iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7 MNP

iPhone7に乗り換え/買い替えで、一番お得に契約するための全知識

投稿日:

先日行われたAppleのスペシャルイベントの中で、新型iPhoneとなるiPhone7の発表が行われました。今回のモデルチェンジで防水機能が搭載されたり、電子マネーに対応するなど、現在のiPhoneユーザーだけではなく、Androidスマホを利用している方も気になっているという方も多いのではないでしょうか。
これまでのモデルの価格設定などを見ていると、同一キャリア内で機種変更をするよりは、他社への乗り換えにより買い替えをした方が安くなるという傾向にあります。そのため、iPhone7をお得に購入するなら他社への乗り換えにより買い替えた方が良いといえるでしょう。
ここでは、乗り換えによる買い替えでお得になる方法を紹介しています。iPhone7を少しでも安く購入したいとお考えの方はここで紹介する内容を確認しつつ、キャンペーンなどをしっかりと確認しておくと良いでしょう。
 

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone7/iPhone7Plusのスペック

iphone7black1211
発表されたばかりのiPhone7ですが、まずはiPhone7のスペックや概要についておさらいしておきたいと思います。

◇iPhone7

カラーバリエーション:ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
サイズ:幅67.1mm × 高さ138.3mm × 厚さ7.1mm
重量:138 g
ディスプレイサイズ:4.7インチ
ディスプレイ解像度:1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
チップ:64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ 組み込み型M10モーションコプロセッサ
容量:32GB、128GB、256GB
カメラ:12メガピクセル 最大5倍のデジタルズーム
FaceTime HDカメラ:7メガピクセル
連続通話時間:3Gで最大14時間
連続待受時間:最大10日間
Touch ID:ホームボタン内臓の指紋認証センサー搭載
防水、防塵:IEC規格60529にもとづくIP67等級

◇iPhone7 Plus

カラーバリエーション:ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
サイズ:幅77.9mm × 高さ158.2mm × 厚さ7.3mm
重量:188 g
ディスプレイサイズ:5.5インチ
ディスプレイ解像度:1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi
チップ:64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ 組み込み型M10モーションコプロセッサ
容量:32GB、128GB、256GB
カメラ:12MP広角カメラと12MP望遠カメラ 2倍光学ズーム 最大10倍のデジタルズーム
FaceTime HDカメラ:7メガピクセル
連続通話時間:3Gで最大14時間
連続待受時間:最大10日間
Touch ID:ホームボタン内臓の指紋認証センサー搭載
防水、防塵:IEC規格60529にもとづくIP67等級
iPhone7はiPhone6同様に4.7インチ液晶を搭載したモデルと5.5インチ液晶を搭載した「Plus」モデルの2モデル展開となりました。見た目で大きく変わった点として、iPhone7 Plusのカメラは12メガピクセルの広角レンズと12メガピクセルの望遠レンズのデュアルレンズカメラになりました。これにより光学ズームだけで2倍にズームできるため、遠くにある被写体も今まで以上に鮮明に撮影できるようになりました。
また、防水・防塵に対応したため、急な雨の日やアウトドアでの利用も心配をする必要がなくなりました。また、CPUはA9からA10に変更されたことで、iPhone6に比較すると2倍にも高速になっています。これらスペックの向上や付加された機能を見ているだけで、現行モデルのiPhone6sやiPhoneSEを利用していても買い替えたくなるほど魅力的ですね。

乗り換えで買い替えて得をする方法1「毎月の割引額が高額になる」

money2

乗り換えで買い替えて得をする方法1つ目として毎月の割引額が高額になるというものがあります。これは、2年間継続して利用することを前提として機種代金から毎月一定額を割り引くという制度になっており、ドコモ、auそしてソフトバンクそれぞれ設定金額が異なります。以下はドコモ、au、ソフトバンクのiPhone6s 16GBモデルの料金になります。

ドコモの本体価格と毎月の割引金額

◇iPhone6sの料金(機種変更の場合)

本体価格:3,888円/月×24回
分割支払総額:93,312円
月々サポート:-2,565円/月×24回
月々サポート合計金額:61,560円
実質負担金:31,752円

◇iPhone6sの料金(他社からの乗り換え(MNP)の場合)

本体価格:3,888円/月×24回
分割支払総額:93,312円
月々サポート:-3,240円/月×24回
月々サポート合計金額:77,760円
実質負担金:15,552円

auの本体価格と毎月の割引金額

◇iPhone6sの料金(機種変更の場合)

本体価格:3,510円/月×24回
分割支払総額:84,240円
毎月割:-2,435円/月×24回
月々サポート合計金額:58,440円
実質負担金:25,800円

◇iPhone6sの料金(他社からの乗り換え(MNP)の場合)

本体価格:3,510円/月×24回
分割支払総額:84,240円
月々サポート:-3,060円/月×24回
月々サポート合計金額:73,440円
実質負担金:10,800円

ソフトバンクの本体価格と毎月の割引金額

◇iPhone6sの料金(機種変更の場合)

本体価格:3,900円/月×24回
分割支払総額:93,600円
毎月割:-2,835円/月×24回
月々サポート合計金額:68,040円
実質負担金:25,560円

◇iPhone6sの料金(他社からの乗り換え(MNP)の場合)

本体価格:3,900円/月×24回
分割支払総額:93,600円
月々サポート:-3,450円/月×24回
月々サポート合計金額:82,800円
実質負担金:10,800円
このように、ドコモ、au、ソフトバンクでiPhoneの本体価格は設定されているものの、毎月の割引額が機種変更と他社からの乗り換えそれぞれにことなる金額が設定されており、機種変更に比較すると他社からの乗り換えの方が優遇される傾向にあります。
iPhone7も同様に他社からの乗り換えによる購入が優遇されることになります。他社への乗り換えによるiPhone7の購入を検討する場合には、各社で発表される本体価格のみの比較ではなく毎月の割引金額も比較する必要があります。
そして、先日大手キャリアから発表されたiPhone7の価格は以下のようになります。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ドコモの販売価格

◇iPhone7(新規・機種変・MNP)

iPhone 7 32GB 128GB 256GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
3,429円/月
(82,296円)
3,915円/月
(93,960円)
4,401円/月
(105,624円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,322円/月
(-55,728円)
-2,322円/月
(-55,728円)
-2,322円/月
(-55,728円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,107円/月
(26,568円)
1,593円/月
(38,232円)
2,079円/月
(49,896円)

◇iPhone7 Plus(新規・機種変・MNP)

iPhone 7 Plus 32GB 128GB 256GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
4,023円/月
(96,552円)
4,509円/月
(108,216円)
4,995円/月
(119,880円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,349円/月
(-56,376円)
-2,349円/月
(-56,376円)
-2,349円/月
(-56,376円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,674円/月
(40,176円)
2,160円/月
(51,840円)
2,646円/月
(63,504円)

auの販売価格

◇iPhone7

機種変更 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
3,300円×24ヶ月
(79,200円)
3,780円×24ヶ月
(90,720円)
4,275円×24ヶ月
(102,600円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
2,445円×24ヶ月
(58,680円)
2,445円×24ヶ月
(58,680円)
2,445円×24ヶ月
(58,680円)
実質負担額
(実質負担額総額)
855円×24ヶ月
(20,520円)
1,335円×24ヶ月
(32,040円)
1,830円×24ヶ月
(43,920円)

 

乗り換え(MNP) 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
3,300円×24ヶ月
(79,200円)
3,780円×24ヶ月
(90,720円)
4,275円×24ヶ月
(102,600円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
2,850円×24ヶ月
(68,400円)
2,850円×24ヶ月
(68,400円)
2,850円×24ヶ月
(68,400円)
実質負担額
(実質負担額総額)
450円×24ヶ月
(10,800円)
930円×24ヶ月
(22,320円)
1,425円×24ヶ月
(34,200円)

 

◇iPhone7 Plus

機種変更 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
3,870円×24ヶ月
(92,880円)
4,365円×24ヶ月
(104,760円)
4,860円×24ヶ月
(116,640円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
2,445円×24ヶ月
(58,680円)
2,445円×24ヶ月
(58,680円)
2,445円×24ヶ月
(58,680円)
実質負担額
(実質負担額総額)
1,425円×24ヶ月
(34,200円)
1,920円×24ヶ月
(46,080円)
2,415円×24ヶ月
(57,960円)

 

乗り換え(MNP) 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
3,870円×24ヶ月
(92,880円)
4,365円×24ヶ月
(104,760円)
4,860円×24ヶ月
(116,640円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
2,850円×24ヶ月
(68,400円)
2,850円×24ヶ月
(68,400円)
2,850円×24ヶ月
(68,400円)
実質負担額
(実質負担額総額)
1,020円×24ヶ月
(24,480円)
1,515円×24ヶ月
(36,360円)
2,010円×24ヶ月
(48,240円)

ソフトバンクの価格

◇iPhone7

機種変更 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
3,670円×24ヵ月
(88,080円)
4,160円×24ヵ月
(99,840円)
4,660円×24ヵ月
(111,840円)
月月割
(最大2年間総額)
-3,220円×24ヵ月
(-77,280円)
-3,230円×24ヵ月
(-77,520円)
-3,235円×24ヵ月
(-77,640円)
実質負担額
(実質負担額総額)
450円×24ヵ月
(10,800円)
930円×24ヵ月
(22,320円)
1,425円×24ヵ月
(34,200円)

 

乗り換え(MNP) 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
3,670円×24ヵ月
(88,080円)
4,160円×24ヵ月
(99,840円)
4,660円×24ヵ月
(111,840円)
月月割
(最大2年間総額)
-2,815円×24ヵ月
(-67,560円)
-2,825円×24ヵ月
(-67,800円)
-2,830円×24ヵ月
(-67,920円)
実質負担額
(実質負担額総額)
855円×24ヵ月
(20,520円)
1,335円×24ヵ月
(32,040円)
1,830円×24ヵ月
(43,920円)

 

◇iPhone7 Plus

機種変更 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
4,160円×24ヵ月
(99,840円)
4,750円×24ヵ月
(114,000円)
5,250円×24ヵ月
(126,000円)
月月割
(最大2年間総額)
-3,140円×24ヵ月
(-75,360円)
-3,235円×24ヵ月
(-77,640円)
-3,240円×24ヵ月
(-77,760円)
実質負担額
(実質負担額総額)
1,020円×24ヵ月
(24,480円)
1,515円×24ヵ月
(36,360円)
2,010円×24ヵ月
(48,240円)

 

乗り換え(MNP) 32GB 128GB 256GB
分割支払金
(支払い総額)
4,160円×24ヵ月
(99,840円)
4,750円×24ヵ月
(114,000円)
5,250円×24ヵ月
(126,000円)
月月割
(最大2年間総額)
-2,735円×24ヵ月
(-65,640円)
-2,830円×24ヵ月
(-67,920円)
-2,835円×24ヵ月
(-68,040円)
実質負担額
(実質負担額総額)
1,425円×24ヵ月
(34,200円)
1,920円×24ヵ月
(46,080円)
2,415円×24ヵ月
(57,960円)

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

乗り換えで買い替えて得をする方法2「乗り換えによる下取りプログラムを利用する」

desk-691808_960_720

乗り換えで買い替えて得をする方法2つ目として下取りプログラムを利用するという方法があります。買い替えをする場合、これまで利用していたiPhoneまたはAndroidスマホなどの端末を乗り換え先のキャリアに下取りしてもらうことで、下取りに出した端末の下取り金額相当の割引を受けることがきます。以下はドコモ、au、ソフトバンクの下取りプログラムの詳細となります。

ドコモ下取りプログラム

◇適応条件

・ドコモの携帯電話などを購入する際にこれまで使用していた携帯電話などを下取りに出すこと
・dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入すること
・下取り条件を満たしていること

◇下取り条件

・下取り申込み機種が正規店で購入されたものであり、その購入において不備・不正や携帯電話機購入代金の未払いがないこと
・下取り申込み機種に故障、水濡れ、著しい外観破損がないこと
・下取り申込み機種に記録されているメモリ・データが消去できること
・改造していないこと
・申込者が下取り申込み機種の所有権を有していること
・電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと
・他社対象機種の下取りについては、当社販売機種のご購入1台につき、ご購入翌月末までに1台を下取り可能とすること
・他社対象機種の下取りについては、前回の下取りプログラム受付から3か月以上経過していること

◇下取り金額

・ドコモ販売のiPhoneの場合

下取り対象機種 下取り価格
iPhone 6s Plus 30,000円
iPhone 6s 27,000円
 iPhone 6 Plus  25,000円
 iPhone 6  22,000円
 iPhone 5s  11,000円
 iPhone 5c  6,000円

・ドコモ以外が販売したiPhoneの場合

下取り対象機種 下取り価格
iPhone 6s Plus 30,000円
iPhone 6s 27,000円
iPhone 6 Plus 25,000円
 iPhone 6  22,000円
 iPhone 5s  11,000円
 iPhone 5c  6,000円
 iPhone 5  1,000円
 iPhone 4S  1,000円
 iPhone 4  500円
 iPhone 3GS  500円
iPhone 3G 500円

・ドコモAndroidスマホなど

下取り対象機種 下取り価格
arrows NX F-02H 22,000円
Galaxy S6 SC-05G 22,000円
AQUOS ZETA SH-01H 22,000円
XperiaTM Z5 SO-01H 22,000円

・ドコモ以外発売のAndroidスマホなど
au

下取り対象機種 下取り価格
Galaxy Note Edge 22,000円
Xperia Z3 22,000円
Xperia Z4 SOV31 22,000円
Galaxy S6 edge SCV31 22,000円
Xperia Z5 SOV32 22,000円
Galaxy A8 SCV32 22,000円
 Galaxy S5  17,000円
 HTC J butterfly HTL23  17,000円
 Galaxy Note 3  11,000円

ソフトバンク

下取り対象機種 下取り価格
Xperia Z3 22,000円
AQUOS Xx2 22,000円
Nexus 6P 22,000円
Xperia Z5 22,000円
Xperia Z4 22,000円
Galaxy S6 edge 22,000円
AQUOS Xx2 mini 11,000円
AQUOS Xx 404SH 11,000円
AQUOS CRYSTAL 2 11,000円

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

au下取りプログラム

◇適応条件

他社から乗り換えと同時に、iPhoneを購入する場合になります。
以下のような状況の場合には下取りしてもらえない場合もあるため注意が必要です。
・電源が入らない
・充電を行っても充電ランプが点灯しない
・暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
・水濡れシールに水濡れ反応がある
・造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合
・ご契約者が下取り対象機種の所有権を有さない端末
・ネットワーク利用制限(不正契約・不正取得端末利用制限)されている端末(各社「ネットワーク利用制限」ホームページより確認可能)

◇下取り金額

・iPhoneシリーズ

 下取り対象機種  本体価格からの還元額  利用料金からの割引額
iPhone 6s Plus 128GB 最大 35,640円  最大 1,485円 × 最大 24回
iPhone 6s 128GB 最大 32,400円 最大 1,350円 × 最大 24回
 iPhone 6  Plus  最大 27,000円  最大 1,125円 × 最大 24回
 iPhone 6  最大 24,840円 最大 1,035円 × 最大 24回
 iPhone 5s  最大 22,680円  最大 945円 × 最大 24回
 iPhone 5c  最大 17,280円  最大 720円 × 最大 24回
 iPhone 5  最大 5,400円  最大 225円 × 最大 24回
 iPhone 4s  最大 3,240円  最大 135円 × 最大 24回
 iPhone 4  最大 3,240円 最大 135円 × 最大 24回
 iPhone 3GS/3G  最大 3,240円 最大 135円 × 最大 24回

 
・Androidスマートフォンなど

 下取り対象機種 本体価格からの還元額 利用料金からの割引額
Xperia Z5 最大32,400円 最大1,350円×最大24回
Xperia  Z4/A4 最大21,600円 最大900円×最大24回
Xperia Z3 最大21,600円 最大900円×最大24回
Xperia Z2/A2 最大16,200円 最大675円×最大24回
Xperia Z1/Z1f 最大10,800円 最大450円×最大24回
Xperia Z/A 最大10,800円 最大450円×最大24回
 Galaxy S7 edge  最大32,400円 最大1,350円×最大24回
Galaxy Active neo 最大21,600円  最大900円×最大24回
Galaxy S6 最大21,600円  最大900円×最大24回
Galaxy S6 edge 最大21,600円  最大900円×最大24回
Galaxy Note Edge 最大21,600円  最大900円×最大24回
Galaxy S5 Active 最大21,600円  最大900円×最大24回
Galaxy S5 最大16,200円  最大675円×最大24回
Galaxy Note 3 最大16,200円  最大675円×最大24回
Galaxy J 最大10,800円  最大450円×最大24回
 Galaxy Note 2  最大10,800円  最大450円×最大24回
 Galaxy S4  最大8,640円  最大360円×最大24回
その他 最大8,640円  最大360円×最大24回

 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

ソフトバンクのりかえ下取りプログラム

◇適応条件

・他社からの乗り換えと同時にソフトバンクのiPoneを購入する
・「通話し放題プラン/通話し放題ライトプラン」+「データ定額パック」または「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット」へ加入する
・MNPの翌月末までに下取りの申し込みをする
・下取り対象機種が正規に購入されていること
・申し込みする方が下取り対象機種の所有権を保有していること
・製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと
以下の場合には下取りしてもらえない場合もあるため注意が必要となります。
・電源が入らない(スリープボタンが正常に機能しない)
・初期化されていない。各種ロックが解除されていない。
iPhone7発売以降は、iPhone6sやiPhoneSEも下取り対象となるため、現行モデルを利用中の方であっても各キャリアが提供している下取りプログラムを活用することでお得にiPhone7を購入することができるでしょう。

◇下取り金額

・iPhoneシリーズ

下取り対象機種 特典金額 毎月の割引金額
iPhone 6s Plus 26,400円 1,100円×24回
iPhone 6s 24,000円 1,000円×24回
 iPhone 6 Plus  21,600円  900円×24回
 iPhone 6  21,600円  900円×24回
 iPhone 5s  21,600円  900円×24回
 iPhone 5c  7,200円 300円×24回
 iPhone 5  4,800円  200円×24回
 iPhone 4s  2,400円  100円×24回

 
・Androidスマートフォンなど

下取り対象機種 特典金額 毎月の割引金額
 Android 搭載スマートフォン
一部機種
 21,600円 900円×24回
 その他の
Android 搭載スマートフォン
9,600円 400円×24回
 従来型携帯(ケータイ)・PHS  9,600円  400円×24回

特典金額が21,600円になる「一部機種」に該当する機種以下になります。
Xperia™ ZL2、Xperia™ Z2、Xperia™ Z3、Xperia™ Z4、Xperia™ Z5、Xperia™ X Performance、Galaxy S5、Galaxy Note Edge、Galaxy S6 edge、Galaxy S6、Galaxy S7 edge、Galaxy Active neo、Galaxy A8、Nexus 5X、HTC 10

乗り換えで買い替えて得をする方法3「SIMフリーへ乗り換える」

-shared-img-thumb-UNI85_SIMkoukan15002417_TP_V

iPhoneの場合、ドコモやau、ソフトバンクの他にAppleStoreで販売しているSIMフリーのiPhoneもあります。最近は利用している方も多くなっている格安SIMですが、この格安SIMとAppleStoreで販売されているSIMフリーiPhone7を組み合わせて使うという方法もあります。

◇SIMフリーiPhone7の価格

・アップルオンラインストアでのiPhone7販売価格

32GB:72,800円
128GB:83,800円
256GB:94,800円

・アップルオンラインストアでのiPhone7Plus販売価格

32GB:85,800円
128GB:96,800円
256GB:107,800円
AppleStoreでのiPhone7/iPhone7 Plusの販売価格は以上のようになります。端末代金は購入時に一括で支払うことになるため、それ以降は通信料金のみを支払うということになります。格安SIMの料金として楽天モバイルの通りん料金を以下で紹介します。

◇楽天モバイルの通信料金

・通話SIM

プラン名称 通信料金 通信速度
ベーシックプラン 1,250円 200Kbps
3.1GBプラン 1,600円 下り最大:262.5Mbps
上り最大:50Mbps
5GBプラン 2,150円 下り最大:262.5Mbps
上り最大:50Mbps
10GBプラン 2,960円 下り最大:262.5Mbps
上り最大:50Mbps

通話料金は20円/30秒で発生します。
 
・データ通信のみSIMの場合

プラン名称 通信料金 通信速度
ベーシックプラン 525円 200Kbps
3.1GBプラン 1,020円 下り最大:262.5Mbps
上り最大:50Mbps
5GBプラン 1,450円 下り最大:262.5Mbps
上り最大:50Mbps
10GBプラン 2,260円 下り最大:262.5Mbps
上り最大:50Mbps

格安SIMとSIMフリーiPhone7を組み合わせて使うと、毎月の通信料金が千円台で済む可能性もあります。ドコモやau、ソフトバンクの料金プランのように音声通話料金は定額とはなりませんが、音声通話の発信の頻度が高くない場合や、LINEなどのアプリ通話を利用することで通信料金をお得にすることができるでしょう。

まとめ

ここまで、iPhone7に乗り換えで買い替えてお得になる方法を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
お得に購入するなら、大手3キャリアから発表されるiPhone7の本体価格ばかりではなく、ここで紹介したように割引額も含めて考える必要があります。
 
大手キャリアでiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 
また、大手3キャリアのほかに格安SIMに乗り換えてとSIMフリーiPhone7に買い替えることでお得に利用するという方法もあります。
使い方によってはSIMフリーで運用した方がお得になる場合もあるため、iPhoneの買い替えあるいはAndroidスマホからiPhone7へ買い替えを検討している方も、ここで紹介した内容を参考にしつつ、お得にiPhone7を購入していただけたらと思います。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-iPhone7, MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.