iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

MNP

【完全保存版】ドコモのスマホ料金をどこまでも安くする方法

投稿日:

ドコモのスマホの料金どうにか安くならないだろうか。格安SIMが出てきているがどうなんだろう?なんて考えていると思います。

でもショップへ行ってもこれ以上安くならないって言われるし、挙げ句の果てには自宅のインターネット進められるし・・・料金相談に言ったのにどんどん契約させられてもう嫌だ、と感じている人は多いです。
 
しかし!!諦めるのはまだ早いですよ。しっかりと自身でスマホの料金体系を理解すればスマホの月額料金なんてすぐ安くできます。
 
今回は、通信業界にとーっても詳しい人達から情報を集め、あなたにピッタリの料金で運用できる様にスマホの料金体系から格安SIMの料金の仕組みまで重要なポイントを抑え、詳しく記載してあります。
 
この記事に書かれている事さえ抑えておけば、スマホ料金を節約できるだけではなくこれから先、スマホ料金で苦しんでいる家族や友達にあなたがアドバイス出来る様になります!理解できるまで何度も読み返してもらえたらと思います。
 
目次
1、   今よりも安くなる?ドコモのスマホ
1−1、料金プランの仕組み
1−2、通話プランの種類
1−3、インターネットの利用量を決めよう!
1−4、ドコモ月額料金はここまで落とせる!!
 
2、  ドコモの格安SIMを見ていこう
2−1、料金の仕組み
2−2、通話プランはどんなのがある?
2−3、インターネットの利用量を決めよう!
2−4、格安SIMならここまで落とせる!!
 
3、   そもそもドコモと格安SIMって違うのか?
3−1、ドコモの電波を借りているのが格安SIM
3−2、ドコモと同じエリアは電波が入る?
3−3、通話品質はどう?
 
4、     ドコモと格安SIMの意外と知らない3つの事
4−1、固定Wi-Fiは必要?
4−2、スマホ機種は自分で調達
4−3、スマホ保証について
 
5、     格安SIMと同等料金に?ドコモのシェアプラン
5−1、家族・複数台まとめると1台あたり・・・
5−2、固定Wi-Fi利用でさらに割引
5−3、利用年数に応じた割引
 
6、     ちょっとした通話と料金プランの多さに注意
6−1、通話し放題は意外と安い?
6−2、格安SIMは料金プラン・会社が多い
6−3、スマホ本体の値段に注目!!
 
7、     どこまでも安くする為には?
7−1、月々の最低額はこれだ!
7−2、安さを取れば、デメリットが出てくる
7−3、不安なら格安SIMと併用
 
8、     まとめ
8−1、適正料金を知ろう
8−2、スマホ本体の値段を入れて計算しよう
8−3、格安SIMを併用して決めよう
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1、今よりも安くなる?ドコモのスマホ


この記事を読んでいる人が全員が、今よりも安くなる為に情報を集めました。1円でも安くする為に。普通にドコモショップにある総合パンフレットを見ると、ひとり当たりドコモのスマホは月8,000円から10,000円の設定になっています。
これ以上、安くしたいですか?
 
…そしたらしてみましょうか。
 

1−1、料金プランの仕組み


料金を安くする為には、スマホの料金がどうして高いのか。どうして今の料金になっているのか。料金プランの仕組みを知る必要があります。
 
↓にスマホ料金の公式を載せます。
通話プラン ➕ ネット使用量 ➕ 本体代金 ➕ 保証 =スマホ料金
 
これ、意外と知らない人多いです。絶対に忘れないで下さい。少なくともこの記事を読んでいる間だけは覚えておいて下さい。ここを抑えて置かないと安くすることはできません。
 

1−2、通話プランの種類

通話プランの種類を表にまとめました。↓がその通りです。

通話プラン種類

カケホーダイプラン カケホーダイライトプラン
スマートフォン

3,000円

2,000円

ガラケー

2,500円

1,500円

 
スマートフォンとガラケーでは料金が違うんですね。
・カケホーダイプランとは国内通話無料
・カケホーダイライトプランとは5分以内が無料
 

1−3、インターネットの利用量を決めよう!

スマホでインターネットをどの程度利用するのかで月額料金が大分変わってきます。
これは予め決めておいて下さい。自分はどのくらいスマホでネットを利用するんだろうかと。「えっ?!わからない、そんなの」という方もいらっしゃると思います。これはコツですが、わからない人は1番安いプランを選んで下さい。
 
↓がネット料金表ですが

  • データMパック(標準)(5GB):5,000円
  • ウルトラデータLパック(20GB):6,000円

当たり前ですが、ネット利用が増えれば増えるほど料金が上がっているのが分かると思います。その為、1円でも安く使いたいのであれば問答無用でネット利用量が少ないプランで構いません。
 
逆に言うと現状プランを安くする為にはネット利用量を制限しないといけないということです。
 

1−4、ドコモ月額料金はここまで落とせる!!


どうでしょうか?通話プラン➕ネット利用量の料金システムがわかった事であなたのスマホ月額料金がほんのり理解できたかと思います笑。
あとは、自分の好きなスマホ本体➕本体保証(※これは強制加入ではありません)を決めて足して貰えばスマホ1ヶ月料金が出るはずです!!
 
試しにドコモ公式サイトがこちら👉https://www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/index.html
ここに料金シュミレートあります。好きな機種を選んでシュミレートしてみて下さい。今と比べて下さいませ。(※わからない項目は無視して何もチェックしないで進めて下さい。この段階では、あくまであなたの好きなスマホを選び、上記で説明した通話プランとネット利用量を決めて選択するだけで🆗です)
 
 
詳しくは6章でお話しますが、ドコモは家族全員でまとめると安くなる料金システムを取っています。実は、ドコモが3人、4人と増えていくと安いんですよ。これから話していきますが、格安SIMより安くいけますから。
 
その代わり「1人だけドコモなんだけど…」という方。
申しわけありませんが、8,000円から10,000円は相場の料金です。これ以上安くすることは現状難しいです。
 
ただ、ただですね。諦めるのは早いですよ。あるんです。たった1つ方法が…
 
次の章へ行きましょう。
 

2、  ドコモの格安SIMを見ていこう


ここからは、ドコモの電波を利用した格安SIMを見ていこうと思います。特に1人だけドコモという方は絶対に見ないと損します。読み進めてみて下さい。
 

2−1、料金の仕組み

料金の仕組みですが、色々な会社でドコモの格安SIMがありますが、実はドコモとほぼ同じ仕組みになっています。
 
通話プラン ➕ ネット使用量 ➕ 本体代金 ➕ 保証 =スマホ料金
 
これは変わりません。ただ、通話プラン➕ネット使用量の部分が格段に安いのが特徴です。
※格安SIMの場合、沢山の会社が存在するので目安の料金体系になりますが、通話とネットで1,480円〜3,980円が相場になってます。
 

2−2、通話プランはどんなのがある?


格安SIMは通話プランは各社ほぼ共通しており以下の通りになってます。
・通話料金が30秒で10円で通話した分だけかかるプラン
・5分あるいは10分通話し放題プラン
・60分無料通話プラン
・通話し放題プラン
 
ほとんどドコモと同じですが、1つだけドコモよりも安いところがあります。格安SIMの通話料は30秒で10円というところです。ドコモは30秒で20円ですからね。10円…結構デカイですよ。
 

2−3、インターネットの利用量を決めよう!


ドコモと同じです。通話プランをどれにするか決めたらネット利用量も決めましょう。これで利用料金が決まります。通話プランだけというのは今の所格安SIMでは存在していません。
ちなみにドコモと違い、格安SIMの場合は1日110MBや、1GBプラン、2GB、3GBなどドコモと違いプランに幅があります。これは結構ありがたいですよね。
 

2−4、格安SIMならここまで落とせる!!


ドコモは8,000円から相場になってましたが格安SIMであればどこまで落とせるのか。結論から申し上げると、1,480円から持つことができます。この料金だけ見たら、格安SIMに変える人が増えるのもわかりますね。
 

3、   そもそもドコモと格安SIMって違うのか?


そもそもドコモと格安SIMって違うのか?という事ですが、同じところもあれば違うところもあります。具体的に見ていきましょう。
 

3−1、ドコモの電波を借りているのが格安SIM

格安SIMはドコモの電波を使っています。ドコモの電波を100とするなら、そのうちの一部を格安SIMユーザーが利用しているイメージを持っていただけると幸いです。あくまでもドコモの電波なのでドコモも格安SIMも同じ電波塔を利用していますが、ドコモユーザーの方が優先して電波塔を利用しています。
 

3−2、ドコモと同じエリアは電波が入る?


格安SIMはドコモと同じエリアの電波が入ります。ドコモの電波が入れば大概格安SIMも電波が入るようになっています。ただ山岳部へ行くとドコモは入るのに格安SIMは入らないといったこともありますので全てカバーしているわけではないようですね。
 

3−3、通話品質はどう?


通話品質ですが、こちらもドコモユーザーの方が良いです。どの程度良いかと言うと、スッキリ聞こえます。格安SIMだと声がやまびこになったりたまに途切れたりすることがあります。これは料金が安い分しょうがない部分でもありますね。
 

4、ドコモと格安SIMの意外と知らない3つの事


料金が安い、ドコモの電波を使うという事で安心してしまうケースが多くない。だからと言ってドコモのスマホだから良いと言う訳でもない。そもそもスマホを持つに当たって知っておかないといけない事がある。それを見ていきましょう。
 

4−1、固定Wi-Fiは必要?


スマホを持つ上でどうしても必要なのか不安になる事。それは自宅の固定Wi-Fiである。結論から言えばどんなスマホでも固定Wi-Fiは必要である。特に格安SIMユーザーは特にである。実際にショップの販売員に話を伺ってみると、格安SIMにしたい人程に自宅の固定Wi-Fiを抜きで純粋に通信費を安く持とうとする。
 
確かにその考え方は悪くはないが、スマホはアップデートやアプリダウンロード・ゲーム機としての機能を持ち合わせている。これらはしないといけないわけではないが、した方がメリットが大きい。固定Wi-Fiを入れなくても20GBプランや30GBプランもあるじゃないかと言われそうだが料金を見てもらいたい。
 

4−2、スマホ機種は自分で調達


ドコモの場合はショップにあるスマホから選べば良いが、格安SIMの場合はそうはいかない。欲しいスマホがあるなら自分で調達しないといけない。今、格安SIMも各社端末セット売りをし始めているがまだまだ端末の種類は少ない。
もしも端末で不安なのであれば、ドコモを契約する方が手間暇は大幅に防げる。
 

4−3、スマホ保証について

スマホの保証については、言わずもがな。ドコモで契約する方が手厚い。格安SIMは保証システムはあるものの、何かあった時は自身で解決していかないといけない。そうなって始めてやっぱりドコモにしておけば良かったとなる人が少なくない。
 

5、格安SIMと同等料金に?ドコモのシェアプラン


実は知られていないがドコモにはシェアプランというのがありこれが意外と安いのである。格安SIMと同等料金になるのか確認してみよう。
 

5−1、家族・複数台まとめると1台あたり・・・

家族で複数台持っているあるいは、家族全員でドコモだという方。実はシェアプランを申し込むと格安SIM並みの料金で使えるのである。
しかしこれには条件がある。3人以上でシェアプランを申し込みする必要がある。ぜひ試しに自分の好きな端末とシェアプランで料金を見て欲しい。↓
ドコモ公式ホームページ 料金シュミレーション
 

5−2、固定Wi-Fi利用でさらに割引


さらに、シェアプランを組み固定のWi-Fiをドコモ光にすると最低でも主回線の方に500円〜(※データ料金によって幅がある)割引を入れることができるのも料金を安くする為に必要だろう。
 

5−3、利用年数に応じた割引


ドコモにはその他に割引が入る。それは利用年数に応じた割引だ。こちらも600円〜入っていく。是非とも料金シュミレーションで確かめてもらいたい。ドコモショップに行って見積もりを出してもらう場合は、余分なオプションやデータ量が勝手にショップ定員が決めているので必ず指定すること。そしてオプションに入らないと特別な割引が入らないなど色々言われるがひとまず置いといて見積もりを出してもらいましょう。
5,000円前後で出せるはずである。
 

6、ちょっとした通話と料金プランの多さに注意


あまり実感がわかない方が多いのが「私は通話あまりしないから」といい、通話プランを疎かにしていると月額料金に響いて来ている人が沢山いることはご存知でしょうか?月額料金を安くしたいのであれば自分にあったプランを選ぶことが大事なのである。
 

6−1、通話し放題は意外と安い?

カケホーダイプランは2,700円となっている。通話し放題プラン以外のプランは30秒/20円。一分間で40円の計算だ。ちなみに月に10分の通話をすると400円。月に20分の通話をすると800円となる。月に30分の通話をすると1,200円だ。
本来、スマートフォンは電話機の延長線上でネットも出来る機械です。通話をどの程度するのか、各自考えて決めた方が良い。
 

6−2、格安SIMは料金プラン・会社が多い


それに格安SIMは沢山の会社が出している。鋭い方はお気づきかと思いますが、会社の分だけ料金プランが多いのだ。何が言いたいのかというと、先ほどの通話の件もそうだが自分がどの程度スマートフォンを使うのかあらかじめ決めていかないと月額料金を下げる事が出来ないという事だ。
 

6−3、スマホ本体の値段に注目!!


格安SIMの利用する時に、月額料金へ一番影響があると言っても良いかもしれないのがスマートフォンの料金だ。10万を超える端末もあれば1万未満の物まで幅広く存在している。もちろん値段が安ければ安いほど月額料金は抑える事が出来るというわけですが。
 
安ければ安いほど一年足らずで買い替えや中途半端に知らないメーカーのスマートフォンだといざという時どこに頼ったら良いのか迷う。
 
だが、ドコモとの契約なら何かあればドコモショップへ行けば良い。しかも端末値引きが入るので10万前後のスマートフォンでも安く持つことも出来る。
 
さあ、あなたはどっちがお得でしょうか?
 

7、     どこまでも安くする為には?


月々の料金を安くするためには、ここまで読んで頂いたあなたなら何となくわかっているだろう。自分にあったプラン、あるいは自分はどのようにスマートフォンを利用するのかを決める事だ。いくら安い料金を提示したところで自分に合っていないのであれば料金はかかる。
一先ず、最低料金を出してみよう。
 

7−1、月々の最低額はこれだ!

格安SIMで出すと、月々の最低金額は3,000円代。これが最低料金になるだろう。一番ランクの低い端末、最低ネット利用量。そして通話機能。
この3,000円代にこだわりの端末、そこそこのネット利用量。そして微量な通話料金。そう考えるとギリギリ5,000円代といった所だ。
 
それならば、ドコモへ家族全員で行く。あるいは、長い年月ドコモ利用しているのであればそのままドコモに留まる方が利口な考え方になる事もあるのではないだろうか。
 

7−2、安さを取れば、デメリットが出てくる


上記のように安さを求めると、かなり痛いデメリットが出てくるのである。端末性能の悪さ、チョットの通話で料金アップ、ネット接続の不便さ。これは安くした分だけ付きまとうデメリットだ。これらを承知した上で契約を決めましょう。
 

7−3、不安なら格安SIMと併用

もしも、料金を下げて不安になるようなら格安SIMと併用することを勧める。具体的には従来の携帯電話、ガラケーを持ちスマホは格安スマホ。2台持ちをしている人をたまに見かける。そのほとんどがこのガラケーと格安スマホの2台持ちだ。
カケホーダイガラケーで2200円。格安スマホで600円〜。もちろんここに端末代金が乗ってくるが端末によってはかなり節約できる事があるようだ。
 

8、     まとめ


まとめだ。スマホで2,000円台で持つことは不可能だということ。頑張って3,000円代が最低ラインだと言うことを頭に入れておこう。
 

8−1、適正料金を知ろう

スマホの料金の仕組みは通話料金➕ネット利用量➕本体代金➕本体保証
どう考えても2,000円代では持てない。どんだけ頑張っても3000円代だ。3000円代もギリギリだが…
 

8−2、スマホ本体の値段を入れて計算しよう

もう口を酸っぱく言うが、スマホには本体代金が一番と言って良いほど月額料金を左右させている。これを抜きに考える人がものすごく多いのである。スマホの利用量だけ見れば確かに格安SIM優勢だろう。
しかし、本体代金を入れたらどうだろうか。もう一度良く考えてほしい。
 

8−3、格安SIMを併用して決めよう


もしもどうしても安く持ちたいのであれば、ガラケーに今まで使っていたスマホに格安SIMで運用するのがかなりお得に通信費を抑えることができる。新しいスマホが欲しい人。これはあきらめて月額6,000円から考えた方が良いと思います。
 
 
 
 
 
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.