au白ロムを買う前に知ろう!白ロムと格安スマホの選び方

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

iPhone 7シリーズは、実は白ロムを買うよりAppleストアでSIMフリーモデルを買った方が現状割安です。

これは、日本のiPhone人気による価値上昇に伴うもの。手に入るカラーが限られてしまい、価格も他のSIMフリーモデルと比べて正直高めです。

 

しかし、それが気にならなければ一度は持ちたいと思わせる、大人気かつ最先端のSIMフリー端末です。

 

 

エイスース(ASUS) Zenfone 2 laser

asus-zenfone2-laser2

出展:https://www.asus.com/jp/

バランスの取れたスペックとアルミ素材の秀逸デザインを両立したSIMフリースマホです。

本端末は、クアルコム製の最新クアッドコアCPU「Snapdragon™410」を搭載。高速パフォーマンスと省電力に貢献しています。

カメラはf値2.0の1,300万画素。カメラの隣から出てくるレーザー光をオートフォーカスに用いる「レーザーAF」機能を搭載し、薄暗い場所でもすぐにフォーカスを合わせられます。

 

全色「大人」を感じさせるカラーリングで、特に背面は高級感を感じさせます。画面が5インチと大きめでありながらも、狭縁画面や背面に丸みを持たせたボディなど工夫されたデザインにより、持ちやすく仕上げている点にも注目です。

SIMスロットはmicro SIMカードを2枚挿せるデュアル仕様となっており、いずれも3G回線に対応しています(片方はLTEにも対応)。

この端末はau回線含め回線方式がCDMA 2000のSIMでは通話不可となっていましたが、アップデートによりau VOLTE回線に対応しました。UQ mobileでも販売を開始したので、ますます市民権を得る端末になっていくことでしょう。

 

モトローラ(MOTOROLA) Moto G4 Plus

motorola-moto-g4-plus

出展:https://www.motorola.com/us/home

携帯電話の老舗メーカーである、モトローラのSIMフリースマホです。

日本では参入と撤退を繰り返していますが、海外では昔から一定の人気を保っています。最大の特徴は、日本国内で販売されているスマホで初めて搭載された「デュアルSIMデュアルスタンバイ」機構。2種類の回線を同時に利用でき、必要に応じた回線の使い分けを可能にしています。

LTE対応は片方だけになりますが、どちらのSIMスロットも3G回線が使えます。そのため、日本のキャリアSIMを同時利用するという使い方もOKです。

ただし、この端末はauが使用している回線方式CDMA2000での通話ができないため、SIM選びに注意してください。

 

 

まとめ

かつての白ロムニーズは「この機種を使ってみたい!」という機種指名利用ニーズや「故障時の予備として持っておきたい」というサブ機ニーズがほとんどでした。

しかし、今日では「新品だと高いから中古で使いたい」という価格面によるニーズも存在します。フィーチャーフォンからスマホへとモバイル端末の主体がシフトし、端末料金が高くなったことも影響していると考えられています。

 

そこに、利用料金が安く抑えられる格安SIM市場が活性化。

これにより、白ロムニーズはさらに拡大する傾向にあります。白ロム端末を売買できる店舗がスマホの普及に併せて拡大してきたことも、白ロム市場活性化に一役買っていますね。

一方、簡単に売買できてしまうことにより、赤ロムとなった端末が増えてしまったことも事実です。

 

今回ご紹介した内容を読んでいただき、皆さんが満足できるような白ロム・格安スマホ選びができたら幸いです。

回線・SIMの種類・端末による対応の有無に十分気をつけながら、選ぶようにしましょう。特に、au回線は色々と制限がありますので、注意してくださいね。

 

関連記事

auから格安スマホにMNPで乗り換える前に知っておくべき全知識

auスマホ おすすめ新機種ランキング10選!料金・価格も比較します!

au機種変更の全方法|超お得なキャンペーン・クーポン活用法まとめ!


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない