iPhone6sの機種変更で賢く得するための4つのルール

スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

失敗することなく、どこよりも賢くおとくに乗り換えられます。
iPhone7も実質0円になり、学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んでケータイ番号だけ入力し、料金プランなどを確認してみてください(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

購入時に不要なオプションサービスに契約させられる「レ点ビジネス」というのをご存知でしょうか?
「レ点ビジネス」とは新規契約や機種変更時に十分な説明もなく(厳密にはなんとなく誘導するかたちで)、初回月は無料だからと余計なオプション契約までさせられるやり方です。
もちろん嘘偽りなく初回月は無料なのですが、無料月後の解約忘れを狙っています。申込用紙の四角の枠にカタカナの「レ」のようなチェックを入れていくことから「レ点ビジネス」と呼ばれているのです。

これには解約忘れの課金を狙うだけでなく、様々なオプション自体の契約者数を獲得し増幅させるという目的があるのです。「総契約者数〜万人突破!」などの宣伝効果をよく目にする昨今ですが、実はこういった戦略も行われています。
このレ点ビジネスは格安携帯ショップなどで特に顕著で、本来は加入しなくても購入できる端末を、ショップによってはあたかも加入しないと購入できないと言い換えて販売しているところもあるほどです。

オプションサービスの契約者数獲得件数に応じて通信会社から販売店に推奨金が入るようになっているシステムによるものですが、消費者である私たちとってはやっかいな話です。iPhone 6s、iPhone6s Plusが発売された今でも横行しているところがあり、キャリア直営店だからといって安心できないのが現状です。

SoftBank Online Shop』『docomo Online Shop』『au Online Shop』などの直営サイトなら、当然ですが不要なオプションに加入させられる心配はありません。それだけでも十分大きなメリットと言えるでしょう。

次は、店頭アフィリエイトや頭金と言われるカラクリについて解説します!

4ae4d75700e6b09ef7cafbdc820a8cd7_s

・店頭アフィリエイト

「レ点ビジネス」に似ているのですが、有料会員コンテンツへの登録を勧められることもあります。

・頭金

ドコモ/au/Softbankショップなどのキャリアショップ、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、「頭金」と称される本体価格以外の料金というものが発生する場合があります。機種変更という契約はあまり店舗には査定として多くの評価が入らない契約方法ですので、こうした頭金をかけることで少しでも一つ一つの契約で利益を上げようとしています。頭金は決まった価格ではありませんが、多くの家電量販店では3000円、各キャリアショップだと2000円?8000円程の料金が発生する場合があります。

この頭金は、本当に契約に必要ではない費用であるため、全く設定していないショップもあれば、高額な金額を設定しているところもあって、混沌とした状態です。頭金を避けるために多くの販売店をはしごした、なんて経験をされた方も多いと思います。
そういった頭金が一切かからないのがオンラインショップのメリットです。

・オプション

契約を希望していないオプション契約や、外部コンテンツの加入を機種変更の条件としている場合があります。「機種変の際にはこちらのオプションに加入していただくと…」などと説明されますが、加入の必要はありません。
多くの店舗で見られる条件で、機種変更だと例え定価であろうとも必須の条件とされることもあります。

家電量販店の場合は、このオプション加入か頭金のどちらかを選ぶというやり方が多くみられます。オプションに加入する代わりに頭金をなくしてあげます、といったやり方です。そもそも、頭金もオプションもなく機種変更はできるわけですから注意しなければなりません。

また「加入オプション」はオプションごとに解約しないと、毎月料金がかかってしまいますので、ひとつひとつ加入したオプションを解約していくといった面倒な作業も待っています。解約を忘れてしまい使いもしないコンテンツサービスに少額であろうと支払いが生じてしまうのは、なんとも釈然としませんよね。
うっかりした性格の方だと加入していることを忘れて数個の無駄なオプションを払い続けていた、なんてこともあります。

・プランの自由がない

iPhone6sのような人気機種を店頭で機種変更をする場合、ショップによっては不要なオプションなどを勧められたり、自分に適していないプランへ誘導される可能性もあります。オンラインショップで購入するばあいは、すべての料金プランやオプションなど、自分で選択してすすんでいくわけですから、身に覚えのないプランにしてしまった、なんてことはなく自分好みにカスタマイズされた自由なプランを組むことが出来ます。

・機種変更事務手数料がかかる

上記に記しました、頭金や加入オプションについては、設定をしていない優良店や断ることで回避できるお店もあるため、必ずしも実店舗が全てダメという決定的なものではありません。ですがこの「機種変更事務手数料」については店頭契約の場合必ず支払う必要のある料金になります。

ドコモもauもソフトバンクも、すべて一律で税抜き2000円(Y!mobileのみ3000円)という金額が機種変更の時にかかってしまいます。
ですから店頭での契約では、たとえ定価で頭金もまったくなく不要なオプションを勧められることがなくても、機種変更事務手数料2000円を追加して購入費用を支払わないといけないため当初の予定よりも高くなってしまいます。

この機種変更手数料は店頭の購入全てに発生するだけでなく、auとソフトバンクのオンラインショップでの契約にも発生してしまいます。
ところが、『docomo Online Shop』での契約ならば2000円の機種変更手数料は免除されるため、通常よりも低価格で購入することが出来ます。docomo Online Shopなら頭金もなく加入オプションで必須のものもありませんので、可能な限り節約したい場合はオンラインショップでの機種変更が最適ということになります。

ドコモで機種変を考えるときにオンラインショップは特にお得といえるでしょう。

1-2.時は金なり

2acd9deb7dc6311f5b5c441461e9ceb0_s

いまだ、日本でのiPhone人気は他のスマートフォンの追随を許しません。
iPhone6s や iPhone6sPlusは欲しくても、行列に並んだり、ショップで1か月待ち、2か月待ちなどとという苦労は誰もが避けたいことですよね。確実に手に入れたいのであれば、店舗在庫が限られるショップより、公式オンラインショップの方がはるかに楽して早くiPhone6sやiPhone6sPlusを手に入れることが出来ます。

なるべく安く購入することはもちろん重要ですが、人によっては時間がもっと大切だという方も多いでしょう。
オンラインショップはまさに「時は金なり」と言いきれるサービスです。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには必ず『 ソフトバンクオンラインショップ 』など公式のオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7 8

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない