iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

【人気上昇!】デュアルSIMは節約の救世主?!3つの活用術と注意点をご紹介

投稿日:

smartphone-1445448_960_720
好きなSIMカードを2枚挿入できることで、注目を集めている「デュアルSIM対応」スマートフォン。
 
主に海外へスマホを持っていきたい時や、節約を極めたい時に便利なタイプなのだとか。
元々は海外で人気の高い機種でしたが、日本でも格安SIMが登場してから、徐々に広まりつつあります。

本記事では、そんなデュアル対応スマホで得するポイント。
そして、注意しなければならないデメリットについて、詳しくご紹介します!
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.ユーザーが急増中!「デュアルSIM」とは何か
1-1.デュアルSIMとは?
1-2.デュアルSIMの便利ポイントって?
1-2-1.持運びが1台でラクラク!
1-2-2海外での通信にも対応しやすい
2.デュアルSIM対応スマホのタイプとは?
2-1.【1】シングルスタンバイ(※待受けは1つまで)
2-2.【2】デュアルスタンバイ(※待受け2つOK)
2-3.【3】デュアルアクティブ(※通話+データ通信がOK)
3.デュアルSIM用スマホを使う時の注意点
3-1.バッテリーの消費が早い
3-2.機種によっては通話+データ通信が不可能
3-3.合わないサイズを選ぶおそれも?!
4.デュアルでSIMの効果的な使い方とは?
4-1.目的ごとにSIMを分ける
4-2.最大級の節約プランが選べる
4-2-1.データ×通信で別のSIMがおすすめ
5.デュアルSIM使用者におすすめの会社とは?
5-1.【ケース1】UQモバイル
5-2.【ケース2】FREETEL
5-3.【ケース3】楽天モバイル
5-4.【ケース4】Biglobe
5-5.【ケース5】ロケットモバイル
6.おすすめのデュアルSIM対応スマホTOP4
6-1.【1位】HUAWEI P10 lite
6-2.【2位】ASUS ZenFone 3
6-3.【3位】VAIO Phone A VPA0611S
7.格安!デュアルSIM対応スマホTOP4
7-1.【1位】Acer Liquid Z200
7-2.【2位】FREETEL MUSASHI
7-3.【3位】Alcatel PIXI 4
8.デュアルSIMで快適スマホライフを手に入れよう!
 

ユーザーが急増中!「デュアルSIM」とは何か

pensive-female-580611_960_720
格安スマホと共に、話題となっているデュアルSIM対応のスマートフォン。
「デュアルって何…?」
「どんなメリットがあるの…?」
 
時になる方に向けて、デュアルSIMを詳しくご紹介します!
 

デュアルSIMとは?

 
「デュアル」とは、ラテン語で「二重」をあらわす言葉のこと。
その意味のとおり、2つのSIMカードスロットを持っているのが、デュアルSIM対応スマホの特徴となります。
 
元々は、中国やインドなどの国を中心に使われていたのだとか。
上記の国は地域ごとにインターネットの通信規格(3Gや2Gなど)にバラつきがあり、「どこにいても、スマホが使える!」ようにと、活用されてきたタイプなのだそうです。
 
日本では今まで、地方ごとに電波が変わることが無かったため、あまり使われていなかったのだとか。
近年は格安スマホの普及で「よりお得なプランを、自在に選びやすく」なったため、注目を集めるようになったと言います。
 

デュアルSIMの便利ポイントって?

 
デュアルSIMの便利ポイントは、主に2つ。
 
(1)持運びがラク
(2)海外でも使いやすい
 
という点にあります。その内容について、これから詳しく見ていきましょう。
 

-1.持運びが1台でラクラク!

 
デュアルSIM最大のメリットは、持ち運びがラクになるという点。
今までのスマートフォンは1台あたり1つのSIMで、複数台持っていく必要があり、荷物が多くなりがちでした。
 
デュアルSIMなら、スロットが2つあるため、好きな時に・好きなプランのSIMを使うことが可能になります。
たとえば、「ネサフをしたい!」と思ったら、大容量データのSIMを。
 
「お得な通話をしたい!」時には、カケほーだい対応のSIMを使うなど、自分のスタイルに合わせて、スマホを使うこともできるのです。
 

-2海外での通信にも対応しやすい

 
デュアルSIMの特徴には、海外での通信に対応できると言うメリットも。
海外(ex:インドや中国など)では、地域ごとに通信規格が異なるため、スマホで連絡が取れ無いこともあるようです、
 
そんな時でも、デュアルSIMがあれば、海外用の「プリペイドSIM」を複数使うこともでき、対応しやすいと言われています。
 
ただし、海外でSIMが使えても、インターネット通信ができる、とは限らないのだとか。
OCN・mineo・楽天・UQmobileなどは、ネサフ対応していないとされています。
 
海外でSIMを使う時は、この点について注意をするようにしましょう。
 

デュアルSIM対応スマホのタイプとは?

mobile-616012_960_720
デュアルSIMには、大きく分けて3つ。
 
(1)シングルスタンバイ
(2)デュアルスタンバイ
(3)デュアルアクティブ
 
このタイプがあります。
 

【1】シングルスタンバイ(※待受けは1つまで)

 
シングルスタンバイは、1つのSIMしか利用できないデュアルSIMのこと。
日本では、1番使われている・売られているタイプのデュアルSIM対応スマホであるようです。
 
もちろん、スロットが付いていることから、2つのSIMを入れることはできます。
 
けれども、利用できる待ち受けは、1度に1つ。
このため、もし「通話」「ネサフ」と用途ごとにSIMを分けているなら、使うたびに切り替えなければなりません。
 
このような点から、最近はデュアルスタンバイやデュアルアクティブに、注目が集まることも多いようです。
 

【2】デュアルスタンバイ(※待受け2つOK)

 
デュアルスタンバイとは、1台のスマートフォンで2つのSIMの待ち受けができるタイプのこと。
たとえば、通話し放題系のSIMと、大容量のデータ通信ができるSIM。
 
この2つを同時に「待ち受けする」ことができ、切替えなどの操作は要らない、とされています。
シングルスタンバイに続き、日本でもじわじわと販売されはじめているタイプです。
 
ただし、待ち受けにはできても、同時に使えないのが難点。
たとえば、「音声通話をしながら・ネサフをする」というような、ダブルでの活用はできないようになっています。
 
この反省をいかして、近年注目を集めているのが、「デュアルアクティブ」というタイプです。
 

【3】デュアルアクティブ(※通話+データ通信がOK)

 
デュアルアクティブとは、その名のとおり。
デュアルスタンバイのように2つのSIMを同時待ち受けにしつつ、一緒に使うことが出来るタイプです。
 
たとえば、「大容量データ」用のSIMでネサフしながら、「かけ放題」のSIMで通話をしたい。
そんなことも可能になっている、まさに一石二鳥タイプとも。
 
複数のSIMを使いこなす人。
たとえば、仕事・趣味・副業など、さまざまな目的でいくつものスマホを使う必要がある人に。
特に快適なスマートフォンとして、注目を集めています。
 
ただし、日本ではまだあまり販売されていないため、今後の展開に要注目です。
 

デュアルSIM用スマホを使う時の注意点

stop-634941_960_720
デュアルSIM用のスマートフォンは、便利ですが気を付けなければならない点も。
 
特に、バッテリーやSIMデータの使い方。
そしてサイズについては購入前に知っておかないと困ったことになるかもしれません…。
 
というわけで、ここではデュアル対応スマートフォンの3つの注意点と対策法について、詳しくご紹介します。
 

バッテリーの消費が早い

 
デュアルSIM対応のスマートフォンは、シングルSIMタイプと比べて、やや電池が減りやすい傾向も。
特に、デュアルスタンバイ・デュアルアクティブタイプは、要注意です。
 
両種は2つ分の通信を拾おうとしているため、通常のスマホよりもバッテリーの稼働率が増えてしまうのだとか。
このはたらきが、バッテリーが早々に減る原因とされています。
 
対策としては、こんなのがおすすめ。
 
・充電をし過ぎない
・充電器を長時間、コンセントに繋ぎすぎない
・電池の無い状態で、長期間放っておかない
 
デュアルSIM用に限らず、スマートフォン全体に当てはまりますが、スマホは充電を長時間・ひんぱんに行うのはNG。
スマホは「リチウムイオン電池」というタイプを採用しているため、充電するほど、バッテリーの長持ち度が下がってしまうそうです。
 
電池が少ないと不安になってしまう気持ちは分かりますが、充電は10%になってから。
電池が劇的に持つことは無いかもしれませんが、電池の寿命を長持ちさせるのには役立つと考えられます。
 

機種によっては通話+データ通信が不可能

 
すでにご紹介した通り、デュアルSIMと言っても、入るだけで待ち受けが2つには出来ないタイプも。
シングルスタンバイタイプは、2つのSIMを持ち運ぶことはできますが、同時に使うことはできません。
 
また、デュアルスタンバイタイプも注意必須。
2つの待ち受けはできても、2つのSIMを同時に利用することはできなくなっています。
 
このため、音声の時は音声。データ通信の時はデータのみと、割り切って使うことが必要となりそうです。
 

合わないサイズを選ぶおそれも?!

 
じつはまだ紹介していなかったのですが、デュアルSIMのスロットは、一律のサイズとは限らないのだとか。
 
SIMには、以下の3種類。
・nano
・micro
・標準
 
といったタイプがあります。
スロットによっては「○○タイプと○○タイプ、どちらもOK」と、1つで併用できるタイプもあります。
 
が、受け付けないタイプについて把握しておかないと、せっかくのSIMがムダになってしまう恐れもあります。
このため、スマホ・SIMを使用する前に、それぞれのサイズについて、チェックしておくようにしましょう。
 

デュアルでSIMの効果的な使い方とは?

iphone-2390121_960_720
デュアルSIMって便利そうだけれど、どう使うべきかイマイチ分からない。
そんな方に向けて、ここではデュアルSIMの活用法を、詳しくご紹介します。
 
知っておけば、3倍快適に使えるかも…?!
購入前の方は特に、サラッとチェックしてみてくださいね♪
 

目的ごとにSIMを分ける

 
デュアルSIMを使うなら、目的ごとでSIMを分けるのがおすすめ。
 
たとえば、仕事での使用頻度が高い、電話連絡の多いSIM。
趣味に用いる、ガッツリとデータ通信の多いSIM。
 
それぞれ、別のスマートフォンを持ち運ぶのは、ちょっぴりお荷物ですよね。
そんな時は、デュアルSIM対応スマートフォンを活用してしまうのがおすすめ。
 
1台で済むから持運びがラクになります。
また、目的でSIMを分けておくと、連絡先とごっちゃになったり、メールの誤爆等が防ぎやすくなるのも◎。
 
スマートフォンおよび、インターネットヘビーユーザーには、特におすすめの活用方法です。
 

最大級の節約プランが選べる

 
デュアルSIMのメリットの中でも、もっとも注目を集めているのが「複数のSIM」の活用。
その中でも、最大級、自分にとって快適なプランを選びやすい、と言う点にあります。
 
たとえば、どうしても通話が多くなってしまうから、24時間、何時間かけても「定額」がキープできるタイプが良い。
そう思っていても、現状、格安SIMの業界では、そのようなプランは多くないと言われています。
(※2017年6月29日現在)
 
それなら、大手キャリアでおなじみの、ドコモによる「カケホーダイ」と、他社の大容量データプランの併用をおすすめします。
カケホーダイとは、2,700円で、国内通話が24時間・いつでも無料となるサービスです。
 
キャリアとしては珍しく、他社のSIMフリースマートフォンで、SIMを使っても良いとされています。
(※ただし、注意事項についての確認もあるようです。)
 
このような点から、1社だけに縛られず、自分にとって最大級快適に使えるプランが選択できる。
と、考えられています。
 

-1.データ×通信で別のSIMがおすすめ

 
4-1の項目でもご紹介しましたが、デュアルSIMを活用するなら、自分にピッタリな会社のプラン選ぶのがおすすめ。
特に、データと通話で、それぞれ異なる使い方をしている人もいるかと思います。
 
そんな時、どんなプランを選ぶとお得なのか。
という一例については、5の項目で詳しくご紹介しましょう。
 

デュアルSIM使用者におすすめの会社とは?

imac-605421_960_720
たとえば、「大容量データSIMは安いのに、かけ放題プランが無い!」といった場合。
通話とデータ通信、それぞれでSIMを分けて使うのがおすすめですが…
 
どの会社の、何のプランがお得かについては、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。
本項目では、おすすめプランの一例について、ご紹介します。
 

【ケース1】UQモバイル

 
ムックとガチャピン、美人な3姉妹という「家族」シリーズCMで話題を集めているUQモバイル。
通信データ量が、制限ナシで月々1,980円で使えたり、5分なら通話料0円であったり。
攻めたプランが多い会社でもあります。
 
スマホは既にあり、SIMだけ購入したい場合は、ちょっとお得なタイプかも知れません。
 
また、ネット通信がスムーズであるのも、人気の理由の1つ。
地下鉄からデパ地下、空港などにもエリアを広げた「WiMAX」の通信を採用しています。
 
どこでも快適にデータ通信しやすい点から、スグに連絡を取りたい。
もしくは、仕事の関係であらゆる場所に行く必要がある人には、便利なタイプと言えそうです。
 

【ケース2】FREETEL

 
佐々木希さんを起用した、「にくきゅ~」というCMなどで密かに注目を集めているFREETEL。
インターネットの通信については、全国的な規模で、スムーズな通信をしているNTTドコモの回線を採用しています。
 
最大の特徴としては、インターネット通信を299円/100MB~という価格で提供していること。
そして、電話のかけ放題についても、1分以内の通話なら何度でも299円という、斬新なプランを提供しています。
 
また、Twitter・Instagram・LINE・Facebookなどの人気SNS。
さらに、ポケモンGOについては、パケット通信としてカウントしないのだそう。
 
月々のデータ通信量を節約したり、通信規制を防ぎたい時に、おすすめなSIMと言えそうです。
 

【ケース3】楽天モバイル

 
楽天モバイルとは、いわずとしれたインターネットサービスの会社・楽天によるSIMのこと。
もっともリーズナブルだと、525円から使うことが出来ます。
 
インターネットの通信容量は、最大30GBまでプランを用意。
某大手社の同様プランが8,000円であるのに対し、5,450円で利用できることから、ひそかに注目を集めています。
 
また、格安SIMとしては非常に珍しい、「かけ放題プラン」もアリ。
2,380円のプラン料金で、大手キャリアと同様。
国内での電話なら、回数・分数とわず、無料で電話できるサービスとなっています。
 
「仕事などの関係で、できれば電話でコミュニケーションを取りたい……」
「"○分間無料"って言われても、長電話だったり短かったりするし……」
 
そんな人には特に、快適なプランと言えそうです。
 

【ケース4】Biglobe

 
インターネットのプロバイダー会社として知られる、BiglobeのSIMです。
900円/3GB~7,450円/30GBという料金設定に。
 
格安SIMとしてはちょっとリッチな価格ですが、月ごとのプランや、サービスの活用で、お得になることも。
また、契約初月に限っては利用料が0円という、嬉しいおまけもあります。
 
また、Biglobeのプロバイダー等と契約すると、月額料金がちょっとお得になるキャンペーンもあるようです。
 

【ケース5】ロケットモバイル

 
ロケットモバイルとは、株式会社エコノミカルが提供する格安SIMです。
業界最安といわれる298円~のプランや、840 円/3GBをはじめ、リーズナブルな料金プランがそろっています。
 
ちなみに、最大級のデータ通信量である7GBでは、1,998円。(※データSIMの場合)
ある格安SIM社での料金プランが約2,000円/5GBとなっている点から見ると、かなりお得感のある料金と言えそうです。
 
また、10分以内の通話×300回まで無料で出来るなど、通話面でも良心的なプランもご用意。
「とにかく安く!」「節約!!」という面でスマートフォンを選ぶ時には、ぴったりなタイプと言えそうです。
 

おすすめのデュアルSIM対応スマホTOP3

gui-2311261_960_720
さて、ここではデュアルSIM用のスロットを持つ、おすすめのスマートフォンを3つご紹介します。
ちなみに、ここで紹介するのは某口コミサイトでもTOP10以内を占めているモノばかり。
 
デュアルSIMの購入を考えている方は、1度チェックしてみてくださいね♪
 

【1位】HUAWEI P10 lite

 
中国で今もっとも勢いのある企業・フアウェイ(華為)によるスマートフォンです。
日本では2017年6月に発売された、最新鋭の機種です。
 
デュアルSIMに対応したスロットがあるほか、情報に対し迅速に処理するCPU・Kirin658を搭載。
さらに、バッテリーは3,000mAhで、何と約40分の充電で、朝~夜まで使うことも出来るのだとか。
 
機能としては、指紋認証のほか、第二関節での操作が可能となった「ナックルジェスチャー」。
大き目サイズのピクセルによって、ハッキリ・クッキリ・鮮やかに写すカメラも搭載。
 
自慢したくなるようなスタイリッシュなデザインも、人気の理由となっています。
 
■スペック
【商品名】Huawei P10 lite
【参考価格】27,500円~(参考:http://kakaku.com/item/J0000024835/)
【OS】Android 7.0 Nougat、Emotion UI 5.1
【カラー】プラチナゴールド(SIMフリー限定)、サクラピンク(※UQモバイル限定)、パールホワイト、サファイアブルー、ミッドナイトブラック
Huawei P10 liteについて、詳しくはこちら♪→http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/P10LITE-JP/index.htm
 

【2位】ASUS ZenFone 3

 
フアウェイと同じく、中国にて人気と勢いのあるASUSのZenFoneシリーズです。
 
2016年の6月ごろ発売され、一時は人気No.1を誇ったことも。
デュアルSIMにも対応できるスロットのほか、シンプルかつ実力の高い機能を備えています。
 
たとえば、AF(オートフォーカス)機能付のカメラ。
カメラをオンにすると、自動でピントを合わせてくれるので、決定的な瞬間をとらえやすくなっています。
 
また、デュアルスタンバイタイプなのも◎。
2つのSIMを同時に使えるため、双方のカードから電波を受信することが可能です。
 
シンプルながら流麗なデザインと、欲しい機能を2つ備えた実力派スマートフォンとして、現在も注目を集めています。
 
■スペック
【商品名】ASUS ZenFone 3
【参考価格】33,800円~(参考:http://kakaku.com/item/J0000021762/)
【OS】Android 6.0
【カラー】クリスタルゴールド、パールホワイト、サファイアブラック
【タイプ】デュアルスタンバイ
 
ASUS ZenFone3について、詳しくはこちら→https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-3-ZE520KL/
 

【3位】VAIO Phone A VPA0611S

 
PCで人気の高いVAIO社によるスマートフォン機種。
ドコモのLTE通信に対応しており、全国的な規模で快適なインターネット通信ができるのが◎です。
 
タイプは「デュアルスタンバイ」なので、同時待ち受けが可能に。
2つのICカードによる電波を受信できるため、快適にスマートフォンウィ使用しやすくなっています。
 
このほか、テザリングに対応しているので、外出先でルーター代わりに使用することも可能に。
また、シンプルかつスタイリッシュなデザインなので、持って歩くのが楽しくなるのも◎なポイントです。
 
■スペック
【商品名】VAIO Phone A VPA0611S
【参考価格】26,784円(参考:http://store.vaio.com/shop/g/g10000278A/
【OS】Android 6.0.1
【カラー】シルバー
【タイプ】デュアルスタンバイ
 
VAIO Phone Aについて、詳しくはこちら♪→http://store.vaio.com/shop/g/g10000278A/
 

格安!デュアルSIM対応スマホTOP3

mobile-phone-1595784_960_720
上ではおすすめのデュアルSIMについてご紹介しましたが…。
「できれば、価格はもっと安い方が助かる…!」
 
そう思っている読者の方もいると思います。
というわけで、この項目ではデュアルSIMに対応していて、安いスマートフォンについて、詳しくご紹介します♪
 

【1位】Acer Liquid Z200

 
Acerとは、中国の人気スマートフォン会社の1つ。
Liquid Z200は、Amazonにて9,000円台という価格で購入できるリーズナブルなスマートフォンです。
 
デザインは「持ちやすさ」に重点を置いており、ストレスフリーな設計が◎。
また、クリアーな音質のスピーカー・DTS® Studio Sound。
スムーズな動きが嬉しいクイックモード UI なども搭載しており、価格以上に快適との評価もありました。
 
ただし、耐水性はないのだとか。
水辺に行く用事がある場合は、取扱いに注意必須と言えそうです。
 
■スペック
【商品名】VAIO Phone A VPA0611S
【参考価格】 9,548円
【OS】Android 4.4
【カラー】ブラック
【タイプ】シングルスタンバイ
 
VAIO Phone A VPA0611Sについて、もっと詳しく知りたい方はこちら♪
https://www.amazon.co.jp/Acer-Liquid-Android-Android%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%ABSIM-SIM%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/B00VZB6Y30
 

【2位】FREETEL MUSASHI

 
日本において、格安スマホ界でのトップクラス人気を誇っているFREETEL。
その中でもMUSASHIは、2つ折りのスマートフォン(※見た目はケータイ風)のデザインが特徴的。
 
突如あらわれたスマートフォンに苦手意識のある方でも、安心して使えるタイプです。
デュアルSIMに対応したスロットだけでなく、キレイなグラフィック。
そして幅広い地域に張り巡らされたプラチナバンドに対応しているのも、便利なポイントとされています。
 
■スペック
【商品名】FREETEL MUSASHI
【参考価格】14,800円(参考:https://www.freetel.jp/product/smartphone/musashi/price.html)
【OS】Android5.1
【カラー】ホワイト、ブラック、シャンパンゴールド
 
FREETEL MUSASHIについて、詳しくはこちら♪
https://www.freetel.jp/product/smartphone/musashi/spec.html
 

【3位】Alcatel PIXI 4

 
フランスで通信システムについて事業を行っている、Alcateのスマートフォンです。
デュアルスロットであるほか、シンプルかつ使いやすい雰囲気が印象的。
 
手のひらに快適にフィットするサイズ感と、コラージュ・文字入力まで出来る充実のカメラ機能。
最新の通信規格・4Gに対応しているのも、人気の理由となっているようです。
 
■スペック
【商品名】Alcatel PIXI 4
【参考価格】9,720円(参考:http://kakaku.com/item/K0000952921/)
【OS】Android 6.0
 
Alcatel PIXI 4について、詳しくはこちら♪→http://www.alcatel-mobile.com/jp/products/pixi4#.WVWycITyjIU
 

デュアルSIMで快適スマホライフを手に入れよう!

woman-828888_960_720
デュアルSIM対応のスマートフォンについて、いかがでしたか?
 
格安スマートフォンの普及によって、料金プラン・スマートフォンの常識が変化しつつあるこの時代。
自分にとってもっとも快適なプランを選ぶのに、非常に効果的なタイプとして、注目を集めています。
 
「自分はもっと、スマホについて節約できる気がする…!」
そんな方はぜひ、活用してみることをおすすめします♪

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.