ドコモにMNPで乗り換えてキャッシュバックを貰う方法まとめ

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

・店舗数が豊富、首都圏ではなくても見つけやすい

店舗数が圧倒的に多いというメリットがあります。
ソフトバンクは約2700店舗、auは約2600店舗、docomoは約2400店舗あります。

 

時間に余裕のある方やネットが不安な方に安心なのが専売店です。

 

・サポートの品質が安定している

対面接客によるサポートの品質が一定で、安心できるところが強みです。
ただし、サポート自体はどの方法で購入しても受けることができます。

 

・デメリットはキャッシュバックが少ないこと

店舗によりまちまちですが、web購入サイトに比べMNPキャッシュバックが少ない場合が多いようです。

 

 

方法6.MVNOの特徴

06e4d8e4c878115d01d4688e7e203ef9_s

端末代金が使用料に紐づいていない

ビッグローブ、DMM、マイネオなどのMVNO事業者のサイトからSIMカードを申し込み、SIMフリー端末を別途用意し自身で差し込みます。
ですので端末代金と使用料が別となります。

  • 月額使用料金が安い

毎月の通信料金が安いことが挙げられます。三大携帯会社よりも安いプランが多く存在します。

 

  • 大手キャリアのような2年縛りがない

2年縛りが基本の大手キャリアと違い、縛りがないためいつでも新しい契約を組むことが出来ます。

 

  • 実店舗に出向く必要がない

格安SIMサービスで有名なDMM mobileは、実店舗を設置していません。そのため、格安SIMをはじめとする各種サービスの申し込みや問い合わせはWebサイトを経由して行う必要があります。

 

  • デメリットは端末代金が高いことと通信速度

MVNOのデメリットは、端末料金に対する月々割等がありませんのでiPhone7などの端末は高額となります。
また、キャリア回線に比べてMVNOの通信回線は速度などの規制が強いということです。

 

説明が長くなってしまいましたが、簡単に言うと以下のようになります。

ドコモへのMNPなのか、機種変更なのかでまず選ぶ事が出来そうですね!

 

3.携帯をドコモMNPすべき5つの理由

BL002-koe-yo20140810

携帯を購入する方法はいくつかあります。

しかし料金やキャンペーンは大きく変わるため、それぞれを詳しく解説します。

大きく分けると、

  • 電話番号を持っていない状態からの「新規契約」、
  • 同じキャリアで端末のみを替える「機種変更」、
  • そしてキャリアも端末も変更する「MNP」の3つです。

そこで最も多くのメリットを得られるものは何か?
それは、ずばり「MNP」です。

 

日常的にMNPという言葉を耳にする昨今ですが、「そんなの知らない!」とういう方に簡単に説明すると、
携帯電話番号を変えることなく、番号そのままでMNPすることを言います。

例えば電話番号そのまま、ドコモからソフトバンクに乗り換えることができるのです。

 

MNPの正式な名称はモバイル・ナンバー・ポータビリティといいます。

携帯電話番号(モバイルナンバー)を持ち運ぶ(ポータビリティ)は持ち運ぶという意味です。
どの携帯会社もこのMNPに最も多くのメリットを付与しています。理由は簡単です。
どこの携帯会社も少しでも契約数を増やしたい、この気持ちが強いんですね。

 

「絶対に私はドコモじゃなきゃ嫌なの!」という強いこだわりがある方でなければMNPはやはり一番のおすすめであると言っていいでしょう。
では具体的にNMPのどこがどうお得なのか、5つの理由をご紹介します。

 

 

理由1. ドコモMNPなら毎月の料金が安くなる

by:MrGuilt

 

例えば、MNP(乗り換え)でiPhone7を購入するとご利用料金から最大66,744円割引が受けられます。

これは、機種変更の割引よりも高いものとなっていますので毎月の利用料金が安くなることは明白ですね。

料金キャンペーンについても後述しますので参考にしてください(7. キャッシュバック以外にもお得な方法がある)。

 

理由2. 下取りキャンペーンが使える

MNPで iPhone6s等をご購入したユーザーを対象に、それまでご利用されていた機種を下取りし、下取り対象機種に応じて毎月の通信料金から割引するキャンペーンです。
旧機種でiPhoneを利用している方も多くいらっしゃると思いますので、下取りに出すことで最大で30,000円ゲットできる場合もあります。

 

理由3. ドコモMNPなら機種代金もお得になる

iPhone6s mnpすれば機種代金も安くなる
MNPの大きなメリットとしては、購入する携帯の機種代金が圧倒的に安くなることがあげられます。iPhone6s(16GB)などの比較的安価な機種代金が0円になるケース(実質0円)もあり、分割したときに発生する月々の端末代金を支払う必要がなくなる場合もあります。

街の携帯ショップでよく見かける「携帯0円」なんていう看板はMNP前提の場合がほとんどです。

 

理由4. ドコモMNPをしても電話番号はそのまま

iphone6s mnpキャッシュバック

昔は携帯会社を乗り換えれば違う携帯電話番号に変わってしまいました。
電話番号を変えたことを友人等に連絡する膨大な手間を嫌い、携帯会社を変更することに躊躇するなんていうのはよくある光景でした。

ところが現在はMNPを利用すれば、他社に乗り換えた後も今までと同じ電話番号を使い続けることができます。
電話番号が変わらなければ、連絡する手間も自分の電話番号を覚えなおす手間もいりませんよね。

 

 


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない