au白ロムを買う前に知ろう!白ロムと格安スマホの選び方

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

 

 

auの白ロムは少ない?

table-1100246_1280

現在、ドコモとソフトバンクではW-CDMAという回線方式、auではCDMA2000という回線方式をそれぞれ使用しています。

SIMロック解除を行っていれば、ソフトバンクの携帯・スマホをドコモもしくはドコモ回線を使用した格安SIM業者のSIMカードで利用することができます。もちろん、SIMロック解除済みのドコモ端末をソフトバンクSIMで利用することもできます。

 

しかしau端末は、au SIMとau回線を使用した格安SIMでしか利用できません。同じ3G・4G(LTE)でも2つの回線方式には互換性がなく、挿してもSIMが読み込めないのです。

ただし、iPhoneは話が別。iPhoneは端末自体が両方の回線方式に対応しているため、auで一度契約した白ロムでもSIMロック解除がされていれば、ドコモやソフトバンクのSIMを挿して使えます。

auのSIMを使って白ロムを利用する場合には、使える端末がある程度絞られてしまう点に注意が必要です。

 

また、auは2012年より前のモデル(4G LTE非対応端末)において端末ごとのSIMロック(以下端末ロック)を実施していました。該当端末の場合、白ロムを買ってもSIMが読み込めず使えません。使えるようにするには、auショップに行き2,000円(税別)払って解除手続を行う必要があります。

こうした手続きの繁雑さから、auの白ロムは敬遠される傾向にありました。

 

しかし、総務省が「SIMロック解除」の指針を打ち出した影響で、4G LTE対応端末からは端末ロックを廃止。

これらの端末では、白ロムであってもau回線の4G LTE対応SIMを挿せば使えるように仕様変更されました。au回線の格安SIMも挿すだけで同様に使えます。これによって、au端末の白ロムも利用しやすくなりました。

 

ただし、4G LTE端末の中でもau VOLTEに対応しているものについては、au SIM以外をロックする仕様となっています。

すなわち、au回線の格安SIMを使う場合であってもSIMロック解除が必要です。現在契約中の端末は手数料無料でパソコンから解除を行えますが、白ロムを持ち込んで解除を行う際は3,000円(税別)の手数料が発生するので、注意してください。

 

なお、auの場合は持ち込んだ本人による契約実績がなくても持ち込みSIMロック解除ができます。他の大手キャリア2社はSIMロック解除を行う際に契約実績を条件にしており、こういった意味ではau VOLTE対応の白ロムは扱いやすいといえますね。

 

このように、auの白ロムは回線の縛りなどから利用できる端末が相対的に他社より少ない、ということが分かっていただけたと思います。

auの白ロムを購入する際は、4G LTEとVOLTEへの対応をしているかどうかに気をつけながら選ぶようにすることを強くおすすめします。

 

 

au回線のSIMでは使えない格安スマホがある

call-71168_1280

先ほどご紹介したとおり、auは他2社と回線方式が異なります。

格安スマホの中には、auが使用している回線方式CDMA2000に対応していない端末があります。そのため、au回線で格安スマホを利用しようと考えている方は、auの回線方式に対応しているか確認した上で購入する必要があります。

 

また、アメリカを中心にauと同じ回線方式CDMA2000を利用しているキャリアもあります。

海外で現地のSIMを利用しようと考えている方は、利用予定の端末がキャリアの回線方式に対応しているか十分に確認した上でSIMを購入しましょう。

もっとも、海外でもCDMA2000を利用しているキャリアは少数派です。海外での利用には、W-CDMAに対応した格安スマホを選んでおいた方が安心です。

 

2016年現在、CDMA2000回線方式のSIMが利用できない主な格安スマホ(SIMフリー端末)は以下のとおりです。すべて日本国内で正式発売されている端末です。

  • エイスース(ASUS) Zenfone 2(ただしZenfone 2 laserはアップデートによりVOLTE対応のau回線で利用可)
  • グーグル(Google) NEXUS 6P、5x (NEXUS 5は通信のみau回線で利用可)
  • フリーテル(FREETEL) KATANAシリーズ
  • シャープ(SHARP) AQUOS Mシリーズ(AQUOSのSIMフリー端末)

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]