iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

その他

格安スマホの回線速度と料金を徹底解説!快適にスマホを使いこなそう!

投稿日:

スマホを安く快適に使いたいけど、どんなプランを選べばいいか分からない・・・。
そう思ったことはありませんか?

この記事を読めばスマホの回線速度と料金の関係がよく分かります。
あなたに合ったプランの見つけ方も教えます!
自分に合ったプランを見つけて快適にスマホを使いましょう!
 

目次一覧

1.スマホの回線速度について
1.1 スマホの回線速度
1.2 どれくらいが快適な速さなの?
1.3 大手キャリアの回線速度
1.4 格安SIM会社の回線速度
2. スマホの料金プラン
2.1 スマホの料金について
2.2 大手キャリアの料金形態
2.3 格安SIM会社の料金形態
3. 回線速度と料金の関係
3.1 回線速度と料金について
3.2 高ければ速い?
3.3 速ければ良いわけではない
4. あなたに合った回線速度と料金
4.1 自分に合ったプランの探しかた
4.2 おすすめの回線速度
4.3 あなたに合ったの料金プラン
5. 料金を節約して快適にスマホを使う方法
5.1 高速通信が不要な時は低速モード
5.2 wi-fiを上手に活用しよう
5.3 その他の節約方法
6. まとめ

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

スマホの回線速度について


スマートフォンでインターネットやメールなどのデータ通信を行う際に「回線速度」によって使用感が大きく変わります。
ここではスマートフォンの通信速度について分かりやすく解説していきます。

1.1 スマホの回線速度

スマートフォンの回線速度は契約しているキャリアや会社によって大きく異なります。
回線速度の違いによってインターネットやメールなどを快適に利用できるかどうかが変わってきます。
スマートフォンの「LTE/3G」などのモバイル回線は限られたデータ量を大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankにそれぞれ割り当てられたもの(700M~2・5GHzあたりの周波数帯が割り当てられており、大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankから細かく格安SIM会社に振り分けられている)を利用するので無制限に利用することはできません。
そのため使いすぎてしまうと速度制限がかけられてしまいアプリをダウンロードする際などに大きなストレスを感じたことがある方も多いと思います。
大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankや格安SIM各社で契約したプランにもよりますが、データ通信量の上限を超えてしまうと制限が掛ってしまいます。
契約プランによっては、月間のデータ通信量だけでなく、「直近3日間の制限」や「1GB以上を超えた時」通信速度が制限される場合など会社により様々です。
速度制限を解除するには契約している会社の速度制限解除日まで我慢して待つか、お金を払って通信速度制限を即時解除する方法があります。
速度制限が掛ってしまった場合大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankよりも格安SIMの会社の方が通信速度が速いです。
自分の契約しているプランや会社の速度制限が掛る条件をしっかり確認することをおすすめします。
大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankの場合ユーザー数も多く通信速度も速く安定していますが、格安SIMはユーザー数が少なく一気に利用者が増えると回線が追い付けなくなる可能性もあります。
「大手キャリアは回線速度が速く快適に利用できる!」「格安SIM会社は安いけど通信速度が遅くイライラする」など利用する回線の速度で使用感が大きく変わってきます。
また、スマートフォンの回線速度は利用する地域や時間帯によっても大きく変わってきます。
その中で自分に合ったものを見つけることが大切です。
快適に利用できても料金が高すぎて毎月の支払いがキツくなってしまっては意味無いですし、料金は安くても回線速度が遅いせいでイライラしてしまっても意味が無いです。
またどんな素晴らしい回線速度でも自分の地域ではその速度を体感できないようではお金の無駄になってしまいます。
しっかりと自分に合ったものを見つけてスマートフォンを快適に利用しましょう!

1.2 どれくらいが快適な速さなの?

まずはスマートフォンでインターネットやメールなどの通信を行う際にどれだけの速さがあれば快適に利用できるのかを知ることが大切です。
快適に利用できる速さを知らなければどのように選んでいいかが分からなくなってしまうので、まずは自分が快適に利用するためにはどれだけの回線速度があれば良いかを十分に知る必要があります。
回線速度には「上り」、「下り」という言葉を見かけることがあると思いますが、これはすごく簡単でアップロードは送信なので「上り」、ダウンロードは受信なので「下り」の速度を表しています。
通常通信を行う際にはアップロードとダウンロードの速度は異なりますのでそれぞれどれくらいの速度が出ているか見てみましょう!
ただ速度だけを見てもよく分からないと思いますので、下記に快適に使える通信速度やインターネットやメール、アプリのダウンロードに必要な通信速度を記載します。
それぞれの通信速度を理解することにより、実際に利用する場所で事前に通信速度を計測して動画を見たりアプリをダウンロードするようにするとスマートフォンをストレスが少なく快適に利用することが出来ます。
インターネットやメール等それぞれどれくらいの速さがあれば快適に利用できるかの目安もあります。
一般的には、メールやLINEなどのメッセージは500Kbps、インターネットサイトの閲覧は2Mbps、画質の低い動画の閲覧は3Mbps、高画質動画の閲覧は5Mbps程度あれば快適に利用できると言われています。
「Mbps」は「Mega bit per second」、「kbps」は「Kiro bit per second」の略で1秒間に通信されるデータ量を表しています。
「1 Mbps =125 kbps」です。
この数値を参考に自分に合った通信速度を選んでいきましょう!

1.3 大手キャリアの回線速度

スマートフォンでインターネット通信を行う際に基準となるのが大手キャリアです。
大手キャリアとはNTT DOCOMO、au、soft bankのことです。
大手キャリアの通信速度は環境にもよりますが、実測で下り通信速度が平均32.30Mbps程度と言われています。
上記で解説したメールやインターネット利用、動画の視聴も快適に行える速度と言うことが分かると思います。
大手キャリアは通信速度も速く、速さも安定している分料金が高いです。
大手キャリアの中でも通信速度の違いはありますが、使用するエリアや時間帯などにより変わってくるので一概にどこが速いとは言えませんが、全体的にみるとsoft bankが若干速いようです。

1.4 格安SIM会社の回線速度

大手キャリア以外の会社が格安SIM会社になります。
有名なところでイーモバイルやOCNなどがあります。
格安SIM会社は名前の通り大手キャリアに比べて料金が安くなりますが、その分大手キャリアに比べると通信速度が遅い傾向にあります。
通信速度は平均して19.89Mbpsと大手キャリアに比べると10Mbps以上速度が遅いです。
あくまで平均値ですので格安SIM会社によって大きく変わりますし、最近では大手キャリアとの差も小さくなってきています。
上で書いたメールやインターネットの利用、動画の視聴を快適に行える通信速度を見ると分かると思いますが、格安SIM会社の平均速度でも十分快適にスマートフォンを利用できるのが分かると思います。

スマホの料金プラン


ここではスマートフォンの料金プランについて大手キャリアと格安SIM会社それぞれに分けて解説していきます。
料金プランによって通信速度はもちろんですが、速度制限がどれくらい使うとかかってしまうのかなどが変わってきます。
自分にあった料金プランを見つける参考にしてみてください。

2.1 スマホの料金について

スマートフォンの利用料金は電話の利用の有無も関わってきますが、料金の大きなウエイトを占めるのが通信料です。
この通信料をいかに抑えて快適にインターネットを利用するかが重要になってきます。
ここでは大手キャリアと格安SIM会社の料金形態について解説していきますので、それぞれの特徴をしっかりと理解し、自分に合ったものを見つけましょう!

2.2 大手キャリアの料金形態

大手キャリアはスマートフォンが出始めた当初は若干料金が高いですが、速度制限なしの使い放題のプランが存在していました。
現在では新規で使い放題のプランに加入することは出来ませんので格安SIM会社が台頭するきっかけとなりました。
それでも大手キャリアを選ぶ人は、通信速度の速さと高い品質、回線速度や料金だけにとどまらない豊富なサービス、安心感(格安SIM会社は良く分からないから不安)などを理由としている人がほとんどです。
ここでは大手キャリアそれぞれの同程度の主力の定額プランについて解説していきます。
NTT DoCoMoはパケ・ホーダイ フラットという定額プランで月額5,460円です。
3日で300万パケット以上利用すると速度制限がかかります。
auのISフラットもNTT DoCoMoと内容、料金共にほぼ同じですが、利用制限がかかる条件が若干異なり、NTT DoCoMoは当日を含む直近3日間で判定するのに対して、auは当日を含まない前日を含む3日間で判定します。
soft bankはパケットし放題フラット for 4Gという定額プランで月額5,700円です。
前々月1ヶ月で1000万パケット以上利用していると速度制限がかかります。
NTT DoCoMoとauはほぼ同じですが、soft bankは少しだけ内容が違います。
NTT DoCoMoとauは3日間の利用量で制限がかかるのに対してsoft bankは月間の利用量で速度制限がかかります。
どちらが良いとは一概には言えませんが、大手キャリアの料金プランなのでわざわざキャリアを変えてまで乗り換える意味は無いと思います。

2.3 格安SIM会社の料金形態

格安SIM会社の料金プランに関しては、格安SIM会社が数多くあり全てを解説することが出来ませんが、ほとんどが通信容量の定額プランになっています。
ここでは格安SIM会社いくつかの月10GBの料金プランを紹介します。
・BIC SIM(for IIJmio)はLTE10GBプランが月額2,764円
・mineo(マイネオ)はLTE10GBプランが月額2,722円
・イオンモバイルはLTE8GBプランが月額2,138円、LTE12GBプランが月額2,894円
・LINEモバイルはLTE10GBプランが月額2,851円
・楽天モバイルはLTE10GBプランが月額2,440円
・OCNモバイルONEはLTE10GBプランが月額2,484円
・FREETEL SIMはLTE10GBプランが月額2,668円
大手キャリアと比べると随分安い印象があると思います。
ただし大手キャリアの料金プランとは違うので単純に料金だけでは比較できませんが、月の利用量10GBというのはインターネットを利用したり、メールやLINEなどのメッセージを利用したり、たまにyoutube等で動画を視聴する程度であれば十分な通信量です。

回線速度と料金の関係


ここではスマートフォンの回線速度と料金の関係について紹介します。
回線速度と料金は密接な関係がありますのでしっかりと内容を理解し、最適な速度、料金を見つける参考にしてください!

3.1 回線速度と料金について

回線速度と料金の関係ですが、大手キャリアは当然高速、高品質な通信を利用できるので利用料金もその分格安SIM会社に比べて高くなります。
一方格安SIM会社は、上で紹介したように月の利用量に応じて料金が決まるものがほとんどです。
これは月の通信量ですので通信速度は実はあまり関係有りませんが、あまりにも安い料金プランの場合常時低速モード(200kbps制限)という場合がありますので注意が必要です。
格安SIM会社の場合は高速通信で月の利用量が自分に合ったものを選べば良いと思います。

3.2 高ければ速い?

スマートフォンの通信速度と料金の関係ですが、上であまりにも料金が安いものは常時低速モード(200kbps制限)になってしまうので、あまりにも安い料金のものは確認が必要ですが、高ければ速くなるのか?というとそうではありません。
格安SIMの中でも高速通信を売りにしている会社は大手キャリアの回線を借りているので通信環境や利用状況によりますが、良くても大手キャリアと同じくらいということになります。
つまり料金が高くなっても回線の速度が上がるわけでは無く、月に利用できる通信料が増えたりするだけということになります。
高ければ良いというわけではないので気をつけましょう!

3.3 速ければ良いわけではない

大手キャリアのような速い回線速度は魅力的ですが、速ければよいのでしょうか?
これは人によってかなり変わってきますので、ここではそのことについて解説します。
確かに速いに越したことはありませんが、本当にその速度を必要としているかが大切です。
スマートフォンは電話がメインでインターネットの利用はほとんど無く、使ってもメールやLINEなどのメッセージくらいということであれば低速モードでも足りてしまうことがあります。
低速モードで十分な人に高いお金を払ってまで大手キャリアの高速通信はあまり必要とは言えないと思います。
逆にパソコンを持たずに、インターネットの利用はスマートフォンで行う人は回線速度がものをいいます。
このようにただ速ければ良いというわけでは無く、自分にはどのくらいの回線速度が必要なのかが重要になってきます。
もちろんお金に余裕があるのであれば速いに越したことはありませんが・・・。

あなたに合った回線速度と料金


スマートフォンを利用するにあたって、回線速度と料金のバランスが非常に重要になってきます。
そこでここではあなたに合った回線速度と料金のバランスについて解説していきます。
月の料金は抑えて、快適にスマートフォンを利用できる料金プランを見つけましょう!

4.1 自分に合ったプランの探しかた

ここでは自分に合ったプランの見つけ方を説明します。
まず自分に合った料金プランを見つける為にはスマートフォンをどれだけ何に利用するかを把握することと、月のスマートフォンの料金に出せる予算の2つを知る必要があります。
上でも触れていますが、自分にはどれだけの回線速度が必要なのか、どれだけの容量があれば快適に利用できるのかということになりますが、月々の支払額とのバランスもあるので、必要な範囲でお金を出せる料金プランを見つける必要があります。
また、回線速度や料金の内容によっては大手キャリアが良いのか、格安SIM会社が良いのかというところも関係してきます。
やはり回線に安定性を求めるのであれば大手キャリアがおすすめですし、料金にも拘りたいのであれば格安SIM会社の料金プランを比較検討する必要があります。

4.2 おすすめの回線速度

ここではそれぞれメールやLINE、インターネットサイトの閲覧、アプリのダウンロード、動画を見るのに最低限これくらいは必要といわれている通信速度を記載し、それを基におすすめの通信速度を紹介します
メールやLINEやSNSなどの場合は200kbpsあれば十分だと思います。
よほど大きな容量のファイルをやり取りしたければ余裕をもって500kbps見ておいた方が良いかもしれません。
WEBサイトを閲覧する場合はテキストがほとんどの場合最低200kbps、500kbpsあれば画像が多めのサイトでもそれなりに閲覧できるようになります。
また、500kbps以上になると動画のストリーミング再生も可能となり、Googleマップなどのナビゲーションアプリが快適に利用できます。
ただし、相当重いサイトの場合だと2Mbps程度必要な場合があります。
目安としてWEBサイトの閲覧の場合、1Mbpsでサクサク見れて、2Mbpsで重いサイトでもサクサク見れる。500Kbpsだとストレスをほとんど感じることなく見ることが可能です。
アプリをダウンロードする際に必要な速度は最低でも3Mbps程度必要になります。
1Mbps程度でもダウンロードすること自体は可能ですが、かなり時間がかかる場合があります。
容量の大きいアプリやすぐ使いたいアプリの場合1Mbpsでは時間がかかり過ぎてしまいストレスを感じることが多いです。
Youtubeなどの動画を見る際に最低600~700kbps必要と言われています。
つまりこれ以上の速度が出ていれば閲覧することが出来ますが、600~700kbpsの場合読み込みに時間が掛り、再生の途中で動画が止まってしまうことも有り得ます。
良い画質で快適に動画を視聴したい場合最低1Mbps程度必要になると考えておけばストレスを感じることなく見ることが可能です。
一般的にストレス無く使用できる通信速度は大体3~5Mbpsぐらいと言われています。
大手キャリアはもちろん格安SIM会社のほとんどもこの条件は満たしているかと思います。
あとはどれだけ利用するかによって月の利用量を決めるといった形になります。

4.3 あなたに合った料金プラン

ここではおすすすめの料金プランを紹介します。
どこの会社のどの料金プランというよりは、この速度で月の利用量はこれくらい、料金はこれくらいというような形で紹介しますので、自分の気になっている会社で近いものを見つけてみてください!
まず、先ほどから月にどのくらい通信料が必要なのかということを何度か書いていますが、これを知るために、現在契約している会社の月のデータ通信量を見てみてください。
見方が分からない方は、「自分の契約している会社名 データ通信量 調べ方」などでインターネットで検索すると出てくるかと思います。
自分の月々のデータ通信量が分かったら、それより少し余裕をもったもので予算が合う会社を探します。
自分に合った同じような料金プランの会社がいくつかあると思うので、その中で速度制限が掛る条件で自分に合った会社を選べば良いと思います。
速度制限が掛る条件は1日の利用量や3日間の利用量、1ヶ月の利用量など会社によって異なるので調べてみてください。

料金を節約して快適にスマホを使う方法

SAYA0I9A8798_TP_V
ここではよりスマートフォンの利用料金を減らすためのデータ通信量を節約する方法を紹介します。
データ通信量を節約して月々の利用量を減らすことが出来れば一つ下のプランに落として、月々の支払金額を減らすことも可能です!
うまく活用して月々をお得にしましょう!

5.1 高速通信が不要な時は低速モード

これは大手キャリアのNTT DOCOMO、au、softbankでは出来ませんが、格安SIMであれば専用アプリや会員ページで高速通信と低速通信の切り替えをすることが可能です。
メールやSNSを利用する時はあえて低速通信に切り替えることで、高速通信のデータ容量を節約することが可能です。
LINEやSNSの利用がメインの方はぜひ試してみてください!
また、格安SIMの会社によっては低速通信でもWEBページなどの最初の読み込みのみ高速で行えるバースト機能がついているものもあります。

5.2 wi-fiを上手に活用しよう

動画を視聴したり、アプリや音楽をダウンロードにする場合はよほどのことが無い限りはWi-Fi環境のある自宅か無料でWi-Fiを利用できるWi-Fiスポットを活用することをオススメします。
Wi-Fiをうまく活用することにより速度制限が掛るリスクを減らすことが出来ます。
自宅でパソコンなどでインターネットを利用しているのであれば家電量販店などでWi-Fiルーターを購入して自宅でWi-Fiを使えるようにしましょう。
最近ではコンビニやファミリーレストランやホテルなどでも無料のWi-Fiが増えているのでいざという時の為にいくつかWi-Fiが使えるところを覚えておきましょう!

5.3 その他の節約方法

速度制限が掛っていないのになんだかスピードが遅い・・・。
と感じたことはありませんか?
実は速度制限だけでなく、時間帯によって速度が低下してしまうことがあります。
これはどういうことかというと、みんながいっせいにインターネット通信をしているから回線がいっぱいになってしまい速度が低下してしまっているのです。
みんなが一斉にスマートフォンを使う時間と言えば想像がつくかと思います。
それはお昼休みと仕事や学校が終わった夕方から夜にかけての時間です。
通勤や通学の朝の時間帯もストレスを感じるほどではありませんが若干速度が低下することがあります。
つまりこれらの時間に動画をみたりアプリや音楽をダウンロードすることを極力避けることにより快適にスマートフォンを利用することが出来ます。

まとめ


ここまでスマートフォンの回線速度と料金について解説してきましたが、如何だったでしょうか?
スマートフォンを快適に利用するためには「回線速度」、「データ通信量」、「料金」のバランスが重要になってきます。
ここでは今まで解説してきた内容のおさらいをしていきましょう!
・大手キャリアの通信速度は環境にもよりますが、実測で下り通信速度が平均32.30Mbps程度、格安SIM会社は平均すると19.89
・一般的には、メールやLINEなどのメッセージは500Kbps、インターネットサイトの閲覧は2Mbps、画質の低い動画の閲覧は3Mbps、高画質動画の閲覧は5Mbps程度あれば快適に利用できる
・料金が高くなっても回線の速度が上がるわけでは無く、月に利用できる通信料が増えたりするだけなので高ければ良いというわけではない
・一般的にストレス無く使用できる通信速度は大体3~5Mbpsぐらい
・低速モード、wi-fiの活用、利用時間を考えることによりデータ通信量を節約できる
自分に合った料金プランを見つけて快適にスマートフォンを利用しましょう!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-その他

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.