iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7 機種変更

iPhone7の機種変更で誰より得するための7つのコツ

投稿日:

iPhone7の価格発表などが行われ、iPhone7/iPhone7Plusへの機種変更に関する意欲がふつふつと湧いてきたなんて人もいるのではないでしょうか?
iPhone7/iPhone7Plusは、iPhone史上最高であると言われるほど、優れた機種だそうです。そんな魅力溢れるiPhone7へ機種変更を行なう時に、誰よりも得するための7つのコツについてご紹介していきます。
iPhone7/iPhone7Plusへ機種変更を行いたい。でも月々の維持費だって節約したい。それなら、まずはお得に機種変更を行なうことからはじめていかなければいけません。
とくに分割支払いにて機種変更を考える人の場合は、月々の負担を少しでも低くするためにも、少しでもお得に機種変更を行なうことは大変重要度の高いものとなるのです。
「iPhone7の機種変更で誰より得するためのコツ」を確認して、よりお得に最新のiPhone7/iPhone7を手に入れちゃいましょう。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

1.MNP乗り換えを行なう

iphone7black123
お得に機種変更を行なうには、MNP乗り換えを利用することも一つの賢い方法だと言えるでしょう。
キャリアポイントの蓄積率が低め・・・。なんて人の場合はとくに、MNPによる乗り換えの方が、お得であると言えるでしょう。
他社からMNP乗り換えを行なうと
・店舗別キャッシュバック
・キャリア別キャッシュバック
・キャンペーン別のプラスアルファー
上記のようなものがもらえることで、メリット多く、機種変更を行なうことができます。
とくにiPhoneの新作ともあれば、国内三大キャリアでは販売促進に力を入れると安易に予測することができるので、キャンペーンなどをフル活用することにより、実質ゼロ円に近い契約が行えるなんてケースもありえるのです。
実質ゼロ円・一括ゼロ円と言った販売方法は、最近ではNG化されてしまっていますが、実質ゼロ円もどき・一括ゼロ円もどきと言ったように、限りなくこれらに近い条件にて契約を行なうというのは、もちろんNGではありませんよね。
まだまだ高額キャッシュバックを出している店舗はたくさんあるので、少しでもキャッシュバック率が良く、お得に契約できるキャリアや店舗を探していきましょう。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 

MNPは解約月に行なうことが必須!

yuka20160818503514_tp_v-1024x682
MNP乗り換えを利用してお得に機種変更を行なうのであれば、解約違約金が必要とはならない、解約月に機種変更を行なうことが必須となります。

『まだ解約月は1年も先・・・。』なんて場合には、じっくりとその時期を待つことにしましょう。
もしかすると、さらに性能豊かなiPhone7sが出ているなんてこともあるかもしれませんよね。あまりにも急いで機種変更をと考えてしまうと、損をしてしまうケースも出てくるので、時期を待って、少しでもお得なタイミングでiPhone7への機種変更を行なうことを考えていきましょう。
ちなみに解約月に関してですが、ソフトバンクとドコモは2か月間と少し長めに設定されているのですが、auの解約月に対する期間は、1か月間しか設けられていません。
auの場合は、マイページにていつが解約月であるかを確認できるので、MNP乗り換えによりiPhone7へ機種変更を考えるのであれば、解約月に関して予め確認しておくことがおすすめです。

MNPは複数台同時に契約することがおすすめ

MNPにて機種変更を行ないたい。それなら、複数台で同時契約を行なわれることがおすすめです。
実は、高額キャッシュバックを出している店舗では、複数台同時契約を行なうことにより、プラスアルファーのキャッシュバックへの期待がもてると言われています。キャッシュバック率が低下してしまった現在でも、その条件に変わりはないようです。
iPhone7を兄弟や親子揃って、お得に購入したい。それなら、同じ店舗にて同時契約を行なうことを考えていきましょう。
しかしながら、最初から店舗側にこのような好条件を提示してしまうと、プラスアルファーのキャッシュバック額を少し下げられてしまうこともあります。
店舗側にとって都合の良い条件は小出しにして、少しでもお得にiPhone7/iPhone7Plusへ機種変更できるよう、上手く交渉していくようにされてみてはいかがでしょうか?

国内三大キャリアのMNP関連キャンペーンについて

【au】

au
au Online Shop
・いいオトモスピーカーがGET出来る!
2016年9月16日から2016年9月19日までにiPhone7を購入もしくは、2016年9月9日から2016年9月19日の間に予約をした上で、2016年10月31日までにiPhone7を購入すると、Bluetooth対応のいいオトモスピーカーがもらえます。
しかも対象機種で上記条件を満たしていると、必ずスピーカーをもらえるので絶対に参加するべキャンペーンですね。

【ソフトバンク】


SoftBank Online Shop
・故障端末買取キャンペーン
なんと『のりかえ下取りプログラム』では普段下取りに出せない、水没を含んだ故障端末の買い取りを実施してくれるキャンペーンです。
最大9,000ポイントを、Tポイントにて還元してくれます。条件があり、契約者が18歳未満であったり、プリペイド契約の機種であったりなどキャンペーンの対象外となってしまうこともあるので申込前にご確認ください。
・機種変更先取りプログラム
乗り換え時に、このプログラムに加入をしておくと、最短1年で機種変更を行なうことが可能になります。その上、最大7ヶ月分の機種代金残額を免除してくれるという、ユーザーからするととても嬉しい特典もついています。
こちらも条件があり、13ヶ月目から18ヶ月目までに機種変更をした場合は、2,000円の前倒し手数料が発生するそうです。プログラムへの加入料金は、月々300円です。

【ドコモ】

docomo Online Shop
・秋の新スマホ予約&購入キャンペーン!①
2016年9月中に発売されたスマホを、ドコモオンラインショップで予約購入すると、100人中1人に77,700円相当のdポイントが当たります。これが当たれば、高額キャッシュバックを手に入れるのと同じ事になりますね。高額キャッシュバックNGな時代に、このキャンペーンはとっても魅力的ですよね。
dポイントは、月々のスマホや携帯利用料の支払いに充当することができるので現金とおなじように使えます。
・秋の新スマホ予約&購入キャンペーン!②
2016年9月9日(金曜)~2016年9月15日(木曜)までに、ドコモオンラインショップにて最新スマホの予約をして、2016年11月30日(水曜)までに対象機種を購入すると、『秋の新スマホ予約&購入キャンペーン!』とは別途、dポイントを999万ポイントから山分けしてもらえます。
ちなみに予約が殺到した場合でも、500ポイントは必ずもらえるという嬉しい決まりがあります。iPhone7の予約を行なうなら、是非ドコモオンラインショップを活用してください。
・家族まとめて割
2016年9月1日(木曜)~2016年11月30日(水曜)までの間に、同時にiPhone7や対象機種を2台以上購入して、更にシェアパックに加入をすることで、その場で最大10,368円の割引を実施してもらえます。
ただし、月々サポート対象のiPhoneの場合は、最大5,184円の割引になるそうです。
・ドコモにチェンジ割
2016年9月16日(金曜)~2017年1月9日(月曜)までに、他社からドコモに乗り換えを行なうだけで、最大10,200円の割引を実施してもらえます。
ただし条件があり、対象料金プランに加入をする必要があることや、1年に渡り最大10,200円の割引を実施してもらえることになるので、月々の割引額としては850円になるそうです。
※割引期間中に解約をすることになると、割引総額は低下します。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

2.機種変更前の機種は下取りに出す

c789_mbaniokaretakeitai_tp_v

MNPによる機種変更や、キャリア間の機種変更。これらに統一して言えることは、使用しないままタンスの中に眠ってしまう、そんなスマホや携帯は下取りに出した方が良いと言うことです。
思い出がたくさん詰まったスマホや携帯。大切な存在だから自宅に保管しておきたい。この場合は、無理に下取りに出す必要はありません。
しかし、単に放置されたままになってしまうだけなのであれば、下取りに出すことにより次回契約時の割引額が高まるので、是非下取りに出されることをおすすめします。
ちなみにiPhoneシリーズを使用している場合であれば、国内三大キャリアでは、他機種よりも良い条件にて引き取りを実施してくれると言えます。
もちろんiPhone以外の機種でも、一定の条件さえクリアすれば、好条件にて引き取りを実施してくれることへの期待はもてます。
iPhone7の価格は、SIMフリー版で下記の価格で販売されるそうです。
・iPhone7:78,000円~
・iPhone7 plus:85,000円~
ちなみにappleでは、最大35,000円にて旧iPhoneの下取りを実施してくれます。
※キャッシュバック金額は、機種変更時に割引として充当
iPhoneは年々高額になりつつあるので、購入時には前の機種を下取りに出して、お得に手に入れることを考えていきましょう。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 

国内三大キャリアの下取りキャンペーンについて

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s
現在は、国内三大キャリア全てで、下取りキャンペーンが実施されています。
iPhone7の機種変更で誰より得するためのコツの一貫として、au、ソフトバンク、ドコモ三社の下取りキャンペーンの情報も、簡単にご紹介しておきます。

【au】

au Online Shop
・下取りプログラム(乗りかえ)
2016年9月12日~9月30日の下取り価格は下記の通りです。
※下取り対象機種であり、機種の状態が良好であることが必須です。
iPhone:最大2万6460円
アンドロイド:最大3万2400円
auの下取りプログラムでは、24ヶ月間に渡り、月々の利用料から機種代金相当の割引が実施されます。
ただし、この期間内に途中解約をすると、割引総額は低下してしまうので、十分注意しておきましょう。
・下取りプログラム(機種変更)
2016年9月12日~9月30日の下取り価格は下記の通りです。
※下取り対象機種であり、機種の状態が良好であることが必須です。
iPhone:最大3万5640円
アンドロイド:最大3,000円相当(3,000ポイント)
auの下取りプログラム(機種変更)では、対象のアンドロイドスマートフォンの下取りを、一律最大3,000円相当(3,000ポイント)にて引き取るとしています。
「せっかく高額購入した機種なのに・・・。」と残念に思う人もいるかもしれません。一応この3,000円は、月々の支払い額に充当することもできるそうです。
ただし、auのiPhoneを使用していた場合であれば、MNP乗り換え含む新規契約時よりも、機種変更時の方が高額にて下取りに出すことができるようです。
このように必ずしもMNP乗り換えや新規契約がお得であるとは、言えないのが現状です。

【ソフトバンク】

SoftBank Online Shop
・下取りプログラム(のりかえ)
これからご紹介する下取り価格は、2016年9月9日以降に、指定機種を購入した場合の特典になるそうです。また、iPhone6シリーズの下取りは、2016年9月16日以降に開始されるそうです。
※下取り対象機種であり、機種の状態が良好であることが必須です。
iPhone:最大2万6400円
アンドロイド:最大2万1600円
ソフトバンクの下取りプログラムでは、下記のような特典受け取り方法があります。下記条件さえクリアすれば、自分で選択できるようになっています。
・通信料金から割引(24か月間に渡り分割して割引を実施)
・ソフトバンクカードチャージ(割引額の総額相当のプリペイドバリューを一括で付与)
・割引総額に相当する額を、商品券やポイントにて付与
・指定機種購入と同時に下取りに出す場合、本体の分割支払金から割引(24か月間に渡り分割して割引を実施)
※ソフトバンクカードチャージ,商品券,ポイント付与は、実施していない店舗もあるそうです。
現在は、アンドロイドスマートフォンの下取り価格が倍増している、大変お得な時期だそうです。
ちなみに24か月間に渡り、分割して割引を実施してもらう場合は、期間内に途中解約をすることで、割引総額は低下してしまいます。
お得度高く機種変更をすることを考えるのであれば、期間内の解約や機種変更はなるべく避けましょう。
・タダで機種変更キャンペーン
iPhone 6s Plus を下取りに出した場合、iPhone7の32GBと128GB、iPhone7 plusの32GBをタダで手に入れることができます。
※その他の機種を下取りに出す場合でも、下取り対象機種であり、機種の状態が良好であることは必須です。
iPhone:最大3万6000円
アンドロイド:最大9,600円
特典の受け取り方法としては、下取りプログラム(乗りかえ)と同様に、
・通信料金から割引(24か月間に渡り分割して割引を実施)
・ソフトバンクカードチャージ(割引額の総額相当のプリペイドバリューを一括で付与)
・割引総額に相当する額を、商品券やポイントにて付与
・指定機種購入と同時に下取りに出す場合、本体の分割支払金から割引(24か月間に渡り分割して割引を実施)
等いくつかの選択肢の中から選ぶことができます。

【ドコモ】

docomo Online Shop
・下取りプログラム
ドコモの下取りプログラムにて下取りを実施してくれる機種は、主にドコモスマートフォンやドコモ携帯となるようです。
ちなみにドコモ端末であれば、ほぼ全ての端末が対象となるそうなので、長期に渡りスマートフォンや携帯を使用している人でも、このプログラムの対象となることは十分に考えられます。
ちなみに他社のスマートフォンの下取りも実施してくれますが、その場合は下取り価格が若干低下します。
ドコモでお得度高く機種変更を行なうためには、下取りに出す機種が、ドコモで購入をした機種となるわけです。
iPhone:最大3万0000円
アンドロイド:最大3万0000円
※下取りは郵送にて行なうことにより、若干価格が低下するので、店頭にて下取り手続きを行なわれることがおすすめです。
一言に下取りプログラムと言っても、下取り価格はもちろんのこと、対象機種やキャンペーン内容が大きく異なるものです。
MNP乗り換えによりiPhone7への機種変更を考える場合はとくに、各社のキャンペーンのお得度にも注目されると良いでしょう。
iPhone:最大3万0000円
アンドロイド:最大3万0000円

破損スマホの下取りについて

broken-72161_640

ソフトバンクでは、破損をしたスマホや携帯などを、最大9,000ポイント(Tポイント)にて引き取ってくれる、故障端末買取キャンペーンを実施しています。
※キャンペーン適用には対象機種であることが必須です。
しかし、他社では故障してしまった端末については下取り不可となります。
※保険に加入している場合であれば、修理してから下取りに出すという手もあります。
もし破損がひどく、キャリアで引き取ってもらうことができない端末があるのであれば、下取り価格に期待は持てませんが、家電量販店や中古買い取り専門業者などにて下取りに出すと良いでしょう。
ちなみに少しでも下取り価格を高めることを考えるのであれば、購入時に本体が入っていた箱や、取扱い説明書などの付属品まで全て保管しておき、下取り時に一緒に出すことがおすすめです。
また、破損がひどい状態であったとしても、出来る限り本体をティッシュで拭くなどして綺麗にするだけでも、下取り価格は変わってくるそうなので、是非この辺りも忘れないようにしておきましょう。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

3.キャリア別クーポン券を使用する

国内三大キャリアからは、お得に機種変更ができるクーポン券の配布が行なわれています。このクーポン券には、MNP乗り換え時に使用できるものもあるそうです。
もちろん、キャリア間の機種変更時に使用できるものもあり、クーポン券での割引は、キャンペーンの割引とは別途行なわれることになるため、大変お得に機種変更ができるようになります。
クーポン券が配布される人は、現在・過去問わずにクーポン発行元のキャリアにて、長期契約を行なっていた人だと言われています。
もしかするとあなたの自宅にも、家族の人の名前にてハガキや封筒により、クーポンが届いているかもしれませんよ。早速チェックしてみましょう。

クーポンはオークションで購入できる?

キャリア別クーポンが自宅に届かない・・・。そのような人の中には、オークションで購入する人もいるそうです。
ただし、オークションは不安がつきものですし、ましてやクーポンを購入することなんて考えられないという人もいるかもしれません。
まずは家族間でクーポンを受け取った人がいないかを探る方が、先決であると言えるでしょう。

4.クレジットカード決済を行なう

credit-card-1591492_960_720

iPhone7/iPhone7Plusを間接的にお得に手に入れる方法。そこには、クレジットカード決済も含まれることでしょう。
iPhone7は、とっても高額な機種です。キャリア分割を利用せずに、クレジットカードにて一括支払いを行なうなんて場合には、クレジットカード独自のポイントを受け取ることができます。
クレジットカードのポイントは、商品券などに交換できるケースも多々あるため、この方がお得度は高いと言う人も少なくはありません。
ただし、分割機能やリボ払いなどにより手数料が発生してしまようなことになれば、クレジットカード決済は決してお得であるとは言えません。
あくまで一括支払いを行なえる場合であれば・・・。ということになってしまいます。もし、一括支払いが難しいと言うような場合は、キャリア分割を利用して、無理なく支払いを完了させるようにしていきましょう。

キャリア別クレジットカードが取り扱われている

国内三大キャリアからは、キャリア別クレジットカードの取扱いが行なわれています。キャリア別クレジットカードのメリットは、キャリアポイントを効率的に貯めることができると言った点にあります。
さらに、飲食店などで使用することにより、一定の割引が実施されることもあるそうです。
各社のクレジットカードは以下のように異なる名称がついているようです。
・au:auウォレットカード
・ソフトバンク:ソフトバンクカード(プレミアム)
・ドコモ:dカード
ちなみにポイント付与率を高めるには、個々のカードを通して、月々の通信費を支払う必要があります。
普段から高額な通信費の支払いを行なっている人や、家族皆で同じキャリアにて契約をしているなんて人の場合は、クレジットカード支払いも検討されてみると良いのではないででしょうか?
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
 
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

5.株主優待を利用する

国内三大キャリアからは、株主の方が限定で使用できる、株主優待クーポンも用意しているようです。通常のクーポンが届かない人や、通常のクーポンとは異なる時期に機種変更をと考える人には、株主優待クーポンの使用もおすすめです。
ただし、優待欲しさに株に手を出すのはNGです!株主優待クーポンもオークションなどで取引されているケースがあるようなので、そちらをチェックされると良いでしょう。
しかしながら、異なるクーポンとの併用は不可となっているようです。割引率の良いクーポンの使用を優先にして、株主優待クーポンの割引率が高い場合にのみ使用されることをおすすめします。
ちなみに、各種クーポンには使用期限が記載されているので、クーポンをオークションなどで購入される際にも、必ず使用期限については確認するようにしておきましょう。

6.友達を紹介してキャッシュバックをゲットする

smartphone_girl01

友達を紹介することで、キャッシュバックを得られるキャンペーンが実施されていることもあります。
ちなみに、MNP乗り換えによる機種変更後に、国内三大キャリアのスマホや、キャリア携帯取扱い店にて友人を紹介する場合、キャリアで実施しているキャンペーンの割引にプラスして、店舗毎に実施しているキャッシュバックを受け取ることができるケースもあります。
iPhone7に機種変更後に、友人が機種変更を考えているなんてことになれば、友人紹介キャンペーンを利用して機種変更をしてくれないか、友達に確認されてみてはいかがでしょうか?

7.抱き合わせ契約でお得に

機種変更をお得に行ないたいと考えるのであれば、抱き合わせ契約もおすすめです。
抱き合わせ契約とはiPhone7と同時に、もう一台スマホを購入することや、iPadなどを購入することにより、iPhoneをお得に購入できるという契約方法です。
抱き合わせ契約により、キャッシュバック率が高まることも多々あります。要するに、何でもまとめて購入した方が、割引率も高まりお得になるケースが多々あるということです。
もともとiPadなどの周辺機器の購入を考えていたなんて人には、このような契約方法がおすすめです。
ちなみに、抱き合わせ契約は、店舗毎に実施されているキャンペーン内容によって、何を一緒に購入すれば良いかなどの条件が全く異なります。さらにキャッシュバック率の高低も、キャンペーン内容によって、異なるものです。
抱き合わせ契約によりお得にiPhone7へ機種変更を考えるのであれば、Twitterなどでもキャンペーン情報が随時更新されているようケースも多いので、空き時間にSNSを活用して確認されてみるとよいでしょう。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 

キャリア端末のiPhone7の価格

iphone7black1211
au、ソフトバンク、ドコモ国内三大キャリアから発売される、iPhone7とiPhone7 plusにおける、キャリア端末の価格が発表されました!
新規契約時と単なる機種変更時では、購入価格が異なるようです。
ドコモからは、まだキャリアショップでの販売価格は発表されていませんが、オンラインショップでの価格は発表されているためご紹介しておきます。

【iPhone7】

au端末(新規契約時)

  • 32ギガ:7万9200円(実質1万800円)
  • 128ギガ:9万720円(実質2万2320円)
  • 256ギガ:10万2600円(実質3万4200円)

au端末(機種変更時)

  • 32ギガ:7万9200円(実質2万520円)
  • 128ギガ:9万720円(実質3万2040円)
  • 256ギガ:10万2600円(実質4万3920円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

  • 32ギガ:8万8080円(実質1万800円)
  • 128ギガ:9万9840円(実質2万2320円)
  • 256ギガ:11万1840円(実質3万4200円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

  • 32ギガ:8万8080円(実質2万520円)
  • 128ギガ:9万9840円(実質3万2040円)
  • 256ギガ:11万1840円(実質4万3920円)

ドコモ端末(新規契約時)オンラインショップ価格

  • 32ギガ:8万2296円(実質2万6568円)
  • 128ギガ:9万3960円(実質3万8232円)
  • 256ギガ:10万5624円(実質4万9869円)

ドコモ端末(機種変更時)オンラインショップ価格

  • 32ギガ:8万2296円(実質2万6568円)
  • 128ギガ:9万3960円(実質3万8232円)
  • 256ギガ:10万5624円(実質4万9869円)

【iPhone7 plus】

au端末(新規契約時)

  • 32ギガ:9万2880円(実質2万4480円)
  • 128ギガ:10万4760円(実質3万6360円)
  • 256ギガ:11万6640円(実質4万8240円)

au端末(機種変更時)

  • 32ギガ:9万2880円(実質3万4200円)
  • 128ギガ:10万4760円(実質4万6080円)
  • 256ギガ:11万6640円(実質5万7960円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

  • 32ギガ:9万9840円(実質2万4480円)
  • 128ギガ:11万4000円(実質3万6360円)
  • 256ギガ:12万6000円(実質4万8240円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

  • 32ギガ:9万9840円(実質3万4200円)
  • 128ギガ:11万4000円(実質4万6080円)
  • 256ギガ:12万6000円(実質5万7960円)

ドコモ端末(新規契約時)

  • 32ギガ:9万6552円(実質4万176円)
  • 128ギガ:10万8216円(実質5万1840円)
  • 256ギガ:11万9880円(実質6万3504円)

ドコモ端末(機種変更時)

  • 32ギガ:9万6552円(実質4万176円)
  • 128ギガ:10万8216円(実質5万1840円)
  • 256ギガ:11万9880円(実質6万3504円)

こうして比較してみると、実はiPhone7シリーズは、iPhone6シリーズと比較すると、少し安価に価格設定が行われているようです。
性能が大幅にアップしたにも関わらず、価格面が低下しているのであれば、更なる購入意欲が湧きますよね。
今回ご紹介した価格は、現在使用しているスマートフォンの下取りを実施していない場合の価格になります。
そのため、現在使用しているスマートフォン(iPhone7への機種変更前の機種)がiPhoneシリーズの場合や、比較的新しく人気の高いスマートフォンを下取りに出すともなれば、実質ゼロ円購入も夢じゃないと言えるでしょう。
このように「実質ゼロ円」での購入がNGとされている今でも、お得に機種変更をする方法はあるんですね。

まとめ

image

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 
今回は、これからiPhone7へ機種変更を考える人のための、誰より得するための7つのコツについてご紹介しました。
iPhone7の発売が間近になった今、お得に機種変更をするコツについては、頭に入れておきたいところです!
それでは、今回のコラム内容を一度振り返ってみましょう。
・1.MNP乗り換えを行なう
お得に機種変更を行なうのであれば、MNP乗り換えを活用することもおすすめです。とくにキャリアポイントの保有率が低い人は、MNP乗り換えも検討してみましょう。
・2.機種変更前の機種は下取りに出す
iPhone7を使用する前の機種は、下取りに出すことがおすすめ。タンスに眠ったままにしておいてはもったいないので、iPhone7購入時のお得度を高めるためにも、下取りに出してみてはいかがでしょうか?
・3.キャリア別クーポン券を使用する
キャリア別クーポン券を使用すると、各種キャンペーンなどとは別に割引が実施されるので、お得に契約できるようになります。
自宅に届いたクーポン券はすぐに捨てないで、使用期限までは保管しておきましょう。
・4.クレジットカード決済を行なう
iPhone7の代金をクレジット決済にすることで、請求に応じたポイントが付与されます。また、キャリアと提携しているカードを使用することで、更なる高ポイントが付与されるのでおすすめです。
・5.株主優待を利用する
株主の方は、お得な優待クーポンが発行されているはずです。クーポンの併用はできませんが、お得なクーポンは是非役立てていきましょう。
・6.友達を紹介してキャッシュバックをゲットする
友達を紹介することにより、キャッシュバックが受け取れるケースもあります。上手くキャリアのキャンペーンも利用すれば、二重でキャッシュバックを受け取れるなんてこともありますので上手に活用しましょう。
・7.抱き合わせ契約でお得に
iPhone7購入時に、周辺機器の購入まで考えている人は、抱き合わせ契約がおすすめです。抱き合わせ契約により、iPhone7のキャッシュバック率は高まる一方です。
いかがでしたか?最新機種を購入する場合であっても、お得な購入方法はたくさんあるものです。
誰よりもお得に機種変更をすることを考えるのであれば、少しでもあなたにとって有利な条件にて契約できるようにしていきましょう。
ちなみに、まだ現在では情報が掲載されていませんが、iPhoneシリーズと言えば三大キャリアでも販売促進により、お得なキャンペーンなどが実施される傾向にあります。
機種変更で誰よりも得するためには、このようなキャンペーンが出そろった後で契約をすることもまた、一つの賢い選択肢であると言えるでしょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-iPhone7, 機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.