iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

格安SIMにSMS機能が必要な理由とLINEとの関係性等についてまとめました。

投稿日:

格安SIMでSMS機能を使っている方は必見です!
格安SIMのSMS機能について詳しく解説した今回の内容は、そのメリットやデメリットまた口コミ等について的確に徹底的に解説しています。

これから、格安SIMを購入しようとお考えの方には是非とも、読んでほしい内容となっていますでの是非ともご一読ください。
smartphone-569076_960_720

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈そもそも格安SIMとはなんなのか?
⒈1格安SIMとは?
⒈2格安SIMのメリット
⒈3格安SIMのデメリット
⒉SMS機能とは?
⒉1SMS機能とはなんなのか?
⒊格安SIMにSMS機能は本当に必要なのか?
⒊1格安SIMのSMS機能のメリット
⒊2格安SIMのSMS機能のデメリット
⒋格安SIMでLINEを使うために知っておきたいこと!
⒋1LINEを活用するならSMS対応SIMを選ぶこと
⒋2LINEoutで音声通話もできる
⒋3SMS非対応SIMでもFacebookアカンウトで良い!
⒌iPhoneで格安SIMを使う時にSMS機能は必要か?
⒌1格安SIMにはSMS選択がある
⒌2SMS機能をつける意味とは?
⒍格安SIMのSMSの設定方法
⒍1各キャリアが提供するSMS機能
⒍2格安SIMのSMSの設定方法について
⒎格安SIMのSMS機能で送れない場合どうするの?
⒎1iPhoneのMMS(SMS)は「メッセージ」アイコンで操作する
⒎2送れない場合はこうすること!
⒏音声通話に対応している格安SIMについて
⒏1音声通話に対応している格安SIMとは?
⒐まとめ

⒈そもそも格安SIMとはなんなのか?

iphone-500291_960_720

⒈1格安SIMとは?

格安SIMとはau、docomo、softbankに比べて、毎月のスマホ使用料金を安くできるカードのこと。ちなみに「auやdocomo」のことを「大手キャリア」って言ったり、省略して「キャリア」って言ったりします。
そもそもSIMっていうのはデータ通信(ネットやメールなど)をおこなうためのカードです。スマートフォン(携帯電話も)は機種本体とSIMが一緒になって起動するというわけなんですね。ゲーム機と同じで本体とソフトが必要です。
724bd01dee7d09ba4ed0786aaf60b943_s

⒈2格安SIMのメリット

ここでは、格安SIMに関するメリットについて詳しく解説いたします。
【月々の携帯電話の料金が2000円くらいになる】
格安SIMの最大のメリットは月額料金の安さです。今まで月7000円や8000円だったスマホ代が2000円くらいになります。毎月6000円の節約になります。年間だと7万円以上の節約になります! 料金が下がっても使い勝手はほとんど変わりません。
2bbeed8bc23b73b176ec39495767d569_m
ちなみに初めてスマホを使う人や、ガラケーだった人がスマホを使う場合でも、格安SIMなら最初から月2000円くらいで普通に利用することができます。
【契約に縛られない、月額料金は基本的にずーと同じ】
ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの場合は2年毎に契約が更新されます。その2年ごとにある2ヶ月間の更新月に他社へ乗り換えをしないと、月5000円程度で使い続けることができなくなっています。
55337c42ccf2e940fe96d593a233271a_m
大手キャリアを使うメリットの一つは、最新のスマホが実質タダに近い値段で手に入る上に最初の2年間は各種割引などで月5000円程度で使うことができることです。しかし契約から2年を経過すると月額料金が7000円から8000円くらいに値上がりします。
2年後に他社へ乗り換えると、また新しいスマホが安く手に入り、キャッシュバックやMNPの割引などで、月額料金を5000円ぐらいで引き続き使うことができます。ただし事務手数料やら何やらで乗り換えには6000円くらい別途手数料がかかります。乗り換えは2年ごとの更新月に行わないと1万円程度の違約金がかかります。
0899cfe434d9ea024ca06317a9357553_m
面倒なので何もせずに、ずーと大手キャリアを使い続けた場合、契約から2年後に月額料金が7000円から8000円に値上がりするだけです。スマホもそのまま古いスマホのままです。
9e2e4adcffa79c4df161f62e18b1f108_m
政府が大手キャリアの月額料金が高すぎるので安くするようにと大手キャリアに呼びかけたところ、大手キャリアが長期ユーザ(契約から5,6年?)の場合に、月額料金を5%程度引き下げると言い出しました。まったくやる気がありません。
6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s
長期ユーザを優遇させるために、政府が実質ゼロ円端末を禁止にしたところ、単にスマホの購入代が上がっただけでした。ドコモとauとソフトバンクが実質的な談合を行っていて、どうしようもありません・・。
期待するだけ無駄です。格安SIMの場合、スマホの月額料金を2000円程度にすることができる上に、一度手続きをすれば、それからわずらわしい手続きに悩まされることがなくなります。
a56a1d6a227a4d7df2c64017ca2b65de_m
格安SIMは何年使おうが料金は基本的に変わりません(電話を多くすると料金が変わります)。大手キャリアのように2年経つと大幅に値上がりするようなこともなく、ずーと月額料金は2000円くらいです。新しいスマホ(格安スマホ)を分割で購入する場合、最初の2年は月3000円くらいになりますが、2年経過すると、月額料金は2000円くらいに下がります。
9801827f9c6d0f768ee87df19af9501a_m
大手キャリアだと2年ごとの契約月に解約やMNPをしないと1万円の違約金がかかります。大半の格安SIM(音声通話プラン付の格安SIM/音声通話SIM)は、1年以内に解約した場合、最大で1万円の違約金が発生する場合がありますが、契約から1年を超えるといつMNPで他社へ移行しても、そして解約しても違約金はかかりません。
560887197168f6483629ca12b1943cd5_s
【大手キャリアでも契約に縛られないプランがあるが、月額料金が高くなる】
大手キャリアでも契約に縛られないプランがありますが、そのプランを選ぶと2年後の契約月以外で解約しても1万円の違約金がかからない代わりに、月額料金が1500円くらい高くなります。
17975458a1ef4d5f7d0adff88fd45509_s
契約から半年以内に解約する場合は、契約に縛られないプランの方がトータルで安くなりますが、半年を超えると2年契約のプランの方が違約金込みでも安くなります。これも政府が大手キャリアのスマホ代を下げるために勧告した結果なのですが、大手キャリアは無能プランをでっち上げるだけの結果になりました。
19e4e3ff3039ca69dbc0ed2d1c6d5183_s
【携帯(スマホ)を長く使える】
大手キャリアの場合、2年ごとにスマホを実質0円くらいで最新のスマホに変更することができます。お得に感じるかもしれませんが、それ以上に月額料金が高く設定されています。スマホを新しくしなくても高い料金を払わされるので、割と多くの人が2年ごとにスマホを新しくしています。まだ使えるのにと思いながら。
couple-1329784_960_720
大手キャリアを使っていて2年を超えても他社へ乗り換えなかったり、機種変更もしない人も相当数いますが、この場合は単純に高い月額料金を払い続けているだけです。(大手キャリアにとっては、とてもおいしいお客様になります。ネットでは養分と呼ばれたりします)
girl-1245713_960_720
格安SIMの場合、スマホ(平均3万円)を自分で購入しなければならないので、ずーと使い続けようとします。基本的に3,4年は不満なく使えるので、少し長い目で見ると圧倒的に格安SIMがお得になります。
スマホ_音楽
格安SIMから他の格安SIMへ乗り換えてもキャッシュバックや割引などはほとんどないので、大手キャリアのように2年ごとに乗り換えるなんてメンドクサイことをしなくて済みます。
【今すぐ格安SIMにしたほうが絶対良い人】
ドコモやau、ソフトバンクだと電話をしなくても、スマホだと月2700円の電話代(かけ放題)がかかります。5分以内の通話が無料になるプランでも月1800円の電話代になります。たとえ電話を1分たりともしない場合でも、大手キャリアでスマホを使う場合強制的に加入させられます。
8ef4cf32fb707e1d3a88f6b1c23291f1_s
格安SIMの場合、電話をしなければ電話代は0円です。格安SIMだと月3時間以上電話をするような場合、電話代がかなり高額になってしまうので、毎月3,4時間も電話をするなら大手キャリアのかけ放題が良いです。ただ、今の時代、月3時間以上電話をする人は全体の5%もいません。
yuka0I9A1561_8_TP_V1
多くの人がLINEも無料通話を使ったり、LINEのトークやTwitter、Facebookなどで電話の代わりに交流しています。
【初めてスマホを使う人、大手キャリアで2年を超えて契約している人は格安SIMがおすすめ】
新しくスマホを契約(新規契約)しようと思っている人の場合、格安SIM(格安スマホ)にしたほうが絶対良いです。大手キャリアで新規契約するメリットはほとんどありません。大手キャリア同士でMNPをする場合、新しいスマホが安く買えて、キャッシュバックやMNPの月額割引などがあることから、2年間は比較的安く使うことができます。
2199820b8888be33b33870a3c04a6a43_s
新規契約の場合、基本的にキャッシュバックもないし、MNP用の月額割引もありません。新規契約の場合でもある程度の月額割引がありますが、お得度は低いです。
大手キャリアで2年を超えて契約している人も格安SIMがおすすめです。大手キャリアは電話をそんなにしなかったり、2年ごとにMNPをして最新のスマホにしない場合は割高になります。電話をそんなにしない場合や、ずーと契約を続けたい場合、大手キャリアと比較にならないほど格安SIMの方が安くなります。
DD0I9A8296_TP_V1
大手キャリアを2年以上契約している人たちの場合、月額料金が7000円から1万円だったのが、格安SIMなら1500円〜2000円くらいになります。大手キャリアの場合、2年ごとに更新月(契約月)があって、その月に格安SIMに移らないと違約金が1万円かかります。更新月を過ぎてしまっている場合、違約金を支払ってでもさっさと格安SIMにしたほうが断然節約できます。
JK92_hohohiji20150222103753_TP_V1
※ 大手キャリアで更新月以外の解約/MNPをする場合、違約金は1万円が普通ですが、昔から契約している人の場合は3000円程度の場合もあります。違約金の詳細は、契約中の大手キャリアにお問い合わせください。
更新月が1ヶ月後とかの場合は、少し待って更新月になってから格安SIMへMNPをすることをおすすめします。更新月が2ヶ月以上先の場合は、あきらめて1万円の違約金を払って格安SIMへMNPしたほうが、トータルで安くなります。
YK0I9A6202_TP_V1
更新月がいつだかわからない場合は、自分が契約している大手キャリア、ドコモ(0120-800-000)やau(0077-7-111)、ソフトバンク(0800-919-0157)などに電話で問い合わせれば教えてくれます。
55337c42ccf2e940fe96d593a233271a_s
ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップなどの個別のショップへ電話をかけても、教えてくれないので注意してください。個別のショップの場合、電話ではなく、直接店舗に行くと教えてくれるようです。
ただし、待ち時間などがあるので、基本的にはドコモ、au、ソフトバンクに直接電話をかけて聞くのをおすすめします。

⒈3格安SIMのデメリット

ここでは、格安SIMのでメリットについて詳しく解説しています。
【携帯(スマホ)を購入する必要がある】
格安SIMの最大のデメリットは最初にスマホを購入する必要があることです。ドコモやauのスマホを持っている人はこのデメリットがありません。今使っているスマホをそのまま格安SIMで使うことができます。つまりドコモやauのiPhoneやスマホならそのまま格安SIMをさして使うことが出来ます。
valentinePAKU2847_TP_V1
ただしドコモのスマホ(白ロム)を格安SIMで使う場合、テザリングが基本的にできなくなります。テザリングが必須な場合は、格安スマホやSIMフリー機種を購入する必要があります。ちなみにドコモのiPhoneの場合はテザリングができます。
auのスマホ(白ロム)を格安SIMで使う場合はテザリングもできます。ただし、ドコモのiPhoneと異なり、auのiPhoneではテザリングができないのに注意が必要です。
545839fda1b5dea4e1c8b9fbbcb03114_m
auのスマホの場合、2014年冬以降に発売されたiPhone以外のauのスマホの場合、SIMロック解除しないと格安SIMでは使えないので、auのスマホを使おうと思っている場合は、その点だけ注意してください。
(2015年5月以降に発売されたauのスマホの場合、購入から半年経てばSIMロックの解除をしてもらえます。※2015年4月に発売されたGalaxy S6 edge SCV31もSIMロック解除の対象です)
a0002_010676
スマホを持っていない人、スマホを持っていてもソフトバンクのスマホの場合、新しく白ロムや格安スマホ、SIMフリーのスマホを購入する必要があります。(ソフトバンクのSIMロック解除ができるiPhoneなら格安SIMでも使えます)
ほとんどの人にとって不満なく使える格安スマホの価格帯は2万円から3万円になります。格安SIM(格安スマホ)で端末の性能が悪くて不満を言っている人がいますが、この人たちは1万円前後の格安スマホを購入した人たちです。
imgres
どんな格安スマホをどこで買えばいいかは格安SIMに最適な格安スマホの比較と評価に記載しているのでそちらを参考にしてみてください。だいたい半年くらいで元が取れます。長く使えば使うほど節約になるので大切に使いましょう!(目標は4年です)
iPhone 7 PlusやGoogle Pixelなどの最新の機種でも格安SIMが使えますが、端末代で8万円〜10万円くらいかかってしまいます。
【電話をたくさんすると月額料金が高くなる、通話料金30秒20円】
大手キャリアの場合、かけ放題のプランや同じキャリア同士だと通話料金無料の時間帯があったりしますが、格安SIMには基本的にありません。(ただし、最近は格安SIMでも5分かけ放題のプランがあったりします)格安SIMの通話代は30秒20円が基本です。何も考えずに格安SIMで長電話をするとひどい目にあります。例えば1時間の電話をすると2400円です。
gahag-0069696577-1
ただし、これ何も考えずに格安SIMを使った場合です。楽天でんわアプリを使えば、通話の質を落とさずに30秒10円にすることができます。これで1時間の電話をしても1200円です。さらにBIGLOBE SIMの通話パック60を使えば650円になります。家族や友達などに電話をしたいときはLINEの無料通話を使えばいいので、格安SIMの通話代の高さを気にする必要はないと思います。
6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s
さらに付け加えると、スマホで長電話をする人自体がかなり少ないです。統計だと75%の人が月30分もスマホで電話をかけていません。85%が月1時間未満です。

⒉SMS機能とは?

YUKA862_mobile15185035_TP_V

⒉1SMS機能とはなんなのか?

SMSとは本来、上述のとおり「電話番号だけで、70文字ほどのテキストメッセージの送受信が可能なサービス」です。送受信する相手と同じキャリアである必要はなく、キャリアが異なっていてもメッセージをやりとりができるのも特徴です。電話番号を利用して通信するので格安SIMの中でも音声通話付きのプランであれば標準で利用可能な機能です。
N112_sumahodeyorokobu_TP_V
しかし、実際にはLINE(ライン)などのコミュニケーション用アプリが広く普及したため、SMS機能は普段のスマホ利用では不要なものになりつつあります。ましてやSMS機能に対応したデータSIMカードは、データ通信専用プラン(SMSなし)に比べると、月額で150円ほど割高になってしまいます。

⒊格安SIMにSMS機能は本当に必要なのか?

yuka0I9A1561_9_TP_V

⒊1格安SIMのSMS機能のメリット

ここでは、格安SIMのSMS機能のメリットについて詳しく解説しています。
【LINEやモバゲーなどのSMS認証に利用できる】
いまや多くの人が利用している「LINE」は、本人確認のために「SMS認証」という方式をとっています。「SMS認証」とは携帯電話の番号を使って個人を認証するもので、不正な利用を防止するために有効です。アメーバピグやポイントサイト、GREEやモバゲーなどで遊ぶ際にもSMS認証が採用されています。
7820179902f810ae6412fc38f1d6b26e_m
その他、クラウドサービスの「Dropbox」「Gmail」でも、アカウントとパスワードの組み合わせだけでは試行を繰り返すことで破られてしまう危険性があり、その回避のためにSMS認証の仕組みでセキュリティを高める仕組みが採用されています。認証のためだけでなく、安全性も考えればSMS機能は必須のものと言えるでしょう。
【「圏外」表示を避け、バッテリーの消費を抑えられる】
SMS機能のないSIMカードをスマホに挿した場合、実はスマホのバッテリー消費が速くなる可能性があります。データ通信専用SIMの場合、電話番号を持たないことにより「音声回線」が無いと認識されることがあります。
5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_m
これは「アンテナピクト問題」と言う電波状態を示すアイコン「アンテナピクト」が圏外表示になってしまう現象です。常に「圏外」表示になるため、きちんと通信されているかがまったく把握できません。
CRI_IMG_6009_TP_V
常に接続先を検出しようとしてしまうためバッテリーが通常よりも早く減ってしまうのです。例えば山の中や地下など電波が入りづらい場所で「なんかバッテリーの減りが早いな~」と感じたことはありませんか?その現象が1日中続いてしまうイメージで、「セルスタンバイ問題」と呼ばれています。
SAYA0I9A8798_TP_V
LTE圏内では起こりづらいものの、そもそも使用する端末により現象が起こるかどうか特定するのが難しくなっています。
手っ取り早く解決するには「SMS対応SIMカードを使用する」という手段がよいでしょう。今後端末を買い換えた際も気にする必要がなく、長い目でみても得策です。

⒊2格安SIMのSMS機能のデメリット

LINEではSMS認証以外にもFacebook認証でも利用できますが、電話番号を登録しないことによるデメリットも存在します。
・LINE電話が利用できない
・LINE STOREが利用できない
・友だちの追加や検索がしづらくなる
0I9A359515032128ushishi2_TP_V
3つ目は、具体的には「アドレス帳からの自動登録」や「友だちへの追加を許可」といったことができなくなります。また、Facebookの友だちがLINEの友だちに反映されるわけでもありませんのでご注意ください。

⒋格安SIMでLINEを使うために知っておきたいこと!

14a9c45552b8e031fd1f6c939adc7beb_s

⒋1LINEを活用するならSMS対応SIMを選ぶこと

格安SIMをより安く利用したいなら、データ通信専用プランがオススメです。LINEはトークも音声通話もインターネット回線を通じて行うため、音声通話機能は必須ではありません。しかし気を付けたいのが、SMS(ショートメッセージサービス)対応かどうかということ。もしSMSに対応していればLINEの登録が簡単に行えます。
smartphone-505851_960_720
実際の利用登録の手順は、通常のスマートフォンと同じです。「新規登録」をタップし「利用規約」などに同意すると、SMSに認証番号がおくられてきます。なお、音声通話プランもSMSに対応しています。

⒋2LINEoutで音声通話もできる

LINEユーザーではない携帯電話や固定電話に対して通話料が安くなる「LINE Out」も格安SIMで使えます。これらのサービスはデータ通信専用のプランでも使えます(ただし、やはりSMS付きプランを推奨します)。

スマホやiPhoneで通信制限になってしまったらどうする!?

スマホやiPhoneで通信制限になってしまったらどうする!?


利用するにはLINEアプリの「その他」から「Call」を選びましょう。新たにアプリを追加する必要はありません。通話料金は固定電話の場合は3円/分、携帯電話の場合は14円/分、国際電話も通常より安くなります。

⒋3SMS非対応SIMでもFacebookアカンウトで良い!

PASONAZ160306010I9A2102_TP_V
SMS非対応プランだとLINEを利用できないのでしょうか? いえいえ、その場合も方法があります。もしお持ちであれば、Facebookアカウントで認証することができます。SMSが無くてもトークや無料通話が利用できるのですが、電話番号認証が必須であるLINE Outは利用できません。この点は注意が必要です。

⒌iPhoneで格安SIMを使う時にSMS機能は必要か?

kawamura20160818253714_TP_V

⒌1格安SIMにはSMS選択がある

格安SIMのSIMカードには、大きく分けて3つの種類があります。
・音声SIM:電話機能付いたSIM
・データ通信SIM:ネット利用のみできるSIM
・SMS付きSIM:SMS機能が付いたSIM
fce63f6e10a8e1c809c9d052307b25de_s
この3つの種類の違いは、一見して分かりにくく感じますね。これは、以下のような表をイメージすると理解しやすくなります。
・音声SIM:電話による通話、ネット通信、SMSの利用
・データ通信SIM:ネット通信
・SMS付きSIM:ネット通信、SMSの利用
YUUKI150321140I9A4377_TP_V
つまり、音声SIMは全ての機能が利用可能な全部入りで、データSIM系にはSMS付きとナシの選択肢があるという風にイメージします。実際、SMS機能はデータ通信SIMのオプション機能として(月額+150円がほとんど)設定している業者も多いです。SIMカードを3つの種類に分けて記載してるか、SMSをオプション設定してるかのいずれかですが、意味は同じです。

⒌2SMS機能をつける意味とは?

音声SIMの場合は、自動的についてくるので不要ですが、データSIMの場合はSMSがいるか?いらないか?を選択する必要があります。そもそも、SMSとはショートメールメッセージ機能の事。これは電話番号(090/080)を使ったメールサービスで、相手のメールアドレスが分からなくても電話番号だけで相手に70文字程度のメッセージを送る事が可能です。
CSSS85_kangaerujyosei20131019-thumb-autox1600-16694
ただ、LINEやフリーメール等、無料で使える様々なサービスがある中、あえて有料のメッセージ機能をつける意味って何なのでしょうか?
【LINEのSMS認証に必要】
LINEを初期設定する時に、本人確認のためにSMSによる認証が必要となります。データSIMでSMS付きの場合だと、通話はできないけどSMSによる番号は設定されてるため、LINEのSMS認証が可能となります。SMS認証以外の場合は、LINE電話等の機能を使う事ができず、LINEの機能が制限されてしまうようです。
a0002_004044
【その他、SMS認証利用のサービスも】
セキュリティ強化のため、LINE以外にもSMS認証が必要なサービスが増えてきています。(GmailやDropbox等)SMS認証が必要となった時に、元々SMS付きのスマホを使ってると便利なものです。

格安SIMの特徴

格安SIMのそれぞれの特徴は?


【SMSナシだと通信系の問題が生じる可能性】
格安SIMであるMVNOは非常に安い分、通信系のデメリットが生じる場合があります。良く言われる代表的なものが「アンテナピクト問題」と「セルフスタンバイ問題」の2つ。

⒍格安SIMのSMSの設定方法

画像6

⒍1各キャリアが提供するSMS機能

日本の各キャリアではそれぞれが別のサービス名を用いており、ドコモでは ショートメール(ショートメッセージサービス)、auでは Cメール、SoftBankでは SMS と呼びサービスを提供しています。
画像5
これらのサービスは申し込み不要なので、携帯電話やスマートフォンの音声通話を契約していれば誰でも使うことが可能です。また、サービス名こそ違いますが互換性があるので各キャリア間で相互に送受信をすることができます。

⒍2格安SIMのSMSの設定方法について

機種によって使用するアプリが異なります。XperiaやiPhoneの場合、デフォルトでは メッセージ と言う名前のアプリとなっていることが多いでしょう。また、ハングアウトがデフォルトになっている場合もありますが、今回の説明にはAndroidアプリ『メッセンジャー』を用いるので、同じ画面にしたい場合には以下をダウンロード&インストールすることをオススメします。
imgres
【Pickup! メッセンジャー – Google Play の Android アプリ】
参照元:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.messaging&hl=ja
ただ、基本的にメール(テキストメッセージ)の送信先に電話番号を指定するだけなので難しいことは無いでしょう。

⒎格安SIMのSMS機能で送れない場合どうするの?

gatag-00008519

⒎1iPhoneのMMS(SMS)は「メッセージ」アイコンで操作する

iPhoneのショートメッセージは「メッセージ」アイコンをタップすると使えます。この「メッセージ」はちょっとクセモノである。iPhone同士であれば、回線がなんであれやりとりできます。wifi接続でもOKだ。しかし相手がiPhone(他のアップル製品も可)でない場合に、このメッセージ機能が使えなくなります。
images
そこで、iPhoneは基本的なシステムで、このメッセージ機能とMMS(SMS)を連動させており、相手がiPhoneでない場合はMMS(SMS)を使って送信するという設定になっています。

⒎2送れない場合はこうすること!

自分がiPhone(docomo)なら相手がアンドロイドの場合はMMS(SMS)の受信はできるが送信はできないということです。なお、iPhoneでソフトバンクやau利用の場合は相手がアンドロイドでも送信できます。ただしMMS(SMS)送信は1通@3円~の有料通信なのでやりとりには注意が必要です。
86ecdb3819d81002ae552fea13fc4aa1_m
docomoは昨年11月にSMS料金を改定(値上げ)しており、長文送信ができるようになった分だけ高くなっています。最大1通@30円となる可能性があります。docomo利用のiPhoneならMMS(SMS)という有料送信ができないということなので、メッセージ利用は常に無料でできるという言い方もできます。

⒏音声通話に対応している格安SIMについて

6ce782e91586ee7d7a0441fe239e787e_m

⒏1音声通話に対応している格安SIMとは?

音声通話付きSIMとは、080/090で始まる電話番号を利用して音声通話ができる格安SIMのことです。もちろんインターネットの利用も可能です。つまり、格安SIMでもドコモ、ソフトバンク、auといった、三大キャリアとほぼ同等の通話・通信サービスを利用することができるのです。
img_performance_01
今まで三大キャリアがほぼ独占していたモバイルサービスに格安SIMが登場したことで、ユーザーにとって選択の余地が広がり、より安価で自身にあったプランを選ぶことが可能になっています。

⒐まとめ

kawamurakaisatu_tp_v
今回は、ここまで格安SIMのSMS機能の必要性について解説してきました。筆者もまだキャリアを利用していますが、これから格安SIMに変えていこうと考えています。
そこで、ここまで解説してきたSMS機能について必要があるのかどうかということがはっきりと認識できたと感じています。一読していただいた方はご理解できたと思われますが、SMS機能は重要な役割を果たしますので是非ともつけてください。
最後に、この記事が少しでも読者のご参考になりましたら幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

auに乗り換え(MNP)を考えている方も多いのではないでしょうか? iPhoneXなどの最新機種が発売され、さらに乗り換え需要が高まっています。 少しでもお得に乗り換えるためには、どこを利用してMNPすればいいのか。 現在、ドコモ・ソフトバンクを利用中でauに乗り換える方が少しでもお得にMNPできる ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.