iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

iPhone7

iPhone7は予約が確実!発売日近くに在庫を確保するための全知識

投稿日:

「iPhone7を予約したいけど、発売日に在庫を確保できるのはどこだろう?」
2016年9月16日に発売される予定のiPhone7ですが、すでに初期在庫が薄くなりはじめており、発売日近くで確実に手に入るところがどこなのかは知りたいところです。
この記事を読めば、iPhone7をどこで予約すれば発売日近くで確実に在庫を確保できるのか分かります。
初期在庫の豊富な販売店を流通の仕組みや過去の事例、そして実際の予約状況と合わせて分析していますので、ご納得頂けると思います。
ご参考になさってください。
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

iPhone7の予約開始と発売日

iPhone7発売日
iPhone7の発売が9月16日(金)決まり、予約が9月9日(金)16時1分に始まりました。
予約開始から数十分、ソフトバンク、ドコモ、auのサイトはアクセスが殺到し、繋がりにくい状態が続きました。
これまでのiPhoneシリーズの新機種発売時も似たような現象が見られましたが、iPhone7の人気の凄まじさを改めて感じざるを得ません。
Apple直販においては、iPhone7 plus ジェットブラックの発売日取り置き分が数分で売り切れました。
今後もiPhone7の人気のカラー、モデルから順次予約が入り、発売日までに初期在庫が底を付いていくことが予想されます。
 
 
(9月26日追記)近くのお店で既に売り切れていてもあきらめないで!
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

iPhone7を予約して発売日近くに在庫を確保できるお店

在庫

iPhone7をいち早く手に入れるためには、予約をして発売日までに在庫を確保する必要があります。
しかしながら、予約するお店によってiPhone7の入荷状況は異なり、場所によっては発売日から大きく遅れて入荷される可能性もあります。
お店側も必死になって在庫を確保しようとしますが、日本中の販売店で初期在庫の取り合いをしている状態です。
一般の販売店では入荷日も入荷数も不透明な状態がしばらく続くことが予想されます。
ここでは、初期在庫の確保のしやすさと販売形式から、iPhone7を予約して発売日近くに在庫を確保できる可能性が高いお店をご紹介します。
 
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

iPhone7を予約して発売日に在庫を確保できる可能性が高いお店

Apple直販の次にiPhone7を予約して発売日に在庫確保できる可能性が高いのが、『SoftBank Online Shop』、『docomo Online Shop』、『au Online Shop』の公式オンラインショップ予約または直営店舗予約です。
日本へiPhone7が入ってくる経路は「Apple → 携帯電話キャリア3社 → 代理店」ですから、携帯電話キャリア3社でiPhone7の在庫確保が容易というのは当然と言えば当然です。

オンラインショップで予約・購入する

ソフトバンク、ドコモ、auの公式オンラインショップでは、iPhone7の予約・購入を全てオンライン上で済ませ、後日iPhone7を自宅に送り届けてもらうことが出来ます。
iPhone7の在庫確保は予約順であり、届け日も購入手続きが完了した順です。

オンラインで予約し、指定店舗で購入する

予約だけオンラインで行い、購入と受け取りを指定店舗で行うことが出来ます。
指定できるのは直営店や家電量販店などiPhone7の取扱いがある店舗です。
お近くの指定店舗を探してみましょう。

各社のオンラインショップへのリンク

ソフトバンク ⇒ 『SoftBank Online Shop
ドコモ ⇒ 『docomo Online Shop
au ⇒ au Online Shop

直営店で予約

ソフトバンク、ドコモ、auは直営店での予約も受け付けています。
プラン内容やキャンペーンが良く分からない場合は直営店の相談員に話を聞きに行くのがよいでしょう。
機種の下取りもしてもらう予定であれば、いくらくらいになるのか直営店ならば正確な見積もりを出してくれます。
店舗独自のキャンペーンをしている場合もありますので、お近くにある場合は一度覗いてみるのもの良いかもしれません。
 

iPhone7を予約して発売日に在庫を確実に確保できるのはApple直販

iPhone7の在庫を発売日に確保したいのなら、Appleの直販サイトで予約するのが確実です。
メーカーの直販サイトですから、これほど在庫の確保が容易なところはありません。

受取日が分かる

Apple直販で予約すると、いつiPhone7を受け取ることが出来るのかが分かります。
他の販売店では予約の受付までで受け渡し日が分かるのはまだ先です。
直販サイトの強みと言えるでしょう。
予約すると、自宅で受け取るかAppleストアで受け取るかを選ぶことが出来ます。
自宅で受け取る場合は、記事執筆時点(9月11日)で予約すれば9月21日~24日の間に届くとのことです。
Appleストアで受け取る場合は、iPhone7の発売日である9月16日に受け取ることが出来ます。
Appleストアはまだ全国で数か所しかないので、人によってはAppleストアでの受け取りは難しいでしょう。
在庫がなくなってしまったら受取日も後ろにずれていきますから、予約するのならお早めに。

機種代金の割引はない

Apple直販はiPhone7の在庫確保は確実ですが、携帯電話キャリアやその代理店で買った時のような機種代金の割引は受けられません。
iPhone7は一番安いiPhone7 32GBで78,624円(税込)、一番高いiPhone7 plus 256GBで116,424円(税込)の高額商品です。
携帯電話キャリアの機種割引は、最大はソフトバンクのiPhone7 32GBの88%OFFで、最小はドコモのiPhone7 plus 256GBの47%OFFです。
割引を金額に直すと5万円~8万円相当になります。

のりかえ割や下取りもない

Apple直販で購入した場合、のりかえ割が適用されず、これまで使っていた機種の下取りもしてもらえません。
のりかえ割は平均して合計2万円前後の割引になります。
下取りは機種によっては3万円を超える場合もあります。
これらはいずれも携帯電話キャリアでiPhone7を購入して通信契約をした場合に受けられるものです。

Apple直販で購入するなら格安SIMで利用する

iPhone7をソフトバンク、ドコモ、auのいずれかで利用するつもりであれば、前述のようにApple直販で購入するメリットはありません。
iPhone7をApple直販で購入するのなら、格安SIMを提供している会社と通信契約することを考えるとよいでしょう。

iPhone7を予約して発売日に在庫を確保できる可能性があるお店

9v9a1690_tp_v

完全な販売代理店になってくると初期在庫状況は一気に悪くなります。
そんな中でも家電量販店は大量に在庫を抱える資金力を持っているので、携帯ショップのような小規模な店舗よりはiPhone7を発売日近くに手に入れることができる可能性が高いです。

家電量販店のオンラインショップで予約する

家電量販店を展開する会社は、各社ともオンラインショップを持っています。
しかし、iPhone7は家電量販店のオンラインショップで購入を完結することはできません。
家電量販店での購入の流れは以下です。

  1. 家電量販店のオンラインショップで、iPhone7を購入・受け取りしたい店舗を選択する。
  2. ソフトバンク、ドコモ、auのいずれかのオンラインショップ(各家電量販店の専用ページ)に飛び、予約手続きをする。
  3. iPhone7が入荷連絡されると店舗から連絡が来るので、購入と受け取りに行く。

家電量販店の店舗で予約する

家電量販店に出向いて予約することも可能です。
オンライン予約と同様に、iPhone7入荷後に店舗から連絡が来ます。

家電量販店でのキャンペーンを活用する

家電量販店で予約した場合、独自のキャンペーンが期待できます。
例えば、ヨドバシカメラでは2016年9月9日(金)~9月15日(木)の間にiPhone7、iPhone7 plusの予約を行うとヨドバシゴールドポイントを1,000ポイントプレゼントされます。
また、ビックカメラではiPhoneの現金買取を10%増額していたりします。
家電量販店での予約を考えているのであれば、キャンペーンもしっかり確認してお得にiPhone7を購入しましょう。
 
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

iPhone7を予約して発売日に在庫を確保できるかは状況次第のお店

最後はWebの販売代理店と街の携帯ショップの紹介です。
これらのお店は規模が小さく、初期在庫を十分に確保するのが難しいので、iPhone7を予約したとしても発売日に在庫が確保できるかどうかは状況次第としか言えません。
従って、Webの販売代理店や街の携帯ショップでiPhone7を早く手に入れたいのになら、一刻も早く予約する必要があります。

Webの販売代理店の場合

Webの販売代理店は、現在のところソフトバンクしか取扱いはありません。
ドコモ、auはWeb上での販売を代理店には任せていないからです。
Webの販売代理店の場合、初期在庫の確保は難しいですが、その一方で他の営業形態ではできない高額な現金キャッシュバックを用意している場合が多いです。
少しくらいなら待っても良いという方は、高額キャッシュバックを期待できるWebの販売代理店をおススメします。
特に、『おとくケータイ』はどこよりも高額な現金キャッシュバックをすると宣言しているので、現金キャッシュバックに興味があればご覧になってみてください。

街の携帯ショップの場合

街の携帯ショップはソフトバンク、ドコモ、au全て取扱いがあります。
街の携帯ショップもWebの販売代理店と同様に初期在庫の確保は難しいものの、Webの販売代理店に次ぐ高額現金キャッシュバックが期待できます。

iPhone7を予約して発売日近くに在庫を確保できる機種・カラー

iphone7の色

今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 
iPhone7を予約して発売日近くに在庫を確保できる機種とカラーは以下です。

iPhone7

カラー 32GB 128GB 256GB
ジェットブラック ×
ブラック
ゴールド
ローズゴールド
シルバー

iPhone7 plus

カラー 32GB 128GB 256GB
ジェットブラック ×
ブラック
ゴールド
ローズゴールド
シルバー

ジェットブラックについて

ジェットブラックはiPhone7、iPhone7 plus ともに32GBモデルはありません。
また、Apple直販においてジェットブラックのiPhone 7 plus の出荷予定は11月になっています。
もともとの生産数が少ないか、生産が間に合っていないと考えられます。

iPhone7の発売日における人気の色は?

ソフトバンク、ドコモ、auにiPhone7の人気の色を尋ねたところ、3社とも「新色であるジェットブラックとブラックが人気なようです」という回答を得ました。
iPhone7を発売日近くで入手したいのであれば、ジェットブラックとブラック以外を狙うとよいかもしれません。
ちなみに、iPhone6で最も人気があったのはゴールド、iPhone6sではローズゴールドでした。
これらの色はそれまでのiPhoneには無かった色です。
このように新しく発売されるiPhoneで人気になるのは、新色であることが常のようです。
今回の新色であるジェットブラックとブラックが人気になるのも自然な流れと言えるでしょう。

Phone7を予約して発売日近くに在庫を確保するために必要なモノ

iphone7の予約に必要な書類

iPhone7を予約するのなら、必要な書類などはしっかりと準備してからにしましょう。
予約する段階になって必要なモノがないと時間の無駄になりますし、遅れた分iPhone7を入手できる順番がどんどん後になってしまいます。
 
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

機種変更する場合

現在の携帯電話キャリアは変更せずに、機種をiPhone7に変更する場合に必要なものは以下の2点です。

  • 本人確認書類
  • 利用中のスマホや携帯

新規・MNP乗り換えの場合

携帯電話の契約を新規で申し込む、あるいはMNP乗り換えをする場合に必要なものは以下の4点です。

  • 本人確認書類
  • 支払いするカードや通帳
  • 他社のりかえの場合はMNP予約番号
  • 利用中のスマホや携帯(MNP乗り換えの場合)

MNP予約番号を取得する

スマホ、携帯をMNP乗り換えする場合には、MNP予約番号というものを取得しておく必要があります。
MNP予約番号を使って、携帯電話キャリア間の電話番号の移行を行います。
まずは、現在契約している携帯電話キャリアにて、MNP予約番号を取得しましょう。
MNP予約番号をMNP乗り換え先の携帯電話キャリアに伝えれば、MNP乗り換えができます。

ドコモでMNP予約番号を取得する

現在ドコモのスマホ・携帯電話を使っているのであれば、My DocomoでMNP予約番号を取得するのが一番早いです。
ドコモに乗り換え:『docomo Online Shop

My Docomo でMNP予約番号を取得する

My Docomoのページを開き、[サービス一覧] → [ドコモオンライン手続き] → [ご契約内容確認・変更] → [携帯電話番号ポータビリティ予約]の順で進んでMNP予約番号を取得します

iModeでMNP予約番号を取得する

iModeを利用してる人は、iModeでもMNP予約番号を取得することが可能です。
iモードに接続し、[i-menu] → [お客様サポート] → [お申込・お手続き] → [各種お申込・お手続き]と進んでMNP予約番号を取得しましょう。

電話でMNP予約番号を取得する

ネット環境が無い場合は、電話でもMNP予約番号は取得できます。

  • 携帯電話からかける場合 ⇒ [151]へ電話
  • 一般電話からかける場合 ⇒ [0120-800-000]へ電話

受付時間は9:00~20:00です。

ドコモショップでMNP予約番号を取得する

ドコモショップでもMNP予約番号を取得することはできます。
身分証明書の提示が求められるので、必ず持って行きましょう。
対面で解約の申し込みですから、引き留められたりと多少面倒はあるかもしれません。

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する

現在ソフトバンクでスマホを利用しているのなら、電話でMNP予約番号を取得する必要があります。
電話では「ネットワーク暗証番号」を尋ねられるので、あらかじめ用意しておきましょう。
ソフトバンクに乗り換え:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop

電話でMNP予約番号を取得する

下記の電話番号でMNP予約番号を取得できます。

  • 携帯電話からかける場合 ⇒ [*5533]へ電話
  • 一般電話からかける場合 ⇒ [0800-100-5533]へ電話

受付時間は9:00~20:00です。
ネットワーク暗証番号が分かっていれば早いですが、もし忘れてしまっていてもオペレーターと本人確認のやりとりをしたあとにMNP予約番号は発行してもらえるのでご安心ください。

MySoftBankでMNP予約番号を取得する

ガラケー(スマホではない、二つ折り携帯など)を使っているのであれば、MySoftBankで取得するのが楽です。
MySoftBankはiPhone・スマートフォンでは利用できません。
MySoftBankを開き、[設定・申込] → [設定・変更] → [契約者情報の変更] → [番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き] → [番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行]の順で進み、MNP予約番号を取得します。
すぐに発行されます。
MNP予約の受付時間は9:00~21:30です。

ソフトバンクショップでMNP予約番号を取得する

ソフトバンクショップでもMNP予約番号は取得できます。
身分証明書を持って行ってください。
ただし、解約理由を聞かれたり引き留められたりします。
そういう面倒なやりとりがいやであれば電話かMySoftBankでMNP予約番号を取得しましょう。

auでMNP予約番号を取得する

auでスマホを使っているのであれば、電話でMNP予約番号を取得します。
auに乗り換え:『au Online Shop

電話でMNP予約番号を取得する

下記の電話番号でMNP予約番号を取得できます。

  • 携帯電話/一般電話共通 ⇒ [0077-75470]へ電話

受付時間は9:00~20:00です。

EZwebでMNP予約番号を取得する

ガラケー(スマホではない、二つ折り携帯など)を使っているのであれば、EZwebで取得するのが楽です。
EZwebはiPhone・スマートフォンでは利用できません。
[EZキー ボタン] → [トップメニューまたはauポータル トップ] → [auお客さまサポート] → [申し込む/変更する] → [au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)]と進み、MNP予約番号を取得します。
すぐに発行されます。
予約受付時間は9:00~21:30です。

auショップでMNP予約番号を取得する

auショップでもMNP予約番号は取得できます。
身分証明書が必要になるので、持って行きましょう。
解約理由を聞かれたり、引き留められたりしますので、そういうのが面倒な場合は電話でMNP予約番号を発行しましょう。

クーポン券・商品券を持って行く

ソフトバンク、ドコモ、auはそれぞれ機種代金の割引に使える独自のクーポン券や商品券を発行しています。
過去にそれらを受け取っているのであれば、忘れずに持って行くようにしましょう。
機種の変更はそうそう機会があることではありません。
使える時に使ってしまいましょう。
 
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

iPhone7を予約して発売日近くに在庫を確保した時の機種の価格

iphone7の価格

iPhone7の価格は購入先によって若干変動します。
ソフトバンク、ドコモ、auにおけるiPhone7の価格を下記にまとめました。
各社とも機種代金割引があるので、「実質負担金」の項目が実質的な機種代金と考えて問題ありません。
 
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

新規・MNP乗り換えの場合

iPhone7の発売日における価格

モデル  キャリア 分割支払金
(支払い総額)
機種代金割引
(割引総額)
実質負担金
(実質負担額総額)
32GB ソフトバンク 3,670円
×24ヵ月
(88,080円)
-3,220円
×24ヵ月
(-77,280円)
450円
×24ヵ月
(10,800円)
ドコモ 3,429円
×24ヵ月
(82,296円)
-2,322円
×24ヵ月
(-55,728円)
 1,107円
×24ヵ月
(26,568円)
au  3,300円
×24ヶ月
(79,200円)
 2,850円
×24ヶ月
(-68,400円)
 450円
×24ヶ月
(10,800円)
128GB ソフトバンク 4,160円
×24ヵ月
(99,840円)
-3,230円
×24ヵ月
(-77,520円)
930円
×24ヵ月
(22,320円)
ドコモ  3,915円
×24ヵ月
(93,960円)
 -2,322円
×24ヵ月
(-55,728円)
 1,593円
×24ヵ月
(38,232円)
au  3,780円
×24ヶ月
(90,720円)
 2,850円
×24ヶ月
(-68,400円)
 930円
×24ヶ月
(22,320円)
256GB ソフトバンク 4,660円
×24ヵ月
(111,840円)
-3,235円
×24ヵ月
(-77,640円)
1,425円
×24ヵ月
(34,200円)
ドコモ  4,401円
×24ヵ月
(105,624円)
 -2,322円
×24ヵ月
(-55,728円)
 2,079円
×24ヵ月
(49,896円)
au  4,275円
×24ヶ月
(102,600円)
 2,850円
×24ヶ月
(-68,400円)
 1,425円
×24ヶ月
(34,200円)

新規・MNP乗り換えにおけるiPhone7の実質負担金は、ソフトバンクとauで同額です。
ドコモはソフトバンク、auに比べると1.5~2倍の実質負担金となっています。

iPhone7 plusの発売日における価格

モデル 分割支払金
(支払い総額)
機種代金割引
(割引総額)
実質負担金
(実質負担額総額)
32GB ソフトバンク 4,160円
×24ヵ月
(99,840円)
-3,140円
×24ヵ月
(-75,360円)
1,020円
×24ヵ月
(24,480円)
ドコモ 4,023円
×24ヵ月
(96,552円)
-2,349円
×24ヵ月
(-56,376円)
1,674円
×24ヵ月
(40,176円)
au 3,870円
×24ヶ月
(92,880円)
2,850円
×24ヶ月
(-68,400円)
1,020円
×24ヶ月
(24,480円)
128GB ソフトバンク 4,750円
×24ヵ月
(114,000円)
-3,235円
×24ヵ月
(-77,640円)
1,515円
×24ヵ月
(36,360円)
ドコモ 4,509円
×24ヵ月
(108,216円)
-2,349円
×24ヵ月
(-56,376円)
2,160円
×24ヵ月
(51,840円)
au 4,365円
×24ヶ月
(104,760円)
2,850円
×24ヶ月
(-68,400円)
1,515円
×24ヶ月
(36,360円)
256GB ソフトバンク 5,250円
×24ヵ月
(126,000円)
-3,240円
×24ヵ月
(-77,760円)
2,010円
×24ヵ月
(48,240円)
ドコモ  4,995円
×24ヵ月
(119,880円)
 -2,349円
×24ヵ月
(-56,376円)
 2,646円
×24ヵ月
(63,504円)
au  4,860円
×24ヶ月
(116,640円)
 2,850円
×24ヶ月
(-68,400円)
 2,010円
×24ヶ月
(48,240円)

新規・MNP乗り換えにおけるiPhone7 plusの実質負担金は、ソフトバンクとauで同額です。
ドコモはソフトバンク、auに比べると1.3~1.6倍の実質負担金となっています。

機種変更の場合

iPhone7の発売日における価格

モデル  キャリア 分割支払金
(支払い総額)
機種代金割引
(割引総額)
実質負担金
(実質負担額総額)
32GB ソフトバンク 3,670円
×24ヵ月
(88,080円)
-2,815円
×24ヵ月
(-67,560円)
855円
×24ヵ月
(20,520円)
ドコモ 3,429円
×24ヵ月
(82,296円)
-2,322円
×24ヵ月
(-55,728円)
1,107円
×24ヵ月
(26,568円)
au 3,300円
×24ヶ月
(79,200円)
2,445円
×24ヶ月
(-58,680円)
855円
×24ヶ月
(20,520円)
128GB ソフトバンク 4,160円
×24ヵ月
(99,840円)
-2,825円
×24ヵ月
(-67,800円)
1,335円
×24ヵ月
(32,040円)
ドコモ 3,915円
×24ヵ月
(93,960円)
-2,322円
×24ヵ月
(-55,728円)
1,593円
×24ヵ月
(38,232円)
au 3,780円
×24ヶ月
(90,720円)
2,445円
×24ヶ月
(-58,680円)
1,335円
×24ヶ月
(32,040円)
256GB ソフトバンク 4,660円
×24ヵ月
(111,840円)
-2,830円
×24ヵ月
(-67,920円)
1,830円
×24ヵ月
(43,920円)
ドコモ  4,401円
×24ヵ月
(105,624円)
 -2,322円
×24ヵ月
(-55,728円)
 2,079円
×24ヵ月
(49,896円)
au  4,275円
×24ヶ月
(102,600円)
 2,445円
×24ヶ月
(-58,680円)
 1,830円
×24ヶ月
(43,920円)

機種変更におけるiPhone7の実質負担金は、ソフトバンクとauで同額です。
ドコモはソフトバンク、auに比べると1.1~1.3倍の実質負担金となっています。

iPhone7 plusの発売日における価格

モデル  キャリア 分割支払金
(支払い総額)
機種代金割引
(割引総額)
実質負担金
(実質負担額総額)
32GB ソフトバンク 4,160円
×24ヵ月
(99,840円)
-2,735円
×24ヵ月
(-65,640円)
1,425円
×24ヵ月
(34,200円)
ドコモ 4,023円
×24ヵ月
(96,552円)
-2,349円
×24ヵ月
(-56,376円)
1,674円
×24ヵ月
(40,176円)
au 3,870円
×24ヶ月
(92,880円)
2,445円
×24ヶ月
(-58,680円)
1,425円
×24ヶ月
(34,200円)
128GB ソフトバンク 4,750円
×24ヵ月
(114,000円)
-2,830円
×24ヵ月
(-67,920円)
1,920円
×24ヵ月
(46,080円)
ドコモ 4,509円
×24ヵ月
(108,216円)
-2,349円
×24ヵ月
(-56,376円)
2,160円
×24ヵ月
(51,840円)
au 4,365円
×24ヶ月
(104,760円)
2,445円
×24ヶ月
(-58,680円)
1,920円
×24ヶ月
(46,080円)
256GB ソフトバンク 5,250円
×24ヵ月
(126,000円)
-2,835円
×24ヵ月
(-68,040円)
2,415円
×24ヵ月
(57,960円)
ドコモ 4,995円
×24ヵ月
(119,880円)
-2,349円
×24ヵ月
(-56,376円)
2,646円
×24ヵ月
(63,504円)
au  4,860円
×24ヶ月
(116,640円)
 2,445円
×24ヶ月
(-58,680円)
 2,415円
×24ヶ月
(57,960円)

機種変更におけるiPhone7の実質負担金は、ソフトバンクとauで同額です。
ドコモはソフトバンク、auに比べると1.1~1.2倍の実質負担金となっています。

ソフトバンクの発売日における機種代金の特徴

shibuya_hachikou201409211318064c_tp_v

ソフトバンクは3社の中では機種代金そのものは一番高く設定されています。
しかし、割引額も一番大きく、3社の中ではauと並んで実質負担金が最安値に設定になっています。
また、機種変更した時よりも新規・MNP乗り換えした時の方が割引額は大きいです。

ドコモの発売日における機種代金の特徴

ドコモは3社の中では機種代金そのものはソフトバンクに次いで2番目に高いです。
しかしながら割引額が3社中最も低く、実質負担金が一番大きいです。
新規・MNP乗り換えと機種変更の間で割引額に差はありません。

auの発売日における機種代金の特徴

auは3社の中では機種代金が最も安く設定されています。
割引額は3社中ソフトバンクに次いで2番目に大きいです。
結果として実質負担金は全ての機種でソフトバンクと同額になっています。
ソフトバンクと同様に機種変更した時よりも新規・MNP乗り換えした時の方が割引額は大きいです。
 
今からiPhone7を手に入れるにはWebでオンライン予約するのが、お得で一番早いでしょう。
乗り換えたいキャリアのサイトから申し込みましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop

追記: Apple直販で購入する時の待ち時間【9月22日時点】

iPhone7が発売されて一週間が経ちました。
事前予約していなかった人はiPhone7の入荷待ち状態に陥っているかと思います。
現在のApple直販での出荷予定日をモデルごとにまとめました。
今のところ、ジェットブラックを除いて出荷までに2-3週程度かかるようです。

iPhone7の出荷予定日

32GB 128GB 256GB
ジェットブラック 3-5週 3-5週
ブラック 2-3週 1-2週 2-3週
シルバー 2-3週 2-3週 2-3週
ゴールド 2-3週 2-3週 1-2週
ローズゴールド 2-3週 2-3週 2-3週

iPhone7 Plusの出荷予定日

32GB 128GB 256GB
ジェットブラック 11月 11月
ブラック 2-3週 2-3週 2-3週
シルバー 2-3週 2-3週 2-3週
ゴールド 2-3週 2-3週 2-3週
ローズゴールド 2-3週 2-3週 2-3週

まとめ

iPhone7の在庫を発売日近くで確実に確保したいのなら、すぐにでも予約を入れましょう。
ソフトバンクの場合:『おとくケータイ』『SoftBank Online Shop
auの場合:『au Online Shop
ドコモの場合:『docomo Online Shop
 
以下の順で在庫は確保しやすいです。

  1. 携帯電話キャリアの公式オンラインショップ
  2. 家電量販店・Webの代理店・携帯ショップ
  3. Apple直販

ただし、Apple直販は機種割引が無いです。
携帯電話キャリア3社でiPhone7の発売日における機種代金実質負担額を比較すると、ソフトバンクとauが同額で、ドコモが1.1~2倍ほど高いです。

こちらの記事もご参考になさってください

iPhone7の連絡先の移行のスムーズなやり方は?キャリア別に完全解説!
iPhone7の機種変更で誰より得するための7つのコツ
iPhone7ケース・カバー・アクセサリー人気ランキング

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-iPhone7

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.