iPhoneの神様は、iPhoneをもっと楽しむための情報ポータルサイトです。人には聞きづらいiPhoneの基本的な使い方から、最新のiPhoneX・iPhone8・iPhone8Plusまで、きっと欲しい情報がみつかります。

iPhoneの神様

機種変更

格安スマホを比較、大手携帯キャリアと料金・機能・プランの何が違う?

投稿日:

ちかごろ話題の格安スマホ。
docomoやソフトバンクから乗り換えたいって声をよく聞きますね。
でも、本当に月額料金とか安くなるのでしょうか?

通信品質とか、通話とか、本当に大丈夫なのでしょうか?
大手キャリアから乗り換えるのがちょっと不安だという人のために、
格安スマホと大手キャリアとの違いを比較してみました。

<index>
1.格安スマホ比較、大手携帯キャリアとどこが違う?
1-1.格安スマホと大手携帯キャリアは仕組みが違う。
1-2.格安スマホの機能は大手携帯キャリアと違わない。
1-3.格安スマホは通話料金の課金が違う。
2.格安スマホを比較、月額料金はいくら安い?
2-1.格安スマホは大手キャリアより月額料金がまさしく格安。
3.格安スマホを比較、気になるデメリット。
3-1.使えない大手キャリアのメールアドレス。
3-2.クレジットカードがないと契約不可。
3-3.サポートを受ける店頭がない。
4.格安スマホと比較、使える機種はどんなもの?
4-1.海外スマホを中心に、機種はよりどりみどり。
4-2.国内メーカーの機種は大手キャリアだけのものじゃない。
4-3.格安スマホのスペックも、まったく問題なし。
5.格安スマホの比較、選べるプランは?
5-1.格安SIMの真骨頂、月額をお安くしたいのなら迷わずデータ通信SIM。
5-2.格安SIMで軽く通話も利用したい、というのなら音声通話SIM。
5-3.格安スマホとガラケーの2台持ちという選択肢。
5-4.数あるデータ容量のうち、どのプランを選ぶ?
5-5.1GBでどのくらいのデータ通信ができるか?
5-6.ほとんどの人が標準的な3GBプランを選んでいます。
5-7.格安スマホでもオプションをつけると、より便利になるか?
6.まとめ
 

スマホを乗り換えるなら!


機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。
スマホを乗り換えるときには、
→ おとくケータイ
→ SMARTPHONE STORE
で乗り換えをするとキャッシュバックがもらえます。

スマホの機種変更するときは、
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
キャリア公式オンラインショップがおすすめです。学割や限定キャンペーンなどがもっとももおとくな時期です。

格安スマホ比較、大手携帯キャリアとどこが違う?


WEBやテレビで盛んに宣伝されている格安スマホですが、何が格安なのかについてふた通りの捉え方があります。
ひとつは、スマートフォンそのものが格安であるというSIMフリーのスマートフォンを意味する場合で、もうひとつは格安SIMとSIMフリーのスマートフォンをセットにした料金プランを指す場合があります。
実際には格安SIMを提供している通信事業者がスマートフォン端末も格安のものを提供している場合がほとんどですので、ここでは格安SIMとSIMフリーのスマートフォンがセットになったものについて話を進めていきます。

格安スマホと大手キャリアは仕組みが違う。


従来、スマートフォンを提供してきたのはdocomoやソフトバンク、auなどの通信事業者、いわゆる大手携帯キャリアは、MNO(Mobile Network Operator:移動体通信事業者)と呼ばれています。
これに対して、楽天やBIGLOBEなど、携帯キャリアではない格安スマホの事業者はMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体サービス事業者)と呼ばれています。
MVNOは大手携帯キャリアの電波を借りて、独自の体系によって通信サービスを提供しているのです。
このように電波インフラを持たないことによって、より負担の少ない形で事業を行い、通話料金を基本料金に含まないなどの方式によって低価格な通信サービスを提供しているというわけです。

格安スマホの機能は大手携帯キャリアと違わない。


それでは格安スマホは大手携帯キャリアのスマホよりできることが少ないのではないか?
そう思ってしまうのですが、実際には大手キャリアが提供しているスマホと比べて何も劣るところはありません。
メールやSMS(ショートメッセージ)、インターネットもアプリも、動画も、TwitterやFacebook、LINEなどのSNSも、大手携帯キャリアで行える機能はすべて格安スマホでも利用できます。
もちろん、音声プランの契約をすれば、通話もできますし、大手携帯キャリアなどで使ってきた電話番号もMNP(ナンバーポータビリティ)を申し込むことによって引き継いで使うことができるのです。

格安スマホは通話料金の課金が違う。


ただし、通話に関しては若干の認識が必要です。
先にも書きましたが、格安スマホの場合、通話料金を別立てにすることで低価格なデータ通信サービスを実現しているという部分です。
格安スマホでは、通話プランを選択することによって大手携帯キャリアで使っていた電話番号で通話することが可能なのですが、携帯電話と違って、30秒毎に20円(税別)の通話料金が課金されます。
そのため、データ通信だけじゃなく、通話も頻繁に行いたいという人にとってはかえって費用がかかってしまうという恐れも生じるのです。
そこで、格安スマホの事業者が用意しているのが、アプリを使った無料のインターネット電話や、通話料半額プラン、定額通話オプションなどのサービスです。
データ通信と音声通話の両方を利用する場合には、こうしたオプションやプランを上手に組み合わせることが格安料金で使う賢い方法です。

事業者 定額通話プラン 通話料半額アプリの有無 リンク
Y!mobile(ワイモバイル) 1回10分以内・月300回までの通話(基本月額料金) 無し スマホプラン
通話時間・回数無制限のかけ放題 1,080円/月(スーパーだれとでも定額)
楽天モバイル 1回5分以内かけ放題 918円 楽天でんわ
UQ mobile 月30分の通話を月額料金に含む 無し
月最大60分の通話 1,080円/月(たっぷりオプション)
FREETEL 1回1分以内かけ放題 430円 FREETELでんわ
1回5分以内かけ放題 907円
mineo(マイネオ) 月30分定額 907円 mineoかけ放題
月60分定額 1,814円
BIGLOBE 3分かけ放題(650円/月) BIGLOBEでんわ
通話パック60(定額650円/月)

※2016年8月3日時点の料金。税込みの金額です。
 

格安スマホを比較、月額料金はいくら安い?

格安スマホが格安とされる大きな理由は、大手携帯キャリアと比べてデータ通信量の月額料金が随分安いというところです。
ではいったいどのくらい安くできるのでしょう?

格安スマホは大手携帯キャリアより月額料金がまさしく格安。

格安スマホは通話料金が別立てであることにはふれました。
大手携帯キャリアの国内通話かけ放題が定額などの月額料金である一方で、格安スマホの通話プランでは使った分だけが課金されるという方式です。
ということは、逆に通話をしない場合の格安スマホの月額料金は、大手携帯キャリアの半額程度にまで下げられるということになります。
docomoやソフトバンクなどの大手携帯キャリアのスマホを使っている人に聞いてみると、おおよそ7,000円〜10,000円くらいというのが月額料金の平均値です。
それが、格安スマホですと、約半額から3,000円程度にまで下げることが可能です。
下記、格安スマホと大手携帯キャリアの定額通話プランの場合でその月額金額を想定してみました。

格安スマホ  毎月6,189円の差  大手携帯キャリアかけ放題プラン
月額合計  月額3,903円
(通話料無し)
月額10,092円(通話料含む)
 通話料金  (かけた分だけ;20円/30秒) 通話基本料+国内無料通話 2,916円
 データ通信量(5GB)  2,341円
(格安SIM料金5GBプランの平均価格)
5,400円
 インターネット接続料  324円
 端末料金 1,562円
(価格.com格安スマホカテゴリ掲載のAndroidスマートフォンの平均価格の24分割から想定) 
1,452円
(MNPの場合の端末料金の実質負担金から想定)

この想定ですと、4人家族が大手携帯キャリアのスマホを使っているとすると毎月4万円かかるわけですが、格安スマホにすると約15,600円、その差は月額で24,400円。
1年間で考えると、48万円が187,200円になり、29万円もの差が生まれます。
これの金額差は家計にとってあまりにも大きな違いですね。

格安スマホを比較、気になるデメリット。

格安スマホは大手携帯キャリアのスマホより格段に安くて、その機能もほとんど変わらないということまではわかりましたが、しかしほんとうに違いはないのでしょうか?
価格が安いかわりになにか見落としている落とし穴があるのではないでしょうか?
細かくいうと、実はデメリットはいくつかあります。

使えない大手携帯キャリアのメールアドレス。


NMP(ナンバーポータビリティ)によって、大手携帯キャリアで使ってきた電話番号は引き継げることはすでに書きました。
ところが、〜@docomo.co.jpとか、〜@softbank.ne.jpなど、大手携帯3社で使われているメールアドレスは使えません。
これらのドメインは大手携帯各社独自のものですから、当たり前といえばその通りです。
しかし、Yahoo!メールやGmailなど、PCで使ってきたフリーメールはそのまま使えますので、何も困ることはありません。

クレジットカードがないと契約不可。


大手携帯キャリアを使ってきた人の中には、購入したアプリやゲーム内課金を月々の携帯料金と一緒にまとめて支払う決済方式を利用している人も少なくないかもわかりません。
これまで使ってきたキャリアを離れるわけですから、これも当然ながら使えなくなります。
格安スマホ事業者のほとんどは、クレジットカード支払いにしか対応していません。
つまり、月額料金を口座振替や請求書によっての支払うことには対応していないので、クレジットカードを持っていることが前提となります。
学生などの若いユーザーにとっては、ここのところが若干狭き門に感じられるかもわかりませんね。
クレジットカードを持っていない場合は、この際クレジットカードを作ってしまいましょう。
たとえば楽天カードは審査がやさしく、ほとんどの人が審査に通りますし、楽天ポイントという還元率の高いポイントカードですので、後々何かと便利に使えます。

サポートを受ける店頭がない。


大手携帯キャリアなら、ドコモショップやソフトバンクショップなどのように、全国各地に店舗が備わっており、購入に際してもトラブル時にも、店頭で相談したりサポートを受けることができます。
ところが、格安スマホの場合、その事業者はイオンモバイルやワイモバイルなどの一部事業者を除いて実店舗がなかったり、あったとしても店舗数は限られています。
そのため、購入もサポートもすべて電話かメールで行うことになります。
スマホ初心者で、スマホ設定や使用が何かと不安な人も多いのではないかと想像しますが、そのような人は、イオンモバイルやワイモバイルのように実店舗を有している事業者を選ぶのが無難かもわかりませんね。

格安スマホと比較、使える機種はどんなもの?

 

海外スマホを中心に、機種はよりどりみどり。

格安スマホと呼ばれるSIMフリーのスマートフォンの多くは、海外メーカーのものが大きな割合を占めています。
ZenFoneシリーズが人気上昇中のASUS(エイスース)やAcer(エイサー)、Huawei(ファーウェイ)等、台湾や中国を中心とした海外メーカーのSIMフリースマートフォンがそれです。
●ASUS(エイスース)
ZenFone Go

ASUSのZENシリーズは、SIMを2枚挿入できるというデュアルスタンバイに対応したスマホです。価格も税込み1万9224円程度で、高性能なCPUと2GBのRAMを搭載しています。
5.2インチ、CPUQualcomm Snapdragon 400 1.4GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ800万画素、重さ160g、電池容量3,010mAh
・月額料金目安(端末料金込み)1,481円/月~
(通話料はかけた分だけかかります)

デザリング Bluetooth デュアルSIM
画面サイズ 5.5インチ
OS Android 5.1
メインカメラ画素数 約800万画素
バッテリー 3,010mAh
容量/メインメモリ 16GB/2GB

 
●Huawei(ファーウェイ)
HUAWEI P9 lite

価格と性能のバランスが良いといわれているのがこのHuawei P9 liteです。
CPUの性能も高く、Android 6対応で指紋認証まで搭載し、トップクラスの電池持ちも特長です。
2万8,000円程度の税込価格です。
CPUオクタコア2.0GHz/1.7GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1300万画素、重さ147g、電池容量3000mAh
・月額料金目安(端末料金込み)3,079円/月~

デザリング Bluetooth デュアルSIM
画面サイズ 5.2インチ
OS Android 6.0
メインカメラ画素数 約1,300万画素
バッテリー 3,000mAh
容量/メインメモリ 16GB/2GB

 

国内メーカーの機種は大手キャリアだけのものじゃない。

しかし一方では国内メーカーからの参入も増えはじめ、シャープのAQUOS、富士通のarrowsなど、携帯大手キャリアでおなじみのスマートフォンも出揃ってきています。
●シャープ
AQUOS mini SH-M03

独自開発のIGZO液晶によって高精度で明るいタッチパネル画面を誇るAQUOSです。
シンプルで使い安く、電池の持ちも良いとうたっています。防水、おサイフケータイにも対応しているのは国内メーカーならではです。
CPUQualcomm® Snapdragon™ 808 1.8GHz/1.4GHz ヘキサコア、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ120g、電池容量2,810mAh
・月額料金目安(端末料金込み)3,296円/月~

デザリング Bluetooth 防水 おサイフケータイ
画面サイズ 4.7インチ
OS Android 6.0
メインカメラ画素数 約1,310万画素
バッテリー 2,810mAh
容量/メインメモリ 16GB/2GB

●富士通
arrows M03

おサイフケータイ、防水、そしてワンセグにも対応し、電池持ちも良いのがarrows M03です。格安SIMはドコモ系とau系の両方に対応。税込3万5000円程度です。
CPUクワッドコア 1.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ1310万画素、重さ141g、電池容量2580mAh
・月額料金目安(端末料金込み)3,206円/月~

デザリング Bluetooth 防水 おサイフケータイ
画面サイズ 5インチ
OS Android 6.0
メインカメラ画素数 約1,310万画素
バッテリー 2,580mAh
容量/メインメモリ 16GB/2GB

 
●ソニーモバイルコミュニケーションズ
Xperia J1 Compact

ソニーが誇るXperiaシリーズの格安バージョンです。
税込4万9800円程度とやや高めですが、ハイエンドモデルに匹敵する性能を片手で操作できるコンパクトさで、おサイフケータイにも対応した使えるスマホです。
CPUクワッドコア 2.2GHz、RAM2GB、ROM16GB、カメラ2,070万画素、重さ138g、電池容量2,300mAh
・月額料金目安(端末料金込み)3,499円/月~

デザリング Bluetooth 防水 おサイフケータイ
画面サイズ 4.3インチ
OS Android 4.4
メインカメラ画素数 約2,070万画素
バッテリー 2,300mAh
容量/メインメモリ 16GB/2GB

 

格安スマホのスペックも、まったく問題なし。


以上のように、いくつかのメーカー製品について簡単なスペックとともに並べてみました。これらをみると、欲しい機能や必要なスペックにおいて、大手携帯キャリアが提供しているスマートフォンと比較しても、何も問題ないと思います。
格安スマホの端末自体には問題がないとして、次に考えなければならないのは通信プランの品質についてです。

格安スマホの比較、選ぶべきプランは?


冒頭でもふれましたが、格安スマホをセットにする格安SIMには、データSIMと音声通話SIMの2種類があります。

格安SIMの真骨頂、月額をお安くしたいのなら迷わずデータ通信SIM。


データ通信SIMとは、音声通話を行わないインターネット通信のためのSIMカードです。
音声通話を行わない、つまり携帯電話で使われている070や080、090の番号が使えませんので、いままで使っていた携帯電話の番号をMNPで継続することはできません。
ただし、まったく通話ができないのかというとそうではなく、携帯電話の電話番号が使えないというだけで、インターネット回線を利用した通話は音声通話SIMと同じように利用できます。
LINEの無料通話や050番号を使用するIP電話、アプリやインターネットを介した通話は難なくできるのです。
これまで使ってきた携帯電話番号にこだわらないのであれば、このデータ専用の通信SIMは月額料金がもっとも安く利用でき、手続きも簡単なのでおすすめできます。
また、データ通信SIMはインターネットやメールは行えるのですが、SMS(ショートメッセージ)に関してはオプション機能となっています。
メールやSNSのメッセージがあればいいということなら特に必要ありませんが、これまでも電話番号を使ったSMSを頻繁に使ってきたという習慣があるなら、SMS機能のオプションをつけておいてもいいかもわかりません。
SMS機能オプションには、140円ほどの月額料金が必要になりますが、電池の消費を抑えることもできるので、悪い選択肢ではありません。
また、データ通信SIMでは110や119番などの緊急通報ができないということも留意しておいてください。

格安SIMで軽く通話も利用したい、というのなら音声通話SIM。


これまで使ってきた携帯の番号をMNPで継続させたいとか、新たに070や080、090などの携帯電話番号が必要だ、という場合には音声通話SIMの契約をしなければなりません。
先に書いたデータ通信SIMよりも月額料金で700円ほど高くなりますが、それでも従来の大手携帯キャリアのSIM契約よりは安いです。
ただし、通話は基本的には30秒毎に20円の通話料金が別途かかりますので、頻繁に通話するとか、長時間の通話を必要とする場合には通常のままではおすすめできません。
通常のままではというのは、音声通話SIMの一般的な契約ではおすすめできないということです。
各事業者で独自に用意されている「3分間かけ放題」などの定額プランがありますので、そうしたオプションをつけることによって、格安SIMならではの安さを利用することは可能です。
ただしこの場合にしても、通話時間は3分以内とか、月に60分以内しか通話しないといった条件の中でのみ謳歌できる低価格プランです。
もっとたくさんの携帯電話番号での通話を必要とするのなら、むしろこれまで通りの大手携帯キャリアの定額プランを使った方が安くあがります。

格安スマホとガラケーの2台持ちという選択肢。


携帯電話での通話も多いが、格安スマホも使ってみたい、そういう人に進められるのが、ガラケーと格安スマホの2台持ちです。
これは、スマホはデータ通信SIMでインターネットなどの通話以外で使用して、逆にガラケーは通話のみで使用するというやり方です。
こうすることによって、格安スマホとガラケーのそれぞれイイトコどりをして低料金で利用できるのです。

数あるデータ容量のうち、どのプランを選ぶ?


データ通信SIMと音声通話SIM、どちらかに決まったら、次に決めなければならないのがデータ容量。
データ容量というのは、高速データ通信を毎月どのくらい利用するかによって決めます。
格安スマホの月額料金は、このデータ容量の数字によって最低価格から上位価格までが決められています。
格安スマホの通信事業者毎に、1GB未満からデータ容量無制限のものまで様々なデータ容量プランが用意されています。
もちろん、大容量のプランを選べば何も困ることはないのでしょうが、月額料金も大容量になってしまいます。
これでは格安スマホを選ぶ甲斐がありません。
それに、必要でもない大容量を手にしても使わなければ意味がありませんね。

1GBでどのくらいのデータ通信ができるか?


データ通信量を選ぶにあたって、自分が格安スマホで何をどのくらい使うのかを考える必要があります。
それにしても、1GBで何がどのくらいできるのでしょうか。
たとえば300文字のテキストメールを送るとそのデータ容量は5KB~15KB。
1通当たり10KBとして単純計算すると、1GBで10万通のメールが送れることになります。
1カ月(30日)とすると、300文字のテキストメールを毎日3333通も送り続けてようやく1GBです。
スマホでWEBサイトを閲覧するなら、Yahooトップページ閲覧が1ページ当たり約236KBですので、1GBで見られるページ数は、4,237ページという計算になります。
毎日141ページのサイトを閲覧して1カ月で1GBに達します。
こんな風に単純計算していきますと、メールに1枚の写真を添付して送ると1MBですから、写真添付メールは1,000通で1GBとなり、毎日33通の写真付きメールが送れます。
YouTubeを低画質で観るなら1分で3.07MBですから、1GBあれば5時間26分再生可能です。
LINEで文字やスタンプを送ると500文字で2KBなので、1GBあれば50万回の投稿ができます。
こうしてみると、何も大きな容量を求めなくても、1GBあれば結構な利用ができることがわかりますね。

ほとんどの人が標準的な3GBプランを選んでいます。


実際、格安スマホを利用している多くの人が選んでいるのは1GB〜3GBという小容量の標準プランです。
よほど特殊な使い方……一日中動画をみるとか、仕事で大きな画像をなんども送るとか、しない限りは、一ヶ月で3GBもあれば十分なのです。
また、最安を狙いたい人でも、1GBと3GBの月額料金差は200円程度ですから、ひとまず3GBを選んでおいて、使ってみてから契約変更してもいいかもわかりません。
いずれにしても、自分が毎月どのくらいのデータ通信を利用しているのかを調べてみて、無駄のないプランを選ぶことが節約への道ですね。

格安スマホでもオプションをつけると、より便利になるか?


大手携帯キャリアと同じように、格安スマホの事業者にもセキュリティやデータ移行サービス、端末保証などのオプションプランが用意されています。
これまで大手携帯キャリアで契約してきた人は、ついこういうオプションも気になって追加していまいがちですね。
高価なスマートホンを購入した場合には、端末保証に入っていて助かることがありますが、格安スマホの場合、そもそも端末そのものが格安です。
月々400円ほどもする補償料金を支払う必要があるでしょうか?
セキュリティプランにしても、月額300円くらい払ってパソコンと同じようにウイルスから守ってくれるサービスがありますが、これも無料のセキュリティアプリで十分です。
むしろ、日々怪しいアプリやメールを拾わないことが重要です。
データ移行サービスも、留守番電話サービスも、全てなんらかの無料アプリや自力の工夫でなんとかできるものです。
せっかくの格安スマホの低価格をこのようなオプションで底上げする必要はまったくありません。

まとめ


さて、格安スマホがどのようなものであるか、格安スマホを選ぶときの注意ポイントなどについて、お話を進めてきました。
最後にひとつだけ注意を加えておきたいのは、安さだけに注目しないことです。
確かに格安スマホは価格の安さが何よりも大きなポイントではありますが、少しでも安い格安スマホをと思うばかりに、失敗してしまうことがあるからです。
安さには何か理由があると思っておいた方がいいでしょう。
格安スマホの中にもすぐれたものとそうでないものが存在します。
最低価格で手に入れた!
そう喜んでいても、実際に手にしてみると使い物にならない、という話もありがちです。
必ずスマホのスペックを確認して、ここに記したくらいのスペックを求めてください。
また、格安スマホには75Mbps以上の高速のものと、200lbps前後の低速のものがあります。
普段はWi-Fiを利用するなど、あまり速度を気にしないのなら低速でも使えますが、大手携帯キャリア程度の速度は確保しておきたいのなら、高速プランを選ぶべきです。
とにかく、格安スマホをどんなことにどのくらい使うのか、自分自身のスマホ生活をよく考えて、ベストなチョイスをして格安スマホを楽しんでくださいね。

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

おすすめ記事

1

ドコモへの乗り換え「MNP」で最もお得な方法はキャッシュバックをもらえることでした。ところが現在キャッシュバックを行なっているショップは存在しません。 ソフトバンクへのMNPならば一部のWEB販売店で行なっていますが、ドコモでは残念ながらキャッシュバックはなくなりました。 「…ということはMNPはお ...

2

iPhone Xなど最新機種が続々と発売されて、乗り換え(MNP)をお考えの方は多いのではないでしょうか? 携帯やパソコンから乗り換え(MNP)などが簡単にできるようになったことから、昔と比べて乗り換え需要が高まっています。 そこで、乗り換え(MNP)の際に誰しもが気になるのが下取り価格や期間限定で ...

-機種変更

Copyright© iPhoneの神様 , 2018 All Rights Reserved.