iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

格安SIM

格安SIMの通話に関しての料金や運用方法、おすすめ格安SIMについてまとめました。

投稿日:

格安SIMの通話をご利用の際、キャリア通話に比べたら不便に感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな格安SIM通話とキャリア通話を比較し、格安SIM通話のメリットやデメリットまた、評価・評判等についてまとめました。ご利用をお考えの方は是非ともご一読ください。
YK0I9A6202_TP_V1

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

目次一覧

⒈格安SIM通話とは?
⒈1音声通話を契約するメリット・デメリット
⒈2これまで使用してきた番号を使える
⒈3緊急番号や特殊番号に通話できる
⒈4通話の品質は音声通話の方が良い
⒈5費用が掛かる上に大手キャリアの割引プランもない
⒉格安SIMとは?
⒉1格安SIMについて
⒉2格安SIMのメリット
⒉3格安SIMのデメリット
⒊音声通話に対応している格安SIMの比較
⒊1楽天モバイル
⒊2OCNモバイルONE
⒊3DMMモバイル
⒋キャリアスマホと格安SIMの通話し放題比較
⒋1キャリアのかけ放題について
⒋2短い通話を頻繁にする人向けの格安SIM
⒋3家族間の通話が多い人向けのSIM
⒌SIMフリー通話のみどのような運用がお得か?
⒌1キャリアでの通話について
⒌2SIMフリー通話のみの場合
⒌3おすすめ格安SIMとして「楽天モバイル」と「DTI SIM」について特徴まとめ
⒍格安SIMの通話料金はどのくらい?
⒍1格安SIMの通話料金を安く抑える方法
⒎格安SIMの通話品質は?
⒎1通話品質が安定している格安SIM
⒎2格安SIM通話アプリ・電話アプリについて
⒏まとめ

⒈格安SIM通話とは?

970bdcb9276f69b900eeeedb883e7d9c_m

⒈1音声通話を契約するメリット・デメリット

音声通話のメリットとしては大きく分けて3つあります。
・これまで使用してきた番号を使える
・緊急番号や特殊番号に通話できる
・通話の品質は音声通話の方が良い
また、デメリットそしては「費用が掛かる上に大手キャリアの割引プランもない」ことが挙げられます。下記の項目ではそれぞれ一つずつ詳しく解説しています。

⒈2これまで使用してきた番号を使える

NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileなどの契約を止めて格安SIM移行しようとしている場合、MNPで番号を維持しつつ使うことができます。家族や昔の友人、お年寄りの知人など、電話番号が大切なつながりになっている相手がいる場合には、携帯番号の維持は必要です。また、少々後ろ向きですが、様々な契約や申込に携帯番号を記述していた場合、その契約の方の変更をする必要がなくなります。

⒈3緊急番号や特殊番号に通話できる

119番、110番、一部の0120・0570・0990などの特殊な番号へ発信するには、音声通話契約が必要です。そして、自宅の固定電話を持たず携帯番号一本で生活している場合でしたら、119番や110番へいざというときに発信できないのは致命的です。また、自分が常時利用する一つ目の番号は、音声通話プランの契約をお勧めします。
企業の電話による音声ガイダンスサービスで0120・0570で始まる番号のものがありますが、これにかけられない場合もあります。いざというときに困らないよう、1つは緊急番号・特種番号に接続できる電話番号を持っていると良いのではないでしょうか。

⒈4通話の品質は音声通話の方が良い

自分が発した声が相手に届くタイミング、ノイズの入りにくさ、プツッと一瞬切れる感覚がないなど、090・080番号の通話の方が品質が高いことは感覚として分かります。

⒈5費用が掛かる上に大手キャリアの割引プランもない

月額700円程度の基本料金+30秒当たり20円程度の通話料という料金はシンプルすぎて割引もありません。また、大手キャリアの通話プランには家族向けの割引プランやかけ放題のプランがありますがそれもないため、音声通話プランで大量の発信を行うと、「格安SIMにしたのに通信費用が増えた。」ということにもなりかねません。

⒉格安SIMとは?

01ebe733defb76947ccb6c9344433eb6_m

⒉1格安SIMについて

ドコモやauといった大手キャリアが持つ通信設備を借り受け、そこから利用者に提供されているのが格安SIMです。そして、各社が独自に通信料や料金を設定しており、通信設備などを維持・サポートするための費用が発生しないのでキャリアに比べて維持費が安く抑えられます。また、通信設備を持つ事業者を「MNO」、通信設備を借り受けてサービスを提供する事業者を「MVNO」と呼び、MVNOのサービスはキャリア回線よりも安いプランが用意されているので、一般的に「格安SIM」と呼ばれています。
なお、MNOが持つインフラを使用しているのでMVNO(格安SIM)の通信可能エリアはキャリアと全く同じです。キャリア契約のときに通信できていたのであれば問題なく繋がるでしょう。

⒉2格安SIMのメリット

格安SIMのメリットとしては大きく分けて、3つあります。
①月々の携帯電話の料金が2000円くらいになります
格安SIMの最大のメリットは月額料金の安さです。今まで月7000円や8000円だったスマホ代が2000円くらいになります。また、毎月6000円の節約になります。そして、年間だと7万円以上の節約になります。
料金が下がっても使い勝手はほとんど変わりません。ちなみに、初めてスマホを使う人や、ガラケーだった人がスマホを使う場合でも、格安SIMなら最初から月2000円くらいで普通に利用することができます。
②契約に縛られなず、月額料金は基本的にずっと同じです
ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの場合は2年毎に契約が更新されます。その2年ごとにある2ヶ月間の更新月に他社へ乗り換えをしないと、月5000円程度で使い続けることができなくなっています。
また、大手キャリアを使うメリットの一つは、最新のスマホが実質タダに近い値段で手に入る上に最初の2年間は各種割引などで月5000円程度で使うことができることです。しかし契約から2年を経過すると月額料金が7000円から8000円くらいに値上がりします。
そして、2年後に他社へ乗り換えると、また新しいスマホが安く手に入り、キャッシュバックやMNPの割引などで、月額料金を5000円ぐらいで引き続き使うことができます。ただし事務手数料やら何やらで乗り換えには6000円くらい別途手数料がかかります。乗り換えは2年ごとの更新月に行わないと1万円程度の違約金がかかります。
また、面倒なので何もせずに、ずっと大手キャリアを使い続けた場合、契約から2年後に月額料金が7000円から8000円に値上がりするだけです。スマホもそのまま古いスマホのままです。政府が大手キャリアの月額料金が高すぎるので安くするようにと大手キャリアに呼びかけたところ、大手キャリアが長期ユーザ(契約から5,6年)の場合に、月額料金を5%程度引き下げると言い出しました。まったくやる気がありません。
そのため、長期ユーザを優遇させるために、政府が実質ゼロ円端末を禁止にしたところ、単にスマホの購入代が上がっただけでした。ドコモとauとソフトバンクが実質的な談合を行っていて、どうしようもありません。期待するだけ無駄です。そして、格安SIMの場合、スマホの月額料金を2000円程度にすることができる上に、一度手続きをすれば、それからわずらわしい手続きに悩まされることがなくなります。
③携帯(スマホ)を長く使えます
大手キャリアの場合、2年ごとにスマホを実質0円くらいで最新のスマホに変更することができます。お得に感じるかもしれませんが、それ以上に月額料金が高く設定されています。スマホを新しくしなくても高い料金を払わされるので、割と多くの人が2年ごとにスマホを新しくしています。
大手キャリアを使っていて2年を超えても他社へ乗り換えなかったり、機種変更もしない人も相当数いますが、この場合は単純に高い月額料金を払い続けているだけです。(大手キャリアにとっては、とてもおいしいお客様になります。ネットでは養分と呼ばれたりします)また、格安SIMの場合、スマホ(平均3万円)を自分で購入しなければならないので、ずっと使い続けようとします。基本的に3,4年は不満なく使えるので、少し長い目で見ると圧倒的に格安SIMがお得になります。
格安SIMから他の格安SIMへ乗り換えてもキャッシュバックや割引などはほとんどないので、大手キャリアのように2年ごとに乗り換えるなんてメンドクサイことをしなくて済みます。

⒉3格安SIMのデメリット

デメリットについては、大きく分けて9つあります。
①携帯(スマホ)を購入する必要がありあます
格安SIMの最大のデメリットは最初にスマホを購入する必要があることです。ドコモやauのスマホを持っている人はこのデメリットがありません。今使っているスマホをそのまま格安SIMで使うことができます。つまりドコモやauのiPhoneやスマホならそのまま格安SIMをさして使うことが出来ます。
②電話をたくさんすると月額料金が高くなります(通話料金30秒20円)
大手キャリアの場合、かけ放題のプランや同じキャリア同士だと通話料金無料の時間帯があったりしますが、格安SIMには基本的にありません。(ただし、最近は格安SIMでも5分かけ放題のプランがあったりします)
③キャリアメールが使えなくなり、ガラケーの人にメールが送れなくなる可能性があります
今までドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアを使っていた人が格安SIMにすると、大手キャリアの契約を解除することになります。大手キャリアの契約を解除するとキャリアメールが使えなくなります。
④通信速度が遅くなります
格安SIMの通信速度は大手キャリアの通信速度よりも遅いです。遅いですが実用上ほとんど問題ないです。ほとんどの時間帯で大体の格安SIMで普通に使える通信速度が出ています。
⑤おサイフケータイやワンセグに対応していない?
格安SIMだとおサイフケータイやワンセグが使えないと思っている人がいますが誤解です。格安SIMでもおサイフケータイに対応したスマホを使えば格安SIMでもおサイフケータイが使えます。ワンセグに対応しているスマホなら格安SIMを入れても入れなくてもワンセグを使うことができます。
⑥アプリのデータが消える?
これも誤解している人がいますが、格安SIMにしたからといってアプリのデータは消えません。ドコモのスマホを使っている人は、SIMカードを入れ替えるだけで格安SIMが使えるので、パズドラやモンスト、ポケモンGO、Twitter、Facebook、LINEなどのアプリもそのままのデータで続けることができます。
⑦大手キャリアで最近契約した場合は、今すぐ格安SIMにしないほうが良いです
大手キャリアでiPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusを購入した場合(新規契約やMNP、機種変含む)、半年間は大手キャリアで契約を継続することを強くおすすめします。
半年間継続すると、半年後にSIMロック解除をすることができます。SIMロック解除をすると、そのiPhoneがすべての格安SIMで使えるようになります。auだけ購入後に契約を解除した場合でも、半年経てばSIMロックの解除に応じてくれます。ドコモとソフトバンクは、契約を継続していない場合はSIMロックの解除に応じてくれないので気をつけてください。
⑧格安SIMの会社は潰れることがある?
実際には潰れるというよりも、事業譲渡で他の企業に身売りされる場合があります。身売りされてしまう時点で赤字状態なので、身売り後は絶望的です。
⑨格安SIMだと大規模な通信障害を起こす可能性が高いです
大手キャリアでも数年に一度くらい大規模な通信障害を起こして、数時間インターネット接続ができなくなる場合がありますが、格安SIMだとその頻度が数倍になります。

⒊音声通話に対応している格安SIMの比較

a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

⒊1楽天モバイル

楽天が運営するMVNOのモバイル通信サービスで、通話SIM・データSIMの両方があり選べるプランはそれぞれあります。また、機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっています。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力です。
参照元:https://mobile.rakuten.co.jp/?scid=af_trf&trflg=1

⒊2OCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズが提供する、MVNOの通信サービスです。高いシェアを誇る有名プロバイダだけあって、この格安SIMも優れたサービスとなっています。また、プランは高速通信ができるものを含めた5種類から選ぶことができ、光サービスの「OCN 光」やIP電話の「050 plus」との組み合わせも評判です。そして、容量追加やSIMカード追加など、多くのオプションがあるのも魅力的です。
参照元:http://nc-lp.nttcoms.com/p/ocn_mobile_one_af/

⒊3DMMモバイル

DMMが提供するMVNOのモバイル通信サービスです。MVNEがIIJであり機能的にもIIJmioによく似ています。また、低速通信時でも少しの間だけ高速通信になる「バースト機能」が強みの1つであり、データSIM・通話SIMともに用意されており、データ容量に応じて細かく選べるプランはIIJmioを上回る豊富さがあります。
参照元:http://www.dmm.com/pr/mvno/002/?utm_campaign=admg_3130_4757_71308_71357&utm_content=mvno&utm_source=asp&utm_medium=asp

⒋キャリアスマホと格安SIMの通話し放題比較

YUKA862_mobile15185035_TP_V

⒋1キャリアのかけ放題について

今はLINEやSNSでメール以上に気軽にメッセージを送れるので、間違いなく通話時間は減少しているはずです。そこでまずは、キャリアのかけ放題プランがお得なのかどうか調べてみました。結果、大手キャリアの一般的なかけ放題プランは月額2700円ほどです。2700円分の通話を時間にすると約1時間分の通話になります。つまり月に1時間通話しないと元がとれないことになります。

⒋2短い通話を頻繁にする人向けの格安SIM

短い通話を頻繁にする方はこちらの格安SIMがおすすめです。
【楽天モバイル(ドコモ回線)】
楽天モバイルは「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」で利用率が断トツで高かった格安SIMです。楽天モバイルでは、通話料金を通常の半額(10円/30秒)にできる通話アプリ「楽天でんわ」の「5分かけ放題オプション」が利用できます。また、5分かけ放題オプションは、その名のとおり月額料金850円で5分以内の通話が何度でもかけ放題になります。

⒋3家族間の通話が多い人向けの格安SIM

格安SIMをお使いの方で、家族間の通話が多い方は下記の格安SIMのプランがおすすめです。
【IIJmioのファミリーシェアプラン(10GB)】
家族4人だと月額基本料2,560円に音声通話SIMが700円×4人分になります。また、ファミリーシェアは初回最大3人までだからSIMを1枚追加で400円です。
そして、4人家族のスマホ料金は次の通りになります。
・2560円(月額基本料)
・700円*4人(音声通話SIM 4人分)
・400円(追加SIM利用料 1枚分)
・月々5,760円  ※月々5,760円のスマホ代に8円/30秒(960円/60分)の通話料がプラスされます。
2,880円/3時間なので3時間の通話でBIGLOBEのシェアSIMと月額基本料がほぼ同じになります。

⒌SIMフリー通話のみどのような運用がお得か?

yuka0I9A1561_9_TP_V

⒌1キャリアでの通話について

スマホを通話のみで契約したい場合は、キャリアの中でもドコモ・auだと、スマホでも通話のみの契約が可能です。(月額2,200円または2,700円)
しかし、キャリアでの利用だとデータ通信もできる使用になっているので、誤って通信使用してしまいますと後で多額の請求がされますのでご注意ください。

⒌2SIMフリー通話のみの場合

スマホで通話のみの契約をしたい場合は、下記の方法があります。
・"かけ放題"プランがあるMVNOと契約する
・データ通信容量を最低限のもので契約する
それと、メリットとして下記のような項目があります。
・ネットに少々繋いでも問題ない(契約の範囲内)
・通話をしても安くで運用できる
結果、一番安く運用できて、少々ネットを使っても高額請求がくることがないのがSIMフリー通話になります。

⒌3おすすめ格安SIMとして「楽天モバイル」と「DTI SIM」について特徴まとめ

SIMフリー通話のみの運用をお考えの方は下記の格安SIMがおすすめです。
【楽天モバイル】
・通信速度&安定性ナンバー1
・5分間かけ放題アリ
・端末とのセットで割引アリ
【DTI SIM】
・各種○○放題プラン有
・5分間かけ放題は業界最安値

⒍格安SIMの通話料金を安く抑える方法

SAYA160312170I9A3708_TP_V

⒍1格安SIMの通話料金を安く抑える方法につて

格安SIMを使っている人は通話といったらLINEの無料通話です。LINEで友達登録をすることで家族や友達に無料で電話をすることができます。また、声が少し遅れて聞こえたり音質が少し悪かったりしますが、たいていの人は無料なので使っています。基本的にスマホ同士ならLINEで家族や友達同士の電話代を無料にすることができます。

⒎格安SIMの通話品質は?

5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_m

⒎1通話品質が安定している格安SIM

ここでは2つの格安SIMをご紹介いたします。
【OCN モバイル ONE】
OCN モバイル ONEは、安定感のあるMVNO会社です。また、データSIM及び音声SIMの両方がバランスが取れていて安心して利用することができます。初めて、MVNOを利用する方におすすめです。
参照元:http://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html
【IIJmio(みおふぉん)】
IIJmio(みおふぉん)は、高い通信品質を誇るMVNO会社です。また、MVNOの中でも利用者がトップクラスに多く、信頼されています。通話、通信ともに高品質で楽しむことができます。
参照元:https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/?id=VC000003

⒎2格安SIM通話アプリ・電話アプリについて

「電話」という機能を使わなくても、無料で通話することができるアプリがあります。チャットやSNSの有名なアプリが、無料通話の機能を提供しているケースがあるのです。ここではそのような無料通話ができるアプリをご紹介します。
【LINE】
軽快なチャットとスタンプで有名なLINEでは無料で通話をすることもできます。また、LINEで連絡を取り合っている友人はそのアプリを利用して電話をすることが可能です。
参照元:https://line.me/ja/
【Messenger】
SNSの大手・FacebookではMessengerアプリで無料通話ができます。テキストメッセージや通話を、SNSとは別アプリとして利用できるようになっています。
参照元:https://www.facebook.com

⒏まとめ

SAYA0I9A8798_TP_V
今回は、格安SIMの通話に関しての料金や運用の仕方またおすすめ格安SIM等について解説してきましたが、前述している通り今現在3キャリアも含めて通話で携帯(スマホ)を利用している方は少なくなってきています。アプリ通話での無料通話が大変便利になってきており、普通の通話はあまり使われなくなりました。ですので、格安SIMでもデータ通信のみの契約で十分な使用ができます。
ですが、通話が多い方はやはり3キャリアの通話がまだまだ、お得感は否めません。その辺も踏まえてご自身の使用状況に合わせてSIM選び、プラン契約をしてください。この記事が少しでも読書の参考になれば幸いです。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-格安SIM

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.