iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7

iPhone7の容量は?充電や防水は?iPhone7スペックの全てを完全解説!

投稿日:

ついにアップル社から発表された待望の最新作モデル、iPhone7シリーズ。
すでにiPhone7に関する情報が拡散しているため、御存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、まだまだiPhone7に対して不透明な部分が多いと感じる方もいることでしょう。
容量・サイズは?カラーは?充電は?防水機能は?新しい機能は?等々気になる点がたくさんあるはず。iPhone7の情報をいち早くお届けするべく、iPhone7/iPhone7Plusのスペックにも注目をしてみました。
これから予約購入を行なおうと考えている人はもちろんのこと、iPhone7についての情報が知りたい人は、是非今回のコラムもチェックしてみてくださいね。
ちなみに今回は、au、ソフトバンク、ドコモ国内三大キャリアの販売価格についても、ご紹介していきます。それでは早速見ていきましょう!!
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

待望のiPhone7/iPhone7Plus

iphone7black1211
待ちに待ったiPhone7を手にする瞬間の、わくわくした気分が大きくなりすぎて、『夜も眠れない』『iPhoneのことばかり考えてしまう』なんて人もいるのではないでしょうか?
iPhone7は、9月16日に一斉販売されます。
ここ数年毎年新しいシリーズを追加して、発売に至っているiPhoneですが、新しい機種が発売されて間もない時期は、どこに行っても完売でなかなか手に入れることができずに、悶々としている人もたくさんいます。
しかしながら、『appleストアーまで行き、発売前からあの長蛇の列に並ぶともなれば、それはそれでちょっと辛い・・・。』というんが本音ではないでしょうか。
ちなみに今回発売されるiPhoneは、『誰もが購入したいと思う機種』であると言われています。価格面をiPhone6sシリーズと比較してみましたが、そもそもの端末価格がiPhone6sよりも割安な設定であることから、キャリア端末購入時の実質負担金も低下ぎみであると言えます。
よって、iPhone7は高性能iPhoneであるにも関わらず、手に入れやすい存在であると言えるのです。
 
iPhone7の購入を検討しているならWebでオンライン予約するのがお得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

気になるスペック1:iPhone7の容量は?

1-4

皆さんは、既にiPhone7のスペックや、その容量について確認されましたか?今回発売されるiPhone7シリーズは、本体の記憶容量が大容量であることも魅力の一つとしているシリーズとなります。
ちなみにiPhone6シリーズと同様に、今回もiPhone7(4.7インチモデル)とiPhone7 plus(5.5インチモデル)、この両方のスマートフォンが発売されるようです。iPhoneも大画面モデルが定番化しつつありますよね。
大画面モデルになり、更に高性能機種になったがために、iPhoneにてできることの範囲が広がったため、大容量モデルでなければ継続使用が難しいと感じる人も多々いることでしょう。
そのため、今回のiPhone7は、スマートフォンのヘビーユーザーの人にとっても、きっと見逃せない存在となることでしょう。
今回発売される機種の容量は、iPhone7とiPhone7 plus同様に、
・32GB
・128GB
・256GB
上記の3種類となっているそうです。
256GB・・・。すごい大容量ですよね。もう既に、ブルーレイレコーダーのような域に達してきました。
16GBから64GBまでが主流であったiPhone。今回のiPhone7の記憶容量と、従来のiPhoneの記憶容量を比較するだけでも、iPhone7がいかに進化を遂げたかということが一目でわかることでしょう。
ちなみに直近に発売されたiPhone6sの容量は、
・16GB
・64GB
・128GB
となっていおり、最高でも128GBだったようです。
 
iPhone7の購入を検討しているならWebでオンライン予約するのがお得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

気になるスペック2:防水機能が搭載された!

iphone-1067989_640
iPhone7と言えば、防水機能が話題の機種です。iPhone6の時から、『もしかすると、防水機能がつくのでは?』という噂も出ていましたが、この防水機能が実現したのはiPhone史上、iPhone7が初めてとなります。
もちろんiPhone7 plusも同様に、防水機能付きの機種となっています。
防水機能が搭載されたことにより、従来のiPhoneとは大きく異なる構造になっているのも、iPhone7の魅力の一つだと言われているようです。
では、一体どこが大きく変わったと言えるのでしょうか?
・ホームボタンが埋め込み式になった
・イヤホンジャック(差し込み口)がなくなった
・背部のカメラ部分に専用ガラスが追加された
・従来のアルミボディーは特殊ガラスに変更された
防水による変更点は大きく分けると、上記の4つだと言えるでしょう。
それでは変更点が加わったことにより、実際にはどのようなメリット・デメリットが生まれてくるのでしょうか?

埋め込み式ホームボタンで操作性が大幅に異なる

ホームボタンは、埋め込み式になったことで、今までのように深く押し込まずとも軽くタップするのみで操作をすることができるようになっているそうです。
上記を『物理式ボタンから、感圧式ボタンに変更した』と言われています。感圧式ボタンは、ボタン部分に触れる指の触れる度合い(強弱)を認識できることで、使い分けることができるというものです。
筆者である私は、ホームボタン部分に水が入り込んだことにより、ホームボタンを破損させてしまった過去の持ち主です。ホームボタンを押しても全く反応してくれず、一切の操作ができなくなってしまい、ホーム画面にすら戻れなくなってしまったという苦い経験をしたことがあります。
そのため、今回のような感圧式ボタンには、とても魅力を感じています。(水没によるものなので、防水機能こそが最大の魅力であると言えるかもしれませんが。)
しかしながら、この感圧式ボタンこそが、一部のユーザーからは問題視されているそうです。何故問題視されているかと言うと、従来のiPhoneとは全く操作性が異なることで、好みによる不満が爆発してしまっていると言えるでしょう。
新しい機種が発売されると、今までの仕様や使用感とは異なることで、最初は違和感を覚えるものです。しかし、実際に使用をしてみると、『前の機種に戻すことなんて、全く考えられない!』と話す人が増えますよね。
iPhone7も同様に、最初は不満が出るかもしれませんが、感圧式ボタンになることにより、タップの強弱の違いまで感知してくれるわけですから、今までよりもできることの範囲が広がるだろうと予測することができます。
これにより、使い慣れたら大変便利なiPhoneとなること間違いなしだといえるでしょう。

イヤホンジャック(差し込み口)がなくなった

iphoneset29v9a1723_1_tp_v

iPhoneのイヤホンジャックと言えば、充電プラグの差し込み口横にありましたよね。しかし、防水機能が搭載されたことにより、iPhone7ではイヤホンジャック部分が排除されてしまいました。
イヤホンジャックが排除されたことにより、Bluetooth出力にて、音楽を聞くことが主流だと言われています。Bluetooth出力にて、ワイヤレススピーカーや、ワイヤレスイヤホンから音楽を聞くことを可能としているのです。
しかしながら、iPhone7では、このBluetoothを使用せずとも、イヤホンジャックがないにも関わらず、イヤホンを使用して音楽を聞くことができるようになっているんです。
ではどうやって音楽を聞くことになるのか・・・?
実は、充電プラグを差し込む口に、充電プラグ型の変換プラグを差し込み、そこにイヤホンのプラグを指すことで、従来のイヤホンにて音楽を聞くことができるようなるのだそうです。『充電と音楽出力の穴が統一され、専用パーツを使用することで、音楽も聞けるようになるよ。』ということになるわけですね。
しかしながら、この方法で音楽を聞くことになれば、大きな問題点が浮上しますよね。それは、『音楽を聞いている間は、一切充電ができないようになる!』ということです。
イヤホンをBluetooth対応のものにするか、充電器をワイヤレスにするか・・・。どちらにしても、充電と音楽を一緒に行なうのであれば、周辺機器の購入は免れることができないことになります。
ちなみにiPhoneは購入時に、イヤホンや充電器などの付属品がついてきますよね。今回は、変換プラグがついてくるのでしょうか?それとも、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンがついてくるのでしょうか?
この辺りは、購入してからのお楽しみであると言えますね。

背部のカメラ部分に専用ガラスが追加された

既にiPhone7の画像を確認された方は、御存知であることでしょう。実は今回、背部のカメラ部分にまで、専用ガラスが追加されています。というよりも、背面部の専用ガラスが、カメラ部分まで覆っているというのが正しい認識であると言えるでしょう。
iPhone6シリーズを使っていらっしゃる皆さんの中には、背部のカメラ(メインカメラ)のガラスの割れが気になった人もいるのではないでしょうか?
『専用ケースを使用しなければ、カメラのガラスまでiPhone落下時にバリバリに割れてしまい、カメラが使い物にならないようになってしまった・・・。』なんて人も、たくさんいたと言われています。
私も実際に、背部カメラのガラス部分が割れたまま、iPhoneを継続使用していました。ガラスの破損は、保険対象外となってしまうため、修理に関する保険に加入をしていても、別途自費の支払いを求められることになるので、かなりの痛手となります。
しかもこの部分だけの修理は難しいので、新しいiPhoneに交換という形になり、更なる痛手を負うことになってしまいました・・・。新しいiPhoneを購入したばかりに起こったことでしたので、いかに保護カバーが重要であるかということを、思い知らされました。
しかし、今回のiPhone7の場合であれば、カメラ部分に至るまで1枚余分にガラスで覆われているということになるため、この特殊ガラスがメインカメラの保護としても役立ってくれることでしょう。
さらっとiPhoneの構造を見てしまえば、何とも感じないことなのかもしれませんが、iPhone6やその他のiPhone使用時に、カメラ部分のガラスまで破損してしまった経験がある人からすると、カメラ部分にガラスが1枚追加されただけでも、大変大きな魅力であると感じるのではないでしょうか?
普段から少しスマートフォンを雑に扱ってしまいがちな人や、とくに保護ケースなどを使用することなく持ち歩いている人には、iPhone7のような保護力に優れたと捉えることができる機種はおすすめです。

従来のアルミボディーは特殊ガラスに変更された

iPhoneと言えば、独特のアルミボディーが魅力の機種でした。しかしiPhone7以降は、このアルミボディーが姿を消すと言われています。
実際にiPhone7では、防水機能が搭載されたことにより、特殊ガラスに本体が包まれているようです。
新たな質感が癖になる。きっとそんな人も出てくることでしょう。
ちなみに今回のこの専用ガラスの優れた点としては
・指紋がつきにくい
・さらさらとした質感
・iPhoneの全面を保護してくれる
・衝撃を吸収してくれる
上記のような点があげられます。
さらにフロントガラスには、のぞき見防止機能なども搭載されているそうです。
ただし、やはり保護フィルムは必要不可欠だと言われています。とくに新色であることからも、今大変注目度を集めている『ジェットブラック』に関しては、傷が入りやすいのだそうです。
購入した直後は、新しいiPhone7のカラーリングや、手触りを楽しみたいと考えるかもしれませんが、少しでも良好な状態を持続させることを考えるのであれば、なるべく早期に保護カバーや保護フィルムの装着をされることがおすすめです。
 
iPhone7の購入を検討しているならWebでオンライン予約するのがお得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

気になるスペック3:充電プラグの差し込み口はなくなってない!?

20160908njet1

iPhone7とiPhone7 plusでは、防水機能が搭載されることにより、従来のような充電プラグの差し込み口も排除されるという噂が広がっていました。
しかしながら、実際のiPhone7の画像を見てみると、充電プラグの差し込み口がなくなるということはなく、先程もご紹介した通り音楽出力までも可能とするようになったそうです。
もともと充電プラグの差し込み口がなくなることにより、ワイヤレス充電器がついてくるのではないかとも言われていましたが、結局のところは従来のiPhoneと充電部分は何も変わらず、おそらくiPhone7購入時にも従来通りの充電器がついてくることでしょう。
しかしながら、iPhoneと言えば、充電プラグの差し込み口の接触不良を起こしやすい機種だとも言われています。iPhoneに限らず、スマートフォンは皆、充電プラグの差し込み口の接触不良を起こしやすいと言えるでしょう。
毎日のようにあの小さな穴にプラグを差し込むのですから、接触不良が起きても仕方がないことであるとは言えるものの、やはり接触不良を起こしてしまっては、機種変更をせざるをえないようになります。
ちなみに、iPhone7では、まだワイヤレス充電機能の搭載は行なわれていないようです。なんだか、スペックを小出しにしている感がありますよね・・・。実際のところは、特許問題が絡んでいるようですが。
また、充電プラグの差し込み口が、最近のスマートフォンでは、2穴あることも珍しくはありませんが、iPhone7では一つとなっています。よって、差し込み口の接触不良が起こった場合には、修理に出すか、交換が必要となることになります。
iPhone7は大容量機種です。そこに保存されるデータは、今までの何倍もあると考えることができます。
iPhoneでは初めての防水端末ということもあり、差し込み口の接触不良の問題もありますので、なるべくなら普段から常にバックアップを取ることだけは、忘れないようにしておきましょう。
そしてなるべくなら、キャリアから推奨されている保険への加入も行なわれることをおすすめします。

気になるスペック4:交通マネーの利用が開始される!

usecase_01
iPhone7以降、『モバイルスイカ』の利用が可能となるそうです。これはICカード『フェリカ』機能が搭載されたことによるものです。
モバイルスイカをかざせば、通学や通勤時に、定期を出す必要がなくなり、ストレスフリーで駅の改札を通ることができるようになります。さらにバスやコンビニなどでも、利用できるようになるので、とっても便利ですよね。
ちなみに磁気定期を使用している人の場合であれば、スマートフォンの電波などにより、磁気飛びが気になっていたことでしょう。しかしながら、モバイルスイカであれば、このようなトラブルもなく、快適な通学・通勤ライフを送れることになります。
また、カード入れの紛失によるトラブルの軽減や、定期の更新漏れトラブルなどの軽減にも、iPhone7がきっと役立ってくれること間違いなしです。
ちなみに現在は、JR東日本での試みだと発表されているようですが、スイカ自体が西日本などでも利用できることから、広範囲に渡りiPhone7のスイカの利用が行えることに期待がもてます。
スイカ自体は事前にチャージが必要ですが、apple playでチャージを行なうことができるようになるそうです。
さらスイカは、複数枚登録しておくことにより、利用用途に分けて使用することが可能になるそうです。まだ詳細は発表されていませんが、モバイルスイカが利用できるようになれば、iPhone7がさらに手放せない存在となることでしょう。
 
iPhone7の購入を検討しているならWebでオンライン予約するのがお得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

気になるスペック5:2台のカメラを搭載したiPhone7 plus

iphone7black1

iPhone7 plusがあれば、一眼レフのカメラはいらない。そんな風に言われていることを御存知でしょうか?
iPhone7 plusには、2台のカメラが搭載されていると言われています。実際にiPhone7 plusで撮影をした画像を見ましたが、なんともクリアでリアルに描写されていることで、実際にその場に居合わせているかのような、迫力ある画像が映し出されていました。
さらに背景をぼかして、被写体が浮き出たように撮影することも可能としていて、このカメラ性能の高さに、iPhone7 plusを購入して良かったと感じる人も少なくはないことでしょう。
iPhone7ももちろん高性能カメラを搭載しているのですが、広角レンズと望遠レンズの両方を兼ね備えているのは、iPhone7 plusのみです。より高いカメラ性能を求めるのであれば、iPhone7 plusがおすすめですよ。
 
iPhone7の購入を検討しているならWebでオンライン予約するのがお得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

iPhone7シリーズは過去最高の販売数となりそうな予感!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s
既に予約販売が行なわれているiPhone7ですが、実はiPhone7とiPhone7 plusに対する予約数は、過去最高に及ぶと言われています。
さすが『誰もが購入したいと思う機種』だなんて言われていただけのことはあり、その注目度の高さは絶大であるということがわかりますね。
ちなみにau、ソフトバンク、ドコモ3社の新作iPhone7とiPhone7Plusの価格は、下記の通りです!iPhone6よりもちょっぴりお得であることがわかります。

【iPhone7】

au端末(新規契約時)

・32ギガ:7万9200円(実質1万800円)
・128ギガ:9万720円(実質2万2320円)
・256ギガ:10万2600円(実質3万4200円)

au端末(機種変更時)

・32ギガ:7万9200円(実質2万520円)
・128ギガ:9万720円(実質3万2040円)
・256ギガ:10万2600円(実質4万3920円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

・32ギガ:8万8080円(実質1万800円)
・128ギガ:9万9840円(実質2万2320円)
・256ギガ:11万1840円(実質3万4200円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

・32ギガ:8万8080円(実質2万520円)
・128ギガ:9万9840円(実質3万2040円)
・256ギガ:11万1840円(実質4万3920円)

ドコモ端末(新規契約時)オンラインショップ価格

・32ギガ:8万2296円(実質2万6568円)
・128ギガ:9万3960円(実質3万8232円)
・256ギガ:10万5624円(実質4万9869円)

ドコモ端末(機種変更時)オンラインショップ価格

・32ギガ:8万2296円(実質2万6568円)
・128ギガ:9万3960円(実質3万8232円)
・256ギガ:10万5624円(実質4万9869円)

【iPhone7 plus】

au端末(新規契約時)

・32ギガ:9万2880円(実質2万4480円)
・128ギガ:10万4760円(実質3万6360円)
・256ギガ:11万6640円(実質4万8240円)

au端末(機種変更時)

・32ギガ:9万2880円(実質3万4200円)
・128ギガ:10万4760円(実質4万6080円)
・256ギガ:11万6640円(実質5万7960円)

ソフトバンク端末(新規契約時)

・32ギガ:9万9840円(実質2万4480円)
・128ギガ:11万4000円(実質3万6360円)
・256ギガ:12万6000円(実質4万8240円)

ソフトバンク端末(機種変更時)

・32ギガ:9万9840円(実質3万4200円)
・128ギガ:11万4000円(実質4万6080円)
・256ギガ:12万6000円(実質5万7960円)

ドコモ端末(新規契約時)

・32ギガ:9万6552円(実質4万176円)
・128ギガ:10万8216円(実質5万1840円)
・256ギガ:11万9880円(実質6万3504円)

ドコモ端末(機種変更時)

・32ギガ:9万6552円(実質4万176円)
・128ギガ:10万8216円(実質5万1840円)
・256ギガ:11万9880円(実質6万3504円)
ちなみに、iPhone7とiPhone7 plusに対する予約数については、過去最高記録を更新していたiPhoneシリーズの、3~4倍程度はあると言われているようです。
iPhoneもそろそろ人気落ちかのように言われていた昨今。今回のiPhone7の発売が行なわれたことにより、再度iPhone旋風の幕開けとなりそうな予感がしますね。

まとめ

今回も2種類の新作を追加したiPhone7シリーズ。従来と大幅に構造も異なり、待望の防水機能まで搭載されました。
最近では、iPhoneを入浴中に操作するという人も増えているそうなので、防水機能を搭載したiPhone7は見逃せない存在となることでしょう。
間もなく発売されるiPhone7!実際に手にするその瞬間が、待ち遠しくて仕方がありませんよね!!
では今回の、『iPhone7の容量は?充電や防水は?iPhone7スペックの全てを完全解説!』について、簡単に振り返ってみましょう。
◎待望のiPhone7が間もなく発売される!
待ちに待ったiPhone7とiPhone7 plusの発売が、間もなく行われます。iPhone7シリーズの発売日は、2016年9月16日!この日を待ちわびたなんて人も、少なくないことでしょう。
◎気になるスペック1:iPhone7の容量は?
iPhone7とiPhone7 plusの容量は、32GB/128GB/256GBになっているようです。いずれにしても、今回のiPhone7シリーズは、大容量機種なのです。
◎気になるスペック2:防水機能が搭載された!
iPhone6から噂されていた防水機能が、iPhone7に搭載されることになりました。これにより、従来のiPhoneとは異なる構造になっているようです。ちなみにその異なる構造とは、下記の4つが大部分を占めます。
・ホームボタンが埋め込み式になった
・イヤホンジャック(差し込み口)がなくなった
・背部のカメラ部分に専用ガラスが追加された
・従来のアルミボディーは特殊ガラスに変更された
◎気になるスペック3:充電プラグの差し込み口はなくなっていない!?
充電プラグの差し込み口が、防水機能を搭載することにより、なくなるのではないかと言われていました。しかしながら、イヤホンジャック部分がなくなったのみで、充電口に関しては従来通り残留しています。プラグを差し替えることにより、充電口からイヤホンを経由して、音声出力を行なえるようになっています。
◎気になるスペック4:交通マネーの利用が開始される!
こちらも待望の、お財布マネー『フェリカ』が搭載されたため、交通マネー『モバイルスイカ』の利用が10月下旬から開始されるそうです。通勤・通学時のストレスを軽減してくれるのもまた、iPhone7であると言うわけです。
◎気になるスペック5:2台のカメラを搭載したiPhone7 plus
2台のカメラを搭載した、iPhone7 plus!広角レンズと望遠レンズの両方を兼ね備え、一眼レフに匹敵する、上質な画像の描写を可能としています。このことからカメラ性能面でも、iPhone7シリーズは劇的に進化を遂げていると言えます。
◎iPhone7は過去最高の販売となりそうな予感!
iPhone7は、過去最高の販売数を記録しそうだと言われています。すでに従来のiPhoneと比較すると、3~4倍にも相当する予約が殺到しているそうです。しばらくは予約販売が続き、実際に本体を手に入れるまでには、少し時間がかかりそうですね。
いかがでしたか?
iPhone7とiPhone7 plusに対する注目度は、大変高いものであると言えます。そのため、なかなかこの機種を手にすることができずに、悶々とする人も増えてしまうかもしれませんね。
ちなみにまだ発売されていないiPhone7ですが、既に価格発表が行われたことにより、iPhone7やiPhone7 plusに対する、買い取り価格を提示している業者も続出しているそうです。
従来のiPhoneよりも魅力溢れるiPhone7シリーズ!
ワイヤレス充電が対応していないことに関しては、少し残念であると言えるものの、次期発売されるiPhone7sまたはiPhone8制作までには、特許の取得も完了して、ワイヤレス充電が搭載されていることへの期待も高まるばかりですね。
まずは新作iPhone7シリーズの魅力に触れ、同時に次期iPhone7sまたはiPhone8への期待も膨らませていくことにしましょう!!
 
iPhone7の購入を検討しているならWebでオンライン予約するのがお得です。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-iPhone7

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.