ガラケーからスマホに変えるべき?スマホにした場合のメリットと料金

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

しかし、スマホに変えてもプランによっては大幅にその料金を抑えていくことも可能ですので、楽しんで安く済ませるという夢のような話でも現実にできるということもしっかりと頭の中に入れておいておきましょう!

もしもガラケーを利用している方がガラケーのままでいいというのであればもちろんそのまま利用してもらった方が良いですね!料金が非常に安く済みますので、他のことにお金をかけれますので大きな節約にもなりますから。

6-2.大手キャリアの基本料金

%e6%97%85%e5%85%88

携帯電話というのは大手キャリア会社によって通信回線を提供してもらっていますので、その会社ごとに料金は異なりますがそこまで異なることはありません。

しかし各個人によって契約している会社は違いますので、それぞれの会社の料金をご紹介しておきます。

【au】

データ通信料:7GB 基本通話料:1,008円 インターネット接続料:324円 データ通信料:6,156円

【docomo】

データ通信料:7GB 基本通話料:802円 インターネット接続料:324円 データ通信料:6,156円

【softbank】

データ通信料:7GB 基本通話料:1,080円 インターネット接続料:324円 データ通信料:6,156円

というのが基本的な料金システムで、多くの方が使っているプランとなっております。平均ということになりますね。

大手キャリアの料金というのは、基本的に高くもなく安くもない程よい金額設定であり、安心してしまいそうですがそこが怖いところなのです。実際はもっと安くても良いのが携帯料金だということを忘れないでくださいね。ではどうしたらよいのか?ということですね。

どうしてもスマホを利用し、ネット環境を通常通り困ることなく使っていくとするとこれくらいの金額は払わなければいけないのですが、月に使えるデータ量を制限してしまえばもう少し安くはなりますが、その分データ量が減るので困ることが増えるでしょう。現状ではこのあたりが妥当なのでしょうね。

6-3.料金を最大限抑えるためには?

mvno

携帯料金を最大限に抑えるというのは誰もが夢見ることですが、一体どこまで抑えることが出来るのでしょうか?

まあ確かにいろいろと我慢すれば安くはなるかもしれませんね。しかし、インターネットをよく利用するのにネット通信の契約を打ち切ってみたなどということは必ずやめてくださいね。契約していない状況でネットへ通信していると自分では思わない莫大な額を請求されてしまうことにつながってしまいますよ。

それでは安全に安心して料金を抑えるのに適しているのは?ということになりますが、MVNOという方法を利用します。

MVNOとは格安SIM業者を利用し、非常に安い回線でスマホを利用することなのですが、7GBでもそれ以上でも契約できますのでデータ通信量に困ることもないです。

それって怖くない?と思いがちですが、あくまでも大手キャリアの回線の一部を借りてきてそれを利用するのが前提ですので安心です。大手キャリアの回線を借用した業者から提供されて、それを使うのがMVNOなのです。

DMM mobileやOCN mobileなどで検索し契約への手続きを進められますので、ぜひ利用してみてくださいね。

6-4.気づかないところで料金を無駄にしていませんか?

15

自分の気付かないところで料金を無駄に支払ってしまってはいないですか?それがスマホの怖いところなのです。ガラケーではあまり契約の内容は多くなく無駄な料金を支払うこともほぼなかったはずですが、スマホは別です。

例えばありがちなのが、通話料金ですね。カケホーダイなどに入らずに通話を多くしていると、月に+5000円なんてことも考えられますので、それだけで予算オーバーどころでは済まなくなりますし、他を節約した意味がなくなってしまいます。もし通話を多くするのであればカケホーダイなどの通話料金を抑えるプランを設定するようにしましょう。

だったら通話をしない!なんて頑固なことは絶対にやめておきましょう。もしも通話料金を抑えたいというのであれば必要以上の通話は控え、無料のアプリによって連絡を取るようにするのも一つの手かもしれませんね。LINEの無料通話なら料金を支払う心配もありませんし、Skypeだって無料ですから、ガラケーにはなかった機能ですね。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない