【2017年】家族割引はココで決まり!人気5社+格安SIM社のプランをご紹介

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone8 / X 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え] 
スマホを乗り換えるなら!

機種変更では、このような失敗をする方がとても多いです。
・有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。
・待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。
・キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』や『SMARTPHONE STORE』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

・割引内容

・契約の際の注意点

 

などについて、詳しく見ていきましょう!

 

2.ソフトバンク「ホワイト家族24」について

 image

 

 

2-1.通話とメールがいつでも無料

ソフトバンクの「ホワイト家族24」は、

・ホワイトプラン月額934(税抜き)1~21時まで通話0円。時間外通話は1分あたり40円。

Wホワイトプラン月額934円+934(税抜き)1~21時まで通話0円。時間外通話は1分あたり20円。

と言った、上記サービスの利用時に付属される家族割引です。

 

主なサービスとしては、

・メール

・通話

以上の連絡手段を、24時間いつでも無料で利用できるものとされています。

 

この他、

1つの契約につき10回線まで使用可能

・家族割引だけど、個人の請求書発行もOK

と言ったポイントも魅力的。

 

単身赴任等で家族と一緒に住んでいなかったり自分の使用料は自分で払いたかったりした場合も、お手軽に利用できるタイプの「家族割引」であるようです。

 

2-2.プラン加入はショップにて

 

これから「ホワイト家族24」を利用したい。

 

そんな時は、まずソフトバンクのショップに行きましょう。

 

店員さんが、現状に合った方法での加入手続きをサポートしてくれます。

 

また、その際に日本国籍である場合は、

 

1.日本国パスポート

2.運転免許証

3.健康保険証

4.療育手帳・身体障がい者手帳・精神障がい者健康福祉手帳

5.マイナンバーカード

 

外国籍である場合は、

 

6.特別永住者証明書

7.外国のパスポート+在留カード

 

以上のような書類を持っていく必要があるそうです。

 

また、申し込みするのが、

・未成年である場合親権者同意書

・誰かに頼んで契約公式サイトより「委任状」

と言った書類を公式サイトより印刷し、持っていく必要があるとされています。

 

2-3.月額1人あたり934円~

 

ホワイト家族24の利用料金は、

・ホワイトプランで加入934(web利用料、任意でパケ放題)

Wホワイト934円+934(web利用料、任意でパケ放題)

以上のようになっています。

 

このため、web利用料を差し引いて、5人家族世帯の利用料を計算すると、

(ホワイトプラン+ホワイト家族24)×5=4670

(Wホワイト+ホワイト家族24)×5=9340

 

以上のように、5人そろって非常に多くのメールや通話をしたとしても、1万円未満に抑えられるようです。

(※但し、通信に影響を与えるほどの通話・メールの頻度であると、規制がかかる場合があります。)

 

2-4.メールと通話をよく使う人にオススメ

 

上で紹介したように、「ホワイト家族24」は、メールや通話の頻度が高めの人に利用をオススメします。

 

基本的に、月々934円(税抜き)の基本料を支払っている場合は

・いつでも

・何度でも

料金が加算されることが無いため、請求前から気にする必要が無いためです。

 

ただし、

WEB利用料

・パケット放題

と言った料金は、ホワイト家族24内に組み込まれておらず、別途支払いとなっています。

 

このため、インターネット利用の際は注意が必要であるようです。

 

3.Yモバイル「家族割引引サービス」について

 ワイモバイルロゴ

 

3-1. 基本料500~OFF

 

検索エンジンとして知られるyahooの提供する携帯・スマホの家族割引は、「家族割引引サービス」という名称です。

 

具体的な割引ポイントは、

・スマホの場合、2回線目(主要でない契約者)からは1,381円の使用料が500円引

・ケータイの場合、2回線目からの基本使用料が0

このように定められています。

 

具体的な事例としては、

Yモバイル家族割引×5人家族=4905

と言ったように、基本料が1カ月当たり2000円割引に、そして1年あたり2万4000円の節約が可能になっています。

 

また、ケータイ利用の場合は、

Yモバイル家族割引×5人家族=1381

つまり、1カ月で5524円(=1年66288円)の節約が可能になっています。)

 

(※インターネット、電話、メール等の利用については、別途料金が必要になります。)

 

3-2.基本的な「家族」の条件は同居&同姓

 

Yモバイルの家族割引を利用したい場合、

・同居している事実

・別居の場合、家族と確認できる公的な書類

・本人確認書類

以上の2つを提示する事が必須条件となっています。

 

別居の場合に提示する家族と証明できる公的な書類とは、

・住民票記載事項証明書

・戸籍謄本

・パートナーシップを証明する書類

と言った書類を指しています。

 

中でも、住民票記載事項証明書と戸籍謄本については、3カ月以内に発行したものしか認められていないため、提示の際は注意が必要です。

 

また、本人確認書類については、顔写真・氏名・住所・生年月日が記載されているもの。

 

具体的には、


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

どんなショップよりも、賢くおとくに乗り換える方法です。
iPhone7も実質0円になり、学割などのキャンペーンや限定割引など、今月が一年の中でもっともおとくな時期です。


→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう(電話がおすすめ!)
→ SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

お得に携帯を乗り換える!乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

→ソフトバンクはこちら

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

人気の記事を検索キーワーから選ぶ!
[iPhone7 機種変更]  [MNP キャッシュバック]  [ソフトバンクにMNP/乗り換え]  [ドコモにMNP/乗り換え]  [auにMNP/乗り換え]