iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

『ドコモ dtab d01』の使いやすさと評判、口コミ。

投稿日:

i padが世の出てから久しく各メーカもタブレット端末に力を入れるようになった昨今、2013年に発売された、『ドコモ dtab d-01』当初はスマホ売り上げNO.1だった『ドコモdtab d-01』
その使いやすさ評判、口コミなどみなさんも気にかかるところですよね!

そんな『ドコモ dtab d-01』の使いやすさを機能、性能、情報など、どんな魅力を持っているのか?どんな機能を持っているのか?メリットは?デメリットはなどその謎に迫っていきたいと思います。

目次一覧

1基本的性能遠情報『ドコモ dtab d-01』ラインナップ
1.1性能
1.2情報
1.3ラインナップ
2 白ロム(中古)で使える『ドコモ dtab d-01』
2.1白ロム(中古)の価格帯
2.2白ロム(中古)のランク
2.3白ロム(中古)を扱っている通販サイト
3 『ドコモ dtab d-01』新規契約
3.1新規プラン
3.2オプションサービス
3.3契約期間、更新、解除
4 格安SIMで使ってみる
4.1格安SIM前払い(プリペイド)
4.2格安SIM後払い
4.3格安SIMの種類
4.4格安SIMの解約金
5  新規契約のメッッリト
5.1各種補償サービス
5.2プランの変更
5.3料金一括請求
6  新規契約のデメリット
6.1二年契約制
6.2違約金の発生
6.3転売の規制
7 白ロム(中古)のメリット
7.1低価格で購入ができる
7.2色々なSIMカードを試せる
7.3Wi-Fiを使えなくなった時に威力を発揮する
7.4白ロムとは
8  白ロム(中古)のデメリット
8.1デザリング機能が使えない
8.2キャリアの補償サービスを受けられない
8.3一度使用された経緯がある
9 『ドコモ dtab d-01H』の口コミ
10『ドコモ dtab dd-01H』アクセサリー
11ニーズとウォンツ
まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1基本的性能と情報『ドコモ dtab d-01』ラインナップ

1.1性能

『ドコモ dtab d-01』の基本的性能について知りたいのではないでしょうか?
『ドコモ dtab d01』は2013年に発売され、10.1インチの大画面ディスプレイ、K3V2T 1.2HMZ CPUと本体価格なら25,725円と安価で購入できました。
そしてドコモをキャリアに使っている方には9,975円と非常に安く購入が可能でした。(現在は販売なし)現在は販売なしという観点から焦点を後継機種である『ドコモ dtab d-01H』に充てたいと思います。
気になるところですが現在は『ドコモ dtab d-01g』(7インチ)が出ています。それと並んで『ドコモ dtab d01』と同じ10.1インチディスプレイの『ドコモ dtab d-01H』まで出てます。
10.1インチの大画面ディスプレイに低音域、高音域用のデュアルスピーカーの4スピーカーを搭載(四隅には各スピーカー)。
画面には画質調整機能がついており迫力の臨場感を得られる独自のこだわりを持った、『ドコモ dtab d-01H』
重さは498グラム(電池パック装着時)とかなり軽量に作られており(iPad Pro12.9インチで739グラムということから比較してみるとより分かりやすいのではないかと思われます。)
さらにオクタコアによる高機能CPUに6500mAhという大容量バッテリーを搭載しています。『ドコモ dtab d-01』はカメラ画素数はアウトカメラ300万画素、インカメラ130万画素でした。
『ドコモ dtab d-01H』はインカメラ500万画素、アウトカメラ1300万画素、と大幅にスペックアップされております。
またカメラにはオートフォーカスがついており、動画撮影には嬉しい手振れ軽減機能付です。
新機能としましては他社にはない、一歩先をゆく『ドコモ dtab d-01H』ではジェスチャー機能を搭載しており、手の動きに合わせた動作環境をこなし、
スワイプ、スクロール、ミュート、グラブなど水で濡れた手で直接触るのができないときに威力を発揮します。

↑上のような場面誰にでもあるのではないでしょうか?食事の準備、トイレから出た後、外出後。
OSはAndroid(TM5.1)を搭載しています。連続待受時間、LTE:約940時間。3G:1060時間(静止時)

1.2情報

まずは基本的な情報を気にかけているところではないでしょうか?
『ドコモ dtab d-01』は修理の受付期間終了しています。『ドコモ dtab d-01』ユーザーに聞くところ、画面を起動させた際に再び再起動すると言った症状を皆さん多く抱えているようです。
バッテリーは長持ちして、そこそこ使ええるらしいのですが、アプリの自動更新などを設定している際によく見られる症状のようで、アプリの自動更新などの解除などで幾らかの改善が見られるようです。
『ドコモ dtab d-01H』修理の受付期間ですが、2019年11月までとなっていて同じようにソフトウエアのアップデートも同じ日付となっています。
修理の期間としてはあと2年ありますので十分対応可能かと思われます。
高さ約173mm,横幅約240mm,暑さ約7.3mmと大きさは両手をくっつけそれを覆うくらいの大きさといったらイメージが湧くかもしれません。
静止画は本体に保存で1600枚に及びます。外部SDカード1GBで260枚保存可能です。

1.3ラインナップ

どんなラインナップがあるのか?
現在上にあげた『ドコモ dtab d-01』の他『ドコモdtab d-01g』『ドコモdtab d-01H』『ドコモ dtab d-02H』が発売されています。

2.白ロムで(中古)使える『ドコモdtab d-01』

2.1白ロム(中古)の価格帯

通常価格は58,968円でxiからxi,FOMAからFOMAへの乗り換えの場合は新規契約で実質0円です。中古の場合は15,000円程度から購入することができます。
『ドコモdtab d-01』ならばオークションなどで1,000円程度から出品されているものもあり、かなりの安さで購入することができます。

2.2白ロム(中古)のランク

白ロム(中古)にはどんなランクがあるのか?
Aランク(未開封、未使用)Bランク(新品同様)Cランク(多少傷あり)からDランク(使用感かなりあり)ジャンク品といった具合で格付けされています。

2.3白ロム(中古)を扱っている通販サイト

ダイワンテレコム、楽天市場、ヤフーオークション、ドコモオンラインショップ、アマゾン、ヤフーショッピング、Qoo10、ヨドバシ、ショッピングサーチ.jp、
ゲオモバイルオンライン、DeNA、ドスパラ中古通販サイト、買取王国通販サイト、価格.com、IOSYS、などなどです。

3.『ドコモ dtab d-01』の新規契約

3.1新規プラン

新規契約をするにはどうしたら良いか?
まず新規契約を結ぶには本に確認ができる運転免許証やパスポート、住民票など、どれらか一つと銀行口座の確認できるキャッッシュカードが必要です。
(未成年者が契約する際には親権者の同意書が必要です。)
途中解約をすれば29,484円解約料がかかりますが実質0円で購入できます。ドコモ回線を使っていて2台目を『ドコモdtab d-01』にすれば、
通常ですと2GBでデータプラン(1700円)、SPモード(300円)パケットパック(3,500円)、パッケット料金(500円)が発生し5,500円税(税込5,940円)が毎月の基本費用になります。なおMNPは不可能です。
また2年縛りのない契約をした場合データプラン(3,200円)パケットパック3,500円SPモード(300円)の計7,000円(税込7,560円)となります。
本体を持っていて新規契約をしたい場合はドコモでの確認が必要になります。またその場合初期費用として3,000円(税抜き)税込3,240円が必要になります。
2年縛りのない契約でも本体は分割払いか一括支払いとなっているため本体購入価格が残っている際には残っている支払いを済ませないといけません。

3.2オプションサービス

どんなオプションサービスがあるのか?
オプションとしては以下に挙げるものがあります。dマガジン、dヒッツは初回登録31日間無料。dマガジン(400円税抜き)、dヒッツ(月額500円税抜き)、dTV(月額500円)、テレビサービス(月額2,000円)

3.3契約期間、更新、解約

新規契約を結んだ場合2年縛りのある契約をした場合29,494円の解約料が発生します。
また『ドコモ dtab d-01H』は端末購入サポート対象機種のため購入月から12ヶ月の間に解約すると別途解約料27,300円(税抜き)がかかります。
2年の自動更新です。2年の縛りのない契約をした際にはいつ解約しても解約料が発生しませんが本体端末購入代金などが残っている場合にはそれらを支払わないといけないようですので、ここらへんは十分に気をつけて購入したいものです。

4格安SIMで使ってみる

4.1格安SIM前払い(プリペイド)

格安SIM前払い(プリペイド)はあるのか?
今やインターネット通信のパケットも安価で買えるようになりプリペイド式の格安SIMが出ていますが購入からの期間、購入時のGB容量を超えた際に通信が途絶えるといったものです。
コンビニエンスストアや書店、空港、インターネット上で購入などがあります。

4.2格安SIM後払い

支払いはどこも同じですが、クレジットカードや銀行口座引き落としのものがあります。

4.3格安SIMの種類

格安SIMどのような種類があるのでしょうか?
格安SIMについてはテレビ、雑誌などで取り扱われ話題を呼んでおります。ここでは格安SIMについてですがそれぞれ各メーカーから発売されておりますので順を追って詳しく解説していきたいと思います。
楽天モバイル。毎月、低速無制限で525円。通信速度255Mbps
LINE MOBILE。毎月1GB500円。通信速度300Mbps。SIMカード到着後、即日装着対応可能。
mineo。毎月0.5GB。700円。
UQ mobile。毎月3GB。980円。通信速度1500Mbps
nuro mobile。毎月2GB。700円。通信速度375Mbps
BIGLOBE。毎月3GB。900円
u mobile。毎月1〜3GB 680円
AEON MOBILE。毎月1GB。480円
OCN モバイル  ONE。毎月110MB。900円
DNN mobile。毎月低速無制限。480円
DT SIM。毎月1GB。600円
exsite 毎月1GB。680円
NifMo by HIFTY。毎月1.1GB。640円
Y mobile 。毎月1GB。1,980円。
j:com mobile。毎月3GB。980円
以上となっております。

4.4格安SIMの解約金

格安SIMに解約金はかかるのか?
格安SIMは主に音声通話とデータ通信に分かれていますが『ドコモ dtab d-01H』を使うのであれば、『ドコモ dtab d-01H』
自体は音声通話が不可能ですのでデータ通信のみの契約ですみますので、データ通信のみの契約ですと各会社も解約料金は0円と解約金は発生しません。

5新規契約のメッリト

5.1各種補償サービス

新規契約のメリットはどこにあるか?どのような補償があるか?
まず2年縛りの契約と2年縛りでない契約との二種類があります。新規契約のメリットとしましてはまず安心パックというものがありま。
安心ネットセキュリティー、月/200円、安心遠隔サポート、月/400円、携帯補償サービス月/500円、合計1,100円のところ新規契約時に加入することで毎月380円の割引となって720円の支払いとなります。
このような特典を受けられることができます。
使い方のよくからない方、高齢の方などどのように操作したらいいのか、わからなくなった時でも安心遠隔サポートでオンライン上で問題解決を一緒になってサポートしてくれます。
またこの補償サービス、安心パックへの加入は強制での加入ではないため必要のない人ならば加入しなくていいパックとなっています。
万が一故障、落下、破損、水濡れ、などによって動作不能となった場合も携帯補償サービスで、新品へと交換してくれます。

5.2プランの変更

途中プランの変更はできるか?
何も加入することなく新規契約を結んだならば5,500円(税抜き)税込5,940円という価格から契約できますが、途中プランの変更をしたい場合いつでも変更することができます。
(変更は電話でも対応OK)上記の5500円は最も安いプラン、パケットパックでの金額になります。

5.3料金一括請求

料金の支払いは?
端末の利用代金は各種クレジットカード、口座から自動引き落としとなっております。クレジットカードならポイントも貯まるものもあり支払いには大いにメリットがあります。

6新規契約のデメリット

6.1 2年契約制

2年契約性のデメリットとはどんなところでしょうか?
最初に新規契約のデメリットを挙げるならば、2年縛りというものがあるでしょう。2年以内で解約してしまうと解約料がかなり高額に発生してしまいます。
2年以内に解約すると解約料金29,494円(税抜き)が発生し、さらに本体端末を購入してから12ヶ月以内ならば27,300円(税抜き)という解約料金が発生してしまいます。
実質機種変更ならば0円から持てることだけに目を奪われてしまいがちですが、契約時気をつけないといざ新しい機種にまたは他の機種に乗り換えたいと言った場合に痛い目にあってしまうことになりなす。
また2年縛りの契約がないものに関しても購入時選択(分割、一括)分割の場合分割金の残金、購入から12ヶ月以内のようですと27,300円の解約金が発生してしまいます。

6.2違約金の発生

違約金は発生するのでしょうか?
2年縛りの場合、途中解約してしまうと違約金(解除料)が発生します。29,484円(税抜き)の違約金(解約金)、購入から12ヶ月未満の場合それにさらに加えて27,300円(税抜き)もの違約金が発生してしまいます。
2年縛りのない契約に関しても新規契約ならば購入から12ヶ月以内に解約してしまうと27,300円の解約金が発生してしまいます。

6.3転売の規制

さて転売はできるのでしょうか?
通常購入、一括支払いで精算した際には問題ないのですが、毎月の割賦代金で支払っている時は、中古で買い取ってもらいたいという場合には規制がかかってしまいます。
毎月の割賦代金が残っていると白ロム扱いとしてもらえず、かなり安価な価格での買取になってしまいます。また安価などころか買い取ってくれないところもあります。

7白ロム(中古)のメリット

7.1低価格で購入ができる

白ロム(中古)はいくらくらいで購入することができるのでしょうか?
白ロム(中古)端末はインターネット通販やインターネットオークションなどで、15,000円程度などかなり安く手に入れることができます。
定価の約3割安くらいで手に入れることができ新品同様のものでも同じくらいの価格で手に入れることができます。
また検品の上、情報が合えば白ロム(中古)でも新規契約ができるようで、同じく5,500円(税抜き)と初期費用3,000円で契約できるようです。

7.2色々なSIMカードを試せる

白ロム(中古)のメリットといえば、市販されている、または契約を結ぶ色々なSIMカードを試せるところにあります。
通信速度や価格、容量など自分の使い方、用途にあったSIMカードをまずは試してみてみることです。
そのようなことが可能ですので数十社ある格安 SIM会社の中からチョイスするといいのではないでしょうか?

7.3Wi-Fiが使えなくなった時に威力を発揮する

例えば一時的に使えなくなってしまう引っ越しや、自宅にあるWi-Fi環境から外出した時には、市販されている格安SIMを使うことによって一時的にはでありますけど
インターネット通信や動画再生などをすることができます。
出張などでも十分その威力を発揮します。

7.4白ロムとは?

白ロムとは?
白ロムとは電話番号の記録がない、サラサラな状態でSIMが抜かれている状態のことを指しすなわち中古のことを意味します。

8白ロム(中古)のデメリット

8.1デザリング機能が使えない?

デザリング機能は使えないのか?
『ドコモ dtab d-01H』の端末自体にデザリング機能がないため、デザリング機能を利用することができません。
また格安SIMでもデザリング機能が使えないようになっています。
ある敷居の高い高度な方法を使えば使えるようになるとの話もありますがそもそも格安SIMでデザリングする人はいないのでないでしょうか?

8.2キャリアの保証サービスを受けられない?

キャリアの保証サービスを受けられないのか?
白ロム(中古)を買ってしまった場合、新規契約時に結ぶ安心パックなどに加入することができず、万が一落下、水濡れ、破損と言った時には補償を受けることはで
きず、損をすることになってしまいますので外出時などには十分気をつけたいものです。

8.3一度使用された経緯がある

ジャンク品もある?
中には新品、未開封、未使用と言ったものがあるようですが、ごく一部を除きほとんどの場合が誰かの手によって使われたものでありバッテリーの充電回数やキズ
などの症状がみられるもがあると言ってもいいでしょう。
それらを気にかけず自分の使用用途にあった目的に彼方使い方ができるならばそれに越したことはありません。

9『ドコモ dtab d-01H』の口コミ


デザイン、処理速度、液晶画面などでかなりの満足度を得られているようです。20人中4.5人くらいと約5割の方々から指示を受けています。

10『ドコモ dtab d-01H』のアクセサリ


インターネット通販やドコモショップなどで、カバーやケース画面保護フィルムなどが販売されています。
高級感あふれるものからシンプル、カラフルなものまでかわいいアイテムが待ってます。
ネット通販では上記にあげたところなどで取り扱っておりますのでよくご覧ください。

11ニーズとウォンツ


少しここでニーズとウォンツという話に触れたいと思います。それは『ドコモ dtab d01H』がお客様のニーズとウォンツを満たしてくれるものであるからであります。
大きく分けてニーズとはお客様、私たち自身に必要であるもの、ウォンツとはそうではないもの。ニーズとは家の中で例えると食器用洗剤。
洗剤は毎日どの家庭でも使うものであり誰しもが購入する値段の上がらないもの、安く売られるもの。
しかしそこで毎日使っても手荒れしない、アカギレしない洗剤となれば手荒れや、アカギレのある人は普通の洗剤よりも少し高くても購入するのではないでしょうか?
ここがウォンツです。例えればカウンタック。あの何億もする高級車、あれなんかはまさにウォンツです。
日本も戦後、敗戦国となり貧しい経験をしてきましたが、その中で経済成長を遂げ今や世界中が羨むありとあらゆるものに恵まれた豊かな日本となりました。
情報網IT関連のめまぐるしい発達に伴い情報のスピード化、情報の共有のスピード化そしてこのスピード化は誰しもが求めるものであり、タイムリーなものを瞬時に検索するといったインターネット環境はもはや必要不可欠なものとなりました。
世界がインターネットを経由して繋がり、世界が一つになろうとしている昨今です。
本来ならばフューチャーホン一つだけでも国際通話が可能ですがSNSの普及により無料でしかもスピーディーに世界中と繋がっていられるスマートフォンの普及により出現により需要の高まっている今日の状況です。
お客様の私たち自身のニーズも幅を超えゲーム、動画、インターネット検索、を楽しみたい、最低限豊かで幸福を得たいという権利のもとからインターネット環境は
なくてもスマートフォン、タブレットでインターネット、ゲーム、動画を楽しみたい、インタネット環境があっても外出時にもそれらを楽しみたい。
という、私たちのために現れたタブレット、そのような私たちのニーズに応えつつも付加価値をもたらしてくれるウォンツの部分を持ったタブレット。
『ドコモ dtab d-01H』も見るところそんな私たちのニーズとウォンツを十分満たしてくれる一台となっています。

まとめ


さて様々な角度から解説してまいりましたがみなさんいかがだったでしょうか?
以上の観点から『ドコモ dtab d-01H』について話してまいりましが、20人中4.5人という約5割の人からユーザー満足度、液晶ディスプレイ、処理速度、デザインなど高い評価を得ており、新規契約でも条件を満たせば実質0円から持てるということ、白ロム(中古)では格安SIMを使った内容で非常に安く手に入ることを踏まえ、十分にタブレットとしての機能とパフォーマンスを発揮してくれるものとなっています。
自分のニーズとウォンツにあったタブレットを考え、まだタブレットをお持ちでない皆さん、機種変更を考えている皆さん検討の余地ありそうです。
<img src="https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N695_kuroittableniokaretaipad_TP_V1.jpg">
 
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.