iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

b-mobile japanの評判が悪いのは速度だけ?いろいろなSIMをご紹介!

投稿日:

皆さん、格安スマホを使っていますか?
格安SIMやMVNOの台頭により、格安スマホを使うことは全然珍しいことではなくなってきましたよね?
最近では、格安SIMでも高速データ通信が無制限で使えるMVNOもでてきました。

その中でどこよりも早くb-mobile japanが高速データ通信を初めています。
その一方で、その速度に対して、評判があまり良くないのです!
ここでは、格安SIM業界の革命児であるb-mobile japanのいろいろなプランやSIMを紹介するとともに、その速度の是非について合わせて紹介していきます。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.b-mobile japanは速度が遅いって言われるけど、いろんなチャレンジで努力している!
2.b-mobile japanってどんなMVNOなの?
2.1 b-mobileは格安スマホの第一人者
2.2 評価が結構悪いけど大丈夫!?
2.3 特徴なのは高速データ通信とおかわりSIM
2.4 日本通信はどんな会社?
3.b-mobile japanのプランをチェックしてみよう
3.1 過去にはいろいろなプランを打ち出していた
3.2 高速定額がb-mobile japanを有名にした
3.3 5段階定額って何?おかわりSIMのこと?
4.高速データ通信無制限って必要?
4.1 動画を見るには適している?
4.2 どれくらいの時間見てる人向き?
4.3 音楽などのストリーミングなら高速は不要かも
5.b-mobile japanの高速データ通信は評判が悪いって本当!?
5.1 高速じゃない!
5.2 動画が遅い!
5.3 遅いのはアプリケーションだけかも!?
5.4 他の高速データ通信にしちゃいたくなる
5.5 おかわりsimも向いている人といない人がいるかも
6.いろいろなSIMのあるb-mobile-japan
6.1 携帯電話だけのSIMもある
6.2 プリペイドSIMもある
6.3 ゲームもできちゃう
6.4 イオン専用SIMも不評
7.b-mobile japanの総合評価はどうなる?契約してもいいの?
7.1 通信速度はオススメできない
7.2 端末が少ないから微妙
7.3 今後に期待するしかない
8.まとめ
 

1.b-mobile japanは速度が遅いって言われるけど、いろんなチャレンジで努力している!

mobile-616012_960_720
今では格安スマホをもつことはそれほど珍しいことではなくなってきており、どのMVNOで契約するか、どんなおいしいプランで得をするかって時期だと思います。
そんな中b-mobile japanという会社を知っていますか?
今でこそ多くのMVNOが参入してきている格安スマホ業界ですが、その中でどこよりも早く高速データ通信を初めたり、無制限プランに着手しているのです。
その一方で、残念なことに、通信速度において、評判があまり良くないのです!
でも皆さん!そもそも格安スマホで通信速度に満足していますか?評判のいいMVNOってそんなにありますか?
ここでは、最近ではあまり知られなくなりつつあるb-mobile japanのいろいろなプランやSIMを紹介するとともに、その速度の是非について紹介していきます。

2.b-mobile japanってどんなMVNOなの?

ipad-975408_640

2.1 b-mobileは格安スマホの第一人者

b-mobile japanは、格安SIMの草分け的存在であり、今でこそ格安スマホが流行り、いろいろな会社で格安SIMが提供されていますが、それ以前からMVNOにチャレンジしている会社です。
イオンと組んで、格安スマホという文化の知名度、人気度のアップに貢献した会社といえるでしょう。
今までにもいろいろなプランを経験していることで、一見するととてもお得なプランを用意しているMVNOです。
ついつい大手格安SIMに目がいきがちですが、ここでは日本通信が早くから手をかけているb-mobile japanについて紹介します。

2.2 評価が結構悪いけど大丈夫!?

b-mobile japanにするかどうかで悩んでいる時に、インターネットの口コミなどをみてると、結構b-mobile japanの評判が悪いことを目にします。
これって、当然格安SIMを選ぶ上では、とても気になることですので、何で評判が悪いのか?を徹底的に調べることが望ましいでしょう。
よくあるのが、”速度が低速化してしまうことが多い”、”料金が高い”、”プランがお得じゃない”などのことだと思いますが、b-mobile japanの苦情は何が多いのかを、ここでは紹介していきます。

2.3 特徴なのは高速データ通信とおかわりSIM

b-mobileの特徴は、何と言っても高速データ通信の無制限プランと、おかわりSIMという使ったデータ量で月額料金が変わるプランです。
また、無制限プランは他の会社でもいろいろでていますが、b-mobile japanのプランは1980円と格安なのも売りです。
ぷららモバイルLTEやU-mobileなどでも無制限プランは存在していますが、それぞれ、2980円、2480円となっており、料金もだいぶ安くなっています。
一方、おかわりSIMは、使ったデータ量で月額料金が変わる従量制のプランとなっています。
その月々で1GBだったらそれに対する料金、3GBだったらそれに対する料金となっており、使っただけの料金なんで残りのGBなどを気にせず、使えます。
弱点は余ったデータの繰越はできないので結局どのGBで値段が変わっているかは把握しておいて、その中で使い切るのが得になります。

2.4 日本通信はどんな会社?

b-mobile japanを経営している日本通信は、1996年に新たなモバイルサービス事業のあり方を提示するため誕生しています。
その後、2009年にDocomoとの相互接続により”MSO事業モデル”を完成し、総務省の携帯市場のオープン政策により、メーカーなどがキャリアに依存することなくビジネス展開できるよう携帯通信を提供し続けています。
自社のb-mobileブランド製品を提供するMVNO事業以外にも、メーカーやインテグレータ他のパートナー企業に提供するMVNE事業を展開しています。
 

3.b-mobile japanのプランをチェックしてみよう

gahag-005682

3.1 過去にはいろいろなプランを打ち出していた

b-mobile japanは格安SIMにおいて、その歴史の長さから、数多くのユニークなプランを打ち出してきました、中には、あまり良くないプランなどもありましたが、代表的なものが以下になります。
<b-mobile japanの過去プラン>

Platinum SIM、携帯電話SIM、イオン音声通話SIM、PAYG SIM
データ通信月額課金サービス、Platinum Data SIM、b-mobile X SIM、
b-mobile4G PairGB SIM、b-mobile4G 基本料0円 SIM、b-mobile4G アマゾン限定 高速定額
ヨドバシカメラ格安スマホセット

これらのプランはどれも過去であり、今はなくなっていますが、その当時は画期的なだったものもあり、今では名前を変えて生まれ変わっているものもいくつか存在しています。
何が言いたいかと言いますと、b-mobile japanは数々の経験をしてきて、成功や失敗を繰り返しながら新たなプランをいつも構築してきているとうことです。
そのため、プラン自体は常に消費者に向けてお得なプランを考案しています。

3.2 高速定額がb-mobile japanを有名にした

b-mobile japanがネットなどでも評判になるのは、高速データ通信定額サービスがあるからなんです。
この定額でネットが楽しめる”b-mobile 高速定額”は、毎月の使用量がある程度わかりきっている方や、データ量を気にしないでネットを楽しみたい方にオススメのプランです。
月額基本料は、1180円となっており、音声付き(3GB)になると1980円となります。
さらにこれを高速定額の使い放題にしても1980円でここに音声を付けても2780円ですみます。
値段だけ見るととても安いプランとなっています。事実上、高速定額ではデータ量の制限なくネットを利用することが可能です。
超過することもないので、何も気にせずインターネットなどを楽しむ方にオススメなんです。

3.3 5段階定額って何?

5段階定額とは、おかわりSIMにおいて適用されている、5段階で料金が変わる定額制になります。
例えば、データ通信専用SIMなら、500円で1GBまでの高速通信が使えて、それ以降は超えても契約変更不要で1GBごとに250円おかわり追加されることをいいます。
以下がその5段階ごとの流れです。

1GBまで 500円 SMSあり630円 音声付き1300円
2GB 750円 SMSあり880円 音声付き1550円
3GB 1000円 SMSあり1130円 音声付き1800円
4GB 1250円 SMSあり1380円 音声付き2050円
5GB 1500円 SMSあり1630円 音声付き2300円

名前の由来は1GBを超えるごとに250円払ってデータ通信量を”おかわり”することから名付けられており、便利なのは特に 契約変更なども不要で自動的に追加されることです。
つまり、この5段階定額とは”おかわりSIM”によるプランのルールということになります。
これもまたb-mobile japanの特徴的なプランの1つです。
つまり、おかわりSIMとは、従量制で料金が発生するプランであり、使用したデータ量に応じて支払う料金が変わる単純なプランです。
b-mobile japanでは開通日が決済日となっているので、決済日までに利用していたデータ量によって料金が決まってきます。
気をつけなければならないは、5GBを超えてしまった場合です、この場合には、上り下りともに200kbpsにまで制限されます。
そのため、あらかじめ5GBを超えることが決まっているのであれば、Turbo Chargeというサービスプランが別であるのでそちらで対応しましょう。
 

4.高速データ通信無制限って必要?

smartphone-569076_960_720

4.1 動画を見るには適している?

高速データ通信無制限のメリットはやっぱり、動画をたくさん見る場合です。
YoutubeやHulu、Netflixなどの動画を再生するにはデータをたくさん使うことは皆さんもなんとなくわかると思います。
1日平均1時間も動画を見ない場合は、月5GBくらいでも十分かもしれません。
しかし、1日平均2時間以上見る場合には、データ量が10GBを平気で超えてきますので、無制限で使えるプランが必要になると考えてよいでしょう。

4.2 どれくらいの時間見てる人向き?

上でもあげたペースで考えれば、毎日動画を1時間以上見る場合に無制限プランに入ってしまっておいた方が無難でしょう。
高速データ通信が無制限に使えるプランは、Youtube、Hulu、Netflixなどの動画を長時間視聴するためにあるようなものです。
結局のところ、格安スマホで最もデータを使ってしまうのも動画で、動画を1時間見るだけでデータを200MBから400MBほど使うので、平気で、月10GB近くのデータを使ってしまいます。
月10GB以上のプランはどこも高いので、b-mobile japanの無制限プランなら理論上は気にせず使えます。
しかし、そこでネックになってくるのが低速化です。
低速化するとほとんど動画がスムーズじゃないので、無制限プランを信用できないのであれば、大容量のプランなどを他社で探した方が良いかもしれません。

4.3 音楽などのストリーミングなら高速は不要かも

結局のところ、ちょっと音楽を聴いたり、youtubeをちょこっと覗くくらいならば高速データ通信はあまり必要ないかもしれません、低速のプランでも全然ネット閲覧くらいはできます。
Google Play MusicやApple Music等の音楽ストリーミングであれば、データを消費しない200kbpsの低速モードでも全然可能なんです。
計算上は、音楽ストリーミングサービスを毎日1時間聴くとデータを月2.4GB消費しますが、これを全て低速モードで聴いたのであれば、データ消費はゼロなんです。
動画をほとんど見ない人は、賢く低速モードを活用しましょう。
 

5.b-mobile japanの高速データ通信は評判が悪いって本当!?

phone-×_640

5.1 高速じゃない!

一番聞く、b-mobile japanの評判がこれです。
残念なことに高速通信無制限プランであるにもかかわらず、高速じゃないと言われています。
多くのユーザーからの評判でそのように言われているので、おそらく正しいことでしょう。
理論上はそうならないプランなのですが、かなり遅くなるようです。
ただし、格安 SIM業界では、無制限といいながら制限されているくらい遅くなったりすることが結構あるので、そのような心配がある人は、大手キャリア携帯に戻ることをオススメします。

5.2 動画が遅い!

こちらも高速じゃないと同じくらい言われる、動画が遅い!です。
これは、結局のところ高速じゃないということと同義語で、原因は制限がかかっていたり、理論上の高速データ通信になっていないことが原因です。
しかし、これでも開業当初に比べれば、b-mobile japanのスピードも評判は良くなってきているのでもう少し様子を見ても良いかもしれません。
また、アプリなどで通信速度を測るとb-mobile japanのスピードはそれほど遅くなっていないようです。
あくまで噂ですが、なぜか、youtubeなどの動画を見るときだけ通信規制が起こっているということになっていますが、真偽のほどはまだわかっていません。

5.3 遅いのはアプリケーションだけかも!?

よく言われていることとして、ファイル交換などのアプリケーションでは制限がかかっているということです。
これには一応理由があり、ファイル交換の場合には、主に違法に音楽や映画などをダウンロードしているので、制限をかけているそうです。
また、その場合には大体大容量のダウンロードが行われているので、それを制限しないと他のデータ通信に影響が起きるから、そうせざるを得ないのかもしれません。
それでも大手キャリアでは、そのようなことをせず、常に高速なので、これも格安SIMを扱うMVNOの会社規模の問題かもしれませんね。

5.4 他の高速データ通信にしちゃいたくなる

残念なことにここまで速度について散々言われていると契約している人もついつい他の会社のプランに目移りしちゃいますよね。
高速データ通信が無制限に使えるプランは、b-mobile japanの他にも、先にも申し上げたようにぷららモバイルLTE、U-mobile、UQ mobileなどでも提供されています。
ところが、どうやら他社の無制限プランにもいろいろな問題があるようで、ズバリどこも通信速度が遅くなってしまっているようです。
もしも、その噂が本当だとしたら、料金はb-mobile japanが一番安いのでこちらにしておいた方が良いかもしれませんね。
あとは、どの時間帯に遅くなるかで判断すれば良いのですが、遅くなる時間帯はどの会社もまちまちなようですので、あとは、相性と料金になるのではないでしょうか。

5.5 おかわりsimも向いている人といない人がいるかも

おかわりSIMが、b-mobile japanの特徴なので、これが向いてるかどうかが重要なポイントになってきますね。
おかわりSIMが向いてる人は、例えば、まずは、ネット料金を安く済ませたい人ですね。
最小限でいいなら、月500円で済むので最高に安くなります。
次に、普段は少ししか使わなくて、たまーに、旅行などで多めに通信するという人にも向いています。
使わない月は格安でセーブして、使う月は使いまくっても、契約を変更などしなくてもいいのでとても便利ですね。
あとは、スマホ以外にもタブレットやパソコンから繋ごうとする人です。
この場合には、それこそ通信料に月ごとにバラツキが出て当たり前だと思うので、おかわりSIMで従量制で変動する方がメリットが多いでしょう。
向いていない人は、ズバリ、少しでもケチろうとして、今どれだけ使ってるかを気にしながら生活指定しまう人でしょうね。
もともとおかわりSIMは、使いたいだけ気にせず使って、結果的に使っていた量に見合った額を払うという制度なので基本的には損はないのです。
これは、余ったデータが繰越できないので従量制の節目の部分で上がる前のところで止めたいという人がいるからです。
そこまでケチりたい人は、もっと自分の使う量を見定めて、決まった額で決まった量のプランを選ぶことをオススメします。
 

6.いろんなSIMのあるb-mobile-japan

p04

6.1 携帯電話だけのSIMもある

b-mobile japanの昔のプランでなくならずに未だに残っているSIMがあります。
それは、携帯電話だけのSIMで、携帯電話SIMはガラケーの音声通話をするためだけのSIMカードになりますが、月額料金1290円で、十分な量の電話が使えます。
通話料 20円/30秒で、無料通話分 32.5分となっていますが、普段それほど電話しないのならこれで十分ではないでしょうか?

6.2 プリペイドSIMもある

契約せずにビジネスやちょっとしたタイミングでSIMを利用したいという方にはプリペイドSIMがオススメです。
面倒な手続きや事務手続きもないのですが、データ容量も5GBまであり、ちょっとした通信にしては、やりたいことがほとんどできます。
料金は、1ヶ月(30日)で3380円、6ヶ月(180日)で17315円、12ヶ月(360日):29445円となっています。
プリペイドSIMは基本的に30日間を利用月なので、それくらいの期間必要になることがあれば、5GBのデータ量でいいのならオススメのSIMになります。

6.3 ゲームもできちゃう

Pokemon GO専用のSIMとして、b-mobile japanでは新たに提供してるSIMがあり、その名もゲームSIMです。
これまでのSIMとは違い用途が、ゲームに絞られており、ハッキリとしているSIMになります。
プリペイドSIMのように一定のデータ量を使い切るとサービスが終了する形なのである意味、プリペイドSIMと思ってもらっても良いかもしれません。
価格は、1500円で、データ容量は1GB、利用期間が30日間となっており、1GBあたりチャージで500円追加となります。SIMの種類は、ナノ SIM、マイクロSIMになります。
基本的にPokemon GO以外を操作することはできないため、インターネットも閲覧できないことはお忘れなく。
逆に、子供に安心して遊ばせたい親御さんにオススメのSIMとなっています。思う存分、Pokemon GOをやらせてあげましょう!

6.4 イオン専用SIMも不評

あとは、不評なのですが、イオン専用のSIMもまだあります。これは、b-mobileが、イオンと提携して発売している格安SIMになります。
以前まではスマホ専用のプランもあったのですが、現在は携帯電話専用のSIMカードのみの提供となっており、格安スマホに使用することはできないので注意してください。
ガラケーなどで電話だけ使いたい方はこのSIMにチャレンジしても良いですが、あまりメリット感はないのでオススメはできません。
 

7.b-mobile japanの総合評価はどうなる?契約してもいいの?

KCDSC_5949_TP_V

7.1 通信速度はオススメできない

b-mobile japanの総合評価として、やっぱり通信速度の悪さをあげざるを得ません。
b-mobileの最大の欠点は通信品質の悪さであり、格安SIMにとって通信の品質は重要な判断材料になりますので、これはある意味致命的です。
遅い、繋がらない、制限がかかることはユーザーにとってストレスになるからです。
さらにb-mobile japanと契約する多くのユーザーは、高速データ通信の無制限プランに惹かれているのでなおさら速度が重要になってきます。
口コミなども以下のようになっており、ほとんどの人が通信速度の遅さをあげています。

おそい。とにかく遅い。LTEとは思えぬ速度だし、混んでる時間帯だと、3Gどころか電波が繋がないことも多々ある。
遅すぎます。最近特にひどくなってきており、インスタのムービーすら閲覧できず。フェイスブックもレスポンスが悪いです。動画を見る人はやめたほうがいいです。
街の中でも速度はあらゆる時間帯を利用してみたが遅い。動画はカクカク。使うほどにストレスがたまります。メールの確認くらいだけならいいかも。1週間で解約しました。

先にも述べましたが、格安SIM業界ではこれまでデータ定額のプランが多く登場してきています。
大手キャリアスマホと違って、この無制限プランを格安で使えるのが、格安スマホのメリットだと捉えて人も少なからずいるのです。
そのため、通信速度は今のところ評判どおりのようなので、速度が気になる人には総合評価としても、ズバリ、オススメできません。

7.2 端末が少ないから微妙

通常は、MVNOの多くの会社が、端末とセットで格安SIMを販売していますね。
結局、端末も選ぶのが面倒なので、初心者のユーザーなどは端末セットがあると選びやすいと考えられています。
そのため、バリエーションが多い楽天モバイルやBIGLOBE  SIMは契約に至る人数も多く、そして、人気も高いのです。
それに比べてb-mobileではVAIO Phoneのみしか取り扱っていないのは致命的ですね。
もちろんVAIO Phoneのスペックは特に問題はありません。
カラーは、黒でシンプルに、サイズは一般的な大きさで問題なし、重量も約130gなので軽量です。
連続通話時間と連続待ち受け時間においても、最大約800分と最大約500時間で、バッテリー容量 2500mAhです。
VAIO Phoneは、最初はパソコンで有名なブランド”VAIO”の名前が付いたスマホということもあってか、注目されました。
しかし、実際は製造・販売を日本通信が行っており、デザインのみ”VAIO”が監修しているので、パソコンの"VAIO"ほどの優秀さはありません。
さらに、専用プランで契約したSIMは、VAIO Phoneのみでしか使用できないというデメリットもあるのです。

7.3 今後に期待するしかない

ここまでb-mobile japanのいろいろな側面を紹介してきましたが、格安SIM業界の中でも古株ですので、もう一度よーく中身を見てみてあげてください。
しかし、現状のMVNO業界でも人気が低いのは明からですし、会社としてもいろいろ改善しようという意欲がプランなどからは、あまり感じないのも事実なんです。
ですので、まずは契約する場合には、その契約で本当にいいのか?他の会社でより良い契約はないのか?を考えてみてはいかがでしょうか?
一方で、ゲーム専用SIMなどは、ポケモンGOをやるお子さんを持っている方、自らやるという方にはとてもメリットのあるSIMだと思いますので、それならば迷わず契約でも良いでしょう。
しかし、今すぐには無理でも、あくまでb-mobile japanの打ち出している姿勢は、5段階定額のおかわりSIMや高速データ通信の無制限プランにあるように、ユーザーにとってメリットのあるプランです。
今後、もう少し、インフラ面なども整えつつ、サービスの向上したプランが輩出されるのを待ちましょう。
 

8.まとめ

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s
b-mobile japanについて、いろいろと紹介してきましたが、インターネットなどでは、その通信速度の遅さがフューチャーされるばかりで、どんなMVNOなのか分からなかった方も多いことでしょう。
しかし、これまでの道のりや、今もっているプランなどをちゃんと見てみれば、ちゃんとした格安スマホの会社なのです。
特に、気にされる方も多い高速データ通信の制限も、同じように無制限プランを打ち出している会社にユーザは、どこでも大抵データ通信速度に不満をかかえてるようです。
もしも、どこの会社もデータ通信が低速化してしまっているのであれば、b-mobile japanは料金だけなら、最も安い無制限プランを持っている会社なのでオススメできます。
ただ、それだと何となく後ろ向きなチョイスなので、それ以外の5段階定額のおかわりSIMやその他のプランなどに興味を持って契約することをオススメします。
いずれにしろ、まずはb-mobile japanのプランをよくじっくり考察して、自分にあったプランであるかどうかを検討して見てから、速度面の不安なども考慮しつつ、契約するか考えてみましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.