iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

ドコモの機種変更で2万円以上得するための賢い方法!キャンペーン・クーポンの活用法も教えます!

投稿日:

携帯電話の機種を変えるとなるとかつてはMNPを利用したキャリア変更による実質ゼロ円が主流でした。
その煽りを一番受けていたのがドコモです。一時期は契約者数ナンバーワンから転落していたこともあります。
しかし、総務省の実質ゼロ円キャンペーンによる指導でMNPによる乗り換えに旨みがなくなってきつつあります。
そこで各キャリアは顧客繋ぎ止めのために機種変更にも割引キャンペーンを始めてきていますが、ドコモでは一体どんなキャンペーンをしていて、どこで機種変更をすればお得になるのか?
機種変更の方法からどこで買えばいいのかまで含めて全てご紹介します。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.ドコモの機種変更の方法

computer-918678_960_720
携帯電話の機種変更となると色々な方法があります。
ここでは主に多くの人が行う、もしくは行ったことがあるだろうという機種変更の方法について簡単にご説明したいと思います。
どこにも一長一短ありますので、どれがいいかを改めて見直してみるのもお得に機種変更をするのに必要になりますからご覧ください。
 

ドコモショップで買う

真っ先に思い浮かぶのはドコモショップでの機種変更でしょう。
しかし経験者ならわかるでしょうが、ドコモショップへ行くと先ずやってくるのは待ち時間です。
待ち時間にげんなりした後に待っているのは割引きされない新機種を勧められたり、割引するためには幾つかのオプション契約をしないといけないということ。
 
そして頭金を支払うことになります。この頭金は事務手数料で最低でも3000円支払わないといけないのですが、これはショップの維持費のために支払いをしないといけません。
値引きのためにしたオプション契約は初月無料で翌月から課金となるのが多いのですが、そんな契約をしたことを忘れてしまって課金が開始される月まで解約を忘れてしまい、携帯料金が高くなってしまった・・・なんて経験をした人もいるでしょう。
 
このようにドコモショップでの機種変更は煩わしいことが多く、値引きをしてもらうにはオプション契約が必須といえるでしょう。
 

量販店などで買う

家電量販店や携帯ショップで機種変更をする方もいるでしょう。
家電量販店で機種変更をすると値引きというよりもポイント還元といった形になるのでポイントを使ってアクセサリーなどを一緒に買ったり、別の家電を買うときに使えますのでお得になることもあります。
 
ポイント還元は家電量販店でのポイント還元になりますので大抵は10%、機種によっては20%になったりしますが、20%のポイント還元はセールの時だったりすることがほおんどですのでお得に機種変更をするには機種の選択肢が少なくなります。
そして、家電量販店や携帯ショップで値引きをしてもらうためにはドコモショップでの機種変更同様、オプション契約が必須になりますし、値引き額もオプション契約によって様々です。
値引きしてもらえるならと軽く考えて契約をするとこれもやはり携帯電話の料金が高くなってしまい、せっかく機種変更で本体を安くしてももらってもトータルではマイナスになってしまいます。
 
また、家電量販店では特定のメーカーを押す場合があります。
これは特定メーカーが売れると家電量販店に推奨金などといった名目でマージンが入ったり、利益率が高いので押してくるのです。
機種変更をするのに特にこれ!という人がない場合はこうした推奨メーカーに変更してしまう事もあったりしますのでこちらのニーズ通りにならないこともあり得るのです。
 

オンラインショップで買う

ネット上でオンラインショップで購入することもあるかと思います。
ネット上のオンラインショップであれば待ち時間もなく、安い機種を探せばたくさん出てきますし、24時間いつでも買えるので便利です。
オプション契約などの煩わしさもないので気楽に変更できるのが利点でしょう。
 
しかし問題点としては実機に触れないことと、購入後のサポートは殆ど望めないことです。
購入後に何かあった時は自分で調べて解決しないといけませんし、故障をした時は購入したショップではなくドコモショップに持ち込みになりますが、ドコモショップで機種変更した時に勧められる補償サポートに加入してないと修理費は高額になります。
 
こうしたトラブルを自分でなんとかできるのであればオンラインショップでの購入が良いでしょう。
 
 

2.ドコモの機種変更キャンペーン

17

下取りキャンペーン

ドコモでは現在機種変更をする時に下取りキャンペーンを実施しています。
これはドコモの携帯電話やスマホ、タブレットを使用していた人が機種変更をする時に店頭で下取り申込みをし、預けてもらうと携帯電話機などの購入代金がiPhoneだと最大で30,000円、Androidスマホですと最大で22000円割引されます。
 
下取りキャンペーンが使えるのは全国のドコモショップとドコモショップオンライン、一部の家電量販店のみになりまして、携帯ショップなどでは行っていません。
これには条件がありまして
・携帯電話購入時に使用の携帯電話を下取りに出すこと
・dポイントクラブ及びドコモビジネスプレミアムクラブに加入している
・正規店での購入で未払いがないこと
・正常に動作すること
・バッテリーに液漏れなどの不具合がないこと
・改造してないこと
・メモリーやデータが消去できること
これが条件となります。
 
実は他社携帯も下取りキャンペーン対象となり、iPhoneは対象になります。
Android携帯の場合は対象機種が決まっていて、Galaxy、Xperia、AQUOSが中心でソフトバンクですとARROWS、シンプルスマホも対象になります。
尚、当然のことですが画面割れをしている携帯も下取りに出せますが下取り価格は大幅に安くなりますのでご注意ください。
 

機種変更応援プログラム

これは2年以内に機種変更をしたい人向けのキャンペーンになります。
月額300円を一定期間支払うと2年の月賦期間を以内に機種変更をすると最大で27000円機種代金が割引されます。
 
こちらのプログラムの条件としては、
・対象機種を購入すること
Xi契約をすること
これが条件になります。
 
そして、割引にも条件があります。
・iPhoneの場合は1年以上使用して、1年過ぎた場合に対象機種に変更をすること
・Android携帯の場合は1年半以上使用して、それ以降に対象機種に変更をすること
・1年以降1年半以内に機種変更をする場合は前倒し金として2000円支払うこと(前倒し金は月額請求に上乗せされる)
・旧機種が正規店で購入していること
・旧機種が正常に動作し、画面割れやバッテリーの液漏れ、データの消去等が可能なこと
・改造をしていないこと
・旧機種の所有者が本人であること
・未払いがないこと
旧機種がこの状態でないと割引対象になりません。
 
そして、機種変更後も機種変更応援プログラムを継続することも条件になります。
加入対象機種はiPhone、Galaxy、Xperia、AQUOSが対象ですので、これらの機種を使いたいときはお得になるといえます。
 

家族まとめて割り

これは継続されているドコモの主要キャンペーンで既に利用している人もいると思います。
名前の通り家族まとめてですので二台以上使用する人向けのキャンペーンになります。
条件は次のようになります。
個人もしくは家族間で家族割引に加入しているファミリーグループ間で2回線以上の同月契約
・シェアパック10以上に加入
これが条件で割引となるのは月々サポート対象のスマホとiPhoneが最大で5184円割引となります。
 
割引額としてはそんなに高くないですが、スマホとタブレットを使う人や家族がドコモの携帯を使っている場合にはお得な値引きとなっていますが、一部割引が適用されない機種があります。それは主にタブレットや低価格スマホです。
これらは相方となる同時期に購入したスマホの割引には有効ですが、自らの契約においては割引対象外となるのでご注意ください。
 

端末購入サポート

端末購入サポートはドコモで行っている月々サポートとは別に行っているサポートでご存知の方も多いでしょう。
利用条件としては
・カケホーダイ、カケホーダイライト、パケホーダイの2年契約定期型の契約
・パケットパック、またはシェアオプションの契約
これは必須契約になりまして、購入月の翌月を一か月目として最低12か月連続して契約変更もしないで利用しないと解除料金が発生します。
購入端末サポートは新規購入や他社からの乗り換え向けなので機種変更向けとは言えないですが、機種変更の場合はdtab Compact d-02Hが対象となります。
新規購入向けではありますが、dtab Compact d-02Hに機種変更を考えている人には利用価値があるいえるでしょう。
 

はじめてスマホ割

名前の通りガラケーやキッズ携帯、らくらくフォンからスマホに機種変更をする時に適用される割引となります。
24ヶ月間非常に高額な割引を適用させることで毎月の料金を大幅に安くしてくれるキャンペーン「はじめてスマホ割」を実施していて、適用されると、毎月最大1520円の割引が基本料が割引されて
・カケホーダイ契約:1520円/月賦割
・カケホーダイライト契約:850円/月賦割
月々の基本料金が安くなります。
更に機種変更をするスマホによっては実質料金が無料になるケースもあります。
 
その機種はiPhoneSEです。
iPhoneSEに機種変更をするとFOMA割り、実質サポートを組みわせると実質料金が無料になります。
ドコモはガラケーもまだ発売していますが、スマホへ移行をしてほしいというのがあってガラケーユーザー向けにかなり基本料金も機種変更の機種の値段もかなり割引をしているので、ガラケーユーザーの方はスマホに移行すると利用料金も含めてかなりお得になります。
 
 

3.機種変更クーポン、ポイント

14
機種変更の割引キャンペーン以外にも機種変更で割引をされるケースも幾つもあります。
機種変更をするところや契約、加入オプションや機種変更をする時期など色々と条件もありますが、そういった加入条件がない場合もありますので、キャンペーンの機種変更と併用できるケースもありますので、併用したりなどをして更にお得に機種変更でお得になるので是非をご覧ください。
 

量販店でのポイント還元

これは家電量販店などのポイントを使って割引をされるケースです。
ポイントが多く残っているならば利用して機種変更をしてもいいですし、例えば家電量販店ではキャリアのキャンペーンを行っているケースがあります。
 
その時は本体の端末は割引される機種が出てきたり、本体の端末は割引されてなくても普段よりポイント還元率が普段は10%なのが12~15%が相場ですが、高くなっていてポイントが貯まりやすくなっていたりします。
こうしたキャンペーンは不定期ですが、キャリアであるドコモが販売台数を増やしたい時期に行う事が多いので新機種が発売された直後などは大手の家電量販店の旗艦店といわれる店舗で行われることが多いですので狙っていくのも一つの方法です。
家電量販店でもまとめて家族割引のキャンペーンは適用されますのでまとめて家族割引を利用すれば機種代金も安くすることが可能です。
 
また、カメラのキタムラではTポイントカードを利用して支払いやポイントを貯めることもできますので使用する機会の多いポイントカードのポイントを貯めるのも狙い目でしょう。
 
尚、iPhoneはこうしたキャンペーンをやることはなく、ポイントはどこで買っても一律5%ですのでiPhoneに機種変更を狙っている人には無関係になります。
 

ドコモショップから送られる割引クーポン

ドコモの携帯を利用している人でドコモショップに行ったことがある人は店員さんに「マイショップ登録をしてもいいですか?」と聞かれたことがあると思います。
これはドコモのサービスの一つで「マイショップ」サービスというのになります。
このサービスは普段はドコモショップに行くときの来店予約やドコモショップから案内がくるといった内容になりますが、この案内の中に不定期ですが機種変更する時に割引をされるクーポン券が送られてくる場合があります。
 
案内を送ってくれたドコモショップの店頭での機種変更をすると期間限定で機種は一機種のみになりますが、最大で1万円引きをしてくれるケースもあります。
自分がどこのドコモショップにマイショップ登録をしているかでこのサービスを受けられるかどうか変わってきますのでMYDoCoMoからマイショップの確認が取れますし、ドコモショップで申し込みができますので登録をしてない方は登録をしておいて損はないです。
 
また、こうしたクーポンは利用しない人はネットオークションに出品していることがあります。
自分の欲しい機種の割引クーポンがネットオークションで出品されていたら落札するのも一つの手です。
その際にドコモショップ限定の場合はマイショップを変更しておかないと割引が適用になりませんのでご注意ください。
 

151ポイントクーポン

機種変更を考えたことある人はインターネット上ではあちこちで流れているので、このキャンペーンを耳にしたことがある人がいるかと思います。
「151」はドコモのユーザーなら一度は電話したことがあるでしょう。
「151」はドコモの携帯電話から掛けられる「ドコモの総合サービスインフォメーションサービス」番号になります。
 
例えば、スマホの操作方法がわからない!といったときや携帯電話が故障したときや電波状況の確認をしたいとき、また携帯電話の料金の確認や契約変更、携帯電話をなくした時に悪用されないようにストップをかけられたりもできるセンターです。
総合窓口といっても携帯電話の販売をしているわけでもスマホの機種変更を受け付けているのではないのですが、なぜ151でクーポンがもらえるのか?
 
それはモバイルナンバーポータビリティ(MNP)です。
ご存知のように携帯電話は同じ番号のままキャリアを変えることができます。これを使って安くiPhoneなどを手にした人もたくさんいるでしょう。
ドコモはMNPは始まって以降、契約者数が減少していきました。そこでMNP流出の対策なのでしょう、裏ワザ的にこうしたサービスを始めたのかもしれません。
 
このクーポンは最大で20000円分の割引が機種変更にも使えるクーポンですが、必ずもらえるわけではありません。
貰える人とも貰えない人がいますし、最大で20000円分ですのでもらえた人でも10000円分だったりとまちまちですが、貰えるのならば是非とも欲しいクーポンになりますから、この151クーポンを入手するにはどうしたらいいのか?をご紹介します。
 
先ずはドコモのHPで「MYDoCoMo」にログインします。
MYDoCoMoでMNPの手続きをします。この手続きの途中で「お得なお知らせ」と表示されると対象ユーザーである可能性が高いそうです。
その表示が出た人は151に電話をして音声ガイダンスが流れたら、4の「各種サービス」を押して2の「携帯電話番号ポータビリティ」を押しましょう。
オペレーターに繋がったら「MNPを利用して他社へ乗り換えをしたい」という旨を伝えましょう。
そこで注意してほしいのは「ドコモに残りたいけど他社への乗り換えを考えていることを匂わす」ことです。
オペレーターからは「他キャリアへ乗り換える理由」「どこのキャリアへ乗り換えをするのか?」「他キャリアへ乗り換えた時の端末」「2年縛りに違約金について」こうした事を聞かれます。
その時にクーポンについて説明があるということだそうですが、オペレーターによっては説明がない場合がありますので、そこで「MYDoCoMoでお得なお知らせとあったけど?」とこちらから聞いてみましょう。
そこでクーポンについて案内があるかもしれません。
 
それでも案内しないオペレーターならばはっきりと「機種変更をする時に利用できるポイントがあると聞いたが自分は対象になっているのか?」とはっきりと言って構わないでしょう。
さすがにそこまで言えばオペレーターは調べます。対象でなければMNPの手続きを終えて電話を切って構いません。
 
MNPの手続きをする時にMNP予約番号が発行されますが、これは期限が決まっているので期限内でMNPをしなければ無効になりますからドコモに残る人はそのまま放っておいていいです。
この手続きをしてクーポンが発行された人は機種変更をする時に利用できますが、注意点として他のクーポンと併用はできませんのでご注意ください。
 
この裏ワザ的なクーポンですが、クーポンがもらえる条件というのが明確化されていません。
 
オペレーターも答えてくれません。ですので上述したようにMYDoCoMoでMNPの手続きをした時に「お得なお知らせ」という表示が出たというのが目安になるくらいで、対象の人も幾らのクーポンになるかわかりません。
20000円の人もいれば10000円だったという人もいます。
 
そして、このクーポンはいつ終わるかわかりません。151に電話した時はもう終わっていたということもあり得ます。
お得度は高いですが不確定要素が多いので利用するときはご注意ください。
 
 

ドコモショップオンラインの頭金、事務手数料無料キャンペーン

これはドコモショップオンラインで機種変更をするとお得になるキャンペーンです。
ドコモショップや街中の携帯ショップ、家電量販店で機種変更をした時に事務手数料や頭金として最低でも3000円支払いをしたことがあるでしょう。
 
これは機種変更をする時に必須だと店舗のスタッフから説明されますが、実は必須ではありません。
携帯ショップや家電量販店などでドコモの携帯電話を扱っているのはドコモショップも含めて販売をする代理店で代理店は契約数によって報奨金として収入が入ります。
 
新規契約やMNPなどの乗り換えを契約は報奨金は高いですが、機種変更は報奨金が低い設定になっています。
ですので機種変更は実は携帯ショップや家電量販店などにとっては手間のわりに儲けが少ないお客です。
 
そこで売り上げを確保するために頭金や事務手数料としてお客から機種変更の際に支払いをしているということです。
しかもこの頭金や事務手数料は機種の代金から値引きされません。端末の代金プラス事務手数料や頭金を余計に支払う事になります。
つまり、お客はその時点で損をしているわけです。
 
携帯ショップや家電量販店ですと頭金を断ることはできますが、代わりにオプション契約を求められますし、ドコモショップの事務手数料は断ることができません。
しかしドコモショップオンラインで機種変更をするとこの頭金や事務手数料は一切かかりません。
ドコモショップオンラインで機種変更をすると純粋に機種の代金だけになりますので余計な出費が回避できます。
 
そして、ドコモショップオンラインで購入するともう一つのメリットとして
・自宅
・コンビニ(ローソン・ファミリーマート)
・ドコモショップ
この三つから受け取り場所を選べます。
 
受け取り指定日を選ぶのですが、設定などをすぐにしたいけどわからない!という人はドコモショップで受け取ってドコモショップで設定を教えてもらいながらしてもいいですし、夜遅い帰宅の人はコンビニで受け取ることもできます。
自分の生活スタイルに合わせて携帯を受け取れますので待ち時間がなくなります。
 
余計な出費を避けるのも機種変更の際には大事ですのでこのサービスは知っておくと損はないですし、ドコモショップの割引キャンペーンも殆ど適用になりますのでドコモショップオンラインでの機種変更も視野に入れておくといいでしょう。
 
 

4.どこで買えばお得か?

ここまでドコモの機種変更をするとどれくらいの割引になるかを中心にポイント還元なども含めて紹介をしてきました。
機種変更は割引キャンペーンが多くないのでキャンペーンを行っている時期やどこで購入するかがとても重要になってきます。
 
絶対に押さえておきたのはドコモも含めたキャリアは契約者の流出を防いで、新規契約者が欲しいということです。その方針に沿って店舗で携帯電話を販売している代理店は新規契約者を中心に契約獲得をしようと営業をしています。
新規契約者やMNPのお客に手厚いキャンペーンを行っているのはそれだけの利益があるからです。
 
では、そこを押さえた上でどこで機種変更をするのがお得になるのか?
 
人によって様々ですが、一番損をしないのがドコモショップオンラインでしょう。
ドコモショップオンラインは街中の携帯ショップや家電量販店では取られない頭金や事務手数料はありません。
値引きどころか割高になることを防ぐことができますし、ドコモで行っている機種変更キャンペーンは適用されます。
 
そして、時期によっては機種変更をすると新たなポイントまでもらえることもありますので、機種変更をするならドコモショップオンラインで行うのが一番お得と断言します。
そこでドコモショップオンラインで機種変更をするとお得になる端末を幾つかご紹介します。
 

ネクサス5x


月々サポートを利用してシェアパック10、30、データM、Lパックを契約すると実質負担は648円(2年利用の場合)とかなりの割引をされます。
7月以降廉価版のスマホはドコモでも増えてきましたが、性能の高さとバランスの良さはネクサス5Xが一番優れています。
OSアップデートをしても動作が重くなる可能性も低いのでおススメといえます。
 

AQUOS compact SH-02H


Androidスマホでネクサス5Xには劣りますが、このAQUOScompactもかなり安いです。
シェアパック10、30、データM、Lパック契約で実質負担金は15552円となります。
そして日本製のスマホですのでネクサス5Xにはないおサイフケータイや防水、防塵機能も備えています。
カメラ機能は屋内撮影ですと難がありますが、それ以外の性能は2年後も満足できるスペックになっています。
 

iPhoneSE


これは上述したようにガラケーユーザーがスマホに乗り換える時に相当お得になります。
はじめてスマホや家族まとめて割、下取りプログラムにFOMA割り、実質サポートなどを適用すれば実質負担がゼロどころかマイナスになりますのでガラケーユーザーでスマホに機種変更をするならば一番のおススメです。
 

まとめ

いかがでしたか?
ドコモで機種変更をしてもこれだけお得になるキャンペーンがあります。
ネット上では色々と批判されることが多いドコモですが、それだけドコモに期待を寄せているユーザーが多い裏返しともいえます。
 
ドコモは長く利用してるユーザーが多いキャリアです。これは他のキャリアにない傾向ですし、ドコモはそれに今まで胡坐をかいてきたから契約者数がMNP以降減っていって、他キャリアへ流れていったというのは間違いないでしょう。
しかしながら、ドコモもそれらをわかってきて顧客繋ぎ止めのために長期利用者向けに「ずっとドコモ割」などの長期利用者向けのサービスを行い、長期利用者に対してのサービスを始めてきました。
これらのサービスによってドコモは長く付き合えるキャリアだとまたいえるようになるでしょう。
 
長く利用して機種変更でもお得になるキャンペーンを利用して端末も利用料金も安くして安心して利用できるドコモは長期利用者にとってありがたいキャリアと現在はいえるでしょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.