iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

【号外!】ドコモの対応バンドが多いオススメ最新機種6選

投稿日:

近ごろ一気に普及しだした格安SIMスマホですが、最近になっていきなり出てきたわけではなく実は2001年から開始されているサービスなのです。
そして格安SIMの普及にともなって「遅い」「繋がらない」などといった苦情が消費者センターなどに増えてきたそうです。

そう、あのドコモ系ですら、です。

キャリア携帯と違って格安SIMスマホにはショップがないため、苦情の矛先が消費者センターになるんですね…しかしそのような事態は出来る限り避けたいですよね。
先述したようにポッと出のサービス、というわけでは決してないので、安いからといって「遅い」「繋がらない」ということは、本来そこまで起こりづらいものなのです。

ではなぜ、このような声が多く上がってしまうのでしょうか?
格安SIMスマホの「遅い」「繋がらない」を防ぐ、解決する方法はあるのか?
 
その答えに「バンド」が深く関わっています。

実はスマホの機種選びの際に、対応バンドのチェックは必須項目なのです!
聞き慣れない単語かも知れませんが、これを知ってるのと知らないのとでは今後の生活環境に雲泥の差が出るかもしれません。
それはスマホを使うなら世界中誰でも共通して言えることです。
 
格安SIMで失敗したくないですよね?
 
ならどうやって確認すればいいの?
そもそもバンドって何
どうすれば快適にスマホを使えるようになるの?

この記事はそのような漠然とした疑問を本音で!超シンプルかつ根本から解決します。
目次一覧
1.バンドとは?
   1.1.これがないと電話もネットも出来ないワケ
          1.2対応バンドのチェック方法
          1.3ドコモが対応しているバンドはコチラ
          1.4無敵の神機種、現る
2.能ある鷹は爪を隠す?簡潔なルックスにまさかの高性能 
          2.1これがMONO MO-01Jだ!
          2.2シルキーなボディに隠された手堅いスペックと対応バンド
          2.3ちょうど良いって、心地良い
3.目を瞑ってさわるとまるでiPhone?   
   3.1 画面にヒビが入っちゃってる人は落ち着いてコレを選んだらいい
   3.2 arrowsNX F-01Jの多機能を飼いならす快感
   3.3指紋認証はなし 
4.プラチナバンド対応のNexus6Pが正解!
   4.1ところでプラチナバンドって?
   4.2米国モデルとグローバルモデルの違いとは?
   4.3iPhoneばりの価格
5.これが最新、ソニーの実力「Xperia XZ」だ! 
     5.1もはや愛さずにはいられない、不動の神性能
      5.2充電ケーブルにご用心
6.世界初、驚異の最高級クラスのスマホ
    6.1スマホを超えた未知のスマホ、V20 proとは?
        6.2色々すごすぎるのでまとめてみた
        6.3今一番つながるスマホ
7.ドコモ最大バッテリー容量なんて最高に決まってる 
   7.1 Galaxy S7 edgeかAIか
       7.2いわゆる「未来のスマホ」を具現化したボディ
   
8.おわりに
 
 

1.バンドとは?

一言でいうと「周波数帯」を意味するバンドですが、世界のすべての携帯電話はそんなバンドによって通信が出来るようになっているのです。

思い返せば携帯電話が世に出だした頃から現在に至るまで、「いかに繋がるか」という問題は常に付きまとってきましたが、よく考えたらおよそ30年もそんなことを言って目に見えないものに振り舞わされているのです。
そんな問題の正体も、バンドなのです。
 
そして、端末によって対応しているバンドが違ったりします。

バンドには種類がいくつもあり、地域によって分けられていたり通話に特化したものや、速度の速いもの、遠くまで繋がるものなど、多種多様にあるため、それらを理解した上で自分のニーズに合ったバンドに対応している端末を選ばなければなりません。
 
携帯を新しくするとき、とくにSIMフリー携帯に替えるときに、ここをしっかりチェック出来ていない、すなわち自分の住んでる地域や対応して欲しかった周波数帯でない端末を購入してしまうと「この携帯おかしいな最新なのに全然繋がらない、遅い」なんてことになってしまいます。
 

1.1.これがないと電話すら出来ないワケ

もう知っている方もいるかもしれませんが、通話とデータ通信では通信方法が異なるため、音声通話機能のついた格安SIMを選ぶならそれぞれのバンドに対応している端末を選ぶ必要があります。

現在、音声通話は3G回線が主となっていますが最近になって、KKDIを筆頭に4Gでも使えるVoLTEなるものが出現してきました。
2020年の東京オリンピックくらいには3G回線を廃止して完全にVoLTEへ移行…するらしいですが、しかし今はまだ3Gが主力となっており、動作確認の取れているもので且つVoLTEに対応している端末がまだまだそんなに無いのに加えて、まだ出たてで使用感などの情報があまり入ってこ無いのでもうしばらく様子を見ても損はないかと、つまりまだそこまで重要視しなくてもいいかと思われます(2017年2月現在)。

バンドの種類分けはBand 1,Band3など数字が割り振られて種類分けされています。
 
ドコモとドコモ系格安SIMが使っている3G/4G対応バンド、というものを選ばなければいけないわけですが、それはBand1,そしてBnad6です。
Band1は欧州やアジア全域で使われているもので、ほぼすべての端末で対応しており都心で通話するなら、Band1があれば問題はないでしょう。
ではBand6はというと、「FOMAプラスエリア」と呼ばれる山間部や人口の少ない地域、そして都心でもBand 1の届きにくい建物内や地下でのサポートとしての役割があります。

そのため、音声通話機能のある格安SIMにするなら最低でもBand 1、できればBand 6(「Band6(B6)対応」あるいは「FOMAプラスエリア対応」との表記がある)に対応している端末を選ぶのがベターでしょう。
 

 1.2対応バンドのチェック方法

では一体どこを見てチェックするのか、それは端末を選ぶときに必ず見るであろうスペック、あるいは仕様を見ればいいのです。色や画面の大きさやバッテリー容量などと一緒に!
記号だらけなので、人によっては無意識に目を逸らしていたかもしれませんが3G/LTE(4G)の「周波数帯」や「バンド」や「通信方式」という項目に表記されているはずです。

「B1/B3/B19/(B28)」のように書かれているBはバンドを指します。
 

1.3ドコモが対応しているバンドはコチラ

端末によって対応しているバンドが違うと先述しましたが、そもそもキャリアによっても対応バンドは別々に割り当てられているのです。
その中でもドコモに対応しているバンドは以下です。

 バンド1(2.1GHz) 下り最大37.5~112.5Mbps
キャリア3社すべてが所有しておりエリアも国内全国に届いている3G周波数帯。
周波数が高いため速度が速い
 バンド3(1.7GHz) 下り最大150Mbps
東名阪では必須のLTE周波数帯。
またY!mobileでも必須
 バンド6(800MHz) 下り最大875~885Mbps
FOMAプラスエリア
ドコモの山間部での3G/LTE周波数帯
 バンド9(1,7GHz)  下り1844.9~1879.9MHz
バンド3に内包されている
 バンド19(800MHz)  下り最大37.5~112.5Mbps
速度は遅いものの、いわゆるプラチナバンド
周波数が低いためバンド1と比べると速度は若干劣るが、広範囲にわたり障害物を周りこんだり地下にも入るため繋がりやすい
 バンド21(1.5GHz)  下り最大112.5Mbps
バンド6に内包されており、日本独自の周波数帯。
バンド28(700MHz) 2015年に整備されたプラチナLTE
世界的に利用されている、海外モデルのSIMフリースマホに多く搭載されている。

 

1.4無敵の神機種、現る

これから紹介する機種は、一切ハズレなしの「モンスターバンド機種」とも呼ばれる対応バンドが多い高スペックの最新android端末です。

使ってるPCがMacでもないなのに発売日前に予約してまで、並んでまでiPhoneにする必要って、ある?と考えさせられ、きっと心を奪われかけることを約束できるほど、最近のAndroidは負けていません。というよりモノによってはiPhoneより優れていることもあります。
よりよい環境を手にしたいなら、絶対見る価値があります!

 
 

2.能ある鷹は爪を隠す?簡潔なルックスにまさかの高性能


色のラインナップは白と黒のみ。潔いとも言えるシンプルを極めたかのような見てくれの
MONO MO-01Jは、蓋を開けてみると見た目とは裏腹の文句のつけようのない高スペックです!
 

  2.1これがMONO MO-01Jだ!

ドコモの一括648円スマホ、として紹介されているのが印象的なMONO MO-01J
どういうこと?それって購入するときに648円が必要なだけで本当はウン万を24ヶ月に分けて払わなきゃいけないパターンなんでしょ?と思ったあなたは毒されすぎです。

非常に気持ちは分かりますが、こればかりはそういうことではないようです。
 
ならばどういうカラクリかって?MONO MO-01Jの端末代金は本来32,400円(税込)なのですが、端末購入サポートなるものがついてきて31,725円割り引かれ、648円になのるのです。
「一括⚪︎円」と、「実質⚪︎円」、実は違うのです。
 
ちょっと注意が必要なのは、一括648円になるのはドコモショップでの購入でないといけないケースがあることと、端末代が安くなる分通信費がちょっと高くなること。そして1年以内に解約してしまうと端末購入サポート解除料という安くない金額を払う羽目になります…。

注意です。
2016年12月に発売されたMONO MO-01J、とてもシンプルなルックスは背面もガラスパネルで、Xperiaを思わせる高級感を醸しています。

 2.2シルキーなボディに隠された手堅いスペックと対応バンド

これだけ安くて、しかも見た目がシンプルだと「もしかして安物買いの銭失い…?」と心配になるかと思いますが、しかしこの安定したスペックをご覧ください。

 発売日  画面サイズ(インチ)  対応バンド 重さ(g) CPU  バッテリー容量(mAh)  メモリ容量 価格(円)
 2016年12月  4,7  1,3,6,19,21  138  Qualcomm MSM8952
1.5GHz(クアッドコア)+1.2GHz(クアッドコア) オクタコア
 2440 2GB/16GB  648

まさに裏地の美学とも言えるのではないでしょうか。
 
面白みを感じない?シンプルさが一転して、上品に澄ましてるように見えてくるようです。
また、ドコモの独自サービスである「スグ電」を搭載しているため着信がきたら耳に当てるだけで通話開始ができます。

さらに通話を終了したいときには画面を下にして机など平らなところに置いたり、端末を2回振ることで電話を切ることができるのです。
 
着信が来たのに焦って切ってしまったり、通話終了したはずが実はまだ切れていなくて聞かれたくないことを聞かれてしまった…などと言ったアクシデントも回避できますね!

 2.3ちょうど良いって、心地良い

とは言ってもMONO MO-01J、割と最近に発売されたドコモの端末にしては珍しくワンセグや指紋認証、おサイフケータイ機能などが付いていません
 
けれど先述したとおり標準スペックは平均的にすべて優れています。
文句のつけどころもないと言うか、特筆するほどのものもない…、けれど普通に使う分にはこれで良い、むしろこれが良い、と思えるのではないでしょうか。

もうスマホは十分進化しました。これ以上進化したところで、持て余してしまいます。」という方のためにあるような、そんな端末です。
 

3.目を瞑ってさわるとまるでiPhone?

背面のアルミフレームはひんやりとしていて肌馴染みが良く、iPhoneを思わせるarrowsNX F-01J

けれどその性能はiPhoneを凌ぐかもしれません。
以下スペックの価格は本体の端末価格です。

 発売日  画面サイズ(インチ)  対応バンド 重さ(g) CPU  バッテリー容量(mAh)  メモリ容量 価格(円)
 2016年12月  5,5  1,3,6,19,21  169  QualcommMSM8953
2.0GHz(オクタコア)
 2850  3GB/32GB  93,912

3.1 画面にヒビが入っちゃってる人は落ち着いてコレを選んだらいい


この端末にしても画面にヒビを入れてしまう人は最早ただのおっちょこちょいの人ではなく、なんらかの特殊部隊の一員なのかもしれません。
 
なぜならarrowsNX F-01Jは最高クラスの防水、防塵性能を搭載しているだけでなく、なんと米国防総省の軍事調達規格の14項目をクリアし、1.5mの高さからあらゆる方向へコンクリートに落とす試験もクリアしている、ドコモのスマホ史上、最も厳しい水準のテストをくぐり抜けてきた最強スマホなのです。

高硬度の素材を独自の構造で組み立てられたボディは、曲げや歪みに対する耐久性もバッチリで、さらにはディスプレイの周囲だけ0.3mmのフチが設けられているため、落としてしまっても画面が地面に触れにくいから割れにくいのです!
 

3.2 arrowsNX F-01Jの多機能を飼いならす快感

arrowsNX F-01Jはとにかく便利機能がたくさんあります。例えば…

  • 精度がどんどん研ぎ澄まされていく虹彩認証
  • バッテリー残量が少なくなったときに全体のパフォーマンスを抑えて少しでも長時間使えるようにするバッテリーセーバー
  • 左利きの人でも手の小さい人でも、文字を打ちやすくキーボード位置を左右に調整出来るSuper ATOK ULTIAS
  • キーボードだけでなく全体的にディスプレイの表示を下、左右にずらすことも出来る「スライドディスプレイ
  • スマホを操作している時ふいに横になったら画面が横になってしまった→スマホを振ると縦向きに戻る
  • 3G/4G、WiFiを同時に使って通信をより安定させる「マルチコネクション

などがあり、使えば使うほどに持ち主のスタイルや感覚にフィットするようになっています。
携帯を変えたら最初は勝手が違うから、どうしても手探りになってしまうもの。

arrowsNX F-01Jは使える機能が本当に多いので、最初こそ持て余しがちになってしまうけれど、使っていくうちにいずれオンリーワンの存在になるでしょう。
そしてマルチな機能性ゆえに使いこなす快感はひとしおでしょう。

3.3指紋認証はなし

従来のarrowsNXシリーズには「ハイスペック」なイメージが強いのですが、「ちょっとそういうの、もう疲れちゃった」という姿勢が垣間見れる端末とも言えます。

その最たるものとして、指紋認証がありません。そしてカメラの画素数も他に比べるとあまりぱっとしません
 
しかしarrowsNX F-01Jの誇るべき点は計算された頑丈なボディ、そして充分すぎるバッテリー容量にあります。
あえて今、「たくさん、長く使う」ことにコンセプトを置いたかのような特性が目立つのは、それが本来人が道具を用いるのに必要不可欠な条件だからではないでしょうか。

4.プラチナバンド対応のNexus6Pが正解!

Nexus 6Pにも指紋認証機能が搭載されていますが、この端末はボディの背面に指紋認証センサーが付いています。
google社とファーアウェイ社の共同で開発されたNexus 6Pはフルメタル仕様となっていて、指紋認証センサーも同じ素材でとってもスマートな印象です。

そしてNexus 6Pはプラチナバンド対応です。
通信バンドで選ぶなら今は「プラチナバンド」で選ぶのが大正解!です。

4.1ところでプラチナバンドって?

ドコモのプラチナバンド対応、となると、ドコモ系格安SIMの利用でより安く効率的に運用することが出来ます。
ドコモのプラチナバンドとは「FOMAプラスエリア」とも呼ばれるBand6、Band19にあたります。
 
これらをカバーしているものを「プラチナバンド対応」と呼びます。
プラチナバンドのなにがプラチナ?というと、簡単に説明すると最新の通信手段である4Gがより安定して色んな場所に届きやすい電波、であるからです。

本来この二つのバンドは日本仕様のものであるため、グローバルモデルの端末では対応していない端末が多いです。
しかしNexus 6Pはグローバルモデルでもプラチナバンド対応です。
 

4.2米国モデルとグローバルモデルの違いとは?

さてNexus 6Pには米国モデルとグローバルモデル、ふたつの種類があります。要は単純にNexus 6Pが北米にも販売されていて若干仕様が違う、ということのようです。
その仕様、というものの代表格がバンドなのです。

ドコモユーザーにとってグローバルモデルの方が使えるバンドが圧倒的に多いです。
そもそも米国版は国内にいてはあまりスムーズに手に入らない?のですが、国内で生活するぶんには変な色気を出さずに普通にグローバルモデルを持っていた方が無難です。

4.3iPhoneばりの価格

ここでNexus 6Pのスペックを見てみますが、特筆すべき問題点は実に本体価格です。

 発売日  画面サイズ(インチ)  対応バンド 重さ(g) CPU  バッテリー容量(mAh)  メモリ容量 価格(円)
2015年12月  5,7  1,3,6,19,21  178  Qualcomm Snapdragon 810 オクタプロセッサ  3,450  3GB/64GB  80,800*

当初の販売価格で80,800円也。ここからさらに*60,50円の値下げこそされているものの…

ちなみにiPhone7 plusが85,800円互角です。
 

5.これが最新、ソニーの実力「Xperia XZ」だ!

天下のソニーから出たドコモの最新端末「Xperia XZ」。
ソニーといえばかつてVAIOなどの最上位モデルに「Z」をつけてリリースする習性があったのが、とうとうXperia Xシリーズでも出てきてしまったようです。

 発売日  画面サイズ(インチ)  対応バンド 重さ(g) CPU  バッテリー容量(mAh)  メモリ容量 価格(円)
2016年11月 5,2  1,3,6,19,21,28 161 Qualcomm MSM8996
デュアルコア+クアッドコア
 2900  3GB/32GB 81,648

 
ボディ背面の素材は神戸製鋼のメタル素材ALKALEIDO”を使用、かなりの高級感を装備しています。
 
また指紋認証センサーはサイドにある電源ボタンと統合していて、一見指紋認証などないように見えますが、前作のXperia Z5に比べ格段に認識スピードが上がっています。

5.1もはや愛さずにはいられない、不動の神性能

ハイスペックでありながら、人をワクワクさせる仕掛けに富んでいるのがソニーであり、ただネットと通話が不便なく使えたらそれで充分、と思っていたスマホの概念が覆されこれがあればなんでも出来るようになる気がする」と思わせてくれる存在が、ソニーのスマホです。

まずカメラ
レンズ周りのトリプルセンサーを見ただけで分かる「只者ではない感」。レンズは一般的なスマホについているものより大きく、2300万画素あります。もう素人には現実味の感じられない数値ですがこれは実にiPhone7の2倍弱とも言えます。
ちなみにインカメラの画素数ですら、iPhone7のアウトカメラを超えています!

そして「レーザーAFセンサー」が搭載されており、暗い場所でも被写体との距離をすばやく認識し、ピントを合わせてくれます。
 
さらに「RGBC-IR センサー」が、日光の下や日陰、建物内のあらゆる照明などホワイトバランスの崩れがちなあらゆる光源環境であっても、この目で見たままに極限まで近づけて撮影することが可能になりました。
さらにフォーカス機能13段階ものシャッタースピードの調整まで出来るようになり、「どう撮りたいか」という自分の思惑や細かいこだわりをも表現することが出来るのです。

そしてオーディオ
なんて言ったってソニーですから、完璧にスマホの見た目をしたハイスペックオーディオプレイヤーにだってなれるのです。
音質もイコライザーで自分好みに調節することが出来ます。

スピーカーで聞くときは、「S-Force Front Surround」をオンにすることで一気に音が臨場感をもった広がりのあるものに変わり、ノイズキャンセリング機能のあるヘッドホンを繋ぐと本体も最適化され、ハイレゾ対応のヘッドホンやスピーカーではノイズキャンセリング機能を効かせつつハイレゾ音源も聴くことが出来、もちろんそうでない手持ちの普通のイヤホンでも最適化され良~い音で聴くことの出来る「ヘッドホンの音質補正機能」なんてのもあるのです。
 
そう、通話とネットの出来るすごいオーディオプレイヤーです。

さらにバッテリーもクレバーです。
スマホを、100%充電できてるのにいつまでも充電しっぱなしでいるとバッテリーの劣化に繋がると、よく言われていますがソニーはそこに着目したようです。
ユーザーの生活パターンを認識、判断し充電を始めてから100%になる時間を自動で調節することで、100%になりっぱなしの状態を回避します。

寝る前に充電ケーブルに繋いでおけば、起床時間あたりに充電速度を遅めてこちらの起きるタイミングに合わせて100%になるという、主の顔色を伺う機能です。
 

5.2充電ケーブルにご用心

Xperia XZに限ったことではないのですが、充電ケーブルの端子をよくご確認ください。
従来の「microUSB」から「USB Type-C」に変わっているだけでなく、端末購入時に付属してきません
普通、付いてくるものじゃないのか…?と思うかもしれませんが、バッテリーがクレバーだから、許してさしあげてください。

 

6.世界初、驚異の最高級クラスのスマホ

ドコモがまた、スマホの世界初を打ち出しました。おそらく今現在の世界初、且つ最強級クラスのスペックと言えるスマホ、それがドコモオリジナルモデルV20 proです。
一体何が世界初か----- それはV20 proの差し迫ったオーディオテクノロジーにあります。

アメリカのAVメーカーのESS社の、音源として変換されるときにどうしても発生してしまう音の歪みやノイズを最大50%まで低減させるQuad-DACをスマートフォンで初めて内蔵し、デンマークの高級AVブランド「Bang&Olufsen」のエンジニアとサウンドマスターが音質チューニングすることで、クリアで最大限に原音に迫った音質を実現します。
手持ちの普通のイヤホンでも、びっくりするほどの高音質で聴けちゃう、ということです。

これだけでも豪華すぎますが、ハイエンドと謳うそのスペックにも驚きです。
 

6.1スマホを超えた未知のスマホ、V20 proとは?

カメラと音質に最高級のこだわりを詰め込んだドコモのV20 proですが、それだけ贅沢なのだからバッテリー容量もタフです!
しかもその割には軽量なのも未来感溢れます。

カラーバリエーションが黒しかないのは「匠感」を出すため、らしいです。充分です。
 

6.2色々すごすぎるのでまとめてみた

 発売日  画面サイズ(インチ)  対応バンド 重さ(g) CPU  バッテリー容量(mAh)  メモリ容量 価格(円)
 2017年2月  5,2  1,3,6,19,21  146 Qualcomm MSM8996 クアッドコア  2900 4GB/32GB  79,704

先述した音質の良さと標準スペックに加えて

  • カメラの性能も最高級。暗い場所でも撮影出来る標準画角1620万画素に、さらに画角135度の超広角820万画素センサーをも備えたデュアルカメラを搭載し、よりダイナミックな撮影が可能になっています。なんと広角レンズはインカメラにも搭載されています…!さらにレーザーオートフォーカス、ウィンドノイズフィルター、Hi-Fi録音と二種類の高性能マイクでの音声収録や高精度の電子手振れ補正も採用されており、やはり豪華絢爛な装備です。
  • Bang&Olufsen」と共同開発した非売品ハイレゾイヤホンも付属されているのです!
  • さらに動画撮影時のマニュアルモード機能でシャッタースピードやホワイトバランス、フォーカス、アスペクト比、ISO感度、露出補正などを自分で調整することも出来ます!
  • メインディスプレイにはWQHD高解像ディスプレイを採用。
  • メインディスプレイの上部に5.2インチの有機ELのセカンドスクリーンがついており、そこから時間やバッテリー残量、通知やショートカットが表示されています。セカンドスクリーンは画面を消灯してても確認出来、有機ELなのでバッテリーの消費も抑えられます
  • 背面に指紋認証センサーが搭載されているのでディスプレイの表示を阻害することなくスマートに操作可能です。
  • より高音質なVoLTEにも対応しています。
  • もちろん防水、防塵。さらにフルセグ、おサイフケータイにも対応しています。

 6.3今一番つながるスマホ

通信速度が受信時で最大下り500Mでの通信が可能となり、これはもうほぼ現行のスマホでは最高と言えるでしょう。
それでいてこれだけ多くの通信バンドに対応しているのだから、どこへ行ってもどこへでも繋がることが出来ますね

 7.ドコモ最大バッテリー容量なんて最高に決まってる

Galaxy S7 edgeのなによりすごいところはそのバッテリー容量。なんと3600mAhも搭載されているのです。
連続待受時間はLTEで420時間、3Gでは450時間、連続通話時間はLTEで1260分、3Gで1350分という想像のつかないタフさです。
さらにGalaxy S7 edgeにはバッテリーを節約するための機能がいくつもあるので工夫しながらバッテリーを長持ちさせることも出来ます。

7.1 Galaxy S7 edgeかAIか

今出てるAndroid端末の中では、総合的にトップのクオリティでしょう。

 発売日  画面サイズ(インチ)  対応バンド 重さ(g) CPU  バッテリー容量(mAh)  メモリ容量 価格(円)
 2016年5月  5,5  1,3,6,19,21  158  クアッドMSM8996 3600 4GTB/32GB  93,960

スマホに見せかけたAIと言っても過言ではないハイテクさは、ほとんどのユーザーがすべての機能を使いこなせないのではないでしょうか。

画面をスクロールした状態でスクリーンショットを撮ることが出来たり、
PCのウィンドウのように小さい画面で別の作業が出来たり、
端末がバッグやポケットに入ってる時になにかに当たって誤作動を起こすのを予め防ぐ機能があったり、
フロントカメラが顔を認識して、ユーザーが画面を見ている間に勝手に画面が消灯するのを防いだり…
 
本当に本当に、人間の能力を超えているのです。

7.2いわゆる「未来のスマホ」を具現化したボディ

丸みを帯びたエッジの際まで、スクリーンが湾曲して貼られているデュアルエッジスクリーンは、何年も前からよく巷で言われていた「次に出るiPhoneの予想」の図そのものを思わせます。
 
ここのエッジの部分からスワイプさせてよく使うアプリを表示させることが出来るのです。ここから電卓やメモ、定規までそのまま出せるので使いこなせば本当に便利です!

それだけでなくスクリーンは縦横に二分割して別々の表示をすることも出来、さらに画面消灯時にエッジスクリーンをサブディスプレイのように時間やバッテリー残量、ニュースなども表示することも出来るのです。電光掲示板のような使用感です。
 
そして実は画面消灯時に電源ボタンを押さなくてもメインディスプレイで時間やカレンダーなど表示することの出来る「Always On Display」という機能も搭載されています。
なによりこのAlways On Displayの表示がとってもクリアでかっこいい!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

おわりに

いかがでしょうか?Androidは自由度も高いぶん、人の想像するスマホの伸びしろを遥かに超えているということが伝わったでしょうか。
とくにドコモ系の機種は本当に最先端、とにかく最高級のものから手頃で居心地のいい落ち着くものまで、広く扱っていることがわかるかと思います。
もちろん、紹介したこれらの端末はすべて多くのバンドに対応しているため、「遅い」「繋がらない」などといった初歩的な悩みは過去の思い出になります。
ぜひ、参考にしていただけたらと思います。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.