iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

ドコモ、AU、ソフトバンクの対応バンドのそれぞれの違いって?格安SIMについても紹介

投稿日:

現代の日本では、スマホを利用している方というのがとても増えてきています。
 
それもそのはず、今はもうスマホが必要不可欠な時代になりつつあるのです。
 
スマホと言えば、持ち運びも便利でかつ快適に電話ができたりなどといったことで特徴的です。
 
ここで1つあなたに質問です。
 
あなたは今、スマホを買い替えようと思っているところでしょうか。
 
「スマホを買い替えたいけど、正直どんなスマホを選べば良いかわからない」
 
このように思っている方、結構多いのではないでしょうか。
 
それもそのはずです。
 
なんと言ったって、今ではとても多くのスマホが開発されて、どんどん新しくなっていってるからでしょう。
 
確かにどんどんスマホが開発されているため、いざスマホを買い換えようと思っていても、どのスマホを選べば良いかわからないなんてこと、必ずしもありますよね。
 
とは言えスマホの数が多いからって、適当にスマホを選ぶなんてことはできません。
 
今はスマホなどの情報機器が発展して、このようなものがないと情報に追いつけない時代になりつつあります。
 
そんな中で、適当に選んでしまっては失敗に繋がってしまいます。
 
しかし!
 
スマホを選ぶのも大事ですが、あなたが選んだスマホの対応バンドというものを知っているとどうでしょう。
 
あなたはもっとスマホを利用する際にこだわりを持てるはずです!
 
とはいえ、スマホの対応バンドというのは一体何なのかということですよね。
 
そこで今回はあなたに、スマホの対応バンドというものについてお話ししていこうと思うのですが…。
 
ただただ「スマホバンドはこんなのですよ」なんて話すのは面白くありません。
そこでドコモ、AU、そしてソフトバンクの対応バンドについてもお話しし、さらに格安SIMについても少し触れていきます!
 

 

目次一覧

1.スマホバンドについて
1.1.対応バンドって?
1.2.周波数帯との関わり
2.対応バンドについて
2.1.ドコモの対応バンドについて
2.2.AUの対応バンドについて
2.3.ソフトバンクの対応バンドについて
3.格安SIMについて
3.1.格安SIMの特徴は?
3.2.スマホバンドとどのような関係があるの?
4.スマホバンドについての疑問
4.1.対応バンドの回線について
4.2.スマホバンドに対応しているSIMフリースマホはある?
5.スマホバンドについてのメリット・デメリットについて
5.1.スマホバンドについてのメリット
5.2.スマホバンドについてのデメリット
6.スマホバンドについての評価について
6.1.スマホバンドについての高評価
6.2.スマホバンドについての低評価
7.スマホを効果的に利用する際のポイントについて
7.1.あなたに合った格安SIMを利用しよう
7.2.あなたに利用しやすいように設定をしよう
8.まとめ

 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1スマホバンドについて

yjimage-5
では前置きはここまでにして、ここからは具体的にこのスマホバンドについてお話していきますね。
 
実際にここまで何気なく使ってきた「スマホバンド」と呼ばれる言葉ですが、これは一体何なのかということですよね。
 
そこでまず初めに、この「スマホバンド」というのが一体何なのかについてお話してきますね。
 

1.1対応バンドって?

 
スマホを利用するにあたってポイントとなってくるのが、対応バンドと呼ばれるものです。
 
おそらくあなたも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
 
ではこの対応バンドとは何なのかということですが、これは簡単に言ってしまえば各スマホ回線の周波数のことを指します。
 
その周波数は様々であり、そしてその周波数に対応するバンドにはそれぞれ名前が付いています。
 
一体どのような名前なのかというと、これはBAND1などが挙げられます。
 
実はこのBANDの数もとても豊富にあります。
 
なので実際にこの番号のBANDはどこもで利用できる、でもこの番号はAUの回線では利用できないなどと言ったことがあるのです。
 

1.2周波数帯との関わり

 
このように、対応バンドというものが周波数であるということがわかったところで、もう少し詳しくお話していきまししょうか。
 
ここでお話しするのは、周波数帯と呼ばれるものです。
 
周波数帯というのは一体何なのかということですが、これは各メーカーが対応しているバンドの周波数のことを言います。
 
それぞれ放たれる周波数が大きければ大きいほど、周波数帯は高いということですね。
 
今回お話しする「スマホバンド」の中でも、何回かこの“対応バンド”という言葉や“周波数帯”という言葉が出るかもしれません。
 
なのでこの2つはおさえておきましょう。
 

2対応バンドについて

yjimage-2
このように、スマホバンドや周波数という言葉は耳にしただけで体がかゆくなってしまうという方もいるかもしれません。
 
確かにその気持ち、とてもわかります。
 
なのでできるだけわかりやすくお話していきますね。
 
それではここで、対応バンドについてもう少し詳しくお話していきます。
 
実際に各メーカーの対応バンドというのは、それぞれどのようになっているのでしょうか。
 

2.1ドコモの対応バンドについて

 
ではまず初めに、ドコモの対応バンドから紹介していきますね。
 
一体ドコモの対応バンドはどのようになっているのかということですが、まずは周波数帯から見ていきましょう。
 
ドコモの対応している周波数帯は5つで、BAND1、BAND3、BAND19、BAND21、BAND28となっています。
 
この中でも特にBAND1は周波数が高いので、とても高速に操作ができるようになっています。
 
そのほかには、BAND19もオススメです。
 
これはなぜかというと、確かにBAND1に比べると高速ではありませんが、なんと障害物を回り込んで電波を受信するので繋がりやすいのです!
 
ドコモの対応している周波数帯は5つですが、特にこの2つはとてもオススメの対応バンドとなっています。
 

2.2AUの対応バンドについて

 
それでは次に、AUの対応バンドについてお話しします。
 
AUに対応している対応バンドはというと、こちらも5つに分けられます。
 
そしてこれらはBAND1、BAND11、BAND18、BAND28、BAND41となっています。
 
先ほどにもお話したように、BAND1は周波数が高いためとても高速です。
 
なのでBAND1に関しては安定ですね。
 
そしてもう1つオススメなのが、BAND18です。
 
これは何が良いのかというと、実はこのBAND18というのはAUの主力周波数帯なのです!
 
ドコモは高速周波数帯を主力としています。
 
しかし実は、このAUはプラチナバンドであるのです。
 
そしてBAND1と合わせて利用すると、実人口カバー率が99%であるということも特徴ですね。
 

2.3ソフトバンクの対応バンドについて

 
それでは最後に、ソフトバンクの対応バンドについてお話しますね。
 
ソフトバンクの対応している周波数帯はというと、こちらは6つとなっています。
 
そしてそれぞれどのようになっているのかというと、BAND1、BAND3、BAND8、BAND11、BAND28、BAND41となっています。
 
対応しているバンドが多いというのはメリットでもありますね。
 
BAND1は安定で、高速周波数帯であることもわかります。
 

3格安SIMについて

yjimage-3
このように、各メーカーによってスマホの対応バンドが違うということや、それぞれのバンドの特徴についてもお話ししました。
 
ここまでで、スマホの対応バンドについていくつか紹介してきましたが、いかがでしょうか。
 
おそらく、どのスマホメーカーにどの周波数帯が対応しているのかについては、少しは理解できたかもしれません。
 
それではここで、対応バンドと関係がある格安SIMについてお話していきます。
 
今ではとても多くの格安SIMが存在していますが、実際にはどのような特徴を持っているのでしょうか。
 

3.1格安SIMの特徴は?

 
それではまず初めに、格安SIMの特徴についてお話しますね。
 
一体格安SIMにはどのような特徴があるのかというと、これはあなたがスマホを利用する際にとても快適にすることができるということです。
 
今ではとても多くのスマホが存在していますが、実際にどんな時でも快適にスマホを利用することができるものというのは少ないのです。
 
なので最近では、この格安SIMを利用している方というのは多くなっているのです。
 
やはり毎日利用するスマホ。
 
快適に利用したいですよね。
 
それがこの格安SIMを利用することで、あなたのスマホを快適に利用することができるようになるということです。
 

3.2スマホバンドとどのような関係があるの

 
それでは次に、この格安SIMというのがスマホバンドとどのような関係を持っているのかについてお話しします。
 
あなたは、格安SIMがスマホバンドに大きな関わりを持っていることをご存知でしょうか。
 
もしかすると、おそらくこの2つの関係についてはあまりご存知でない方も多いのかもしれません。
 
しかし実は、ほとんどのSIMフリースマホというのはドコモの回線に対応しているのです!
 
というのはどういうことなのかというと、あなたも利用しているであろうSIMフリースマホは、スマホバンドに対応しているということです。
 
特にドコモの周波数帯の場合であれば高速なものが多いので、この格安SIMを利用しているスマホはより快適に利用することがdけいるようになるということです。
 

4スマホバンドについての疑問

yjimage-6のコピー
ここまでは、スマホバンドについてのお話をしてきました。
 
これまでのお話からわかるように、ドコモなどといった各スマホメーカーに対応しているスマホバンドというのは、あなたが快適にスマホを利用するためにとても重要でしたね。
 
それではここで、これまでお話したことに加えてこのスマホバンドに関する疑問に答えていきます。
 
一体このスマホバンドにはどのような疑問があるのでしょうか。
 

4.1対応バンドの回線について

 
それではまず1つ目の疑問です。
 
これはどういうことかというと、先ほど紹介した各スマホメーカーの対応バンドの回線というのはどのようになっているのかということです。
 
対応バンドの回線というのは先ほど紹介したドコモやAU、そしてソフトバンクですが、実はソフトバンクの回線はもともと存在していないため、たとえ対応バンドに問題がなくても利用することができないのです。
 
そしてAUの回線についてですが、こちらは利用することができるものの、利用可能なのはごく一部の対応したSIMフリースマホだけなのです。
 
なので対応バンドに関しては、ドコモ回線が一番オススメと言って良いでしょう。
 
しかしこのほかにも、Y-MOBILE回線に対応したSIMフリースマホは多いので、もしスマホバンドを利用するのであればこちらの「Y-MOBILE」もオススメと言って良いでしょう。
 

4.2スマホバンドに対応しているSIMフリースマホはある?

 
そして2つ目の疑問です。
 
2つ目に挙げられる疑問は、スマホバンドに対応しているSIMフリースマホはあるのかということです。
 
これについてですが、オススメなのが「ARROWS M02」と呼ばれるスマホです。
 
これはなぜオススメなのかというと、実はこのスマホはドコモとAU、そしてY-MOBILEにまで対応しているからなのです!
 
先ほどのお話を振り返ると、特にドコモとY-MOBILEの回線は利用できるエリアが広いのでとてもオススメだということをお話しましたね。
 
なのでこのように、「ARROWS M02」は対応している回線が多いということでオススメです。
 

5スマホバンドについてのメリット・デメリットについて

yjimage
このように、スマホに対応しているバンドや回線、そして格安SIMというのはあなたがスマホを快適に利用する上でとても大切なポイントとなっていることがわかりましたね。
 
ここまでスマホバンドについて様々なことをお話ししましたが、いかがでしょうか。
 
おそらく少しずつ理解できてきたのではないでしょうか。
 
さて、それではここでこれまでのお話を振り返ることも含めて、このスマホバンドがあることについてのメリット・デメリットについてお話していきます。
 
一体スマホバンドには、どのようなメリット・デメリットが挙げられるのでしょうか。
 

5.1スマホバンドについてのメリット

 
それではまずはスマホバンドのメリットから紹介していきますね。
 
スマホバンドのメリットとして挙げられるのは、まず回線によってスマホバンドが対応していることで快適にスマホを利用することができるということです。
 
先ほど紹介したように、スマホバンドによっては周波数帯が高いためそのスマホバンドを利用することでとても快適にスマホを利用することができるのです。
 
また他に挙げられるメリットとしては、基本的にドコモ回線のものが多いため、ほとんどの地域でスマホバンドを利用することができるということです。
 
ドコモ以外にもY-MOBILEやAUにも回線があるため、こちらに対応したスマホを利用していればとてもオススメとなってきます。
 

5.2スマホバンドについてのデメリット

 
それでは次にこのスマホバンドのデメリットを紹介していきます。
 
やはりメリットが存在していればデメリットも存在していますよね。
 
ではスマホバンドのデメリットはどのようなことが挙げられるのかということですが、これは格安SIMが回線に対応していない場合には利用することができないということです。
 
そのほかにも、スマホ自体がスマホバンドに対応していないということもあります。
 
そう言った場合も同様に回線が対応していないため、同じく利用することができなくなってしまいます。
 
これらはスマホバンドを利用する上でのデメリットとして挙げられますね。
 

6スマホバンドについての評価について

yjimage-4のコピー
それではここで、スマホ対応バンドについての評価を紹介します。
 
一体このスマホバンドについての評価というのは、どのようなことが挙げられるのでしょうか。
 
と言っても実際にスマホバンドだけでの評価というのは存在しませんよね。(笑)
 
なのでここでは、先ほど紹介した「ARROWS M02」をもとに評価を紹介していきますね!
 

6.1スマホバンドについての高評価

 

楽天モバイルで購入しワイモバイルのSIMで使っています。オサイフ対応で防水のスマホがワイモバイルに無かったのでSIMフリーでお手頃価格という事で購入しました。ミドルレンジのスマホなので欲を言えばキリがないのでほぼ満足しています。残念だったのはnanacoに対応していなかったこと。APK形式のファイルでインストして使っています。バッテリーの持ちが良いので充電忘れても何とか使えています

 

私の使い方からすれば必要以上で十分です!
主に使うのはWeb、ランニング、音楽、ニュースアプリ。
外せないのがおサイフで選んだ理由です。
メール、ラインやマップ、電車検索も必需品ですね。
動画→すこーし SNS→すこーし
ゲーム× です。
スマホはこちらで4代目でCPU性能は下がってしまいました。
CPUの性能下がってどうかな?というのが一番心配でした。
私の用途では全く問題ありません。
むしろ燃費上げる効果があるんだろうなと思っています。
レスポンスというよりはMVNOの通信速度が左右するかもしれません。
楽天モバイル→UQmobileに変えたら劇的に早くなりました。
昼休み時でもフツーに使えます。

 

6.2スマホバンドについての低評価

 

最初は、自分が使いやすいようにアプリ等をカスタマイズしておりましたら、動きが鈍かったりフリーズしたりしてましたが、ある時たまたま聞いた友人のアドバイス通りに、画面トップで出てくるアプリやウィジェットを全部削除し、使ってないアプリは設定から強制停止にし、キャッシュを削除したら、見違える程早く動くようになりました。フリーズもしなくなりました。(当たり前のことですね。)
追記 1年使いました。
他のサイトにもありますが
設定→端末情報→ビルド番号を7回タッチ→開発者向けオプションが出てきて→ウインドウアニメスケールをアニメーションオフ&トランジションアニメスケールもオフ→Aniamator再生時間もオフにしたら早くなりました。
②アマゾン・ヤフオク・メルカリ等はアプリを削除し、グーグルクロームのブラウザにブックマークにして見るように切り替えて内部ストレージに余裕を持たせると更に早くなりました。
③滅多に使わないアプリは基本的に強制停止にして、時々使ってもその後にまた強制停止にしてます。
④POWER CLEANというアプリを使って、重いなと思ったらジャンククリーンをしてます。
快適では無いですか、なんとか工夫して使ってます。手帳型カバーの為に、画面はまだ割れていません。

 

電話は、ガラケーを使用しているので、電話機能については、不明です。主にネット使用のために使っています。レスポンスは少し遅いこともありますが、おおむねネットやライン、YouTubeの使用する程度では、問題ありません。
WiMAXの接続も問題なく使用できます。
問題なのは、バッテリー持ちです。WiMAXに接続してると、半日持つかどうか。

 

7スマホを効果的に利用する際のポイントについて

yjimage
それでは最後に、スマホを効果的に利用する際のポイントについてお話していきます。
 
一体、スマホを効果的に利用する際のポイントについてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
 

7.1あなたに合った格安SIMを利用しよう

 
それではまず1つ目のポイントを紹介しますね。
 
1つ目に挙げられるポイントとしては、あなたに合った格安SIMを利用するということです。
 
これはどういうことかというと、格安SIMにはとても多くの種類が存在していますが、それぞれプランが違ってきます。
 
なので格安SIMによってはあなたの目的に合わないといったものが出てくるということです。
 
やはりいくら格安とはいえ、目的に合っていなかったら使い物にならないですよね。
 
なのであなたのスマホの利用をより快適にするためにも、あなたの目的に合った格安SIMを選ぶことがポイントとなってきます。
 

7.2あなたに利用しやすいように設定をしよう

 
それでは2つ目のポイントを紹介します。
 
2つ目に挙げられるのは、あなたに利用しやすいように設定をするということです。
 
これはどういうことかというと、あなたの購入したてのスマホなどは基本的に初期設定のままです。
 
確かに全然問題なく利用することができるのですが、より快適に利用したいのであれば、ぜひ初期設定を変更してみるのが良いでしょう。
 
もしあなたの利用しやすいように設定を変更すれば、初期設定の状態とは違ってより効率よく操作することができるようになりますよ!
 

8まとめ

yjimage-3
今回は「スマホバンド」ということでお話をしましたが、いかがでしたでしょうか。
 
スマホを利用する上で必ずと言って良いほど、知っておくと便利なスマホバンドについてでしたが、こちらは周波数帯によってバンドが変わってくるということでしたね。
 
また格安SIMもこのスマホバンドと大きな関わりを持っていることについてもお話しました。
 
あなたのスマホをより快適に利用するためには、対応している回線と対応バンドを理解しておくことが大事です。
 
これらを知っているだけでも、どうすれば快適にスマホを利用することができるのか工夫を加えることができるようになります。
 
また今回は1つ、「ARRWS M02」というスマホについて紹介しましたが、こちらは対応している回線が多いということでとてもオススメです。
 
なのでもし気になったのであれば、ぜひ一度この「ARROWS M02」の購入を考えてみるのも良いかもしれませんね^ ^

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.