iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7 MNP

「iPhone7 MNP一括0円」もどきを契約するために必要な5つの方法

投稿日:

従来のモデルよりも圧倒的に魅力がUPしたと言われる、iPhone7がついに発売されますね!iPhone7の予約を既に行なった!なんて人もいるのでは?
ちなみに最近では、スマホ購入時の一括0円での契約がNGとなりましたね。しかし、『あらゆる方法を駆使することで、ほぼほぼ一括0円で契約できる』、「iPhone7 MNP一括0円」もどきの契約方法があるんです。
最新機種の一括0円での購入!とっても魅力的ですよね。あなたもこのコラムを読めば、きっとお得度の高い契約ができるはず!?今回は、「iPhone7 MNP一括0円」もどきを契約するために必要となる、そんな方法についてご紹介していきます。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

-1.割引クーポン+MNPキャンペーン+下取り

iphone7black1245a
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
携帯会社から発行される、一定額の割引クーポンについて御存知でしょうか?

一つのキャリアで長期契約をしている家族がいる場合などは、お得に機種変更できるクーポンが自宅に配送されるそうです。
とくにauでは、10,000円や20,000円もの割引を実施してくれる、そんなクーポンが発行されているんですよ。
発行されているクーポンの中には
・キャリア間の機種変更時のみ使用できるもの
・新規契約やMNP含む機種変更時に使用できるもの
上記のように、種類分けされています。
MNP乗り換え時は、上手くキャンペーンを利用することにより、お得に機種変更ができるようになっていますよね。このキャンペーンとクーポンの割引は、併用できるケースもあり!更に、前に使用していた機種を下取りに出すことにより、高額な割引が実施されます。
割引クーポン+MNPキャンペーン+下取り、この3つの条件を満たすことにより、最新機種であるiPhone7購入時のMNP一括0円もどきも現実のものに!
「iPhone7 MNP一括0円」もどきにて契約を考えるのであれば、上記が最も熱いと言えるのではないでしょうか?
お得なクーポンはauのみならず、ソフトバンクやドコモからも発行されています。まずは家族内でこのようなクーポンを受け取っている人がいないかを確認して、もしクーポンを所持している人がいるのであれば、是非そのクーポンを1枚譲ってもらいましょう。

-2.MNP関連のキャンペーンは?

現在利用できる、国内三大キャリアの中から出ている、MNP関連のキャンペーンは以下の通りです!

【au】

au
au Online Shop

・いいオトモスピーカーが必ずもらえる!

2016年9月16日〜2016年9月19日までにiPhone7を購入するか、2016年9月9日〜2016年9月19日の間に予約をして、2016年10月31日までにiPhone7を購入することにより、Bluetooth対応のスピーカーがもらえるそうです。しかも対象機種で上記条件さえ満たしていれば、必ずスピーカーをもらえるのが、このキャンペーンの魅力です。

・下取りプログラム(乗りかえ)

今使用しているスマホや携帯電話を、乗り換え時に下取りに出すことにより、最大32,400円の割引を実施してもらえるというプログラム!ちなみに月々の利用料から、24ヶ月に渡り、下取り機種相当分の割引が実施されることになります。
※2年を待たずして機種変更や途中解約をしてしまうと、割引総額は低下します。下取りしてくれる機種としては、状態が良好であることなどの細かな条件もあります。

【ソフトバンク】


SoftBank Online Shop

・のりかえ下取りプログラム

今使用しているスマホや携帯電話を、乗り換え時に下取りに出すことにより、最大26,400円の割引を実施してもらえるというプログラム!ちなみにソフトバンクでは、下取り機種に相当する額を、24ヶ月に渡る割引として充当するか、商品券やポイントとして還元するかなど、4種類の特典の中から選ぶことができます。
※24ヶ月に渡る割引とする場合、2年を待たずして機種変更や途中解約をしてしまうと、割引率は低下します。
更に、ソフトバンクの下取りプログラムは、他社の下取りプログラムとは内容が異なり、iPhone端末を好条件にて下取りしてくれると言うメリットがあります。ただし、下取りしてくれる機種としては、状態が良好であることなどの細かな条件もあります。

・故障端末買取キャンペーン

『のりかえ下取りプログラム』では下取りに出せない、水没を含む故障端末の買い取りを実施してくれるキャンペーンです。
最大9,000ポイントを、Tポイントにて還元してくれます。ただし、契約者が18歳未満であったり、プリペイド契約の機種であったりなど、キャンペーンの対象外となってしまう条件もいくつかあるようです。

・機種変更先取りプログラム

乗り換え時に、このプログラムに加入をしておくことにより、最短1年で機種変更を行なうことが可能になります。更に最大7ヶ月分の機種代金残額を免除してくれる、嬉しい特典もついているそうです。
ただし、13ヶ月目から18ヶ月目までに機種変更をした場合は、2,000円の前倒し手数料が発生すると言われています。ちなみにプログラムへの加入は、月々300円が必要となります。

【ドコモ】

docomo Online Shop

・秋の新スマホ予約&購入キャンペーン!①

2016年9月中に発売されるスマートフォンを、ドコモオンラインショップにて予約購入することにより、100人中1人に77,700円相当のdポイントが当たるキャンペーンです。これが当たれば、高額キャッシュバックを手に入れたも同然!高額キャッシュバックNGな時代に、このキャンペーンはとっても魅力的ですよね。
ちなみにdポイントは、月々のスマホや携帯利用料の支払いに充当することもできるんですよ!

・秋の新スマホ予約&購入キャンペーン!②

2016年9月9日(金曜)~2016年9月15日(木曜)までに、ドコモオンラインショップにて最新スマホの予約を行ない、2016年11月30日(水曜)までに対象機種を購入することにより、『秋の新スマホ予約&購入キャンペーン!』とは別途、dポイントを999万ポイントから山分けしてもらえるそうです。
ちなみに予約が殺到した場合でも、500ポイントは必ずもらえるそうですよ。iPhone7の予約を行なうなら、是非ドコモオンラインショップを活用しましょう!

・家族まとめて割

2016年9月1日(木曜)~2016年11月30日(水曜)までの間に、同時にiPhone7や対象機種を2台以上購入し、更にシェアパックに加入をすることで、その場で最大10,368円の割引を実施してもらえるというものです。
ただし、月々サポート対象のiPhoneの場合は、最大5,184円の割引になるそうです。

・ドコモにチェンジ割

2016年9月16日(金曜)~2017年1月9日(月曜)までに、他社からドコモに乗り換えを行なうだけで、最大10,200円の割引を実施してもらえるというものです。
ただし、対象料金プランに加入をする必要があることや、1年に渡り最大10,200円の割引を実施してもらえることになるので、月々の割引額としては850円になるそうです。
※割引期間中に解約をすることになると、割引総額は低下します。

・下取りプログラム

今使用しているスマホや携帯電話を、乗り換え時に下取りに出すことにより、最大30,000円の割引を実施してもらえるというプログラム!ちなみに携帯電話機の購入代金から、下取り機種相当の割引を実施してもらえることになるそうです。
下取りしてくれる機種としては、状態が良好であることなどの細かな条件もあります。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

2.高額キャッシュバック+キャンペーン+下取り

Cashback-Image

MNP乗り換えと言えば、やっぱり高額キャッシュバックの存在は欠かせません。少し前までは、5万円や6万円のキャッシュバックを出すショップがあるほど、とってもお得にMNP乗り換えが行なえていましたよね。
しかし最近では、総務省の勧告が入ったことにより、高額キャッシュバックを出せないようになってしまっています。その為、MNP乗り換えによるお得度は低下ぎみ。
ただし、ここで注目すべきポイントは、『MNP乗り換えによるお得度は低下ぎみ』であると言うこと。5万や6万と言ったキャッシュバックは期待できないものの、まだまだ高額なキャッシュバックを出している店舗は、多数存在しているのです。
そんな高額キャッシュバックを実施している店舗でMNP乗り換えによる契約を行い、そこにキャリアで実施しているキャンペーンと、下取りキャンペーンを併用することで、「iPhone7 MNP一括0円」もどきへの期待度が一気に高まります。
ちなみに、キャッシュバック率が高い店舗と言えば、国内三大キャリアの代理店か、キャリア携帯の取扱いWEBショップであると言えるでしょう。
とくにネットを母体としているWEBショップでは、人件費などの削減により、より高額なキャッシュバックを出せるようになっていると言われています。
ではここで、現在でも高額なキャッシュバックを実施しているWEBショップなどをご紹介していきましょう。実際にMNP乗り換えを行なった人たちの口コミでも人気が高い、そんなショップは下記の3つです!

おとくケータイ.NET

おとくケータイ.NETは、現在最大40,000円もの高額なキャッシュバックを実施している、ソフトバンク携帯の取扱い店です。
この店舗の1番の魅力と言えば、やはり高いキャッシュバック率にあると言えるでしょう。またこのショップはWEBショップの中では少し珍しく、複数の実店舗を構えているということです。
WEBショップだけでは不安なんて人は、実際の店舗に行き、契約内容などに関する細かな部分まで確認することができます。
更に一部地域を除き、出張販売も行なってくれることで、忙しい人でも比較的契約が行ないやすいようになっています。
ちなみにユーチューブでは、実際にどのような店舗であるかを動画にて紹介しているようなので、おとくケータイ.NETで契約を考えるのであれば、一度確認されてみるのもおすすめです。
おとくケータイ

乗り換えKING

乗り換えKINGも、ソフトバンク携帯を取扱う店舗です。この店舗の魅力は、キャッシュバックを契約完了当日に、現金にて手にすることができるということです。更に最短即日納品を可能としています。
もちろんiPhone7の在庫状況にもよるとは思いますが、今すぐにiPhone7を手に入れたいなんて人には、乗り換えKINGがおすすめです。
また『他社の方がお得!』なんて条件を見つけたら、乗り換えKINGでは、少しでもお得にMNP乗り換えが行えるように相談にのってくれるそうですよ。
ちなみに乗り換えKINGでも、一部地域を除き、訪問を実施してくれるそうです。
乗り換えKING

カメラのキタムラ

カメラのキタムラは、国内三大キャリアのスマホを、総合的に取り扱っているようです。
店舗毎に異なるキャンペーンを実施していて、ソフトバンクのみならず、三大キャリアで総合的に「iPhone7 MNP一括0円」もどきへの期待度が高いのは、この店舗であると言えます。
ちなみにカメラのキタムラのキャンペーン情報は、Twitterでも頻繁に更新されているようで、自分の欲しいスマホの情報をピンポイントにゲットすることも可能です。
iPhone7と同時に、周辺機器の購入も考えるのであれば、大手家電量販店であるカメラのキタムラがおすすめです。
カメラのキタムラ
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

3.家族で一緒に乗り換え+下取り

family

MNP乗り換えは、複数台一緒に行なうことにより、高額なキャッシュバックを期待できます。あなたはiPhone7の購入を考え、家族は他のスマホの購入を考えるなんて時でも、一緒に乗り換えを行なわれることをおすすめします。
ちなみに、同じ日にMNP乗り換えを行なわなければ、どちらか片方がちょっぴり不利な契約をさせられてしまうなんてこともあります。
『今から二台同時に乗り換えを行ないたいのだけれど、どれぐらいお得になりますか?』と、なるべくなら同時に乗り換えを行ない、少しでもお得に契約ができるように交渉してみましょう。
またもし家族が一緒に乗り換えを行なえないなんて場合でも、友人を紹介することにより、『友人を紹介してくれたお礼に、プラスアルファーのキャッシュバックを!』なんて店舗もあるようです。
ここに更に、キャリアの乗り換えキャンペーンや、前の機種の下取りキャンペーンなどを併用することにより、どんどん割引率は高まります。これはもう、限りなく「iPhone7 MNP一括0円」もどきに近づけると言えるでしょう。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

-1.iPhone7の中でも最も安い機種を購入する


iPhone7の中でも、最も安い機種を購入することで、より「iPhone7 MNP一括0円」もどきに近づけることができます。
高額なキャッシュバックを実施していた頃でも、乗り換えに関する手数料の支払いを行なうことにより、結局利用できる割引額がどんどん下がってしまい、結局実質0円にて購入できるのは新作iPhoneの中でも、一部だけとなっていたはず・・・。
更にキャッシュバック率が低下してしまった今、大容量機種を求めるよりも、「iPhone7 MNP一括0円」もどきというポイントに注目をするのであれば、iPhone7の中でも最も容量が小さく安い機種の購入がおすすめです。
使い勝手の良さに注目をするか。「iPhone7 MNP一括0円」もどきというポイントに注目をするか。これによって、購入する端末も異なることになるでしょう。

-2.iPhone7の価格は?

iPhone7シリーズは、iPhone6シリーズに引き続き、ワイドモデルの機種となりました。iPhone SEが発売されたことにより、『iPhone5の形状のモデルが蘇るのではないか?』なんて言われていましたが、そのようなことはありませんでしたね。
iPhone6シリーズに引き続き、大型のiPhone7(4.7インチ)と、超大型のiPhone7 plus(5.5インチ)の2機種が発売される予定です。
ちなみに国内三大キャリアの発売価格も出揃ったようです。iPhone7の購入を考えるのであれば、キャンペーンを活用して実質負担金がいくらになるかまで、予めチェックしておきたいところです。
auとソフトバンクでは、キャリアショップでのiPhone7とiPhone7 plus販売価格の記載があるようですが、ドコモから現在発表されているのは、オンラインショップでの価格のみのようです。オンラインショップとキャリアショップでの実質負担金は異なるようなので、参考程度に確認してみてください。
では、とっても気になる国内三大キャリアのiPhone7とiPhone7 plusの価格を、早速見ていきましょう!!

【iPhone7】

au端末(新規契約時)

・32ギガ:7万9200円(実質1万800円)
・128ギガ:9万720円(実質2万2320円)
・256ギガ:10万2600円(実質3万4200円)

au端末(機種変更時)

・32ギガ:7万9200円(実質2万520円)
・128ギガ:9万720円(実質3万2040円)
・256ギガ:10万2600円(実質4万3920円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

・32ギガ:8万8080円(実質1万800円)
・128ギガ:9万9840円(実質2万2320円)
・256ギガ:11万1840円(実質3万4200円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

・32ギガ:8万8080円(実質2万520円)
・128ギガ:9万9840円(実質3万2040円)
・256ギガ:11万1840円(実質4万3920円)

ドコモ端末(新規契約時)オンラインショップ価格

・32ギガ:8万2296円(実質2万6568円)
・128ギガ:9万3960円(実質3万8232円)
・256ギガ:10万5624円(実質4万9869円)

ドコモ端末(機種変更時)オンラインショップ価格

・32ギガ:8万2296円(実質2万6568円)
・128ギガ:9万3960円(実質3万8232円)
・256ギガ:10万5624円(実質4万9869円)

【iPhone7 plus】

au端末(新規契約時)

・32ギガ:9万2880円(実質2万4480円)
・128ギガ:10万4760円(実質3万6360円)
・256ギガ:11万6640円(実質4万8240円)

au端末(機種変更時)

・32ギガ:9万2880円(実質3万4200円)
・128ギガ:10万4760円(実質4万6080円)
・256ギガ:11万6640円(実質5万7960円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

・32ギガ:9万9840円(実質2万4480円)
・128ギガ:11万4000円(実質3万6360円)
・256ギガ:12万6000円(実質4万8240円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

・32ギガ:9万9840円(実質3万4200円)
・128ギガ:11万4000円(実質4万6080円)
・256ギガ:12万6000円(実質5万7960円)

ドコモ端末(新規契約時)

・32ギガ:9万6552円(実質4万176円)
・128ギガ:10万8216円(実質5万1840円)
・256ギガ:11万9880円(実質6万3504円)

ドコモ端末(機種変更時)

・32ギガ:9万6552円(実質4万176円)
・128ギガ:10万8216円(実質5万1840円)
・256ギガ:11万9880円(実質6万3504円)
国内三大キャリアの価格は、上記のようになっているそうです。実質ゼロ円での購入がNGとなってしまっていると言われていますが、現在使用しているスマートフォンを下取りに出すことで、iPhone7の32ギガの場合であれば、限りなくゼロ円に近い契約が行えるようです。
iPhone7は欲しいけれど、高額な機種代金の支払いは勘弁・・・。それなら、是非現在使用している機種を下取りに出して、お得に機種変更することを考えていきましょう。

-3.iPhone6sの価格と比較してみよう

iphone-1-1024x682

iPhone7は、誰もが購入したいと感じる機種であると言われているため、価格も割高なイメージです。ではiPhone6とは、どの程度の価格差があるのでしょうか?
今回は、iPhone6の中では最新機種である、iPhone6sの価格についてご紹介します。

【iPhone6s】

au端末(新規契約時)

・16ギガ:8万4240円(実質1万6080円)
・64ギガ:9万7080円(実質2万8920円)
・128ギガ:10万9920円(実質4万1760円)

au端末(機種変更時)

・16ギガ:8万4240円(実質2万5800円)
・64ギガ:9万7080円(実質3万8640円)
・128ギガ:10万9920円(実質5万1480円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

・16ギガ:9万3600円(実質1万800円)
・64ギガ:10万6560円(実質1万800円)
・128ギガ:11万9520円(実質2万3760円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

・16ギガ:9万3600円(実質1万6200円)
・64ギガ:10万7080円(実質2万1600円)
・128ギガ:11万9520円(実質3万4560円)

ドコモ端末(MNP乗り換え時)

・16ギガ:9万3312円(実質1万368円)
・64ギガ:9万9792円(実質2万3328円)
・128ギガ:9万9792円(実質3万6288円)

ドコモ端末(新規・機種変更時)

・16ギガ:9万3312円(実質2万5920円)
・64ギガ:9万9792円(実質3万8880円)
・128ギガ:9万9792円(実質5万1840円)

【iPhone6s plus】

au端末(新規契約時)

・16ギガ:9万7080円(実質2万8920円)
・64ギガ:10万9920円(実質4万1760円)
・128ギガ:12万2760円(実質5万4600円)

au端末(機種変更時)

・16ギガ:9万7080円(実質3万8640円)
・64ギガ:10万9920円(実質5万1480円)
・128ギガ:12万2760円(実質6万4320円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

・16ギガ:10万6560円(実質2万3760円)
・64ギガ:11万9520円(実質2万3760円)
・128ギガ:13万2480円(実質3万6720円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

・16ギガ:10万6560円(実質2万3760円)
・64ギガ:11万9520円(実質2万3760円)
・128ギガ:13万2480円(実質3万6720円)

ドコモ端末(MNP乗り換え時)

・32ギガ:9万9792円(実質2万3328円)
・128ギガ:9万9792円(実質3万6288円)
・256ギガ:9万9792円(実質4万9248円)

ドコモ端末(新規・機種変更時)

・32ギガ:9万9792円(実質3万8880円)
・128ギガ:9万9792円(実質5万1840円)
・256ギガ:9万9792円(実質6万4800円)
上記価格だけで確認すると、そもそもの端末代金自体が、iPhone7よりも高額であることがわかります。iPhone7とiPhone7 plusの方が、iPhone6とiPhone6 plusよりも、割安で販売されているのですね。
高性能であり、グレードアップして発売された、今までのiPhoneとは比較できないほど、性能豊かな大変魅力溢れる機種であると言われているiPhone7シリーズ!しかし、価格面ではiPhone6よりも若干安く設定されていることで、手に入れやすい機種となって誕生しています!
性能面やデザイン性のみならず、価格面でも魅力溢れる機種が、iPhone7シリーズであると言えるわけです。『iPhoneは高い!』の常識が少しずつ覆され、年々コスパの高い機種として、進化を遂げることになるかもしれませんね。
 
結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

5.MNP乗り換え手数料は最小限に

money2

MNP乗り換えを行なう時は、とにかく手数料がかかるものです。
・解約違約金
・MNP乗り換え事務手数料(乗り換え前のキャリアに支払う)
・新規契約手数料(乗り換え後のキャリアに支払う)
これだけでも、約16,000円もの無駄な出費が・・・。しかしながら、我々は「iPhone7 MNP一括0円」もどき契約を行うために、1円でも無駄な費用の支払いを行なうことはできません。
そこで、iPhone7を購入する時には、解約月が来るのを待つことにします。すぐにでも新しいiPhoneを手に入れたい!そんな気持ちは少し我慢して、じっくりとiPhone7への想いをつのらせ、いざ解約月が来たと同時に購入を行なうことで、お得度や愛着度も高まることでしょう。
とくに解約違約金は、三大キャリア一律で、約10,000円もの高額な請求をかけられます。この違約金制度に関しては、当分なくならないであろうと考えることができるので、解約月以外でのMNP乗り換えは避けたいものです。

まとめ

結論として、iPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 
今回のコラムでは、iPhone7をお得に手に入れるためには、いくつかのコツがあるということをご紹介しました。では今回の「iPhone7 MNP一括0円」もどきを契約するために必要な5つの方法について、振り返ってみましょう。
 
1.割引クーポン+MNPキャンペーン+下取り
国内三大キャリアからは、機種変更時にお得な割引クーポンが配布されています。そのクーポンやMNP関連のキャンペーン、機種変更前の機種の下取りを行なうことにより、「iPhone7 MNP一括0円」もどきも夢ではありません。
2.高額キャッシュバック+MNPキャンペーン+下取り
まだまだ高額キャッシュバックを実施している店舗は多数あります。高額キャッシュバックと、キャリアで実施されているキャンペーン、下取りに関する割引により「iPhone7 MNP一括0円」もどきが現実のものに!
3.家族で一緒に乗り換え+下取り
MNP乗り換えは、複数台で行なうことでお得度は増します。また、この時もらえるキャッシュバックと、下取りキャンペーンを利用することにより、「iPhone7 MNP一括0円」もどきへの期待度は高まるばかりです。
4.iPhone7の中でも最も安い機種を購入する
「iPhone7 MNP一括0円」もどき契約を最優先するのであれば、iPhone7の中でも、最も安い機種の購入を考えることがおすすめです。
5.MNP乗り換え手数料は最小限に
MNP乗り換えには、複数の手数料が必要となります。この手数料を最小限に留め、少しでもキャッシュバック率を高めることを考えるのであれば、解約違約金の発生しない、解約月に解約を行なうようにしましょう。
いかがでしたか?
iPhone7を購入する時はもちろんのこと、今後MNP乗り換えを利用してお得に契約をと考える時にも、『参考にできる!』そんな内容があったのではないでしょうか?
MNP乗り換えは、手続き面だけで考えると、はっきり言って面倒です。しかし、そんな面倒な思いをしてまで契約を行なうのだからこそ、少しでもお得に契約をしたいと思うものです。
あの時こうしていれば良かった・・・。なんて後悔をすることのないように、お得度の高い契約を行なえるようにしていきましょう。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-iPhone7, MNP

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.