iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

iPhone7Plusを知らない方のために!iPhone7Plusのスペックや口コミ等についてまとめてみました!

投稿日:

今話題沸騰中の端末「iPhone7Plus」について今回は、徹底的にわかりやすく詳しくまとめてみました。その中でも、特にこのiPhone7Plusにおすすめの格安SIMも記事内でご紹介してますので、是非ともご参考にしていただければと思います。

また、iPhone7Plusにぴったりのケースやカバーもご紹介してますので、そちらもよければご一緒にご購入してみてはいかがでしょうか?
yjimage-1

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈iPhone7Plusとは?
⒈1iPhone7Plusのスペック
⒈2iPhone7Plusのおすすめのポイント!
⒉iPhone7Plusの特徴と注意点
⒉1iPhone7Plusのカメラの性能
⒉2iPhone7Plusの注意点とは?
⒊iPhone7Plusにおすすめのケースとカバーについて
⒊1JEDirect クリアバックケース
⒊2Spigen リキッド・クリスタル
⒊3Spigen ラギッド・アーマー
⒊4Spigen リキッド・アーマー
⒋iPhone7Plusのメリット・デメリットは?
⒋1iPhone7Plusのメリット
⒋2iPhone7Plusのデメリット
⒌iPhone7Plusにおすすめの格安SIM
⒌1そもそも格安SIMとは何なのか?
⒌2格安SIMはこんなもの!
⒌3こんな格安SIMがおすすめだ!
⒍iPhone7Plusの評価・評判について
⒍1iPhone7Plusの口コミ
⒍2iPhone7Plusの評価
⒎まとめ

⒈iPhone7Plusとは?

724bd01dee7d09ba4ed0786aaf60b943_s

⒈1iPhone7Plusのスペック

まず最初に、iPhone7Plusのスペックからご紹介していきます。
・サイズ:高さ 約158.2 × 幅 約77.9 × 厚さ 約7.3mm
・重量:約188g
・OS:iOS 10
・チップセット:A10 Fusion + M10モーションコプロセッサ
yjimage
・RAM:3GB
・ROM:32 / 128 / 256GB
・ディスプレイ:5.5インチ FHD(1920 × 1080)
・カメラ:アウトカメラ 約1,200万画素(広角カメラと望遠カメラ)
61b7268528a3fbb7af0312f6b0184e24_s
・インカメラ:約700万画素
・カラー:ローズゴールド・ゴールド・シルバー・ブラック・ジェットブラック(128GBと256GBのモデル限定)
プロセッサとグラフィックスの処理速度はiPhone 6s Plusの約1.5倍になっています。1年間iPhone 6s Plusを使っていた筆者ですが、性能の向上を体感できなかったというのが正直な感想です。3Dグラフィックスを駆使したゲームをプレイしたり、数世代前のiPhoneから乗り換えた場合は違いを感じられるでしょう。
adult-1869430_960_720
A10 Fusionチップセットで性能以上に注目して欲しいのは、高性能コアと高効率コアがそれぞれ2つで計4コアの構成になっているところです。iPhone 6s Plusよりバッテリー容量が微減しながらも持ち時間が長くなったのはA10 Fusionの恩恵といえます。
mobile-phone-2398346_960_720

⒈2iPhone7Plusのおすすめのポイント!

iPhone 7 Plusのいいところを挙げるときりがないので、3点に絞って紹介します。まずはカメラです。iPhone 7 Plusは、広角と望遠の2つのカメラを搭載しており、光学2倍ズームを実現しています。デジタルカメラと比べると、たったの2倍と思うかもしれないが、できるとできないとでは大きく違います。電車や人物など近寄りにくい被写体を撮るのには、この上なく便利です。望遠ならではの圧縮効果により、収まりのよい写真が撮れるのもポイントです。
workplace-1245776_960_720
また、使い方は、「1x」のボタンをタップするだけです。このまま右の方に指を動かすとデジタルズームとなり、最大10倍ズームが可能です。デジタルズームにすると画質は落ちるが、SNSにアップする程度なら、4倍、5倍くらいは許容範囲ではないでしょうか。これまでのiPhoneと同じように、ピンチアウトでもズームできます。ビデオ撮影でもズームは可能だが、1xボタンでズームをすると、がくっと画角が変わるので、ピンチアウトでズームするといいでしょう。
yjimage-4のコピー2
肝心の画質もアップしています。特に2年前のモデルである「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」のユーザーなら、800万画素から1200万画素への画素数のアップという恩恵を受けられます。撮り比べてみると、鮮やかさが増しているのが一目でわかるほどです。レスポンスも軽快で、ついついたくさん撮ってしまいます。日付や場所の情報をもとに、自動でスライドショーを作成してくれる「iOS 10」の新機能「メモリー」を使えば、見るのも楽しいです。

⒉iPhone7Plusの特徴と注意点

yjimage-4

⒉1iPhone7Plusのカメラの性能

まずはiphone7plusのカメラ成功を確認してみましょう。まずはリアカメラの性能を見ていきます。フロントカメラは800万画素ですが、iphone7と同じなのでこの記事ではとりあえず後回しにしますね。
yjimage-4
・手ぶれ補正機能を使ったLivePhotos 6枚構成レンズ
・焦点距離は広角レンズが28mmF1.8
・焦点距離は望遠レンズが56mmF2.8
・1200万画素のアウトカメラ
adefcad245ad8047d847e10cfe34547f_m
・光学手ブレ補正
・ハイスピードセンサー
・クアッドLEDフラッシュライト
・アップル設計のISPで処理能力高速化
・広い色域
a1dd320bbfdb7f42f9cdd323968f879f_m
こんな感じでレンズが2つついている以外はiphone7と同じなんですけど光学手ぶれ補正に望遠レンズ付。なかなかのスペックです、流石に一眼レフカメラで撮影した画像と一緒にパソコンで見ると画質の差が結構ありますね。写真をみるサイズによってはコンパクトカメラなんてもういらないねっていう画質に思えます。
74c706b9c82d53324e08733837931ca5_m

⒉2iPhone7Plusの注意点とは?

気になるところは、おそらく多くのiPhone 7/7 Plusユーザーや購入検討者が感じている点と同じだと思います。1つ目はシャッター音。いろいろと言われている通り、かなり大きな音が鳴ります。ステレオスピーカーになったことで、これまでのようにスピーカー部分を指で覆って、音を小さくするという技も使えないです。
776276b6c7edde271d99a3f8d8313999_m
仕事柄、スクリーンショットを撮ることが多いのだが、このときも大きな音が鳴ります。盗撮防止という狙いはわかるが、大きすぎると感じるユーザーは少なくないはずです。

⒊iPhone7Plusにおすすめのケースとカバーについて

yjimage-3

⒊1JEDirect クリアバックケース

バンパー部分の素材はTPU、背面はポリカーボネートを使用したクリアバックケース。TPUはウレタンゴムの一種で、弾力性がありながらも非常に強靭な素材です。一方、ポリカーボネートは見た目は薄いプラスチックのようですが、シューティンググラス(銃を撃つときに目を保護するメガネ)にも使われる耐衝撃性に優れた素材。
3bcbde5adc1658106d2b7846f22b88e9_s
iPhoneをしっかり保護してくれ、各ボタン類も押しやすい作りになっています。値段も1,000円前後からとかなり安くコスパ最強系の代表といえるケースです。本命ケースが見つかるまでの繋ぎとして使うのもありです。
pokemon-go-1581159_640
購入先リンク:https://www.amazon.co.jp/gp/search?tag=maftracking120103-22&linkCode=ure&creative=6339&keywords=JEDirect%20iPhone%207%20ケース%20衝撃吸収バンパー%20&__mk_ja_JP=カタカナ

⒊2Spigen リキッド・クリスタル

iPhoneケースといえばSpigen!と言われるほどの定番メーカーとなったSpigen。リキッド・クリスタルは、全体が「プレミアムTPU」といわれる薄くて丈夫で柔軟性のあるTPU素材で作られたクリアケースです。もちろん、耐衝撃性もバッチリ。スリムフィットタイプの完全クリアケースなので、iPhoneそのものの美しさを引き立たせてくれます。ただTPU素材の特性なのか、少し変色が早いというレビューがあるのは少し気になるところ。
a0002_010660
購入先リンク:https://www.amazon.co.jp/gp/search?tag=maftracking120103-22&linkCode=ure&creative=6339&keywords=7%E3%80%80リキッド・クリスタル&__mk_ja_JP=カタカナ

⒊3Spigen ラギッド・アーマー

ラギッド・アーマーはMilitary Grade【米軍軍事規格】を取得した極めて耐衝撃性の優れたケースです。変形しにくい特殊なTPU素材を使用しており、ケースの各コーナー内側部分には落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術(エアクッションテクノロジー)を採用。本体の落下時に伝わる衝撃をケース内側の四隅(エアクッション)で吸収するので、衝撃を最小限に抑えてくれます。
s06_ph
デザインもシンプルでカッコよく、装着時もAppleロゴが見えるような設計になっています。しっかりiPhoneを保護しながら、見た目にもこだわたい方にピッタリなケースといえますね。アマゾンのカスタマーレビューでも多数の高評価を得ており、買って後悔することのないテッパンケースの1つです。
yjimage-2
購入先リンク:https://www.amazon.co.jp/gp/search?tag=maftracking120103-22&linkCode=ure&creative=6339&keywords=%20iPhone7ケース&__mk_ja_JP=カタカナ

⒊4Spigen リキッド・アーマー

こちらもMilitary Grade【米軍軍事規格】をクリアしたSpigen製の人気ケース。使用している素材や耐衝撃性設計などは、基本的にラギッド・アーマーと同じです。ラギッド・アーマーよりシンプルでスタイリッシュなデザインとなっており、背面のAppleロゴを見せる必要がない人は、こちらのリキッド・アーマーを選ぶのもアリですね。
NKJ56_Lalacyandenwa_TP_V
このリキッド・アーマーは、より効果的に衝撃を吸収するためのクモの巣状の衝撃吸収加工がケース内面に施されているため、その点から考えると耐衝撃性ではラギッド・アーマーより上かも知れません。(実証データが示されていないのでハッキリとは断言できませんが。)
103318-3
購入先リンク:http://c.af.moshimo.com/af/c/click?a_id=665165&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&s_v=b5Rz2P0601xu&url=http%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fgp%2Fsearch%3Fkeywords%3D%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2589%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%26__mk_ja_JP%3D%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AB%25E3%2583%258A

⒋iPhone7Plusのメリット・デメリットは?

yjimage-13

⒋1iPhone7Plusのメリット

①最小容量モデルが32GBになる
前世代のiPhone 6sまでiPhoneの最小容量は16GBですが、iPhone 7/7 Plusは最小容量を32GBまで増加されます。もし今まで16GBのiPhoneを使っていて容量不足問題に困っているなら、iPhone 7/7 Plusに変更すると、その問題が改善出来るでしょう。
yjimage-4
②パフォーマンス向上
最新のiPhone 7/7 PlusはA10 Fusionチップが搭載され、操作スピードはiPhone 6より2倍高速となりました。そして、バッテリー容量は増加され、バッテリー駆動時間はiPhone 6sより約1~2時間伸びています。パフォーマンスと性能が全体的に向上されたiPhone 7/7 Plusは、以前のモデルより快適な使用体験が得られるでしょう。
yjimage-5
③防水防塵対応
従来のモデルと違って、iPhone 7/7 Plusは防水防塵機能を初めて搭載します。長時間水没からiPhoneを守るわけではありませんが、雨の時や風呂に入る時に問題なく使える生活防水機能が揃えられます。これでiPhone 7/7 Plusが水没障害で壊れることは少なくなるでしょう。
SGH-N045ZBEDCM (2)
④感圧タッチ式ホームボタンが搭載
これまでのiPhoneは物理的なボタンが搭載されてきました。しかし、物理的なボタンを使うにはボタンを押す必要があるので、長い時間利用すると、ボタンが壊れやすくなります。iPhone 7/7 Plusはホームボタンを感圧タッチ式ホームボタンに変わり、壊れにくくなります。
fce63f6e10a8e1c809c9d052307b25de_m
⑤Suicaに対応
iPhone 7/7 Plusには「FeliCa(フェリカ)」を搭載し、10月下旬からモバイル決済「Apple Pay」経由で「Suica(スイカ)」が使えるようになります。iPhone 7/7 Plusを持っていると、既存のモバイルSuicaで提供しているサービスが同じ使えます。そして、無記名のSuicaも新型iPhoneで利用可能です。Apple Payに設定したクレジットカードを使えば、チャージもiPhone上でできます。
8ba0fc7af1d1e9489989fa8d8d074ae9_m

⒋2iPhone7Plusのデメリット

①値段が高い
現在はキャリアで購入したiPhone 6/6sやほかのスマホを利用している場合、もし2年縛りがまだ終わらないなら、iPhone 7/7 Plusに機種変更すると高額の違約金が発生します。例えSIMフリーのiPhone 7/7 Plusを購入しても、機体は値段が高いです。
4bdc907d0521f0e96dc978d674260438_m
②イヤホンジャック廃止
iPhone 7シリーズ全体では薄型化のために、従来の3.5mmのステレオミニ端子を廃棄しました。これに対応するため、Lightningとイヤホンを変換するアダプターが付属します。そして、ワイヤレスで接続する「AirPods」も提供します。
fitness-332278_960_720
しかし、新しいLightningコネクタで接続するイヤホンはiPhone 7/7 Plusにしか使えなく、旧型iPhoneやほかの音楽プレーヤー、スマホに通用できません。「AirPods」は価格は税別1万6800円なのでかなり高いです。iPhone 7シリーズ専用のイヤホンは値段も高いので、壊れる場合ほかの安いイヤホンを買って代替品として使うことができなくなります。
model-1753032_960_720
③性能や機能の大幅変更はなし
iPhone 7/7 Plusは以前のモデルと比べると、進化点や改善点がもちろんありますが、革新的な変化はありません。そして、普段電話したり、メッセージを送ったり、アプリを楽しんだり場合だけでiPhoneを使う一般ユーザーにとって、以前のiPhone 6/6s/SEの機能と性能は十分で、わざわざ新しiPhone 7/7 Plusを入手する必要はありません。

⒌iPhone7Plusにおすすめの格安SIM

family-557100_960_720

⒌1そもそも格安SIMとは何なのか?

ドコモやauといった大手キャリアが持つ通信設備を借り受け、そこから利用者に提供されているのが格安SIMです。各社が独自に通信料や料金を設定しており、通信設備などを維持・サポートするための費用が発生しないのでキャリアに比べて維持費が安く抑えられます。
design2
通信設備を持つ事業者を「MNO」、通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者を「MVNO」と呼び、MVNOのサービスはキャリア回線よりも安いプランが用意されているので、一般的に「格安SIM」と呼ばれています。
10027_02
なお、MNOが持つインフラを使用しているのでMVNO(格安SIM)の通信可能エリアはキャリアと全く同じです。キャリア契約のときに通信できていたのであれば問題なく繋がるでしょう。
p8lite_fm_c7_case1

⒌2格安SIMはこんなもの!

①豊富なプランから必要なものだけを選べる
参入する企業が徐々に増え始め、現在数多くのプランが提供されています。MVNO各社で通信品質や価格はさまざま。必要に応じて自分にあったプランを取捨選択できるのが格安SIMのいいところです。
2d47b7df0ada57c292a3d021635b0f19_s
数ある料金プランからどんなものがあるかを知り、最適なプランを選択することがお得に使うためのポイント。きちんと理解すれば毎月の携帯料金を大幅に抑えることができます。
apple-iphone-381219_640
②「2年しばり」がない
キャリアでは2年縛りが常識ですが、格安SIMでは最低利用期間が6ヶ月から12ヶ月と短めです。料金プランや通信速度に不満がある場合、他社へ乗り換えやすいのが良いところ。
yjimage-1
音声通話のない「SMS機能付きプラン」や「データ通信専用プラン」では、そもそも最低利用期間や解約金が無いのがほとんど。いつでも契約を切ることができるので、格安SIMがどんなものが試してみたい方はこちらをおすすめします。
yjimage-5
③ほとんどのプランがクレジットカード払い
数あるメリットの一方で、もちろんデメリットも存在します。格安SIMでは多くのプランでクレジットカード払いに限定しており、前払い式のデビットカード払いや口座振替に対応したプランは数えるほどしかありません。そのため、クレジットカードを持っていない人は契約したくても出来ない可能性が高いのです。
YUKA88_happy2015082748_TP_V
以前は契約できたSIMでも数ヶ月後には新規申し込みを受付停止している会社もあるため、これから検討している方はあらかじめクレジットカードを作っておいたほうがいいでしょう。
a92aa54603736a7f813ddd6aea887b80_s
④無料通話や通話定額プランが少ない
キャリアの契約では時間帯やかける相手によって通話が無料になったり、あるいは通話し放題のプランが用意されています。しかし、格安SIMではどの相手に掛けても通話料は一定で、無料通話や定額プランはほとんどありません。格安SIMの通話料は20円/30秒で、電話を多くする方は結果的にあまり安くならないことにもなりかねません。
404529455e287cff04f5b2557861ba22_s
最近になってNifMoや楽天モバイルなどで通話定額オプションも提供されてきましたが、IP電話を利用した通話定額サービスでは緊急通報などに発信できないなどのデメリットがあります。DTI SIMのでんわかけ放題プランであれば、普段使用している090・080といった携帯番号でも通話定額対象となるため通話が多い方はこちらがおすすめです。
23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_m

⒌3こんな格安SIMがおすすめだ!

①UQ mobile
モバレコが毎週測定する「格安SIM速度ランキング」で10週以上連続でトップを走り続ける「UQ mobile」。安定した高速通信を求める方におすすめできる格安SIMです。利用できる端末も充実し、これまでよりも使いやすくなりました。auから乗り換える場合におすすめです。
yjimage-3
②BIGLOBE SIM
高い知名度から多くのユーザーに支持されており、初心者にとって始めやすい格安SIMです。肝心のデータ通信もこれといった問題は見られず、常に安定した通信が可能。ドコモから乗り換える場合におすすめです。
9b82ab7dfa18a0d4853d90f2a2aad1ef_m
③IIJmio
格安SIMユーザーから熱い支持を受けている老舗の格安SIMです。ユーザー参加型の「IIJ meeting」を開催するなど、高い技術力を裏付ける様々な取り組みを行っています。品質で選ぶならおすすめのSIMです。Dプランはドコモ、Aプランはauからの乗り換えに利用できます。

⒍iPhone7Plusの評価・評判について

a249aaf9912ff31ef75c6bc294810b43_s

⒍1iPhone7Plusの口コミ

ここでは、iPhone7Plusの口コミ等についてまとめてます。是非ともご参考にしてください。

家族のiphone6が壊れたため6plusから買い換えました。レスポンスアップ&本体を傾けただけでスタンバイ解除は便利です。まだ、フォースタッチと新しいホームボタンになれません。どうせならって事でREDにしました。
2795c92cd9bed27295b9fea72cddc9ff_s
IPHONE7を購入し、画面が小さくてXPERIA ZXに変えましたが、今回IPHONE7PLUS RED に戻ってきました。IOSもANDRIODも昔から両方使ってきていますが、電池もち、カクカク感はもうANDROIDがどれだけ頑張っても無理だと思いIOSに戻りました。後は、物としての質感、作りもANDORID機種とは比較になりません。(これ大事)
a8d67fc51fd473e8d7151170f830f035_s
最新機種のXPERIA XZP、GALAXYS8も店頭で触りましたが、やはり。。。。つまるところANDROIDだな。と言う感じでした。GOOGLEはMAP、ブラウザー等はよく使いますが。。最近はIOSのMAPも前よりはかなり良くなっていますね。9月には、ベゼルレスで出てくるであろう8に期待して、それまでは7PLUSを楽しみます。
twitter-292993_640
iPhone6からの買い換えでした。plusは画面が大きく見易いので使い勝手が良いです。その反面、片手での動作がやり難いのが難点ですね。それ以外は問題ありません。

引用元:http://review.kakaku.com/review/J0000020117/

⒍2iPhone7Plusの評価

iPhone 7 Plusのレビューをお届けしました。外観はiPhone 6/6sからあまり変わっていないものの、中身は順当に進化しています。個人的には保守的になるのではなく、デザインに一工夫欲しかったところですが、あまり手を加える必要がないレベルまでブラッシュアップされたと考えることもできます。
3fbb1a7fa3d8e9a3db6af0f35172edf6_s
iPhone 7 Plusの目玉機能であるデュアルカメラシステムは可能性を感じるものの、これを理由にiPhone 7 Plusを選択するほどのインパクトはありません。望遠カメラはあったら便利程度で必須ではありませんが、被写体深度エフェクトで評価が変わる可能性はあります。
bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_m
日本ユーザーが求めていた耐水性能や日本でしか使えないSuicaを取り入れたのは、iPhoneが日本市場で好調なことが要因だと思います。これらの新機能に魅力を感じるのであれば、iPhone 7シリーズは確実に買いです。

⒎まとめ

dcd96cd6515621a377820face603c202_s
iPhone7Plus今話題に上がっていて、ほとんどの方々が買いに走ってますが、多くの方がそのスペックや注意点について知っていない状態です。そのため、今回はiPhone7Plusについて詳しくここまで、解説するに至った訳ですが、いかがでしたでしょうか。もし、iPhone7Plusを購入しようとお考えの方は、今一度この記事を読み直してご検討することをおすすめいたします。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.