データSIMは選び方によっては損をする!?格安SIMを快適にする極意!

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

格安SIMがもはや定番の通信手段となりつつある今日ですが、

データSIMと一口にいっても、まだまだ浸透しておらず、

その定義が曖昧な方も多いようです。

 

それもそのはず、キャリアでは、当たり前のようにデータ通信と電話が両方でき、

使えるデータ量や通話の料金プランから選ぶ方式でした。

 

しかし、格安SIMでの扱いは、随分と変わっています。

 

格安SIMでは、契約の方法がまるっきり変わってしまい、

その御蔭で、料金的には安くなることが利点としてあるのですが

逆に損をしてしまう場面もあります。

 

格安SIMを利用して、月々の通信量をお得且つ快適な使用を行うためには

SIMがもつ特性を理解しなくては始まりません。

 

そこで、今回はデータSIMの活用で損をしないための選び方、

活用法を検証せてみたいと思います。
1.そもそもSIMとは? 種類と役割
1-1.SIMとは
1-2.3種類にわけられるSIM
1-2-1. データ専用SIM
1-2-2. SMS付きSIM
1-2-3. 音声通話SIM
2. データ専用SIMのメリット・デメリット
2-1.メリット
2-1-1.基本料金が安く済む
2-1-2.ニーズに沿った細かな通信量の区分け
2-1-3.タブレットには必須SIM?
2-1-4.音声通話も可能
2-2.デメリット
2-2-1.電話が使えない
2-2-1.アンテナピクセル問題とは?
2-2-2.アンテナピクセル問題
2-2-3.セルフスタンバイ問題とは?
3. 意外と知られていないSMSの目的
3-1.セルフスタンバイ問題の回避
3-2. SNSアプリなどの認証
3-3. 通信切れの予防として
4. SIMの考え方とその組み合わせ例
4-1.スマホ1台ですべてを担う
4-2.連絡手段に電話を使わない、またはサブ端末向き
4-3.端末1台でハイブリットな使用
4-4.複数台使用でハイブリット使用
5.データ専用SIMがおすすめなMVNO
5-1.U-mobile
5-2.wirelessGATE
5-3.Wonderlink
5-4.UQmobile
5-5. OCNモバイルONE
5-6.DTI
6.SMSのが無料で付いてくるMVNO
6-1.LINEモバイル
6-2.FREETEL
6-3.BIGLOBE
7.複数枚SIM利用でオトクなMVNO
7-1. IIJ
7-2.exciteモバイル
8.まとめ

 

 

 

 

1.そもそもSIMとは? 種類と役割

yjimage-4

そもそもSIMがなんのことかわからないという方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

何故なら、キャリアでは、「携帯電話の契約」「スマホの契約」としか言わない上に

自分でSIMを入れる、設定するということはなかったからです。

 

なので、ちょっとSIMについての話からしていきたいと思います。

 

1-1.SIMとは?

 

800px-Telia_micro_SIM_with_brackets

SIMとは、「SIMカード」(Subscriber Identity Module Card)の略で

通信事業が持つ通信網において、加入者を特定するための

ID番号(電話番号)が記録されたICカードのことを言います。

 

「SIMカード」と言われていますが見た目は、小さくチップ状になっていますよね?

 

実は、昔の携帯電話では、カード状の状態のまま、スロットに差し込む方式だったのですが

近年、端末の小型化に伴い、カードのICチップ周辺だけをカットし、利用されるようになりました。

 

元々はクレジットカードなどと同じ形状だったのでカードと呼ばれているわけです。

現在では、標準SIM・microSIM・nanoSIMの3つのサイズに分類されています。

 

また、将来的には、virtual(ヴァーチャル)SIMというものが検討されており、

これは物理的なSIMカードを用いず、ネット状での設定のみで行われる方法になるのだそうです。

 

まっ現在のスマホのSIMカードもMNP(ナンバーポータビリティー)以降は、

カードごとに割り当てられた番号では無く、

契約の際に記録の無いカード(白ロム)に契約する番号を記録する方式なので、

これをカードじゃなく、本体端末に直接行うようになるだけなんですが・・・

なので将来的には、「SIMカード」という概念がなくなってしまうでしょうね。

 

1-2. SIMは3種類にわけられる

sim-830357_640

そして、更に用途によって、ID番号が振り分けられ、

3種類のSIMカードにわけられ、それぞれ機能範囲が異なっています。

 

 

1-2-1. データ専用SIM

 

 

wlan-2088664_640

その名の通り、データ通信のみ行うことのできる

データ通信専用のSIMカードになります。

 

データ専用SIMでは、メールやインターネット、アプリの利用が可能です。

 

 

1-2-2. SMS付きSIM

mobile-phone-2223993_640

SMS付きSIMとは、データ専用SIMにSMS(ショートメッセージサービス)の機能が

使えるようになったデータSIMのです。

 

つまりは、電話機能が無いだけのSIMとなります。

「なんだ、それだけ」とお思いの方もいるでしょう。

 

実は、SMSがついているだけで、

さまざまな恩恵を受けられるんです。

これは、後でご説明します。

 

1-2-3. 音声通話SIM

whatsapp-231625_640

音声通話SIMとは、データ通信と音声通話の両方が行えるSIM、

つまりは、これまでのキャリア契約と同じ用途のSIMです。

 

音声通話とは、「090」「080」最近増えてきた「070」から始まる電話番号を使った通話で、

通常はW-CDMA(3G)回線の更に電話専用回線を使用しています。

ちなみにVoLTEはLTE(4G)の回線の電話専用回線を利用しています。

 

つまりは、データ通信で使っている回線とは回線自体が違うということです。

 

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7 8

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]