auから格安スマホにMNPで乗り換える前に知っておくべき全知識

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

今年の春以前に実施されていた他社からの乗り換え(MNP)によりスマホを購入する場合には、高額なキャッシュバックや一括0円などのお得なキャンペーンが頻繁に実施されていたこともあり、これらを活用してお得にauのスマホを利用されてきた方も多いのではないでしょうか。

しかし、これらのキャンペーンも1年や2年の区切りの度に割引額が減少したり、割引期間が終了したりするなどの理由により、購入当初に比較すると高額な利用料金が発生している。あるいは機種変更を検討しているが、以前ほどお得ではなくなってしまうことで安くなる方法を模索しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他社への乗り換え(MNP)の選択肢といえばドコモやソフトバンクなどの大手キャリアが一般的でしたが、最近では格安料金で利用することができる格安SIMを販売しているMVNOと呼ばれる通信事業者を選択する利用者も増加しつつあります。ここではauから格安スマホにMNPで乗り換える前に知っておくべき全知識を紹介しています。

現在auのスマホを利用していて、格安スマホへの乗り換え(MNP)をお考えの方は是非参考にしていただけたらと思います。

 

MVNOについて

mvno

まずは格安スマホを利用する際に必要となる格安SIMについて触れておきます。通信事業者には大きく分けると以下の二通りになります。

  • 移動体通信事業者(MNO)
  • 仮想移動体通信事業者(MVNO)

移動体通信事業者(MNO)とは基地局などの通信インフラを独自に所有している事業者であり、日本国内ではドコモやau、ソフトバンクなどの大手携帯電話キャリアがそれにあたります。

そして、仮想移動体通信事業者(MVNO)とは移動体通信事業者(MNO)の所有する通信インフラを利用し、利用した分について利用料金を支払うことで通信事業を行う業者であり、格安SIMを提供している多くのキャリアがこれにあたります。

仮想移動体通信事業者(MVNO)は独自に通信インフラへの投資をする必要がないことから、格安料金でサービスを提供することができるという特徴があります。このMVNOが提供している通信用のSIMカードが格安SIMになります。

主なMVNOの事業者には以下のようなものがあります。

(ここでは音声通話に対応したMVNOをピックアップし、掲載している料金は音声通話付きプランの最安プランの価格となっております。)

◇主なMVNOと料金など

サービス名称 系列 料金 初期費用
b-mobile ドコモ  1,980円 3,000円
BIG SIM ドコモ  1,600円 3,000円
BIGLOBE SIM  ドコモ 1,400円 3,000円
DMM mobile  ドコモ 1,140円 3,000円
FREETEL  ドコモ  999円 3,000円
IIJmio  ドコモ  1,600円 3,000円
LINE MOBILE  ドコモ 1,200円 3,000円
mineo ドコモ・au  1,400円(ドコモ)
1,310円(au)
3,000円
NifMo  ドコモ 1,600円 3,000円
OCN モバイル ON  ドコモ 1,600円 3,000円
So-net  ドコモ 700円〜2,300円 3,000円
TONE  ドコモ  1,953円 4,500円
U-mobile  ドコモ  1,480円 3,000円
UQ mobile  au  1,980円
YAMADA SIM  ドコモ 1,480円 3,000円
イオンモバイル  ドコモ  1,180円 3,000円
エキサイトモバイル  ドコモ  1,200円 3,000円
スマモバ  ドコモ  1,580円 3,000円
ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE ドコモ 1,204円 3,000円
楽天モバイル  ドコモ  1,250円  3,394円

 

通信回線には2通りある

MVNOはドコモなどの大手キャリアの通信インフラを利用してサービスを展開している通信事業者であることは、先ほどの項目でもふれました。大半のMVNOはドコモの通信回線を利用していますが、mineo、UQ mobileなど一部事業者はau回線を利用してサービスを展開しています。

ドコモ回線を利用しているMVNOが多いことから、より多くのプランを比較して利用方法に適しているプラン選びをしたいという場合にはドコモ系列を選択したほうが有利となります。

ドコモやau、ソフトバンクなどの移動体通信事業者(MNO)では、通信契約を結ぶとともにスマホなどの携帯電話端末を同時に購入することが一般的となっております。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]