iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

iPhone7へのデータ移行の方法とバックアップの仕方について

投稿日:

 
新たに機種変更をした場合、少し面倒なのがデータの移行ですよね。
特にまったく馴染みのない機種に変更した場合など、どうすればいいのかよく分からない人も多いのでは?
ここでは連絡先や写真などのiPhone7へのデータ移行に関する方法をまとめてみました。特に絶対消したくない連絡先のデータ移行に関しては、大手キャリアごとの方法をご紹介しています。
データ移行には必須のバックアップについてもまとめていますので、これからiPhone7にしようかどうか検討中の方に参考にしていただければ幸いです。

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次

1. iPhoneからiPhone7へデータ移行する方法
1.1 インターネットにつないだPCでデータ移行
1.2 PCがない場合
1.3 自宅にWi-Fiスポットがない場合
2 android端末からiPhone7へデータ移行する方法
2.1 アプリを使う
2.2 事前にやっておくと安心なこと
3.DOCOMOからiPhone7へ連絡先を移行する方法
3.1 DOCOMOのandroidからiPhone7へ移行する
3.2 DOCOMO携帯(ガラケー)からiPhone7へ移行する
4.SoftBankからiPhone7へ連絡先を移行する方法
4.1 SoftBankのandroid端末からiPhone7へ移行する
4.2 SoftBank携帯(ガラケー)からiPhone7へ移行する
5 auからiPhone7に連絡先を移行する方法
5.1 au Cloudを利用して移行する
5.2 auスマートパスを利用して移行する
5.3 au携帯(ガラケー)の場合
6 ポイントはデータのバックアップ
6.1 バックアップする前にアプリの整理
6.2 iPhoneのバックアップ方法
6.3 iCloudを使ったバックアップ方法
6.4 iTunesを使ったバックアップ方法
7 iPhoneバックアップができない原因と対処方法
7.1 iCloudでバックアップができない原因は?
7.2 itunesでバックアップができない場合は?
7.3 どうしてもバックアップできない場合の対処法
8 まとめ
 

iPhoneからiPhone7へデータ移行する方法

iphone7black123
iPhone 7など新しいiPhoneへ機種変更した場合、古い端末からのデータ移行(引き継ぎ)は必須の作業になります。
iPhoneからiPhoneへの機種変更では、iTunesやiCloudを利用してバックアップを作成し、現在の利用環境を新端末へ引き継いで、そのまま復元することが可能です。
以下で詳しく説明します。

1.1 インターネットにつないだPCでデータ移行

今使っているiPhoneからiPhone7にデータを引き継ぐには、iTunesかiCloudを利用します。パソコン(Windows PC、Mac)があるなら、iTunesを利用するのが簡単な方法です。すべてのデータをPCに保存した後、新しいiPhoneにデータを転送します。
iTunesは下記より入手できます。
http://www.apple.com/jp/itunes/download/
まずはiTunesで旧iPhoneからデータのバックアップをとりましょう。
その後iPhone7に、PCに保存したバックアップデータを復元します。iTunes経由の復元なら、転送に時間がかかりますが古いiPhoneのデータを一度に転送できます。転送中はケーブルを抜かないよう注意しましょう。
なお、復元をおこなっても、ミュージックライブラリにある音楽は転送されませんので再度ダウンロードを実行するか、iTunes経由で転送し直しましょう。
また、アプリ内課金などを利用して追加したコンテンツも復元されません。復元を実行した後、それぞれのアプリを起動して機能のリストアを行ってください。

1.2 PCがない場合

PCがない場合は、iPhoneから新iPhone7への機種変更時の引き継ぎには、iCloudを利用します。旧iPhoneのデータをWi-Fi経由でクラウドにアップロードし、新しい端末に復元するという手順です。
その際に注意したいのはiCloudの容量です。標準(無料)で5GBまでは利用できますが、容量が不足するとバックアップできません。その場合、容量を追加購入するか、写真やビデオなどサイズの大きなデータをバックアップ対象から外す必要があります。簡単な対策としては、あらかじめ不要なデータは整理しておくことをお勧めします。
バックアップが終了したら、 iCloudから、iPhone7へデータの復元をします。この作業はWi-Fiに接続できる環境で行いましょう。
復元後にはTouch IDや端末のパスコードについては、新しく設定し直す必要があります。そちらの再設定ができたらデータ移行は完了です。

1.3 自宅にWi-Fiスポットがない場合

自宅にWi-Fi環境がない場合、フリーのWi-Fiスポットを使用することも可能です。最近では飲食店や駅などで使えるフリーのWi-Fiスポットが増えていますので、そのような場所を有効に使うのもいいかもしれません。
iPhoneのデータ移行のためのバックアップはもちろんですが、アップデートなども出来るので上手に使えばとても便利です。
さらに通信制限が来てしまった場合の、強い味方にもなってくれますので、近くのフリーWi-Fiスポットはチェックしておくとよいでしょう。

android端末からiPhone7へデータ移行する方法

150917movetoios1
android端末からiPhone7へ機種変更する時はiTunesやiCloudが使用できません。しかし、iOS 9以降では「Move to iOS」というApple公式のandroidアプリを使って、android端末からiPhoneへのデータ移行をスムーズに行うことができます。
以下で詳しく説明します。

2.1 アプリを使う

アプリを使ってデータ移行できる内容は、連絡先やメッセージ(SMS)、写真・動画、ブラウザのブックマーク、Googleアカウント、カレンダーなどです。同一ネットワーク(Wi-Fi)に接続していれば、これらデータを安全かつ簡単に移行できるので安心です。
まず移行したいデータの入ったandroidでの準備から説明します。
まずは、android端末にGoogle Playから「Move to iOS」アプリをインストールします。この時から、Android端末を自宅など安定したWi-Fiネットワークに接続しておきましょう。アプリを起動したら続けるをタップして進み、利用規約をよく読んで同意します。
今度はiPhone7でデータ受信の準備をします。
Android端末が接続しているWi-Fiネットワークに、移行先のiPhoneでも接続します。データ移行は、iOS 9以降を搭載したiPhoneにおいて初期設定中におこなうことができます。
画面の指示通り進めていくと、10ケタの数字(コード)が表示されます。
これを、今度はandroid端末のほうへ入力します。
データ転送をクリックするとデータ移行が始まります。「転送が完了しました」と表示されればデータ移行は完了です。

2.2 事前にやっておくと安心なこと

アプリによっては機種変更をおこなうための準備が必要なものもあります。例えばLINEは、メールアドレスの登録、もしくはFacebook連携を済ませておかないと、新しい端末で本人確認を行うことができないようです。
また、プレイデータの引き継ぎに、引き継ぎコードの発行やデータのバックアップが必要なゲームアプリもあります。
それぞれのアプリでデータの移行方法を確認し、準備しておくと安心ですね。

DOCOMOからiPhone7へ連絡先を移行する方法

sd-card-34041_640
ここではパソコンとSDカードを利用した電話帳データの移行方法についてご案内します。
この移行方法では「電話帳変換ツール」を使用するため、ドコモサイト内にて「電話帳変換ツール」を提供しています。
「電話帳変換ツール」をダウンロードをする場合は、事前に使用許諾契約書を必ず読んでおきましょう。

3.1 DOCOMOのandroidからiPhone7へ移行する

まずはPlayストアで「JSバックアップ」というアプリをダウンロードしておきます。JSバックアップを起動したら画面の指示に沿って進めましょう。「JSバックアップ」の画面が表示されたら「かんたんデータ移行」を選択します。
【データを取り出す】→【無料プラン】を選択、パスワードを設定後
【データ取り出しスタート】を押します。
QRコードが表示されればデータを保存できたことになります。
同じくiPhone7でもApple Storeから「JSバックアップ」をダウンロードしておきます。
【かんたんデータ移行】→【データを取り込む】→【QRコード読み取り】を選択します。
先ほどのQRコードを読み取り、先ほど設定したパスワードを入力、【このパスワードで実行】を選択し、【データを取り込みスタート】を選択すればデータが移行されます。

3.2 DOCOMO携帯(ガラケー)からiPhone7へ移行する

ガラケーからのデータ移行の場合、機種によって方法が違いますので、ここではおおまかな流れをご紹介します。
まず、携帯電話に登録されている電話帳をmicroSDにコピーしておきます。
例)【メニューボタン】→【便利ツール】→【microSD】→【microSDデータ参照】で右ボタンを押します。そして電話帳を選択し【microSDへコピー】を選びます。
次に、コピーしたデータをお使いのPCに取り込み、「電話帳変換ツール」を使ってデータをiPhone用に変換します。
その後、SDカードをPCに接続します。MacなどのカードスロットがないPCをお使いの方はUSBケーブルなどを利用するといいでしょう。そして電話帳変換ツールを起動し、SDカード内の電話帳データファイルを選択します。
【変換する】→【正常に終了しました】→【OK】と進みデータをメールに添付しiPhone7に送信します。
そのデータをiPhone7で読み込み、【〇〇件全ての連絡先を追加】→【新規連絡先を作成】を選択すれば移行は完了です。

SoftBankからiPhone7へ連絡先を移行する方法

160907_iphone7all1
ここではSoftBankからiPhone7へ連絡先を移行する方法を説明します。

4.1 SoftBankのandroid端末からiPhone7へ移行する

まずはAndroid端末とiPhone7の両方で「あんしんバックアップ」というアプリをダウンロードしておきます。
アンドロイド端末でアプリを起動します。
【保存】→【サーバーにデータを保存】→連絡先のデータを選択し【実行】と進めましょう。これでデータのバックアップは完了です。
次に、iPhone7でアプリを起動します。
【電話帳の読み込み】→先程保存したデータを選択して【読み込み開始】
以上で完了です。

4.2 SoftBank携帯(ガラケー)からiPhone7へ移行する

SoftBankでandroid以外の端末をこれまで使っていた場合、SoftBankショップの専用機器を使う方法と「S!電話帳バックアップ」を利用する方法の2種類があります。
専用機器については実際に店舗に行く必要があるので、そこでスタッフの方に確認するのが確実です。
次に、「S!電話帳バックアップ」を利用する場合の方法です。
こちらも機種により方法が異なるのでご紹介できるのはあくまで一例になりますので参考までに。
例)【S!電話帳バックアップ】→【同期開始】→【通常周期】
と進みます。
暗証番号(初期設定値は取扱説明書参照)
【同期を開始しますか?】→【はい】を選択しましょう。
これでバックアップが完了となります。
その後、iPhone7で「あんしんバックアップ」を起動します。
指示に従って進むと「電話帳の保存」または「電話帳の読み込み」という選択肢が出てきますので、その画面の右上にあるを選択してください。
そうすると【携帯電話から電話帳読み込み】とありますので【実行】を選択します。
これで移行は完了です。

auからiPhone7に連絡先を移行する方法

au logo
auの場合、iPhone7に連絡先を移行する方法が幾つかあります。
android端末の場合は「au Cloud」を利用する方法と「auスマートパス」を利用する方法があります。
以下で詳しく説明します。

5.1 au Cloudを利用して移行する

まず「au Cloud」と、もし「Friends Note」がダウンロードされていなければダウンロードしておきます。そしてまず、「au Cloud」を起動しましょう。
起動後は指示に沿って進みます。初期確認が終わると、
【預ける】【復元する】【預けた写真・動画を確信する】と出てきますので、ここでは【預ける】を選択します。
【サーバに保存】→【はい】を選択しましょう
利用規約に同意すればバックアップは完了です。
その後、iPhone7で「データお預かり」アプリをダウンロードし、起動します。
【機種変更/その他】→【データ移行】→【データを戻す】と進み、アドレス帳を選択し【戻す】を選択します。
これで移行は完了になります。

5.2 auスマートパスを利用して移行する

まずアプリキーから【設定】を選びます
【au設定メニュー】→【データを移行する】→【同意する】→【データを保存する】→【auスマートパスに預ける】→【au IDを設定】→【au IDの設定・保存】→【OK】と進み、データを選択し【預ける】を選択します。
これで完了になります。
その後、iPhone7で「データお預かり」アプリをダウンロードし、起動します。
【機種変更/その他】→【データ移行】→【データを戻す】と進み、アドレス帳を選択し【戻す】を選択します。
これで移行は完了になります。

5.3 au携帯(ガラケー)の場合

au携帯の場合、こちらもまた機種によって方法が異なるので一例をご紹介します。
例)まずセンターキーを押して【安心安全】→【データお預かり】と進み、利用規約とプライバシーポリシーに同意します。
【利用開始】→【auスマートパスのサーバに預ける】→【auスマートパスのサーバにアドレス帳や写真を預ける】→預けるデータを選択し【次へ】
これで完了です。
その後、iPhone7で「データお預かり」アプリをダウンロードし、起動します。
【機種変更/その他】→【データ移行】→【データを戻す】と進み、アドレス帳を選択し【戻す】を選択しましょう。
これで移行は完了になります。
その後、iPhone7で「データお預かり」アプリをダウンロードし、起動します。
【機種変更/その他】→【データ移行】→【データを戻す】と進み、アドレス帳を選択し【戻す】を選択します。
これで移行は完了になります。

ポイントはデータのバックアップ

0815a373ab166309f61ea25636969616_s
キャリア別データの移行で共通するのは、【データのバックアップ】→【iPhone7に移行】という作業。特にバックアップは移行の際だけではなく、端末の故障などによりデータが消えてしまったりということを防ぐ意味でもとても重要です。
ここではバックアップ方法さらに詳しく説明します。

6.1 バックアップする前にデータの整理

2.2でも書きましたが、バックアップ前にやっておきたいことはデータの整理です。バックアップには容量がありますので、それを超えた場合は必要なデータを選択するか容量を増やすなどの対応をしなければなりません。そのための最も簡単な事前対応がデータの整理です。写真やメールだけでなく、アプリも忘れずに整理しておきましょう。

6.2 iPhoneのバックアップ方法

ここではiPhoneのバックアップ方法についてさらに詳しくお伝えします。
まず、iPhoneのバックアップは大きくわけて2つの方法があり、ひとつはiCloudの利用、もうひとつがiTunesの利用でした。
前者は、Wi-Fi環境が必須でiCloudの容量次第ではすべてをバックアップすることはできません。後者は、PCやMacに接続してバックアップを取るのでPC側の空き容量次第ということになります。ただ、最近はPCを持たない人もいるので、そうなるとiCloudを使ってバックアップするという方法のみになってくると思います。
次からiCloudを使ったバックアップについて詳しく説明します。

6.3 iCloudを使ったバックアップについて

ここではiCloudを使ったバックアップについてさらに詳しく説明します。
iCloudを使うにはWi-Fi環境が必須です。モバイルWi-Fiでも可能ですが、転送するデータ量はギガバイト単位にりますので、月額利用量を超えてしまう可能性が高く、お勧めできません。自宅にネット回線を引いていない場合は、有料・無料で使えるWi-Fiスポットやサービスなどを利用しましょう。
iCloudでバックアップするには、[設定]の [iCloud]で行います。
iCloudを利用するにはストア購入用と同じAppleIDが使えます。AppleIDは初期設定のとき設定アシスタントを省略していなければ、設定しているはずですので確認しておいてください。
無事にiCloudにサインインできたら、自分のアカウント情報や容量、バックアップする項目などが確認できます。iCloudを無料で使える容量は5GBありますが、すでにバックアップを行っていれば、空き容量が減っている可能性もありますので気を付けましょう。
なお、バックアップが可能なのは以下のような項目になります。
音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
写真※ただしiCloudフォトライブラリがオフのとき
デバイス設定
Appデータ
ホーム画面とAppの配置
iMessage、テキスト(SMS)、およびMMSメッセージ
着信音
Visual Voicemail
動作状態データ
ホームキット構成音楽や映画など購入したコンテンツは、バックアップには含まれず、復元するときに購入したストアからダウンロードされます。
iPhoneで撮影した動画や写真は、随時バックアップできますが、5GBの容量だとすぐに一杯になるため警告メッセージが頻繁に現われてしまう可能性があります。警告メッセージが出た場合は、容量をアップすることで対応できます。
[容量]の[さらに容量を購入]をタップすると、有料ですが容量をアップできます。移行するときだけ一時的に容量をアップするのも可能です。使用しているiPhoneの容量と写真や動画の保存量に合わせて選択しましょう。
お金は掛けたくない場合は、[写真]の[iCloudフォトライブラリ]をオフにします。すでに容量が足りない場合は、[容量]の [ストレージを管理]にある[iCloudフォトライブラリ]で[無効にして削除]を選択します。
その上で、GoogleフォトやAmazonのプライム会員ならAmazonクラウドといったサービスを利用するのも選択肢の一つとして有効です。どちらも写真に関しては容量無制限で保存できるのであると大変便利です。
また、お金はかかりますが確実にバックアップできるのが、Lightning端子に直接させるUSBメモリーを購入することです。どこかにバックアップしておかないと、iPhoneを紛失してしまったり壊れてしまった場合に取り返しの付かないことになりかねません。写真や動画のバックアップ定期的なクラウドサービスの利用が難しい場合は、USBメモリーに保存するのが安心できてオススメです。

6.4 iTunesを使ったバックアップ方法

ここではiTunesを使ったバックアップについて詳しく説明します。
iTunesを利用すれば、カンタンにバックアップすることができます。まずはiTunesのアプリをインストールしておき、USBケーブルでPCに接続すれば、iTunesが自動的に同期を始めます。
画面上にあるiPhoneのアイコンをクリックすると、概要が表示されバックアップができます。すでにiCloudにバックアップする設定をしている場合は、[iCloud]にチェックされているはずです。PCにバックアップするときは、[このコンピュータ]にチェックし、[今すぐバックアップ]をクリックします。
このとき[iPhoneのバックアップを暗号化]にチェックしパスワードを設定すると、iCloudではバックアップされないアカウントのパスワードやヘルスケアデータなどもバックアップできるので便利な機能です。
次に[概要]を選択し、[バックアップ]からいますぐバックアップをクリックします。
ただ、アプリが利用するためにiTunesやUSBメモリーで転送したデータ(画像や音楽、文書など)は消える可能性もあるので、それぞれの方法でバックアップを取っておいたほうが安心です。
iTunesによるバックアップのほうが、すべてのバックアップが行えるうえ、容量をあまり気にせずできるのでPCをお持ちの方はこちらのほうがオススメです。

iPhoneバックアップができない原因と対処方法

%e6%82%a9%e3%81%bf%e4%b8%ad
正しい手順を踏んだにもかかわらず、きとんとバックアップできない場合もあるかもしれません。その場合に考えられる原因と対策についてまとめてみました。

7.1 iCloudでバックアップができない原因は?

考えられる原因の1つ目は、Wi-Fiで接続されている環境であること、iPhoneが充電中でないこと、電源につながっていること、iPhoneがロック中であることのいずれかの条件が整っていないことが考えられます。バックアップできない場合は、まず上記の条件を満たすかどうかを確認しましょう。
2つ目は、十分な空き容量があるかどうかです。これはバックアップができない原因として最も可能性が高いと考えられます。必用であれば不要なデータを削除するか、iCloudの容量を増やすことで対処できます。
3つめは、バックアップの条件を満たしていて、十分な空き容量もあるのに原因不明のエラーが頻繁に出る場合は、iOSデバイスを再起動させてみるのも有効です。
上記方法を試してもバックアップできない場合は、iCloudアカウントを以下の手順に沿って再度サインインしてみてください。
<再度サインイン手順>
1、【設定]→[iCloud]へ進み→最下部にある[サインアウト]をタップします
2、ポップアップが表示されたら、再び[サインアウト]をタップします
3、[iPhoneから削除]をタップ。(iCloud上には保存されたままなので後で復元できます)
4、Apple IDパスワードを入力してオフにします
5、再びログインしてiCloudバックアップを再試行します

7.2 itunesでバックアップができない場合は?

「iPhone を同期できません。不明なエラーが発生しました (-54) 。」
上記のようなエラーコードが出て、バックアップが完了しない場合が多くあるようです。
そのためここでは上記エラーコードに対する対処方法をいくつかまとめてご紹介します。
1つ目は、コンピュータまたは iOS デバイス上のファイルがロックされていると、iTunes 不明なエラー54が起きることがあります。たいていの場合は、メッセージの下部にある「OK」をクリックすれば、iTunes同期が継続します。
2つ目は、iTunes同期できない場合は、コンピュータと iOS デバイスを再起動するのも有効です。また、必ず最新バージョンの iTunes を使い、デバイスに最新のソフトウェアアップデートを適用しているかを確認しましょう。最新でない場合はアップデートしてください。
3つ目は、フォルダのプロパティにある属性変更のチェックを外してみるといいかもしれません。または権限エラーの可能性もあるため、iTunesアイコンを右クリックし、プロパティを選択し、セキュリティ>詳細設定>編集>所有者の順で進み、現在使用しているユーザーに権限を与えることで解決する可能性もあるので一度試してみましょう。

7.3 どうしてもバックアップできない場合の対処法

上記の対処方法をとってもどうしてもバックアップできない場合は、代替ソフトを使用する方法もあります。
お勧めなのは、WinX MediaTransというソフトです。iPhoneとパソコンを接続すると、クリックだけでiPhoneの音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをバックアップできます。iTunesやiCloudの代わりに、使ってみるのもいいでしょう。

まとめ

3
iPhoneからiPhone7へのデータ移行はitunesとicloudを使用して行います。Wi-Fi環境は必須ですので、Wi-Fi環境が無い場合は、公共のフリーWi-Fiスポットを使うか、この際自宅にWi-Fi環境を作ってみてもいいかもしれません。
androidからiPhone7へのデータ移行には専用のアプリが必要ですので事前にダウンロードしておきましょう。
どちらのデータ移行をするにしてもバックアップが重要です。何かとめんどうに感じるデータ移行ですが、スムーズにできるといいですね。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.