業界最安級!2017年b-mobileの評判・使い心地を徹底的に調査しました

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

nokia-623939_960_720

「混んでる時は、ネットに繋げないって聞いたんだけど…」

「安すぎるけど、本当に大丈夫?」

 

そんな噂でいっぱいのb-mobile。2010年からSIMフリーのスマホを発売しはじめ、7年経った現在はどうなのか…。

料金が安いだけでなく、しっかりネットにつなげるか。使い心地は快適か、正直気になりますよね。


本記事では、そんなb-mobileの現状や、インターネット・スマホの使い心地。料金のホンネなどについて、詳しくご紹介します!

 

目次一覧

1.b-mobileのSIMとは?

1-1.業界最安級のSIM

1-3. XiとFOMA、全国で快適なインターネット

1-2.通信規制に嬉しい「おかわり」アリ

  1. b-mobile×ソフトバンクなSIMも取扱い中!

2-1.最安は880円から

2-2.iphoneなど選べる約22機種

2-3.b-mobileをソフトバンクで使うための方法

3.大容量プラン「b-mobile 25GB」について

3-1.月々2,380円~3,180円

3-2.b-mobileの無料通話が利用できる

3-3.注意:解約時に8,000円かかる場合も

  1. b-mobileの評判は良い?悪い?

4-1.インターネットの通信が微妙

4-1-1.【解決策】Wi-Fiに繋げば快適との意見も

4-2.サポートの対応がイマイチ

4-3.安くて満足との意見も

4-4.総評:リーズナブルさを重視したい時にピッタリかも?

  1. もしb-mobileを解約したくなったら?

5-1.手続きの必要・不要の確認を

5-2.解約をするまでの流れ

5-3.【注意】 4ヶ月以内・MNP転出時には8,000円かかる

  1. b-mobileの「プリペイドSIM」とは?

6-1.契約せずに気軽に使えるSIM

6-2.おすすめは1~12ヶ月で選べるタイプ

6-3.経費に落とすことも可能に

7.番外編:ルーター・b-mobile4G Wi-Fi3について

7-1.本体価格は19,850円~

7-2.最大で10台まで同時につなげる!

7-3.b-mobileSIMなら、設定など面倒くさいことは不要!

8.節約したい人に検討してほしいb-mobileのSIM

 

1.b-mobileのSIMとは?

mobile-phone-1595731_960_720

 

元々「格安」なSIMフリー業界のなかでも、最大級の安さを誇っているというb-mobile。

そんなb-mobileですが、一体どのようなタイプのSIMなのか。

 

また、業界でも最安級とされる料金プランはどのようなものなのか。

この項目で詳しくご紹介いたします!

 

1-1.業界最安級のSIM

 

b-mobileの特徴は、業界内でも比較的安いSIMです。

まず、データSIMプランの料金は、1GBで税抜500円ほど。

 

この料金は、同業界・人気メーカーと比べても、比較的上位の安さと言えそうです。

 

【格安SIM・1GBプランでの料金】

会社名 1GBあたりの料金 備考
LINEモバイル 500円 データプラン
DTI 600円 データプラン
mineo 800円 データプラン
スマートモバイル 1,580円 音声プラン

 

ちなみに、キャリア機種であるドコモは、同じデータ量のプランで1,000円。

auの場合は、2,900円とのことでした。

(※2017年 5月現在)

 

最大で約6分の1ほどの価格で利用できるのも、格安SIM・b-mobileの魅力と言えそうです。

 

1-2. XiとFOMA、全国で快適なインターネット

 

b-mobileのインターネットは、NTTドコモのFOMAネットワークです。

FOMAとは、第3世代通信の1つで、いわゆる3G・LTEなどの比較的高速なインターネットが使用できるタイプなのだとか。

 

ちなみに、FOMA沿岸エリア・FOMAサービスエリア・FOMAプラスエリア・Xiエリア・FOMAハイスピードエリア等、幅広いエリアにて、インターネットを使うことができるようになっています。

 

格安SIMと言えば、心配なのはインターネット。

せっかくスマートフォンを持っていても、仕事・趣味・連絡etc…。

 

さまざまな連絡が滞るのは、正直困っちゃいますよね。

b-mobileは、格安SIMとしては、繋がりやすい・速いといったタイプのインターネットが使用できるのではないかと思います。

 

1-3.通信規制に嬉しい「おかわり」アリ

 

b-mobileで嬉しいのは、5GBまでは使った分だけ支払うシステムであること。

つまり、通信規制によるインターネットの遅化を防ぐために、1GB+使った分(=おかわり)が、月額料金となっています。

 

スマートフォンでインターネットを使っていると、困ってしまうのがデータ容量。

うっかりゲーム・音楽・動画、そしてSNSを使っていると、あっという間にインターネットでデータを使ってしまった…。

 

なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]