iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他 格安SIM

IIJmio auって何?メリット&デメリットを比較13選!

投稿日:

スマホ社会で、データー通信速度が早くなったり、快適なネットサービスを受けられるシステムは、どこのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でも実施されています。

今回ご紹介する「IIJmio au」は、2016年10月1日よりauの4G LTE回線を利用したサービスであり、「mineo」に次ぐマルチキャリアとなりました。
ここでは「IIJmio」の特徴やサービス内容、メリット&デメリットに触れていきます。
全く「IIJmio」の知識がない方でも、お得に便利に利用できる内容をお届けしていきます。
スマホ時代だから、乗り遅れないような情報をしっかりゲットしていきましょう!

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

→目次

1IIJmio auって何?
1.IIJmio au手続き方法
1.2SIMロック解除方法とは?
1.3モバイルサービスタイプAがお得!
2.モバイルサービスタイプAのメリット&デメリット
2.1SMSの基本料金がかからない
2.2タイプAとタイプDで高速通信容量をシェア
2.3VoLTEに対応した端末オンリー!
3.IIJmioとmineoはどっちがいいの?
3.1かけ放題をとるならIIJmioがいい!
3.2速度制限がないから安心mineo!
3.3解約金と手数料を比較!
4.IIJmio auが使える端末が知りたい!
4.1ZenFone Go
4.2arrows M03
4.3使えない端末にご注意を!
5.まとめ
 

IIJmio auって何?

格安SIMってなあに?

どんなメリットがあるの?


スマホの契約の際に、携帯料金が割引になる説明を受けながら契約をされますよね?
しかし、その料金がもっとお得になったり、通信スピードが快適になるとしたら、その方法を知りたい!となりますよね?
今回は、au回線の格安SIMサービスのmineo、UQ mobile、IIJmioの3つの中から、IIJmioをピックアップいしてメリット&デメリットに触れながら、すばらしいサービス内容を一挙にご紹介していきます。
誰でも簡単に手続きができるので、すぐにでも快適スマホ生活に切り替わりが可能です。
現在のプランと比較して参考にしてみましょう!

1.1IIJmio au手続き方法

実際に、格安の「IIJmio au」に切り替えたい!となった場合に、どのような手続きで変更することができるのかを、ここで詳しく解説していきます。
初めに、今使っているスマホや携帯で「IIJmio au」へのシステムへ変更できるのかを調べてみます。
●IIJmioで利用できる端末
●NTTドコモのスマホ
●auのVoLTE対応スマホ(SIMロックの解除が必要です)
●SIMフリーのスマホ(富士通arrows M03、HUAWEI P9 liteなど)
ちょっと分らない・・・となった際には、こちらの動作確認端末にて、お使いのスマホが利用できるのかを確認してみましょう。
ますが、ご自身のスマホがSIMロック解除ができるのかを確認する必要があります。
下記で詳しく記載しているので、後ほどご確認ください。

できること

  • インターネット
  • 電話
  • 各種アプリ※1
    通話割引アプリ(楽天でんわ・050 plusなど)
  • MNP転入・転出
  • 緊急通報(110、119 など)
  • 緊急地震速報
  • 無料通話/定額通話※3

できなくなること

  • NTTドコモ、au、SoftBank等携帯電話会社提供メールアドレス(@docomo.ne.jp、@i.softbank.jp、@ezweb.ne.jp)の新規取得と継続利用※2
  • おサイフケータイ・スゴ得コンテンツ・auスマートパス
  • 各種割引サービス
    ※1: 携帯電話会社のサービスと連動しているアプリ(電話帳保管など)や、携帯電話会社のアプリセット(auスマートパス・スゴ得コンテンツなど)は利用できなくなります。
    ※2: IIJmioでは新規メールアドレスの提供はありません。Yahoo!メールやGmail等のフリーメールアドレスはそのままご利用いただけます。
    ※3: 通話定額オプション(有償)の契約が必要です。

    引用元:IIJmio
     

「IIJmio」の特徴は、通話料金は各段と安くなることが、最大の強みになります。メリットはそこにありますが、デメリットとしては、新規メールアドレスの提供がないので、フリーメール利用する形になります。
上記の内容をしっかりと確認をしてから、乗り換えを実行しましょう。
●手続きで必要になるも

本人確認対象書類(1点)

本人確認書類としてご利用いただけるのは下記の書類です。いずれか1点をご用意ください。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 日本国パスポート
  • 被保険者証(国民健康保険/健康保険)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書(「本人確認補助書類」も必要)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳(「本人確認補助書類」も必要)

本人確認手続きについて詳しくはこちら

※IIJmioにご登録いただく氏名・現住所・生年月日と一致している書類が必要です。
※BIC SIMカウンターでの本人確認については、対象書類が異なります。カウンターでのお手続きについては、こちらのページでご確認ください。

引用元:IIJmio 

その他に、本人様のクレジットカード、インターネット接続環境、メールアドレスなどが必要となります。

ネットで申し込みをされたい方はこちらから、手続きができます。

1.2SIMロックの解除方法とは!

au端末を利用する際に、SIMロック解除が可能かどうかについては、お近くのauショップにお出かけになるか、カスタマーセンターにお問い合わせをして、ご自身のスマホの機種を伝えると使用できるかを確認することができます。
さて、SIMロック解除とはどんなこと?と疑問になる方のために、ここで少し解説していきます。
SIMとは「Subscriber Identity Module」の略で、契約者の識別番号やメールアドレス、電話番号などの大切な情報を登録してあるカードのことを指します。

格安SIM(MVNO)は一般にdocomo系とau系の2系統に分類されますが、au系のMVNOはmineo(マイネオ)、UQ mobile(UQモバイル)、Fiimo(フィーモ)の3社のみなので、ほとんどのMVNOはdocomo系のMVNOです。ちなみにSoftBank系のMVNOはまだありません。引用元:SIMチェンジ

まだまだ、全体的なSIM化には時間がかかるかもしれませんが、今以上にスマホを快適に使えるようになる先駆けとなっていることには間違いありません。
2015年5月より、携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除が義務化となり、携帯料金が個人で節約をすることができるようになりました。
つまり、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)側の強制SIMロックを自由に外すことができるようになり、ご自身で料金のコントロールが可能となりました。
auのSIMロック解除方法はこちらをご参照ください。

1.3モバイルサービスタイプAがお得!

プラン名 データ容量 料金 シェア枚数
SMS機能付きSIM(ミニマムスタートプラン) 3GB 900円 最大2枚
SMS機能付きSIM(ライトスタートプラン) 6GB 1,520円 最大2枚
SMS機能付きSIM(ファミリーシェアプラン) 10GB 2,560円 最大10枚
音声通話機能付きSIM(ミニマムスタートプラン) 3GB 1,600円 最大2枚
音声通話機能付きSIM(ライトスタートプラン) 6GB 2,220円 最大2枚
音声通話機能付きSIM(ファミリーシェアプラン) 10GB 3,260円 最大10枚

引用元:かくすま

実は、IIJmioのタイプAは対象端末が少ないため、混雑の回避につながると噂をされています。※根拠はありませんが、ツイッターなどのつぶやきでは、早速話題になっていることもあるようです。
ドコモ回線を利用するタイプDの料金と同一となっており、ミニマム・ライト・ファミリーの3種類に分かれているのが特徴です。
今のところ、タイプAを利用されている方は、通信の速度が速く満足!といった反応が多いようですが、既存であるタイプDと大差が無くなる可能性も否定できないとされています。
しかし、マルチキャリア化が進んでおり、タイプAとDを併用することも可能なので、データ通信料をシェアすることもできます。
 

モバイルサービスタイプAのメリット&デメリット

86ecdb3819d81002ae552fea13fc4aa1_m
ここまで、ある程度の「IIJmio au」のサービス内容が分ってきましたが、利用するうえで注意点がたくさん存在しいることを、認識しなければなりません。
いざ、「IIJmio au」への変更をしたいとなっても、ご自身のスマホが対応していなければ、その先のサービスを受けることができません。
ぜひ、ここでしっかり内容を把握していくようにしていきましょう。

2.1SMSの基本料金がかからない

2016年10月1日より開始された「IIJmio モバイルサービス タイプA」では、どんなメリットがあるのかは、前述に記載しているのですが、具体的にどのあたりがお得なのかを、ここでご紹介していきます。
SMSとは「ショートメッセージサービス」のことを指しますが、70文字前後のメッセージを受送信できるサービスをいいます。
実は、このSMSには、月々キャリアによって異なりますが、100円~200円の使用料金がかかってきます。
無料通信アプリの普及に伴い、このSMSが衰退している傾向にありますが、本当にこの機能を外してしまってよいのかを検討すると、実は外さない方が良いという結果となりました。
何故なら、無料通信アプリをインストールする際に、本人確認のために「SMS認証」が必ず必要となります。
その「SMS認証」が、先ほどの説明をした「SMS」なんです。
その他にも、アメーバピグやポイントサイト、GREEやモバゲーなどにも、認証が必要となるので欠かせないシステムとなっていることは認識できますよね。
ここで朗報なのですが、今回ご紹介している「IIJmio au」には、このSMSの基本料金がかからないうれしいサービスが適用となっています。
この認証のために100円~200円を毎月支払うのは馬鹿らしいかもしれませんが、この部分が無くなったら、馬鹿にできない話になりますよね。
この朗報は、意外と知らない方も多いようなので、ぜひ情報をシェアすると喜ばれるかもしれません。

2.2タイプAとタイプDで高速通信容量をシェア

先ほども少し「タイプAとタイプD」に触れてきました。
そもそも「タイプD」とは、NTTドコモ回線を利用したサービスを指し、内容はauの4G LTE回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」とほどサービス内容が変わらないのが特徴です。
IIJmioでは、たくさんの方からauでも利用できるサービスを!と熱望され、その後2016年にリリースされたサービスとなり、現在では、ドコモのタイプDと一緒にシェアができることもあり、便利なサービス提供をしてくれると、大きな評判を呼んでいます。
この2つをシェアして、高速通信を効率よく快適に実現できるようになりました。

データ通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM
タイプD 900円~ 1,040円~ 1,600円~
タイプA 提供なし 900円~ 1,600円~

引用元:IIJmio 

上記は、料金の比較です。
料金やサービスに若干の差があるので、しっかり検討しましょう。

2.3VoLTEに対応した端末オンリー!

タイプAをご利用にあたる上で、注意点があります。
実は、すべてのauの端末でこのタイプAが適用できるわけではなく、VoLTEに対応している機種でないと、この回線は利用できないようです。
ご自身のスマホが、VoLTEに対応している機種であるかをしっかり確認をして「IIJmio au」へ乗り換えを検討しましょう。
2016年以降の最新機種を使用している分には、問題はありません。
何故なら、最新機種にはすでにVoLTEを対応しているように設定されているからです。
ご心配な場合には、スマホを購入される際に、お店の方にご確認されると確実です。

IIJmiomineoはどっちがいいの?

d22910efc1a45a27306dcf8d35aebce0_m
スマホを格安で利用したいと、ユーザーの方がご自身でネットで格安SIMについて検索をして、サービスを比較したり、変更をする傾向にありますが、どのようにサービスを見極めて良いのかが、分らない!といった意見をよく見ますよね。
ここでは「IIJmio」の他にも何社かサービスが存在するのですが、今回は「IIJmio」と特徴が似ている「mineo」と比較してみます。
そもそも、この「IIJmio」はどういったサービスかは、上記で説明をしてきましたが、ここでも少し触れていきます。
MVNOという言葉を目にしたことがあるかと思いますが、MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、「仮想移動体サービス事業者」と認識されています。
携帯業界のインフラを防ぐために、独自のサービスを提供する通信事業者がサービスを提供しています。
そのMVNOが提供しているのが「IIJmio」や「mineo」なのです。
「mineo」の特徴は、簡単に言うと、キャリアがドコモ系ということになります。
それに対して「IIJmio」は、au系といった内容になります。
下記は「mineoプラン」です。参照ください。

プラン名 月額料金 最大受信速度 高速通信容量 SIM枚数
ドコモプラン シングルタイプ 500MB 700円 225Mbps 500MB/月 1枚
ドコモプラン シングルタイプ 1GB 800円 225Mbps 1GB/月 1枚
ドコモプラン シングルタイプ 3GB 900円 225Mbps 3GB/月 1枚
ドコモプラン シングルタイプ 5GB 1,580円 225Mbps 5GB/月 1枚
ドコモプラン シングルタイプ 10GB 2,520円 225Mbps 10GB/月 1枚
ドコモプラン デュアルタイプ 500MB 1,400円 225Mbps 500MB/月 1枚
ドコモプラン デュアルタイプ 1GB 1,500円 225Mbps 1GB/月 1枚
ドコモプラン デュアルタイプ 3GB 1,600円 225Mbps 3GB/月 1枚
ドコモプラン デュアルタイプ 5GB 2,280円 225Mbps 5GB/月 1枚
ドコモプラン デュアルタイプ 10GB 3,220円 225Mbps 10GB/月 1枚
auプラン シングルタイプ 500MB 700円 225Mbps 500MB/月 1枚
auプラン シングルタイプ 1GB 800円 225Mbps 1GB/月 1枚
auプラン シングルタイプ 3GB 900円 225Mbps 3GB/月 1枚
auプラン シングルタイプ 5GB 1,580円 225Mbps 5GB/月 1枚
auプラン シングルタイプ 10GB 2,520円 225Mbps 10GB/月 1枚
auプラン デュアルタイプ 500MB 1,310円 225Mbps 500MB/月 1枚
auプラン デュアルタイプ 1GB 1,410円 225Mbps 1GB/月 1枚
auプラン デュアルタイプ 3GB 1,510円 225Mbps 3GB/月 1枚
auプラン デュアルタイプ 5GB 2,190円 225Mbps 5GB/月 1枚
auプラン デュアルタイプ 10GB 3,130円 225Mbps 10GB/月 1枚

引用元:SIM-FAN

初期費用に3,000円がかかり、SMSオプションは月々120円も別途かかります。
最大の特徴は、通信料に制限がかからないという利点にあります。
それに対して「IIJmio」には直近3日間の通信量が6GBを超えた場合、通信速度が終日制限される場合があるので、注意が必要です。
契約時にこのような説明はされると思いますが、口頭ですとなんとなくの流れで聞き流してしまう恐れがあるので、ここでしっかり把握しておくと確実です。
デメリットも周知してから、契約を結びたいですよね。

3.1かけ放題をとるならIIJmioがいい!

「IIJmio」の最大のメリットは、音声通話量が格段と安く利用できることです。
その中でも注目したいのが「」です。
まず初めに、みおふぉんダイアルの専用アプリをインストールします。
そのアプリを使用しながら音声通話をすると、通話料が半額になるという優れた機能があり、お得になります。※現在のところ(2017年1月時点)androidのみの対応となているので、iOSは利用できない現状です。
しかし、電話番号の前にプレフィックス番号を入れてから、通話を開始すると、同じようなサービスを受けられるので、ご安心を!
また「ファミリー通話割引」が適用となり、同一に契約している家族のスマホにかけた場合や、同一の契約者名義間で通話する場合には20%割引が適用となります。
この手続きも不要で、「みおふぉんダイアル」と組み合わせて最大60%オフで利用することも可能なんです。
通信よりも、音声通話が主体となるユーザーの方は、こちらのサービスをご利用になることをおすすめします。
ご家族と一緒にシェアをして、使い切らない場合は翌月に繰り越しも可能なので、お得です!
お話し好きの方は、通話料金を気にしないで利用できるので評判を呼んでいます。

3.2速度制限がないから安心mineo

ただ、すべてのサービスで比較した際に「IIJmio」だけがお得な訳ではありません。
「mineo」の最大のメリットは、高速通信時・低速通信時とも使い過ぎによる速度制限がないということです。
具体的には、音楽をダウンロードをした際に、ストリーミングで再生する方には、断然「mineo」がおすすめなのです。

3.3解約金と手数料を比較!

実際に、サービスを解約することになると、どの程度の料金がかかるのかが気になるところですよね?
mineoとIIJmioを比較して、どちらがお得なのかを検証してみましょう。
●mineoの場合

※利用開始翌月から12ヶ月以内に他社へMNP転出すると11,500円の転出手数料がかかる
引用元:mineoとIIJmioを比較

解約金は一切かかりませんが、MNP転出手数料が利用開始月の翌月から12ヶ月以内の転出の場合、1,1500円がかかり、13ヶ月以降からは別途2,000円がかかります。
なおSIM再発行手数料は、2,000円がかかります。
●IIJmioの場合
利用開始日の翌月末日までは解約金がかかりません。
その翌月から解約金が発生するのですが、契約が1年と換算すると使用が1ヶ月で解約の場合、残りの月11ヶ月分×1,000円の金額が加算されます。
つまり、残り8ヶ月の場合、8,000円の解約金が加算されるので、注意が必要です。
MNP転出手数料は、一律3,000円となり、SIM再発行手数料は、2,000円がかかります。
上記を比較をすると、それぞれのメリット&デメリットがあるので、どちらを選ぶかは、ご自身の好みで決めることをおすすめします。

IIJmio auが使える端末が知りたい!

Huawei P9 lite

出典:http://consumer.huawei.com/minisite/jp/p9lite/index.htm


実際に、お手元にあるスマホで格安SIMを導入することができるかを調べてみる必要があります。
下記の項目では「IIJmio au」が利用できる機種をご紹介していきます。
auからVoLTEに対応している機種を選ぶのがコツです。
2015年以前のタイプは、対応していないので、格安SIMを適用できないので注意が必要です。
また、iPhoneユーザーの方も、すべての機種に対応はしていないので、併せてご確認いただく必要があります。

4.1ZenFone Go

手のひらにフィットして快適に操作ができる「ZenFone Go」は、右利き、左利きに関係なく自然に使える設計になっています。
800万画素の高画質カメラで美しい写真や動画を撮影でき、素敵な思い出のシーンを大切に保存してくれます。
また、長時間操作可能な大容量3,010mAhバッテリー搭載なので、どこでも気軽にスマホライフが送れます。
価格.comでは、こちらの機種がお手頃に購入できるように、価格の比較を見て検討することができます。
最安値は、19,479円(2017年1月時点)~となっており、格安SIM利用できるセットも提供してくれます。

4.2arrows M03

富士通から販売されている「arrows M03」は、美しいフォルムと馴染みやすいデザインに力を入れました。
片手で手軽に操作ができるスタイルは「arrows M03」の特徴です。
また、こだわりはまだ終わりません。
メイドインジャパンの誇りをもって作られてたスマホは、細部に渡り職人の仕事を感じることができます。
防水防塵でアウトドアシーンでもタフに使うことができます。
映画や音楽鑑賞が好きな方にはうれしい高速ダウンロード&ストリーミングが可能!ストレス無く快適な通信環境をゲットできます。
価格.comでは、最安価格30,997円(2017年1月時点)~で、格安SIMセットもお得に提供してくれます。

4.3使えない端末にご注意を!

スマホの種類にもたくさんありますが、一番のシェアを誇る「iPhone」なのですが、実は、すべての機種が使えるかというと、そうではないので、とても注意が必要となります。
iPhone7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6sは使用できますが、au版のiPhone6以前のiPhone、iPhoneのテザリングも使えないので、ご注意ください。
auプランのSIMをiPhoneに差し込むと、正常に起動しない場合があります。
iPhone 5s、5cといった機種の場合、通信の障害問題が生じたり、iPhone 6/6 Plusは、iOSを9にアップデートすれば、通信データーを受信して簡単に使用することができるようになります。
iPhone 6s/6s Plusには、iOSがすでに9なので、問題なく利用することができます。

まとめ

smartphone-1284501_1920
いかがでしたでしょうか?
手元にスマホがない生活は考えられたことはありますか?
それだけで、不安になってしまう方は、意外に多いのかもしれません。
人口の大半の方が、携帯電話を所持している中で、スマホの利用料気を効率よく安くできるシステムを探していることは確かです。
そんな中「格安SIM」というサービスが誕生しました。
そのSIMを使用することができるシステムに今回ご紹介した「IIJmio au」が該当します。
auやドコモ、ソフトバンクのような大手キャリアは、そこに着目をし、ユーザーの方により良いスマホライフを提供しようと格安SIMの自由化に参入し始めました。
その際に、必要な機能を自由に組み合わせて自分流のインターネット環境が作れるようにしたのが、今回ご紹介した「IIJmio au」なんです。
ご自身で管理ができるので、料金の節約ができるのが大きなメリットです。
しかし、どのように手続きを行うのかわからない方のために、今回はわかりやすいように解説をしてきました。
一度、ショップにお出かけになる前に、ちょっとした知識をつけていけば、スムーズに手続きが可能となります。
快適なスマホライフを送れるように、参考にしてみて下さい。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-その他, 格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.