超過や制限が気にならない、データ通信量節約術。

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

最近、外出時にはスマホやタブレットを持ち歩いて活用する人が増えてきたと思いませんか。

総務省のデータによれば、国内の約半数の人がスマホを使っているといいますから、この先もスマホ人口はますます増えていくのでしょう。

スマホを持ち歩いて何をするのかといえば、最近では通話よりもインターネットの活用ではないでしょうか。

メールやネットで調べる、そのほかにもネットを使うゲームやいま撮った写真をSNSにアップしたり、動画も見るだけではなく動画サイトにアップしたりと、スマホの活用シーンはどんどん広がっています。
そこで気になるのがデータ通信量。通常のスマホ契約では、すぐに上限に達してしまうのではないかと、とても気になっているんじゃないですか。

そこで、この気になるデータ通信量はどうやって調べるのか、どうすれば節約できるのかについて、まとめてみました。

目次
1.スマホのデータ通信量が気になるあなたに。
1-1.データ通信量ってなに?
1-2.スマホのデータ通信量が分からない?
1-3.データ通信量を確認するいくつかの方法。
1-4.データ通信量をチェックするアプリ。
1-5.制限がかかった場合どうなる、どうする?

2.携帯各社のデータ通信プランを比べてみました。
2-1.ドコモのスマホデータ通信プラン
2-2.ソフトバンクのスマホデータ通信プラン
2-3.auのスマホデータ通信プラン
2-4.ヤフーモバイルのデータ通信プラン

3.データ通信量を節約したいあなたに。
3-1.1GBでどのくらい使えるのでしょう?
3-2.メールやネットサーフィンだけなら4,237ページ。
3-3.写真を撮ってSNSにあげるなら1,000通。
3-4.動画を観たいなら5時間ちょっと。

3-5.LINEを楽しみたいなら50万回。

3-6.GOOGLEマップを見るなら1,398回。

3-7.1GBって、意外と使えるんじゃない?

 

4.街のWi-Fiを活用してデータ通信量をぐぐっと節約。
4-1.携帯会社が提供しているWi-Fiスポット。

4-2.駅や空港、電車のスポットWi-Fiを活用する。
4-3.街じゅうにあるWi-Fiスポットを活用する。
4-4.有料Wi-Fiスポットを上手に使う。
4-5.モバイルWi-Fi を使い倒す。

5.データ通信量が気にならないリッチな方法。
5-1.モバイルWi-Fi との併用ユーザーが増えています。
5-2.複数の端末を使ってまだ余裕。
5-3.データ通信のみならず、通話だってWi-Fiで。
5-4.定額で制限なしのデータ通信回線。

6.まとめ

1.スマホのデータ通信量が気になるあなたに。

スマホを購入するとき、定時されているいくつかのプランからどれかを選ぶ必要があるのですが、一体どれを選べばいいのか困ってしまいます。

といいますのも、プランは通信量によって区分されているからです。

たとえばドコモの場合、小容量の2GB、標準容量の5GB、ウルトラサイズの20GBと30GBという4つのパケットパックがあり、2GBだと3,500円、5GBは5,000円、20GBだと6,000円、30GBは8,000円という月額定額料になっています。

もちろん大きなサイズほど高く設定されているのは理解できますが、しかしいったい自分にはどのくらいの容量が必要なのか、大容量を選べば安心だとは思うけれども、必要なければもったいないし、などと考えてしまうわけです。

1-1.データ通信量ってなに?

このデータ通信量って、いったい何なのでしょう。

インターネットやメール、LINE等、スマホを使う時に必要なパケット通信の容量を指します。

もちろんタクシーのメーターと同じで、使えば使うほどデータ通信量は増えていきます。

データ通信量が増えると当然ながら料金も高額になっていきます。

上限なしに使い続けるとたいへんなことになってしまうわけです。

そこで携帯各社に用意されているのがパケット定額制というわけです。

1-2.スマホのデータ通信量が分からない?

スマホのデータ通信には、3G、4G、LTE等といくつか種類があって、いったいどう違うの?と思いませんか。

3Gや4GのGとはGeneration(世代)のことで、3Gは3世代、4Gは4世代のことです。つまり3Gより4Gが新しいということですね。

ではLTEって?これはLong Term Evolutionの略で、3Gから4Gに移行する際の呼び名です。

3Gよりも改良されたものだよという新世代通信方式の胡椒だったのですが、いまはそれが4Gと呼ばれるようになっています。

だからLTEと4Gは同じものなのです。

通信速度を比較すると、3Gは数Mbps~14Mbps程度であり、それに対し、4G(LTE)は75Mbps~100Mbpsという速さ。

まったく比べ物になりません。

数字だけを聞いてもその差はわかりにくいですが、実際に動画を見たり、写真をメールに添付してみると、速度の違いは明らかです。

1-3.データ通信量を確認するいくつかの方法。

日々パケット通信をする中で、どのくらいのデータ通信量を消費しているのでしょう。

メールや動画視聴をするたびに、どのくらい消費しましたと表示されるものではありませんからね。

この気になるデータ通信量を確認する方法はいくつかあります。

そのひとつは契約している携帯会社が用意しているサポートサイトです。

ドコモならマイドコモ、ソフトバンクならマイソフトバンクと呼ばれているサイトです。

はじめての人は初期設定を行っておく必要がありますが、その後は自分で決めたIDとパスワードでログインすると、各社ともに最初の画面に「当月の利用データ通信量」などの項目が表示されています。

docomotsuusinryou

マイドコモのトップページ

softbanktsuusinryou

マイソフトバンクのトップページ


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]