Bluetooth 使い方を知れば、デジタルライフはこんなに快適になる!

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

 

『Bluetooth』はイヤホンなどをスマートフォンなどにワイヤレスで繋ぐことができ、

これまでの有線にあった煩わしさを解消することのできる大変便利なものです。

 

最近ではスマートフォンやPCと言ったデジタル機器だけでなく、

家電やカーナビといった電化製品にも応用されている技術です。

 

ですが、以外にも細かい事や使い方をちゃんと理解している人は少なく、

その用途も限られたものとなっています。

Bluetoothをもっと深く理解すれば、

かなり便利な使い方ができる頼もしい技術でもあります。

 

そして、実に多くの電化製品に使われている技術となっています。

 

今回は、この無線通信技術の1つである『Bluetooth』の

可能性と使い方について、ご紹介していきたいと思っています。

 

 
1. Bluetoothとは
1-1. 近距離無線通信『Bluetooth』
1-2. PCやスマホでは常識?!
1-3.Bluetooth の可能性
2.Bluetooth規格の詳細
2-1. Bluetooth とWi-Fiの違い
2-2.バージョンと転送速度
3.Bluetoothで接続できる製品
3-1.イヤホンとマイク
3-2.キーボートとマウス
3-3.家電とリモコン
3-4. カーナビとカーステレオ
3-5. デジタル端末
4.利用するために知っておきたいこと!
4-1.必要な設定『ペアリング』
4-2.プロファイルとは
4-3.プロファイルの種類
4-4.ヘッドセットとイヤホンの違い
5.実はイヤホンには向かない?!Bluetoothの4つの弱点!
5-1.いちいち『ペアリング』必要
5-2.電波に左右される
5-3. 音質はそこまで良くない。
5-4. 通信速度が遅い(遅延)
5-5. 充電の手間
5-6.まとめ
6.スマホのペアリング設定
6-1. iOS
6-2. Android
6-3. Windows
7.新規格『Bluetoothバージョン5.0』3つの変更点
7-1.約2倍の高速化
7-2.到達距離は4倍の400m
7-3.複数デバイスとの同時通信可能に
7-4.ただし、通信速度と通信距離は両立しない
8. まとめ

 

 

 

 

 1.Bluetoothとは

350px-BluetoothLogo.svg.png

『Bluetooth』とは、ケーブル接続などの有線や

赤外線通信などのワイヤレス通信に替わる通信の手段です。

 

ですが、細かい事情を知る人はあまりいません。

 

そこで『Bluetooth 』が何なのか?

説明していきたいと思います。

 

 

1-1. 近距離無線通信『Bluetooth』

payment-systems-1169825_640

PCやスマートフォンと言った、デジタル端末に使われている無線通信には、

LTEなどのモバイル通信の他に、現在2つの技術が主流となっています。

 

それがWi-FiとBluetoothです。

 

どちらもスマートフォン同士の通信などを無線で行うために行う技術で、

Wi-Fiが2.4GHzと5GHz帯の電波を

Bluetoothが2.4GHz帯の電波が利用されています。

 

そして、この2つは実は同じIEEE規格でもあります。

そうつまりは、無線LAN規格です。

 

Wi-Fiが「IEEE802.11」シリーズとなり

Bluetoothが「IEEE802.15」シリーズとなっています。

 

 

 

1-2. PCやスマホでは常識?!

a0002_010676

Bluetoothは、乱立する無線電波を統一するための開発された規格で

数mから数十m程度の距離の情報機器間で、

電波を使い簡易な情報のやりとりを行うことを目的として開発されました。

 

開発には複数の会社が携わっており、

最初はエリクソン、インテル、IBM、ノキア、と日本の東芝の5社が

その後、マイクロソフト、モトローラ、Apple、Semiconductorが加わり、

現在は、この9社がプロモーター企業となっております。

 

通信に使われる電波帯は、2.4GHz帯の電波で

PCやスマートフォンなどにおけるモバイル通信における規格で

それほど厳密な送受信の制御や秘匿性は考えておらず、

あくまでも簡易通信に限る運用を目的とされています。

 

 

登場当初は、赤外線短距離通信の替わりと誤った認識で広まったため、

使いにくい印象があり普及しづらい状況が続いていましたが、

現在では、簡易的で意識せずに利用が行えるため、利便性の高さと使いやすさから

スマートフォンなどのモバイル通信端末では無くてはならない機能となりました。

 

 

 

 

 

1-3.Bluetooth の可能性

network-782707_640

初期のBluetoothバージョンは、

ヘッドホンなどのオーディオ機器を中心として使われていましたが、

現在は進化をしたBluetoothは、IoT(モノのインターネット)の中心的な存在として

さまざまデジタル機器や家電に応用されております。

 

 

例えば、ネットTV(AndroidTV)などのリモコンです。

AndroidTVでは、従来の赤外線を使った通信では無く

Bluetoothによる無線通信が搭載され、これによって障害物に左右されること無く、

TVの操作が可能となっています。

 

 

 

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7 8

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]