iPhoneとAndroidどっちにする?あなたに向いているスマホの選び方教えます

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

スマホ操作が不慣れであり、セキュリティ面の問題も自分ではなかなかクリアできないと考える人にも、iPhone端末はおすすめです。

対して、既にスマホの操作に慣れていて、自宅でパソコンの運用なども行ない、知識に長けている人の場合は、android端末を選ばれることにより、不満なくスマホを利用できるようになることでしょう。

android端末は格安スマホを購入しなければ、自分仕様にカスタマイズしやすい端末です。より高度な操作性を求めるのであれば、android端末がおすすめです。

その他、機種変更時に利用できるキャリアポイントが少なく、高額な端末費用の請求をもとめられるような場合に、格安スマホの購入を別途行なうことにより、端末費用の節約に繋げることができるケースもあるので、そのような場合にはandroid端末も視野に入れて考えられると良いでしょう。

新規スマホをお得に購入できる方法

%e3%81%b2%e3%80%80%e3%83%92%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%82%ad%ef%bc%91

このコラムを見ている皆さんの中には、きっと新しい機種の購入を考える人もたくさんいることでしょう。

そこで今回は、新規スマホをお得に購入できる方法についても簡単にご紹介しておきます。

不要な機種は下取りに出そう

機種変更を行なうにしても、MNP乗り換えを行なうにしても、下取りプログラムは利用した方が良いと言えるでしょう。

不要なスマホを自宅で眠らせておくだけなのであれば、それはそれでもったいない話しなので、有効利用されることをおすすめします。

以前までは期間限定にて行われていた下取りプログラムですが、端末の引取り価格を頻繁に更新しながら、最近では期間の指定なく実施されている傾向にあります。

機種変更の場合はとくに、キャリアポイントの保有率が低い人の場合は、このようなプログラムを使用しなければ、端末代金をほぼ自腹で支払わなければいけないようになってしまいます。

その為、なるべく利用できるキャンペーンやプログラムは、最大限に利用されることがおすすめです。

格安スマホを購入するという手も

au、ドコモ、ソフトバンク国内三大キャリアで契約を行なう際も、格安スマホが使用できるケースもあります。最近では、国内三大キャリアでもSIMフリー端末の、キャリア外端末の受け入れを実施しているからです。

機種変更時に利用できるポイント保有率なども低く、キャンペーンも特に実施されていないような場合に、格安スマホを購入されることも一度検討されてみるのも良いのではないでしょうか?

ただし、国内三大キャリア内で使用できないようなものもあるため、端末購入時の確認は必須となります。

国内三大キャリアにてスマホの契約を行なう予定なのに、非対応の機種を購入してしまうなんてことのないように、必ず確認を行なうようにしておきましょう。

中古スマホの購入を行なう人もいる

バッテリーの交換ができるタイプのものであれば、中古スマホも捨てたものではありません。

機種変更に関するキャンペーンがとくに実施されていない時なんかには、中古スマホの購入を行なうことにより、スマホ端末の購入費用を節約することができるようになります。

しかし、最近のスマホは複雑化しています。スマホ内部に、悪いプログラムを組み込まれてしまっているなんてこともあるかもしれません。

そこで脱獄などの、面倒な操作が実施されているようなスマホは購入しないようにして、大手家電量販店などの一定基準をクリアして販売されているような、より安全性の高いスマホの購入を行なうことを重視していきましょう。

また、バッテリーが消耗して中古商品として販売されているようなものも多々あるため、バッテリーが交換できない端末を中古スマホとして購入することは、なるべくなら避ける方が無難であると言えます。

家電量販店なら商品券を使用することができるケースも

全国共通商品券は、家電量販店にて使用できるケースもあります。なかなか使用できずに悩む商品券ですが、自宅に眠っているだけなのであれば、スマホの購入時に役立ててみられても良いのではないでしょうか?


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]