iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

スマホで快適通信!ダウンロード速度の問題の解決方法教えます。

投稿日:

スマートフォンの通信速度が遅い!
動画やアプリ等のダウンロード速度をもっと快適にしたい・・・。
そんな風に思ったことはありませんか?

動画やアプリでゲームをしているとすぐに速度制限が掛ってしまうのを改善したいけど通信速度についてよく分からない。
この記事を読めばスマホの通信速度の分からないが解消できます!
通信速度についてしっかりと理解して快適にスマホを使いましょう。
 

目次一覧

1.スマートフォンの通信速度について
1.1 通信速度の基本
1.2 スマートフォンの通信速度はどれくらい?
1.3 大手キャリアと格安SIMの通信速度に差はあるの?
2. 速度制限
2.1 スマートフォンの速度制限
2.2 速度制限がかかってしまうとどうなるの?
2.3 速度制限がかかりそうになったらやるべきこと
2.4 速度制限にかかってしまったら
3. 通信速度を計ってみよう!
3.1 通信速度の計り方
3.2 通信速度計測に使われる単位
3.3 通信速度の「上り」「下り」とは
3.4 快適に使える通信速度はどれくらい?
4. 快適通信に必要な速度は?
4.1 メールやLINEをするのに必要な通信速度
4.2 インターネットサイトを見るのに必要な通信速度
4.3 アプリをダウンロードするのに必要な通信速度
4.4 動画を見るのに必要な通信速度
5. スマートフォンを快適に使うには
5.1 自分に合ったプランに見直しを
5.2 自宅やWi-Fiスポットでは基本Wi-Fiに
5.3 時間帯で上手に使い分け
5.4 高速通信と低速通信を使い分ける
6.まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマートフォンの通信速度について


スマートフォンの通信速度について不満を感じたことがある方も多いかと思います。
・すぐに速度制限が掛ってしまう
・速度制限が掛るのが怖くて高額なプランに加入し月々の負担が・・・
・格安SIMはきになるけど大手に比べると心配
など様々な不満や不安をお持ちの方も多いと思います。
ここではスマートフォンの通信速度について正しく理解をし、今話題の格安SIMと大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankとの違いについて解説します。

1.1 通信速度の基本

スマートフォンでインターネットや動画の閲覧、アプリのダウンロードなどを行う際に使われる通信手段は「Wi-Fi」と呼ばれる無線LAN方式のものと「LTE/3G」などのモバイル通信を利用します。
基本的には同じものと考えて良いですが、使い勝手や料金に大きな違いがあります。
スマートフォンでインターネットや動画の閲覧、アプリのダウンロードなどを行う場合「LTE/3G」などのモバイル通信を利用することが前提となっていますので、ここでは「LTE/3G」に焦点を当てて解説します。
「LTE/3G」などのモバイル通信は限られたデータ量を大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankにそれぞれ割り当てられたもの(700M~2・5GHzあたりの周波数帯が割り当てられており、大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankから細かく格安SIM会社に振り分けられている)を利用するので無制限に利用することはできません。
そのため使いすぎてしまうと速度制限がかけられてしまいアプリをダウンロードする際などに大きなストレスを感じたことがある方も多いと思います。
大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankの場合ユーザー数も多く通信速度も速く安定していますが、格安SIMはユーザー数が少なく一気に利用者が増えると回線が追い付けなくなる可能性もあります。

1.2 スマートフォンの通信速度はどれくらい?

では、実際にスマートフォンの通信速度はどれくらいなのか・・・。
広告やCMでは「下り300Mbps超」の高速通信と謳っているいるところがほとんどですが、大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankで実測値で約30Mbps前後で、格安SIMだと実測値で5Mbps前後です。
条件が整いさえすれば300Mbpsとまではいきませんが200Mbps出ることもあるそうです。
この大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankで実測値で約30Mbps前後で、格安SIMだと実測値で5Mbps前後という数値を見ただけで速いのか、遅いのか、快適に使えるのかの判断をすることは難しいのですが、一般的にストレス無く使用できる通信速度は大体3~5Mbpsぐらいと言われています。
これだけ見ると大手キャリアでも格安SIMでも問題なく使えることになりますが、実際にどこが違うのかについて次の項目で解説します。

1.3 大手キャリアと格安SIMの通信速度に差はあるの?

先ほど大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankで実測値で約30Mbps前後で、格安SIMだと実測値で5Mbps前後という話をしましたが、実際にどこが違うかについて解説していきます。
基本的にはどちらも普通に使う分には差はありませんが、インターネットでWEBページを閲覧する際の表示速度やアプリのダウンロードやアップデートにかかる時間は数秒から数分の差が出てきます。
大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankの通信速度は確かに速いですが、スマートフォンの場合は格安SIMの通信速度で十分満足できます。
速度制限が無い状態では大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankに分がありますが、速度制限が掛った場合大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankでは通信速度が送受信ともに最大128kbpsまで低下してしまいますが、格安SIMのほとんどの会社が200kbps程度のところが多いのでなんとかメールやLINE、SNSなどはそれなりに使うことが出来ます。

速度制限


スマートフォンを利用し過ぎてしまうと速度制限が掛ってしまい快適に利用が出来なくなります。
契約プランによって利用できる毎月のデータ通信量に上限が決まっており、それを超えてしまうと制限が掛る仕組みになっています。
ここではそんな速度制限について解説していきます。

2.1 スマートフォンの速度制限

大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankや格安SIM各社で契約したプランにもよりますが、データ通信量の上限を超えてしまうと制限が掛ってしまいます。
契約プランによっては、月間のデータ通信量だけでなく、「直近3日間の制限」や「1GB以上を超えた時」通信速度が制限される場合など会社により様々です。
速度制限を解除するには契約している会社の速度制限解除日まで我慢して待つか、お金を払って通信速度制限を即時解除する方法があります。
速度制限が掛ってしまった場合大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankよりも格安SIMの会社の方が通信速度が速いです。
自分の契約しているプランや会社の速度制限が掛る条件をしっかり確認することをおすすめします。

2.2 速度制限がかかってしまうとどうなるの?

ここでは実際に速度制限が掛ってしまうとどうなってしまうか解説していきます。
速度制限が掛ってしまうと通信速度が送受信が最大128kbpsまでに低下します。
先ほど解説した大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankで実測値で約30Mbps前後で、格安SIMだと実測値で5Mbps前後というところと比較してみると分かると思いますが、「単位」が変わってしまっています。
この「単位」が変わってしまったことにより、テキストがメインのWEBサイトを閲覧する場合でも200kbps程度と言われているので、普通にインターネットを利用すること自体がストレスになってしまいます。
テキストがメインのWEBサイトの閲覧もストレスを感じる程ですので、動画の閲覧やアプリのダウンロードやアップデートなどもってのほかという状態になってしまいます。

2.3 速度制限がかかりそうになったらやるべきこと

上で説明したようにテキストがメインのWEBサイトの閲覧すらストレスに感じてしまう速度状態に陥らない為にも速度制限がかかりそうになったら出来るだけ回避できるようにしましょう!
ここでは速度制限が掛りそうになった際にやるべきことを解説します。
まずは通信上限に達してしまう前にお知らせが来るように設定をしましょう!
お知らせが来るようにする設定方法は契約会社により異なりますので個別に調べてみてください。
会社によっては残りどれだけ使えるかの目安も教えてくれるところもあります。
目安としてWEBサイトの閲覧なら月に30,366ページ、メール月に約143万通、Youtubeなどの動画再生月に約58時間、音楽のダウンロード月に約1,790曲程度です。
これだけ見ると余裕があるように思えるかもしれませんが、それぞれ個別に使った場合ですのでこれら全てを組み合わせるとひとつづつに使える割合は少なくなってきます。
速度制限が掛ってしまいそうになったら極力必要以上の利用は控えるのが一番ですが、それでも可能な限り利用するにはコンビニやファミリーレストランやケータイショップなどで提供されている無料のWi-Fiを利用することです。

自宅でもWi-Fiが利用できる環境にしておくことをおすすめします。
速度制限が掛ってしまった際に無料で利用できるWi-Fiスポットを把握しておくと良いでしょう。

2.4 速度制限にかかってしまったら

通信速度に制限が掛ってしまったら制限が解除されるまで我慢して待つか追加のデータ通信量を購入するしかありません。
できるだけ通信速度制限が掛る前に手を打ちましょう!

通信速度を計ってみよう!

格安SIMの特徴
ここまでスマートフォンの通信速度についていろいろ見てきましたが、実際に自分の使っているスマートフォンの通信速度はどれくらいなのか気になりますよね。
ここではスマートフォンの通信速度の計測の仕方や通信速度を計測した際の単位について、インターネットやダウンロードをするにはどれくらいの速度が快適なのかを解説していきます。

3.1 通信速度の計り方

スマートフォンの通信速度の計り方ですが、iphoneの方はapp store、androidの方はgoogle play storeで「通信速度 測定」や「通信速度 計測」と検索するとアプリが出てくるかと思いますので、その中から評価が高いものを選んでダウンロードしましょう。
使い方に関しては基本的にはどのアプリも測定や計測ボタンを押すだけです。
見方としては「下り」つまりダウンロードの速度が速ければ速いほどストレスが少なくインターネットを利用できます。
また、前項でもお話した通信量のチェックも出来るアプリもありますのでこちらも一緒にダウンロードすることをおすすめします。
iphoneの方はapp store、androidの方はgoogle play storeで「通信量 チェッカー」と検索するとアプリが出てくるかと思います。

3.2 通信速度計測に使われる単位

先ほどから「Mbps」や「kbps」などの単位が出てきたと思いますが、これはそれぞれ「Mbps」は「Mega bit per second」、「kbps」は「Kiro bit per second」の略で1秒間に通信されるデータ量を表しています。
「1 Mbps =125 kbps」です。
アプリによって表記が違う場合があり「bps」の”b”の部分が小文字の場合は単位がbit(ビット)ですが、大文字の”B”の場合は単位がByte(バイト)です。
「Bps」は稀にB/sと記載されている場合があります。
「1Byte」=「8bit」ですので換算する時は8を掛けたり割ったりして必要な方に換算してください。

3.3 通信速度の「上り」「下り」とは

通信速度について調べていると「上り」、「下り」という言葉を見かけることがあると思いますが、これはすごく簡単でアップロードは送信なので「上り」、ダウンロードは受信なので「下り」の速度を表しています。
通常通信を行う際にはアップロードとダウンロードの速度は異なりますのでそれぞれどれくらいの速度が出ているか見てみましょう!
ただ速度だけを見てもよく分からないと思いますので、下記に快適に使える通信速度やインターネットやメール、アプリのダウンロードに必要な通信速度を記載します。
それぞれの通信速度を理解することにより、実際に利用する場所で事前に通信速度を計測して動画を見たりアプリをダウンロードするようにするとスマートフォンをストレスが少なく快適に利用することが出来ます。

3.4 快適に使える通信速度はどれくらい?

実際に通信速度を計ってみたけど快適に使えるのはどれくらいの速度なの?
と思う方も多いと思います。
一般的にストレス無く使用できる通信速度は大体3~5Mbpsぐらいと言われています。
しかし人によって快適に感じるスピードは違いますので、上記を目安に自分が利用してストレスを感じない時はどれくらいの速度が出ているかアプリで計測してみるのもおもしろいと思います。

快適通信に必要な速度は?


ここではそれぞれメールやLINE、インターネットサイトの閲覧、アプリのダウンロード、動画を見るのに最低限これくらいは必要といわれている通信速度を記載していきます。
メールやLINE程度であれば問題ありませんが、アプリのダウンロードや動画を見る際には事前に速度を計っておくとストレスを感じることが少ないかと思います!

4.1 メールやLINEをするのに必要な通信速度

メールやLINEやSNSなどの場合は200kbpsあれば十分だと思います。
よほど大きな容量のファイルをやり取りしたければ余裕をもって500kbps見ておいた方が良いかもしれません。
大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankなどで通信速度制限が掛ってしまった場合メールやLINEやSNSをするのも困難になってしまう可能性があるので十分注意が必要です。

4.2 インターネットサイトを見るのに必要な通信速度

WEBサイトを閲覧する場合はテキストがほとんどの場合最低200kbps、500kbpsあれば画像が多めのサイトでもそれなりに閲覧できるようになります。
また、500kbps以上になると動画のストリーミング再生も可能となり、Googleマップなどのナビゲーションアプリが快適に利用できます。
ただし、相当重いサイトの場合だと2Mbps程度必要な場合があります。
目安としてWEBサイトの閲覧の場合、1Mbpsでサクサク見れて、2Mbpsで重いサイトでもサクサク見れる。500Kbpsだとストレスをほとんど感じることなく見ることが可能です。

4.3 アプリをダウンロードするのに必要な通信速度

アプリをダウンロードする際に必要な速度は最低でも3Mbps程度必要になります。
1Mbps程度でもダウンロードすること自体は可能ですが、かなり時間がかかる場合があります。
容量の大きいアプリやすぐ使いたいアプリの場合1Mbpsでは時間がかかり過ぎてしまいストレスを感じることが多いです。
次に記載している動画の視聴についても同じことが言えますが、どうしてもということが無い限りはアプリのダウンロードや更新、動画の視聴は出来る限り無料でWi-Fiが利用できる場所や自宅でWi-Fiを使うことをおすすめします。
また、アプリのダウンロードに掛る時間が大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankと格安SIMの大きな差と言えるでしょう。
格安SIMもアプリをダウンロードするには十分な速度が出ていますが、大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankの方が速度が速い分ダウンロードにかかる時間は短くなります。

4.4 動画を見るのに必要な通信速度

Youtubeなどの動画を見る際に最低600~700kbps必要と言われています。
つまりこれ以上の速度が出ていれば閲覧することが出来ますが、600~700kbpsの場合読み込みに時間が掛り、再生の途中で動画が止まってしまうことも有り得ます。
良い画質で快適に動画を視聴したい場合最低1Mbps程度必要になると考えておけばストレスを感じることなく見ることが可能です。

スマートフォンを快適に使うには


ここではより快適にスマートフォンを使うためにするべきことを解説します。
いくら速度が速くても自分に合ったプランでなければすぐに速度制限が掛ってしまったり、逆に無駄なお金を払うはめになってしまうこともあります。

5.1 自分に合ったプランに見直しを

まずは今契約しているプランや会社が自分に合っているかを確認して見るのが一番の近道です!
例えば毎月毎月速度制限が掛ってしまっている人、快適に利用するために高いプランを契約しているが毎月の負担になってしまっている、ほとんど使っていないのに高額な料金を払っているなど思い当たる人は契約しているプランの見直しや契約している会社を見直すことで自分に合った速度で適切な料金のプランを見つけるチャンスです!
大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankであれば店頭でプランの見直しを検討していることを伝えれば、月々どれくらい利用しているかを見て最適な料金プランを教えてくれます。
格安SIMの場合実際に店舗があるところが少ないので家電量販店で聞いてみたり、インターネットで実際に利用している人のブログを読んでみると良いと思います。
契約プランや会社を見直すことにより快適で金額的にも納得のいくものを見つけましょう!

5.2 自宅やWi-Fiスポットでは基本Wi-Fiに

動画を視聴したり、アプリや音楽をダウンロードにする場合はよほどのことが無い限りはWi-Fi環境のある自宅か無料でWi-Fiを利用できるWi-Fiスポットを活用することをオススメします。
Wi-Fiをうまく活用することにより速度制限が掛るリスクを減らすことが出来ます。
自宅でパソコンなどでインターネットを利用しているのであれば家電量販店などでWi-Fiルーターを購入して自宅でWi-Fiを使えるようにしましょう。
最近ではコンビニやファミリーレストランやホテルなどでも無料のWi-Fiが増えているのでいざという時の為にいくつかWi-Fiが使えるところを覚えておきましょう!

5.3 時間帯で上手に使い分け

速度制限が掛っていないのになんだかスピードが遅い・・・。
と感じたことはありませんか?
実は速度制限だけでなく、時間帯によって速度が低下してしまうことがあります。
これはどういうことかというと、みんながいっせいにインターネット通信をしているから回線がいっぱいになってしまい速度が低下してしまっているのです。
みんなが一斉にスマートフォンを使う時間と言えば想像がつくかと思います。
それはお昼休みと仕事や学校が終わった夕方から夜にかけての時間です。
通勤や通学の朝の時間帯もストレスを感じるほどではありませんが若干速度が低下することがあります。
つまりこれらの時間に動画をみたりアプリや音楽をダウンロードすることを極力避けることにより快適にスマートフォンを利用することが出来ます。

5.4 高速通信と低速通信を使い分ける

これは大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankでは出来ませんが、格安SIMであれば専用アプリや会員ページで高速通信と低速通信の切り替えをすることが可能です。
メールやSNSを利用する時はあえて低速通信に切り替えることで、高速通信のデータ容量を節約することが可能です。
LINEやSNSの利用がメインの方はぜひ試してみてください!
また、格安SIMの会社によっては低速通信でもWEBページなどの最初の読み込みのみ高速で行えるバースト機能がついているものもあります。

まとめ


スマートフォンを快適に使うために通信速度の基本から通信速度の計り方、それぞれの用途に必要な通信速度、快適に利用するための方法などを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
ここでは今まで紹介してきた内容をまとめていきたいと思います。
スマートフォンでインターネットや動画の閲覧、アプリのダウンロードなどを行う際に使われる通信手段は「Wi-Fi」と呼ばれる無線LAN方式のものと「LTE/3G」などのモバイル通信に分かれます。
両者の目的は同じですが使い勝手や料金に大きな違いがあります。
スマートフォンの通信速度は大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankで実測値で約30Mbps前後で、格安SIMだと実測値で5Mbps前後です。
一般的にストレス無く使用できる通信速度は大体3~5Mbpsぐらいと言われています。
スマートフォンの場合は格安SIMの通信速度で十分満足できます。
モバイル通信は無制限に利用することはできません。
そのため使いすぎてしまうと速度制限がかけられてしまいます。
制限が掛ると動画の閲覧やアプリ、音楽のダウンロードはもちろんですがテキスト中心のWEBサイトの閲覧ですらストレスを感じてしまう程速度が低下することがあります。
通信速度制限前は大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankに分がありますが、通信速度制限時は格安SIMの方が速い。
通信速度をあらわす単位「Mbps」は「Mega bit per second」、「kbps」は「Kiro bit per second」の略で1秒間に通信されるデータ量を表しています。
・メールやLINEやSNSなどの場合は200kbpsあれば十分
・WEBサイトを閲覧する場合はテキストがほとんどの場合最低200kbps、500kbpsあれば画像が多めのサイトでもそれなりに閲覧できる
・アプリをダウンロードする際に必要な速度は最低でも3Mbps程度必要
・Youtubeなどの動画を見る際に最低600~700kbps必要
スマートフォンをさらに快適に利用するために、契約プランや会社の見直し、自宅や無料Wi-Fiスポットの活用、利用者が多い時間帯を避ける。
スマートフォンの通信速度について理解して頂けたと思います。
速度制限に悩まされない快適なスマホ生活を送りましょう!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.