iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

HUAWEI WATCHの高級感と機能性はApple Watch超え!?SIM搭載は次回にに期待!

投稿日:

みなさんスマートウォッチをもう着けていますか?それともそろそろ買おうと思っていますか?
もしも、スマートウォッチをそろそろ買ってみたいって思ってる人は、HUAWEI WATCHに注目してみてください。

特にオモチャっぽいスポーツウォッチとこだとカッコ悪くて欲しくない!ちょっとした高級感を腕時計には出していきたいって人に、このHUAWEI WATCHはオススメです。
ここでは、見た目が高級感のある大人のスマートウォッチであるHUAWEI WATCHの魅力を紹介していくとともに、スマートウォッチそのものやオススメのその他のスマートウォッチについても紹介していきます。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1.HUAWEI WATCHをつけたら、Apple Watchよりも目立つかも!?
2.HUAWEI WATCHで何ができるの?
2.1 HUAWEI WATCHは時間を見るだけじゃない!
2.2 スマートウォッチってかなり前からあるんだよ
2.3 HUAWEI WATCHのスペックをまずはチェック
3.スマートウォッチってそもそも、どんなメリットがあるの?HUAWEI WATCHはどのポジション?
3.1 スマートウォッチとは?
3.2 スマートウォッチにはどんな種類があるの?
3.3 今後はスマートウォッチにSIMを入れるタイプも?
4.HUAWEI WATCHの特徴とスペックをチェック!
4.1 HUAWEI WATCHは高級感を兼ね備えたスマートウォッチ
4.2 洗練されたデザインフォルム
4.3 素材も高級!?
4.4 幅広いスタイルをチョイス可能
5.HUAWEI WATCHの性能はどこまで進化?噂のHUAWEI WATCHを待ったほうがいいの?
5.1 テクノロジーの進化でより便利に活動
5.2 音楽を聴きながら自由自在にウォーキング&ランニング
5.3 HUAWEI WATCH 2の噂が超気になる
6.HUAWEI WATCH以外のオススメのスマートウォッチはなに?
6.1 やっぱりハイスペックなスマートウォッチならApple Watch
6.2 サムソン期待のスマートウォッチGalaxy Gear S2 /S2Classic
6.3 MOTO 360 2nd Genは、丸型ディスプレイのベストウォッチ
6.4 SONY SmartWatch 3でスマートウォッチにエントリー
7.まとめ

HUAWEI WATCHをつけたら、Apple Watchよりも目立つかも!?

hero-1
HUAWEI WATCHって聞くと、どんな時計かわかりませんが、Apple Watchと聞けば誰でも、あーiphoneの時計版かー、くらいには通じると思います。
この2つは今人気沸騰中のスマートウォッチなんですが、どちらも高性能でファンはいるのですが、外観に違いがあります。
Apple Watchはどちらかというとオーソドックスなスポーツ感覚のあるスマートウォッチで、もちろん、オシャレで格好いいのですが、逆にあの感覚が好きじゃないって人も多いのは事実なんです。
一方で、HUAWEI WATCHは、スポーツ感はむしろ排除して、どちらかというと高級感のある大人の味のでていて、かつスタイリッシュなフォルムが売りのスマートウォッチなんです。
ここでは、人とは少し違ったスマートウォッチを手にしてみたいという人にオススメのHUAWEI WATCHの魅力を紹介していきます。
 

2.HUAWEI WATCHで何ができるの?

circle-1

2.1 HUAWEI WATCHは時間を見るだけじゃない!

HUAWEI WATCHは、HUAWEI初となるスマートウォッチです。
このスマートウォッチは、スマートフォンと連携することで電話、SMS、インスタントメッセージ、Eメールの着信通知を受信できたりする、まさに小さなスマホともいえるものなのです。
Googleの提供する音声検索、Googleマップにも対応しており、いろいろな機能を使えますし、アプリだって当然ありますし、ランナーなどには嬉しい心拍数の測定も可能です。
もはや腕時計という認識で捉えてはいけない機器です。

2.2 スマートウォッチってかなり前からあるんだよ

スマートウォッチは、ウェアラブル端末とも呼ばれているように、人間の体に身に着ける機械という意味が込められています。
”Apple Watch”が、登場する前からすでに存在してはいた、スマートウォッチですが、あくまでも腕時計の延長上にあるもので、いろんな機能がついているものもありましたが、所詮は腕時計という感じでした。
実際には40年も前から存在していたともいわれており、スマートウォッチという名前ではなかったのですが普通の時計とは少し違い、何かしらの機能をもっていたわけなんですが、ほとんど意味もなく、あくまで腕時計レベルを抜け出せずにおり、ましてやスマホと連動して、データをやりとりすることなど一切想定されていませんでした
しかし、2015年に”Apple Watch”の登場によって、スマートウォッチという新しい分野が世界に発信され、大人気となりました。

2.3 HUAWEI WATCHのスペックをまずはチェック

HUAWEI WATCHの特徴などを紹介する前に、まずはスマートウォッチというものがどんなものであるかを軽くチェックしておきましょう。
HUAWEI WATCHには、通常モデルと、LADIESモデルがあるので両方掲載します。
たかが腕時計とバカにされがちですが、しっかりとディスプレイも最新式ですし、OSも搭載してあれば、通信する力もあるので、どちらかといえばスマホよりの機器になります。
また、HUAWEI WATCHはあまり、今までのスマートウォッチのようなスポーティーさを捨てて、高級感のある素材にしてあるのにも注目しておいてください。

HUAWEI WATCH
HUAWEI WATCH FOR LADIES 
直径約 42mm, 厚さ約 11.3mm
 直径約 43mm, 厚さ約 12.9mm (Jewelモデル)
直径約 43mm, 厚さ約 12.5mm (Elegantモデル)
1.4インチ 有機EL ディスプレイ
(400 x 400pix | 286ppi)
 1.4インチ 有機EL ディスプレイ(400 x 400pix | 286ppi)
ステンレスケース
サファイアクリスタル
 牛革
スワロフスキーキュービックジルコニア(Jewelモデルのみ)
300mAh  300mAh
Bluetooth® 4.1 BLE / 11b/g/n 1x1 Bluetooth® 4.1 BLE / 11b/g/n 1x1
Gyroscope + Accelerometer、Heart rate sensor(PPG)、Barometer Gyroscope + Accelerometer、Heart rate sensor(PPG)、Barometer
Android™ 4.3+ / iOS™ 8.2+ Android™ 4.3+ / iOS™ 8.2+
ステンレスケース
黒色ステンレスケース
ロースゴールドステンレスケース
ロースゴールドステンレスケース
スワロフスキー・キュービック・ジルコニア(Jewelモデルのみ)
クルド・パリ模様(Elegantモデル)
シルバー(バンド:メタル / ブラックレザー)、ブラック、ゴールド
ベルト:サファイアブルー (Jewelモデル)
ベルト:パールホワイト (Elegantモデル)
512MB RAM + 4GB ROM  512MB RAM + 4GB ROM

 

3.スマートウォッチってそもそも、どんなメリットがあるの?HUAWEI WATCHはどのポジション?

fitness-3

3.1 スマートウォッチとは?

スマートウォッチという言葉を聞くと、やっぱりその宣伝力とカッコ良さから”Apple Watch”のことでしょ!?って思う人も多いと思いますが、もちろん違います!
そこまで極端にわかってない人じゃなくても、だいたいの人はスマートウォッチで一番優れているのは”Apple Watch”でしょって思ってるのではないでしょうか?
人それぞれですが、答えとしてはノーです。
スマートウォッチにはApple Watchを凌ぐ高性能モデルもかなり発売されてきてますし、よーく吟味する必要が出ていますので本記事によって、その理解を深めてください。

3.2 スマートウォッチにはどんな種類があるの?

実はスマートウォッチには正式な定義は特にありません!
ですので腕につけたり、巻いたりする時計で、かつスマートフォンとデータのやりとりを行えるものと区別すれば、だいたい正しいのではないでしょうか?
そのため、Gショックなどは違うということです。
主には4種類あり、アナログタイプ、ネオンサインタイプ、リストバンドタイプ、ディスプレイタイプになります。
アナログタイプは、一見すると普通のアナログ時計のように見えるのですが、しっかりとスマートフォンとBluetoothでつながります。
いかにもスマートウォッチだと嫌だという人にオススメですが、メールなどの機能面があまり充実していないのが弱点で、ちょっと便利な時計レベルになってしまうかもしれません。
ネオンサインタイプは、運動量や時刻、心拍数などをネオンサインで知らせてくれるものですが、そのファッション性の高さから、あまり運動していない人でも手にしている印象ですね。
ネオンサインタイプになると、女性などもオシャレポイントとして身につけていたり、中には有名ブランドのレアものなども多く発売されています。
ただし、ボタンなどもほとんどなくやれることは上記2つ同様にあまりないので、スマートウォッチとしてのデータのやりとりはあまりありません。
リストバンドタイプは、その端末だけでは時刻などは確認できないことにはなるのですが、スマホの専用アプリで活動量を確認したりするもので、ランナーやジョガーの人に人気のタイプです。
主にこのタイプは”活動量”を測定するものが多いので、運動時に使いたい人向けで、当然メールなどもできません。
その一方で、歩数計や心拍計など健康測定系は充実しています。
これら3つとは違い、Bluetoothによってスマホと頻繁にやりとりするものとして、ディスプレイタイプのスマートウォッチがあります。
このタイプは、スマートウォッチそのものにアプリケーションを入れるタイプになります。
そのため、ディスプレイでメールを読むこともできますし、スマホを取り出さなくても電話できるものもあります。
天気予報の確認や電車の時刻チェックなども行えます。

3.3 今後はスマートウォッチにSIMを入れるタイプも?

今のところ、スマートウォッチはなんだかんだといってスマホがないといろいろな機能を使えませんでした。
言うならば、スマホが主役、親機でそこを司令塔としていろいろな情報や管理などを行っているイメージですよね。
しかし、今年発売される予定のHUAWEI WATCH2からはなんと直接SIMを挿入して、データ管理を行うそうなので、これこそ完全なスマートウォッチになるので、乞うご期待です。
まずは、HUAWEI WATCHでスマートウォッチの練習をしてみましょう。
 

4.HUAWEI WATCHの特徴とスペックをチェック!

style-1

4.1 HUAWEI WATCHは高級感を兼ね備えたスマートウォッチ

HUAWEI WATCHの特徴はその他のスマートウォッチがスポーティーで悪く言えば、少しおもちゃチックなところを、アナログかつ高級感な仕上がりにしているところです。
HUAWEI WATCHは、箱自体からすでに高級な出で立ちになっており、他のスマートウォッチは差別化しています。
そのため、HUAWEI WATCHをしていると見た目的には普通の時計をしている感じに受け取られるのでビジネスの際につけていても特に違和感がありません。
それでいて、スマートウォッチとしての性能である、例えば、心拍センサーや充電用の端子などを裏面に配置してしっかりと機能を果たしてくれるのです。
全体的には、スイスの伝統あるクラシックデザインとスマートテクノロジーを融合させることを目標としており、高級感のある丸型デザインに最新機能を凝縮した形になっています。

4.2 洗練されたデザインフォルム

デザインである丸型デザインは、スイス時計にインスパイアされたクラシックなものを採用しています。
そして人間工学に基づいた、操作性の高い竜頭位置を確保し、一般的なクラシック時計と同じサイズのフェイスの直径は42mmに設定しています。
また、デジタルなのですが、Always-onスクリーン機能により、常に文字盤を表示し続けてくれます。

4.3 素材も高級!?

素材にもこだわっており、高度な技術と最高の素材によって伝統的なクラシック時計に仕上げています。
傷つきにくいサファイアクリスタル、高鮮明度1.4"有機EL液晶、冷間鍛造316Lステンレスケースによりスタイリッシュに仕上げています。

4.4 幅広いスタイルをチョイス可能

スタイルは無限大をテーマに、HUAWEI WATCHでは高級レザーやステンレスのバンドから選択できるようになっており、思い通りにカスタマイズもできちゃいます。
さらに好みや気分に応じて変更可能な40種類以上のフェイスデザインを用意されています。
 

5.HUAWEI WATCHの性能はどこまで進化?噂のHUAWEI WATCHを待ったほうがいいの?

fitness-2

5.1 テクノロジーの進化でより便利に活動

HUAWEI WATCHの凄さは何も高級感のあるデザインだけじゃないんです。
活動量計としての機能も秀逸で、使ってみればその違いは他モデルとは一目瞭然です。
本体に6軸モーションセンサーを搭載しているので、ユーザーが何も意識していないでもウォーキングとランニング、クライミングを自動判別してくれます。
さらに、歩数や消費カロリーを記録してくれるので自由に運動ができるんです。
また、その精度も高く、ちょっと小走りで急いだ場合にはランニングと認識してくれたり、階段をがんばって歩いて登った時などは、クライミングと認識してくれます。
計測したデータは、HUAWEIの純正アプリである”HUAWEI  Wear"でしっかりと確認できます。
そのデータから、1日のなかでアクティブに活動していた時間帯を判別したり、月ごとにグラフ表示させたりすることも簡単にできます。
その日の歩数や消費カロリーはもちろんのこと、HUAWEI WATCH本体でも表示できちゃうので自分のがんばりどころやその結果をすぐにリアルタイムで知ることができます。

5.2 音楽を聴きながら自由自在にウォーキング&ランニング

せっかくスマートウォッチを買ったのですから、当然、ウォーキング、ランニングに使いますよね?
その際には、アメリカの西海岸の人たちみたいに音楽を聴きながらカッコよく走りたいはずです。
そんな際にもHUAWEI WATCHは活躍します。
音楽再生の機能についても進化しており、本体には、なんと4GBのストレージを内蔵しているので、Bluetoothヘッドホンと組み合わせて単体での音楽再生も楽しめちゃうんです。
スマホなんてもたずに、腕にHUAWEI WATCHだけをつけていれば、音楽を聴きながら、ウォーキング&ランニングを実現可能です。
単体での音楽再生する場合には、まずスマホに”Google Playミュージック”などのアプリをインストールしておき、Google Playで楽曲を購入する際にAndroid Wearにもダウンロードしておけば、OKです。
自動的に同期され、あとはHUAWEI WATCHで操作して、ウォーキング&ランニングのお伴として、再生可能です。

5.3 HUAWEI WATCH2の噂が超気になる!

2017年度中にはHUAWEI WATCH 2は発売されるといわれています。
そして、このHUAWEI WATCH 2の素晴らしいところは、なんといってもSIMカードをそのままスロットを内部にいれることで挿入しちゃえるところなんです。
つまり、スマホ本体がなくてもスマートウォッチだけでいろいろなことが実現可能になっちゃうんです。
その他にもいろいろな機能においても少しずつ進化していくことでしょうし、重量なども半分くらいになっちゃうとも噂されており、かなり使い勝手が向上するはずです。
それにも増して一番ありがたいのは直接SIMをいれて通信ができちゃうことですね。
いろいろなことが今後スマートウォッチで可能になっていくんじゃないでしょうか。
watch

6.HUAWEI WATCH以外のオススメのスマートウォッチはなに?

6.1 やっぱりハイスペックなスマートウォッチならApple Watch

Apple Watchは、言わずと知れたiphoneで有名なApple社製のスマートウォッチになります。
Appleだけあって、アプリの数もかなりすでに豊富に揃っており、また、iphoneをもっていれば、当然相性も抜群なので、2倍、3倍と楽しみが増えますね。
なんといってもSiriが便利になっており、いちいちスマホを取り出さないでも少し声をかけてあげるだけで、天気やニュースを確認できちゃいます。
都会のど真ん中でもみんなでウォッチに話しかけはじめる時代もそんなに遠くはないでしょう。
Apple Watchには、”Apple Watch Sport”、”Apple Watch Hermes”、”Apple Watch Edition”など、豊富に種類はありますが、どれも高性能で使い方は変わりません。
また、バンドなどを付け替えたりしても楽しめるので、ファッションアイテムとしても申し分なしです。

APPLE WATCH series2
チップ
  • デュアルコアプロセッサ
  • 内蔵GPS
特徴
  • 内蔵GPS
  • 50メートルの耐水性能1
  • Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
  • Bluetooth 4.0
  • 心拍センサー
  • 加速度センサー
  • ジャイロスコープ
  • 環境光センサー
ディスプレイ
  • 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ2倍
  • サファイアクリスタル
  • Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
  • 272 x 340ピクセル(38mm)
  • 312 x 390ピクセル(42mm)
電源とバッテリー
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • 最大18時間2
  • 磁気充電ケーブル
  • USB電源アダプタ
メニュー言語
英語(オーストラリア、カナダ、英国、米国)
中国語(簡体字、繁体字、繁体字香港)
フランス語、ドイツ語、イタリア語
日本語、韓国語、スペイン語、アラビア語、カタロニア語
クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語
フィンランド語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語
ハンガリー語、インドネシア語、マレー語、ノルウェー語
ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語
スロバキア語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語
ウクライナ語、ベトナム語
Siriが対応する言語
英語(オーストラリア、カナダ、インド、アイルランド
ニュージーランド、シンガポール、南アフリカ、英国、米国)
スペイン語(チリ、メキシコ、スペイン、米国)
フランス語(ベルギー、カナダ、フランス、スイス)
ドイツ語(オーストリア、ドイツ、スイス)
イタリア語(イタリア、スイス)、日本語、韓国語
北京語(中国本土、台湾)、広東語(中国本土、香港)
アラビア語(サウジアラビア、アラブ首長国連邦)
デンマーク語(デンマーク)、オランダ語
フィンランド語(フィンランド)、ヘブライ語(イスラエル)
マレー語(マレーシア)、ノルウェー語(ノルウェー)
ロシア語(ロシア)、スウェーデン語(スウェーデン)
トルコ語(トルコ)、タイ語(タイ)、ポルトガル語
 音声入力に対応する言語
 英語(オーストラリア、カナダ、インド、アイルランド
マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、
サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、
アラブ首長国連邦、英国、米国)、
スペイン語、フランス語、
ドイツ語(オーストリア、ドイツ、スイス)
イタリア語(イタリア、スイス)、日本語、韓国語、
北京語(中国本土、台湾)、広東語(香港)、
アラビア語、カタロニア語、クロアチア語、チェコ語
デンマーク語、オランダ語、
フィンランド語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語
インドネシア語、マレーシア語、ノルウェー語、ポーランド語
ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、ルーマニア語
ロシア語、スロバキア語、スウェーデン語、トルコ語
タイ語、ウクライナ語、ベトナム語

6.2 サムソン期待のスマートウォッチGalaxy Gear S2/S2 claasic

Galaxy Gear S2 /S2Classicは、サムスン期待のスマートウォッチです。
デザインとしては、ギザギザしたベゼルが特徴的になっており、ディスプレイには有機ELを採用しているので非常に見やすくなっています。
特徴としてはウォッチフェイスの着せ替えなどができたり、呼び出すときには”Hi Gear”と呼び出すところです。
ちょっと恥かしい気もしますが、せっかくスマートウォッチを買ったので活発に使いこなしましょう。
iPhoneでは使えないタイプになりますので、互換性には気をつけておきましょう。
またこのモデルは、20mmバンドでの着せ替えが可能となっており、Huawei Watchより少し大きいデザインになっています。

機種名 Gear S2 /S2 Classic
ディスプレイ 1.2インチ 円形有機EL(SuperAMOLED)
CPU デュアルコア1.0GHz
OS Tizenベース
メモリ 512MB
ストレージ 4GB
サイズ 42.3×49.8×11.4ミリ(Gear S2)
39.9×43.6×11.4ミリ(Gear 2 Classic)
重量 47グラム(Gear 2)
42グラム(Gear 2 Classic)
WiFi IEEE802.11b/g/n
bluetooth v 4.1
NFC
センサー 加速度・ジャイロ・心拍数・気圧・証明
その他 防水・防塵 IP68等級

6.3 MOTO 360 2nd Genは、丸型ディスプレイのベストウォッチ

Moto 360 2nd Genは、丸形ディスプレイの中ではもっともイケてるスマートウォッチになります。
特にこのモデルは前回からもだいぶクオリティーがアップしており、解像度やCPUが向上しています。
また、全体的に高級感も増しており、男性用と女性用に分かれています。
特徴的なレザーバンドが高級感を引き立ててくれており、スポーティーに使うよりはビジネス向きといったところでしょうか。

6.4 Sony Smart Watch 3でスマートウォッチにエントリー

SONY SmartWatch 3は、Apple Watchに対抗して、スタイリッシュなオシャレ感満載のデザインでリリースしたスマートウォッチです。
Apple Watchと同じく四角い液晶画面になっているので好き嫌いには個人差もありますが、Apple Watchよりも安いのでオススメです。
スマートウォッチのエントリーモデルとして最適なモデルではないでしょうか。
液晶は半透過型ディスプレイを搭載しており、外でもハッキリとディスプレイを見ることができます。
バックライトが消えていても、ある程度の明るさがあれば時間も確認できたりします。
また、特徴としては、ペアリングなしでウォッチ端末単独でWiFi接続ができるということです。
SONY SmartWatch 3では、Bluethooth接続が必須ではないのもポイントです。
Wifi単独接続が可能であるために、スマホをもっていなかったり、忘れてしまった場合にもスマートウォッチだけでWiFiにつないでさえいればメールなどを確認することが可能となります。

 

まとめ

function_wallet
いかがでしたでしょうか?
HUAWEI WATCHとスマートウォッチについて理解が深まりましたでしょうか。
スマートウォッチはなくてはならないものではないかもしれませんが、1つもって着けていると、なんとなくオシャレな気分や、ハイクオリティな生活を行えているような気にさせてくれます。
もちろん、その他にもここであげた機能以外にいろいろな機能が進化していくことでしょうし、重量もどんどん軽くなると思います。
そして、HUAWEI WATCH 2からは、スマホから独立して、1つの通信機器として進化していくようです。
今後もスマートウォッチには目が離せませんので皆さんも早いうちに一度チャレンジしてみてください。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.