au白ロムを買う前に知ろう!白ロムと格安スマホの選び方

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

この日本でも市民権を獲得し始めている格安SIM。この格安SIM登場によりこれまで割高状態が維持されてきたスマホ料金にも価格競争の時代が訪れました。

以前はデータ通信のみサービスしていましたが、現在ではSMSや音声通話に対応した業者も多く、中には音声通話定額(いわゆるかけ放題)やMNP(同一電話番号でのキャリア乗り換え)への対応を始めた業者もあります。

 

しかしこの格安SIM、業者のほとんどがドコモ回線を利用しており、au・ソフトバンク回線のSIMはまだまだ少ないのが現状です。特にauは、他の大手2社とは異なる回線方式を使用しており、端末によってはSIMが対応していない場合もあります。

そのうえ、auは端末ごとにロックをかけている機種があったり、au回線のSIMでもSIMロックを解除しないと使えない機種があったりと、SIMに対する動向が複雑です。

 

ここでは、そんなSIMの過渡期にあるau端末を中心に白ロムおよび格安スマホ(SIMフリー端末)の選び方をご紹介します。

あなたもこの記事を参考に、白ロム・格安スマホを賢く手に入れて上手に運用しましょう。そうすることで、お得なモバイルライフを過ごせるきっかけも一緒に手に入れることができますよ。

 

白ロムとは?

rtm0897

「白ロム」という言葉、なんとなく知っていても正確な意味は分かっていないという方は多いのではないでしょうか。冒頭でも少し触れましたが、改めて「白ロム」についてご紹介します。

「白ロム」とは、電話番号情報が書き込まれていない「真っ白な状態」の携帯・スマホ端末(ROM)のことを指します。

現在、電話番号情報はSIMカードに書き込まれていることがほとんどなので、「SIMカードが入っていない状態の端末」と言い表すこともできます。

 

白ロムは携帯電話ショップでは販売しておらず、リサイクルショップや中古品を取り扱うショップでのみ販売されています。つまり、日本で販売されている白ロムは一度誰かの電話番号情報を書き込んで消去した「中古品」なのです。

日本に存在している白ロムのほぼすべてが、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれか1社で一度契約されたものです。そのため、他社のSIMカードを使えないようにする「SIMロック」がかかった状態で販売されていることがほとんどです。

 

端末を見れば見分けはつきますが、白ロムを使用する際はどのキャリアの端末であるかきちんと確認した上で使わなくてはいけません。キャリアが異なるとSIMカードが読み込めず利用できない場合があるので、注意してください。

 

 

格安スマホとは?

smartphone-1284501_1920

「格安スマホ」とは、SIMロックが完全にかかっていないSIMフリー状態のスマートフォンのことをいいます。「格安スマホ」という言葉は、これらの端末が携帯電話会社(以下キャリア)より利用料金を安く運用できる「格安SIM」とセットで販売されているところに由来します。

購入時にはSIMカードは入っておらず、電話番号も書き込まれていない状態です。

格安SIMとセットで購入した場合も同様で、SIMは原則自分自身で挿し、使えるよう設定する必要があります。

 

電話番号が書き込まれていないという部分は、白ロムと共通しています。しかし、「新品」として購入できる点、回線方式が対応していればどのキャリアのSIMを挿しても使える点、この2つが白ロムとは異なります。

 

格安スマホでは、海外の現地SIMカードをそのまま挿して使えるという点もポイントです。

日本の大手キャリアが提供している海外ローミングプランでもパケット定額サービスは用意されていますが、設定が大変。現地SIMなら、SIMを入れ替えて格安SIM同様の設定を行うだけですぐに利用できます。

SIMカードを2枚挿すことができるデュアルスロットに対応した格安スマホであれば、2種類のSIMを挿したまま設定だけで国内SIMとの切り替えが可能です。

 

海外旅行のような短期滞在ではなくお仕事や留学など長期滞在する場合には、この使い方がおすすめです。

海外ではプリペイドのSIMカードが簡単に購入でき、海外ローミングプランよりも安い現地の通話料・通信料が適用されるためです。また、現地回線をそれぞれの国内で使用していることから、回線が比較的安定しているという安心感もあります。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]