iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

【デュアルSIMとは】気になる対応スマホの特徴と注意点

投稿日:

普段からスマホで電話やネットを利用する人にとって、使いづらいと感じている人もいるでしょう。
毎月の携帯代は安くは無いので、出来るだけ満足の行くサービスを提供してもらいたいものです。
そういった人にお勧めなのが、デュアルSIMです。

SIMを2枚同時に挿入出来るので、ビジネス用・プライベート用と1台の電話機で切り替えて使うことが可能です。
その為、今まで用途に合わせて何台も携帯・スマホを所持していたという人にとっては理想的な方法でしょう。
今回は、このデュアルSIMについて、どんな特徴があるのか、注意点等紹介していきます。
自分に合った使い方で、便利なスマホ生活を楽しみましょう。
目次
1.デュアルSIMとは
1-1.2つのSIMカードスロットを所有した端末
1-2.海外ではポピュラーなアイテム
2.デュアルSIMの種類と特徴について
2-1.シングルスタンバイ(DSSS)
2-2.デュアルスタンバイ(DSDS)
2-3.デュアルアクティブ(DSDA)
3.デュアルSIMスマホの基本的な使い方
3-1.ネットも電話も多く利用する人向け
3-2.BIGLOBEでスマホセット契約
3-3.ドコモの携帯用SIMを1枚契約
3-4.合わせて使用
4.デュアルSIMって電波法違法なの?
4-1.同時待ち受けは大丈夫
4-2.同時通信は電波法違反になる
5.HUAWEI novaの特徴
5-1.2枚のSIM挿入で同時待ち受け可能
5-2.docomoSIMの音声通話&IIJmioのデータ通信の使い方も可能
5-3.設定・使い方が簡単
5-4.端末補償オプションで安心
6.Moto G4 Plusの特徴
6-1.国内で初めにデュアルスタンバイ対応したスマホ
6-2.持ちやすい大画面モデル
6-3.Androidを搭載
7.デュアルSIM・3G+4Gデュアルスタンバイ対応SIMスマホ比較
7-1.Gooスマホ
7-2.HUAWEI
7-3.VAIO
7-4.Motorola
7-5.ZTE
7-6.ASUS
7-7.FREETEL
7-8.SONY
7-9.Xiaomi
7-10.LeEco
8.推奨される4G+3Gのデュアルスタンバイスマホ
8-1.最安値のDSDSスマホ
8-2.技適マーク&コスパのDSDSスマホ
8-3.ハイスペック&安い端末のDSDSスマホ
8-4.au SIMで3G通話のDSDSスマホ
8-5.バッテリー長持ちのDSDSスマホ
8-6.SIM2枚と同時microSDカードが使えるDSDSスマホ
9.デュアルSIMスマホでSIM2枚挿入の注意点
9-1.Au・au系格安SIMは利用できない?
9-2.SIMのサイズを確認する
9-3.キャリア使用バンド対応かどうかチェック
9-4.技適マークがあるかどうか
10.まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

デュアルSIMとは

2つのSIMカードスロットを所有した端末

yjimage-2
本来1台のスマホでは1枚のSIMを挿入することが出来ますが、この1台のスマホに2枚のSIMを入れることが出来る端末がデュアルSIMです。
以降で詳しく説明しますが、デュアルSIMと言っても、2枚のSIMを同時に使用できる同時待ち受けや、2枚のSIMで同時通信可能のタイプ等種類がありますので、自分に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。

海外ではポピュラーなアイテム

TAKEBE_selfy_TP_V1
日本ではあまり見られないスタイルなのですが、海外ではよく見かけるポピュラーなスタイルです。
海外旅行で使う場合、日本のSIMをそのままローミングするのではなく、現地でプリペイドSIMを購入した方が価格も安い上、お手軽です。
デュアルSIMの場合、1つを現地のSIMにして、もう1つを普段使っているSIMを挿入出来るので、割安料金でネットを使用しつつ、もしもの時の為の普段の番号を使えることで、初めての旅行でも不安なく過ごせそうです。

デュアルSIMの種類と特徴について

シングルスタンバイ(DSSS)

%e3%81%a7%e3%80%80%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b33
シングルスタンバイはDSSSと書き、Dual SIM Single Standbyの略です。
シングルスタンバイは2枚のSIMを挿入することは出来ますが、同時に待ち受け状態で利用することが出来ません。
片方が使える状態になっているのですが、もう1つのSIMはアンテナも立っていない為、同時に使うことが出来ないのです。
例えば、アンテナが立っている側にデータ通信SIMを入れて、立っていない側に音声通話SIMを入れた場合、音声通話SIMに電話がかかってきたとしても、着信が鳴らず、相手には圏外アナウンスが流れることになります。

デュアルスタンバイ(DSDS)

10
デュアルスタンバイとは、DSDSと書き、DUal SIM Dual Standbyの略です。
デュアルスタンバイでは、2枚のSIMを同時待ち受け状態にすることが可能です。
その為、どちらか一方がアンテナが立たないということがありません。
例えば、ネットの最中に電話がかかってきたら、通話が可能なので、圏外アナウンスが流れることがありません。
ただし、通話しながら、データ通信を行うことが出来ない為、電話で通話中にメール・ラインの受信はされず、通話が終わった後に受信される形となります。

デュアルアクティブ(DSDA)

texting-1490691_640
デュアルアクティブとは、DSDAと書き、Dual SIM Dual Activeの略です。
こちらの場合、電話着信した場合でも、もう1つのデータ通信がそのまま利用することが出来る特徴を持っています。
この形態では、通話中にそのままデータ通信が出来るところから、例えば、通話中にメールやラインのメッセージを受信できます。
それだけでなく、スピーカーで通話状態にしておいて、ブラウザを開いてネットで調べものも出来るという優れた機能を持っています。

デュアルSIMスマホの基本的な使い方

ネットも電話も多く利用する人向け

yuka0i9a1561_7_tp_v
電話もネットも普段から多く利用する人に、デュアルSIMスマホはお勧めです。
例えば、電話を多く利用するので1つは通話料金の安いタイプを、もう一つはデータ通信が安い格安SIMを使いたいと、いいとこ取りのスマホを使いたいと願っている人に適しています。
逆に、普段、あまり通話をしたりネットをすることが少ない人にとっては、デュアルSIMスマホにすることで各段な利益があるというわけではない為、選ぶかどうかは、自身の利用頻度にもよるでしょう。

BIGLOBEでスマホセット契約

biglobe-sim
BIGLOBEでスマホセット契約をしてみましょう。
その際には、Moto G4 PlusをSIMカードとセットで購入するのです。
SIMカードはデータ通信SIMで十分であり、SMSも音声通話も必要なく、後で変更が可能な為、3GB程度でとりあえず契約しておくと良いでしょう。
まずはある程度最低限の状態で使ってみて、不具合が出る場合は、変更をしてみるのが無駄を省けて、便利です。

ドコモの携帯用SIMを1枚契約

before-docomo
スマホとデータSIMを用意出来たら、今度はドコモでカケホーダイプランを契約してみましょう。
まず契約事務手数料に3,000円がかかり、プラン代に2,700円かかります。
ドコモを使う理由は、au等では電話プランだけの契約をすることが出来ないからです。
そこで、スマホを持って窓口に行き、2,700円のカケホーダイのみのプランを契約するようにしてください。

合わせて使用

akane20160312012313_tp_v
無事、カケホーダイの契約が済んだら、ドコモ契約のSIMカードとBIGLOBEのSIMカードをそれぞれSIMスロットにセットします。
そして、BIGLOBE SIMのAPNプロファイルを設定したら、全てが完了します。
後は実際に電話とネットが使えるかどうかを確認し、問題なく使えたら、デュアルSIMスマホとして利用出来るでしょう。

デュアルSIMって電波法違法なの?

同時待ち受けは大丈夫

6ce782e91586ee7d7a0441fe239e787e_m
デュアルSIMでの同時待ち受けは違法ではありません。
待ち受けの為、同時に使うことは特に問題が無いとされているので、BIGLOBEから販売されています。
なので、同時に待ち受けを使用したからと違法であると勘違いしないことです。

同時通信は電波法違反になる

%e7%b2%be%e7%a5%9e%e7%9a%84%e8%b2%a0%e6%8b%85
同時待ち受けは大丈夫ですが、同時に2つのSIMで通信を行うことは、日本では電波法違反として禁止されています。
その為、技適マークが貰えません。
日本では禁止されている同時通信ですが、海外では当たり前のように行っています。
特に問題はされていないので、海外と日本ではこの点に違いが見受けられます。

HUAWEI novaの特徴

2枚のSIM挿入で同時待ち受け可能

fe2f1f4f2f088261a03632c2b3e69f27_m
HUAWEI novaの魅力は、2枚のSIMを同時待ち受けにすることが出来る点です。
勿論、最近では2枚SIMを挿せるデュアルSIM端末は多いのですが、この端末では、2枚を同時に挿入することが可能なのです。
つまり、2枚のSIMを同時挿入出来るデュアルスタンバイである事が魅力とされています。
2枚のSIMを挿入して、両方のSIMを自由に切り替えて使うことが出来るのです。
今までは通話用にガラケーを、データ通信用にスマホと2台所持しなければいけなかったのが、1台のスマホで済むので、持ち運びがしやすく、便利に使用することが出来るでしょう。

docomoSIMの音声通話&IIJmioのデータ通信の使い方も可能

CCC9V9A9997_TP_V
利便性については個人的に違いがある為、全てを同じキャリアにする必要はありません。
例えば、今使っているメルアドをそのままに、そして月額が安いタイプにしたいと考えている人も多いと思います。
そこで魅力とされているのが、docomoのSIMを音声通話専用として、IIJmioをデータ通信用として利用することで、コストダウンとなり、快適なスマホ生活を送ることが出来るでしょう。

設定・使い方が簡単

kawamura20160818253714_TP_V
HUAWEI novaの使い方はとても簡単で、まずスロット1にdocomoのSIM、スロット2にIIJmioのデータSIMを挿入します。
そして、「デュアルSIM通話中」で「シンプル(デフォルトSIM1)」を選ぶと終了です。
通話の時はいつもdocomoのSIMから発信します。
データ通信の設定では、「4G/3Gスロット」の項目からスロット2を選択するだけです。

端末補償オプションで安心

e8d749940c5ac848850838f679faf825_s
HUAWEI novaには端末補償オプションもあります。
このオプションを付加することで、もしもの時も安心して使うことが出来るでしょう。
万が一の時とは、水漏れや画面漏れ、破損した場合の補償で、月額380円で1年間補償されます。
又、その際2回まで端末交換が可能な為、トラブルに対しても安心出来ます。
勿論交換代金は、別料金となりますので注意してください。

Moto G4 Plusの特徴

国内で初めにデュアルスタンバイ対応したスマホ

35b3bde730aa0661a4e4a8630092e553_m
デュアルスタンバイとは、2枚のSIMを同時に挿入して、待ち受けが可能と言う特徴を持っています。
この特徴をいち早く日本でスタートさせたスマホがMoto G4 Plusです。
実際のところ、今登場しているデュアルSIMは、国内で使用することが出来ないGSMとLTEの組合せで、海外でしか使えないタイプが多いようです。
その点、Moto G4 Plusは、2つのSIMカードスロットがLTEに対応しているので、1つをLTEに、もう一つを3Gと制約されるものの、2回線が使用できるのです。

持ちやすい大画面モデル

65cbcef25b964788965f37e7714a9e34_s
Moto G4 Plusの画面は、1080×1920のフルHDの5.5型大画面です。
今販売されているスマホの中では大型モデルとして、手にフィットしやすく、持ちやすい点が魅力です。
大画面でも、丸みがあってホールドしやすいと言う特徴を持っています。
又、色彩も良く、明るいので、暗い所でも十分に対応します。

Androidを搭載

c808c796bcf50af52a75d9e476704584_s
Moto G4 Plusでは、「Android 6.0.1」を搭載しています。
省エネタイプのプロセッサーと3GBのメモリーを搭載しているだけとシンプルな為、サクサク動きます。
今話題のポケモンGOも作動する為、趣味としている方にとってはまさに画期的なスマホでしょう。
又、2回振り下ろすとフラッシュライトを切り替えることが出来る上、下向きにすることで無音化することが可能な点でも独自性機能が付いて、注目されています。
指紋センサーも搭載されているので、セキュリティも万全で、最初は戸惑ってしまいますが、慣れると特に問題ありません。

デュアルSIM・3G+4Gデュアルスタンバイ対応SIMスマホ比較

Gooスマホ

google-1762248_640
g07(スペック)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.5インチ
CPU:MT6750T
microSD:最大128GB
背面カメラ:1300万画素
前面カメラ:800万画素
バッテリー:3000mAh
対応周波数:LTE(FDD-LTE) 3G(W-CDMA) GSM
価格:19,800円
(特徴)
gooのスマホは、NTT系のオンラインショップgoo SimSellerで買うことが出来るSIMフリースマホです。

HUAWEI

ダウンロード
Mate 9(スペック)
OS:Android 7.0
ディスプレイ:5.9インチ
CPU:Kirin 960
microSD:最大256GB
背面カメラ:1200万画素+2000万画素
前面カメラ:800万画素
バッテリー:4000mAh
対応周波数:LTE(FDD-LTE) LTE(TD-LTE) 3G(W-CDMA) 3G(CDMA2000) 3G(TD-SCDMA) GSM
価格:60,800円
(特徴)
2016年販売のHUAWEIのSIMフリースマホの中でスペックが高い端末です。
カメラメーカーのライカと共同開発をしたカメラを2基搭載している為、モノクロ写真でも綺麗に撮影することが出来ます。
容量も多く、バッテリー持ちが良い点でもお勧めです。

VAIO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


VAIO Phone A(スペック)
OS:Android 6.0.1
ディスプレイ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 617
microSD:最大64GB
背面カメラ:1300万画素
前面カメラ:500万画素
対応周波数:LTE(FDD-LTE) 3G(W-CDMA)
価格:24,800円
(特徴)
価格が安い点が魅力的な、OSにAndroidを搭載しているSIMフリースマホです。
アルミニウムの削り出しで低価格なのですが、高級感溢れる仕様になっている為、持っているだけでお洒落な感覚を味わうことが出来るでしょう。

Motorola

ae768ee517d03f28651ac37e0c1019e7_s
Moto G4 Plus(スペック)
OS:Android 6.0.1
ディスプレイ:5.5インチ
CPU:Snapdragon 617
microSD:最大128GB
背面カメラ:1600万画素
前面カメラ:500万画素
バッテリー:3000mAh
対応周波数:LTE(FDD-LTE) LTE(TD-LTE) 3G(W-CDMA)
価格:16GB:32,800円 32GB:35,800円
(特徴)
Moto G4 Plusは日本で初めて3G・4Gのデュアルスタンバイ対応の端末で、技適マークも付加しています。

ZTE

purse-1478852_960_720
ZTE BLADE V7 MAX(スペック)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.5インチ
CPU:MTK6755M 1.8GHz 8コア
microSD:128GB
背面カメラ:1600万画素
前面カメラ:800万画素
バッテリー:3000mAh
対応周波数:LTE(FDD-LTE) 3G(W-CDMA) GSM
価格:34,800円
(特徴)
Moto G4 Plusに次いで、日本の技適取得をしたデュアルスタンバイ対応端末です。
指紋認証センサーは右側にあるので、端末を握って指を置いたまま認証が出来ます。

ASUS

1c7f95cd7bdd8a9dde0a30c12a6a989d_m
ZenFone3(スペック)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.2インチ / 5.5インチ
CPU:Snapdragon 625
microSD:128GB
背面カメラ:1600万画素
前面カメラ:800万画素
対応周波数:LTE(FDD-LTE) LTE(TD-LTE) 3G(W-CDMA) GSM
価格:日本版5.2インチ RAM 3GB 39,800円
海外版5.2インチ RAM 3GB 26,000円 5.5インチ RAM 4GB 33,000円
(特徴)
ZenFone3は、アプリの起動や切り替え、そしてスクロールがスムーズで、快適に作動することでも注目されています。
外観とスペック機能の良さが推奨されていますが、それにも関わらず、海外では3万円弱で購入できると言うのが魅力的です。

FREETEL

friends-409403_960_720
RAIJIN(雷神)スペック
OS:Android 7.0
ディスプレイ:5.5インチ
microSD:最大128GB
背面カメラ:1600万画素
前面カメラ:800万画素
対応周波数:LTE(FDD-LTE) 3G(W-CDMA) GSM
価格:29,800円
(特徴)
5000mAhと言う大容量のバッテリーを搭載していることでも注目されています。
RAMについても4GB等のスペックを備えているので、イライラすることなく快適に使うことが出来ます。
利便性が高いにも関わらず、コスパ力も高いという特徴を持っています。

SONY

smartphone-569076_960_720
Xperia X Performance(スペック)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5インチ
microSD:200GB
背面カメラ:2300万画素
前面カメラ:1300万画素
対応周波数:LTE(FDD-LTE) LTE(TD-LTE) 3G(W-CDMA) GSM
価格:75,000円
(特徴)
Xperia X Performanceは、ドコモ・au・ソフトバンクから販売されています。
しかし、日本では販売されていないデュアルSIMモデルで3G・4Gのデュアルスタンバイが搭載されています。
コスパが高いとは言えないのですが、カメラにこだわりたいと言う人は、このタイプのスマホは推奨されます。

Xiaomi

candy-crush-1869655_960_720
Xiaomi Mi5(スペック)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.15インチ
背面カメラ:1600万画素
前面カメラ:400万画素
対応周波数:LTE(FDD-LTE) LTE(TD-LTE) 3G(W-CDMA) 3G(TD-SCDMA) 3G(CDMA1X/EVDO) 2G(GSM)
価格:RAM 3GBストレージ32GB 約37,000円 RAM 3GBストレージ64GB 約43,000円 RAM 4GBストレージ 128GB 約60,000円
(特徴)
Xperia X Performanceは、ハイスペックな端末なのですが、日本で販売される可能性が無いとされています。
周波数は、ドコモのFOMAプラスエリア・プラチナバンドが非対応です。
しかし、ドコモ3G・4GのメインバンドのBand1には対応している為、山岳部以外では通話・通信が利用出来ます。

0.LeEco

yjimage-3
LeEco Le Max 2(スペック)
OS:Android 6.0
ディスプレイ:5.7インチ
背面カメラ:2100万画素
前面カメラ:800万画素
対応周波数:LTE(FDD-LTE) LTE(TD-LTE) 3G(W-CDMA) 3G(CDMA2000) GSM
(特徴)
LeEco Le Max 2は、中国でよく流されているドラマ等のストリーミング配信LeEcoのハイスペックスマホです。
しかしハイスペックながら、値段が27,000円弱と言う所に魅力を感じている人が多いです。

推奨される4G+3Gのデュアルスタンバイスマホ

最安値のDSDSスマホ

smartphone-1894723_960_720
 
国内で販売されている端末で、最安値のDSDSスマホは、g07です。
スペックも悪くなく、それでいてコスパ力もあるということで注目されています。

技適マーク&コスパのDSDSスマホ

0899cfe434d9ea024ca06317a9357553_m
日本の技適マークがあって、コスパ力にも優れている点では、g07の他に、FREETEL RAIJIN、HUAWEI nova、Moto G4 Plus、Moto G5、Moto G5 Plus、ZTE BLADE V7 MAX、AXON 7 mini等が挙げられます。
海外版ではもっと安いタイプもありますが、日本の技適を必須とするのであれば、これらのスマホが理想的です。

ハイスペック&安い端末のDSDSスマホ

dea2dc7c259778440479103be225ad63_m
ハイスペックで安いスマホを求めているのであれば、Xiaomi Mi5かLeEco Le Max 2がお勧めです。
この2つの中で前者は日本での知名度が高く、評価も良好なのに対して、後者はコスパ力は高いのですが、あまり知名度が無く、評価も少ないという点からすると、前者を選ぶのが無難かもしれません。

au SIMで3G通話のDSDSスマホ

b44c4c41a38f4f94e37abdb0a06ad6fc_s
auやau格安SIMでセットで購入したスマホを使っている時、挿しているSIMをDSDS対応のSIMフリースマホに挿して、3G通話用として使いたい人もいるでしょう。
その場合、au SIMを挿して3G通話出来る端末はCDMA2000対応のものが必要になります。
そこでauの3G通話が可能な技適マークがあるDSDSスマホは、g07+です。

バッテリー長持ちのDSDSスマホ

iphone-500291_960_720
外出先での利用等は、出来るだけバッテリー持ちの良いスマホが理想です。
DSDSスマホでバッテリー長持ちタイプは、RAIJINかXiaomi Redmi Pro、Redmi Note 4等です。
特にRAIJINは技適マークを持っていて、バッテリー容量も5000mAhと大容量なこともあり、残量に困ることはありません。

SIM2枚と同時microSDカードが使えるDSDSスマホ

call-71169_640
一般的にデュアルスタンバイスマホは、microSDカードスロットがありません。
なので、2個あるSIMスロットのうちの一つにmicroSDカードを挿入する仕様となっています。
その為、SIMが一枚しか挿入できないというデメリットがあり、別に存在するタイプが理想です。
そこでお勧めなのが、Moto G4 PlusとMoto Z Playで、それぞれSIMスロットとは別にmicroSDカードスロットが付いていますので、不便なく利用することが出来ます。

デュアルSIMスマホでSIM2枚挿入の注意点

Au・au系格安SIMは利用できない?

images
SIMフリー端末は、auやau系格安SIMを挿入しても通話・通信が出来ないことが多いようです。
auは音声通話用としてCDMA2000を採用しているのですが、世界的にも少数派の通信方式なので、あまり積極的に対応端末が開発・販売されていないからです。
逆にドコモ・ドコモ系格安SIMやソフトバンク系の周波数は、きちんと対応している端末が多いので、自身の利用状況に応じて探すことが大事です。
ソフトバンクはドコモよりもエリア範囲が狭いので、安定した格安SIM対応の端末を探しているのであれば、ドコモ・ドコモ系回線を使っている格安SIMが妥当かもしれません。

SIMのサイズを確認する

0fe999362ff0486b5d6596867e35b4c4_m
SIMと言っても色々なサイズがあります。
スマホやタブレット用と色々あるからです。
基本は、nanoSIM、microSIM、標準SIMの3種類です。
デュアルSIMでは、2枚のSIMを挿入することになりますが、端末によってそのサイズが異なるわけです。
同じサイズではなく、一つはnanoSIMで、もう一つはmicroSIMサイズと言ったこともありますので、注意が必要です。

キャリア使用バンド対応かどうかチェック

yakusan20160801394312_TP_V
デュアルスタンバイスマホを日本のエリアで使う為には、使いたいスマホが日本キャリアが使っているバンド(周波数帯)に対応しているかどうかが決め手になります。
日本キャリアと言っても、キャリアごとに使用するバンド(周波数帯)が異なるので、購入する前に必ずバンドを確認しておきましょう。

技適マークがあるかどうか

85a9548ed57f7cfda74c5a14236b9ffb_m
日本で販売されているデュアルスタンバイ対応スマホは、技適マークがあります。
しかし、日本国内で販売されていない、海外で販売されているデュアルスタンバイ対応スマホは、技適マークが無い場合があるのです。
このスマホを日本で使ってしまうと、電波法違反となる為、注意が必要です。

0.まとめ

yjimage
いかがですか?
デュアルSIMには、様々な特徴があり、人によってより良いスマホ生活を送ることが出来ます。
・2つのSIMカードスロットを所有したい
・ネットも電話も普段から多く利用している
これらが該当する方は、デュアルSIM対応スマホを検討されてみてはどうでしょうか。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM
-, , , ,

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.