。

・auから送られる「金クーポンと銀クーポン」

thumbs-up-926080_1280-1024x681

ネット上では有名なauの割引クーポンの中でも一番大きいクーポンになるかもしれません。
それが金クーポンと銀クーポンです。
金クーポンと銀クーポンともにauを利用している人、過去に利用していた人にランダムに送られてきて、どういった基準で送られてくるか全く不明のクーポン券です。
auを10年継続利用していても送られて来ない人もいれば、過去に1年程度利用していた人で送られて来たことがある人や、毎年送られて来る人もいたりでこのクーポンは無料で入手するのがとても難しいクーポンといえます。
後はローソンの「Ponta」のクレジットカード会員になっていると届くこともあるそうです。
Ponta会員でも誰に送られてくるかランダムなのでPonta会員の方は待つしかありません。
その金クーポンと銀クーポン、先ずは金クーポンと銀クーポンの違いからご説明します。

「金クーポン」

一枚で20000円分auの本体値引きや現金、商品券でキャッシュバックされます。
ただしこの金クーポンはクーポン券にauを利用していた時の電話番号が書いていて紐づけをされているので本人以外の利用が難しくなっています。

「銀クーポン」

これはauから「ご家族様向け」という名目で3枚入っており、最大で20000円分現金や商品券、機種変更やMNPの際の割引にも使えるクーポン券でこちらの需要が高いクーポン券になります。
入手方法はネットオークションしかないでしょう。
ネットオークションで「au クーポン」と検索をすると出てきます。
金クーポンは紐づけされているのでネットオークションでは高くないですが、出品もあまりされていません。
ですが、銀クーポンは時期にもよりますが、15000円前後で取引をされているようです。
MNPでお得に割引をするためにクーポン券を購入するのもおかしな話ではありますが、安く落札できたら他のキャンペーンと併用できますので入手できればかなりお安くMNPができます。
注意してほしい点はクーポンには利用期限があるので利用期限内でのMNPが必須です。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

4.各キャリアの端末価格

【au】

auはiPhone7の発表があってから一番早く価格を発表しました。auの場合は機種変更とMNP・新規契約で値段が変わります。

■機種変更の場合

項目 iPhone7 iPhone7 Plus
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
分割支払金 3,300円×24ヶ月 3,780円×24ヶ月 4,275円×24ヶ月 3,870円×24ヶ月 4,365円×24ヶ月 4,860円×24ヶ月
(支払い総額) (79,200円) (90,720円) (102,600円) (92,880円) (104,760円) (116,640円)
毎月割月額 -2,445円×24ヶ月 -2,445円×24ヶ月 -2,445円×24ヶ月 -2,445円×24ヶ月 -2,445円×24ヶ月 -2,445円×24ヶ月
(最大2年間総額) (-58,680円) (-58,680円) (-58,680円) (-58,680円) (-58,680円) (-58,680円)
実質負担額 855円×24ヶ月 1,335円×24ヶ月 1,830円×24ヶ月 1,020円×24ヶ月 1,515円×24ヶ月 2,415円×24ヶ月
(実質負担額総額) (20,520円) (32,040円) (43,920円) (34,200円) (46,080円) (57,960円)

■MNP・新規契約

項目 iPhone7 iPhone7 Plus
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
分割支払金 3,300円×24ヶ月 3,780円×24ヶ月 4,275円×24ヶ月 3,870円×24ヶ月 4,365円×24ヶ月 4,860円×24ヶ月
(支払い総額) (79,200円) (90,720円) (102,600円) (92,880円) (104,760円) (116,640円)
毎月割月額 -2,850円×24ヶ月 -2,850円×24ヶ月 -2,850円×24ヶ月 -2,850円×24ヶ月 -2,850円×24ヶ月 -2,850円×24ヶ月
(最大2年間総額) (-68,400円) (-68,400円) (-68,400円) (-68,400円) (-68,400円) (-68,400円)
実質負担額 450円×24ヶ月 930円×24ヶ月 1,425円×24ヶ月 1,020円×24ヶ月 1,515円×24ヶ月 2,010円×24ヶ月
(実質負担額総額) (10,800円) (22,320円) (34,200円) (24,480円) (36,360円) (48,240円)

【ソフトバンク】

SOFTBANKもau同様に機種変更の場合とMNP・新規契約で端末の値段は変わってきます。

■機種変更の場合

項目 iPhone7 iPhone7 Plus
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
分割支払金 3,670円×24ヶ月 4,160円×24ヶ月 4,660円×24ヶ月 4,160円×24ヶ月 4,750円×24ヶ月 5,250円×24ヶ月
(支払い総額) (88,080円) (99,840円) (111,840円) (99,840円) (114,000円) (126,000円)
毎月割月額 -2,815円×24ヶ月 -2,825円×24ヶ月 -2,830円×24ヶ月 -2,735円×24ヶ月 -2,830円×24ヶ月 -2,835円×24ヶ月
(最大2年間総額) (-67,560円) (-67,800円) (-67,920円) (-65,640円) (-67,920円) (-68,040円)
実質負担額 855円×24ヶ月 1,335円×24ヶ月 1,830円×24ヶ月 1,020円×24ヶ月 1,515円×24ヶ月 2,415円×24ヶ月
(実質負担額総額) (20,520円) (32,040円) (43,920円) (34,200円) (46,080円) (57,960円)

■MNP・新規契約の場合

項目 iPhone7 iPhone7 Plus
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
分割支払金 3,670円×24ヶ月 4,160円×24ヶ月 4,660円×24ヶ月 4,160円×24ヶ月 4,750円×24ヶ月 5,250円×24ヶ月
(支払い総額) (88,080円) (99,840円) (111,840円) (99,840円) (114,000円) (126,000円)
毎月割月額 -3,220円×24ヶ月 -3,230円×24ヶ月 -3,235円×24ヶ月 -3,140円×24ヶ月 -3,235円×24ヶ月 -3,240円×24ヶ月
(最大2年間総額) (-77,280円) (-77,520円) (-77,640円) (-75,360円) (-77,640円) (-77,760円)
実質負担額 450円×24ヶ月 930円×24ヶ月 1,425円×24ヶ月 1,020円×24ヶ月 1,515円×24ヶ月 2,010円×24ヶ月
(実質負担額総額) (10,800円) (22,320円) (34,200円) (24,480円) (36,360円) (48,240円)

【ドコモ】

ドコモは機種変更、MNP、新規契約全て同じになります。

項目 iPhone7 iPhone7 Plus
32GB 128GB 256GB 32GB 128GB 256GB
分割支払金 3,429円×24ヶ月 3,915円×24ヶ月 4,401円×24ヶ月 4,023円×24ヶ月 4,509円×24ヶ月 4,995円×24ヶ月
(支払い総額) (82,296円) (93,960円) (105,624円) (96,552円) (108,216円) (119,880円)
毎月割月額 -2,322円×24ヶ月 -2,322円×24ヶ月 -2,322×24ヶ月 -2,349円×24ヶ月 -2,349円×24ヶ月 -2,349円×24ヶ月
(最大2年間総額) (-55,728円) (-55,728円) (-55,728円) (-56,376円) (-56,376円) (-56,376円)
実質負担額 1,107円×24ヶ月 1,593円×24ヶ月 2,079円×24ヶ月 1,674円×24ヶ月 2,160円×24ヶ月 2,646円×24ヶ月
(実質負担額総額) (26,568円) (38,232円) (49,896円) (40,176円) (51,840円) (63,504円)

iPhoneの場合は各キャリアはこのサービスを利用することが必須となっていることが多かったのですが、現在では各キャリアでも安い利用料金になってきています。
MNP乗り換えでauに変更した場合、下取りプログラムを利用しない場合ですとスーパーカケホとデータ定額5(月5GB)で端末代金分割込みで月7552円になります。下取りプログラムを利用するとiPhone6で月6652円まで下がります。
LTEプランとLTEフラットですと下取りプログラムを利用しないで月端末代金分割込みで7480円ですので、下取りプログラムの利用は絶対にしたいところでしょう。
それにプラスでキャンペーン利用で本体の値段をどれだけ値引きできるかで利用プランは変わってきますので絶対にキャンペーンを利用して少しでも月々の利用料金を下げていきましょう。

まとめ

ここまで主にiPhone7でauにMNPをするとお得になるキャンペーンを中心にご紹介しました。
iPhone7発売を機にMNPをしてみたいという方にはお得になるキャンペーンが現時点(2016年9/10)でもこれだけあります。
現時点(2016年9/10)ですとiPhone7でauにMNPに乗り換えをすると確実なのは10800円をベースになっていること。
これにクーポンや下取りキャンペーン次第で30000円前後の割引や、後日15000円分のポイント還元されるのでポイント還元を加えると最大で45000円分お得になります。
これから発売日までにMNPに関するお得な情報が出てくる可能性があるので出てきたら更新をしていきますので見逃さないでください。
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

月29日追記情報

auのiPhone7とiPhone7プラスはジェットブラックですと双方とも在庫は厳しい状況ですが、auショップや家電量販店ですとiPhone7であれば在庫が出てきています。
auショップの在庫状況はショップに問い合わせするのが確実ですが、家電量販店ですとヤマダ電機とヨドバシカメラではオンラインで在庫状況を確認できますのでオンラインで確認してからMNPをするのを考えましょう。
・ヤマダ電機オンライン
http://www.yamada-denkiweb.com/site/wspecial/apple_zaiko_iphone7.html
・ヨドバシドットコム
http://www.yodobashi.com/ec/feature/470025/index.html
9月29日現在では、家電量販店でもauショップでもiPhone7であれば色さえこだわらなければ当日で入手できる状況になってきています。

MNPで使える追加のキャンペーン

auへのMNPですと、これはキャリアの発表であったように下取りプログラムを利用したiPhoneかえ得キャンペーンというのが発表されていて、適用されるのはauショップとauショップオンラインのみになります。
auの下取りプログラムは他社のスマホでも下取りされるのは上述した通りですが、これはiPhoneを利用している人はMNPでも適用されるお得なキャンペーンといえるでしょう。
iPhone6sプラスを利用している人は35640円の本体価格値引きされて、iPhone6だと24840円、iPhone5sで22800円本体価格から値引きされ、iPhone4sでも6480円本体価格から値引きをされるのでiPhone利用者はぜひ使いたいでしょう。
かえ得キャンペーンを利用してiPhone7にすると人によっては実質負担額が0円になる場合もあります。
適用条件は
①iPhone(3ヶ月以上ご利用)から機種変更すること
②iPhoneを下取りをすること
③下取りする対象機種は故障、水濡れがなく正常に動作すること
④購入対象機種への機種変更時に「アップグレードプログラム(300円/月(非課税))」に加入すること
以上の4つが条件となり、auウォレットプリペイトカードに3000円分のキャッシュバックも付きます。
元々auにiPhone7でMNPをするとiPhone7の32GBの利用となると本体の実質負担額は10800円とドコモと比較するとかなりお得でしたが、更に安くなるケースも出てくるのでiPhoneを利用している人は使っておきたいキャンペーンでしょう。
他にわかったキャンペーンとしてはKDDIと三菱東京UFJ銀行が行っているじぶん銀行を使ったキャンペーンです。
じぶん銀行の円普通預金口座を持っている人はauオンラインショップで「誰でも割」「誰でも割ライト」「スマイルハート割引」のいずれかに現在ご加入中、または新規でご加入すると機種変更ですと5000円本体価格から値引きですが、新規またはMNPですと10000円本体価格から値引きされます。
これは4GLTE対応のスマホのみですのでiPhone7も対象です。
このキャンペーンを適用するときに提携コードの入力が必要ですが、提携コードは「JIBUN」と非常に簡単です。
それ以上の詳しい申し込み方法は下記のURLにて確認できますのでご確認ください。
http://www.jibunbank.co.jp/campaign/2016/20160808_au/
これは10月30日までキャンペーンは続きますので今からでも間に合います。
じぶん銀行に円普通口座を持っていない人は
http://www.jibunbank.co.jp/account/
ここからオンライン上で口座開設ができますので早く作って利用してしまいましょう。
後は大きなお得になるキャンペーンは正直いってありません。
例えば現在auが力を入れているauウォレットカードに入会をして月々の料金の支払いをウォレットカードにするとauウォレットポイントが最大で7000ポイントがカード発効後に付くといったキャンペーンですが、他のキャリア、例えばドコモでもそうしたカード加入によるポイント還元は行っているので旨みは少ないでしょう。
auは現在auウォレットに力を入れていて、他に行っているキャンペーンは全てauウォレットカードが対象となるキャンペーンになります。
auウォレットプリペイドカードをローソンの店頭で1000円以上チャージをすると抽選で合計300名様に10,000円をプレゼントのキャンペーンをい行っていますがこれもお得ではないと言いませんが、最高にお得とはいえません。
はっきりいいましてauは他のキャリアと比較してMNP向けのキャンペーンが少ないキャリアで、数少ないキャンペーンも突然中止になることがあります。
上述したJ-comクーポンも以前はかなり緩かったそうですが、今では条件も厳しくなっていたりします。
現在あるキャンペーンもいつキャンペーンが終わるのは不透明な部分があるので使えるキャンペーンはすぐに使ってしまうのがいいでしょう。
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-iPhone7, MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.