iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

格安SIM3つのお得な理由。気になる価格から使い方まで徹底比較。

投稿日:

毎月のスマホ代が思ったよりも高くなっていませんか?
72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s
家族それぞれがスマホを持つ時代ですし、毎月1万円なんてあっという間にいっちゃいますよね。
毎月1万円以上のお金が飛んでいってしまうのは家計にとっても苦しいもの。
しかし、最近の格安SIMの登場で、月々のスマホ代が半額以下になっちゃうこともあるんですよ。
年間にすると6万円ほどの差!!。ちょっとした美味しいものなんかも食べに行けちゃいますね。
でも、格安SIMのスマホってよく見かけるけど、実際どうなんだろ?
安いだけじゃないのぉ?…とか思ってませんか?

いえいえ、格安SIMには安いだけじゃないお得な3つの理由があるんです。
知って納得、今日からアナタもスマホ半額ライフを満喫しませんか♪
目次
1.格安SIM3つのメリット
1-1 月々の価格が安い
1-2 契約に縛りがない
1-3 お気に入りのスマホを長く使える
2..そもそも格安SIMとは?
2-1 安くて誰でも使える
2-2 なぜ安いのか?
2-3 どうすれば使える?
3.格安SIMの弱点
3-1 メールが使えない
3-2 支払いがクレジットカードなど限定される
3-3 サポート面や初期設定
4.格安SIM気になるアレコレ
4-1 どれ位?本体の容量
4-2 気になる通信速度、つながるエリア
4-3 人気の通信容量
4-4 契約期間はどれ位
4-5 契約期間はどれ位
4-5 サポートについて
5.格安SIMであれしたい、これしたい…できますか?
5-1 デザリング
5-2 タブレットで使う
5-3 i-phoneで使う
5-4 動画やゲームを楽しむ
6.格安SIM使った方がいい人
6-1 スマホ代を安くしたい
6-2 通話をする事が少ない
6-3 長期で契約している
6-4 家族で使うなど、台数が多い
7.格安SIM使わない方がいい人
7-1 アドレスを変えたくない人
7-2 通話が多い人
7-3 買い替えたばかりの人
7-4 どこでも安定した使用がしたい人
8.メリット別おススメ
8-1 価格
8-2 通信速度
8-3 サポート体制
9.他に注意する事
10.携帯電話などの家計に占める割合
まとめ
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

格安SIMつのメリット

smartfontsuusinryou
格安SIM は価格が安いと言う事でご存じの方もいらっしゃると思いますが、
価格の他にも、大きく分けて3つのメリットがあります。

月々の価格が安い

格安SIMのスマホのメリットとしてまずあげられるのは「月々の価格が安い」と言うことです。
通話なしであれば月々500円~1000円、通話ありで あれば1500円程度でスマホを持つ事ができます。メールや SNS などの使用しかしない人は通話なしで十分ですね。
通話もしたい、動画サイトを見たり、ゲームアプリも楽しみたい…などやりたいことによって、
データの容量を変えた料金プランなども色々あるので、自分に合った選び方ができます。

契約に縛りがない

次のメリットとしてあげられることは、契約に期間の縛りがない会社が多いということです。
格安SIMが登場するまでは、大手スマホ各社は 2年などといった長期の契約を条件にすることが主でした。
長期の契約を結ぶ代わりに月々の料金はこれだけ安いですよと言った条件だったのですが、何か事情があってスマホを解約しなければいけないとか、新しい機種が出てそれを使ってみたいので解約をしたいとかそういう場合もありますよね。
でも、、契約を解除しなくても違約金を払わなくてはいけないため、解約ができませんでした。
格安SIMの会社であれば2年物長期契約をする事はありません。中には、1か月ごとに契約を変更することができる会社もあります。

お気に入りのスマホを長く使える

3番目のメリットとしてあげられることは、お気に入りのスマホを長く使えるということです。
これはどういうことかというと、先ほどの大手携帯会社の2年縛りの 契約の結果として、乗り換えキャンペーンなどが頻繁に行われるようになりました。そうすると2年の契約が終了した時点でキャンペーンを利用して新しいスマホに乗り換えることでお得に使えるということになってしまうのです。
そのため、お気に入りのスマホだけれども、 契約の切り替えながら他の機種に乗り換えると言ったことも起きてきました。思い出の詰まったスマホを長く使いたいという場合もありますよね。
格安SIMスマホならお気に入りの機種を長く使うことができるのです

.そもそも格安SIMとは?

9394c0e6094cea7be9fe941ca9cfe579_s
そもそも格安SIM とは何でしょうか? スマホ中にはSIMと呼ばれる通信をするための小さなチップが入っています。そのチップを交換することで他の会社のスマホとして使うことができるのです。

安くて誰でも使える

価格の安さが魅力の一つでもある格安SIMのスマホは 、biflobeやOCN,などのインターネット事業者などが 提供してる事も多いです。また、, LINEや楽天、イオン、 DMMなどのサービスなどで有名な企業が運営をしていたりします。
しかしそれらのサービスに加入していなければ利用できないということではなく、契約をするだけで誰でも使うことが出来ると言うのも魅力の一つです。

なぜ安いのか?

大手携帯会社は、 スマホなどのサービスを提供するために様々なコストがかかります。
例えば受付やサポートスタッフなどの人件費、サポートショップを維持するための維持費、
その他にも通信を行うための基地局や収容局の設置メンテナンスなどの維持費、
新たな技術開発や販売のための 広告宣伝費など多くのお金が必要になります。
それらはすべてスマホなどのサービスの売上から捻出しなければいけないので、 結果としてスマホの価格が高くなってしまうのです。
一方、格安SIM の会社は、通信などに使う基地局などの設備を大手携帯会社にお金を払って借りています。 サポート対応のスタッフの人件費や広告宣伝費など、大手の会社と同じく必要な経費もありますが、大きな設備にかかる費用が必要ないので、価格を安く設定できるのです。

どうすれば使える?

契約自体はクレジットカードは身分証明書などが用意できればすぐに可能ですので、
電量販店やショッピングセンターなどの申し込み窓口に行き申し込むことができます。
またネットでの申し込みにも対応しているので、パソコンやスマホなどから申し込むこともできます。

格安SIMの弱点

secret
価格の安く自由と言うメリットがある格安 sim ですが、メールが使えない。支払いがクレジットカード限定のことがある。契約した後の初期設定やサポート面が充実していないことがある。
などの点がデメリットとしてあります。それぞれのデメリットとどうすればよいかについて以下にまとめてみました。

メールが使えない

格安SIM はメールが使えない…これは、スマホ会社のメールサービスが使えなくなるというのが正しい言い方です。大手携帯会社では、その会社ごとのメールサービスを行なっています。
例えばA 携帯会社であれば「○○○ 。A.co.jp」などのアドレスでメールを使うことができます。
しかし 格安SIM の携帯会社に乗り換えることでそういったサービスは当然使えなくなります。
格安SIMを展開している会社では、そういったメールサービスを提供していない所が多いのです。
対策としては、 gmail や yahoo メールなどの他のメールサービスを使う方法がおすすめです。
逆にこういったサービスであれば、自宅のパソコンともメールを共有できますので、便利になることも多いです。

支払いがクレジットカードなど限定される

第二のデメリットとしては支払方法がクレジットカードなどに限定されるということがあります。
事情によりクレジットカード作れないなどの場合は、デビットカードなどを作り支払いをするという方法があります。
また条件などにより口座振替での支払いに対応している会社もありますので、
契約時に確認をすると良いでしょう。

サポート面や初期設定

次のデメリットとして、サポート面や初期設定についての点があげられます。
格安SIMは余計なコストをかけないために、大手の会社の様に各地にサポート窓口を置かない事が多いです。また、初期設定が必要な事が多く、それを自分でやらなければなりません。
ただネットなどでサポート受付をしている事が多いので、事前に会社のサイトを確認しておくと良いでしょう。 また契約後のサポートや初期設定についての体験などはインターネットで情報発信をしている人も検索をすれば見つかるものです。
「A社 サポート」「B社 スマホ 初期設定」などと言った言葉で検索することでそういった情報を知ることができるでしょう。

格安SIM気になるアレコレ

sim2
格安SIMの料金がお得な理由はお分かりいただけたと思いますが、そうなると気になってくるのが、大手の会社と比べて他にどんな点が違っているかということですよね。
速度やつながり具合はどうなのか、どれくらいの容量を使えばいいのか…などといったことについてまとめてみました。

どれ位?本体の容量

スマホを購入する時に気をつけたいことの一つとして、価格などの他に本体の保存容量というものがあります。「 ストレージ容量」などとも言われるこの保存容量は、スマホに写真や文章、音楽などを保存するときに使う場所のことを指しています。
もしこの容量が極端に少ないと、保存容量が足りないために写真が取れなかったり、音楽を保存できなかったりします。
8GBから64GBまで各種の容量が存在しますが、日本製のスマホなどの場合は16GB の機種が多くみられます。目安としては16GBを基本に、動画を取る事が多い場合は32GBの選択も考える事も必要でしょう。
また Android 6.0からは保存先を本体に追加で挿入して使う SDカードなどに設定することもできるので、そういったものを活用するのもひとつの対策です。

気になる通信速度、つながるエリア

格安SIMの会社は大手の携帯会社から回線や通信設備を借りています。 携帯電話が繋がるエリアは同じものを使っているので同じdocomoの通信設備を使っているのでであれば、電話がつながるエリアには差がないと言われています。
しかし、動画視聴などのデータ通信の場合は、契約している回線の量によって通信速度に差が出て来ます。 大手の会社と厳密に比べると差が出てくるでしょう。
しかし、時間帯に人の多い場所で 長時間の動画などを見るのであれば別ですが、メールや SNS などを日常使用する場合であれば、それほど気にすることはないと思います。

人気の通信容量

スマホなどの使用で多くの通信データを利用するものとしては動画視聴や音楽のダウンロード、ゲームなどをプレイすることがあげられます。
どれぐらいの通信データが必要かと言うと、人気ゲームのポケモン go の場合1日3時間一か月30日プレイした場合、約500 MBの通信データを使用します。 また音楽のダウンロードの場合は 一曲3~4分の場合、15MB,動画サイトでの動画の視聴の場合は1時間あたり500 MB 弱の通信データを使用します。
家にインターネットなどの環境があって音楽や動画のダウンロードは家出することが多いなどの場合は、3GBあれば十分でしょう。最もコストパフォーマンスが低く 人気があるのがこの3MB位の通信容量になっていると言われています。

自分の使用状況によって変える

例えば動画サイト毎日30分見続けるだけで、7GB以上のデータ量になってしまいます。自分が普段スマホでどんなことをすることが多いかによって契約するデータ容量が変わってきます。
また、複数台の契約プランや家族プランといったものを選ぶ場合は、家族がどのように使うことが多いのかということも聞いておくことが大切です。

契約期間はどれ位

格安SIM は会社により、契約する期間が多少違ってきます。例えば、イオンモバイルなどは 1か月などでの解約も可能ですが、楽天モバイルなどは1年間の利用が必要です。

サポートについて

大手の携帯会社はいたるところに店舗があり、相談やサポートサービスを受けることができますが、格安SIMの場合はどうなのでしょうか。サービス拠点は店舗展開が一番多いイオンを筆頭に家電量販店などを利用して申し込みや相談などを受け付けている会社が増えています。
また、店頭でのサービスに関しては、まず購入した時の初期設定は、購入者には無料で設定するという 会社がほとんどの様です。外部のメール設定や電話帳などのデータの引っ越しに関しては実施していないか、どのようにしたらいいかと言った相談を受け付けている程度の様です。

格安SIMであれしたい、これしたい…できますか?

格安SIMってなあに?

どんなメリットがあるの?


格安SIMでは、安い分できない事も多いのでは…と考えるかもしれませんね。
パソコンなどをつなぐテザリングや、タブレットや i-phone で使えるのか?動画を見たりスマホでのゲームを楽しむ…と行ったことが普通にできるのか気になりますね。

デザリング

スマートフォンをパソコン用のルーターの代わりとして使うのがテザリング機能です。このデザリングに関しては格安SIMでも問題なく使うことができます。
ただし一部の機種は格安SIM の場合テザリングができない場合もありますので、契約の前にテザリングができる機種かどうかを確認した方が良いでしょう。
またテザリング機能を使う場合のデメリットとして スマホの電池の消費が早くなってしまうという点があります。そうならない為の対策としては、パソコンとの接続方法を有線による USB 接続接続にするか、Bluetoothでの接続にすると良いでしょう。

タブレットで使う

ゲームや動画などを外出先で見る場合は、できればタブレットの様な大きい画面でみたいと言うときがありますよね。格安SIM はタブレットでの使用も可能です。
タブレット自体は家電量販店や大手携帯会社のショップなどで購入することができますが、一つ注意点があります。タブレットには Wi-fi利用して通信をするタイプと、SIMのチップを入れて通信をするセルラー(LTE)版という2つのタイプがあります。
Wi-fi を利用するタイプを購入してしまうと、格安SIMを使っての外での使用ができないので、必ずセルラー(LTE)版タブレットを購入するようにしましょう。

i-phoneで使う

i-phone お気に入りで毎月格安で使いたいという方もいるでしょう。
手元にい-phoneを 持っていない場合は、アップルのショップやネットなどでSIMフリーの iphone を購入すると良いでしょう。 これが一番おススメの方法です。
もし、既に大手携帯会社の i-phone を持っている場合は、他の会社のSIMが使えない様にロックがかかっている場合があります。その ロックを解除してもらってから使うことができます。
ただ、5S以前の機種であったり、 ソフトバンクの一部の機種はシムロックの解除が出来なくて使えなかったり…といったことがありますので、格安SIM の相談窓口に聞いてから購入をすることをお勧めします。

動画やゲームを楽しむ

格安SIM であっても、スマホで動画やゲームなどを楽しむのは可能です。
ただし、前述の通り動画の視聴はデータ通信量が大きくなるので、格安SIMの会社で用意している通信無制限プランなどを利用しましょう。

格安SIM使った方がいい人

imgres
ここまで格安SIM のメリットやその理由,どういうことができるのかなどについて説明してきましたが,実際どういう人が格安SIM を使った方が良いのかどうかについて書いてみたいと思います。あなたはあてはまるでしょうか。

スマホ代を安くしたい

やはり、月々のスマホ代を安くしたいという方には格安SIMはおすすめです。
特に月々の使用目的が限られている人には価格が安くなるメリットはとてもあるからです。
例えば、動画やスマホなどのゲームは少しやるけれども、通話はほとんどしない、日中のやりとりはメールや SNS がほとんど…などという場合は、3GB程度の通話プランにする事で、月々の料金を2000円程度にする事が可能です。

通話をする事が少ない

スマホで通話をする事があまりない、メールやSNSなどの利用で使う事が多い…などであれば
格安SIMへの切り替えをおススメします。
通話プランは1500円程度の金額で3MB程のデータ通信も可能です。また、短時間の通話かけ放題オプションなどを追加できる会社もあります。

長期で契約している

大手の携帯会社で長期で契約している場合は割引率などが低くなり損をしている場合があります。契約時の割引の適用が2年間との期間限定ではないか確認をしてみるのが良いでしょう。
現在のスマホの契約状況を確認にして格安SIM の窓口で相談して安くならないか検討してみるのも良いのではないでしょうか?

家族で使うなど、台数が多い

スマホや携帯は家族一人一台を持つことがほとんどですね。最近は小学生や中学生などで持っている子供を見かけることも多くなりました。
また人によっては、会社用とプライベート用の複数のスマホを持っている人もいるでしょう。(フリーランスのかたや会社の経営者の方はこのような事もあるのではないでしょうか)。
他にもスマホの他にタブレットも持ち歩いているなどといった方もいるでしょうね。そういった場合月々の通信費もぐんと跳ね上がります。
仮に1台5000円と安く抑えたとしても、6台あった場合は月々3万円の通信費がかかることになります。それを一年間続けると年間で36万円ですね。
格安 sim なら、1台あたりの契約単価も安く抑えることができますし、中には、複数台の使用プランを設定している会社もあります。

格安SIM使わない方がいい人

d22910efc1a45a27306dcf8d35aebce0_m
状況によっては、格安SIMへの乗り換えをしない方が良い場合もあります。
今使っているスマホのアドレスを変えたくない人、通話時間や通話量が多い人
買い換えたばかりの人など と言った人は今すぐ格安SIMに変えない方がいいかもしれません。

アドレスを変えたくない人

大手の携帯会社では加入者への無料のメールサービスを行っています。
格安 sim に切り替えてしまうと、それらのサービスは使えなくなります。
対策としては外部のメールサービスを使うことが出来るのですが、 当然、メールアドレスは変わってしまうことになります。 メールアドレスを変えたくない方や、アドレス変更の通知が煩わしい方などは格安SIMに変更しない方が都合がよいでしょう。

通話が多い人

スマホの主な使用目的が通話であったり、スマホでの通話時間が長い方などは格安SIMにしない方がいいかもしれません。基本的に格安SIM は通話料が別なことが多いからです。
ただし、5分以内の通話であれば何回でもかけ放題と言ったサービスもありますので、
ご自分の通話状況を考えてみて選ぶのも良いでしょう。

買い替えたばかりの人

スマホを買い換えたばかりの人は格安SIM に変えるのを少し待った方がいいかもしれません。2年間などの契約期間が設定されていたりすると、途中解約は違約金が発生する可能性があるからです。格安SIM への移行検討する場合は、契約内容を確認してからにしましょう。

どこでも安定した使用がしたい人

格安SIM の会社は大手携帯会社から通信設備の一部を借りることでサービスを提供しています。
そのため、人の多い地域や使用頻度の多いお昼などの時間帯、動画の視聴など l大きな容量のデータの通信が発生する場合などの条件がいくつか重なった場合は通信が安定しない可能性があります。
仕事などの連絡が頻繁にあり、常時連絡が着く必要がある場合などは、格安SIM 以外の選択肢を考える必要もあるでしょう。

メリット別おススメ

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_m
格安SIM を選ぶとすればどこを選べばいいのでしょうか? 価格なのか、サポート体制なのか、何を重視するかによって選ぶ会社は変わってくると思います。ここではいくつかの基準からみた格安SIMのおススメ会社をご紹介します。

価格

格安SIM の価格を通話 もできる通話音声 SIM で比較した場合
価格だけであればFREETEL SIMが1078円からと安いです。しかし、使用するデータ量により 料金が変わってきます。
人気の高い3GBクラスのデータ通信ができるプランだとDMM moboleが1500円と際安でした。他も軒並み1600~1800円程の価格を設定しています。
スマホの端末を新しくしたい場合は端末の分割料金が上記の料金にプラスされます。
また会社によってはキャンペーンで安くなっていたり、キャッシュバックがあったりするので、
比較してみるのも良いでしょう。

通信速度

日経トレンディネットの調査(2016年6月)によると格安SIMの通信会社の通信速度の比較で上位だったのは

”1位:イオンモバイル 2位:mineo 3位:IIJmio”(※1)

との事でした。
詳しく見て行くと、お昼台ではFREETEL SIMが上位になるなど、時間帯や通信を行う場所などにより若干の違いも見られた様です。
※1引用元:http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/053000304/?P=4http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/053000304/?P=4

サポート体制

大手携帯会社に比べるとサポート体制で不安な点が残る格安SIM 会社ですが,
店舗での申し込みはサポートなどを行っている会社もいくつか存在します.。
イオンモバイル、楽天モバイルFREETEL SIM、mineo、U-mobileなどの会社がそれに当てはまります。中でもイオンモバイルは全国のイオン230店舗以上で展開をしており、 サポート体制としては一番と言えるでしょう。また、FREETEL SIMもヨドバシカメラの一部店舗での窓口サービスを行なっています。
 

他に注意する事

image1
他、注意する事として、音声通話可能なSIMの場合,手続きをしてから使用できるまでに数日の時間が必要だということです。
通話音声SIMの場合は、店頭での契約でもインターネットでのおんらいんでの契約であっても、申し込みが完了した登録後に専用のSIMカードと本人確認用のパスワードなどの必要書類を送らなければいけません。
その為、申し込みから利用開始までには最短でも2日、長くて5日程度の時間がかかってしまうのです。ただし、通話不要なプランを希望の場合は、例えば、イオンの店頭申し込みなどの場合は申し込み後、すぐに使用をする事ができます。

0.携帯電話などの家計に占める割合

格安SIMのメリット・デメリット
「毎月のスマホ代が思ったよりも高くなっていませんか?」
…と冒頭で書きましたが、月々の携帯電話にかけるお金は平均でどれ位だと思いますか?
総務省の家計調査の資料を元に見て行くと家計に占める電話通信料の割合は2015年では3.97%となっています。(固定電話代も含む)
また、別の調査では日本の平均の世帯収入は2015年の場合、約420万円です。
つまり、4,200,000×3.97%で年間16万7000円もの金額が携帯電話や通信費に使われていることになります。 月にすると約14,000円にもなるんですね。
あなたと比べてどうでしたか?これが半分程に減らせれば、家計への負担もだいぶ楽になりますね。

まとめ

e86fb3b6f192a6d16b61c7fc553d2def_m
格安SIMのいくつかのメリットやデメリットもご紹介してきましたが、いかがでしたか?
どこのサービスを使うかといった事は値引きキャンペーンやキャッシュバックなどの実施状況などを見て考えるのも良いのではないでしょうか。
サポートについてやアドレスが変わってしまうなど、マイナス面もありますが、家族全員が一台以上の形態端末を持つ今の時代では、月々の料金を出来るだけ下げる様にするのは必要な事ではないでしょうか。
そのためには、値段を大幅に下げる事のできる格安SIM はおすすめの選択肢の一つと言えます。周りに格安SIMを使っている人がいれば、使い勝手などの使用感を聞いてみるのも良いでしょうね。
契約期間のの縛りがない会社が多いのも、乗り換えのハードルを下げてくれますので、格安SIM への乗り換えを一度検討してみてはどうでしょうか?
※この記事は2017年の1月現在の情報を元に作成されています。
格安SIM各社の料金プランの変更や通信環境の改善などにより、内容とちがってくる事も
ありますので、ご了承ください。
保存
保存
保存
保存

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.