iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

Galaxy S7 edgeってどう?メリットやデメリットを徹底検証!

投稿日:

iphone-500291_960_720
サムソンのスマートフォンの中で、もっとも有名な機種でもあるGalaxyシリーズ
2016年の夏に発売されたGalaxy S7 edgeは、現在でも、機種変更や新規のりかえ。
 
スマートフォンなどを選ぶ時、人気なタイプとなっています。

その理由は、指紋認証機能や、従来よりも30%処理パワーをアップしたメモリ。
ハッキリと色鮮やかなディスプレイを備えている便利さ・快適さ。
 
そして、2017年に、スマートフォンを代表するデザイン賞を受賞したことなどが、あげられるようです。


今回は、そんなGalaxy S7 edgeの機能や使い心地、じっさいに使っている人からのレビュー。
iPhoneやXperiaなどの競合機種との違いについて、詳しくお伝えしていきます!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.そもそも「Galaxy S7 edge」とは?
1-1.サムソンで人気のGalaxyシリーズの1つ
1-1-1.発売は2016年の夏
1-2. SC-02Hと SCV33、2つのタイプをご用意
2.【Galaxy S7 edge】 SC-02HとSCV33、何が違うの?
2-1. SC-02Hはdocomo、SCV33はauで販売
2-2. 【SCV33】SIMフリー機種としても使えるかも?
2-3.総論:スペックについてはほとんど同じ
3.【スペック】Galaxy S7 edgeってどんなスマホ?
3-1.薄くて軽い、持ち心地のよいデザイン
3-2.大容量!3,600mAhのバッテリー
3-3.安心!外でも使いやすい防水・防塵機能
3-4.サッと便利な指紋認証!

  1. Galaxy S7 edgeの評価は?

4-1.【不評】10万円はちょっと高いかも…
4-2.【好評】使いやすい機能を備えており◎
4-3.結論:使い心地の快適さにこだわるならおすすめ
5.【比較1】Galaxy S7 edgeとiPhone6sの違いとは?
5-1.Galaxy S7 edgeはandroid,iPhoneはiOS
5-2.【GalaxyS7edge】画面・写真がハッキリ鮮明で美しい
5-3【iPhone6S】iOSが使える、サクサクデータ処理できる
5-4. 結論:画面の美しさにこだわるなら「Galaxy S7 edge」
6.【比較2】Galaxy S7 edgeとXperia Xの違いとは?
6-1. Galaxy S7 edgeはサムソン、Xperia Xはソニーのandroid機種
6-2.【Galaxe S7 edge】大画面で動画がダイナミックに
6-3.【Xperia X】放熱力が高いので、熱くなりにくいかも
6-4.結論:好み・使い方に合わせて選ぶのがおすすめ
7.おまけ:Galaxy S7 edgeを快適に使う3つの方法
7-1.ゲームをするならGame Launcherでサクサク進めよう
7-2.省電力モードでバッテリーを長持ちに
7-3.「片手操作モード」でもっと使いやすく

  1. Galaxy S7 edgeでスマホライフをもっと楽しく♪

そもそも「Galaxy S7 edge」とは?

ipad-605439_960_720
「スマートフォンって、どれも同じに見える……」
「そもそも、Galaxy S7 edgeって何?」
 
機種変更や新しく買う時に、こんな疑問を持つこともあるかと思います。
この項目では、Galaxy S7 edgeの基本の「き」を、くわしくお伝えしていきます。
 

サムソンで人気のGalaxyシリーズの1つ

 
Galaxy S7 edgeとは、サムソンで人気のスマートフォンシリーズ・Galaxyシリーズの1つです。
Galaxyシリーズとは、2010年から発売されたタイプのこと。
 
1年に約1~2回ほど新しいタイプのスマートフォンを発売し、スマートフォン好き、サムソン製品のファン。
また、新規のスマホを購入する人を中心に、注目を集めています。
 

-1.発売は2016年の夏

 
そんなGalaxyシリーズのなかで、S7 edgeは2016年の5月19日に発売されたタイプ。
数えると、3番めに新しい機種となります。(※2017年7月7日現在)
 

SC-02Hと SCV33、2つのタイプをご用意

 
日本で販売されているGalaxy S7 edgeはおよそ2種類。
SC-02HとSCV33です。
 
これらのタイプに違いがあるのか…、
という点については、次の項目で詳しく見ていきましょう。
 

【Galaxy S7 edge】 SC-02HとSCV33、何が違うの?

mobile-2262928_960_720
日本で販売中のGalaxy S7 edgeには、SC-02HとSCV33の2つがあります。
それぞれについて、どんな点が違うのか。
 
また、快適さはどうなのかについて、これから詳しくお伝えします。
 

SC-02Hはdocomo、SCV33はauで販売

 
SC-02Hは、大手ケータイ会社・ドコモで販売中。
SCV33は、おなじく大手ケータイ会社のauショップで販売されています。
 
【SC-02H】
SC-02Hは、ドコモによるオプション機能が使えるタイプでs。
たとえば、dマーケット。
 
dマーケットとは、ドコモによるサービスを使うことのできるインターネットサービスです。
このサイトからは、こんなサービスへとつなげることも出来ます♪
 
■dマーケットで楽しめるサービス例
・dTV…月々500円で国内外のドラマ・アニメ・映画などが観られる。
・dアニメストア…角川会社との協同会社・ドコモ・アニメストアによるもの。月々400円で約500作品・総計10,000話以上のアニメを観られる。
・dミュージック…月々934円で、100万曲以上の音楽を聴くことができる
・dマガジン…月々400円で70種ほどの雑誌を読める。週刊誌から、男女ファッション誌。ビジネス誌とバリエーションが豊富。
 
ここで紹介したサービスはごく一部なので、まだまだたくさんあります。
また、高音質での通話を可能にする「VoLTE」が使える、というのも必見です。
 
Galaxy S7 edge<SC-02H>について詳しくはこちら→https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc02h/
 
【scv-33】
 
scv-33とは、auで販売しているGalaxy S7 edgeのこと。
高音質な通話が楽しめる「au VoLTE」が使えます。
 
また、イザという時に便利な災害対策のアプリケーション。
そして、未成年の人から有害サイトをブロックする、「あんしんフィルター」などのサービスを使うことも出来ます。
 
また、SCV33を買うなら、お得な「スマホはじめる割」もOKに。
スマホはじめる割とは、機種変更、他社からの乗り換え、新規など、新しく購入する人への割引サービスです。
 
6~18歳までのユーザーを対象に、データ定額1~30や、LTEフラットなど。
指定の料金プランを選ぶことで、最安で2,980円から使えるようになります。
 
Galaxy S7 edge<SCV33>について、詳しくはこちら→https://www.au.com/mobile/product/smartphone/SCV33/
 

【SCV33】SIMフリー機種としても使えるかも?

 
対応サービス以外にもこの2機種にはちがいがあります。
それは、「SCV33は、simフリーとして使える」ということです。
 
スマホは使えるけど、料金をもっと安くしたい。
そうなると、格安sim会社に乗り換えたくなる場合もあるかと思います。
 
そんな時、本体そのままでsimだけ変えるなら、auのSCV33がおすすめ。
simだけ差し替えて、そのまま使っちゃうこともできます。
 
今後、料金プランの見直しを視野に入れる場合は、検討してみても良いかもしれません。
 

総論:スペックについてはほとんど同じ

 
上記では2機種にとって、それぞれ異なる点について紹介しましたが、基本的なスペックは同じ。
それぞれ、ワイヤレス充電や指紋センサー。
 
クリアな音質でムービーやミュージックが楽しめる「ハイレゾ音源」など、快適な機能が使えるようになっています。
また、どちらも通信規格はLTEなので、スピーディなインターネットを楽しむことも可能です。
 
とはいえ、サービス・simロックなど、ちょっとした差異があるのは事実。
たとえば、ドコモのサービスを楽しく快適に利用するなら、SC-02H。
 
この先、激安なsim会社へ乗り換えることも視野に入れるならSCV33と、使い方に合わせて選ぶのがベストと言えそうです。
 

【スペック】Galaxy S7 edgeってどんなスマホ?

woman-1446557_960_720
ここまでは、ドコモとau、それぞれで販売中のGalaxy S7 edgeについてみてきました。
それでは、S7 edgeについて共通するのは、どんなことなのでしょうか。
 
これから詳しくご紹介いたします。
 

薄くて軽い、持ち心地のよいデザイン

 
Galaxy S7 edgeの魅力は、なんといっても「持ち心地の快適さ」を追求したデザイン。
手に自然にフィットするサイズ感や、狭めの額縁によるのびのびとしたディスプレイが魅力的です。
 
ちなみに、このデザインは、「IFデザインアワード2017」も受賞しています。
IFデザインアワードとは、「デザイン界のオスカー賞」との異名もある、国際的なタイトルなのだとか。
 
スマートフォンおよび、デザイン界でも注目を集めた機種で、スタイリッシュさを追求する人にはピッタリなタイプかも知れません。
 

大容量!3,600mAhのバッテリー

 
デザインだけでなく、機能面でも快適さを持つGalaxy S7 edge。
その代表的メリットの1つが、大容量・3,600mAhのバッテリーです。
 
このバッテリーサイズは、前のシリーズと比べておよそ1.4倍。
現時点では、「これが絶対的データ!」という使用可能な時間は不明です。
 
が、人によっては「省エネモードにして、通勤時のネサフ程度にしておけば「1日以上はバッテリーが持つ」との意見も寄せています。
 

安心!外でも使いやすい防水・防塵機能

 
Galaxy S7 edgeで、もっとも評判が高い機能でもある「防水・防塵機能」。
防塵には、キャップレスの構造を採用しています。
 
防水・防塵機能を持つスマートフォンの多くは、デリケートな金属部にシリコンを包み、水を防ぐのだとか。
Galaxy S7 edgeの場合は、スマートフォンの電子回路の接続部などに防塵の加工をしていると言います。
 
新鋭のテクノロジーで、外出先でも安心して使いやすくなる。
InstagramやTwitterを多用する人には、快適なポイントといえそうです。
 

サッと便利な指紋認証!

 
galadxy S7 edgeの魅力とされているのが、新しくなった指紋認証機能。
S7 edgeまえに発売された機種にも指紋による認証機能はありましたが、android のソフトウェアを7.0へ更新したところ、更にパワーアップ。
 
人によっては、「爆速!」と感じることも有るようです。
ただし、指紋認証で出来ることは、スマートフォンのロック解除のみ。
 
もっと活用したいと考えている場合は、この点について注意が必要かもしれません。
 

  1. Galaxy S7 edgeの評価は?

assess-2372181_960_720
Galaxy S7 edgeの機能は分かったけど、使い心地は?
じっさいに使ってみたユーザーさんはどう思ったのか。
 
正直、気になるトコロかと思います。
本項目では、そんなGalaxy S7 edgeを使っているユーザーさんからの好評・不評、両面を詳しくお伝えしていきます!
 

【不評】10万円はちょっと高いかも…

 
Galaxy S7 edgeの不満は、このような点にあると言われています。
 
【1位】価格が高い
Galaxy S7 edgeについての不満。
ソレは主に、93,960円という価格にあるようです。
 
スマートフォンで本体価格・10万円ちかくは、あまり珍しくない話。
ですが、いきなり10万円という価格が提示されると、ちょっと迷ってしまうことも有りますよね…
 
ただし、販売から1年以上(※2017年7月現在)が経過しているためか、現在では料金引き下げの傾向も。
ドコモショップでは、最安15,552円で購入できるようです。
Galaxy S7 edgeの最安価格について、詳しくはこちら→https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/smart_phone/SC02H.html?cid=OLS_PRD_SC02H_from_kdc_PRD_SC02H&_=1499566864766
 
【2】便利すぎるから?!スグに減ってしまうバッテリー
 
Galaxy S7 edgeはスペック的にすぐれたスマートフォンですが、人によっては「バッテリーがスグに減る!」と感じることも。
対策としては、ディスプレイの明るさをおさえ、通知をサイレントにするなど、省エネモードで使うのがおすすめです。
 

【好評】使いやすい機能を備えており◎

 
さまざまな不満点もありますが、Galaxy S7 edgeには、こんな便利な機能もあります。
 
【1】ワイヤレス充電
 
ワイヤレス充電とは、文字どおり「コンセントに繋がなくても、バッテリーを満たせる機能」になります。
(※専用の充電器を用意する必要があります。)
 
コンセントに繋がずにできるという点において、時短や安全性などがj期待できるようです。
 
【2】ハイレゾ音源がここちよい
 
ハイレゾ音源とは、サウンドの処理が速い、サンプリング周波数が規定値よりも高い、などの条件をクリア。
通常のスピーカーと比べて、ハイレベルな音響を楽しめるコトを指しています。
 
Galaxy S7 edgeにはこの機能を備えているため、ゲームや音楽。
動画や映画を、よりダイナミックに視聴できるメリットがあるようです。
 

結論:使い心地の快適さにこだわるならおすすめ

 
このように、メリット・デメリットの両面を備えているGalaxy S7 edge。
といっても、販売から1年以上たっており、価格はリーズナブル化しており、比較的手にとどきやすくなっています。
 
ハイレベルなサウンドや、コンセントを使わずにできる充電。
そして、防水・防塵などの機能面に魅力を感じるなら、選んでよい機種と言えそうです。
 

【比較1】Galaxy S7 edgeとiPhone6sの違いとは?

office-620822_960_720
スマートフォンを購入する時に、気になるのは「他機種」とくらべて、どんな使い心地なのか。
とくに、iPhone 6など、競合のスマートフォンとはどのような点で異なるのか。
 
気になることも有るかと思います。
本項目では、Galaxy S7edgeとiPhone6、それぞれの特徴・メリットから見た「おすすめポイント」について、詳しく見ていきましょう。
 

Galaxy S7 edgeはandroid,iPhoneはiOS

 
Galaxy S7 edgeとiPhone6のもっとも大きな違いは、OS。
スマートフォンを動かすソフトウェアが、それぞれ異なります。
 
・Galaxy S7 edge…android
・iPhone6…iOS
 
androidは、Googleが開発し、特許をとっているソフトウェアです。
さまざまな機種につかわれていますが、機種変更の時、データのバックアップをしづらいのが難点となっています。
 
対してiOSは、apple社が開発し、特許をとったソフトウェアです。
アップル製品以外での機種で使うことは許されていませんが、appleた製品との連携は◎。
 
機種変更の際に、そのままデータを移しやすいことで、人気を集めています。
※ただし、バックアップを取っていた場合に限ります。
 

【GalaxyS7edge】画面・写真がハッキリ鮮明で美しい

 
Galaxy S7 edgeは、画面や写真など、ハッキリと鮮やかな画面が印象的。
これは、スマホで初めて導入された「デュアルピクセル」というテクノロジーの搭載によるそうです。
 
デュアルピクセルとは、撮影する場所・環境などに関係なく、高速でオートフォーカス(自動で焦点を合わせられる)機能のこと。
これによって、鮮やかで美しい映像・写真を撮りやすくなっています。
 
また、ワイヤレス充電・おサイフケータイ、防水等の機能が着いているのも、便利なポイントとして挙げられるでしょう。
 

【iPhone6S】iOSが使える、サクサクデータ処理できる

 
iPhone6のメリットは、何と言ってもiOSが使えること。
先述した通り、同アップル機種であれば、バックアップを取っておくと、簡単に移し替えができるようになっています。
 
また、「サクサクとデータ処理ができる」「androidではインストールできない、アプリなどの使用が可能」といった点でも評価されているようです。
 

結論:画面の美しさにこだわるなら「Galaxy S7 edge」

 
ここまでご紹介してきたように、Galaxy S7 edgeのメリットは、画面の美しさ。
そして、ワイヤレス充電などの先進的な機能にあると言えそうです。
 
ただし、iPhone6も、優れた機種の1つ。
バックアップが取りやすかったり、データ処理が早いなどの評判もあり、一概に「○○の方が使いやすい!」と断言しづらい状況とも言えます。
 
このため、自分の使用法や、ライフスタイルに合わせて、選んでしまうのがベストと言えそうです。
 

【比較2】Galaxy S7 edgeとXperia Xの違いとは?

ios-1091302_960_720
Galaxy S7 edgeと並べられることの多い、Xperia X。
この機種については、同じくOSにandroidを採用しているため、機能・使いごこちの快適さを重視して、選びたい人が多いのではないかと思います。
 
というわけで、これらのスマホの特徴と、それぞれのメリットなどについて。
詳しく見ていきましょう!
 

Galaxy S7 edgeはサムソン、Xperia Xはソニーのandroid機種

 
Galaxy S7 edgeと、Xperia Xのもっとも大きな違いは、メーカーになります。
 
Galaxyシリーズを手掛けているのは、韓国発の人気企業・サムソン。
そして、xperiaシリーズは、一部上場の企業でもあるsonyです。
 
それぞれ同じくandroidをOSとして搭載しており、使い方はほぼ同じ。
ですが、細かな点で違いがあるとされています。
 

【Galaxe S7 edge】大画面で動画がダイナミックに

 
Galaxy S7 edgeの特徴の1つは、何と言ってもディスプレイへのこだわり。
5.5インチというサイズにquad HDを採用しているそうです。
 
ちなみに、Xperia Xが画面に採用しているのは、full HD。
それぞれ、解像度についてはこのような数値となっています。
 
・quadHD…2560×1440
・fullHD…1280×920
 
より、ダイナミックな映像でムービーを楽しみたい。
お気に入りの映画を、迫力満点で視聴したい時に、ピッタリなタイプと言えそうです。
 

【Xperia X】放熱力が高いので、熱くなりにくいかも

 
対するXperia Xのメリットについては、スマホ本体が放熱されやすいこと。
つまり、長時間使っていても、比較的持ちやすい温度であることを指します。
 
Xperia Xの本体には、金属を使用しており『従来の機種より、30%ほど放熱効果アップ』しているそうです。
ゲームなどをプレイし、長時間スマートフォンを持つことがある。
 
そんな人には、使いやすいタイプと言えるかもしれません。
 
【おまけ】Xperia Xの価格について
 
Xperia Xは、オープン価格※となっているのだとか。
(※オープン価格……メーカー希望小売価格を発表していないこと)
 
このため、料金については店頭で直接チェックしたり、各オンラインショップによって異なるとされています。
ちなみに、2017年7月時点では、最安価格は中古で35,424円。
 
最高だと、65,980 となっているようです。
 
Xperia Xについて、詳しくはこちら:
<Softbank>https://www.Softbank.jp/mobile/products/list/xperia-x-performance/
<docomo>https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/so02j/
 

結論:好み・使い方に合わせて選ぶのがおすすめ

 
Galaxy S7 edgeとXperia X。
同じく2016年に発売された、人気のスマートフォンモデルです。
 
スマートフォンの情報処理速度も、ほぼ互角。
同じCPUを採用しており、比較的「サクサク使える」との印象を持つ人が多いようです。
 
といっても、デザインやグラフィック。
持っている時の温度など、細やかな違いはあるもの。
 
店頭などで、見れる範囲までチェックしてから選ぶのが、1番ベストと言えそうです。
 

おまけ:Galaxy S7 edgeを快適に使う3つの方法

tea-cup-2107599_960_720
ここまで、Galaxy S7 edgeについての特徴やメリット。
他機種とくらべた使いごこちなどについて、詳しく見ていきました。
 
この項目では、Galaxy S7 edgeを実際に使うときのポイントや、快適に使いやすくなるコツなど。
知っておくとちょっと便利な3つの情報を、お伝えしていきます♪
 

ゲームをするならGame Launcherでサクサク進めよう

 
Galaxy S7 edgeでゲームをするなら、Game Launcher設定にしておくと、より便利に。
Game Launcherとは、グラフィック処理をスムーズにしたり、ゲームプレイ中の電池使用量を押さえてバッテリーの節約をしたり。
 
また、面白いゲームやおすすめのゲームなどを紹介してくれるシステムです。
設定の仕方は、このようになっています。
 
■設定の手順
【1】「設定」画面を開く
【2】「高度な機能」を選ぶ
【3】「ゲーム」を選ぶ
【4】「Game Launcher」をオンにする
 
設定は1分もしないで終わると考えられます。
パズドラなどのソーシャルゲームをする人は、ぜひ設定しておくのがおすすめです♪
 

省電力モードでバッテリーを長持ちに

 
スマートフォンのバッテリーを1分でも長く保ちたい人におすすめなのが、「省電力モード」。
省電力モードとは、端末のバックグラウンドでの操作や、着信などの通知機能。
 
位置情報のサービス機能のはたらきにリミッターをかけることで、バッテリーの消費を押さえる機能です。
この機能を活用することで、バッテリーが従来の数分~数時間ほど、伸びるとも言われています。
 
ただし、メールやメッセージが届いた時の、「自動通知機能」はオフになってしまうのだそう。
連絡などが気になる場合は、小まめにチェックをしておく必要があります。
 

「片手操作モード」でもっと使いやすく

 
Galaxy S7 edgeは、片手操作派にうれしい「片手操作モード」を搭載しています。
片手操作モードとは、画面のサイズを小さめにしたり、キーボードのサイズを調節したり。
 
キーパットを端に寄せて、片手での誤操作や、文字入力のミスを防ぐ機能です。
使うときは、こんな操作をします。
 
■片手操作モードを設定する手順
 
【1】「設定」を開く
【2】「高度な設定」を選ぶ
【3】「片手操作」をオンにする
 
片手操作モードは、初期状態ではオフなので、高度な設定からチェックをしておくようにしましょう。
また、自分の方手使いに合わせたキーパッドを調節するなら。
 
ホームボタンを3回押すことで、調節できるようになります。
片手操作で誤入力や、メールやLINEなどの誤送信をしてしまいがち……。
 
そんな時は、ぜひ活用してみてくださいね♪
 

  1. Galaxy S7 edgeでスマホライフをもっと楽しく♪

work-desk-1205159_960_720
Galaxy S7 edgeについて、いかがでしたか?
 
S7edgeは2016年の夏に販売されたタイプですが、現在も人気が高めのスマートフォンです。
ワイヤレス充電や、大容量のバッテリー。つかい
 
デュアルピクセルを採用した、ハッキリと鮮やかなディスプレイ。
さらに、防水・防塵の機能をそなえているので、外で使いたい時もバッチリなタイプとなっています。
 
また、Game Launcherや、片手操作など、使用者のニーズに合わせた機能を備えているのも、魅力の1つ。
バッテリーを節約したり、ゲームをスムーズに操作したり。
 
スマホによる誤入力が防げるなどの機能を備えているのも、嬉しいポイントです。
快適なスマートフォンで、通信・連絡・ネサフをもっと楽しみたい。
 
そんな時は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.