iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

【コスパの神】HUAWEI P9 liteの使い心地は?耐久性や通信速度など徹底解説!

投稿日:

 

2万~3万という価格でありながら、
・高画質カメラ
・高速通信
・スタイリッシュなデザイン
などなど、魅力にあふれている「HUAWEI P9 lite」
 
「気になるけど、本当に使っても大丈夫…?
壊れたり、通信が調子悪くなったりしない…?」
「本体はともかく、月々の料金は…?
 
なんてことが気になっちゃいますよね。

この記事では、そんな不安を解消するため、
・「HUAWEI P9 lite」のスペック
・月々の料金
・実際に使った人の評価
・ほかの機種や他社製品と比べた時の便利度
・価格と耐久性の実態
 
などなど、使う前に知っておきたい、気になる情報について詳しく紹介しちゃいます!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

1.「HUAWEI P9 lite」とは?
1-1.軽やかな動作
1-2.電池が長持ち
1-3.ライカと共同開発のカメラ付
2.「HUAWEI P9 lite PREMIUM」ってどう?
2-1.通信が速い!
2-2.RAMが1GBプラスに
2-3.「P9lite」の長所もある
3.「HUAWEI P9 lite」のSIMフリーについて
3-1.「SIMフリー」とは?
3-2.通信料は980円から
3-3.通話機能は1580円で

  1. 「HUAWEI P9 lite」のレビューは?

4-1.バッテリーが長持ち
4-2.機能性も良好!
4-3.使用するごと遅くなる
5.HUAWEI P9 liteの最安値は?
5-1.平均価格2万~3万
5-2.Amazonや楽天がねらい目
5-3.耐久性はどのくらい?
6.「HUAWEI P9 lite」の便利度を比較!
6-1. HUAWEI P9との違い
6-2.honor8とほぼ同様?
6-3. ZenFone 3とは比較すると?

  1. 「HUAWEI P9 lite」ホントは繋がりにくい、重いって本当?

7-1.重い、繋がりにくいの真相
7-2.最適化で解決も?
7-3.テザリング機能の使いすぎはNG
8. まとめ
 

「HUAWEI P9 lite」とは?

 
 
9394c0e6094cea7be9fe941ca9cfe579_s
「HUAWEI P9 lite」とは、中国のスマホメーカー・フアウェイ(Huawei)による、
・低価格
・高品質
のスマートフォンです。
 
この項目では、その具体的な性能や、メリットなどについて詳しく紹介します。
 

軽やかな動作

 
「HUAWEI P9lite」は、軽やかな動作が特徴的なスマホです。
 
この理由に、良質なCPU(=スマホの動作に影響を与える装置)を採用していることが挙げられます。
 
「HUAWEI P9lite」のCPUは、HiSilicon社の「16nmの製造プロセス」という、最新の技術によって作られています。
 
このため、スマホの持つエネルギーを無駄にせず、かつ高速で動かすことに成功しています。
 
このため、普段使いで「フリーズしてしまう」リスクが低くなり、仕事などをしていても、快適に使いやすい状態を維持できるのだそうです。
 

電池が長持ち

 
「HUAWEI P9lite」のスマホの電池は、長持ちしやすい「3000 mAh」を採用しています。
 
この電池は、長時間のネットサーフィンをしていても、1.3日のあいだ持ち越せるほど大容量です。
 
また、同世代の人気端末である、iphone7(2,675mah)出会ったのと比較しても、11%ほど多めの容量になります。
 
このため、
・電池の容量に気を遣わずに使用できる
・外出先での電池切れに悩むリスクが低くなる
などのメリットが期待できます。
 
また、「HUAWEI P9lite」には、ユーザに嬉しい高性能な「指紋認証」機能も付いています。
 
「指紋認証」機能の使い方は、使用後すぐにユーザ自身の指紋を登録すれば、後はスマホ裏側のセンサーにタッチすればOKです。
 
精度の高い技術を用いてセキュリティを行うので、大切なスマホや中身の情報も守られ、安心して使えるタイプとされています。
 

ライカと共同開発のカメラ付

 
「HUAWEI P9lite」メインカメラは、高級カメラメーカー「ライカ」との共同開発で作られています。
 
1300万画素、インカメラ800万画素で、非常に高い精度鮮やかな色合いダイナミックな写真に仕上がります。
 
普段の景色はもちろん、大切なイベントや、SNSで紹介したい日常のワンシーンの撮影にもオススメです。
 

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」ってどう?

 
 
33
「HUAWEI P9lite PREMUM」とは、その名の通り、「P9lite」とは少し異なる、「プレミアム」な仕様のスマートフォンとされています。
 
それでは、どのような点が「プレミアム」なのか、この項目で詳しく紹介していきましょう。
 

通信が速い!

 
「HUAWEI P9lite  PREMIUM」では、インターネット接続サービスに「WiMAX 2+」を採用しています。
 
「WiMAX 2+」とは、「UQコミュニケーションズ」という会社が開発した次世代の超高速インターネット通信のコト。
 
その速度を数値で表すと、
・LTE→75Mbps~100Mbps
・WiMAX 2+→110Mbps
 
このように、10%~25%割増で速く使えることが分かっています。
 
また、「WiMAX 2+」は北海道から沖縄まで、幅広いエリアに通っており、外出や旅行、出張先でも、快適インターネットを使用することが出来ます。
 

RAMが1GBプラスに

 
「HUAWEI P9lite PREMIUM」は、「HUAWEI P9lite」と比べて、RAMを
2GB→3GB
と言ったように増量させています。
 
RAMとは、スマホ上に存在する文書や、音楽、動画、画像などのデータを読み取り、保存などを行う役割を果たすメモリーです。
 
おおよその役割は、「SDカード」と似ていて、情報を処理したり、残したりする容量であり、その容量は「スマホの動作」にも影響するそうです。
 
その容量を、「PREMIUM」1GB分(=低画質の動画3時間30分くらいの容量になります)増やしています。
 
このため、
・メモリの容量不足に追われる
・メモリ不足によりスマホの調子が悪くなる
・スマホの動作が遅くなりイライラする
といったリスクの軽減を期待できるそうです。
 

「P9lite」の長所もある

 
上で紹介したように、通信やメモリ容量などの点で「P9 lite」と異なるPREMIUM。
 
でもそこまで改良してしまうと、
「他の機能がおざなりになんじゃ…?」
と不安になってしまうかもしれませが、その心配は不要です。
 
「P9litePREMIUM」は、
・ライカと共同開発のカメラ
・3000mAh(1.3日充電いらず)
・安心な指紋認証
などの技術もしっかりと取り入れています。
 
このため、インターネットの速度規制に追われる心配だけでなく、電池切れの心配も軽減。
 
さらには、良質なカメラで写真を楽しんだり、安全な指紋認証でデータを守ったりといったことも可能になっています。
 

「HUAWEI P9 lite」のSIMフリーについて

 
 
6ce782e91586ee7d7a0441fe239e787e_m
「HUAWEI P9 lite」は、「SIMフリー」というタイプのスマホです。
 
「SIMフリー」とは、契約メーカーごとにかかる、ある規制を取っ払うことを指しています。
 
この項目では、そんな「SIMフリー」の意味と、それに伴って抑えられる「HUAWEI P9lite」の利用価格について詳しく紹介します。
 

「SIMフリー」とは?

 
「HUAWEI P9lite」の魅力として知られる「SIMフリー」とは、電話番号や契約情報記録したり、ネットの通信を行うために必要なICカードのことを指しています。
 
auSoftbankなど、大手メーカーで手続きを行ったほとんどのスマホは、この「SIM」にロックがかかっていて、ほかのSIMカードを差し込めず、他社との契約がしづらくなってしまっているのです。
 
また、契約を解除して他社のプランに乗り換える場合、以下のような「契約解除」料金が必ずかかります。
・au…9,500円(全プラン共通)
・Softbank…最大9,500円
・docomo… 最大25,600円
 
 
一方で、「HUAWEI P9lite」ふくむHuaweiのすべての機種は、契約後1年以内を除き、無料で解約することができます。
(※1.ただし、1年以内の場合は、〈12ヵ月〉-〈利用月数〉×1000円の違約金が発生します。)
(※2.利用月数は、開始した月を0として数えます。)
 
このため、例えば2017年の4月1日に契約しても、2018年の3月31日まで使用し、手続きを終えれば、0円で他社の契約に乗り換えが出来るのです。
 

通信料は980円から

 
このように「契約」に身構えることなく使用できる「HUAWEI P9lite」。
 
となると、気になるのは「月々の料金」ですよね。
 
「HUAWEI P9lite」を、Huawei社の「ライトプランデータ」にて契約する場合、月々最安で980円(税抜)で使用できます。
 
ちなみにこれは、「SMS」機能の利用と、1日上限140mbの通信をふくめての価格です。
(※「SMS」とは、メールアドレスが分からない相手に、電話番号で短文メールを送れるサービスです。)
 
140mbの通信が可能であると、1日あたり、
・LINE通話×9時間
・webページ×560ページ
・標準的な画質の動画×1時間10分程度
・3~5分程度の音楽ダウンロード×35曲
(※全て込みではなく、通話、web閲覧、動画閲覧など、ジャンル別での換算です。)
 
以上の数量を、閲覧することが可能になっています。
 

通話機能は1580円で

 
「Huawei」では、上記のほかに「通話機能(※電話番号で通話ができる)」機能付SIMを、「ライトプラン」にて月額1580円で使用できます。
 
このSIMにはもちろん、上記の「SMS機能」「ネット通信」も含まれています。
 
ネット通信の量についても、980円のプランと同様1日140mbまで使用することが出来ます。
 
また、ふつう30秒につき21.6円の通話料金が設定されていますが、付属の「得得電話」というアプリを使用することで40%割引が適用されます。
 
とはいえ、「月額固定価格」の電話プランは存在しないので、通話をしたい場合は、LINE通話を利用した方が、コストは抑えやすいようです。
 

  1. 「HUAWEI P9 lite」のレビュー、評価は?

sumaho
 
 
通話料金が安く、データなどの通信も良好とされる「Huawei P9lite」。
 
「それは分かったけど、実際使った人はなんて言ってるの…?」
 
そんな疑問を解決すべく、この項目では「実際に使った人の声」について紹介していきましょう。
 

バッテリーが長持ち

 
HUAWEIp9liteを実際に使った人のレビューには、「電池が長持ちである!」という意見が非常に多いです、
 
実績として、価格.comのような大手口コミサイトにて「☆4.56」、スマホバッテリー分野で全体の8位を獲得するほど高評価を得ています。
 
具体的な事例としては、
・webページや、メールの送受信程度なら2日間充電不要だった
・1日カバンに入れて、ふと帰りに開いてもまだ70%残っていた。
・通勤や帰宅でどうしても見ちゃうけど、帰宅時の残量は80%。前は2倍減ってたから非常に驚いた。
などの意見が寄せられていました。
 
以上より、
・数時間のネットサーフィンをしても、1~2日は充電不要
・外出中に電池残量を気にしなくて良い
などのメリットが証明されたと言えます。
 

機能性も良好!

 
すでに紹介した、「HUAWEI P9lite」の長所である、
・指紋認証
・ライカと共同開発のカメラ
などの機能も非常に高い評価を受けています。
 
具体的な口コミとしては、
「指紋認証が優れている。」
「指紋認証が速く反応していてよかった。」
「カメラに付いている、撮影後にピント修正できる機能が非常に良い」
などが寄せられています。
 
このほかにも、デザインがシンプルで洒落ている点や、デフォルトの待ち受け画面が美しいことについても、高い評価を受けていました。
 

使用するごと遅くなる?

 
良い点があると、やはり悪い点もあるもの。
 
「HUAWEI P9lite」にはいくつかのデメリットに、
・使うごとにタップへの反応が遅くなる
・通信や動作が遅れてきたように感じる
などの口コミが複数寄せられていました。
 
これらの原因には、「起動しているアプリの数が多い」などの原因も考えられますが、
「最適化したにもかかわらず遅いので、不満を感じる。」
と言った意見もありました。
 
このため、動作の速さにこだわりがある場合、検討する必要があるかもしれません。
 

HUAWEI P9 liteの最安値は?

格安SIMのメリット・デメリット

メリットやデメリットはどんなもの?


 
 
これまでは、HUAWEI P9liteについて、
・スペック
・月々の使用料
・実際に使ってきた人たちによる評価
 
など、「使って実感する特徴」などについて詳しく紹介していきました。
 
そんな「HUAWEI P9lite」、果たして本体の価格はいくらなのか?
 
この点についても、やはり重要なポイントかと思います。
 
この項目では、「HUAWEI P9lite」の、
・実際の価格
・最安の価格
・ネットショップでの価格
 
などについて、詳しく紹介していきます。
 

平均価格2万~3万

 
Huawei社が定めている、HUAWEI P9liteの本来の価格は27,864円。
 
ピンからキリまで存在するとはいえ、5万円~10万円の価格が平均であるスマートフォンの中では、スペックを踏まえると、「非常に安い」と言えます。
 
そして、大手家電量販店のオンラインショップや、店頭などでの販売価格は、2,5000円~3,1000円程度です。
 
このため、28000円が平均的な価格と言えます。
 
とは言え、スマートフォンは非常に短いサイクル(数か月~1年)で、新製品が登場するのも珍しくない製品です。
 
このため、店舗ごとのサービスや、割引、シーズンや期間限定のお得なセール等々。
 
こういった時季に来店することで、もっと安い価格での購入も出来るそうです。
 
購入前はぜひ、お近くの家電量販店や、スマホショップの情報サイトなどで、自分にピッタリなサービスがあるかチェックしてみることをオススメします
 

Amazonや楽天がねらい目

 
本体の価格が27,864円である、HUAWEIP9lite
 
じつはこの商品、人気通販ショップのAmazonでも販売されています。
(※Amazonの「HUAWEIP9lite」はこちらです。)
 
価格については、現時点で新品24,052円。
 
およそ14%の割引が適用されているようです。
 
ちなみに、Amazonにて取り扱われている「HUAWEI P9lite」のカラーリングは、以下の3種。
 
・カラー
・ホワイト
・シャンパンゴールド
 
つまり在庫がある限り、全カラーいずれも選べるようになっています。
 
「HUAWEI P9liteの本体を先に決めて、SIMは後で決める。
 
そんな時に、利用するのも良いかもしれませんね。
 
ちなみに、Amazonと同じく高い知名度と利用者数で知られる、「楽天モバイル」でも、販売中です。
(※楽天モバイルの「HUAWEI P9lite」はこちら)
 
価格は16,082で、2017年時点ではおそらく1番安い価格と言えます。
 
上記のショップでの購入を検討している場合は、
・利用しているオンラインショップ状況
・獲得しているポイント数
・自宅までの送料
といったものを踏まえて、自分にピッタリなところで購入するのがオススメです。
 

耐久性はどのくらい?

 
すでに紹介したように、HUAWEI P9liteは、16,000円~30,000
 
つまり、おおよその平均価格と比べて半額程度の価格で買えるリーズナブルなタイプです。
 
さらにスペックから見ても、
 
・高速通信を利用できる
・電池が長い時間もつ
・ハイクオリティなカメラを使える
・指紋認証のような安全機能も充実
 
などのメリットがあり、非常に使いやすいタイプと言えます。
 
このため、気になるのは「耐久性」。
 
「安いものでは、耐久性が低いんじゃないか…?」
 
と心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。
 
結論から言えば、2016年の発売から、現在の2017年1月までの間に、
 
・壊れやすい
・使って半年でもう…
 
などの口コミや、レビューはほとんど見られません。
 
中には、「初期不良が起こり、交換を行った。」と言う意見については複数あります。
(※初期不良とは、購入したばかりの新品が作動しないなど、「出荷時」「輸送時」に壊れてしまった製品のことを指します。)
 
もちろん、現時点では、1年未満なので、評価を下すのは早いかもしれません。
 
しかし、現在の状況から、「耐久性については問題ない」と言う見方が強まっています。
 

「HUAWEI P9 lite」の便利度を比較!

 
 
%e3%81%8b%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab26
「HUAWEI P9 lite」のことは分かったから、ほかのものと比較した場合の使い心地が知りたい。
 
そんな考えを持つ人もいるのではないかと思います。
 
この項目では、「HUAWEI P9 lite」と、同様の格安スマホ間での使い心地についての比較観を紹介しましょう。
 

HUAWEI P9との違い

 
「HUAWEI P9lite」と同時に発売された「HUAWEI P9」
 
この「HUAWEI P9」を「HUAWEI P9lite」と比較すると、
・RAMが1GB多い(3GB/2GB)
・最大通信速度で1.7倍速(262.5mbps/150mbps)
・軽く薄いデザイン
などのメリットがあります。
 
一方で、
・価格が「lite」の約2倍
・通信速度が劣る分、liteの方が電池が持つ
など、「lite」独自のメリットも持っています。
 
このため、
・本体をリーズナブルに抑えたい
・動画や3Dグラフィックを多く閲覧しない
というユーザの場合は、「lite向き」と言えるでしょう。
 

honor8とほぼ同様?

 
「HUAWEI P9liteの購入を検討する時、比較対象に上がることの多いhonor8」。
 
「honor8とは「HUAWEI P9lite」と同じくHuawei社によって開発されたスマートフォンです。
 
・指紋認証
・急速充電機能
 
などの機能を備えています。
 
指紋認証についても、liteより即効性を感じた」と言う意見が複数あるようです。
 
このほか、「ストレージ」と呼ばれるデータ保存の容量も大きめにもうけられています。
 
〈参考〉
・HUAWEI P9lite→16GB
・honor8→32GB
 
写真をはじめとしたデータを多く残したい場合、特にオススメであるかもしれません。
 
また、カメラについても近年注目を集めている「ダブルレンズ」を採用。
 
このため、きめ細かく鮮やかな写真の撮影が期待できるそうです。
 
ただし、価格についてはP9lite」と比較して1.5~2倍である点がネックとも言われています。
 
上記を踏まえて、
・データの容量を多く必要としない
・写真撮影で精密さにはこだわらない
・スマホには極力金をかけず、リーズナブルに済ませたい
等の場合は、「HUAWEI P9lite」がオススメです。
 

ZenFone 3と比較すると?

 
「HUAWEI P9lite」とほぼ同じ価格帯で販売されている機種「ZenFone3」。
 
中国の人気スマートフォンメーカー・「ASUS」によって作られたスマートフォンです。
 
スペックが非常に似通っていますが、データを処理する容量が、
・HUAWEI P9lite→16GB
・ZenFone3→32GB
 
上記のようにP9liteより優れている点」も見受けられます。
 
ただし、電池の容量については、
 
・HUAWEI P9lite→3000mAh
・ZenFone→2650mAh
 
などのように「P9liteの方が優れている」点もあるようです。
 
以上より、自分はどのように使うか。
 
具体的な例としては、
 
・外出中時の電池切れリスクを減らしたい
・SNSなどに写真を上げるからデータ容量を確保したい
 
それぞれの使い方に合わせて、選択することをオススメします。
 

  1. 「HUAWEI P9 lite」ホントは繋がりにくい、重いって本当?

aseru
 
 
インターネットの悩み相談などで見られる、ちょっと悩ましい意見。
 
「Huaweiのスマホは繋がりにくい」
「急につながらなくなり、困ってしまった。」
「なんだか動作が重い気がする。」
 
 
これらは本当にそうなのか、真剣に購入を考えている場合は、不安になってしまうこともあると思います。
 
この項目では、そんな疑問を解決すべく、
 
・「Huaweiスマホは繋がりにくい、重い」の真相
・通信をスムーズにするための対処法
・通信のスムーズさを確保するため、しないほうが良いこと
 
等について詳しく紹介していきます。
 

重い、繋がりにくいの真相

 
Huaweiスマホでネサフをしていたけれど、遅すぎる。」
「最近急にネットの通信状況が悪いけれど、もしかして壊れた…?
 
こういった質問がいくつかありますが、結論から言えば「スマホの粗悪さが原因で、繋がりにくくなる」ということは、あまり無いそうです。
 
ただし、すでに紹介した通り、「HUAWEI P9lite」は格安スマホであるため、通信規制が厳しめです。
 
動画の閲覧やSNSを使いすぎてしまうと、速度制限に引っかかってしまうこともあります。
 
対処法としては、自宅の無線LANルーターに繋げて、ネットを閲覧することがオススメです。
 
「Huaweiのスマホが重くて困る。」
 
この件については、以下の事柄が原因とされています。
 
・アプリを数種類開く
・不要なアプリがいくつもある
・無駄な動作が行われている
 
これらの場合は、それぞれの状況に適した、対処を行う必要もあるそうです。
 

最適化で解決も?

 
もしもスマホの動作が遅くなってしまった場合は、「最適化」を行うことをオススメします。
 
最適化とは、一言でいえば「スマホをリフレッシュさせる」ことを指し、簡単な動作としては「電源を切る」ことがオススメです。
 
また、上の項目でも紹介した通り、スマホの動作が悪くなっている原因に、「通信を妨げるような動作が行われた」可能性があります。
 
具体的な例としては、
 
・使っている途中のアプリが数種類開いている。
・使っていないのに数種類のアプリが開いている
・不要なアプリが多すぎる
 
といったものが多いようです。
 
このため、以下の対処法も、通信や動作の持ち直しに効果的であるようです。
 
・不要なアプリをアンインストールする
・使っていないアプリを閉じる。
・設定ページ内の「アプリ」の項目を開いて、使っていない起動中のアプリを停止する。
 
以上のように、「省エネ」を行うことが、結果として動作や、ネットなどの繋がりやすさにも役立つとされています。
 

テザリング機能の使いすぎはNGかも?

 
「テザリング」とは、スマートホンをルーター(=インターネットを中継する装置のようなもの)代わりに使うことを指しています。
 
主に外出先で使われる機能で、無線LAN対応のPCでのネット閲覧に役に立ちます。
 
その一方で、テザリングもネット通信であるため、使った分だけやはり容量を狭くしてしまいます。
 
「テザリングによって通信量を使ってしまうことにより、あっさり容量を使いきってしまう」可能性が高いとそうです。
 
上記より、快適でスムーズなスマホを維持するために。
 
・自宅の無線LANを使う
・スマホを再起動し、リフレッシュする。
・スマホで動作している不要なアプリを整理する。
・テザリング機能をあまり使わないようにする
 
などの点を守ることが大切であるそうです。
 

まとめ

格安スマホ
 
 
格安スマホの中でも、非常に多くの注目を集めている「HUAWEI P9lite」。
 
1万6000円~3万円代と非常に安い価格でありながら、
 
・高速通信・LTEにも対応。
・ライカと共同で開発した高画素数のカメラ。
・安心の指紋認証
・最大で2日~持続できる電池
 
などなど、メリットが多数あります。
 
また、通信の料金についても、Huawei社の提供しているプランであれば、非常に安い料金で使用できます。
 
〈参考〉
・980 (※ライトプランデータの場合)
・通話機能付きで1580 (※ライトプラン)
 
また、スマホの悩みの筆頭である契約解除の料金についても、契約後1年以降であれば無料で出来るようになっています。
 
ただし、気をつけねばならない点もやはりいくつかあります。
 
「ネットの速度規制が厳しい」
「使用するたびに少しずつ遅くなってしまう気がする」
 
基本的に、Huaweiは1日最大140mbまでの使用が可能ですが、それを超えるとほとんど何もできなくなってしまいます。
 
とは言え、使用料金は非常にリーズナブル。
 
・スマホをあまり使わない
・とにかく節約したい
 
といったことを希望する場合は、非常に相性が良いと言えるでしょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.